銀座ダイナースクラブカードは、「全銀連」と三井住友トラストクラブカードが提携して発行するクレジットカードです。

 

ダイナースクラブカードの基本の特典に加え、銀座プレミアムラウンジなどの銀座での特別な優待が付加された、銀座でのお買い物に最強メリットのあるカードです。

 

銀座エリアでは、ダイナースプレミアムカード同様の特別なサービスをうけることができますので、ワンランク上の優待を利用することができますよ!

 

今回は、銀座ダイナースクラブカードの特徴やメリット・デメリットを解説します。

 

最後まで読めば、憧れの街「銀座」をさらに楽しむことができるカードの特典を知ることができますよ!

 

11のメリット

 

銀座ダイナースクラブカードには、ダイナースクラブの基本の特典に加え、銀座エリアにも特化した11のメリットがあります。

 

  • 夫婦で利用する場合はダイナースクラブカードより安い
  • 銀座エリアではプレミアムカード同様の優待
  • 銀座プレミアムラウンジを利用可能
  • 大丸東京店のD'sラウンジトーキョー
  • 世界800ヵ所以上の空港ラウンジサービス
  • 卓越したダイニング特典
  • 実質無期限でマイルを貯められる
  • 楽天市場・Yahoo!ショッピングでもお得
  • 最高1億円の海外旅行保険が自動付帯
  • 空港手荷物無料宅配サービスが付帯
  • 年間500万円までの手厚いショッピング保険

 

ここでは、銀座ダイナースクラブカードのメリットの内容を解説します。

家族カードは年会費無料

銀座ダイナースクラブカードでは、家族カードを年会費無料で発行できるのも大きなメリットです。

 

銀座ダイナースクラブカードの年会費は税別25,000円と、通常のダイナースクラブカードと比較すると3,000円年会費が高くなっています。

 

ただし、家族カードを無料で発行することができますので、夫婦でカードを利用する場合にはダイナースクラブカードよりもお得に利用することが可能です。

 

  本会員 家族会員 合計
銀座
ダイナースクラブカード
税別25,000円 無料 税別25,000円
ダイナースクラブカード 税別22,000円 税別5,000円 税別27,000円

 

銀座ダイナースクラブカードの家族カードは、本カードとほぼ同等の特典や補償をうけられる優秀なカードとなっています。

 

家族カードは枚数の制限なく発行することができますので、家族全員で銀座ダイナースクラブカードを利用すれば、さらに1枚当たりのコストを下げることができますね。

 

また、銀座ダイナースクラブカードでは、ETCカードも無料で発行することができますので、カードにかかるコストを大幅に軽減することができますよ!

 

銀座エリアではプレミアムカード同様

 

銀座ダイナースクラブカードでは、「銀座レストラン優待」で特別なおもてなしをうけることができます。

 

銀座レストラン優待では、銀座エリアのレストラン限定で、「ダイナースクラブプレミアムカード」と同等の優待を利用することが可能です。

 

ダイナースクラブプレミアムカード限定の特別コースを予約することも可能となっており、

 

  • 瀬戸内料理 すみのえ:ダイナースクラブ プレミアムカード特別プラン(お一人様15,000円)
  • 玉木:ダイナースクラブおもてなしコース(お一人様16,200円)
  • No Bird:プレミアムカード会員様限定ディナーコース(お一人様12,000円)

 

このように、ハイセンスなレストランの特別コースを堪能することができます。

 

銀座でレストランを予約する際に、銀座レストラン優待はハートを射貫かれるサービスと言っていいでしょう。

銀座プレミアムラウンジを利用可能

 

銀座ダイナースクラブカードでは、ダイナースクラブ「銀座プレミアムラウンジ」を利用できるのも大きなメリットです。

 

銀座プレミアムラウンジは、銀座ダイナースクラブカードとダイナースクラブプレミアムカードの会員のみが利用できる特別なラウンジです。

 

ラウンジでは、コーヒーや紅茶・ソフトドリンクが無料で提供されており、銀座でのお買い物中にプライベートカフェのようにくつろぐことができます。

 

また、ラウンジには「銀座コンシェルジュ」が常駐しており、レストランの予約や銀座エリアの特約店の案内などをうけることが可能です。

 

銀座プレミアムラウンジでは、ダイナースクラブの公式アプリをダウンロードすることで、非会員の方でも1回無料でラウンジを利用することができます。

 

カードを申し込みする前に、上質なラウンジのサービスを体験してみるのもいいのではないでしょうか!

