アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード (以下アメックスプラチナ)は、アメックス社のプロパーカードとして発行されるプラチナカードです。

 

プラチナカードに興味のある方は「アメックスプラチナ」と1度は検索したことがあるのではないでしょうか。

 

アメックスプラチナは以前は申し込みでは取得不可となっており、カードの取得にはアメックスからのインビテーションが必要でしたが、2019年4月8日より申し込みで取得できるようになりました!

 

2018年より新しく金属製のアメックスプラチナカードの発行も開始され、さらにアメックスプラチナの魅力が増しましたね。

 

さまざまなホテルの上級会員の取得や、7つのラウンジサービスの利用特典など、アメックスプラチナ1枚でさまざまな上質なステータスを取得できますよ!

 

今回は、最強ステータスのプラチナカード、アメックスプラチナの特徴・メリット・デメリットを解説します。

 

この記事を読めば、年会費13万円を払ってでも欲しくなるアメックスプラチナの魅力的な特典が完璧に理解できますよ!

 

 

アメックスプラチナの審査基準が気になる方はこちらの記事もチェックしてくださいね!

目次

アメックスプラチナの12のメリット

 

アメックスプラチナは、12の豊富なメリットが用意された特別なカードです。

 

  • メタル製カードの圧倒的なステータス性
  • 24時間365日対応のプラチナコンシェルジュサービス
  • ホテル・メンバーシップで4つのホテルの上級会員を取得
  • 毎年の更新時にフリー・ステイ・ギフトがプレゼント
  • ファイン・ホテル・アンド・リゾートは上級会員同様のサービス
  • 2for1ダイニングby招待日和をはじめとしたダイニング特典
  • グローバル・ラウンジ・コレクションで7つのラウンジを網羅
  • メンバーシップリワード・プラス、ANAマイルへの移行手数料が無料
  • 海外利用分やAmazonの利用でいつでもポイント3倍
  • 家族カードは4枚まで年会費無料
  • 傷害・疾病治療の補償が最高1,000万円の海外旅行保険
  • 航空便遅延保険でフライトの遅れも安心

 

このページを最後まで読んで頂ければ、アメックスプラチナの圧倒的な特典・サービスの違いを知ることができますよ!

メタル製カードで唯一無二のステータス性に

 

アメックスプラチナでは、2018年10月15日からメタル製のカードの発行が開始され、金属製カードの最強のステータス性を感じることができます。

 

アメックスの金属製のカードは、センチュリオン・カードのチタン製カードのみでしたが、アメックスプラチナにもメタル製のカードが発行開始されました。

 

通常のプラスチック製のカードの3倍、15gの重量感を誇る金属製カードは、支払いで店員さんにカードを渡した瞬間に特別なカードであることが伝わります。

 

現在、日本国内で発行可能な金属製のカードは、

 

  • アメックスセンチュリオン
  • アメックスプラチナ
  • ラグジュアリーカード3券種

 

の、5つのカードのみとなっており、非常に希少価値の高い特典と言えます。

 

周りと差をつけることができるステータスのクレジットカードを使いたい方には、ベストなセレクトになることは間違いありませんね!

 

24時間365日対応のプラチナコンシェルジェは個人秘書同様

_MG_8885

 

アメックスプラチナでは、24時間・365日対応の「プラチナコンシェルジェデスク」を利用することができます。

 

プラチナコンシェルジェデスクでは、

 

  • ホテル・航空券の手配
  • ダイニングの手配
  • ギフトの手配

 

など、各種手配業務を電話1本で代行してくれますので、個人秘書感覚で便利にサービスを利用することができます。

 

コンシェルジェデスクは、アメックスの正社員が対応していますので、カードに関する細かい質問にも丁寧に答えてくれますよ。

 

アメックスプラチナには、ホテル・空港関連のサービスが充実していますので、プラチナコンシェルジェは非常に利用頻度の高いサービスですね!

