アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード(以下アメックスビジネスグリーン)は、アメックス社が直接発行するプロパービジネスカードです。

 

独立したての個人事業主の方や設立間もない法人代表者の方も、アメックスの「百人隊長」のデザインに憧れを持ったことがある方も多いでしょう。

 

アメックスビジネスグリーンは外資系独自の審査基準で、設立1か月目の法人・個人事業主でも作りやすいカードとなっています。

 

オンラインでの入会で初年度年会費が無料になる特典もありますので、アメックスのサービス・機能を試してみたい方にも最適です。

 

今回は、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの特徴・メリット・デメリットを解説します。

 

目次

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの9つのメリット

アメックスビジネスグリーンには、アメックスのプロパービジネスカードならではの9つのメリットがあります。

 

  • 外資系独自の審査機関で設立1か月目でも作りやすい
  • 初年度年会費無料で1年間無料で試せる
  • 限度額には一律の制限無し
  • メンバーシップリワード・プラスで最大還元率3.0%!
  • 空港ラウンジサービスは同伴者も1名まで無料
  • 手荷物無料宅配サービスで海外旅行もスマート
  • オーバーシーズアシストで海外旅行時の電話サポート
  • 豊富なビジネスサポートが付帯
  • 個人用のアメックスとポイントの合算が可能

 

この項目を最後まで読んで頂ければ、アメックスのカードをビジネスカードとして持つ意義を知ることができますよ!

外資系独自の審査機関で設立1か月目でも作りやすい

 

アメックスビジネスグリーンでは、外資系独自の審査機関で、設立1か月目の法人や独立したての個人事業主でも作りやすい法人カードとなっています。

 

通常の法人カードでは、

 

  • 登記後2年以上が経過した法人
  • 黒字決算のみ

 

と申込資格が制限されているケースも少なくありません。

 

アメックスビジネスグリーンでは、代表者個人の信用情報が審査の基準になりますので、会社の業績に関わらずに審査に通過することができます。

 

さらに、アメックスでは外資系独自の審査基準が採用されており、過去の信用情報よりも現在の返済能力が重視される傾向があり、審査通過率は高くなっています。

 

アメックスでは、ビジネスカードは個人用のクレジットカードよりもさらに審査に通過しやすくなっていますので、ほぼ問題なく審査に通過することができるでしょう。

 

また、すでに個人用のアメックスをお持ちの方で、半年程度の利用実績がある方なら、さらに審査通過の可能性はアップします!

 

設立したばかりの法人、独立したての個人事業主でも、憧れたアメックスのビジネスカードを持つことができますよ!

オンライン入会では初年度年会費無料に

アメックスに憧れを持っている方の中には、高額な年会費がハードルになっている方もいるかも知れませんが、アメックスビジネスグリーンは無料で試すことができますよ!

 

アメックスビジネスグリーンでは、オンラインでの入会で初年度の年会費が無料になる特典があり、1年間無料でカードを利用することが可能です。

 

アメックスビジネスグリーンの年会費は、

 

本会員 税別12,000円
追加カード 税別6,000円

 

となっていますが、オンラインでの入会では初年度無料となります。

 

1万円オーバーの年会費がネックになってしまっている方も、1年間無料でアメックスビジネスグリーンを実際に利用して試してみてはいかがでしょうか。

 

また、アメックスビジネスグリーンのETCカードは1枚あたり税別500円の年会費が必要です。

 

年会費は経費として計上可能

アメックスのビジネスカードを利用したいけど、やはり10,000円オーバーの年会費は負担になってしまうという方も多いでしょう。

 

ただし、法人カードの年会費は全額経費として計上することが可能となっています。

 

税金として支払うくらいなら、経費として計上して上質なカードの特典を利用するのも賢い選択ですよね!

デポジット活用で限度額は実質無制限

アメックスビジネスグリーンでは、限度額に一律の制限はありません。

 

限度額無しとは言っても個別に与信枠は設定されますが、利用実績によって限度額をアップさせやすいのも大きな魅力です。

 

アメックスビジネスグリーンとアメックスビジネスゴールドで限度額に差はありませんので、アメックスビジネスグリーンで500万円オーバーの限度額が設定された実例もあります。

 

さらに、アメックスビジネスグリーンでは、事前にデポジット入金をしておくことで、実質無制限に限度額を利用することができます。

 

1,000万円のデポジットを入金しておけば、1,000万円をカードで切ることができますので、高額なお買い物の際にもポイントを取りこぼすことがありませんね。

 

メンバーシップリワード・プラス登録で還元率は最大3.0%に!

