Monthly Archives: 5月 2015

イオンカード セレクト(WAON一体型)

Pocket

 

ただでさえ安いイオングループでのお買い物をさらに安く出来るイオンカード!

 

イオンカードセレクト保有ならイオン銀行の普通預金金利が0.12%、メガバンクの120倍!

 

入会キャンペーン

入会+利用で最大6000円分のポイントプレゼント!

 

【イオンでのショッピングにおすすめ、イオンカードセレクトとは】

イオンのクレジットカードは、非常にたくさんの種類があり、その種類によって多様な特典があります。また、電子マネー「WAON」とも連動しており、イオンでのショッピングやWAONを利用したショッピングを行う方にはおすすめのカードとなっています。

 

 

その中でも、イオンカードセレクトは、最もおすすめできるカードとなっています。イオンカードセレクトを活用することで、最大17%程度もの割引を受けることもできます。

【イオンカードセレクトの特徴】

waon-shop-6

 

イオンカードセレクトは、イオン銀行のキャッシュカードと、クレジットカード、WAONが1枚にまとめられた三位一体のカードとなっています。そのため、これまで財布の中を圧迫していたカードをすっきり、減らすことができます。

 

 

イオンカードセレクトは、カードの年会費だけでなく、ETCカード、家族カードの年会費がすべて永年無料となっています。

 

 

ポイントプログラムは「ときめきポイント」、ときめきポイントとは、お買い物によって付与されるポイントで、たまったポイントで商品やWAONに交換することができます。イオン、ダイエー、マックスバリュなどの対象店舗では200円あたり2ポイント、通常の加盟店では200円あたり1ポイントが付与され、1,000ポイント以上、500ポイント単位でWAONに交換することができます。つまり、還元率0.5%~1%となります。

●WAONポイント

スクリーンショット-2016-06-05-11.51.13-550x292

 

ときめきポイントよりもおすすめなのが、WAONポイントです。

 

イオンカードセレクトの場合、WAONオートチャージを行うと、200円ごとに1WAONポイントが付与されます。また、WAON利用時にも200円ごとに1WAON付与されるため、合計200円ごとに2WAONポイント付与されることになり、還元率1%となります。これは、他のイオンカードにはない、イオンカードセレクトのみの利点となっています。

 

 

さらに、イオンカードセレクトの場合は、各種公共料金の支払いをイオン銀行の口座振替にすることで、公共料金1件につき5WAONポイント、イオン銀行を給与振込口座にすることで毎月10WAONポイント付与されます。

【ポイントの使える先・交換先】

◆WAONポイントへ交換

WAONポイントはイオングループ・加盟店でのお買い物時に使えます。

ときめきポイント1000P以上、500ポイント単位で交換可能。

◆JALマイル

1000ポイント⇔500マイル

◆docomoポイント

1000ポイント⇔1000ポイント

◆JCBギフトカード

1250ポイント⇔JCBギフトカード1000円

◆ユニバーサル・スタジオジャパン・スタジオパス

6000ポイントで一枚

その他様々な商品と交換出来ます。

 

【マイルとの交換率】

◦JALマイル

2ポイント(400円)⇔1マイル

1000ポイント以上500ポイント単位

移行手数料無料

【イオンカードセレクトの付帯サービス】

イオンカードセレクトでは、ポイントプログラムのほかにもクレジットカードに関する保険の付帯サービスが用意されています。

●ショッピングセーフティ保険

イオンカードセレクトでは、クレジット決済により購入した1品5,000円以上の商品が偶然による事故(破損事故、火災事故、盗難事故)で購入日から180日以内に被害を受けた場合、最高50万円までの補償を受けることができます。

※一部保証対象外の商品があること、WAONでの支払いは対象外になることに注意する必要があります。

●クレジットカード盗難保障

イオンカードセレクトでは、紛失・盗難によりクレジットカードが不正使用されても、損害額が補填されます。

●ETCカード付帯 ETCゲート車両損傷お見舞金制度

ETCゲートで開閉バーに衝突し、車両を損傷された事故に対し、年1回、一律5万円分の見舞金が支給されます。

【優待特典】

イオンカードはカラオケの割引が充実してます。

シダックス

一部店舗で10%~30%割引になります。フリータイム、飲み放題は5~10%割引になるか、ドリンク人数分サービス。

 

ビッグエコー

イオンカード提示でビッグエコー会員は28~30%割引になります。

非会員、飲み放題付きのコースは10%割引。

 

JOYサウンド

一部の店舗で30%off、フリータイム、パーティーコースは10%offとなります。

その他、ホテルやレンタカーの割引もあります。

 

東急イン

宿泊料金が10%割引

 

ニッポンレンタカー

基本料金より5%程度割引

【イオンカードセレクトの申込資格・審査基準】

イオンカードセレクトの申し込み資格は、「高校生を除く18歳以上で、電話連絡(携帯電話を除く)のとれる方」とされています。ゴールドカード等と違い、別段特別な条件はありません。

 

 

申し込み方法は、通常の手書きで郵送する申し込みのほか、webからの申し込みも可能です。イオンカードセレクトは、銀行のキャッシュカードも兼ねているため、他のクレジットカードと比較すると記載項目が多くあります。そのため、web申し込みの方が多少の手間は省くことができます。

 

 

審査基準はとりわけ厳しくはないかと思います。と、いうのも、ターゲットが主婦層ですので、キャッシングの未納等がなければ大丈夫ではないかと思います。また、在籍確認の電話は、無かったという方が多いようでした。

【イオンカードセレクトのメリット】

イオンカードセレクトは、年会費無料やポイント有利なポイント制度だけではない、様々なメリットが用意されています。

●イオン銀行普通預金の金利上乗せ 

aeoncard-select-012-banner

 

イオンカードセレクトの場合、イオン銀行の普通預金金利が店頭表示金利より上乗せされます。

 

2016年より日銀によるマイナス金利施策によって、大手メガバンクの銀行預金金利が0.001%になってしまいました。メガバンクの金利と比較すると、イオン銀行の普通預金金利は0.12%となり約120倍もの高さとなっています!

※2016年2月時点でイオン銀行普通預金金利年0.12%(点燈表示金利より0.1%上乗せ)

●ときめきポイント

イオングループの対象店舗で、ときめきポイントがいつでも2倍  全国のイオン、イオンモール、ダイエー、マックスバリュなどの対象店舗でお買い物をすると、200円ごとにときめきポイントが2ポイント付与されます。

※対象店舗以外の加盟店では、200円ごとに1ポイント

●WAONポイント

WAONのオートチャージでWAONポイント付与  WAONのオートチャージ200円ごとに1WAONポイント付与されます。

※WAONを利用してお買い物すると200円ごとに1WAONポイントが付与されるため、このサービスと併用すると、200円ごとに2WAONポイントが付与されます。

 

各種公共料金をお支払いでWAONポイント付与  各種公共料金をお支払うと、1件につき5WAONポイント付与されます。

 

イオン銀行を給与振込口座にしてWAONポイント付与  イオン銀行を給与振込口座に指定すると、毎月10WAONポイント付与されます。

●最も大きいメリット 5%割引

img_kansyaday

 

毎月20日、30日(55歳以上なら15日も)の5%OFFは、非常に大きなメリットではないでしょうか。例えば食料品のまとめ買いや衣料品等で1か月間に2万円の買い物をした場合、1,000円の割引を受けることができます。毎月1,000円ということは、1年間で12,000円になります。年会費無料のカードですから、この12,000円はそのまま得したことになります。

 

 

ご両親やご兄弟と一緒にお買い物に行けば、イオンカードセレクトで立て替えて支払うことで、みんなの支払いが5%OFFになるので、感謝されること間違いなし!?

●映画好きにもってこい 映画料金割引

イオンシネマの映画料金は、通常1,800円です。これが、イオンカードセレクトを利用することで、本人と同伴者が300円ずつ割り引かれます。合計600円の割引となります。一人だけ割り引かれるのであれば使いづらいサービスだと思いますが、同伴者の分も割り引かれるので、堂々と使うことができます。さらに、使うことで感謝されるでしょう。

●ディズニーデザイン

disney

 

イオンカードセレクトは、通常のカードの他にも、ディズニーデザインが用意されています。どうしてもディズニーがデザインされているカードがいいという方がいらっしゃれば、これもメリットになるかもしれません。

 

ただし、ディズニーデザインはJCBのみとなります。

【イオンカードセレクトのデメリット】

年会費無料のイオンカードセレクトですが、デメリットを感じてしまう点もあります。

●ときめきポイントの還元率の低さ

ときめきポイントの還元率は、0.5%~1%とあまり高くはありません。毎月5日、15日、25日はリボ払い200円ごとにときめきポイント5倍という特典もあるにはありますが、リボ払いの手数料を考えると、まったく有利な特典ではありませんので、ご利用時には十分注意してください。

 

 

ほかにポイント還元率の高いカードを持っている場合、20日、30日を除いて(ポイント還元では5%割引に勝てるものは少ないでしょう)ポイント還元率の高いカードを利用される方が得になる場合があります。

●カードの引き落とし口座先が増える

これが1番のデメリットになる人も多いのではないでしょうか。イオンカードセレクトの引き落としカードは、イオン銀行に限定されます。つまり、すでに口座を持っている人は問題ありませんが、持っていない人はイオンカードセレクトを作る際に、同時にイオン銀行の口座を作成し、そこを引き落とし口座にしなければなりません。

 

 

イオンカードセレクトがイオン銀行のキャッシュカードと併用となるため、カードの枚数に変わりはありませんが、引き落とし口座を一つにまとめている方は、このカードを作成することで、複数の口座を管理しなければならなくなります。

 

 

ただ、普通預金金利が大手メガバンクの120倍となるので、その点を重要視すれば大きなデメリットにはなりませんね。

●カード発行期間が長い

イオンカードセレクトは、申し込みから発行まで1週間から3週間かかります。余裕をもって申し込んでいる場合は問題ありませんが、例えば5%OFFを見越して20日に申し込みをしたのに30日に間に合わなかった、といったことも考えられます。十分余裕をもって申し込みを行う必要があります。

●WAONがメインとなる

ときめきポイントの還元率の低さから、WAONをメインで使っている場合、WAONが使えない店舗では、イオンカードセレクトを使うメリットはほとんどないといえるでしょう。

【まとめ・こんな方におすすめ】

「おすすめする方」

頻繁にイオンでお買い物をする方
使える場所では常にWAONを使っている方
近くにイオンシネマがあり、よく映画を見る方

イオンカードセレクトは、ポイント還元率からみて、イオンを頻繁に利用している方、WAONを主体に利用している方におすすめできるカードです。

 

 

一番のポイントは、20日、30日の5%OFFに尽きるでしょう。年会費無料で5%OFFの割引を受けられるのであれば、このためだけに持っておくのも悪くないと思います。さらに、条件は伏せられていますが、イオンカードセレクトを頻繁に利用することで、年会費無料のイオンゴールドカードの招待を受けられる可能性もあります。

 

 

そのため、イオンで頻繁にお買い物をする方、特に現在通常のイオンカードを利用されている方には、特におすすめのカードとなります。

 

 

 

Pocket

PARCOカード

Pocket

 

PARCO利用時、1年間ずっと5%OFF+年間10万円以上の利用で翌年度も5%OFF

 

入会キャンペーン

入会でもれなくPARCOで利用できる500円分の優待券をプレゼント!

 

【PARCOカードとは】

全国に展開するファッションビル「PARCO」が展開するクレジットカードが「PARCOカード」です。

 

 

幅広い年代層に人気のPARCOでのお買い物がずっと5%引きの優待価格で利用できることでも人気のPARCOカード。

PARCOカードの発行はクレディセゾンが行っており、PARCOでの割引優待だけではなく、無期限ポイントの「永久不滅ポイント」が貯まるのも嬉しいところです。

 

 

また、PARCOカードだけの会員限定の優待特典も多数用意されており、若年層を中心に人気を集めているクレジットカードなのです。

 

 

ここでは、そんなPARCOカードのメリット・デメリットを詳しくご紹介していきましょう!

【PARCOカードの特徴】

parco1

 

PARCOカードは年会費・入会金ともに無料で、ランニングコストのかからないクレジットカードです。

ETCカードも新規カード発行時に無料で同時申し込みをすることが出来ますので、車をお持ちの方はとりあえずETCカードを一緒に申し込みをしておくと良いかも知れませんね。

 

 

PARCOカードの国際ブランドは、VISA・MASTER・JCB・アメリカン・エキスプレスの主要4つの国際ブランドから選ぶことが出来ます。

●PARCOカードの還元率

PARCOカードの利用で貯めることが出来るポイントは、有効期限無期限で人気を集めるクレディセゾンの「永久不滅ポイント」です。

 

 

永久不滅ポイントは豊富な商品への交換の他、キャッシュバックや電子マネー・使い勝手の良い他のポイントへの交換も可能です。

ポイントの付与タイミングは毎月のカード請求の際で、1000円の利用につき永久不滅ポイントが1ポイント付与されます。

 

 

交換先にもよりますが、1ポイント当たり約5円の価値となりますので、通常還元率は0.5%と言うことになりますね。

【PARCOカードの審査・利用限度額】

最短即日でのカード発行が可能なのもPARCOカードの大きな魅力のひとつです。

 

 

PARCOカードの審査に関してはクレディセゾンの審査となり「CIC」「JICC」と言った個人信用情報機関を照会されます。

クレディセゾンは流通系のクレジットカードではありますが、消費者金融系の信用情報を扱うJICCも審査に影響してきます。

 

 

クレジットカードを作ったことがなくても、消費者金融などで多数の会社に借り入れがある方などは注意が必要になってくるでしょう。

 

 

ただ、スピード審査を売りにしているPARCOカードは独自のスコアリングシステムによる審査に重点を置いていて、さらに、PARCO利用者の年齢層も若いです、よって、比較的審査が通りやすいクレジットカードとなっています。

●PARCOカードの利用限度額

PARCOカードの利用限度額は30万円~150万円。

また、海外旅行や結婚式など、一時的に限度額を増やしたい場合はインフォメーションセンターへの与信で可能になる場合があります。

【PARCOカードの付帯サービス】

●Super Value Plus

PARCOカードには、残念ながら標準で付帯する付帯保険などは用意されておりません。

しかし、クレディセゾンのクレジットカードには、自分が必要な補償だけをセレクトすることが出来る「Super Value Plus」が適用されます。

 

 

ニーズに合わせた保険を月々300円からの少額で付帯させることが出来る便利なサービスで、自分に必要な補償だけをミニマムで利用できるのは嬉しいポイントですね。

●JCBを選択した際に付帯される付帯サービス

PARCOカードは4つの国際ブランドからクレジットカードのブランドを選ぶことが出来ますが、特にJCBブランドを選ぶと付帯サービスが充実します。

ここでは、JCBブランドを選択した場合の付帯サービスについてご紹介していきましょう。

 

 

ショッピング保険

PARCOカードの国際ブランドをJCBに選択した場合にのみ、年間最高50万円までのショッピング保険が付帯します。

 

対象となるお買い物は、海外のJCB加盟でのPARCOカードの利用で、購入日から90日間までの商品の破損や盗難を補償してもらえます。

【その他の特典・特徴】

・「永久不滅.com」を経由してお買物すると、永久不滅ポイントが最大20倍!

・パルコのオンラインショッピングモール「PARCO-CITY」 で年間100日5%OFF

・書籍、CD、レストランなどPARCO内にあるショップも5%OFF

・パルコ劇場・指定ホテル・映画館等、〈PARCOカード〉会員だけのご優待特典あり

・セゾンONLINEキャッシング:ネット上から24時間申込受付、カードご利用代金決済口座に最短数十秒でお振り込み

・即日発行対象:ネット入会申込の上、PARCO・セゾンカウンターでの受け取りを指定すると、最短で即日発行となります。郵送受取の場合は最短3営業日発行となります。

・海外アシスタンスデスク:海外旅行の出発前は東京デスクが、出発後は海外50都市の現地デスクが日本語で旅のお手伝い。

・セゾンiD/セゾンQUICPay/ETCカードの発行可能:発行手数料・年会費とも無料

【PARCOカードのメリット】

PARCOカードのメリットとしては、やはりPARCOでのお買い物が5%引きになると言う優待割引が一番の大きなメリットでしょう。

 

 

しかし、5%割引が有効なのは初年度のみで、2年目以降は優待月のみが5%引きの対象となり、その他の月は5%の割引が適用されません。

●PARCOカードクラスS

img_lineup_160701

 

PARCOカードクラスSは、2年目以降もPARCOカード最大のメリット「5%割引」を継続して受けることが出来る優待サービスです。

 

 

PARCOカードクラスSとは、年間のPARCOカードの利用が10万円以上のユーザーに適用される優待。

通常、2年目以降は年に数回の優待月のみの適用となってしまうPARCOでの5%の割引を、2年目も年間を通して割引優待を受けることが出来る特典があります。

 

 

1年間PARCOでのご利用に対して5%の割引が適用されるだけではなく、年に数回の優待月にPARCOでカードを利用すると10%の割引優待を受けることも可能です。

 

 

PARCOカードの最大のメリットである、PARCOでの5%割引を2年目以降もずっと受けることが出来るPARCOカードクラスS。

毎年、10万円以上PARCOカードを利用するユーザーであれば、継続して割引特典を受けることが出来るのですね。

【PARCOカードのデメリット】

年会費無料でPARCOでのお買い物での優待値引きを受けられるなど、メリットの多いPARCOカード。

それでは、PARCOカードのデメリットと言える部分はどのようなところになってくるのでしょうか?

●付帯保険がつかないのが残念

PARCOカードには、旅行障害保険などの付帯保険などの付帯サービスは基本的にはありません。

JCBブランドを選べばショッピング保険のみ付帯するものの、対象となるのは海外でのPARCOカード利用時の購入商品のみと、限定されてしまいます。

 

 

また、クレディセゾンのセレクト保険で月額300円から必要な保険をセレクトすることは出来ますが、月額300円となると年間でのコストは3600円。

それなら、年会費2000円クラスで付帯保険が充実したクレジットカードを別に持っておいた方が、よりランニングコスト的には優れていると言えるかも知れませんね。

●永久不滅ポイントの還元率が寂しい

PARCOカードで貯めることが出来るのは、人気の永久不滅ポイントです。

しかし、PARCOカードでの通常還元率葉0.5%と、決して高い水準では無いのが寂しいところですね。

 

 

PARCOでの優待割引5%でのメリットを感じられず、ただポイントを貯めるクレジットカードと捉えると、還元率の面でPARCOカードにはデメリットがあると言わざるを得ないでしょう。

【PARCOカードのお得な使い方】

PARCOカードのお得な使い方として、オススメをしたいのが「西友」「LIVIN」でのPARCOカードの利用です。

PARCOでの利用で5%の優待割引を受けることが出来るPARCOカードですが、毎月5日・20日は西友・LIVINの利用でも5%の優待割引を受けることが可能です。

 

 

近所に西友やLIVINがあり、利用される機会があると言う方は、優待割引を受けることが出来る5日と20日に照準を絞ってまとめ買いをするのがお得な使い方です。

水やお米など、まとめて買うと大きな金額になりますので、5%の割引の恩恵もより多く受けることが出来るのですね。

 

 

入会金・年会費無料のPARCOカードは、PARCOを利用する機会が少なくても西友やLIVINでの割引券代わりに持っておいても損はないカードなのです。

【まとめ・こんな方におすすめ】

人気のファッションビル・PARCOが提供するPARCOカード、オススメが出来る方と言うのはどう言った方になってくるのでしょうか?

●PARCOカードはこんな方におすすめ

PARCOを頻繁に利用される方
西友・LIVINを利用される方
年会費無料のクレジットカードを気軽に持ちたい方

 

PARCOの提供するPARCOカードの特典を最も享受することが出来るのは、当然ですがPARCOでの利用です。

 

 

特に一番のメリットとなるのはPARCOでの5%の割引優待。

年間10万円以上の利用がある方であれば、2年目以降も継続して5%の割引優待を受けることが出来るPARCOカードクラスSにも適用されます。

 

 

また、PARCOカードで割引優待を受けることが出来るのはPARCOでの利用だけではなく、西友やLIVINでの利用も対象となります。

対象となるのは、毎月5日と20日の月2回のみではありますが、生活必需品の購入に対して5%の割引と言うのは嬉しいポイントです。

 

 

入会費・年会費ともに無料のPARCOカードはランニングコストもかかりませんので、PARCO・西友を利用する機会のある方は作っておいても良いかも知れませんね!

 

 

Pocket