クレジットカードを選択する際の基準として、ポイント還元率に着目をされている方は多いのではないでしょうか。

 

また、クレジットカードの機能の中でも、特に急場を助けてくれる役割を持つ機能が「キャッシングリボ機能」です。

 

TOKYO CARD ASSISTは、通常のカードの2倍のポイント還元・キャッシングリボ利率8.8%と言う低金利を誇るお得なクレジットカードとなっています。

 

TOKYO CARD ASSISTは18歳〜39歳までの方が作ることができる若者向けのカードとして、学生のファーストカードとしてもおすすめできるコストパフォーマンスに優れたカードとなっています。

 

今回は、お得なポイント還元・キャッシングリボの低金利で人気を集めているTOKYO CARD ASSISTの特徴やメリット・デメリットを解剖していきましょう。

TOKYO CARD ASSISTはこんな方におすすめ

18歳〜39歳の方までが申込みすることができる若者向けのカードとして発行されているTOKYO CARD ASSISTは、学生の方にもおすすめすることができるカードとなっています。

 

お得な還元率でポイントを貯めたい方
万一の場合に低金利でキャッシングリボを利用したい方
カードフェイスのデザインにもこだわりたい方

 

このような学生の方には、TOKYO CARD ASSISTをおすすめすることができます。

 

TOKYO CARD ASSISTの利用では、200円に2ポイントの還元率で三井住友カードのVポイントを貯めることができます。

 

通常、三井住友カードの還元率は200円に1ポイント・0.5%の還元率となっていますので、通常の2倍の1.0%の還元率でカードを利用することができるのですね。

 

それだけではなく、TOKYO CARD ASSISTでは万一の場合に利用することができるキャッシングリボの手数料が低金利となっており、キャッシング利用の際にも有利な金利で利用することができます。

 

平均的なクレジットカードの金利は18.0%程度ですが、TOKYO CARD ASSISTのキャッシングリボの金利は8.8%となっていますので、いかに有利に利用することができるかが分かりますよね。

 

また、TOKYO CARD ASSISTの券面の素材には、プラチナカードにも使用されている「ブラックコア素材」が使用されています。

 

上質なブラック基調の券面デザインは、一見するとインビテーションカードとも思えるほどの上質なデザインとなっており、カードフェイスにこだわりたい方にもおすすめです。

 

39歳までの方に申込資格を限定した若者向けのカードと言うこともあり、TOKYO CARD ASSISTでは学生にも嬉しいカードとなっているのですね。

TOKYO CARD ASSISTの特徴

三菱UFJ銀行子会社の「東京クレジットサービス」と、三井住友カードが提携して発行するクレジットカードがTOKYO CARD ASSISTです。

 

TOKYO CARD ASSISTは、永年年会費無料で利用することができるカードとなっています。

 

また、TOKYO CARD ASSISTでは家族カードも年会費無料で利用することが可能となっており、コストをかけずにカードを維持することが可能となっています。

 

TOKYO CARD ASSISTではETCカードを初年度年会費無料・2年目以降税別500円で追加することが可能となっています。

 

ただし、年間1回以上ETCカードを利用すればETCカードの年会費を無料で利用することができますので、ETC年会費は実質無料と考えても良いでしょう。

 

TOKYO CARD ASSISでは、国際ブランドはVISAのみを選択することができます。

 

三井住友カードは日本国内におけるVISAのプロパーカードとも言え、非常にバランスの良い付帯サービスなどが用意されています。

 

国際ブランドの世界シェアでも1位のVISAブランドのクレジットカードは、国内外で活躍してくれることが間違い無しのカードでもあるのですね。

TOKYO CARD ASSISの還元率

TOKYO CARD ASSISでは、月間の利用金額の200円に2ポイントのVポイントを獲得することができます。

 

Vポイントは1ポイント=1円程度で利用することができますので、TOKYO CARD ASSISの通常還元率は1.0%と言うことになります。

 

通常の三井住友カードの還元率は0.5%となっていますので、通常のカードの2倍の還元率でカードを利用することが可能となっているのですね。

 

また、TOKYO CARD ASSISではリボ払いサービス「マイ・ペイすリボ」での支払いで、獲得ポイントが2倍になる特典もあり、より効率的にポイントを貯めることができます。

 

Vポイントの有効期限はポイントの獲得から2年間となっており、ポイントの有効期限も長く、ゆっくりとポイントを貯めることが可能となっているのですね。

 

TOKYO CARD ASSISでは電子マネーへのチャージによるポイント還元はありませんが、iPhone7/Apple Watch Series2で利用できるApple Payに登録して利用することができます。

 

Apple PayにTOKYO CARD ASSISを登録すると、iD加盟店でのApple Pay決済が可能となり、Apple Pay決済でも1.0%の高還元でVポイントを貯めることができます。

 

VISAブランドのクレジットカードはApple Payのウェブ・アプリでの決済には対応していませんが、実店舗での決済は可能となっていますので、実用上は充分活用することができます。

ポイントの交換先・お得な使い道

TOKYO CARD ASSISの利用では、200円に2ポイントの高還元率で三井住友カードのVポイントを貯めることができます。

 

Vポイントは、豊富な商品券や他社ポイントに1ポイント=1円として交換することが可能となっています。

 

幅広い店舗やサービスで利用することができる共通ポイントにお得なレートで交換できますので、非常に使い勝手の良いポイントとして利用することができるのですね。

TOKYO CARD ASSISTの申込資格・限度額・発行期間

TOKYO CARD ASSISTでは、高校生を除く18歳〜39歳の方であれば申込みをすることが可能となっています。

 

若年層の方に申込者が限定されており、学生の方のファーストカードとしてもおすすめのカードとなっています。

 

また、比較的低年収の方が多い39歳までの方に限定されたカードと言うこともあり、審査基準もそれほど高くはないと言えるでしょう。

 

TOKYO CARD ASSISTの発行期間は、三井住友カード発行のカードとなっていますので約2週間程度の期間が必要です。

 

TOKYO CARD ASSISTの限度額は60万円までとなっており、キャッシングリボの限度額は40万円までとなっています。

 

あくまでも39歳までの若年層の方向けのカードとして、限度額は少な目に設定されているのですね。

TOKYO CARD ASSISTの付帯保険

TOKYO CARD ASSISTには国内外の旅行保険などは付帯していませんが、年間100万円限度のショッピング保険を利用することができます。

 

ショッピング保険では、TOKYO CARD ASSISTで購入した商品が万一、盗難や破損などで損害を受けた場合に損害を補償してもらうことができます。

 

ショッピング保険の利用には免責金額として1事故あたり3,000円の自己負担が必要となっています。

 

TOKYO CARD ASSISTのショッピング保険の対象となるのは、海外利用分・または国内でのリボ・分割払いで購入した商品の事故が適用となります。

 

国内での一括払いで購入した商品の事故に関しては補償の対象となりませんので、注意が必要となります。

TOKYO CARD ASSISTの付帯サービス

TOKYO CARD ASSISTは東京クレジットサービスと三井住友カードの提携カードとなっており、三井住友カードの付帯サービスを利用することが可能です。

 

三井住友カードは、日本国内でのVISAのプロパーカードとも言えるカードになっており、非常にバランスの取れた付帯サービスが魅力となっています。

 

ここでは、TOKYO CARD ASSISTで利用することができる付帯サービスの内容をご紹介していきましょう。

エアライン&ホテルデスク

TOKYO CARD ASSISTでは、電話一本で旅行・出張の手配をすることができる「エアライン&ホテルデスク」を利用することができます。

 

エアライン&ホテルデスクでは、電話一本で国際線の航空券と海外ホテルの予約・手配をすることが可能です。

 

面倒な来店無しで航空券とホテルを併せて手配することができますので、特に急なビジネス出張の際に威力を発揮するサービスと言えるのではないでしょうか。

 

エアライン&ホテルデスクでは、海外の高級ホテルからリーズナブルなホテルまで予約することができますので、非常に幅広い用途で利用することができるのですね。

VJトラベルデスク

TOKYO CARD ASSISTでは、お得にパッケージツアーを利用できる「VJトラベルデスク」を利用することができます。

 

VJトラベルデスクでは、大手旅行代理店の国内外のパッケージツアーを利用すると、同伴者も含めて基本料金から5%引きでパッケージツアーを利用することができます。

 

お得なパッケージツアーをさらに5%引きの優待価格で利用することができますので、旅行の手配の際に非常にお得になるサービスとなっているのですね。

 

VJトラベルデスクの利用の際には、電話一本で利用することができますので、面倒な来店不要で旅行を手配することができるのも嬉しいポイントとなりますよね。

海外キャッシングサービス

TOKYO CARD ASSISTでは、海外で現地の通貨が必要になった際に、現地でキャッシングサービスを利用することができます。

 

TOKYO CARD ASSISTはVISAブランドのクレジットカードとなっていますので「VISA」または「PLUS」のマークの付いた海外ATMで現地通貨を引き出すことができます。

 

海外では日本よりもキャッシュレス化が進んでいますが、やはり現地通貨でなければ決済することができない商店などもあります。

 

また、海外キャッシングサービスでは所定の手数料が必要となっていますが、TOKYO CARD ASSISTではキャッシングリボの手数料も安くなっていますので、お得に海外キャッシングサービスを利用することができるのですね。

TOKYO CARD ASSISTのメリット

TOKYO CARD ASSISTでは、バランスの取れた付帯サービスだけではなく、若者向けクレジットカードとしての特典が多く用意されています。

 

最も大きなメリットとしては、通常還元率がポイント2倍などのポイントをガンガン貯めることができる点が挙げられます。

 

ここでは、TOKYO CARD ASSISTを利用するうえでのメリットとなる部分を解説していきましょう。

ポイントUPモールでネット通販でもポイントがお得に貯まる

TOKYO CARD ASSISTでは、会員向けのインターネットモール「ポイントUPモール」の利用でさらにお得にポイントを貯めることが可能となっています。

 

ポイントUPモールでは、Amazonや楽天市場などの人気のネット通販を通常ポイントの2倍の還元率で利用することができます。

 

TOKYO CARD ASSISTでは通常ポイントが2倍の1.0%となっていますので、Amazon・楽天市場の利用では1.5%のポイント還元でお買い物をすることができるのですね。

 

ネット通販がお好きな方でもお得に利用することができる点も、TOKYO CARD ASSISTの大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

キャッシングリボが低金利だと、手数料がこれだけ違う!

TOKYO CARD ASSISTの大きなメリットのひとつとして、キャッシングリボの金利が8.8%と低金利であることも挙げられます。

 

平均的なクレジットカードのキャッシングリボの金利は18.0%程度となっていますので、約10%程度安い金利でキャッシングリボを利用することができます。

 

それでは、10%金利が変わると実際に支払う手数料にどの程度の差がでるのか、10万円借りて毎月1万円返済するケースでシミュレーションしてみましょう。

 

金利 支払い総額 手数料
8.8% 104,168円 4,168円
18.0% 108,533円 8,533円

 

このように、金利が10%低いと、最終的に支払う手数料が半額以下で済むことがお分かりいただけるかと思います。

 

若いうちと言うのはどうしても不足の出費が多くなってしまうもので、キャッシング機能に助けられると言う方も多いのではないでしょうか。

 

そうした意味でも、TOKYO CARD ASSISTは若年層向けのクレジットカードとして有利なカードと言えるのですね。

TOKYO CARD ASSISTのデメリット

年会費永年無料で非常にバランスの良いクレジットカードとして利用できるTOKYO CARD ASSIST。

 

しかし、TOKYO CARD ASSISTのデメリットを挙げるとすれば、電子マネーへのチャージでポイント還元をうけることができない点ではないでしょうか。

 

クレジットカードのポイントを効率的に貯める方法としては、電子マネーとの併用で効率的にポイントを貯めることが必須ですので、電子マネーへのチャージでポイントを貯めることができないのは残念ですよね。

 

TOKYO CARD ASSISTはApple Payの登録用のカードとして利用できますので、電子マネー利用の際にはApple Payの利用が有利になってくるでしょう。

若年層向けのクレジットカードもTOKYO CARD ASSISTでスタイリッシュに!

今回は、東京クレジットサービスと三井住友カードが提携して発行する「TOKYO CARD ASSIST」をご紹介してきました。

 

TOKYO CARD ASSISTは18歳〜39歳までの方が利用できる若年層向けのクレジットカードとして、ポイント2倍などのお得な特権が用意されています。

 

また、三井住友カードのお得な付帯サービスを利用することができますので、バランスの取れた優秀なカードに仕上がっているのですね。

 

それだけではなく、TOKYO CARD ASSISTではプラチナカードにも使用されるブラックコア素材を利用した上質なカードフェイスも特徴となっています。

 

若者向けのクレジットカードだからこそ、スタイリッシュなTOKYO CARD ASSISTで他の方との差をつけてみるのも良いのではないでしょうか。

 

 

基本情報

申し込み資格高校生を除く18歳〜39歳の安定した収入のある方
発行期間約2週間
入会金無料
年会費(本人)初年度無料
2年目以降無料
年会費(家族)初年度無料
2年目以降無料
解約金無料
締日15日
支払日翌月10日
支払い方法 1回払い、2回払い、ボーナス払い、分割払い、リボ払い
リボ払い金利15.0%
旅行傷害補償海外-
国内-
ショッピング保険最高100万円
紛失・盗難保証
ETCカード年会費初年度無料、2年目以降500円+税
備考※年1回以上の利用で年会費無料
空港サービス空港ラウンジ-
プライオリティパス-
発行会社東京クレジットサービス
所在地東京都千代田区一ツ橋2丁目6番3号 一ツ橋ビル7階