「三井住友ビジネスカード forOwners ゴールド」三井住友ビジネスカード forOwnersの上位カードです。

 

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドは、ゴールド法人カードならではの充実したビジネスサポートも用意されており、ワンランク上の法人カードが欲しい方には最適なカードですよ!

 

年会費の割引制度も用意されているので、経費に直結してしまうカードの年会費を抑えて利用したい方にもおすすめです!

 

また、三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドは、謄本・決算書なしでの申込みが可能となっており、個人事業主やスタートアップの方でも気軽に作ることができます。

 

今回は、手軽でコスパ最強の法人ゴールドカード、三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドの特徴・メリット・デメリットを解説します。

 

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドの申込みはこちら

目次

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドの9つのメリット

 

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドでは、他のカードには無い9つのメリットがあり、ワンランク上の法人カードを目指す方には最適なカードです。

 

  • 謄本・決算書なしで申込みできる法人ゴールドカード
  • 年会費5,000円での利用が可能!最安クラスの法人ゴールドカード
  • ETCカードも実質年会費無料
  • Apple Payにも対応
  • 最高1.15%の還元率で経費支払いが可能!
  • ポイントUPモールでネット通販もお得
  • 分割・リボ・キャッシングリボにも対応
  • 最高5,000万円の海外旅行保険が自動付帯
  • 空港ラウンジサービスが付帯で海外出張の多い法人にもおすすめ

 

ここでは、三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドが支持される理由となる、9つのメリットの内容を詳しく解説します。

免許証1枚で作れる法人ゴールドカード

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドは、謄本・決算書不要で免許証1枚で作ることが可能となっています。

 

申込資格は20歳以上の個人事業主・スタートアップの方となっており、申込みの際に必要となる書類は運転免許証のみでOKです!

 

謄本・決算書の提出が不要となっているため、審査の際には代表者本人の信用情報が審査の基準となります。

 

法人カードの場合、一般的なクレジットカードよりも審査のハードルは高くなってしまいがちですが、個人の信用情報が審査の基準となるため、作りやすい法人ゴールドカードと言えますね!

 

カードの発行には、平均して2週間〜3週間程度が必要となっていますので、申込みの際には余裕を持って申込みをするようにしましょう。

 

初年度無料、2年目以降も年会費5,000円で利用可能

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドは、初年度年会費無料・2年目以降も年会費税別5,000円で利用可能な、格安の法人ゴールドカードです。

 

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドの年会費は、

 

本会員 初年度:無料
2年目以降:税別10,000円
追加カード 税別2,000円

 

となっており、本会員は初年度の1年間は無料でカードの機能を試すことができます。

 

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドでは、自動リボ払いサービス「マイ・ペイすリボ」の登録&年間1回以上の利用で、次年度の年会費が半額になる特典があります。

 

マイ・ペイすリボは初回のリボ手数料が無料となっていますので、支払い金額を調整することでリボ手数料をかけずに年会費割引の特典のみをうけることが可能です。

 

税別5,000円の格安年会費で上質な法人ゴールドカードを利用できるのは、これから法人カードを探す方には大きなメリットですね!

ETCカードは年間1回以上の利用で無料

 

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドでは、年間1回以上のETCカードの利用でETCカードを実質年会費無料で利用することができます。

 

ETCカードの年会費は、

 

  • 初年度:無料
  • 2年目以降:税別500円

 

となっていますが、年間1回でもETCカードの利用があれば、次年度のETC年会費も無料で利用することができます。

 

ETCカードは新規発行手数料無料で発行することができますので、年間1回以上ETCカードを利用する方なら完全無料でETCカードを利用することが可能です!

 

ビジネスではETCカードは必須の経費となりますので、ETCカードの保有にコストがかからないのは法人カードとしても優秀なカードの条件となります。

 

最高1.15%の還元率!経費支払いでガンガンポイントが貯まる

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドでは、経費支払いで最大1.15%の還元率でポイントを貯めることができます。

 

通常還元率は0.5%となっており、通常1,000円に1ポイント(5円相当)のワールドプレゼントが付与されます。

 

ただし、マイ・ペイすリボの手数料が1円でも発生した月には、その月のすべての利用金額に1,000円に1ポイント(還元率0.5%)のボーナスポイントを獲得することが可能です。

 

マイ・ペイすリボは初回リボ手数料が無料となっており、支払い金額を調整することで最小のリボ手数料でポイントアップの特典をうけることができます。

 

具体的に解説すると、

 

利用金額 50,500円
支払い金額 50,000円
リボ手数料が発生する支払い 500円
獲得できるポイント 100ポイント(1.0%相当)

 

マイ・ペイすリボは10,000円単位で支払い金額を調整できますので、毎月の支払い金額が確定してから支払い金額を調整することで最小のリボ手数料に抑えることができます。

 

加えて、三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドでは、年間の獲得ポイントが1,000ポイント以上で、300ポイントのボーナスポイントが付与される特典があります。

 

1,000ポイントというと、0.5%還元で200万円の利用に相当しますので、ボーナスポイントの還元率は0.15%相当です。

 

  • 通常還元率:0.5%
  • マイ・ペイすリボ:0.5%
  • ボーナスポイント:0.15%

 

と、合計で最大1.15%還元相当でポイントを貯めることができます。

 

法人カードの還元率は0.5%というカードが多くなっていますので、還元率1.15%で経費の支払いができるというのは最強のメリットです。

 

経費決済を三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドに集中させることで、経費支払いでガンガンポイントを貯めることができますね!

 

また、ワールドプレゼントの有効期限は、ポイントの付与から3年間です。

 

ポイントは月間の累計利用金額から付与されますので、毎月ポイントにならずに切り捨てられてしまう端数も最大999円と効率的にポイントを貯めることができます。

 

 

コンビニ大手3社とマクドナルドでの利用でポイントが5倍に

 

セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン、マクドナルドで利用すると、還元率が5倍(2.5%)にアップします。

 

Apple Payにも対応!スマート決済で経費を支払うことができる

 

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドでは、電子マネー「iD」を無料で発行することが可能となっており、Apple PayのiDにも登録することができます。

 

三井住友ビジネスカード forOwnersは電子マネーのチャージではポイント付与の対象外となっていますが、iD/Apple Payはクレジット払いと同様のポイントを獲得することが可能です。

 

自動販売機やコインパーキングなど、クレジット払いが不可な支払いもApple Payで支払うことで、経費管理・ポイント還元の両面でメリットがありますね!

 

法人カードではApple Payの登録に対応していないカードも多くなっていますので、個人用カード同様にApple Payも利用できるのは嬉しいメリットです。

 

Amazonもお得で消耗品のネット購入にもおすすめ

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドでは、会員向けインターネットモール「ポイントUPモール」で、Amazonや楽天市場もポイント2倍でお得にお買い物をすることができます。

 

Amazon 2倍
楽天市場 2倍
Yahoo!ショッピング 2倍
LOHACO 3倍
イトーヨーカドーネットスーパー 3倍
エクスペディア 6倍
楽天トラベル 2倍

 

ポイントUPモールでは、Amazonや楽天市場などの人気のネット通販でのポイントアップの特典をうけることができます。

 

Amazonでは、事務用品はもちろん、オフィス用品やビジネスに必要なものはひと通り揃う品揃えも魅力です!

 

ビジネス用品や消耗品も、ポイントUPモールでネット通販を利用することで、お得なポイント還元で経費削減にも一役買ってくれますね。

 

選べる支払い方法、キャッシングも利用可能

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドでは、リボ・分割・キャッシングリボも利用可能となっており、選べる柔軟な支払いサービスも魅力です!

 

クレジットカード会社にとっては、倒産リスクのある法人カードの場合は一括払いしか対応していないケースがありますので、柔軟な支払い方法を選べるのも魅力となっています。

 

とくに、個人事業主・スタートアップの方の場合、事業をスタートしたばかりのキャッシュフローにも非常に嬉しいメリットです!

 

また、三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドでは、50万円までのキャッシングリボも利用可能となっており、ビジネス・プライベートの用途に関わらず利用することができます。

 

海外出張時には、海外キャッシングサービスも利用することができますので、海外での現地通貨も両替ショップでの両替よりもお得なレートで用意することができますよ。

 

最高5,000万円の海外旅行保険が自動付帯!

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドでは、最高5,000万円の海外旅行保険が付帯します。

 

海外旅行保険付帯条件 自動付帯(一部利用付帯)
死亡・後遺障害 最高5,000万円(自動付帯:最高1,000万円)
傷害治療 最高300万円
疾病治療 最高300万円
携行品損害 最高50万円
救援者費用 最高500万円
賠償責任 最高5,000万円(自動付帯:最高1,000万円)

 

海外での急病やケガを補償してくれる傷害・疾病治療の補償金額は最高300万円までと手厚くなっており、海外出張の際も安心の補償をうけることができます。

 

また、海外旅行保険は自動付帯になっていますので、旅行代金を三井住友ビジネスカード forOwners以外で支払っていた場合でも補償の対象になるのは嬉しいですね。

 

追加カードでの海外出張の場合でも補償をうけることができますので、海外出張の多い法人にもおすすめです!

空港ラウンジサービスが付帯で海外出張も快適

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドでは、国内主要空港のラウンジを無料で利用できる空港ラウンジサービスが付帯します。

 

空港ラウンジサービスでは、

 

  • フリードリンク・軽食のサービス
  • 新聞・雑誌の閲覧
  • リクライニングチェア
  • 無料のWi-Fiサービス

 

などのサービスをうけることが可能となっており、空港での待ち時間を有意義に過ごすことができます。

 

ラウンジによっては、アルコールが提供されているラウンジもありますので、出張での疲れをラウンジで癒すことができますね!

 

こんな方におすすめ

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドでは、9つの独自のメリットで、次のような方におすすめすることができます。

 

  • 個人事業主、スタートアップの方
  • はじめての法人ゴールドカードが欲しい方
  • 経費支払いでお得にポイントを貯めたい方

 

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドでは、謄本・決算書なしで申込みをすることができますので、個人事業主・スタートアップの方にもおすすめです。

 

はじめての法人ゴールドカードとしても申込みしやすいカードとなっており、ワンランク上の法人カードを求める方にも最適ですね!

 

また、三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドは最大1.15%の還元率で利用することができますので、経費支払いでお得にポイントを貯めたい方にもベストです。

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドのデメリット

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドにも、3つのデメリットがあることは知っておきましょう。

 

  • ETCカードはカード1枚につき1枚のみ発行可能
  • キャッシング枠は最高50万円までと少ない
  • 電子マネーのチャージに対してポイントが付与されない

 

ここでは、三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドを申込みする前に知っておくべき、3つのデメリットを解説します。

ETCカードはカード1枚につき1枚のみ発行可能

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドでは、ETCカードを本カード・追加カード1枚につき1枚しか発行することができません。

 

追加カードの年会費は税別2,000円となっていますので、ETCカードのみが必要な場合は余計な費用が発生してしまいます。

 

社用車を多く抱える法人の場合、ETCカードを複数枚無料で発行可能な法人カードを選択した方がいいかも知れませんね。

 

キャッシング枠は最高50万円までと最低限

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドのキャッシング枠は最高50万円までと、ゴールドカードのキャッシング枠としては最低限といっていいでしょう。

 

ただし、法人カードにはキャッシング枠そのものが付帯していないカードが大半ですので、少額でもキャッシング枠を利用できるのはメリットと言えます。

 

キャッシング枠が足りない場合には、複数枚のカードを併用して、合算でキャッシング枠を増やすのもひとつの方法です。

 

電子マネーチャージにはポイントが付与されない

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドでは、電子マネーのチャージでポイントが付与されない点はデメリットと言えます。

 

電子マネーを併用している場合には、三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドでチャージをしてもポイントが貯まりませんので注意が必要です。

 

ただし、三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドは、Apple Payに登録可能となっていますので、電子マネー利用の際にはApple Payを活用するようにしましょう!

こんな人には向かないかも…?

取引先や社内スタッフと交流が多く、積極的にカードの付帯サービスを利用したい方は三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドでは物足りないかもしれません。

 

その点アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードなら、

 

  • 帝国ホテルのビジネスラウンジが利用可能
  • コンシェルジュ経由でレストランが予約可能
  • 福利厚生プログラム「クラブオフ」のVIP会員が無料
  • 国内主要空港、ハワイ・韓国の空港ラウンジを無料

 

上記のように、ビジネス・食事・福利厚生・飛行機を利用する出張など、豊富な特典が初年度年会費無料で利用できます。

 

また、審査が心配な方も、外資系独自の基準で審査してくれるため、審査通過率はグッと上がりますよ。

 

4.7

年会費(税抜)31,000円+税
追加カード(税抜)12,000円+税
ETCカード年会費500円+税
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
還元率0.5〜1.0%
申込資格20歳以上の個人事業主もしくは法人の代表者
旅行
傷害保険
海外最高1億円
国内最高5000万円

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドのキャンペーン詳細

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドでは、最大10,000円分のVJAギフトカードがもらえる入会キャンペーンを開催中です。

 

  • 新規入会で2,000円分
  • 新規入会&1か月後末までに5万円の利用で8,000円分

 

と、2つの条件を満たすことで最大10,000円分のVJAギフトカードを獲得することができます。

 

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドは、初年度年会費無料で利用することができますので、お得なキャンペーンで上質な法人ゴールドカードを試してみてはいかがでしょう。

 

 

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドの特徴

 

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドは、三井住友カードから発行されている申込み窓口の広い法人カードです。

 

ゴールド法人カードとしての特典も充実しており、空港ラウンジサービスや最高5,000万円の手厚い海外旅行保険などの海外特典も充実しています。

 

マイ・ペイすリボの登録&年間1回以上の利用で年会費が半額になる特典もあり、税別5,000円で利用できるコスパ最強の法人ゴールドカードとなっています。

 

はじめての法人ゴールドカードとしても、バランスの取れた三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドは最適です!

国際ブランドはVISAもしくはMastercard

 

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドの国際ブランドは、VISAまたはMastercardのいずれかとなっています。

 

国際ブランドの加盟店のシェアでNO.1のVISA、NO.2のMastercardを選択することができますので、海外出張の多い法人にも使い勝手抜群です。

 

VISA、Mastercardのデュアル発行も可能ですので、VISAブランドとMastercardブランドを2枚持ちすることもできます。

 

デュアル発行した場合の2枚目のカードの年会費は税別2,000円ですので、コストを抑えて国際ブランドを2枚持ちすることが可能です!

 

デュアル発行で2枚カードを発行した場合でも、キャンペーンに適用されるのは1枚目のみとなっています。

 

限度額は50万円〜300万円が目安

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドの限度額は、50万円〜300万円が目安です。

 

ゴールドカードということもあり、カード発行時から100万円を超える限度額が設定されるケースも多く、ビジネス経費の支払いにも問題なく利用することができます。

 

初期利用限度額が低く設定された場合でも、カードの利用実績によって限度額を増枠することは可能です!

ポイントの交換先・お得な使い道

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドの利用で貯めるワールドプレゼントは、1ポイント=5円として幅広く利用することができます。

 

  必要ポイント 交換先
iDキャッシュバック 200ポイント 1,000円分
VJAギフトカード 1,100ポイント 5,000円分
Amazonギフト券 200ポイント 1,000円分
iTunesカード 500ポイント 1,500円分
楽天スーパーポイント 200ポイント 1,000ポイント
dポイント 200ポイント 1,000ポイント
au WALLETポイント 200ポイント 1,000ポイント
WAONポイント 200ポイント 1,000ポイント
ビックポイント 200ポイント 1,000ポイント
ANAマイル 100ポイント 300マイル

 

iD/Apple Payを利用している方の場合、1ポイント=5円としてキャッシュバック可能なiDキャッシュバックへの交換もおすすめです。

 

また、ANAマイルにも1ポイント=3マイルとして交換することができますので、マイ・ペイすリボを利用した場合はマイル還元率0.6%相当でANAマイルを貯めることもできます。

 

法人ゴールドカードで貯めたポイントの使い道としては、特典航空券に交換可能なANAマイルへの移行もおすすめですね!

 

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドの旅行保険

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドでは、すでに解説した海外旅行保険以外にも、手厚い内容の補償が用意されています。

国内旅行保険では入院・通院・手術費用も補償

国内旅行保険付帯条件 利用付帯
死亡・後遺障害 最高5,000万円
入院日額 5,000円
通院日額 2,000円
手術費用 最高20万円

 

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドの国内旅行保険では、入院・通院・手術費用も付帯した手厚い補償をうけることが可能となっています。

 

ただし、補償の付帯条件は利用付帯となっていますので、旅行代金を三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドで支払った場合のみの補償となる点には注意が必要です。

年間300万円の手厚いショッピング保険

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドでは、年間300万円までのゴールドカードにふさわしい手厚いショッピング保険が付帯します。

 

商品の購入日から90日以内の破損や盗難による損害が補償の対象となり、免責金額も1事故あたり3,000円と少額になっている点も嬉しいですね!

 

補償金額は年間300万円と手厚くなっていますので、ゴールドカードで購入する高額な商品の補償も安心です。

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドの付帯サービス

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドでは、充実した付帯サービスでプライベート・ビジネスにカードを活用することができます。

 

  • 宿泊サイト「Relux」の優待
  • ドクターコール24での健康チェック
  • ビジネスサポートパック
  • エアライン&ホテルデスク
  • 海外サポートデスク「VJデスク」
  • 福利厚生代行サービス
  • エクスプレス予約
  • ココイコ!!でポイントorキャッシュバック

 

ここでは、三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドの付帯サービスの内容を詳しく解説します。

Reluxの優待で高級ホテル・旅館の予約が可能

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドでは、高級ホテル・旅館専門の予約サイト「Relux」を年会費無料で利用することが可能です。

 

Reluxでは、100以上の厳しい項目に合格したホテル・旅館のみが掲載されており、上質な宿を求める方には最適なサービスとなっています。

 

Reluxはベストレート補償で予約することが可能となっていますので、ほかの宿泊サイトの方が料金が安かった場合には差額を返金してもらえますよ!

 

ビジネスでの出張だけではなく、プライベートでの旅行でも、上質な宿のみが厳選されたReluxなら安心して利用することができますね。

ドクターコール24で24時間体制で健康に関する相談ができる

ドクターコール24では、24時間年中無休で、健康に関する相談を医師・看護師・保健師といった有資格者に相談することができます。

 

夜間の体調不良や子供の急な発熱など、救急外来を利用するべきか悩んでしまうケースでも、専門の有資格者にすぐに相談できるというのは大きなメリットです。

 

ビジネスを成功に導くためには、健康であることがなによりも重要となりますので、24時間体制で健康に関する相談をすることができるのは嬉しいですね!

ビジネスサポートパックでさまざまなビジネス経費の優待

ビジネスサポートパックでは、さまざまなビジネス経費での優待で、経費を節約することができます。

 

ビジネスサポートパックでは、

 

  • アスクル
  • DHLエクスプレス
  • 日産レンタカー・タイムズカーレンタル
  • アート引越センター

 

など、ビジネスに必要なさまざまな経費での優待をうけることができます。

 

消耗品やビジネス宅配など、ビジネスにかかるさまざまな経費を削減することができますので、経費削減に最強の効果を発揮してくれますよ。

 

ビジネスにおいて、経費節約は売上をアップさせるのと同義の効果がありますので、ビジネスを加速させるにも有効です!

エアライン&ホテルデスクで出張の手配も便利

エアライン&ホテルデスクでは、出張の際に手間になる航空券・ホテルを簡単に手配することができます。

 

エアライン&ホテルデスクでは、電話・インターネットのいずれかで国際線航空券と海外ホテルを手配することが可能です。

 

また、航空券チケットレス発券サービスでスマートな出張手配をすることもできます。

 

  • ANA@desk
  • JAL ONLINE

 

のいずれかのサービスで、24時間365日インターネットで航空券を手配することが可能です。

 

出張の際に手間となってくる、航空券・ホテルの手配を簡単に利用することができるのも、三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドの大きなメリットですね!

VJデスクで出張中の海外での充実したサポート

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドでは、世界の主要都市に設置された海外アシスタンスサービス「VJデスク」を利用することが可能です。

 

VJデスクでは、現地の日本語スタッフの対応で、現地の交通機関や加盟店の案内をうけることができます。

 

また、レストラン・オプショナルツアーの手配も対応してくれますので、海外出張が不慣れな方の場合でも安心のサポートを利用することができます。

 

カードやパスポートの紛失などの緊急時の対応も行ってくれますので、海外出張の際にはVJデスクの場所を把握しておきましょう。

 

また、VJトラベルデスクでツアー代金を最大5%オフで予約することができますので、出張の手配の段階からお得に優待をうけることが可能となっているのですね!

福利厚生代行サービスで社員の福利厚生もバッチリ

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドでは、約120万件の優待サービスを利用できる「福利厚生代行サービス」を利用することが可能です。

 

福利厚生代行サービスでは、

 

  • グルメ
  • トラベル・レジャー
  • ショッピング

 

など、さまざまな福利厚生のサービスを、月々税別320円の少額の経費で利用することが可能です。

 

福利厚生代行サービスを活用することで、従業員のモチベーションをアップさせることができれば、ビジネスをさらに加速させることができます。

 

また、福利厚生代行サービスの会費は損金に計上することができますので、お得に福利厚生を活用することができますね!

エクスプレス予約で新幹線での出張もお得

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドでは、ビジネスでは必須のエクスプレス予約のサービスを利用することが可能です。

 

エクスプレス予約は、東海道・山陽新幹線のチケットをオンラインで予約できるチケットレス予約サービスとなっています。

 

エクスプレス予約では、いつでもお得な会員料金で利用することが可能となっており、早めの予約で割引になる「早得」商品も予約することができます。

 

エクスプレス予約の年会費は税別1,000円となっていますが、新幹線での出張が多い法人なら年会費以上の得をすることが可能ですね!

 

ココイコ!!では街の加盟店でお得に利用できる

「ココイコ!!」では、街の特約店でポイントアップ、またはキャッシュバックの特典を利用することができます。

 

ココイコ!!では、事前にエントリーのうえ、対象となる店舗でカードを利用すると、ボーナスポイントやキャッシュバックなどの特典をうけることが可能です。

 

  • 大丸
  • 高島屋
  • 東急百貨店
  • 東急ハンズ
  • かっぱ寿司

 

など、身近な店舗での優待をうけることができますので、街でのカード利用でお得にカードを利用することができます。

 

ポイントアップかキャッシュバックの好きな特典を選択することができますので、好みに合わせてお得に利用することができるのも嬉しいですね!

JCBゴールド法人カードとの差・特典の違い

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドのライバルカードと言えるのが、JCBの発行する「JCBゴールド法人カード」です。

 

 

JCBゴールド法人カードでは、航空便遅延保険も付帯した手厚い旅行保険が付帯しており、出張の多い法人にも安心の補償をうけることができます。

 

また、「JCBオリジナルシリーズパートナー」では、セブン-イレブンやスターバックスでのお得なポイントアップもあり、ポイントもお得に貯めることが可能です。

 

JCBゴールド法人カードの申込みはこちら

 

ただし、JCBゴールド法人カードでは、三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドのような年会費の割引特典は無く、税別10,000円の年会費が必要です。

 

コストを抑えて法人ゴールドカードを手に入れたい方には、三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドの方がお得と言えるでしょう!

個人事業主やスタートアップにはマストな法人ゴールドカード!年会費は半額

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドは、年会費半額で利用することも可能となっており、個人事業主・スタートアップの方にはマストな法人カードとなっています。

 

  • 謄本・決算書なしで申込みが可能
  • マイ・ペイすリボの登録&利用で年会費が半額
  • 最高1.15%の還元率で経費の支払いが可能

 

税別5,000円で利用することができる三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドは、空港ラウンジや手厚い海外旅行保険も付帯したコスパ最強の法人ゴールドカードです。

 

ステータスが高い法人カードはどれ?ランクも特典も高いビジネスカード比較」で解説しているように、法人カードにはステータス性も重要な要素のひとつです。

 

三井住友カードの発行する三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドなら、法人カードとしてのステータス性も充分と言っていいでしょう!

 

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドの申込みはこちら

 

基本情報

申し込み資格満20歳以上の個人事業主・および法人代表者の方
発行期間2〜3週間
入会金無料
年会費(本人)初年度無料
2年目以降10,000円+税
年会費(家族)初年度2,000円+税
2年目以降2,000円+税
解約金無料
締日15日 もしくは 末日
支払日翌月10日 もしくは 翌月26日
支払い方法 1回払い、2回払い、ボーナス払い、分割払い、リボ払い
旅行傷害補償海外自動付帯:最高1,000万円 利用付帯:最高5,000万円
国内自動付帯:最高1,000万円 利用付帯:最高5,000万円
ショッピング保険最高300万円
紛失・盗難保証
ETCカード年会費初年度無料、2年目以降500円+税
備考※年1回以上のETC利用で無料
空港サービス空港ラウンジ
プライオリティパス-
発行会社三井住友カード株式会社