 

ホテル・メンバーシップで4つのホテルの上級会員を取得可能

main_ph01

 

アメックスプラチナでは、「ホテル・メンバーシップ」で、4つのホテルグループの上級会員資格を取得することができます。

 

  • 「スターウッド・プリファードゲスト」ゴールドエリート
  • 「ヒルトン・オナーズ」ゴールド会員
  • 「シャングリ・ラゴールデンサークル」ジェイド会員
  • 「Radisson RewardsTM」Goldエリートステータス

 

と、通常では年間数十泊が必要なホテルの上級会員を、アメックスプラチナの会員は無条件で取得することが可能です。

 

ホテルの上級会員では、客室のアップグレードや朝食無料、アーリーチェックイン・レイトチェックアウトなどのさまざまな特典をうけることができます。

 

SPG・マリオット・リッツカールトンのアカウントが統合!最強のホテル・メンバーシップ」でも解説しているように、SPGゴールドエリートではマリオット・リッツカールトンの上級会員の資格も取得できます。

 

世界中のさまざまな高級ホテルチェーンで、最上のサービスをうけられる上級会員資格を取得できるというのは、震撼するメリットですね!

毎年、フリー・ステイ・ギフトでの無料宿泊が可能

hotel_main_2014060717334120140607173359_lg_pc

 

アメックスプラチナでは、毎年のカード更新時に、2名まで1泊の無料宿泊が可能な「フリー・ステイ・ギフト」がプレゼントされます。

 

フリー・ステイ・ギフトでは、ホテルオークラやハイアット・ヒルトンなどの幅広いホテルでの宿泊が無料となります。

 

年に1回、恋人や家族との特別なホテルでの宿泊がプレゼントされるというのは、非常にドラマチックなプレゼントですね!

 

家族での利用の場合には、差額を支払うことで人数を追加することもできますので、年に1度の家族旅行に特典を利用してもいいでしょう。

ファイン・ホテル・アンド・リゾートでホテル上級会員同様のサービスを

10658529_447796262026442_5142797876440349658_o-1024x682

 

アメックスプラチナでは、世界の厳選された1,000か所のホテルで、上級会員並みのサービスを受けられる「ファイン・ホテル・アンド・リゾート」が付帯します。

 

ファイン・ホテル・アンド・リゾートでは、

 

  • 空き状況によって12時からのアーリーチェックイン
  • 空き状況に応じて客室のアップグレード
  • 2名までのコンチネンタル朝食無料サービス
  • Wi-Fi無料サービス
  • 16時までのレイトチェックアウト
  • ホテルオリジナルの特典

 

など、ホテルの上級会員と同等のサービスをうけることができます。

 

ホテル・メンバーシップの対象にはならない、幅広いホテルでファイン・ホテル・アンド・リゾートを利用できますので、アメックスプラチナは宿泊時の満足度がNo.1ですね!

2for1ダイニングby招待日和などの卓越したダイニング特典

アメックスプラチナでは、

 

  • 2for1ダイニングby招待日和
  • ダイニングアクセス

 

といった、2つの卓越したダイニング特典を利用することができます。

 

いずれのサービスでも、対象となるダイニングで2名以上のコース料理を利用すると、1名分が無料になる驚異的な特典をうけることができます。

 

ダイニングアクセスでは対象の店舗数が30件と少なくなっていますが、利用期間による制限無しで当日予約も可能と、柔軟に利用することが可能です。

 

2つのダイニング特典を上手に使い分けることで、プライベートやビジネスでの食事の際にも格別の満足感を得ることができます!

 

グローバル・ラウンジ・コレクションで7つのラウンジサービス

 

アメックスプラチナでは、「グローバル・ラウンジ・コレクション」で7つのラウンジプログラムを利用することが可能です。

 

  • センチュリオン・ラウンジ
  • プライオリティパス
  • デルタ・スカイクラブ
  • インターナショナル・アメリカン・エキスプレス・ラウンジ
  • エスケープ・ラウンジUS
  • エアスペース
  • プラザ・プレミアム・エアポート・ラウンジ

 

このように、プレミアムカード専用の「センチュリオン・ラウンジ」、世界1,000か所以上のラウンジを利用できる「プライオリティパス」を含む、7つのラウンジサービスを利用できます。

 

センチュリオン・ラウンジでは、カード会員のほか同伴者も1名まで無料で利用することが可能となっており、

 

  • 季節の食事・プレミアムバー
  • シャワースペース
  • ファミリールーム・キッズルーム

 

と、プレミアムな設備・サービスを利用することができます。

 

グローバル・ラウンジ・コレクションでは、7つのラウンジサービスで1,200か所の空港ラウンジを利用できますので、海外旅行の際のフライトが特別なものに変わりますね!