アメックスビジネスグリーンは「メンバーシップリワード・プラス」に登録すると、最大3.0%の還元率でポイントを貯めることができます。

 

カードの利用では、100円に1ポイントが付与され、1ポイントあたり0.3円〜0.5円として利用することが可能です。

 

税別3,000円のメンバーシップリワード・プラスに登録することで、

 

  • ポイントの交換レートがアップ
  • 通常3年間のポイント有効期限が無期限に延長

 

と2つの特典をうけることができます。

 

メンバーシップリワード・プラスに登録すると、ANAマイルに1%還元相当で交換することができるほか、1ポイント=1円(還元率1.0%)で利用金額に充当させることも可能です。

 

さらに、メンバーシップリワード・プラスの登録者限定で、「対象加盟店でのボーナスポイントプログラム」に登録することができます。

 

対象加盟店でのボーナスポイントプログラムでは、

 

  • Amazon
  • Yahoo!JAPAN
  • iTunes Store
  • JAL公式ウェブサイト
  • H.I.S
  • アメリカン・エキスプレス・トラベル・オンライン

 

などの利用分がポイント3倍、還元率3.0%にアップする特典があります。

 

AmazonやYahoo!ショッピングなど、身近なショップでの利用分がポイント3倍になりますので、ネット通販が好きな方でもお得にポイントを貯めることができますね!

 

同伴者1名まで無料の空港ラウンジサービスが付帯

 

アメックスビジネスグリーンでは、空港ラウンジサービスを同伴者1名まで無料で利用することができます。

 

ラウンジサービスでは、国内の主要空港および、ハワイ・ホノルル国際空港、韓国・仁川国際空港のラウンジを無料で利用することが可能です。

 

同伴者も含めて無料で利用することができますので、同行者がいる出張などの場合にもお得にラウンジサービスを利用できます!

 

さらに、JALのチケットレス航空券予約サービス「アメリカン・エキスプレスJALオンライン」の登録で、JALのVIPラウンジを利用できるクーポンが5回分プレゼントされます。

 

JALオンラインは無料で登録することができますので、ラウンジクーポンだけでも手に入れておきましょう。

 

往復1個までの手荷物無料宅配サービスが付帯

アメックスビジネスグリーンでは、国際線の利用の際に、往復1個までの空港手荷物無料宅配サービスを利用することができます。

 

海外出張の際には、スーツケースも大きく・重く負担になってしまいますので、手荷物無料宅配サービスが付帯するのは嬉しいですね。

 

手荷物無料宅配サービスを利用することができるのは、次の空港の宅配カウンターです。

 

  • 成田国際空港
  • 中部国際空港
  • 関西国際空港

 

手荷物宅配サービスは通常1回あたり1,500円程度が必要ですので、往復で3,000円相当のサービスです。

 

オーバーシーズアシストは海外限定のコンシェルジュサービス

アメックスビジネスグリーンでは、海外での日本語電話サービス「オーバーシーズアシスト」を利用することができます。

 

オーバーシーズアシストでは、

 

  • 航空券・ホテルの予約・手配
  • レストランの検索・手配
  • ゴルフコースの手配
  • コンサート・ミュージカル等のチケットの手配
  • カード紛失・急病・ケガなどの際のエマージェンシーサービス

 

など、コンシェルジュサービス並みのサービスを利用することができますよ。

 

海外出張に不慣れな場合でも、日本語スタッフがレストランなどの手配を代行してくれますので、海外旅行の際の心強いサポートです!

 

また、急病・ケガの際には必要に応じて入院・救急車の手配まで対応してくれますので、トラブルの際にも安心ですね。

豊富なビジネスサポートでビジネスを加速する

 

アメックスビジネスグリーンでは、豊富なビジネスサポートでビジネスのさまざまな特典を利用することができます。

 

ビジネス・コンサルティング・サービス

適切な経営コンサルタントの紹介、簡単な経営相談を受けることが可能です。

 

ビジネス・セービング

ビジネスに必要なトラベル・ダイニング・配送サービスなどの割引優待で、ビジネスにかかる経費を削減できます。

 

ジーサーチ

国内外の企業の与信調査などの調査代行サービスを利用できるジーサーチを年会費無料で利用できます。

 

