低コストの年会費でお得にANAマイルを貯めたい方におすすめのカードが「ANA VISA Suicaカード」です。

 

ANA VISA Suicaカードでは、10マイルコースの登録で1.0%還元でANAマイルを貯めることが可能となっており、普段のお買い物で非常にお得にマイルを貯めることができます。

 

自由設定型リボ払いサービス「マイ・ペイすリボ」登録・利用で年会費割引になるほか、ボーナスポイントが付与され1.3%還元でANAマイルを貯めることも可能です。

 

Suicaのチャージ・オートチャージでもANAマイルを貯めることができますので、Suicaをお使いの方にもおすすめできるカードです。

 

今回は、普段のお買い物・Suicaの利用でガンガンマイルを貯められる、ANA VISA Suicaカードの特徴・メリット・デメリットを解説します。

 

ANA VISA Suicaカードはここがスゴい

 

ANAカードとSuicaカードが一体になった、ANA陸マイラー必携のカードともいえるANAカードがANA VISA Suicaカードです。

 

ANA VISA Suicaカードは、ANAカードの中でも最安・高還元でANAマイルを貯められる、コスパ最強のカードとなっているのですね。

 

  • 低コストでANAマイル1.0%還元が可能
  • Suicaのチャージ・オートチャージでもマイルが貯まる
  • 年会費もお得に利用することができる

 

ANA VISA Suicaカードの最大のメリットは、10マイルコースの利用でANAマイル1.0%還元が可能となっている点です。

 

ANA VISA Suicaカードでは、マイ・ペイすリボの登録・利用で年会費が優遇され、ANAカード最安クラスの低コストでカードを維持することができます。

 

マイ・ペイすリボの利用でマイル還元率が1.3%にアップする特典もありますので、さらに効率的にANAマイルを貯めることも可能となっているのですね!

ANA VISA Suicaカードはこんな方におすすめ

ANA VISA Suicaカードをおすすめすることができるのは、次のようなタイプの方です。

 

  • ANA陸マイラーの方
  • ENEOSやセブン-イレブンをよく利用する方
  • Suicaを利用している方

 

ANA VISA Suicaカードがもっともおすすめな方は、いうまでもなくANAマイルをためているANA陸マイラーの方です。

 

ANA VISA Suicaカードは、ANAカードマイルプラス提携店での利用で、通常のクレジットポイントに加えて0.5%〜1.0%のANAマイルが付与される特典があります。

 

ENEOSやセブン-イレブンといった身近な店舗でもマイルアップの特典をうけられますので、普段のお買い物で効率的にマイルを貯めることができるのですね!

 

Suicaのチャージ・オートチャージでもマイルを貯められますので、通勤や通学でSuicaを利用している方にも最適です。

ANA VISA Suicaカードのキャンペーン詳細

 

ANA VISA Suicaカードでは現在、カードの新規入会でもれなく1,000マイルがもらえる入会キャンペーンを開催しています。

 

難しい達成条件などはなく、カードに入会するだけで無条件で入会特典のマイルをもらうことができるのは嬉しいですよね。

 

入会特典のマイルは、ANA VISA Suicaカードの入会日の翌月末に付与されます。

 

ANA VISA Suicaカードに入会するのがはじめての方であれば、入会特典の付与の対象となりますので、非常にシンプルな入会キャンペーンであるといえるでしょう。

 

ANA VISA Suicaカードの特徴

ANAカードとJR東日本・三井住友カードが提携して発行するANAカードが、ANA VISA Suicaカードです。

 

 

ANA VISA Suicaカードでは、ANAカードとSuicaカードが一体となっており、Suica利用者にもおすすめのカードとなっているのですね。

 

1.0%以上の高還元でANAマイルを貯めることが可能となっていますので、ANA陸マイラー最強のカードです。

 

ANAカードの年会費は税別2,000円となっており、家族カードは発行されていません。

 

ETCカードの年会費は、

 

  • 初年度:無料
  • 2年目以降:税別500円

 

となっていますが、年間1回以上の利用で次年度の年会費が無料となっており、条件付き年会費無料で利用することができます。

 

ANA VISA Suicaカードの国際ブランドは、当然のことながらVISAブランドのみとなっています。

 