メンバーシップリワード・プラス&ANAマイルへの移行は無料

 

アメックスプラチナでは、通常年会費税別3,000円のメンバーシップリワード・プラスに無料で登録可能となっており、より有利なレートでポイントを交換することができます。

 

メンバーシップリワード・プラスに登録のうえANAコースに登録すると、1ポイント=1マイルの等価でポイントをANAマイルに交換することが可能です。

 

ANAコースの登録費は年間税別5,000円となっていますが、2019年1月1日からはアメックスプラチナのANAコース登録費は永年無料に変更されます。

 

  • メンバーシップリワード・プラス:税別3,000円
  • ANAコース登録費:税別5,000円

 

と、合わせて年間8,000円を無料で利用することが可能ですね!

 

また、メンバーシップリワード・プラスに登録すると、ポイントの有効期限が無期限に延長されますので、実質無期限でANAマイルを貯めることが可能です。

海外利用分やAmazonの利用でいつでも還元率3.0%

アメックスプラチナでは、メンバーシップリワード・プラスに登録のうえ、2つのボーナスプログラムに登録することで、還元率3.0%でポイントを貯められます。

 

カードの利用では、通常100円に1ポイント(還元率1.0%)が付与されます

 

さらに、

 

  • 海外利用ボーナスポイントプログラム
  • 対象加盟店ボーナスポイントプログラム

 

と、2つのボーナスポイントプログラムに登録することで、加算対象となる利用でポイント還元率が3倍になる特典があります。

 

海外利用ボーナスポイントプログラムでは、外貨建ての決済がいつでもポイント3倍(還元率3.0%)になります。

 

アメックスを海外で利用した場合、すべての利用分が外貨建てになりますので、実質海外利用分がポイント3倍になる特典です!

 

さらに、対象加盟店ボーナスポイントプログラムでは、

 

  • Yahoo!JAPAN
  • Amazon
  • iTunes Store
  • JALオンライン
  • H.I.S
  • アメリカン・エキスプレス・トラベル

 

などでの利用分がポイント3倍になります。

 

使い勝手の良い、Yahoo!JAPANやAmazonでの利用分がポイント3倍になるのは大きなメリットですね!

 

プレミアムカードでは、ポイントプログラムはおまけ程度というカードも多くなっていますが、還元率3.0%でポイントを貯められるのは驚異的です。

 

また、アメックスプラチナでは、メンバーシップリワード・プラスが無条件で付帯しますので、ポイントの有効期限は無期限で利用することができます。

 

ただし、ポイントの付与条件は利用ごとの付与となりますので、毎回の利用ごとに99円未満の端数が切り捨てられてしまう点には注意が必要です。

 

家族カードは4枚まで無料で発行可能

アメックスプラチナの年会費は税別130,000円と比較的高額ですが、家族カードは4枚まで無料で発行可能です。

 

家族カード4枚を発行して、家族5人で利用した場合のコストは1枚当たり26,000円となりますので、アメックスゴールドの年会費以下で家族でプラチナカードを利用できます。

 

アメックスプラチナでは、家族カードでも本カードの多くの特典を利用することが可能です。

 

  • プラチナコンシェルジェ
  • プライオリティパス
  • ホテルの上級会員資格

 

などの最強の特典を、無料で発行できる家族カードで利用することが可能となっています。

 

家族の居る方の場合は家族カードもフルに活用することで、アメックスプラチナの特典を余すことなく利用することができますよ!

傷害・疾病治療の補償が最高1,000万円の海外旅行保険が自動付帯

アメックスプラチナでは、最強の補償内容の海外旅行保険が自動付帯します。

 

海外旅行保険付帯条件 自動付帯
死亡・後遺障害 最高1億円
傷害治療 最高1,000万円
疾病治療 最高1,000万円
携行品損害 最高100万円
救援者費用 最高1,000万円
賠償責任保険 最高5,000万円
家族特約 最高1,000万円

 

海外での急病やケガに備えることができる傷害・疾病治療の補償金額は最高1,000万円までとなっていますので、海外の高額な医療費にも備えることができます。

 

さらに、最高1,000万円の家族特約も付帯していますので、家族カードを持たない家族の補償も備えることが可能ですね!