4半期レポート

3か月ごとの利用記録を集計したレポートを送ってくれますので、経費の支払い状況から自社の経営を見直すことができます。

 

クラブオフ

全国75,000以上の契約施設を優待料金で利用することが可能となっており、社員の福利厚生にも役立ちます。

個人用のアメックスのポイントと合算可能で管理も楽

 

アメックスビジネスグリーンの利用で貯めたポイントは、個人用のアメックスの利用で貯めたポイントと合算することが可能です。

 

アメックスでは、コールセンターに連絡をして手続きをすることで、簡単に個人用と法人用のアメックスで貯めたポイントを合算することができます。

 

プライベートとビジネスでクレジットカードを分けている方は、別々に貯まるポイントの管理が面倒と思ったことがある方も多いのでは?

 

すでに個人用のアメックスをお使いの方は、ポイントを合算して貯めることができるアメックスビジネスグリーンを利用するのが効率的ですよ。

 

こんな方におすすめ

アメックスビジネスグリーンのメリットから、次のような方におすすめできるカードです。

 

  • 設立1か月目の個人事業主・経営者の方
  • 海外出張や海外旅行が多い方
  • アメックスを試したい方

 

アメックスは外資系独自の審査機関で審査にも通過しやすく、設立1か月目の経営者や個人事業主の方でも問題なく作ることができます。

 

私も、個人事業主になって初めてアメックスのカードを作った時には、テンションが爆上げしてしまいましたが、アメックスはそうした魅力があるブランドです。

 

オンライン申込みで初年度年会費無料になる特典もありますので、無料でアメックスを試したい方にもおすすめですよ!

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードのデメリットは3つ

アメックスビジネスグリーンにも3つのデメリットがあります。

 

  • 税金・公共料金の支払いは還元率が半減
  • ETCカードは年会費有料
  • ETCカードは最大5枚まで

 

ここでは、アメックスビジネスグリーンを申し込みする前に知っておくべきデメリットを解説します。

税金・公共料金の支払いでは還元率が0.5%に減額

アメックスビジネスグリーンでは、税金・公共料金の支払いでは還元率が0.5%に半減してしまいます。

 

  • 電気
  • ガス
  • 水道
  • 公金・税金

 

などは、法人カードで支払いたい経費の代表ともいえる項目です。

 

ただし、アメックスビジネスグリーンでは公共料金・税金の支払いでは還元率が半減してしまいますので、公共料金の支払い用には別の高還元クレカを用意した方がお得です。

 

ETCカードの年会費が有料

アメックスビジネスグリーンでは、ETCカードの年会費として1枚あたり税別500円の年会費が発生してしまいます。

 

高速道路を利用する法人の場合、ETCカードは必須のアイテムとなりますので、ETCの年会費が有料になってしまうのはデメリットです。

 

ただし、法人カードの場合、ETCカードの年会費も経費として計上することが可能です。

本カードに追加できるETCカードは最大5枚まで

アメックスビジネスグリーンでは、本カードに追加できるETCカードは最大5枚までとなっています。

 

6枚目以降のETCカードを発行する場合は、追加カードの発行が必要となっており、追加カード1枚あたり1枚のETCカードを追加することができます。

 

追加カードの年会費は税別6,000円となっていますので、ETC年会費と合わせて年間6,500円の負担増はキツいですね。

 

こんな人には向かないかも…?

アメックスビジネスグリーンは、ETCの年会費が有料、さらに枚数にも制限がありますので、ETCカードも無料で使いたい方には不向きです。

 

社用車・営業車を多く抱える法人の場合、追加カードは要らないけどETCカードだけを必要枚数発行したいというケースもありますよね。

 

ETCカードを無料で利用したい場合には、ETCカード発行用のカードを併用するのがおすすめです!

 

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの特徴

 

アメックスビジネスグリーンは、アメックスのプロパー法人カードとして発行されています。

 

券面は個人用のアメリカン・エキスプレス・カードと同じくグリーンを基調としており、その券面デザインから「ビジネスグリーン」と呼ばれます。

 

アメックスの象徴ともいえる「百人隊長」がワンポイントでデザインされており、個人事業主や経営者の方にもアメックスに憧れに似た感情を持っている方は多いでしょう。

 

反面、審査基準は外資系独自の審査基準で作りやすくなっており、もっとも作りやすい法人カードのひとつと言っても過言ではありません。

 

設立間もない法人や独立したての個人事業主の方も、持っているだけでワクワクしてしまう、アメックスのビジネスカードを手に入れちゃいましょう!