 

大丸東京店のラウンジを利用可能

銀座ダイナースクラブカードでは、大丸東京店の「D’sラウンジトーキョー」を利用することができます。

 

銀座プレミアムラウンジと同じく、銀座ダイナースクラブカード・ダイナースクラブプレミアムカードの会員のみがD’sラウンジトーキョーを利用することが可能です。

 

大丸東京店の11階に設置されたD’sラウンジトーキョーからは、銀座・日本橋を一望することが可能となっており、得も言われぬ優越感がありますね。

 

ラウンジでは、

 

  • フリードリンク
  • 喫煙ルーム
  • フィッティングルーム
  • 専用クローク

 

などを利用することが可能となっており、大丸でのお買い物の際の休憩に活用することができます。

 

本会員はもちろん、家族会員もラウンジを利用することができますので、家族での買い物の際にもラウンジをお得に活用できますね。

世界800ヵ所以上の空港ラウンジサービスが付帯

 

銀座ダイナースクラブカードでは、世界800ヵ所以上の空港ラウンジサービスを利用することができます。

 

ラウンジサービスでは、通常はビジネスクラス以上でしか利用できないVIPラウンジも含めて無料で利用することが可能です。

 

海外ラウンジサービスとして人気の「プライオリティパス」と、同等以上の海外ラウンジサービスが付帯しますので、海外旅行の際の利便性が強烈にアップします!

 

銀座ダイナースクラブカードでは、無料で発行できる家族カード会員も本カードと同様にラウンジを利用することが可能です。

 

国内の主要空港のラウンジも利用することができますので、銀座ダイナースクラブカード1枚あれば非常に幅広い空港のラウンジを利用することができますね。

 

卓越したダイニング特典

 

銀座ダイナースクラブカードでは、ダイナースクラブカードと同等の卓越したダイニング特典を利用することができます。

 

「エグゼクティブダイニング」では、2名以上のコース料理の利用で、1名分が無料になる驚異的な特典を利用することが可能です。

 

6名以上の利用で2名分が無料になる、「グループプラン」が用意されたダイニング特典はダイナースクラブ独自のメリットと言っていいでしょう。

 

さらに、「ごひいき予約」の特典では、通常では予約が取りづらい名店のキャンセルで出た空席を、当日予約することができます。

 

無料でコース料理を楽しんだり、通常では予約できない名店をごひいきさんのように当日予約したり、食にこだわりのある方には思わず口角が上がる特典ですね。

実質無期限でマイル還元率1.0%

 

銀座ダイナースクラブカードでは、無期限で貯めたポイントをANAをはじめとした各社のマイルに還元率1.0%で移行することができます。

 

カードの利用では、100円に1ポイントの「ダイナースクラブリワードポイント」が付与され、ポイントの有効期限は無期限です。

 

ただし、ポイントの付与条件は毎回の利用ごととなっていますので、毎回のカードの利用ごとに99円未満の端数が切り捨てられてしまう点には注意が必要です。

 

ダイナースクラブリワードポイントは、「ダイナースグローバルマイレージ」に参加登録することで、1ポイント=1マイルの等価でマイルに移行することができます。

 

  • ANA
  • デルタ航空
  • ユナイテッド航空
  • 大韓航空
  • アリタリア-イタリア航空

 

このように、ANAをはじめとした日本人にも使いやすい5つの航空会社のマイルに還元率1.0%で交換することができます。

 

有効期限無期限のポイントをマイルに交換することができますので、実質無期限で還元率1.0%でマイルを貯められるのは大きなメリットですね。

 

グローバルマイレージは年間参加料6,000円が必要ですが、カードの利用でマイルを貯めるのであれば必須のサービスです!

 

年間の移行上限には注意が必要

とくに、ANAマイルを貯める前提の方は年間の移行上限にも注意が必要です。

 

ダイナースグローバルマイレージでは、

 

ANA 年間40,000マイルまで
ANA以外 年間100,000マイルまで

 

このように、年間の移行上限が設定されています。

 

年間40,000マイル以上交換するヘビーユーザーの方は、ユナイテッド航空のマイルを経由してANA特典航空券を交換するのも賢い選択肢です。

 

 

ネット通販でもお得なポイントアップ

 

銀座ダイナースクラブカードでは、「ダイナースクラブポイントモール」で、ネット通販でもお得にポイントを貯めることができます。

 

ダイナースクラブポイントモールでは、ボーナスポイント、またはキャッシュバックの好きな特典を選択することが可能です。

 

  ボーナスポイント キャッシュバック
楽天市場 0.5% 0.5%
Yahoo!ショッピング 0.5% 0.5%
LOHACO 1.0% 1.0%
ビックカメラ.com 1.0% 1.0%
エクスペディア 3.5% 3.5%
楽天トラベル 0.5% 0.5%
じゃらん 0.5% 0.5%

 

人気の楽天市場やYahoo!ショッピングでも、カードの利用ポイントと合わせて1.5%分のおトクです!

 

特典の選択では、キャッシュバックよりも等価でマイルに交換できるボーナスポイントを選択するのがおすすめです。

 

ネット通販の利用で、還元率1.5%以上でマイルを貯めることができるというのは、非常に強烈なメリットになりますよね!

 

最高1億円の海外旅行保険が自動付帯

銀座ダイナースクラブカードには、最高1億円の海外旅行保険が自動付帯します。

 

海外旅行保険付帯条件 自動付帯
死亡・後遺障害 最高1億円
傷害治療 最高300万円
疾病治療 最高300万円
携行品損害 最高50万円
救援者費用 最高300万円
賠償責任 最高1億円

 

海外での急病やケガに備える傷害・疾病治療の補償金額は最高300万円までとなっており、医療費の高額な海外でも安心の補償をうけることができますね。

 

家族カードでも本会員とほぼ同等の補償をうけることができますので、家族旅行の際にも家族全員を守ることが可能です。

 

また、銀座ダイナースクラブカードでは、利用付帯で最高1億円までの国内旅行保険も付帯します。

 

国内旅行保険では、

 

  • 入院日額:5,000円
  • 通院日額:3,000円
  • 手術費用:5万円・10万円・20万円

 

と、手厚い補償をうけることが可能です。

 

国内外で手厚い補償が付帯している点も、銀座ダイナースクラブカードの大きなメリットと言っていいでしょう。

 

空港手荷物無料宅配サービスが付帯

 

銀座ダイナースクラブカードでは、空港手荷物無料宅配サービスを利用できるのも大きなメリットです。

 

サービスの対象となる空港は、

 

  • 成田空港
  • 羽田空港
  • 関西国際空港
  • 中部国際空港

 

の4空港となっており、海外旅行からの帰国時にスーツケース1個までの手荷物を、空港から自宅まで無料で宅配してもらうことができます。

 

海外からの帰国時にお土産などで重たくなった手荷物を無料で宅配してくれますので、電車で帰宅する際などにも非常に重宝するサービスです。

 

空港手荷物宅配サービスは、通常1個あたり1,500円程度の料金が必要ですので、実益的なサービスと言っていいでしょう。

 

年間500万円までのショッピング保険が付帯

銀座ダイナースクラブカードでは、年間500万円までのパワフルなショッピング保険も大きなメリットです。

 

国内外で購入した商品の、購入日から90日以内の破損や盗難による損害を補償してもらうことができます。

 

ショッピング保険では、一般的なクレジットカードのショッピング保険では対象外となる、スマホやタブレットも補償の対象となっています。

 

年間500万円までの高額な補償金額もさることながら、破損のリスクの高いスマホやタブレットが対象になるのは嬉しいですね!

 

こんな方におすすめ

銀座ダイナースクラブカードの豊富な11のメリットから、次のような方におすすめすることができます。

 

  • 銀座エリアにお出かけお買い物をする機会の多い方
  • 夫婦でカードを利用する前提の方
  • 食事や海外旅行での特典にこだわりたい方

 

銀座ダイナースクラブカードでは、銀座エリアのレストランでプレミアムカード同等の特別な優待をうけることが可能です。

 

さらに、銀座プレミアムラウンジ・D’sラウンジトーキョーも利用できますので、銀座エリアでお買い物や食事をする方には最強のメリットがあります。

 

また、家族カードを無料で発行することができますので、夫婦でカードを利用する前提の方はお得にカードを利用することができますね。

 

ダイナースクラブカードと同様の卓越したダイニング特典・ラウンジサービスが付帯していますので、食事や海外旅行の特典にこだわりたい方にも最適です。

 

デメリットは3つ

銀座ダイナースクラブカードにも3つのデメリットがあります。

 

  • 税金の支払いで還元率が半減
  • 電子マネーとは相性が悪い
  • ダイナースクラブカードよりも年会費は高め

 

ここでは、銀座ダイナースクラブカードを申し込みする前に、知っておくべきデメリットを解説します。

税金・公共料金の支払いでは還元率0.5%

銀座ダイナースクラブカードでは、税金・公共料金の支払いでポイントが半減してしまう点がデメリットです。

 

ポイントの換算率の異なる特定加盟店は、以下の料金の支払いが対象となります。

 

  • 電力会社
  • 水道局
  • ガス会社
  • 公金・税金

 

特定加盟店での支払いの場合、200円に1ポイントの付与となり、還元率は通常の半分の0.5%に目減りしてしまいます。

 

税金・公共料金の支払いは、大量のポイントを継続的に貯めるチャンスとなりますので、還元率が減ってしまうのは寂しいですね。

 

電子マネーとは相性が悪い

銀座ダイナースクラブカードでは、電子マネーとの相性は決して良くはありません。

 

銀座ダイナースクラブカードでは、SMART ICOCAのチャージで還元率1.0%でポイントが付与されます。

 

ただし、nanacoや楽天Edy・Suicaなどの主要な電子マネーでは、チャージでのポイント付与は対象外となってしまいます。

 

また、Apple Payにも登録することができませんので、電子マネーを利用する際には別の電子マネー用のサブカードを併用した方が聡明な選択です。

 

ダイナースクラブカードよりも3,000円高い

銀座ダイナースクラブカードの年会費が、一般のダイナースクラブカードよりも3,000円高くなっている点を、デメリットと感じてしまう方もいるでしょう。

 

ダイナースクラブカード

 

すでに解説したように、銀座ダイナースクラブカードでは、家族カードが無料となっていますので、家族で利用する前提ならダイナースクラブカードよりもコストを抑えられます。

 

ただし、本会員1枚の年会費はあくまでもダイナースクラブカードよりも高くなってしまいますので、銀座エリアでの特典を利用しない方には割高に感じてしまうかも知れませんね。

 

こんな人には向かないかも…?

銀座ダイナースクラブカードの本会員の年会費はダイナースクラブカードよりも3,000円高くなっており、本カード単体では割高になってしまいます。

 

基本のカードの特典はダイナースクラブカードと同一ですので、銀座エリアでの特典が必要ない方にはダイナースクラブカードで充分と言っていいかも知れませんね。

 

また、ダイナースクラブカードでは選べる新規入会キャンペーンを開催しており、初年度無料でカードを利用することも可能です。

 

ダイナースクラブカードの申込みはこちら

 

銀座ダイナースクラブカードの特徴

銀座ダイナースクラブカードは、ダイナースクラブカードの基本の特典に、銀座エリアでの特別なサービスが付加されたカードです。

 

銀座プレミアムラウンジやD’sラウンジトーキョーなど、プレミアムカードと同様の特別なラウンジの利用特典もお買い物での優越感を揺さぶられます。

 

また、銀座エリアではプレミアムカードと同様の特別な優待をうけることができますので、特別な街でさらに特別な優待を体感することが可能です。

 

ダイナースクラブカードの基本の特典もしっかりと付帯していますので、海外旅行や食事の際にも上質なサービスをうけることができますよ!

 

銀座ダイナースクラブカードでは、家族カードを年会費無料で発行することができますので、家族でカードを利用する前提の方にもおすすめです。

国際ブランド

 

銀座ダイナースクラブカードの国際ブランドはダイナースクラブです。

 

ダイナースクラブというと、加盟店も少なく使い勝手が悪いと思ってしまうかも知れませんが、国内ではJCBと提携しており、JCB加盟店でも決済をすることができます。

 

国内でシェアNO.1のJCB加盟店で利用することができることで、むしろ銀座ダイナースクラブカードは使い勝手の良いカードと言ってもいいでしょう。

 

ダイナースクラブという国際ブランドに対する憧れや信頼感も篤く、大人が持つハイクラスなクレジットカードとしても最適です。

審査

銀座ダイナースクラブカードの申込資格は27歳以上で審査基準を満たす方となっています。

 

年収の要件は公表されていませんが、

 

  • 27歳以上の方
  • 年収500万円台の方

 

このような属性の方が審査通過のボーダーラインとなると考えていいでしょう。

 

カードを発行するのが、三井住友銀行グループの三井住友トラストクラブであることから、銀行系のカードとして過去の信用情報も重視されます。

 

比較的審査のハードルは高いカードと言えますが、年収400万円台の方でも審査通過の実績はありますので、恐れずにチャレンジしてみることも重要かも知れませんね。

 

また、銀座ダイナースクラブカードの発行期間は、平均して2週間程度となっています。

限度額

銀座ダイナースクラブカードの特徴のひとつとして、限度額に一律の制限なしとなっている点が挙げられます。

 

申込時に個別の与信枠は設定されますが、限度額に一律の制限は設けられていませんので、利用実績を積むことで高額な与信枠を利用することが可能です。

 

申込時の与信枠の目安は100万円程度というケースが多くなっていますが、しっかりと利用実績を積んでカードを育てちゃいましょう。

 

さらに、銀座ダイナースクラブカードでは、事前にデポジットとして入金しておくことで与信枠を超えたカードの利用も可能です。

 

海外旅行など、高額なカードの利用の予定がある場合には、デポジットを上手に活用するようにしましょう。

ポイントの交換先・お得な使い道

ダイナースクラブリワードポイントのもっともお得な使い道はマイル交換ですが、マイルを利用する予定のない方でも幅広くポイントを活用することができます。

 

マイル以外のポイントの使い道として、もっとも使い勝手が良いのは利用代金へのポイント充当です。

 

ポイント・ペイ(カード利用代金に充当) 100ポイント=30円分
旅行代金充当プログラム
(トラベルデスクで手配した旅行商品)
1,000ポイント=400円分
ポイント・キャッシュバック
(キャッシュバック還元)
10,000ポイント=3,000円分

 

ダイナースクラブリワードポイントは、上記のような3つの形でポイントを利用代金に充当させることができます。

 

トラベルデスクで手配した旅行代金へのポイント充当がもっともレートが高く、特典航空券を使わない旅行代金の支払いの場合にもお得にポイントを活用することが可能です。

 

さらに、ポイント・キャッシュバックではグローバルマイレージに加入している場合、10,000ポイント=5,000円分とポイントの交換レートが高くなります。

 

ポイントをマイルに交換する予定のない方は、カードの利用金額に充当してお得にポイントを活用するのも良いでしょう。

各種ギフト券・共通ポイントにも交換可能

ダイナースクラブリワードポイントは、各種ギフト券や共通ポイントにも交換して利用することが可能です。

 

  必要ポイント 交換先
Amazonギフト券 5,000ポイント 2,000円分
JCBギフトカード 6,000ポイント 2,000円分
iTunesカード 12,000ポイント 5,000円分
JTB旅行券 13,000ポイント 5,000円分
ANA旅行券 13,000ポイント 5,000円分
JAL旅行券 13,000ポイント 5,000円分
ANA SKYコイン 1,000ポイント 400コイン
スターバックスカード 5,000ポイント 2,000円分
楽天スーパーポイント 2,500ポイント 1,000ポイント

 

交換レートは1ポイント=約0.4円となっており、ポイント・ペイよりも若干高いレートでポイントを活用することができます。

 

ただし、マイル交換に比べるとやはりお得感は薄れてしまいますので、ダイナースクラブリワードポイントの使い道はマイルを前提に考えた方がお得ですね。

付帯サービス

銀座ダイナースクラブカードでは、海外旅行の際にも使い勝手の良いサービスが付帯しています。

 

  • 海外現地トラベルデスク
  • ホノルル・LeaLeaトロリー
  • エクスプレス予約
  • 充実した空港特典

 

ここでは、銀座ダイナースクラブカードの付帯サービスの内容を詳しく解説します。

海外現地トラベルデスク

銀座ダイナースクラブカードでは、海外旅行中に現地でのサポートをうけられる「海外現地トラベルデスク」のサービスが付帯します。

 

海外現地トラベルデスクでは、現地の日本語スタッフによる対応で、都市案内や公共交通機関などのインフォーメーション、レストランの予約などもサポートしてもらえますよ。

 