 

また、アメックスプラチナの国内旅行保険では、自動付帯で最高1億円の補償が付帯しています。

 

航空便遅延保険でフライトの遅れの際も安心の補償

アメックスプラチナの海外旅行保険には、航空便遅延保険が付帯します。

 

乗継遅延費用 最高3万円
出航遅延・欠航・搭乗不能費用 最高3万円
受託手荷物遅延 最高3万円
受託手荷物紛失 最高6万円

 

航空便遅延保険では、フライトの際の航空便の遅延・手荷物の遅延により、不意に発生した食事代や宿泊費を補償してもらうことができます。

 

とくに、海外空港での乗り継ぎの場合には、航空便の遅延はつきものと言ってもいいトラブルです。

 

予定が遅れてしまうだけではなく、余計な出費を支払う羽目になってしまう最悪の事態を防いでくれる、優秀な補償ですね!

 

こんな方におすすめ

14もの充実したメリットが用意されたアメックスプラチナは、次のような方におすすめすることができます。

 

  • アメックスのメタルカードを保有したい方
  • 旅行やグルメ、エンターテイメントでの体験に関心・興味の強い方
  • ホテル利用が多く様々な上級会員資格を保有したい方
  • アメックスセンチュリオンを目指したい方

 

アメックスプラチナがメタルカードの発行を開始したことで、アメックスセンチュリオンに次いで、アメックスプラチナが2枚目のメタルカードとなりました!

 

金属製カードによる圧倒的なステータスに加え、ホテルの上級会員・多様なラウンジの特典など、通常では取得できないほどの豊富な特典が用意されています。

 

さらに、アメックスプラチナを利用していることで、世界でもっとも優秀なブラックカード・アメックスセンチュリオンの道が開けるのも、最強のメリットと言っていいでしょう。

 

 

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードのデメリットは2つ

アメックスプラチナにも2つのデメリットがあります。

 

  • ANAマイルへの移行には年間の上限がある
  • コンシェルジュが直通ではない

 

ここでは、アメックスプラチナを目指す前に知っておくべきデメリットを解説します。

ANAマイルへの移行は年間40,000マイルが上限

アメックスプラチナでは、ANAマイルへのポイント移行が年間40,000万マイルまでと上限が設定されています。

 

【改悪】アメックスのANAマイル移行上限が40,000マイルに半減!」で解説しているように、2019年1月から、これまでの80,000マイルから年間の移行上限が半減となりました。

 

年間40,000マイルというと400万円利用分相当ですので、プラチナカードユーザーでヘビーに利用するANAマイラーなら上限に達してしまいますね。

 

ただし、ANAマイル以外のマイルには1対0.8とレートは下がるものの、年間の移行上限はありません。

 

アメックスプラチナでは、ANAコースの登録費が無料ですので、ANAマイルと他の航空会社のマイルを上手に使い分けて交換するようにしましょう!

コンシェルジェデスクは直通ではなく自動音声での対応

アメックスプラチナでは、コンシェルジェデスクが直通ではなく、自動音声での対応となっているのがガッカリポイントです。

 

プレミアムカードのコンシェルジュに電話をしているのに、自動音声での対応となるのはガッカリしてしまいますね。

 

コンシェルジェに用事がある時には、カード番号を入力する必要がありますので、手軽に電話をして利用するという使い方には向きません。

 

また、メールでの依頼にも対応していませんので、細かい依頼の場合でも電話をしなければならないのは不便ですね。

 

こんな人には向かないかも…?

