ヤフーカードは、Yahoo!JAPANグループのワイジェイカードが発行する永年年会費無料の人気カードです!

 

Yahoo!ショッピング・LOHACOで、いつでも還元率3.0%で使い勝手最強のTポイントを貯めることが可能となっており、Tポイント用の最強カードとも言われています。

 

永年年会費無料のカードの中でもとくに人気が高く、はじめてのカードとしても選ばれている人気の高いカードです。

 

今回は、ヤフーカードの特徴・メリット・デメリットを解説します。

 

このページを最後まで読んでいただければ、ヤフーカードが評判通りのお得なカードなのかを知ることができますよ!

 

8つのメリット

ヤフーカードは、独自の8つのメリットがカードが選ばれる理由にもなっています。

 

  • 永年年会費無料でコスト0円!
  • 審査時間は最短2分!最速で審査完了
  • Yahoo!ショッピング・LOHACOではいつでもポイント3倍
  • ソフトバンクユーザーはYahoo!ショッピングでいつでも12倍
  • 5のつく日はYahoo!ショッピングで最大16倍!
  • ポイント有効期限は実質無期限
  • Mastercard限定でデザインカードも発行可能
  • 国内外で100万円までのショッピング保険が付帯

 

ここでは、ヤフーカードの魅力にもなっている、メリットの内容を詳しく解説します。

永年年会費無料でコスト0円で利用可能

ヤフーカードの年会費は永年無料となっており、カードの維持にコストをかけずに利用することができます。

 

本カードだけではなく、家族カードも含めて無料となっていますので、ムダな年会費をかけずに利用できるのは嬉しいですね。

 

クレジットカードの年会費は完全なランニングコストとなってしまいますので、年会費無料の優秀なカードを利用するのは賢い選択となります。

 

かのビル・ゲイツも、プラチナ・ブラックカードではなく、年会費の安いアメックスグリーンを利用していると言われています。

 

年会費の高さ=カードの魅力ではありませんので、自分に必要な特典を年会費無料で利用できるのは大きなメリットですね。

 

家族カードよりも別契約での発行がおすすめ

ヤフーカードは本カードの年会費も永年無料となっていますので、家族で利用する場合にも別契約でのカード発行をおすすめします。

 

家族カードの場合、本カードの限度額と共有する形ですので、別に本カードを利用することで限度額が圧迫されないメリットがあります。

 

あとで解説する入会キャンペーンの特典も、別契約でカードを作れば家族それぞれで特典をゲットすることができますよ!

 

また、家族カードだと明細が一緒になってしまうので、家族に内緒でお買い物をしたい…という場合にも別でカードを作りましょうね(笑)

審査時間は最短2分で発行スピードも早い

ヤフーカードの審査時間は最短2分となっており、クレジットカード業界でも最速の審査スピードを誇っています。

 

審査結果はウェブでリアルタイムに確認することが可能となっており、属性に問題が無い方の場合は2分以内で審査通過することができます。

 

クレジットカードの審査結果を待つ時間というのは、試験結果を待つ感覚に似た緊張感がありますので、すぐに審査結果を知ることができるのは嬉しいですね!

 

実際に申し込んだ際には受付完了後の1分後に、審査完了のメールが届きました!早いですね!

 

IMG_3772

 

また、発行スピードも早く、最短1週間程度でカードを受け取ることができますので、急ぎでカードを作りたい方にもおすすめすることができますよ。

Yahoo!ショッピング・LOHACOで還元率3.0%

 

ヤフーカードの最大のメリットとも言えるのが、Yahoo!ショッピング・LOHACOでいつでも還元率3.0%でTポイントを貯めることができる点です。

 

通常還元率は1.0%となっており、カードの利用金額100円に1ポイント(1円相当)のTポイントが付与されます。

 

Yahoo!ショッピング・LOHACOでの利用では、通常のクレジットポイントに加え、

 

  • Yahoo!ショッピング・LOHACO利用ポイント:1.0%
  • ストアポイント・LOHACOポイント:1.0%

 

と、合計3.0%のTポイントを貯めることができます。

 

Yahoo!ショッピング・LOHACOでの利用では、いつでも通常の3倍の還元率でTポイントを貯めることができますので、ネット通販好きには最強のカードですね!

 

さらに、ヤフーカードではnanacoへのクレジットチャージで200円に1ポイント(還元率0.5%)でポイントを貯めることができます。

 

Apple Payにも登録して利用することができますので、Apple Payの登録用のカードを探している方にも最適ですね!

 

ただし、ポイント付与条件は毎回の付与となっていますので、毎回のカード利用の99円未満の端数はポイントとならずに切り捨てられてしまいますので、注意が必要です。

 

通常ポイントと期間固定Tポイント

 

Tポイントには通常ポイントと期間固定Tポイントの2種類のポイントがあり、期間固定Tポイントは有効期限・使い道が若干制限されます。

 

Yahoo!ショッピング・LOHACOでの利用の3.0%の還元率のうち、カードの利用ポイントを除いた2.0%分は期間固定Tポイントとして付与されます。

 

期間固定Tポイントは、ファミリーマートやTSUTAYAなどのTカード加盟店で利用することはできませんので、通常のTポイントとは異なるポイントです。

 

ただし、期間固定TポイントはYahoo!JAPANのサービスで利用できますので、Yahoo!ショッピングのユーザーなら使い勝手に困ってしまうことはないでしょう。

 

ソフトバンクユーザーはYahoo!ショッピングで還元率12%

 

ソフトバンクユーザーの方の場合、ヤフーカードを保有すればYahoo!ショッピングでいつでも還元率12.0%でTポイントを貯めることができます。

 

ソフトバンクユーザーは、

 

  • Yahoo!プレミアム会員特典:+4倍
  • ソフトバンクユーザー特典:+5倍

 

のポイントアップ特典が適用され、Yahoo!ショッピングでいつでもポイント10倍でお買い物をすることができますよ。

 

さらに、ヤフーカードを利用すれば、+2倍のポイントアップが適用され、いつでも12倍の還元率12.0%でTポイントを貯めることが可能です。

 

12.0%の還元率というと、10,000円の利用で1,200ポイント(1,200円相当)のポイントを貯めることが可能となっており、驚異的なスピードでポイントを貯めることができます。

 

また、ソフトバンクユーザーはYahoo!プレミアム会員の税別462円の月会費が無料になりますので、追加の費用を支払う必要はありません!

 

ワイモバイルユーザーもYahoo!プレミアム会員が無料になりますので、ヤフーカードを併用すればいつでも7.0%の還元率でポイントを貯められますよ。

 

5のつく日はYahoo!ショッピングで最大16倍のTポイントが貯まる

 

Yahoo!ショッピングでは、毎月5のつく日の利用で最大16倍のTポイントが貯まる特典があります。

 

毎月5のつく日には、

 

  • エントリーで+2倍
  • アプリでの購入で+2倍

 

と、キャンペーンにエントリーしてアプリでお買い物をするだけで、+4倍のTポイントが加算されますよ。

 

ソフトバンクユーザーで、かつヤフーカードを利用している方の場合、最大で還元率16.0%でYahoo!ショッピングを利用することができますね!

 

急ぎでないお買い物の場合には、5日・15日・25日の5のつく日を待ってお買い物をした方が、お得にTポイントを貯めることが可能ですよ。

 

5のつく日のキャンペーンでは、毎回の開催日ごとにエントリーが必要となる点には注意が必要です。

 

ポイント有効期限は実質無期限で失効のリスクなし

Yahoo! JAPANカードの利用で貯まるTポイントは、実質有効期限無期限のポイントとなっており、失効のリスクが無いのも嬉しい点です。

 

Tポイントの有効期限は、最終のポイント利用(加算も含む)から12か月となっています。

 

ですので、年間1回でもヤフーカードを利用してTポイントを貯めていれば、ポイントは実質無期限で貯めることが可能ですね!

 

クレジットカードのポイントは現金と同様の価値があるものですが、ポイントになると意識が薄れてしまい、有効期限を切らして失効させてしまった経験のある方も多いでしょう。

 

毎年1回以上カードを利用するだけで実質無期限に有効期限が延長されるTポイントなら、失効におびえることもありませんね。

 

 

国内外で100万円までのショッピング保険が付帯

ヤフーカードでは、国内外で購入した商品に対して、年間100万円までの手厚いショッピング保険が付帯しています。

 

国内外の加盟店で購入した1万円以上の商品が対象となっており、購入日から90日以内の商品の破損や盗難による損害を補償してもらうことが可能です。

 

自己負担として必要になる免責金額も、1事故あたり3,000円と少額になっていますので、万が一の時に保険を使いやすくなっているのも嬉しいですね!

 

年会費無料のクレジットカードの場合、ショッピング保険は付帯しても海外のみというカードが多くなっていますので、国内外で補償を受けられるのは大きなメリットです。

こんな方におすすめ

ヤフーカードが選ばれている8つのメリットから考えると、次のような方に強くおすすめできるカードとなっています。

 

  • Yahoo!ショッピングを利用している方
  • ソフトバンクユーザーの方
  • Tポイントをお得に貯めたい方
  • 年会費無料でお得にカードを利用したい方

 

最大のメリットとなっているのが、Yahoo!ショッピング・LOHACOでいつでも3.0%の還元率でTポイントを貯めることができる点でしょう。

 

ソフトバンクユーザーの方は、ヤフーカードを利用することでいつでも12倍のポイントを貯められますので、必携のカードであるとも言えます。

 

ヤフーカードは年会費永年無料でコスト0円で利用することができますので、Yahoo!ショッピング用のカードとして持っておくのも損はありませんね!

 

デメリットは3つ

優秀なヤフーカードにも、3つのデメリットがあるのは知っておきましょう。

 

  • nanacoチャージのポイントは0.5%
  • ポイントの付与条件が毎回
  • ETCの年会費が有料

 

ここでは、納得してヤフーカードを申し込みするために、ヤフーカードのデメリットとなる部分を解説します。

nanacoチャージではポイントが半減

ヤフーカードの基本の還元率は1.0%となっていますが、nanacoのチャージに利用した場合には半減の0.5%となってしまいます。

 

以前は、ヤフーカードでは国際ブランドをJCBで発行した場合にのみ、nanacoチャージで還元率1.0%のポイントが付与されていました。

 

2018年3月1日から、nanacoチャージでのポイント付与が改悪され、ヤフーカードではすべての国際ブランドで還元率0.5%でのチャージに変更となりました。

 

改悪とはいえ、ライバルカードの楽天カードでは完全にnanacoチャージでのポイント付与が撤廃されましたので、0.5%でもポイントが貯まるのは不幸中の幸いと言えます。

 

また、VISA/Mastercardでもポイント付与の対象となりましたので、見方によっては改善ともいえるサービス改定です。

 

ポイントの付与条件は毎回切り捨て

ヤフーカードのポイント付与条件は、毎回のカードの利用ごととなっていますので、毎回のカード利用で99円未満の端数が切り捨てられてしまいます。

 

199円の利用でも1ポイントしか付与されませんので、コンビニなどの利用が多く、少額のお買い物が多い方には切り捨てられる端数がバカになりませんね。

 

ただし、月間の累計利用金額で考えると、利用状況にもよりますがポイント付与条件の違いで変わるのは数ポイント〜数10ポイントです。

 

私も毎回の利用ごとの付与条件のカードを利用していますが、今月は35,783円の利用で352ポイントと、切り捨てられているのは5ポイント強です。

 

1,000円ごとの付与ではなく100円ごとの付与となっているので、ポイント付与条件の影響は最小限で抑えることができますね!

ETCの年会費が有料

ヤフーカードでは、本会員・家族カードを含めて永年無料となっていますが、ETCカードを利用する場合には税別500円の年会費が必要です。

 

ETCカードでは、高速料金のお得な割引をうけることが可能となっていますので、高速道路を利用する方にはETCカードは必須のアイテムとなっています。

 

ETCの利用でも1.0%の還元率でTポイントを貯めることができますが、年会費のもとを取るためには年間50,000円以上のETCの利用が必要となります。

 

年間数回のお出かけの際にしかETCを利用しない、という方の場合には、ETC年会費が無料な他のカードを利用した方がお得ですね。

 

こんな人には向かないかも…?

ヤフーカードでは、ETCカードを発行する場合は税別500円の年会費が必要となりますので、ETCカードを合わせて利用したい方には不向きです。

 

ETCカードを年会費無料で利用したい方の場合は、ETCカードも含めて年会費無料・還元率1.0%でポイントが貯まる「オリコカードザポイント」がおすすめです。

 

オリコカードザポイントは、入会後6カ月間はポイントが2倍になる特典がありますので、直近でドライブの予定がある方にも最適ですよ!

 

キャンペーン詳細

 

ヤフーカードでは、2018年11月12日からキャンペーンが改定され、いつでも10,000ポイントが獲得可能な、ますますお得な入会キャンペーンに進化しました!

 

ヤフーカードでは、

 

  • 新規入会で4,000ポイント
  • 入会から2か月目の月末までに3回のカード利用で6,000ポイント

 

と、非常にシンプルな条件で10,000ポイント(10,000円相当)のTポイントを獲得することが可能です。

 

これまで、ヤフーカードの入会キャンペーンは、基本8,000ポイント・週末の申し込みで10,000ポイントと差がありましたが、全日10,000ポイントのお得な条件で入会が可能です!

 

さらに、入会特典の4,000ポイントは最短2分の審査完了時に即時付与されますので、カードを受け取る前から大量のTポイントを獲得することもできますよ。

 

大量ポイントの入会キャンペーンでは、獲得条件が厳しいのが通例ですが、ヤフーカードでは1円以上を3回使うだけで満額のポイントが獲得できるのも優秀なキャンペーンです。

 

年会費無料のヤフーカードの申し込みで、10,000円相当のお得な入会特典をゲットしちゃいましょう!

 

 

ヤフーカードの特徴

ヤフーカードは、クレジットカード機能に加えTカードが付帯した、2つの機能が一体となったクレジットカードです。

 

 

永年年会費無料でコストをかけずに利用することができますので、Tポイントを貯めている方はTカード代わりにヤフーカードを活用するのもいいでしょう。

 

カードの利用で貯めたTポイントは、ヤフーカードに付帯したTカードを提示すれば利用することができますので、財布の中のカードをスマートに整理することができますよ。

 

また、Yahoo!ショッピング・LOHACOでは、いつでもポイント3倍で利用することができますので、Yahoo!ショッピングユーザーにも必携のカードです。

 

ここからは、さらに詳しくヤフーカードの機能・特典を解説します。

国際ブランドは主要3ブランド

 

ヤフーカードの国際ブランドには、主要ブランド3つからいずれかのブランドを選択することができます。

 

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard

 

どの国際ブランドを選択した場合にも、年会費や特典などに大きな違いはありません。

 

Mastercardブランドでは、au WALLETのチャージで還元率1.0%のポイントを貯めることができますので、au WALLETを利用している方にもおすすめです。

 

また、Mastercardはコストコで唯一利用できる国際ブランドでもありますので、コストコでお買い物をする機会のある方はMastercardで発行しましょう。

 

審査は学生・主婦でも心配なし

ヤフーカードの申込資格は高校生を除く18歳以上の方となっており、申込窓口が非常に広いカードです。

 

  • 大学・専門学生の方
  • 専業主婦の方
  • パート・アルバイトの方

 

でも申し込みをすることができるカードとなっていますので、学生や主婦の方でも心配なく作ることができます。

 

はじめてのクレジットカードとしても選ばれるカードとなっていることから、はじめてクレジットカードを作る際にも作りやすいカードと言っていいでしょう。

 

「審査基準が甘いのでは?」というイメージから、信用情報に問題がある方の申し込みも多くなっていますが、当然ですがブラックリストでも作れるカードという訳ではありません。

 

申し込みの際には、すでに利用しているクレジットカードの支払いの遅れなどがないか、再度確認してから申込みをするようにしましょう。

 

限度額の目安は100万円

ヤフーカードの利用限度額の目安は、10万円〜100万円までです。

 

申込時の初期利用限度額は、申込時の年収や信用情報によって個別に設定され、学生や専業主婦などの収入の無い方の場合は10万円程度で設定されるケースもあります。

 

ただし、ヤフーカードの利用限度額は、最高100万円まで会員サイトで増枠申請することができますので、初期利用限度額が少なく設定されても悲観する必要はありません。

 

ヤフーカードを発行したら、半年程度しっかりした利用を続けて、MAX100万円の限度額を目指しましょう!

 

ポイントの交換先・お得な使い道

ヤフーカードの利用で貯めることができるTポイントは、幅広いTカード加盟店で1ポイント=1円として利用できる、使い勝手最強の共通ポイントです。

 

pt01

 

Tポイントは、

 

  • ファミリーマート
  • TSUTAYA
  • サークルKサンクス
  • ウエルシア
  • ENEOS

 

など、身近なTカード加盟店で現金同様に利用することができます。

 

国内で発行されている共通ポイントカードの中でも、最大級の普及率を誇るTポイントは、毎日の生活でお得に活用できる最強のポイントです。

 

ポイントを利用する際には、ヤフーカードに搭載されたTカードを提示するだけで利用できますので、気軽にポイントを活用できるのも嬉しいですね!

 

ポイントの使い勝手にこだわってカードを選びたい方には、Tポイントを貯められるヤフーカードはベストな1枚であると言えるでしょう。

 

もっともお得な使い道はウエルシアのお客様感謝デー

 

Tポイントをもっともお得に利用することができるのは、イオングループのドラッグストア「ウエルシア」のお客様感謝デーです。

 

Tポイントは、毎月20日のお客様感謝デーにウエルシアで利用すると、1ポイントあたりの価値が1.5倍にアップする特典があります。

 

お客様感謝デーに、1回のお買い物で200ポイント以上のTポイントを利用した場合、1ポイント=1.5円としてお買い物をすることが可能です!

 

200ポイントで300円分のお買い物をすることができますので、Tポイントを最大限お得に利用することができますね。

 

ウエルシアでは、食料品や飲料品・日用品なども購入することができますので、Tポイントのお得な使い道としておすすめです。

 

ANAマイル用のカードとしても優秀

 

Tポイントは500ポイント=250マイルとしてANAマイルに交換することが可能となっています。

 

ヤフーカードでは、100円に1ポイントのTポイントが付与されますので、マイル還元率0.5%相当でANAマイルを貯めることが可能です。

 

ANAマイルが有利に貯まるANAカードは年会費が必要なカードが多くなっていますので、年会費無料で気軽にANAマイルを貯めたい方には最適ですね。

 

また、Tポイントは実質無期限で貯めることができますので、特典航空券の交換に必要なマイル数まで貯まってからANAマイルに交換することも可能です。

 

実質有効期限無期限でANAマイルを貯めることが可能ですので、大量のマイルを貯めてビジネス・ファーストクラスのシートを狙うのもいいでしょう。

 

付帯サービス

ヤフーカードでは、有料のオプションとして次のようなサービスを利用することが可能です。

 

  • プラチナ補償
  • TSUTAYAレンタル機能を利用可能

 

ここでは、カードにプラスアルファで利用することができる、付帯サービスの内容を解説します。

18種類の補償をうけられるプラチナ補償で安心

 

ヤフーカードでは、月額税別490円のプラチナ補償を、初月無料で利用することができます。

 

プラチナ補償では、クレジットカードの補償を超えた、18種類のさまざまな補償を受けることができるオプションサービスです。

 

  • 修理補償
  • 破損補償
  • 宅配便輸送事故補償
  • 返品補償
  • 携帯電話水濡れ・全損補償

 

など、非常に幅広い補償を受けることができます。

 

例を挙げると、携帯電話が水没してしまった場合にも、キャリアの保証サービスに支払った実費を負担してくれますので、実費負担0円でスマホを修理することができます。

 

ドコモのケータイ補償サービスでは、11,000円の自己負担が必要ですので、11,000円相当の実費を負担してくれるのは大きいですね!

 

さらに、プラチナ補償では、キャンセル補償や返品補償など、プラチナカードクラスの補償を受けることも可能となっています。

 

初月無料で、ワンクラス上の補償を体験してみるのもいいのではないでしょうか!

TSUTAYAレンタル機能を追加可能

ヤフーカードでは、年会費・更新費無料でTSUTAYAのレンタル機能を追加することができます。

 

ヤフーカードをTSUTAYAのレンタル会員証として利用する場合、TSUTAYAの店頭で手続きをすればカードにTSUTAYAレンタル機能が付加されます。

 

クレジットカード・Tカードに加えて、TSUTAYAレンタル会員証としても利用することができますので、3枚のカードを1枚にまとめることが可能ですね!

 

通常、TSUTAYAのレンタル会員証を作る場合には、300円程度の入会費・更新手数料が必要となります。

 

ヤフーカードは年会費無料でTSUTAYAレンタル機能も利用することができますので、TSUTAYA会員証の代わりに利用するのもお得ですよ!

楽天カードとの差・特典の違い

ヤフーカードのライバルカードというと、ヤフーカードと似た特徴を多く持つ「楽天カード」が挙げられるでしょう。

 

 

楽天カードは永年年会費無料で利用することが可能となっており、カードの利用では還元率1.0%の楽天スーパーポイントを貯めることができます。

 

楽天市場の利用ではいつでもポイント3倍、最大で15倍の還元率でポイントを貯めることができますので、楽天市場利用者にもおすすめのカードですね!

 

ヤフーカードよりも優れている点として、海外旅行保険の付帯やハワイの楽天カードラウンジなど、海外でも便利に使える特典が挙げられます。

 

楽天カードの申込みはこちら

 

しかし、年会費無料のカードに海外特典を求めないよ、という方には大きな違いにはなりませんね。

 

今後ヤフーゴールドカードは出る?

 

ヤフーカードでは、上位カードを目指すことができないから作らない、という方も中にはいるのではないでしょうか?

 

しかし、「ヤフーゴールドカードは2018年中に出るか!?スペックを大予想!」でも解説しているように、今後ヤフーゴールドカードの発行の可能性は充分に考えることができます。

 

第一に、ヤフーカードのライバルである楽天カードには、ゴールド・プレミアムと上位カードの選択肢に幅広いラインナップが用意されています。

 

楽天ゴールドカードに対抗する意味でも、ヤフーゴールドカードは格安ゴールドカードとして発行されるのではないでしょうか。

 

空港ラウンジなどが付帯したヤフーゴールドカードが発行されれば、さらに便利にカードを活用することができますよね。

Yahoo!ショッピング利用者・ソフトバンクユーザーにはマスト!

ヤフーカードは、Yahoo!ショッピング・LOHACOでいつでもポイント3倍になる特典があり、Yahoo!ショッピング利用者には必携のカードとなっています。

 

  • Yahoo!ショッピング・LOHACOでいつでも還元率3.0%
  • ソフトバンクユーザーはいつでもYahoo!ショッピングでポイント12倍
  • いつでも10,000ポイントプレゼントの最強のキャンペーン
  • 年会費は永年無料でコスト0円

 

ソフトバンクユーザーの方がヤフーカードを利用した場合、いつでもポイント12倍でYahoo!ショッピングを利用することができます。

 

ヤフーカードは常時開催のキャンペーンで、いつでも10,000ポイントのTポイントを獲得することができますので、キャンペーンだけでも入会する価値がありますね。

 

楽天カードとどちらのカードにしようか悩んでいる方も、永年年会費無料のヤフーカードなら年会費が負担になってしまうことはありません。

 

楽天市場とYahoo!ショッピングのどちらがお得か知りたい方は、こちらもどうぞ!

 

 

また、「Yahoo!プレミアム特典でTポイントがザクザク貯まる!特典・メリットまとめ」で解説しているように、ヤフーカードを利用するならYahoo!プレミアムの入会も要検討です。

 

ヤフーカードの申込みはこちら

 

基本情報

申し込み資格高校生を除く18歳以上の方
発行期間約1週間
入会金無料
年会費(本人)初年度無料
2年目以降無料
年会費(家族)初年度無料
2年目以降無料
解約金無料
締日公式サイト参照
支払日公式サイト参照
支払い方法 1回払い、2回払い、ボーナス払い、分割払い、リボ払い
旅行傷害補償海外
国内
ショッピング保険最高100万円
紛失・盗難保証
ETCカード年会費500円+税
備考
空港サービス空港ラウンジ-
プライオリティパス-
発行会社ワイジェイカード株式会社