VISAブランドは世界的な加盟店のシェアもNO.1となっていますので、海外での利用でも使いやすいカードとなっているのですね。

ANA VISA Suicaカードの還元率

ANA VISA Suicaカードでは、月間の累計利用金額の1,000円に1ポイント・0.5%の還元率で、ワールドプレゼントポイントを貯めることができます。

 

ワールドプレゼントポイントの有効期限は、ポイントの獲得月から2年間です。

 

ワールドプレゼントポイントはANAマイルに移行することができますので、ANAマイルの有効期限3年間と合計して最大5年間の有効期限でマイルを貯めることができます。

 

ANA VISA Suicaカードでは、Suicaのチャージ・オートチャージでも0.5%のワールドプレゼントポイントを貯めることができます。

 

また、ANA VISA SuicaカードはApple Payの登録用のカードとして利用できますので、Apple Payの利用でもお得にポイントを貯めることができるのですね!

ポイントの交換先・お得な使い道

 

ANA VISA Suicaカードの利用で貯めたワールドプレゼントポイントは、お得なレートでANAマイルに交換することができます。

 

ANA VISA Suicaカードには2つのマイル移行コースがあります。

 

  マイル移行レート 移行手数料
5マイルコース 1ポイント=5マイル 無料
10マイルコース 1ポイント=10マイル 税別6,000円

 

このように、10マイルコースに登録することで、1.0%還元でANAマイルを貯めることが可能となっています。

 

カード年会費と合わせても税別8,000円で利用することができますので、低コストで高還元でマイルを貯めることが可能となっているのですね。

 

ANA VISA Suicaカードでは、Suicaのチャージ・オートチャージでも1.0%還元でマイルを貯めることができますので、Suica利用者でもお得にマイルを貯めることができるのですね。

 

ANAマイルでは、お得に特典航空券を交換することができます。

 

日本国内線 5,000マイル〜
ソウル 12,000マイル〜
香港 17,000マイル〜
ホノルル 35,000マイル〜
ニューヨーク 40,000マイル〜

 

ANA特典航空券は、

 

  • ローシーズン
  • レギュラーシーズン
  • ハイシーズン

 

と、特典航空券を利用するシーズンによって必要になるマイル数が異なります。

 

特典航空券に交換することで、1マイルあたり2円〜5円程度で利用することができますので、非常にお得にポイントを活用することができるのですね。

 

ANA VISA Suicaカードのマイル移行手数料を半額にする方法

ANA VISA Suicaカードでは、10マイルコースに登録することで1.0%還元でANAマイルを貯められるのが大きなメリットです。

 

しかし、10マイルコースの登録には税別6,000円の移行手数料が必要ですので、コストがもったいないと思ってしまう方も多いでしょう。

 

10マイルコースには、

 

  • 応募方式
  • 自動移行方式

 

の、2つの方法でマイルに移行することができます。

 

応募方式の場合には、自分の任意のタイミングでポイントをマイルに移行することが可能です。

 

ワールドプレゼントポイントの有効期限は2年間となっていますので、2年に1度ポイントをマイルに交換するようにすれば、マイルの移行手数料を半額にすることができます。

 

コストを抑えて高レートでマイルを貯めることができますので、マイルの移行コースは10マイルコース・応募方式で利用するようにしましょう。

ANA VISA Suicaカードの申込資格・発行スピード

ANA VISA Suicaカードの申込資格は、高校生を除く18歳以上の方となっています。

 

学生や専業主婦の方でも申込みすることができますので、申込みの窓口は非常に広くなっています。

 

ANAカードの審査は厳しい?ANAカードの審査基準・通過ポイントを解説」でも解説しているように、ANAカードは審査のハードルも低くなっており申込みのしやすいカードとなっているのですね。

 

ANA VISA Suicaカードの発行期間は、平均して2週間程度です。

 

ANA VISA Suicaの利用限度額は、10万円〜80万円の間で利用実績に応じて設定されます。

ANA VISA Suicaカードの旅行保険

 

ANA VISA Suicaカードでは、最低限度の旅行保険を利用することができます。

 

国内旅行保険付帯条件 自動付帯
国内航空便傷害保険 最高1,000万円
海外旅行保険付帯条件 自動付帯
死亡・後遺障害 最高1,000万円

 

ANA VISA Suicaカードでは、国内外で最高1,000万円の旅行保険を利用することができます。

 

ただし、傷害・疾病治療などの海外旅行の際に必要な補償は付帯していませんので、海外旅行の際には別の海外旅行保険用のクレジットカードを利用するようにしましょう。

 

海外旅行保険付きおすすめクレジットカード特集!自動付帯で補償が手厚い!」で解説しているような、年会費無料で海外旅行保険が手厚いカードを併用するのもいいのではないでしょうか。

ショッピング保険

ANA VISA Suicaカードでは、年間100万円までのショッピング保険が付帯しています。

 

補償の対象となるのは、海外利用分・および国内でのリボ・分割払いの利用分が対象となります。

 

免責金額も1事故あたり3,000円と少額になっていますので、少額な商品の事故の際にも使いやすい保険となっているのですね。

 

ただし、国内での一括払い利用分は対象外となりますので注意が必要です。

ANA VISA Suicaカードの付帯サービス

ANA VISA Suicaカードでは、三井住友カードとANAカードの双方の付帯サービスを利用することが可能となっています。

 

実際のフライトや海外旅行の際にもお得に利用できる特典が豊富に用意されていますので、ANAカードの付帯サービスとしては最適です。

 

ここでは、ANA VISA Suicaカードの付帯サービスの内容を解説します。

エアライン&ホテルデスクをはじめとした三井住友カードの海外特典

ANA VISA Suicaカードでは、エアライン&ホテルデスクをはじめとしたさまざまな海外特典を利用することができます。

 

エアライン&ホテルデスクでは、国際線航空券・海外ホテルを電話または24時間対応のウェブで申し込みすることが可能です。

 

はじめての海外旅行の場合、ちゃんと予約できたかどうか不安になってしまうこともありますが、エアライン&ホテルデスクなら手間なく海外旅行を手配することができるのですね。

 

また、海外の主要都市には、海外アシスタンスデスク「VJデスク」が設置されており、日本語スタッフによる対応で現地のインフォメーションサービスなどをうけることができます。

 

こうした、充実の海外特典が用意されている点も、ANA VISA Suicaカードの大きなメリットとなっているのですね。

エクスプレス予約

ANA VISA Suicaカードでは、会員制の新幹線予約サービス「エクスプレス予約」を利用することができます。

 

エクスプレス予約では、東海道・山陽新幹線の指定席を24時間オンラインで予約することができる、ネット予約サービスです。

 

いつでも新幹線を会員料金で予約することができるほか、早めの予約でお得な割引料金で予約可能な「早得」も利用できますので、新幹線をよく利用する方にもおすすめのサービスです。

 

ANA VISA Suicaカードでは、新幹線の予約でもお得にマイルを貯めることができますので、空でも陸でもお得にマイルを貯めることができるのですね。

 

ビジネスきっぷをはじめとしたANAカード特典

ANA VISA Suicaカードでは「ビジネスきっぷ」をはじめとした、さまざまなANAカードの特典を利用することができます。

 

ビジネスきっぷは搭乗日当日までの予約・変更が可能となっており、予定の変更の起こりがちなビジネス出張の際にも便利に利用することが可能です。

 

お得な割引運賃でありながらフライトマイルは100%加算されますので、出張でのフライトでお得にマイルを貯めることができるのですね。

 

ANA VISA Suicaカードでは、そのほかにもさまざまなANA特典が付帯しています。

 

  • 空港内店舗「ANA FESTA」での10%オフ
  • 機内販売の10%オフ
  • 空港免税店での5%オフ
  • 空港パーキング優待
  • 国内レンタカー優待

 

このように、空港内のお買い物や、空港周辺施設でのさまざまな割引をうけることができます。

 

ANA便利用時のさまざまな優待をうけることができるので、フライトをよりお得に楽しむことができるのですね。

ココイコ!で街のカード利用がお得

ANA VISA Suicaカードでは、街でのカード利用がさらにお得になる「ココイコ!」を利用することができます。

 