アメックスプラチナのコンシェルジェは直通ではありませんので、コンシェルジュを多用する方には不向きです。

 

 

は、コンシェルジュへ直通で繋がりますので、思いついた時にサッと電話でコンシェルジュに依頼をすることができます。

 

特に、ラグジュアリーカードのコンシェルジュは使い勝手の良いコンシェルジュデスクとして評価を集めています。

 

入会キャンペーン

アメックスプラチナでは、最大40,000ポイント(400万円利用相当分)が獲得できる入会キャンペーンも開催しています。

 

そもそも入会キャンペーンを開催しているプラチナカードはほとんどないため、嬉しいポイントではないでしょうか。

 

【ポイントがもらえる条件】

  • 入会後3ヶ月以内に合計50万円のカードご利用で20,000ボーナスポイント
  • 入会後3ヶ月以内に合計100万円のカードご利用でさらに20,000ボーナスポイント

 

上記のように、入会後、3カ月以内に100万円利用すれば40,000ポイント+10,000ポイント(100万円利用分)、合計50,000ポイントが獲得できます。

 

ANAマイルは年間40,000マイルまでしか移行できませんが、ハワイのエコノミークラス1人分のマイルがたった3カ月で貯められますよ!

 

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードの特徴

 

アメックスプラチナは、アメックスのプロパープラチナカードとして発行されている、最強ステータスのプラチナカードです。

 

新しくメタル製のカードの発行も開始されており、材質からも本物のプラチナカードであることを感じさせる上質なカードです。

 

アメックスプラチナカードは、カードを人生を豊かにするアイテムとして捉えている方のためのカードとなっており、トラベル・エンターテイメントでのさまざまな特典が用意されています。

国際ブランドはアメックス

 

アメックスプラチナは、アメックスのプロパーカードとなっていますので、国際ブランドは当然アメックスのみです。

 

アメックスのプロパープラチナカードであることから、アメックスのブラックカード「アメックスセンチュリオン」取得のためのクレヒスも積むことができます。

 

最強のブラックカードであるセンチュリオン・カードを目指すことができるのも、アメックスプラチナの大きなメリットです。

 

また、アメックスは国内ではJCBと提携しており、JCB加盟店でも決済することができますので使い勝手は抜群です!

 

申込資格

アメックスプラチナは申し込みで取得可能になってからまだ日が浅いので明確な申込資格は分かりませんが、25歳以上の年収400万円以上の方であれば取得可能と思われます。

 

アメックスは、外資系独自の審査基準となっていますので、過去の信用情報よりも現在の返済能力が重視される傾向があります。

 

アメックスではグリーン・ゴールドで審査基準が変わらず、ハイクラスなイメージのあるアメックスゴールドも作りやすくなっています。

 

プラチナカードも同様の審査基準ということはないでしょうが、プラチナカードだけが極端に審査基準が厳しくなるということも考えにくいでしょう。

 

限度額は一律の制限無し

アメックスプラチナの特徴のひとつが、限度額に一律の制限が定められていない点です。

 

ただし、個別に与信枠の目安は設定されており、コールセンター、またはオンラインサービスで利用可能額の事前承認を申し込みすることができます。

 

利用実績を積むことで与信枠は上がりやすくなっており、最高1,000万円オーバーの事前承認に通過した方も多く報告されています。

 

また、アメックスプラチナでは、事前に「デポジット」として入金しておくことで、与信枠を超える金額分の利用も可能です。

 

1,000万円デポジットとして入金しておけば、1,000万円のカード決済をすることができますので、高額の決済でも取りこぼしなくポイントを貯められますね!

 

 

ポイントの交換先・お得な使い道

アメックスプラチナのポイントの使い道は、大きく分けて次の3つの利用方法があります。

 

  • マイルへの移行
  • 利用代金の充当
  • ホテル・他社ポイントへの交換

 

基本的には、特典航空券に交換できるマイルへの移行がおすすめですが、旅行をする予定の無い方などの場合も多様な交換先に利用することが可能です。

 

ここでは、アメックスプラチナのお得な使い道を解説します!

