JCBのプロパービジネスカードとして発行されているのが「JCBビジネスプラス法人カード」です。

 

JCBビジネスプラス法人カードのもっとも大きな特徴となっているのが、カードの利用で最大3.0%のキャッシュバック還元をうけることができる点です。

 

法人カードのポイントの使い道をどのように使おうか悩んでいる社長にとっては、手間なく直接的な還元をうけることができるキャッシュバック型の法人カードは最適ですよね。

 

JCBビジネスプラス法人カードは、JCBのプロパービジネスカードということもあり、非常にバランスの取れたビジネスサポートも魅力となっています。

 

今回は、高還元&キャッシュバックでビジネスにかかる経費をグングン削減することができる、JCBビジネスプラス法人カードの特徴やメリット・デメリットを解説します。

 

JCBビジネスプラス法人カードはここがスゴい!!

JCBビジネスプラス法人カードの最大の特徴が、カードの利用で最大3.0%のキャッシュバック還元をうけることができる点です。

 

  • キャッシュバック率は最大3%
  • ETCカードが年会費無料で複数枚発行可能
  • 事務処理の効率化

 

JCBビジネスプラス法人カードでは、月間のカード利用金額に応じて、交通費・出張費での利用分に対して最大3.0%のキャッシュバック還元をうけることができます。

 

経費の中でも大きな出費となる、交通費・出張費に対してキャッシュバックをうけることができますので、直接的に経費削減に一役買ってくれるカードとなるのですね。

 

JCBビジネスプラス法人カードでは、1枚の本カードに対して必要枚数のETC専用カードを無料で発行することが可能となっています。

 

本カードの年会費だけで複数枚のETCカードを発行することができますので、社用車を多く抱えている法人にとっても最適なカードとなっているのですね。

 

必要な枚数の追加カード・ETCカードを利用して、経費支払いを法人カードに集約することで、事務処理を効率化することができるのも大きなメリットとなります。

JCBビジネスプラス法人カードのキャンペーン詳細

JCBギフトカードを最大7,000円分プレゼント!

JCBビジネスプラス法人カードでは、2019年9月30日お申し込み分までの期間限定で、最大7,000円相当のプレゼントがもらえる入会キャンペーンを開催中です。

 

  • 期間中に新規入会でJCBギフトカード3,000円分
  • 追加カード発行1枚につきもれなく2,000円分(最大4,000円分)

 

と、合計で7,000円分のJCBギフトカードがもらえる、お得な入会キャンペーンとなっています。

携帯電話・公共料金のお支払いでキャッシュバックキャンペーン!

2019年9月15日までの期間中にJCBビジネスプラス法人カードで携帯電話、公共料金などを合計税込1,000円以上支払いをすると、抽選で10,000円キャッシュバック!

 

さらに、上記条件を達成すると、抽選で2人にひとりに1,000円がキャッシュバックのチャンスもあります。

 

JCBビジネスプラス法人カードの特徴

 

国産で唯一国際ブランドを持つ、JCBのプロパービジネスカードとして発行されているのがJCBビジネスプラス法人カードです。

 

JCBのビジネスカードとして「JCB法人カード」も発行されていますが、大きな違いとなるのはポイント還元とキャッシュバック還元との違いです。

 

JCB法人カード

 

経費支払いで貯まったポイントを手間なく還元してもらいたい方には、キャッシュバック型のJCBビジネスプラス法人カードが最適なのではないでしょうか。

 

JCBビジネスプラス法人カードの年会費は、

 

本会員 税別1,250円
追加カード 税別1,250円

 

となっており、キャンペーンで発行した場合には初年度の年会費が無料になります。

 

ETCカードは1枚の本カードに対して必要枚数を年会費無料で追加することが可能となっており、社用車を多く抱えている法人にも最適なカードとなっています。

 

国際ブランドはJCBとなっており、国内の加盟店のシェアはNO.1で、国内での使い勝手は抜群です。

 

JCBがブラジルでクレジットカードの発行開始!地球の裏側でもJCBを使おう!」で解説しているように、近年では海外でもどんどんJCBが発行されており、グローバルに使いやすいカードとなっているのですね。

JCBビジネスプラス法人カードのキャッシュバックの仕組み

 

JCBビジネスプラス法人カードでは、ポイントプログラムは用意されておらず、カードの利用ではキャッシュバック還元をうけることができます

 

毎月のカードの利用金額に応じて、翌月の交通費・出張費が最大3.0%割引になる特典があります。

 

キャッシュバックの上限は月間最大15,000円となっていますので、年間で最大180,000円のキャッシュバックをうけることが可能です。

 

キャッシュバック率は毎月16日〜翌月15日までの、JCBビジネスプラス法人カードの利用金額に応じて変動します。

 

5万円未満 0%
5万円〜20万円 0.5%
20万円〜40万円 1.0%
40万円〜60万円 1.5%
60万円〜80万円 2.0%
80万円〜100万円 2.5%
100万円以上 3.0%

 

具体例を挙げると、月間で100万円カードを利用し、そのうち50万円が交通費・出張費だった場合、3.0%キャッシュバックで上限の15,000円のキャッシュバックをうけることができます。

 

この場合、100万円のカードの利用で15,000円相当のキャッシュバックをうけることができるので、還元率は1.5%ということになります。

 

法人カードの還元率では、0.5%〜1.0%というカードも多くなっていますので、還元率としては優秀といっていいでしょう。

 

交通費・出張費は、

 

  • 高速代・ガソリン代
  • 新幹線・飛行機代
  • 出張の際のホテル代

 

などが含まれますので、出張の多い法人の場合にはとくにお得にキャッシュバックをうけることができるのですね。

 

キャッシュバックは、カードを利用した翌々月のカード利用代金支払日にキャッシュバック還元されます。

 

経費支払いで、手間なくキャッシュバック還元してもらうことができますので、ポイントの失効の手間もなくシンプルに得をすることができるのですね。

 

JCBビジネスプラス法人カードの申込資格・発行スピード

JCBビジネスプラス法人カードの申込資格は、18歳以上の個人事業主・または法人の方となっています。

 

申し込み時に必要な書類は、

 

  • 現在事項全部証明書または履歴事項全部証明書(登記簿謄本)の写し
  • 法人代表者または個人事業主の本人確認書類の写し

 

となっており、個人用のクレジットカードを作るよりも必要書類は多くなっています。

 

書類を用意するのが難しい方は、「審査が甘い法人カードはある?設立1年目の会社OK法人クレジットカード」で紹介しているような、決算書・登記簿謄本不要で申込みできるカードを検討してもいいかも知れませんね。

 

ただし、JCBビジネスプラス法人カードは18歳以上が申込み可能な法人カードとなっていますので、審査のハードルはそれほど高くありません。

 

発行期間は平均して2週間〜3週間程度となっていますので、申込みの際には発行期間に余裕を持って申込みするようにしましょう。

JCBビジネスプラス法人カードの旅行保険

 

JCBビジネスプラス法人カードには、旅行保険などの付帯保険は用意されていません。

 

法人カードは海外出張の際にも利用する機会のあるカードですので、旅行保険が用意されていないのは残念ですよね。

 

海外旅行保険はクレジットカードの付帯保険で充分?保険会社と補償内容の違いを比較」で解説しているように、海外出張の際にはクレジットカードの付帯保険は役立つ補償です。

 

旅行保険は付帯していないものの、JCBビジネスプラス法人カードでは年間100万円までのショッピング保険が付帯します。

 

ただし、ショッピング保険は海外利用分のみが対象となっており、国内で購入した商品は対象外となりますので注意が必要です。

JCBビジネスプラス法人カードの付帯サービス

JCBビジネスプラス法人カードでは、バランスの取れたJCBのプロパービジネスカードらしく、手厚い内容の付帯サービスを利用することができます。

 

充実したビジネスサポートはもちろんのこと、海外でのサポートも充実しており、グローバルに活躍してくれるビジネスカードとなっているのですね。

 

ここでは、JCBビジネスプラス法人カードの付帯サービスを解説します。

充実したビジネスサポート!

JCBビジネスプラス法人カードでは、JCBの豊富なビジネス特典を利用することができます。

 

ビジネスサポートで選べ!付帯サービス万全の法人クレジットカード」で解説しているように、ビジネスサポートは法人カードを選択する際の大きな判断基準になります。

 

JCBビジネスプラス法人カードのビジネスサポートでは、

 

  • 法人向け出張サービス
  • エクスプレス予約
  • ビジネス限定じゃらん.netホテル予約

 

JCBビジネスプラス法人カードでは、法人向け出張サービスとしてJAL/ANAのチケットレスサービスを利用することができます。

 

スマホ・携帯からでも予約・変更をすることができますので、予定変更の起こりやすいビジネス出張でも安心して利用することができるのですね。

 

空の旅だけではなく、エクスプレス予約では東海道・山陽新幹線のチケットを24時間ネット予約することができます。

 

また、出張先のホテルもビジネス限定じゃらん.netホテル予約で、お得なビジネス限定プランで予約することができるのですね。

JCBプラザをはじめとした海外でのサポートも充実

JCBビジネスプラス法人カードでは、JCBプラザ/プラザラウンジをはじめとした海外でのサポートも充実しています。

 

世界の主要都市に設置されたJCBプラザでは、日本語スタッフによる対応で現地の交通機関の案内などのインフォメーションをうけることができます。

 

JCBプラザラウンジでは、ラウンジ機能も追加された海外デスクとなっており、旅行中のフリードリンクによる休憩などにも利用することが可能です。

 

緊急時には24時間365日対応で電話対応を受け付けてくれる「JCBプラザコールセンター」も利用することができます。

 

JCBのチケットサービスでジャニーズのカード枠も??

JCBビジネスプラス法人カードでは、JCBカードの会員限定で利用することができる「チケットJCB」を利用することができます。

 

チケットJCBでは、人気のコンサートや舞台のチケットを予約することが可能となっており、人気のコンサートの先行予約なども利用することができます。

 

とくに、ジャニーズファンの方に注目されているのが、ジャニーズ舞台の「カード枠」をチケットJCBで先行予約することができる点です。

 

カード枠は、JCBのカード会員しか予約することができませんので、多くのファンをライバルにする「ファンクラブ枠」よりもチャンスがあるケースがあるのですね。

 

福利厚生倶楽部で福利厚生もバッチリ!

JCBビジネスプラス法人カードでは、リロクラブと提携した「福利厚生倶楽部」で、従業員の福利厚生をおこなうことができます。

 

福利厚生倶楽部では、

 

  • リゾート
  • レジャー
  • グルメ
  • ライフスタイル

 

など、さまざまなカテゴリーでの優待割引を利用することが可能となっており、お得に福利厚生を提供することができます。

 

ビジネスを行ううえでは「CS」「ES」の向上は大きな関心事と思いますが、ESの向上には従業員のライフワークバランスの見直しも必要です。

 

充分な福利厚生を提供することで、バシッと仕事に集中できる環境を作るのもデキる社長の条件といえるでしょう。

JCBビジネスプラス法人カードのメリット

 

JCBビジネスプラス法人カードは、充実した付帯サービスが用意された優秀な法人カードとなっています。

 

また、カードの利用金額に応じて最大3.0%のキャッシュバックをうけることが可能となっており、毎月のコストを効果的に削減することができるカードです。

 

ここでは、JCBビジネスプラス法人カードのメリットとなる部分を解説します。

月間最大15,000円キャッシュバックで経費削減にも最適!

JCBビジネスプラス法人カードの最大のメリットとなるのは、毎月の利用金額に応じて月間最大15,000円のキャッシュバックをうけることができる点です。

 

交通費・出張費に対して最大3.0%のキャッシュバックをうけることができますので、社用車を多く抱えている法人など、交通費の多い法人にはとくにメリットがあります。

 

JCBビジネスプラス法人カードでは、1枚の本カードに対して必要枚数のETCカードを無料で発行することが可能です。

 

また、税別96円の少額の年会費で、給油専用カードの「エッソ・モービル・ゼネラルコーポレートカード」を発行することができます。

 

追加カードが必要ない場合でも、ETCカード・ガソリンカードを従業員に利用させることで、キャッシュバック対象となる交通費を取りこぼしなく利用できるのですね!

ハワイはおまかせJCB!

JCBのクレジットカードでは「ハワイはおまかせJCB」のプロモーションを行っており、ハワイ旅行でも非常に便利&お得なサービスをうけることができます。

 

ホノルルには、JCBプラザラウンジ・ホノルルが設置されており、レストランの予約や荷物の預りサービスなどをうけることができます。

 

また、ワイキキ-アラモアナ区間のワイキキトロリーを無料で利用することができますので、ハワイ観光の足として便利に活用することが可能です。

 

ハワイには、JCBの加盟店も多くなっていますので、JCBカードを使える店舗を探してさまよってしまうというような事態はないでしょう。

 

JCBビジネスプラス法人カードのデメリット

JCBビジネスプラス法人カードのデメリットとなっているのは、国内外での旅行保険が付帯していない点でしょう。

 

法人ユースで利用するJCBビジネスプラス法人カードでは、国内外の出張で利用する機会も多くなっています。

 

とくに、医療費の高額になる海外への出張の際には、急病やケガに備えることができる海外旅行保険が付帯したカードは必須です。

 

空港や保険会社で加入する海外旅行保険は高額になってしまいますので、クレジットカードの付帯保険は保険のコストを下げるのに効果的なアイテムです。

 

海外出張の多い法人の場合には、「海外旅行保険付きおすすめクレジットカード特集!自動付帯で補償が手厚い!」で解説しているような、自動付帯で補償の手厚いカードを利用するようにしましょう。

JCBビジネスプラスゴールド法人カードとの差・特典の違い

JCBビジネスプラス法人カードには、上位カードとして「JCBビジネスプラスゴールド法人カード」が発行されています。

 

 

JCBビジネスプラスゴールド法人カードの年会費は税別10,000円となっており、オンラインでの申込みの場合には初年度年会費無料で試すことができます。

 

ゴールドカードにふさわしく、空港ラウンジサービスをはじめとした空港サービスのほか、手厚い海外旅行保険を利用することも可能です。

 

とくに、海外旅行保険は航空便遅延保険も付帯した手厚い内容となっており、海外出張の多い法人には最適なカードとなっています。

 

より上質な法人カードを利用したい方は、JCBビジネスプラスゴールド法人カードも検討範囲に加えてみてはいかがでしょう。

 

JCBビジネスプラスゴールド法人カードの申込みはこちら

経費の支払いを直接キャッシュバックで経費削減に最適!

JCBビジネスプラス法人カードの最大の特徴が、カードの利用分の最大3.0%をキャッシュバック還元してもらうことができる点です。

 

  • 交通費・出張費を月間最大15,000円分キャッシュバック
  • ポイントの使い道を考えることなく失効の心配もなし
  • 手厚いビジネスサポート・海外特典が付帯

 

JCBビジネスプラス法人カードでは、交通費・出張費を月間最大15,000円分キャッシュバックしてもらうことができますので、社用車の多い法人にもおすすめです。

 

ポイントの使い道や有効期限を考える手間がありませんので、カードを利用するだけでお得に還元をうけたいという方にも最適なのですね。

 

JCBブランドの法人カードおすすめ比較!人気高いビジネスカード」で解説しているように、JCBブランドのカードでは充実のビジネスサポートをうけることができますので、バランスの取れた法人カードが欲しい方にもおすすめです。

 

 

基本情報

申し込み資格18歳以上の個人事業主・または法人の方
発行期間2〜3週間
入会金無料
年会費(本人)初年度無料
2年目以降1,250円+税
年会費(家族)初年度無料
2年目以降1,250円+税
解約金無料
締日公式サイトをご確認ください
支払日公式サイトをご確認ください
支払い方法
旅行傷害補償海外-
国内-
ショッピング保険年間100万円(海外利用分のみ)
紛失・盗難保証
ETCカード年会費無料
備考
空港サービス空港ラウンジ-
プライオリティパス-
発行会社株式会社ジェーシービー