ココイコ!では、街でのさまざまな店舗でのカード利用で、ポイントアップ・またはキャッシュバックの特典をうけられるサービスです。

 

大丸 ポイント3倍・またはキャッシュバック1%
タカシマヤ ポイント3倍・またはキャッシュバック1%
東急ハンズ ポイント3倍・またはキャッシュバック1%
三井アウトレットパーク ポイント3倍・またはキャッシュバック1%
東急百貨店 ポイント3倍・またはキャッシュバック1%
ビックカメラ ポイント2倍・またはキャッシュバック0.5%

 

このように、エントリーをして利用するだけで、普段のお買い物での優待をうけることができますので、いつものお買い物がさらにお得になるのですね。

 

ココイコ!には、無料でエントリーすることができますので、ANA VISA Suicaカードをお使いの場合にはフルで活用したいサービスですよね!

ANA VISA Suicaカードのメリット

ANA VISA Suicaカードの最大のメリットとなるのは、やはり効率よくANAマイルを貯めることができる点でしょう。

 

ANA VISA Suicaカードでは、10マイルコースに登録することで1.0%還元でANAマイルを貯めることができますが、さらにお得なマイルアップの特典が豊富に用意されています。

 

ここでは、陸マイラーの方にも必見のANA VISA Suicaカードのメリットを解説します。

ANAマイル特約店でいつものお店でお得にマイルが貯まる

ANA VISA Suicaカードでは、ANAマイル特約店でさらにお得にマイルを貯めることが可能です。

 

ANAマイル特約店である「ANAカードマイルプラス」の提携店では、通常のクレジットポイントに加えて0.5%から1.0%のANAマイルを貯めることができます。

 

ANAカードマイルプラスでは、身近なさまざまな店舗でお得にマイルを貯めることができます。

 

  • ANA航空券
  • セブン-イレブン・イトーヨーカドー
  • スターバックス
  • ENEOS

 

ランニングコストとして必要なガソリン代や、コンビニ・スーパーでの利用でもお得にマイルを貯めることができますので、毎日のお買い物でお得にマイルを貯められるのですね。

 

さまざまなカテゴリーの店舗でのマイルアップの特典をうけることができますので、毎日のお買い物をANAカードマイルプラスの店舗に選択するだけで効率的にマイルを貯められます。

 

さらに、ANA VISA Suicaカードでは、ポイントUPモールの利用でお得にポイントを貯めることができます。

 

Amazon 2倍
楽天市場 2倍
Yahoo!ショッピング 2倍
LOHACO 3倍
エクスペディア 6倍
楽天トラベル 2倍

 

Amazonや楽天市場など、人気のネットショップでお得にポイントを貯めることができますので、ネット通販でもお得にマイルを貯めることができるのですね。

 

年間の利用金額に応じたボーナスポイント

ANA VISA Suicaカードでは、年間の利用金額に応じて次年度のポイント還元率がアップする特典があります。

 

50万円以上 50万円以上利用で+50ポイント
以降10万円ごとに10ポイント
100万円以上 50万円以上利用で+75ポイント
以降10万円ごとに15ポイント
300万円以上 50万円以上利用で+150ポイント
以降10万円ごとに30ポイント

 

最大で年間300万円以上の利用で、10万円の利用に対して0.3%のボーナスポイントが付与されます。

 

ボーナスポイントは1ポイント=0.3マイルとしてANAマイルに交換することができますので、10マイルコースで利用している場合には1.09%のANAマイルを貯めることができます。

 

ANA VISA Suicaカードをお使いの場合には、使えば使うほどお得な還元率でANAマイルを貯めることができるのですね。

最小のリボ手数料でマイル還元率アップ

ANA VISA Suicaカードでは、最小のリボ手数料の支払いでお得にマイルを貯めることが可能となっています。

 

自由設定型リボ払いサービス「マイ・ペイすリボ」の手数料が1円でも発生した月には、クレジットポイントに加えて、1,000円に1ポイントのボーナスポイントを獲得することができます。

 

ボーナスポイントは、1ポイント=3マイルとしてANAマイルに交換することができますので、10マイルコースでは合計1.3%還元でANAマイルを貯めることが可能です。

 

マイ・ペイすリボでは、自分で毎月の支払い方法を設定することが可能となっており、その月の支払い金額とほぼ同額の支払い金額に設定すれば、最小のリボ手数料で利用できます。

 

最小のリボ手数料の発生で、最大限お得にマイルを貯めることが可能となっていますので、ANA VISA Suicaカードをお使いの場合にはマイ・ペイすリボをフル活用しましょう!

 

また、ANA VISA Suicaカードでは、マイ・ペイすリボの登録・年に1回以上の利用で年会費が割引になる特典があります。

 

マイ・ペイすリボの登録・利用 税別1,249円割引
WEB明細の利用 税別500円割引

 

このように、ANA VISA Suicaカードでは、マイ・ペイすリボ・またはWEB明細の利用で年会費の割引をうけることができます。

 

年会費の割引特典は重複して利用することができませんので、マイ・ペイすリボの方が割引率が高く、最安で税別751円まで年会費を下げることができます。

 

10マイルコースの移行手数料も3,000円まで節約することができますので、合計税別3,751円で高還元でANAマイルを貯めることができるのですね!

 

ANA VISA Suicaカードのデメリット

ANA VISA Suicaカードのデメリットとなっているのは、Suicaのチャージ・オートチャージでの還元率がビューカードに比べて低くなっている点です。

 

ビューカードでは、Suicaのチャージ・オートチャージで1.5%還元でポイントを貯められますので、ANA VISA Suicaカードよりも0.5%還元率が高くなっています。

 

ただし、ビューカードで貯められるJREポイントは、1,500ポイント=1,000マイルでANAマイルに交換できますので、マイル還元率は1.0%と同等です。

 

また、ANA VISA SuicaカードにはSuica定期券機能はありませんので、通勤・通学で定期券をお使いの場合には、他のSuica定期券を用意する必要があるのですね。

 

ANA JCBカードとの差・特典の違い

ANAカードには、JCBカードが発行する「ANA JCBカード」もラインナップされています。

 

ANA JCB 一般カード

 

ANA JCBカードの年会費は税別2,000円と、ANA VISA Suicaカードと同等ですが、10マイルコースを利用する際の移行手数料は税別5,000円とANA VISA Suicaカードよりも安くなっているのですね。

 

ただし、ANA VISA Suicaカードでは、マイ・ペイすリボの利用でカード年会費が半額以下になる特典がありますので、総合的にはANA VISA Suicaカードの方が低コストで利用できます。

 

また、ANA JCBカードではマイル還元率も最大1.06%となっていますので、マイル還元率としてもANA VISA Suicaカードの方が有利になっているのですね。

最安コストで高還元のANAマイル還元が可能!ANAマイラー必携カード

ANA VISA Suicaカードでは、最安のコストで最大1.39%でANAマイルをお得に貯めることができるカードとなっています。

 

  • 10マイルコースで1.0%還元が可能
  • マイ・ペイすリボで年会費割引&マイルアップ
  • ANAカードマイルプラスで身近な店舗でお得に!

 

ANA VISA Suicaカードでは、10マイルコースを利用することで1.0%還元でANAマイルを貯めることが可能となっています。

 

さらに、マイ・ペイすリボの利用では年会費割引&マイルアップの特典をうけることが可能となっており、最大1.39%還元でマイルを貯めることができるのですね。

 

ANAカードのおすすめは?色んな角度で比較して自分にぴったりの1枚を見つけよう」でも解説しているように、ANAカードにはさまざまな種類のカードがありますので、自分に合ったANAカードを選択するようにしましょう。

 

 

基本情報

申し込み資格高校生を除く満18歳以上の方
発行期間約一ヶ月
入会金無料
年会費(本人)初年度無料
2年目以降2000円+税
年会費(家族)初年度-
2年目以降-
解約金無料
締日15日
支払日翌10日
支払い方法 1回払い、2回払い、ボーナス払い、分割払い、リボ払い
旅行傷害補償海外最高1000万円
国内-
ショッピング保険最高100万円
紛失・盗難保証
ETCカード年会費初年度無料、2年目以降税別500円(年間1回以上のETC利用で無料)
備考
空港サービス空港ラウンジ-
プライオリティパス-
発行会社三井住友カード株式会社