ポイントをマイルに交換する

アメックスプラチナのポイントは、ANAマイルをはじめとした15の提携航空会社のマイルに交換することができます。

 

ANAマイル 1,000ポイント=1,000マイル
ANA以外の航空会社 1,250ポイント=1,000マイル

 

通常、ANAマイルへの交換には、ANAコース登録費として税別5,000円が必要ですが、2019年1月からアメックスプラチナではANAコース登録費が永年無料になります。

 

ただし、ANAマイルへの移行は年間40,000マイルまでと上限が定められています。

 

ANA以外の航空会社には、マイル還元率0.8%相当とレートが下がってしまうものの、年間の移行上限は設定されていません。

 

年間40,000マイルを超えてしまいそうな場合には、ANA以外の航空会社のマイルと使い分けて移行するようにしましょう。

ポイントを利用代金に充当する

アメックスプラチナのポイントは、最大1ポイント=1円としてカード利用代金に充当して利用することができます。

 

ポイントの交換レートはカードの利用先によって異なります。

 

航空会社での利用の場合 1ポイント=1円
ホテル・旅行代理店での利用の場合 1ポイント=0.8円
旅行関連以外での利用の場合 1ポイント=0.5円

 

と、航空会社での利用分がもっともレートが高く、1ポイント=1円として利用代金に充当することができます。

 

また、旅行代金の支払いにポイントを利用することも可能となっており、

 

  • アメリカン・エキスプレス・トラベル・オンライン:1ポイント=1円
  • H.I.Sアメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク、および日本旅行:1ポイント=0.8円

 

と、カードの利用で貯まったポイントでお得にタダ旅行に出かけることも可能となっています。

 

航空券とセットになったツアー商品などもポイントで支払うことができますので、ポイントの使い道としては非常にお得ですね!

他社ポイントにポイントを交換する

アメックスプラチナのポイントは、ホテルのポイントや共通ポイントに交換して利用することも可能です。

 

  必要ポイント 交換先
ヒルトンHオナーズ
「Hオナーズポイント」
1,000ポイント 1,250ポイント
スターウッド・プリファードゲスト 1,000ポイント 990ポイント
楽天スーパーポイント 3,000ポイント 1,500ポイント
Tポイント 3,000ポイント 1,500ポイント

 

このように、幅広いポイントに交換して利用することができます。

 

ヒルトンHオナーズ、スターウッド・プリファードゲストでは、お得なポイント数で無料宿泊券と交換できるケースがあります。

 

シーズンにもよりますが、ポイントで旅行代金を支払うよりもお得に宿泊に交換できるケースも多くなっていますよ!

 

ただし、共通ポイントへの交換ではレートが下がってしまいますので、交換先としてはおすすめできません。

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードの付帯保険

アメックスプラチナには、既に解説した旅行保険のほかにも充実したさまざまな補償が付帯しています。

年間500万円の最強のショッピング保険

 

アメックスプラチナでは、年間500万円までのパワフルなショッピング保険が付帯しています。

 

国内外の加盟店で購入した商品の、購入日から90日以内の破損や盗難による損害を補償してもらうことができます。

 

また、アメックスのショッピング保険では、クレジットカードのショッピング保険では通常対象外となる、スマホやタブレットも補償の対象となります。

 

高額なスマホを購入して、すぐに画面割れや水没などの悲劇にあってしまった場合にも補償を受けられるのは非常に優秀ですね!

個人賠償責任保険

アメックスプラチナでは、クレジットカードの保険としては希少な「個人賠償責任保険」が付帯します。

 

個人賠償責任保険では、本人や家族の過失によって、他人や他人の財物に損害を与えてしまった場合、最高1億円の補償をうけることができます。

 

  • 子供が自転車で通行人をケガさせてしまった
  • 自宅の塀が倒れて通行人が負傷した
  • 子供がお店の商品を落として壊してしまった

 

など、日常生活で起こりうるトラブルでの損害を補償してもらうことが可能です。

 

私の知人にも、子供がマンションのエントランスのガラスを割ってしまい、100万円近い損害になってしまったところを個人賠償責任保険で助かった、という例があります。

 

とくに、小学生〜高校生のお子さんがいる家庭では、個人賠償責任保険は大きな安心に繋がりますね!