国際ブランドはアメックス

 

アメックスビジネスグリーンの国際ブランドはアメックスのみです。

 

国際ブランドがアメックスというと使い勝手を心配してしまう方もいますが、国内ではJCBと提携しており使い勝手に困ってしまうようなことはありません。

 

また、アメックスの知名度はむしろ海外の方が高く、海外でもアメックスのプロパーカードを利用することで信用につながるケースがあります。

 

アメックスのプロパービジネスカードであることから、将来的にアメックスビジネスプラチナのインビテーションの可能性がある点も刺激的です。

 

ポイントの交換先・お得な使い道

アメックスビジネスグリーンのポイントは、大きく分けて3つの交換先で利用することができます。

 

  • マイルへの移行
  • 利用代金の充当
  • ホテル・他社ポイントへの交換

 

特典航空券に交換できるマイルへの移行がお得な交換先ですが、多様な交換先に利用して経費削減に役立てることも可能です。

 

ここでは、アメックスビジネスグリーンのポイントのお得な使い道を解説します!

航空会社のマイルへの交換

アメックスビジネスグリーンのポイントは、ANAをはじめとした15の航空会社のマイルに移行することが可能です。

 

ポイントからマイルへの移行レートは、メンバーシップリワード・プラスの登録状況によって変わります。

 

  ANAマイル ANA以外の提携航空会社
メンバーシップ
リワード・プラス登録済
1,000ポイント
=1,000マイル
1,250ポイント
=1,000マイル
メンバーシップ
リワード・プラス未登録
2,000ポイント
=1,000マイル
2,000ポイント
=1,000マイル

 

ANAマイルへの移行の場合は、年間税別5,000円のANAコース登録費が必要ですが、マイル還元率1.0%相当でポイントをマイルに移行することができます。

 

ただし、2019年1月1日より、アメックスのポイントからANAマイルへの移行は、年間で40,000マイルが上限となります。

 

ANA以外の提携航空会社のマイルには、移行手数料無料・年間の上限無しとなっていますので、ANA以外のマイルへの交換も検討対象ですね。

 

カード利用代金へのポイントの充当

アメックスビジネスグリーンのポイントは、カード利用後の代金に利用することができます。

 

  • メンバーシップリワード・プラス登録済の方:1ポイント=0.5円〜1円
  • メンバーシップリワード・プラス未登録の方:1ポイント=0.3円

 

と、メンバーシップリワード・プラスに登録済の方の方が交換レートはお得です。

 

メンバーシップリワード・プラス登録済の場合、カードの利用先によっても交換レートが変わります。

 

航空会社での利用の場合 1ポイント=1円
ホテル・旅行代理店での利用の場合 1ポイント=0.8円
旅行関連以外での利用の場合 1ポイント=0.5円

 

航空会社での利用分がもっともレートが高く、1ポイント=1円として利用代金に充当することができます。

 

法人カードのポイントの使い道としては、出張で利用した航空券の清算にポイントを利用できるのは嬉しいですね!

 

また、旅行代金の支払いにポイントを利用することも可能です。

 

  • アメリカン・エキスプレス・トラベル・オンライン:1ポイント=1円
  • H.I.Sアメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク、および日本旅行:1ポイント=0.8円

 

と、カードの利用で貯まったポイントでお得に出張・旅行を手配することが可能です。

 

時期を選ぶことができないビジネス出張の場合、予約の取りにくい特典航空券よりもポイントでの旅行代金の充当の方が使い勝手はいいでしょう!

ホテルのポイント・共通ポイントへの交換

 

アメックスビジネスグリーンのポイントは、ホテルのポイントや便利な共通ポイントに交換して利用することができます。

 

  メンバーシップ
リワード・プラス登録済
メンバーシップ
リワード・プラス未登録
ヒルトンHオナーズ
「Hオナーズポイント」
1,000ポイント
=1,250Hオナーズ
ポイント
2,000ポイント
=1,250Hオナーズ
ポイント
スターウッド
プリファードゲスト
「スターポイント」
1,000ポイント
=990スターポイント
2,000ポイント
=990スターポイント
楽天スーパーポイント 3,000ポイント
=1,500楽天ポイント
3,000ポイント
=1,000楽天ポイント
Tポイント 3,000ポイント
=1,500Tポイント
3,000ポイント
=1,000Tポイント

 

ホテルのポイントは宿泊に利用することができますので、出張やプライベートの旅行の際にも便利に利用することができます。

 

また、使い勝手最強の共通ポイントに交換することができますので、ポイントの使い道に悩んでしまうようなことはありませんね!