また、旅行中のトラブルに対応する「海外緊急アシスタンスサービス」も利用することができますので、海外旅行をきっちりとサポートしてもらうことができますね。

ホノルル・LeaLeaトロリー

 

銀座ダイナースクラブカードでは、ハワイのLea Leaトロリーの1週間無料乗車券を利用することができます。

 

Lea Leaトロリーの無料乗車券は、Lea Leaラウンジで受け取ることが可能となっており、受取時にラウンジを無料で利用することも可能です。

 

通常、Lea Leaトロリーの1週間券は49$となっていますので、1$=110円と考えるとそれだけで5,000円相当以上のおトクですね。

 

ハワイ旅行に出かける機会の多い方は、ダイナースクラブの特典をフル活用しちゃいましょう!

 

エクスプレス予約

 

銀座ダイナースクラブカードでは、東海道・山陽新幹線のオンライン予約サービス「エクスプレス予約」を利用することができます。

 

エクスプレス予約では、365日オンラインでお得な会員料金での新幹線予約が可能となっており、乗車時には専用の「プラスEXカード」でスマートに改札を通過することが可能です。

 

チケットレスで予約・乗車することができますので、混み合った券売機やみどりの窓口に並ぶこともなく、ストレスフリーで新幹線を利用することができますね。

 

また、早めに新幹線のチケットを予約すると、「早得」で会員料金よりもさらにお得な割引料金で新幹線を予約することも可能です。

 

新幹線での旅行や出張の際には、エクスプレス予約でトクしちゃいましょう!

 

充実した空港特典

銀座ダイナースクラブカードでは、プライオリティパスや空港ラウンジサービスだけではなく、充実した空港特典が付帯しています。

 

  • 空港前泊ホテルサービス
  • 空港パーキングサービス
  • 空港送迎タクシー・サービス
  • 空港特急列車サービス
  • グローバルWi-Fi

 

とくに、驚異的なメリットとなるのが「空港前泊ホテルサービス」です。

 

トラベルデスクで1回の購入金額が50万円以上の、海外パッケージツアー・海外航空券を購入した場合、空港近くの指定ホテルの部屋が1室・2名まで無料で提供されます。

 

朝早くのフライトの場合や、地方から海外旅行するために国際空港にでかける方にとっては、非常に大きなメリットですね。

 

海外旅行がさらに快適になる、充実した海外特典が充実しているのも、銀座ダイナースクラブカードの特徴のひとつです。

銀座を愛するすべての方に!プレミアムサービスを受けられる特別なカード

「銀座」という特別な街が好きな方には、銀座エリアでのプレミアムな特典をうけられる「銀座ダイナースクラブカード」がおすすめです。

 

  • 銀座エリア限定でプレミアムカード同等のサービス
  • 銀座プレミアムラウンジなどの特別なラウンジサービス
  • 家族カードを無料で発行可能
  • ダイナースクラブの基本の特典を利用可能

 

銀座ダイナースクラブカードでは、銀座エリア限定でのプレミアムカード同等のレストラン優待や、特別なラウンジの利用特典が付帯しています。

 

ダイニング特典やラウンジ特典はダイナースクラブカードと同等のサービスとなっており、基本の特典に銀座エリアでの特典が付加された銀座を愛する人のためのカードです。

 

銀座ダイナースクラブカードでは、家族カードを無料で発行することができますので、夫婦で利用する場合にはダイナースクラブカードよりもお得に利用できますよ!

 

銀座をさらに上質に楽しみたい方は、今すぐ銀座ダイナースクラブカードを手に入れてみてはいかがでしょうか!

 

銀座ダイナースクラブカードの申込みはこちら

 

 

基本情報

申し込み資格年齢27歳以上の方
発行期間2~3週間
入会金無料
年会費(本人)初年度25,000円+税
2年目以降25,000円+税
年会費(家族)初年度無料
2年目以降無料
解約金無料
締日15日
支払日翌月10日
支払い方法 1回払い、ボーナス払い、リボ払い
旅行傷害補償海外-
国内最高1億円
ショッピング保険500万円
紛失・盗難保証
ETCカード年会費無料
備考
空港サービス空港ラウンジ-
プライオリティパス-
発行会社三井住友トラストクラブ株式会社