ゴルファー保険

 

アメックスプラチナでは、ゴルフを楽しむ方にも嬉しい「ゴルファー保険」が付帯しています。

 

ゴルファー保険では、

 

死亡・後遺障害 最高1,000万円
賠償責任保険 最高50万円
用品損害保険 年間10万円
入院日額 15,000円
通院日額 10,000円
ホールインワン・アルバトロス費用 最高30万円

 

このように、ゴルファー保険としては基本となるホールインワン・アルバトロス費用に加え、ゴルフ用品の損害保険も付帯しています。

 

私も数年前のラウンド中にサンドウェッジを壊してしまいましたので、ゴルファー保険に加入していればと後悔しました。

 

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードの付帯サービス

アメックスプラチナでは、非常に充実した付帯サービスでさらなる特典をうけることができます。

 

  • 充実のプロテクションサービス
  • オーバーシーズアシスト
  • 手荷物無料宅配サービス
  • ゴルファーにも嬉しいさまざまな付帯特典
  • プライベート・クルーズ
  • ラグジュアリー・フライト
  • アメリカン・エキスプレス・コネクト

 

覚えきれないほど豊富に用意されたアメックスプラチナの付帯サービスを解説します。

充実のプロテクションサービスでさらに安心!

アメックスプラチナでは、充実した付帯保険だけではなく、独自のプロテクションサービスを利用することができます。

 

  • リターンプロテクション
  • 不正プロテクション
  • オンラインプロテクション

 

とくにユニークなサービスが「リターンプロテクション」です。

 

リターンプロテクションは、商品を購入した店舗が返品に応じてくれない場合、アメックスが代わって返品・返金をしてくれるサービスです。

 

返品補償のサービスが無条件で付帯するカードは希少ですので、よりお買い物の際の安心感がアップしますね!

 

オーバーシーズアシストで海外旅行中の日本語サポート

アメックスプラチナでは、海外旅行の際に24時間対応で日本語サポートが可能な「オーバーシーズアシスト」を利用できます。

 

オーバーシーズアシストでは、レストランの予約から、医療機関の紹介・緊急時の支援までを電話サポートしてくれますよ。

 

通常の海外アシスタンスサービスでは、病院の紹介まででサービスが完了しますが、オーバーシーズアシストでは必要に応じて救急車の手配まで対応してくれます。

 

オーバーシーズアシストは、特に緊急時の安心のサポートとして威力を発揮してくれる、心強いサービスです。

手荷物無料宅配サービスで海外旅行もスマートに

アメックスプラチナでは、海外旅行の際に、往復2個までの空港手荷物無料宅配サービスを利用することができます。

 

スーツケース2個までの手荷物を、自宅から空港・空港から自宅の、往復を無料で宅配してもらえます。

 

公共交通機関を利用して空港まで移動する場合など、大きな手荷物は周りにも気を使ってしまいますので、手荷物無料宅配サービスは嬉しいですね!

 

手荷物宅配サービスは通常1回あたり1,500円程度が必要ですので、往復で6,000円相当のおトクです。

 

ゴルファーにも嬉しいさまざまな付帯特典

アメックスプラチナでは、ゴルファーにも嬉しいさまざまな付帯サービスを利用することができます。

 

「プレミア・ゴルフ・アクセス」では、会員制の一流のゴルフクラブを、メンバーの紹介・同伴無しでビジター料金のみで利用することが可能です。

 

同伴でプレーする方も優待料金で利用することができますので、ビジネスでのゴルフの際にもお得に活用することが可能です。

 

さらに、「プリファードゴルフ」では、世界の提携ホテルへの宿泊で、有名ゴルフコースのプレー代が無料になる特典があります。

 

プラチナカードのユーザーにはゴルフ好きな方も多いと思いますので、非常に嬉しい特典ですね!

 

プライベート・クルーズで手軽にクルージングを体験

アメックスプラチナでは「プライベート・クルーズ」の特典で、手軽にクルージングを体験することができます。

 

プライベート・クルーズでは、

 

  • 30フィート
  • 40フィート
  • 60フィート

 

のクルーザーを、クルーも込みで優待料金でチャーターすることが可能です。

 

3時間68,000円から、クルー・ガソリン代込みでクルーザーをチャーターすることができますので、比較的低コストで非日常を体験することができます。

 

小型船舶の免許をお持ちの場合には、2回目以降の利用では自分で運転することもできますので、自分のクルーザーのように自由に利用することが可能です!

 

通常では体験できない特別な体験を提供してくれるのも、アメックスプラチナの大きなメリットですね!

ラグジュアリー・フライトで東京の夜景を見下ろす!

アメックスプラチナでは「ラグジュアリー・フライト」で、東京の夜景をひとり占めすることが可能です。

 

ラグジュアリー・フライトでは、約10万円で東京の夜景を見下ろす「TOKYOナイトクルーズ」を利用することができます。

 

さらに、ラグジュアリー・フライトでは、

 

  • ウェルカム・スイーツ
  • プライベートルームの最大1時間無料
  • アレンジフライト

 

など、特別な特典を利用することが可能です。

 

普通に生活していてはヘリコプターに乗る機会などありませんので、アメックスプラチナの特典で貴重な体験をしてみてはいかがでしょう!

アメリカン・エキスプレス・コネクトで優待三昧

 

アメリカン・エキスプレス・コネクトは、アメックスの優待をまとめたウェブサイトです。

 

  • ホテル
  • トラベル
  • ダイニング
  • オンラインショッピング

 

など、さまざまなカテゴリーでの特典をうけることが可能です。

 

アメックスプラチナには、ホテル・トラベルなどの充実した特典が爆発的に用意されていますので、アメリカン・エキスプレス・コネクトを使う機会はないと思うかも知れません。

 

ただし、アメリカン・エキスプレス・コネクトでは、コンビニ・ガソリンスタンドなどの身近な店舗での特典も用意されており、毎日の生活でお得に利用することができます。

 

ダイナースプレミアムカードとの差・特典の違い

アメックスプラチナのライバルとなるカードが、ダイナースクラブのインビテーションカードとなる「ダイナースプレミアムカード」です。

 

 

ダイナースプレミアムカードの年会費は税別13万円となっており、カードの維持コストはアメックスプラチナと同等です。

 

大きな違いとなっているのが、カード利用時のポイント還元率の違いとなっており、ダイナースプレミアムカードではいつでも1.5%の還元率でカードを利用することができます。

 

また、ダイナースプレミアムカードのコンシェルジュはメールでの依頼・回答も可能となっていますので、コンシェルジュを利用する頻度の高い方にはおすすめです。

 

ダイナースプレミアムカードのインビテーションのためのダイナースクラブの申込みはこちら

 

ただし、ホテル・トラベル関連の特典ではアメックスプラチナの特典の方が充実していますので、ライフスタイルを楽しみたい方にはアメックスプラチナがおすすめですね!

 

金属製になりさらに輝きが増した最強ステータスのプラチナカード

金属製カードの発行も開始され、さらに揺るぎないステータス性のカードとしての存在感がアップしたアメックスプラチナ。

 

  • 金属製カードの圧倒的なステータス性
  • ホテルの上級会員・豊富なラウンジサービス
  • ポイントも貯まりやすい優秀プラチナカード

 

メタル製カードの圧倒的な存在感は、アメックスプラチナを持つことができた際のワクワク感・充実感をさらにアップさせてくれます!

 

日本で発行できる金属製クレジットカード!最高のステータス性をその手に!」でも解説しているように、金属製カードは単なるクレジットカードとは言えない魅力があります。

 

すでにゴールドカードを使っている方も、「ゴールドカードとプラチナカードの付帯サービス・メリットの差を比較!」で解説しているように、プラチナカードではレベルの違う特典をうけることが可能です!

 

インビテーションを待たずに手に入れられる憧れのアメックスプラチナを申し込んでみよう!

 

 

基本情報

申し込み資格
発行期間
入会金無料
年会費(本人)初年度130,000円+税
2年目以降130,000円+税
年会費(家族)初年度無料(4枚まで)
2年目以降無料(4枚まで)
解約金無料
締日20日
支払日翌月10日
支払い方法 1回払い、ボーナス払い、分割払い、リボ払い
旅行傷害補償海外最高1億円
国内最高1億円
ショッピング保険年間500万円
紛失・盗難保証
ETCカード年会費無料
備考新規発行手数料 850円+税
空港サービス空港ラウンジ
プライオリティパス
発行会社アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド