JCB一般カードは、国産唯一の国際ブランド・JCBのもっともベーシックなプロパーカードです。

 

充実した海外特典や手厚い海外旅行保険も付帯しており、メインのカードとしても最適なカードです。

 

ポイントアップの特典も充実しており、セブン-イレブンやスターバックスなどの身近な店舗で使い勝手のいいポイントを貯めることができます。

 

オンラインでの申込みで即日発行も可能となっていますので、カードを急ぎで手に入れたい方にもおすすめできるカードです。

 

今回は、ファーストカードとしてもおすすめのJCB一般カードの特徴・メリット・デメリットを解説します!

 

JCB一般カードの5つのメリット

 

JCB一般カードには、バランス感覚に優れた5つのメリットがあります。

 

  • 即日発行が可能
  • ハワイでお得な特典が豊富
  • JCBオリジナルシリーズパートナーでポイントアップ
  • OkiDokiランドでネット通販もお得
  • ディズニーファンにも最高のカード

 

ここでは、JCB一般カードが選ばれる理由にもなっている、メリットの内容を詳しく見ていきましょう!

即日発行・最短翌日にはカードを受け取れる

JCB一般カードは平日14時までの申込み完了で、最短即日発行&翌日のカード受取が可能です。

 

即日発行には条件があります。

 

  • オンラインでの申込みであること
  • 平日14時までに申込みが完了していること
  • オンラインでの銀行口座登録が完了していること

 

上記の条件をすべて満たすことで即日発行され、一部離島を除くエリアで最短翌日カードを受取ることができます。

 

また、JCB一般カードは審査もスピーディで、申込当日中には審査結果を知ることが可能です。

 

JCB一般カードの申込資格は高校生を除く18歳以上の方となっており、学生や専業主婦の方でも申込みできる、窓口の広いカードとなっています。

 

学生の方でアルバイト収入の無い方でも審査に問題なく通過できますので、学生の方のファーストカードとしてもおすすめできるカードです!

 

ハワイでお得な特典・海外特典が充実

 

JCB一般カードはハワイでお得な特典が充実しており、ハワイ旅行に出かける予定の方にもおすすめのカードです。

 

ハワイ観光の際には、ハワイの観光バス「ワイキキトロリー」のピンクラインを、JCBカードを提示すると無料で利用することが可能となっています。

 

本人だけではなく、同伴者も含めて無料になりますので、家族旅行の際にもバリューのよい特典です!

 

また、JCB一般カードでは、ハワイをはじめとした世界の主要都市に設置された、JCBプラザ/プラザラウンジを利用することができます。

 

JCBプラザ/プラザラウンジでは、現地の日本語スタッフによる対応で、現地の案内やレストランの予約などのサポートをうけることが可能です。

 

セブン-イレブンやスタバでお得にポイントアップ

 

JCB一般カードの基本の還元率は0.5%ですが、セブン-イレブンやスターバックスなどの身近な店舗でお得にポイントアップすることが可能です。

 

ポイントアップ加盟店となる「JCBオリジナルシリーズパートナー」では、加盟店ごとにポイントの倍率が設定されています。

 

セブン-イレブン 3倍
イトーヨーカドー 3倍
スターバックス 5倍
エッソ・モービル・ゼネラル 2倍
ルートインホテルズ 7倍

 

JCBオリジナルシリーズパートナーでは、

 

  • セブン-イレブンで還元率1.5%
  • スターバックスで還元率2.5%

 

と、身近な店舗でお得にポイントを貯めることが可能となっています。

 

JCBオリジナルシリーズパートナーにはさまざまなカテゴリーの店舗が用意されていますので、意識して利用するだけで効率的にポイントを貯めることができますね!

 

OkiDokiランドでAmazonや楽天市場もお得

 

JCB一般カードでは、会員専用のインターネットモール「OkiDokiランド」で、Amazonや楽天市場でお得にポイントを貯められます。

 

Amazon 2倍
楽天市場 2倍
Yahoo!ショッピング 2倍
LOHACO 2倍
エクスペディア 2倍
JCBトラベル 2倍

 

人気のAmazonや楽天市場でポイント2倍・還元率1.0%で利用することができますので、ネット通販好きの方でもお得にカードを利用することができます。

 

OkiDokiランドを経由するだけで、あとはいつも通りお買い物をするだけでポイントアップできるという手軽さも嬉しい点です。

 

JCBマジカルなどのディズニーの特典も充実

 

JCB一般カードでは「JCBマジカル」をはじめとしたディズニー関連の特典も充実しています。

 

JCBマジカルは期間中のJCBカードの利用で、ディズニーのパークチケットやディズニーホテルなどが当たるプレゼントキャンペーンです。

 

また、JCBカードはディズニーのオフィシャルカードになっていることから、パーク内のほぼすべてのショップでクレジット払いが可能となっています。

 

ワンポイントでミッキーがデザインされた、ディズニーデザインのカードも発行可能となっており、ディズニーファンの方にも必需アイテムとなります!

 

 

ただし、ディズニーデザインのカードは最短即日発行の対象にはなりませんので注意が必要です。

 

 

ポイントでディズニーのパークチケットを交換可能

JCB一般カードの利用で貯まるOkiDokiポイントは、ディズニーのパークチケットなどにも交換することができます。

 

ディズニーリゾートパークチケット 1,500ポイント
ディズニーアンバサダーホテル
ミッキーズ・ペントハウス・スイート宿泊券
71,000ポイント
ディズニーアンバサダーホテル ペア食事券 5,000ポイント
東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ
ポルト・パラディーゾ・サイド スーベリアルーム
19,500ポイント
ディズニー/ピクサー QUOカード3,000円分 3,200ポイント

 

このように、カードの利用で貯まったポイントで夢の国にダイブできるというのは、ディズニーファンには心が動かされてしまいますね!

 

いつもは手が届かないディズニーホテルも、ポイントでお得に宿泊を目指してみてはいかがでしょう。

こんな方におすすめ

JCB一般カードの5つのメリットを前提とすると、カードをおすすめすることができるのは次のようなタイプの方となります。

 

  • バランスの取れたクレジットカードを使いたい方
  • セブン-イレブンやスターバックスをよく利用している方
  • ハワイ旅行に出かける機会の多い方

 

JCB一般カードは、国産で唯一の国際ブランドとなるJCBのプロパーカードとして、バランスの取れたサービスが魅力です。

 

セブン-イレブンやスターバックスをはじめとしたJCBオリジナルシリーズパートナーでは、よりお得にポイントを貯めることが可能となっています。

 

また、JCBプラザをはじめとした海外特典も充実していますので、ハワイ旅行に出かける機会の多い方にも作っておいていただきたいカードですね!

JCB一般カードの唯一のデメリットは還元率

JCB一般カードの唯一のデメリットとなるのが、通常還元率が0.5%と還元率が低い点です。

 

年会費無料のカードでも還元率1.0%以上のカードは多く、還元率0.5%のJCB一般カードと比較すると2倍のスピードでポイントを貯めることができます。

 

ただし、JCB一般カードはオリジナルシリーズパートナーの活用などでお得に利用することも可能です。

 

セブン-イレブンなどの毎日利用する店舗で還元率1.5%で利用することができますので、通常還元率の低さは大きなデメリットにはならないのでしょう。

 

こんな人には向かないかも…?

JCB一般カードの通常還元率は0.5%ですので、ポイント高還元率のクレジットカードを求めている方には不向きです。

 

年会費無料のカードでもポイント還元率1.0%を超えるカードは多くなっていますので、サブカードとして使い分けるのもいいかも知れませんね!

 

JCB一般カードのキャンペーン詳細

 

JCB一般カードは、2019年3月31日までの期間限定で、最大10,000円分のプレゼントがもらえる入会キャンペーンを開催しています。

 

入会キャンペーンでは、3つの特典で最大10,000円分のJCBギフトカードを獲得可能です!

 

  • 新規入会でもれなく2,000円分
  • 家族カード新規入会で1枚あたり1,000円・最大2,000円分
  • カード入会後にお友達紹介で最大6,000円分

 

上記の条件を達成すると、合計で最大10,000円分のJCBギフトカードを獲得することができます。

 

お友達を紹介するのはハードルが高いかも知れませんが、それを除いても4,000円分のJCBギフトカードが獲得できる優秀なキャンペーンです。

 

オンラインでの申込みでは、初年度年会費が無料になる特典もありますので、ダブルでお得なキャンペーンとなっています!

 

JCB一般カードの特徴

国産のクレジットカード会社で唯一国際ブランドとなっているJCBの、基本のクレジットカードがJCB一般カードです。

 

 

JCB一般カードには、日本を演出するカードデザインが採用されており、日本を代表するクレジットカード会社としてのプライドを感じることができます。

 

よりシンプルでスタイリッシュなオンライン申込限定デザインも発行することが可能となっており、自分の好みに合わせたカードフェイスを選べるのは嬉しい点です。

 

オンライン申込限定デザイン

 

海外特典や付帯保険といった付帯サービスはもちろん、ポイントの使い勝手もよく、バランスの取れたカードとしてメインカードにもおすすめの1枚です!

国産の国際ブランド・JCBのプロパーカード

 

JCBのプロパーカードとなるJCB一般カードの国際ブランドは、当然JCBのみとなっています。

 

JCBは海外での使い勝手が悪いと思われがちですが、近年では海外でもJCBカードは多く発行されており、日本人に人気の観光エリアなどでは問題なくカードを利用することができます。

 

また、国際ブランドとしての付帯サービスも充実しており、海外特典を中心としたサービスをうけることができる点もメリットです。

 

実質年会費無料で利用可能

JCB一般カードでは、オンライン申込みで初年度年会費が無料になる特典があり、2年目以降も実質年会費無料で利用することが可能となっています。

 

JCB一般カードの年会費は、

 

本会員 税別1,250円
家族会員 税別400円

 

となっており、オンラインでの申込みの場合は初年度の年会費が無料になる特典があります。

 

さらに、WEB明細サービス「MyJチェック」に登録のうえ、年間のカード利用金額が50万円以上の場合は次年度の年会費が無料になる特典があります。

 

月間平均で約40,000円利用するだけで、実質年会費無料で利用することができるというのはお釈迦様のような配慮です!

 

また、ETCカードは年会費・発行手数料ともに無料で発行することができます。

限度額はパワフルな最高300万円

JCB一般カードの限度額はパワフルな最高300万円までです。

 

カード発行時の初期利用限度額は10万円からとなっており、申込時の年収やクレヒスによって個別に設定されます。

 

学生や専業主婦の方で収入無し・クレヒス無しの場合は、10万円程度の限度額で発行されるケースが多くなっています。

 

年間の利用金額で還元率1.5倍!海外利用分はポイント2倍も

JCB一般カードの還元率は0.5%となっています。

 

カードの利用1,000円に1ポイント(5円相当)のOkiDokiポイントを貯めることが可能となっており、有効期限はポイントの付与から2年間です。

 

ポイントは月間の累計金額から付与されますので、毎月ポイントにならずに切り捨てられてしまう端数は最大でも999円と効率的になっています。

 

また、MyJチェックの登録で海外利用分がポイント2倍になる特典があり、海外でのショッピング・食事で還元率1.0%でポイントを貯めることが可能です。

 

電子マネーのチャージによるポイント付与はありませんが、後払い式電子マネーのQUICPayを搭載しており、Apple Payにも対応しています!

 

年間の利用金額に応じて還元率1.5倍が可能

JCB一般カードでは、年間の利用金額に応じて次年度のポイント還元率がアップする「JCB STAR MEMBERS」が適用されます。

 

年間利用金額 ステージ 次年度還元率
30万円以上 スターePLUS 0.55%
50万円以上 スターβPLUS 0.60%
100万円以上 スターαPLUS 0.75%

 

最大で年間100万円以上のカード利用があると「スターαPLUS」となり、次年度の還元率が1.5倍・0.75%還元にアップします。

 

アップした還元率はJCBオリジナルシリーズパートナーなどの特典と併用ができますので、ポイント3倍のセブン-イレブンでは合計還元率1.75%でポイントを貯めることができます。

 

使えば使うほどお得にポイントを貯めることができますので、JCB一般カードをメインカードとしてしっかり使い倒しちゃいましょう!

ポイントの交換先・お得な使い道

 

JCB一般カードの利用で貯めるOkiDokiポイントは、1ポイント=5円相当としてさまざまな用途に利用することができます。

 

  必要ポイント 交換先
キャッシュバック還元 1ポイント 3円分
JCBギフトカード 1,050ポイント 5,000円分
iTunes Card 500ポイント 1,500円分
nanacoポイント 200ポイント 1,000ポイント
楽天スーパーポイント 200ポイント 800ポイント
Tポイント 500ポイント 2,000ポイント
WAONポイント 200ポイント 800ポイント
dポイント 200ポイント 800ポイント
au WALLETポイント 200ポイント 800ポイント
東京ディズニーリゾートパークチケット 1,500ポイント 7,400円相当
JALマイル 500ポイント 1,500マイル
ANAマイル 500ポイント 1,500マイル

 

このように、幅広い商品券・共通ポイントにお得にポイントを利用することが可能です。

 

特に交換レートがいいのは、1ポイント=5円相当となるnanacoポイントへの交換となります。

 

また、JAL/ANAマイルにポイントを交換することも可能となっていますので、ポイントを貯めて特典航空券を目指してみるというのもいいでしょう!

 

Tポイントをお得なレートで貯められる

JCB一般カードでは「JCB×Yahoo!JAPANポイントクラブ」を活用することで、Tポイントを0.5%還元でお得に貯めることができます。

 

通常、OkiDokiポイントからの交換では、1OkiDokiポイント=4Tポイントの交換となりますので0.4%還元相当です。

 

JCB×Yahoo!JAPANポイントクラブに登録すると、毎月貯めたOkiDokiポイントが自動的にTポイントに1ポイント=5円として交換され、還元率0.5%でTポイントを貯めることができます。

 

JCB×Yahoo!JAPANポイントクラブは登録無料となっていますので、貯めるポイントをTポイントに固定すればお得なレートで貯めることが可能です!

 

JCB一般カードの旅行保険

JCB一般カードでは、手厚い内容の旅行保険に加え、ショッピング保険も用意されています。

最高3,000万円の海外旅行保険が付帯

海外旅行保険付帯条件 利用付帯
死亡・後遺障害 最高3,000万円
傷害治療 最高100万円
疾病治療 最高100万円
携行品損害 最高20万円
救援者費用 最高100万円
賠償責任 最高2,000万円

 

JCB一般カードでは、利用付帯で最高3,000万円の海外旅行保険が付帯します。

 

海外での急病やケガに備えることができる傷害・疾病治療の補償金額は最高100万円と、海外旅行中の万が一に備えることができます。

 

ただし、補償の付帯条件は利用付帯となっていますので、旅行代金や航空券をJCB一般カードで支払った場合にのみ補償されますので注意が必要です。

 

また、国内旅行保険は利用付帯で死亡・後遺障害最高3,000万円のみの補償です。

海外利用分のみ年間100万円のショッピング保険が補償

JCB一般カードでは、海外利用分にのみ年間100万円のショッピング保険が付帯しています。

 

ショッピング保険では、海外のJCB加盟店で購入した商品の、購入日から90日以内の破損や盗難による損害が補償されます。

 

国内購入分の商品には補償が付帯しないものの、より破損や盗難のリスクが高い海外利用分でのショッピング保険の補償はライフラインです!

 

ショッピング保険の利用には、免責金額として1事故あたり1万円の自己負担が必要です。

JCB一般カードの付帯サービス

JCB一般カードでは、次のような充実した付帯サービスを利用することができます。

 

  • 海外での優待をまとめた「たびらば」
  • エクスプレス予約で新幹線もお得
  • JCBでe安心でネット通販も安心
  • チケットJCBでコンサート・舞台をオンライン予約

 

ここでは、国内外で活躍するJCB一般カードの付帯サービスの内容を詳しく解説します。

たびらばで海外での優待三昧

JCB一般カードでは、海外での優待をまとめたウェブサイト「たびらば」で、海外旅行中のお得な優待をうけることが可能です。

 

たびらばでは、世界のさまざまなエリアの優待をうけることができるだけではなく、現地スタッフのおすすめする旅情報を検索することもできます。

 

  • 現地スタッフ発のおすすめ情報
  • 現地のお店の検索
  • 人気のお店の予約サービス
  • 自分で作るマイガイド

 

など、海外旅行中のガイド役になってくれる、頼れるサービスです!

 

JCBのスマホアプリでも「たびらば」を利用することができますので、海外旅行の前には必ずインストールしておきましょう。

 

たびらば​アプリのインストールはこちらから

 

エクスプレス予約で新幹線もお得な会員料金で

JCB一般カードでは、東海道・山陽新幹線のチケットをお得な会員価格で予約することができる「エクスプレス予約」を利用することができます。

 

エクスプレス予約では、365日お得な会員料金で新幹線を予約することができるだけではなく、専用のEXカードでチケットレスでスマートに改札を通過することができます。

 

混み合った券売機やみどりの窓口に並ぶことなく新幹線を利用することができますので、年末年始や盆の旅行にもスムーズに利用することが可能です。

 

エクスプレス予約では、事前の予約でさらに新幹線がお得になる「早得」も利用できますので、新幹線での旅行の際には用意しておきたいサービスです。

 

サービスの利用には税別1,000円の年会費が必要ですが、年間1回でも新幹線に乗る方なら年会費のもとを余裕で取ることができます!

 

JCBでe安心でネット通販も安心

JCB一般カードでは「JCBでe安心」制度が適用され、インターネットでの不正利用による損害を補償してもらうことができます。

 

JCBでe安心では、

 

  • インターネットショッピング
  • 電話・プロバイダー料金
  • 電話・FAXによる通信販売

 

などで、自分に身の覚えの無い利用があった場合、不正利用であると認められれば請求が取り消されます。

 

インターネットショッピングでクレジットカードを使うのが怖い!という方も、補償があれば安心してネット通販を楽しむことができますね!

チケットJCBで人気のチケットをオンライン予約

JCB一般カードでは、会員専用のチケットサービス「チケットJCB」で、人気のコンサート・舞台をオンライン予約することができます。

 

24時間オンラインでチケットを予約することができますので、目当てのチケットを見逃すことなく予約することが可能です。

 

また、JCBカード会員限定の公演なども企画されていますので、通常では入手困難なチケットを手に入れるチャンスも拡がります!

 

ジャニーズの舞台のカード枠も確保されていますので、ジャニーズファンの方にもJCBカードは必携のカードといえるでしょう。

 

三井住友カードとの差・特典の違い

JCB一般カードのライバルともいえるクレジットカードが「三井住友VISAクラシックカード」です。

 

 

三井住友VISAクラシックカードの年会費は、JCB一般カードと同じく税別1,250円となっていますが、リボ払いサービス「マイ・ペイすリボ」の登録・1回以上の利用で年会費が無料になります。

 

また、マイ・ペイすリボの手数料が1円でもある月にはポイントが2倍になる特典があり、還元率1.0%でカードをお得に利用することが可能です。

 

もっとも大きな違いとなるのが国際ブランドで、三井住友VISAクラシックカードは世界の加盟店シェア1位・2位のVISA/Mastercardを利用することができます。

 

どちらか一方を利用するというよりは、JCB一般カードと三井住友VISAクラシックカードを2枚持ちして使い分けるというのもおすすめです!

 

三井住友VISAクラシックカードの申込みはこちら

バランスの取れたJCBのプロパーカードを即日発行で手に入れよう

JCB一般カードは、メインカードとしてもふさわしいバランスの取れたクレジットカードです。

 

  • ポイントの使い勝手がよくポイントアップの特典も充実
  • 手厚い海外旅行保険や海外特典が充実
  • プロパーカードとしてのステータス性も抜群

 

JCB一般カードの利用で貯まるOkiDokiポイントは使い勝手もよく、JCBオリジナルシリーズパートナーでのポイントアップ特典でお得にポイントを貯めることもできます。

 

海外には弱いと思われがちですが、手厚い海外旅行保険や海外特典も充実しており、海外でもお得に使えるカードとなっています。

 

プロパーカードとしてのステータスも優れ「JCB上位カードの付帯サービスが超優秀!申込可能なプラチナカードも」で解説しているような上位カードを目指すことができるのも嬉しいメリットです!

 

 

基本情報

申し込み資格高校生を除く18歳以上の方
発行期間最短即日発行・翌日カード受取 ※平日14時までの申し込み、 オンライン口座の設定が条件
入会金無料
年会費(本人)初年度無料
2年目以降1,250円+税
年会費(家族)初年度400円+税
2年目以降400円+税
解約金無料
締日公式サイト参照
支払日公式サイト参照
支払い方法
旅行傷害補償海外最高3,000万円
国内最高3,000万円
ショッピング保険最高100万円
紛失・盗難保証
ETCカード年会費無料
備考
空港サービス空港ラウンジ-
プライオリティパス-
発行会社株式会社ジェーシービー