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの旅行保険

 

アメックスビジネスグリーンでは、手厚い内容の付帯保険も大きな魅力となっています。

最高5,000万円の手厚い海外旅行保険

海外旅行保険付帯条件 利用付帯
死亡・後遺障害 最高5,000万円
傷害治療 最高300万円
疾病治療 最高300万円
携行品損害 最高50万円
救援者費用 最高400万円
賠償責任保険 最高4,000万円

 

海外での急病やケガに備えることができる傷害・疾病治療の補償金額は最高300万円までとなっており、海外での高額な医療費に備えることができます。

 

本会員はもちろん、追加カードでもほぼ同等の補償をうけることができますので、社員だけでの海外出張の際の補償も安心です。

 

さらに、アメックスビジネスグリーンの国内旅行保険では、最高5,000万円の補償が用意されています。

 

ただし、国内外の旅行保険は利用付帯となっており、アメックスビジネスグリーンで旅行代金を決済した時のみの補償となっている点には注意が必要です。

年間500万円までのパワフルなショッピング保険

アメックスビジネスグリーンでは、年間500万円までのパワフルなショッピング保険が付帯します。

 

国内外の加盟店で購入した商品の、購入日から90日以内の破損や盗難による損害を補償してもらうことが可能です。

 

アメックスのショッピング保険では、クレジットカードのショッピング保険では対象外となることの多い、スマホやタブレットが補償されるのも嬉しいですね。

 

会社の備品として購入したスマホやタブレット・PCも補償される、非常に優秀な補償です。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの付帯サービス

アメックスビジネスグリーンでは、トラベル・空港サービスが非常に充実したアメックスならではの付帯サービスを利用できます。

 

  • アメリカン・エキスプレス・トラベル・オンライン
  • 安心のプロテクションサービス
  • 充実した空港サービス
  • エクスプレス予約
  • チケット・アクセス
  • アメリカン・エキスプレス・コネクト

 

ここでは、アメックスビジネスグリーンで活用したい、付帯サービスの内容を解説します!

最大50%オフでホテルをオンライン予約

アメックスビジネスグリーンでは、国内外の15万軒以上のホテルをオンライン予約できる「アメリカン・エキスプレス・トラベル・オンライン」を利用可能です。

 

アメリカン・エキスプレス・トラベル・オンラインでは、最大50%オフでのホテル予約や5,000円オフクーポンなど、お得にホテルを予約することが可能です。

 

ビジネスでの出張はもちろんのこと、プライベートでのホテルの予約にもお得に利用できる特典ですね。

 

さらに、アメリカン・エキスプレス・トラベル・オンラインでのカードの利用では、ポイントも最大3倍還元で貯めることが可能です!

充実したプロテクションサービスで安心

アメックスビジネスグリーンでは、充実したプロテクションサービスを利用することができます。

 

  • リターンプロテクション
  • 不正プロテクション
  • オンラインプロテクション

 

とくにユニークなプロテクションサービスが「リターンプロテクション」です。

 

リターンプロテクションでは、購入店が商品の返品に応じてくれない場合でも、アメックスが代わりに返品・返金をしてくれるサービスです。

 

海外で購入した商品など、返品をすることが難しい商品も対応してくれますので、安心してショッピングを楽しむことができますね。

 

豊富な空港サービスで快適フライト

トラベル&エンターテイメント(T&E系)の代表格ともいえるアメックスでは、豊富な空港サービスが用意されています。

 

  • 空港パーキングサービス
  • 無料ポーターサービス
  • 空港クロークサービス
  • エアポートミール

 

とくに、車で空港まで移動する方に嬉しいのが、空港の駐車場料金が最大40%オフになる空港パーキング優待です。

 

車で移動する方の場合、手荷物無料宅配サービスは必要ないと思ってしまうかも知れませんが、車で移動すると駐車場料金が発生してしまいます。

 

主要空港の近隣のパーキングで優待をうけることができますので、経費削減にも一役買ってくれますね!

エクスプレス予約で新幹線の出張もお得

アメックスビジネスグリーンでは、東海道・山陽新幹線のチケットをお得な会員価格で予約することができる「エクスプレス予約」を利用することができます。

 

エクスプレス予約では、365日お得な会員料金で予約できるチケットレスサービスとなっており、専用のEXカードでチケットレスでスマートに改札を通過することが可能です。

 

事前の予約でさらに新幹線がお得になる「早得」も利用できますので、新幹線での出張の多い法人には必須のサービスです。

 

サービスの利用には税別1,000円の年会費が必要ですが、年間1回でも新幹線を利用する方なら、余裕で元を取ることができますよ。

 

人気の舞台・コンサートもオンライン予約

アメックスビジネスグリーンでは、大手チケットサービス「イープラス」と提携した「チケット・アクセス」を利用することができます。

 

チケット・アクセスでは、人気のコンサートや舞台・ミュージカルなどのチケットをオンラインで予約・購入することができますよ。

 

チケット入手難易度が高いことで知られる宝塚歌劇のカード枠も確保されており、通常では取得しにくいチケットの当選確率をアップさせることが可能です。

 

宝塚の貸切公演のチケットをどうしても手に入れたい方はこちらもどうぞ!

 

ホテル・ダイニングでの優待が満載

アメックスビジネスグリーンでは、アメックスの優待をまとめたウェブサイト「アメリカン・エキスプレス・コネクト」を利用することができます。

 

アメリカン・エキスプレス・コネクトでは、

 

  • ホテル
  • トラベル
  • ダイニング
  • オンラインショッピング

 

など、さまざまなカテゴリーでの特典をうけることが可能です。

 

スイートルームの50%オフプランやダイニングでの20%オフなど、ワンランク上の優待でお得にカードを利用することができます。

 

社員の福利厚生や接待での会食の際にも、お得な優待を活用することが可能です!

 

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードとの差・特典の違い

アメックスビジネスグリーンの上位カードとして発行されているのが、「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード(以下アメックスビジネスゴールド)」です。

 

 

アメックスビジネスゴールドの年会費は税別31,000円となっていますが、

 

  • 航空便遅延保険
  • 帝国ホテルのビジネスラウンジ
  • 東京駅からの手荷物無料宅配サービス
  • ダイニング予約でのコンシェルジュサービス

 

など、アメックスビジネスグリーンには無い、上質な特典が豊富に付加されています。

 

アメックスでは、グリーンとゴールドで審査基準に差はありませんので、設立1か月目の法人や個人事業主でもビジネスゴールドを取得することが可能です。

 

審査基準で諦めてしまうことなく、自分が欲しいカードを選択できるというのは大きなメリットですね!

 

アメリカンエキスプレス・ビジネスゴールドカードの申込みはこちら

 

憧れのアメックスのビジネスカードを設立1か月目から持ってみませんか?

アメックスビジネスグリーンは、アメックスの象徴ともいえる百人隊長がデザインされた、世界で1番有名なデザインのビジネスカードです。

 

  • 新設法人・個人事業主でも作りやすい
  • オンライン入会で初年度年会費無料
  • 空港ラウンジ・空港サービスが充実で出張にも最適

 

新設法人や独立したての個人事業主の方でも審査通過の可能性が高く、オンライン入会では1年間無料でカードを試すことができます。

 

ステータスが高い法人カードはどれ?ランクも特典も高いビジネスカード比較」で解説しているようなステータス性も、アメックスのプロパー法人カードなら申し分ないでしょう。

 

グリーンかゴールドで迷っている方は、「アメックスビジネスグリーンとビジネスゴールド比較!特典の差は?」も参考にしてみてくださいね!

 

憧れていたアメックスを、今すぐ活用してみてはいかがでしょうか!

 

アメリカンエキスプレス・ビジネスカードの申込みはこちら

 

基本情報

申し込み資格20歳以上の個人事業主もしくは法人の代表者
発行期間通常1ヶ月程度
入会金無料
年会費(本人)初年度12,000円+税
2年目以降12,000円+税
年会費(家族)初年度6,000円+税
2年目以降6,000円+税
解約金-
締日入会時に通知
支払日入会時に通知
支払い方法 1回払い、その他
旅行傷害補償海外最高5,000万円(家族:1,000万円)
国内最高5,000万円(家族:1,000万円)
ショッピング保険年間500万円(免責1事故10,000円)
紛失・盗難保証
ETCカード年会費500円+税
備考
空港サービス空港ラウンジ
プライオリティパス-
発行会社アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド