「JREポイントをお得に貯められるカードってあるの?」

「JRの駅ビルでお得に使えるカードが欲しい」

 

JR東日本の共通ポイントとして、使いやすく・貯めやすいメリットがあるポイントが「JREポイント」です。

 

しかし、JREポイントをお得に貯めることができるカード、と言うと「これ!」と言うカードが無かったのが正直なところではないでしょうか?

 

JR東日本が新たに発表した「JRE CARD」は、JREポイントを最もお得に貯めることができるカードとして期待できるクレジットカードです。

 

今回は、新登場の注目カード・JRE CARDのメリット・これまでのビューカードとの違いを特集します。

 

JRE CARDデビューキャンペーン

入会+利用で最大6,000円分のポイントプレゼント!(2019年1月31日まで)

 

JRE CARDが2018年7月より発行開始!JRE CARDとは?

 

JR東日本では、新たなカードラインナップとしてJRE CARDを発行開始しました。

 

JR東日本のニュースリリースでは、JRE CARDの申込開始は2018年7月2日となっています。

 

JRE CARDでは、カードの利用でJREポイントを貯めることが可能となっており、JREポイントを最も効率的に貯めることができるカードです。

 

また、JRE CARDの最も大きなメリットとなるのが、JR東日本の各駅ビルでのポイント優待の特典です。

 

これまで、各駅ビルでお得に利用できるカードは、それぞれの駅ビルの発行するビューカードとなっていましたが、JRE CARDは駅ビルでの利用で共通してポイント3倍の特典を受けられます。

 

駅ビルでのお買い物を良く利用している方にとっては、非常に大きなメリットのあるカードとなるのではないでしょうか。

JRE CARDの年会費は?

JRE CARDの年会費は、初年度年会費無料・2年目以降税別477円と低コストになっています。

 

また、家族カードの発行はなくETCカードの年会費は他のビューカードと同じく税別477円となることが予想されます。

JRE CARDの還元率は?

JRE CARDでは、月間の利用金額1,000円に5ポイントのJREポイントを貯めることができます。

 

JREポイントは1ポイント=1円として、JR東日本の駅ビルでのお買い物などに利用することができますので、通常還元率0.5%でポイントを貯めることが可能となっています。

 

ポイントの有効期限は、最後にポイントが加算・減算された日から2年間となっていますので、年間1回でもカードを利用すれば実質有効期限無期限でポイントを貯めることができます。

 

JRE CARDはビューカードとなっていますので、Suicaのチャージ・オートチャージの設定で1.5%のポイントを貯めることができます。

 

iPhone7以降のiPhone等で利用できるApple Payにも登録可能となっていますので、電子マネーとの相性も良く利用することができるのですね。

JRE CARDの付帯保険は?

ビューカードでは共通の付帯保険が用意されており、JRE CARDでもビューカードの付帯保険が利用できることが予想されます。

 

ビューカードでは、国内旅行保険では利用付帯で最高1,000万円の補償が用意されています。

 

また、海外旅行保険では、自動付帯で最高500万円のシンプルな補償が付帯しています。

 

死亡・後遺障害 最高500万円
傷害治療 最高50万円
疾病治療 最高50万円

 

このように、ビューカードの海外旅行保険では、死亡・後遺障害の補償に加え、傷害・疾病治療の補償のみが用意されたシンプルな補償内容となっています。

 

海外旅行の際の補償用のカードとしては心細い点がありますので、海外旅行に出かける際には補償の上乗せ用のカードをサブカードとして利用した方が良いでしょう。

スタイルに合わせて3種類から選べる

 

JRE CARDには、「Suica・定期券なし」「Suica付」「Suica定期券付」の3タイプがあり、利用スタイルに合わせて選ぶことができます。

 

国際ブランドは、「Suica付」タイプのみが、JCB・VISA・Mastercardの3ブランドから選択できますが、それ以外のタイプはVISAのみとなっています。

 

JRE CARDのメリット!駅ビルの利用で最強カード

 

低コストで保有できるカードでありながら、JR東日本の利用者には非常に大きなメリットのあるJRE CARD。

 

とくに、駅ビルでのお買い物をする機会の多い方には、最強メリットのクレジットカードとして利用することが可能となっています。

 

ここでは、JRE CARDのメリットとなる部分を解説します。

JR東日本の駅ビルの利用で還元率3.5%!

JRE CARDの最も大きなメリットとなっているのが、JR東日本の駅ビルでのお買い物で3.5%還元の高還元でJREポイントを貯めることができる点です。

 

JRE CARDの通常還元率は0.5%となっていますが、JREポイント加盟店でのカードの提示では100円に1ポイントのJREポイントが加算されます。

 

さらに、対象となるJRE CARD優待店では、JRE CARD提示でのポイントが3倍の100円に3ポイントとなり、クレジットポイント0.5%と合わせて3.5%の還元率で利用できます。

 

JRE CARD優待店は、

 

  • アトレ・アトレヴィ
  • テルミナ
  • ペリエ
  • エクセル
  • エスパル
  • フェザン

 

などのJR東日本の駅ビルが加盟しており、今後もJRE CARD加盟店は拡充される予定となっています。

 

駅ビルでのお買い物では、駅ビル内のほぼ全ての施設での利用でポイント優待の対象となります。

 

飲食店はもちろん、本屋・CD・DVDなども3.5%還元の対象となるのは非常に大きなメリットになりますよね。

 

JR東日本の駅ビルでは、アトレビューSuicaカードやフェザンカードなど、それぞれの駅ビルでメリットのあるカードが発行されていました。

 

JRE CARDはそうした駅ビルのカードを統合したカードとなり、幅広い施設でのメリットをうけることができるのですね。

普段のカード利用で使い勝手最強のJREポイントを貯められる

JRE CARDの利用では、通常のクレジットカード加盟店での利用でも1,000円に5ポイントのJREポイントを貯めることができます。

 

JREポイントは、JR東日本の各駅ビルのポイントとSuicaポイントが統合した、非常に使い勝手の良い共通ポイントとなっています。

 

貯まったJREポイントは、1ポイント=1円として各駅ビルでのお買い物やSuicaのチャージに利用することが可能な、使い勝手最強の共通ポイントとなっています。

 

2018年6月28日に、ビューカードの利用で貯めることができるビューサンクスポイントもJREポイントに統合され、JREポイントは日本最大級の共通ポイントとなります。

 

カードの利用で使い勝手最強のJREポイントをお得に貯めることができるのも、JREポイントの大きなメリットとなるのですね。

Suicaチャージ・Suica定期券でポイント3倍!

JREポイントはビューカードとなっていますので、Suica機能・Suica定期券機能を一体で利用することができます。

 

Suicaチャージ・オートチャージの設定・Suica定期券の利用では、1,000円に15ポイントと通常の3倍のJREポイントを貯めることができます。

 

貯まったJREポイントを1ポイント=1円としてSuicaにチャージすることもできますので、通勤・通学でSuicaを利用している方にも非常にお得に利用できるカードとなっています。

 

また、Suicaはコンビニやスーパーなどで電子マネーとして利用することも可能となっています。

 

Suicaポイント加盟店ではSuicaの利用でJREポイントを貯めることができますので、チャージ・利用でのダブルポイントを貯めることも可能となっているのですね。

既存の駅ビル系カードは自動的にJRE CARDに切り替え

既にJR東日本の既存の駅ビル系のカードをお使いの方は、自動的にJRE CARDに切り替えが予定されています。

 

カードの有効期限が2018年8月の会員からは、更新時に自動的に「JRE CARD」の券面デザインのカードが発行されます。

 

切り替えの対象となるのは、

 

アトレビューSuicaカード

 

ペリエビューカード

 

weビュー・スイカカード

 

エスパルカード

 

フェザンカード

 

をお持ちの方が対象となります。

 

また、カード更新でのデザイン切り替え以前でも、2018年7月のJRE CARD発行からはJRE CARDと同一のサービスをうけることができます。

 

アトレビューSuicaカードをお持ちの方がペリエでお買い物をしても、カード提示での3.0%・クレジット利用の0.5%の合計3.5%の還元率でお買い物をすることができます。

 

既存の駅ビル系のクレジットカードをお使いの方にとっても、JRE CARDの発行は良いニュースであると言えるでしょう。

JRE CARDのデメリット

JR東日本の駅ビルでのお買い物がさらにお得になるクレジットカードがJRE CARDです。

 

JRE CARDのデメリットとして挙げることができる点としては、0.5%と言う通常還元率の低さではないでしょうか。

 

クレジットカードの還元率としては、0.5%の還元率は平均的であると言えますが、年会費無料のカードでも1.0%を超える還元率のカードは多く用意されています。

 

貯めることができるポイントが、使い勝手の良いJREポイントであるだけに、還元率の低さは少し残念ですよね。

 

ただし、JRE CARDではJREポイント加盟店ではカードの提示で1.0%・JRE CARD優待店では3.0%のポイントが加算される特典があります。

 

駅ビルでのお買い物では、クレジットポイントと合わせて3.5%のポイントを貯めることができますので、駅ビルでのお買い物用のカードと割り切ってもお得です。

超優秀な共通ポイントJREポイントとは

 

JRE CARDの大きなメリットのひとつとなっているのが、カードの利用で超優秀な共通ポイント・JREポイントを貯めることができる点です。

 

JREポイントはJR東日本の駅ビルのポイントとSuicaポイントが統合したポイントとなっており、使いやすく・貯めやすい共通ポイントとなっています。

 

2018年6月28日にビューサンクスポイントもJREポイントに統合され、日本最大級の共通ポイントとして期待されているポイントでもあるのですね。

 

JREポイントは、JR東日本の駅ビルで1ポイント=1円として現金同様に利用することができるほか、Suicaにチャージして利用することも可能となっています。

 

Suicaは電子マネーとして、幅広いコンビニやスーパーなどの店舗で利用することができますので、より幅広い店舗でポイントを活用することができるのですね。

JREポイントの交換先

JREポイントはポイント利用・Suicaチャージだけではなく、JR東日本の様々な施設のギフト券に交換して利用することができます。

 

  必要ポイント 交換先
鉄道博物館入館券 1,000ポイント 1,000円相当
メトロポリタンホテルズ共通利用券 1,500ポイント 2,000円相当
リラクゼご利用券 1,900ポイント 2,000円相当
東京ステーションホテル利用券 4,625ポイント 5,000円相当

 

特に、メトロポリタンホテルズ共通利用券には1ポイント=1.3円相当のお得なレートで交換することが可能となっています。

 

メトロポリタンホテルズ共通利用券は、宿泊はもちろんのこと、ホテルでの食事などにも利用することができます。

 

駅ビルでのお買い物でお得に貯めたポイントで、ホテルでのランチなどプチ贅沢をするのも良いのではないでしょうか。

JREポイントのお得な貯め方

JRE CARDの登場によって、JREポイントはますます貯めやすい共通ポイントへと進化します。

 

JRE CARDの利用ではお得にJREポイントを貯めることができますが、

 

  • 駅ビルでのお買い物
  • Suicaのチャージ・Suica定期券の利用
  • Web明細サービスの利用

 

などでよりお得にポイントを貯めることが可能です。

 

JRE CARDの最も大きなメリットとなるのは、JR東日本の駅ビル利用での3.5%還元です。

 

Suicaのチャージ・Suica定期券の購入でも1.5%の還元率でポイントが貯まりますので、定期の利用でガンガンポイントを貯めることが可能となっています。

 

また、ビューカードではWeb明細の利用で月間50円相当のJREポイントがもらえる特典があります。

 

JRE CARDにもこうした特典が継続して付帯することは充分に考えられますので、Web明細の利用で年間600円相当のポイントを貯めることができるのですね。

 

最も効率的にJREポイントを貯めることができると言う点が、JRE CARDの大きなメリットにもなっています。

 

ここに注目!

JRE CARDはJR東日本の駅ビルでお得に利用できるカードとなっていますが、現時点ではルミネは優待の対象となっていません。

 

ルミネでは、独自にルミネカードでの5%オフの特典が用意されており、ポイント還元での特典がメリットとなるJRE CARDとの統合が難しいというのも背景にあるでしょう。

 

ただし、今後ルミネでもJREポイントが利用可能になる可能性は充分にありますので、今後のサービス統合に期待をしたいですよね。

JRE CARDはこんな方におすすめ

2018年7月から発行開始された、お得な期待感の非常に大きなJRE CARD。

 

駅ビルでのお買い物やSuicaチャージでお得にJREポイントを貯めることができるカードとなっていますが、どのような方がJREポイントを持つべき方であると言えるでしょうか。

 

JRE CARDをおすすめできるのは、

 

  • JR東日本の駅ビルでよくお買い物をされている方
  • Suicaを利用している方
  • これから進学・就職をされる方

 

このような方がお得にJRE CARDを利用することができるでしょう。

 

JRE CARDでは、JR東日本の駅ビルでのお買い物で3.5%のJREポイントを貯めることができるのが、最も大きなメリットとなっています。

 

駅ビル内の店舗ではほぼ全ての店舗でポイントアップの特典を受けることができますので、JR東日本の駅ビルでお買い物をされる方には最強メリットのカードとなります。

 

また、JRE CARDではSuicaのチャージ・オートチャージでも1.5%のJREポイントを貯めることが可能となっています。

 

Suicaポイント加盟店で電子マネーSuicaを利用してお買い物をすれば、チャージ・利用でのダブルポイントを貯めることも可能となっているのですね。

 

JRE CARDを最もおすすめしたいのは、これから進学・就職をされ、新生活を送られる方です。

 

Suica定期券の購入でお得にポイントを貯めることができますので、4月には間に合いませんが発行され次第手に入れる価値があるでしょう。

ビューSuicaカードとJRE CARDのサービス・機能の差は?

これからカードを発行しようと思っている方、既にビューSuicaカードをお持ちの方には、ビューSuicaカードとJRE CARDのどちらがいいのか悩んでしまっている方もいるでしょう。

 

JRE CARDは、JR東日本の駅ビル系のカードが統合されたカードとなっており、JREポイント加盟店でクレジットポイントとは別にJREポイントを貯めることができます。

 

ビューSuicaカードは、ビューカードの最も基本となるカードとなっていますが、JREポイントカードとしての機能はありませんのでクレジットポイントのみの付与となってしまいます。

 

駅ビルなどで発行されるJREポイントカードを併用することで、1.0%のポイントを貯めることはできますが、駅ビルでの3倍ポイントの特典は受けることができません。

 

駅ビルでのお買い物の機会が多い方の場合は、JRE CARDを利用した方がお得になるのは間違いありませんね。

 

ただし、ビューSuicaカードでは税別477円で家族カードを発行することができますので、家族カードを利用する予定の方には利用する価値があります。

JRE CARDの登場でさらにJREポイントが価値あるポイントとなる

今回は、2018年7月より募集開始した、新しいビューカード「JRE CARD」を特集してきました。

 

  • JR東日本の駅ビルで3.5%還元で利用可能
  • Suicaチャージ・Suica定期券で1.5%還元
  • 普段のカード利用でもJREポイントが貯まる

 

JRE CARDの利用では、1,000円に5ポイントのJREポイントを貯めることが可能となっており、JR東日本の駅ビルではさらに100円に3ポイントが加算され、1.5%還元が可能となります。

 

JRE CARDの登場によって、これまでなんとなく貯めにくいポイントであったJREポイントがさらに使いやすいポイントとなるのですね。

 

 

 

基本情報

申し込み資格高校生を除く18歳以上の方
発行期間約2週間
入会金無料
年会費(本人)初年度無料
2年目以降477円+税
年会費(家族)初年度-
2年目以降-
解約金無料
締日毎月月末
支払日翌々月4日
支払い方法 1回払い、2回払い、ボーナス払い、分割払い、リボ払い
旅行傷害補償海外最高500万円
国内最高1,000万円
ショッピング保険-
紛失・盗難保証
ETCカード年会費477円+税
備考
空港サービス空港ラウンジ-
プライオリティパス-
発行会社株式会社ビューカード