Monthly Archives: 8月 2014

三井住友VISAクラシックカード

Pocket

Pocket!function(d,i){if(!d.getElementById(i)){var j=d.createElement(“script”);j.id=i;j.src=”https://widgets.getpocket.com/v1/j/btn.js?v=1″;var w=d.getElementById(i);d.body.appendChild(j);}}(document,”pocket-btn-js”);


 

人のカードの銘柄が気になるって人、意外と多いです!!

クレカを出す時に人目が気になるという方はこのカードなら気にならないんじゃないでしょうか!銀行系で見た目も信頼度も抜群です!

 

入会キャンペーン

今なら最大8000円分プレゼント!

 

 

【三井住友VISAカードとは】

三井住友VISAカードは、三井住友フィナンシャルグループが発行するクレジットカードで、一般的に銀行系クレジットカードと言われるクレジットカードとなります。

 

 

このカードは、その名前の通り、国際ブランドは「VISA」となりますが、「MasterCard」を追加することもできます。さらに、用途によって様々なカードのラインナップが用意されています。 

【三井住友VISAカードの特徴】

三井住友カード

 

 

三井住友VISAクラシックカードなど年会費は初年度年会費無料で、還元率は1000円につき1ポイントの0.5%となっており、ポイントは1ヵ月合計金額に対して付与されます。切り捨て対象になる金額は最大999円なので、ポイントの無駄が少なくて済みます。

 

 

三井住友VISAカードは、用途によって様々な種類のカードが容易されています。ここでは、それぞれのカードの特徴について説明します。

 

 

以下のカードのうち、三井住友VISAデビュープラスカード、三井住友VISAクラシックカード、三井住友VISAクラシックカードA、三井住友VISAアミティエカードには、それぞれ年会費がお得な学生向けのカードが用意されています。

三井住友VISAクラシックカード/クラシックカードA

三井住友VISAクラシックカード/クラシックカードAは、三井 VIASO(ビアソ)カード 住友VISAカードの種類の中で最もスタンダードなカードです。

 

 

年会費は、初年度無料で2年目からクラシックカードなら1,250円(税抜き)、クラシッ zasady クカードAなら1,500円(税抜き)となっています。クラシックカードの場合は、海外旅行傷害保険が利用条件付き付帯で最高2,000万円、クラシック Panel カードAの場合は、自動付帯で最高300万円、利用条件付き付帯で最高1,700万円が付帯しています。

三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカードは、初めてクレジットカードを作る方にお勧めのカードとされており、18歳から25歳までの人しか申し込むことができません。

 

 

年会費は初年度無料で2年目から1,250円(税抜き)となりますが、1回以上利用することで無料にすることができます。

 

三井住友VISAデビュープラスカードの一番の特徴は、ワールドポイントが、入会後3か月間はポイントが5倍、その後はポイントが2倍となるところです。そのため、このカードは、3か月間は還元率2.5%、その後は還元率1%と比較的高還元率のカードとなっています。

三井住友VISAアミティエカード

三井住友VISAアミティエカードは、女性向けのカードとされています。

 

 

年会費は、初年度無料で2年目からクラシックカードなら1,250円(税抜き)となっており、クラシックカードと同様の年会費で、クラシックカードAと同様の旅行傷害保険が付帯されているカードとなります。

エブリプラス

エブリプラスカードは、年会費が永年無料でポイントが常に3倍貯められる高還元率のカードとなっています。ただし、毎月の支払いはリボ払いのみとなっており、リボ払い手数料の請求がなければポイントを3倍貯めることができませんので、実際には還元率よりもリボ払い手数料の方が高いというケースが考えられますので注意が必要です。

三井住友VISAエグゼクティブカード

三井住友VISAエグゼクティブカードは、主に旅行や出張の多いビジネスパーソンに向けたカードと位置付けられています。年会費は、初年度無料で2年目から3,000円(税抜き)とやや高額になっています。

 

 

クラシックカードやクラシックカードAと比較し、旅行傷害保険が最高で4,000万円となっていることや、ご家族分も保険の補償対象になるなど、付帯する保険が充実していることが特徴となっています。

三井住友VISAバーチャルカード

三井住友VISAバーチャルカードは、インターネット決済専用に作られたカードとなっています。

 

 

年会費は、初年度無料で2年目から300円(税抜き)と非常に安くなっていますが、通常の三井住友VISAカードのサービスを受けることはできず、利用できるのはインターネット決済に限られています。さらに、利用限度額は、最高でも10万円となっています。

【ポイントの使える先・交換先】

◆ANAマイル  21 1ポイント⇔3マイル

◆T-ポイント  wholesale jerseys 1ポイント⇔4.5ポイント(4.5円相当)(0.45%)

◆楽天スーパーポイント  三井住友VISAデビュープラス 1ポイント⇔5ポイント(5円相当)(0.5%)

◆ヨドバシカメラ  cheap nba jerseys 1ポイント⇔5ポイント(5円相当)(0.5%)

◆ビックカメラ  wholesale nfl jerseys 1ポイント⇔5ポイント(5円相当)(0.5%)

◆auポイント・docomoポイント  Why 1ポイント⇔5ポイント(5円相当)(0.5%)

その他、商品券、景品  ?i 1100Pで5000円のVISAギフトカードと交換出来ます。(0.45%)

【三井住友VISAカードの付帯サービス】

三井住友VISAカードは、カードの種類によって、付帯するサービスが異なります。付帯するサービスごとに、どのような違いがあるか、見てみましょう。

ショッピング補償

すべての種類のカードで、購入日および購入日の翌日から90日間のショッピング補償が付帯しています。このショッピング補償の最高額は100万円となっています。

旅行傷害保険

旅行傷害保険は、三井住友VISAクラシックカード、三井住友VISAクラシックカードA、三井住友VISAアミティエカード、三井住友VISAエグゼクティブカードにのみ付帯しています(学生向け含む)。三井住友VISAデビュープラスカード、エブリプラス、三井住友VISAバーチャルカードには付帯されていません。

 

 

付帯されている旅行傷害保険で最も手厚いのは、三井住友VISAエグゼクティブカードで最高4,000万円となっています。次に三井住友VISAクラシックカードA、三井住友VISAアミティエカードが同額で最高2,500万円、最後は三井住友VISAクラシックカードで、最高2,000万円となっています。

【三井住友VISAカードの申込資格・審査・発行スピード】

三井住友VISAカードは、銀行系クレジットカードに属しており、一般的に審査は厳しいと言われています。しかし、三井住友VISAデビュープラスカードについては、三井住友フィナンシャルグループの方針として、将来の有望顧客を獲得するため、積極的にカードを発行しているため、他のカードと比較すると、まだ審査は通りやすいといわれています。

申込資格

三井住友VISAカードの申込資格は、「高校生を除く18歳以上」となっています。また、学生の方は、在学中の年会費が無料となる「学生カード」が用意されているため、学生でも申し込むことはできます。

 

 

なお、三井住友VISAデビュープラスカードには、申込資格に18歳から25歳までの年齢条件が、三井住友VISAアミティエカードには、申込資格に女性という性別の条件がそれぞれ追加されます。

 

三井住友VISAエグゼクティブカードだけは他の条件とは異なり、「満20歳以上の安定した収入のある方」とされています。

審査ポイント

三井住友VISAカードは、「JICC(日本信用情報機構)」、「CIC(指定信用情報機関)」に加盟しています。いくら審査に厳しいといっても、これらの信用情報機関のクレジットヒストリーが良好であれば、発行される可能性は高くなります。逆にこれらの信用情報機関に返済遅延等の事故歴が記録されていた場合は、取得は難しくなるでしょう。

発行スピード

三井住友VISAカードは、最短で申し込んだ3営業日で審査結果が連絡されます。その後、クレジットカードが自宅に郵送されるため、申込から最短1週間程度でカードが手元に届くとされていますが、遅ければ、2~3週間かかることもあるようです。

【三井住友VISAカードのメリット】

三井住友VISAカードは、銀行系クレジットカードですので、審査が厳しいカードとなっていますが、その分のメリットも充実しています。

三井住友VISAカードで受けられる優待特典!

usj_ogp

 

三井住友VISAカードは、ユニバーサルスタジオジャパン(USJ)のオフィシャルカードとなっています。そのため、スタジオ・パスが約10%割引で購入することができます。

 

p_0000929

 

また、チケットの入手が困難である「宝塚」ですが、三井住友VISAカードは、冠協賛しており、三井住友VISAカード会員が優先的にチケットを取れる公演が、年に数回実施されます。その公演を狙えば、宝塚のチケットが非常に入手しやすくなります。

 

 

ほかにも、多くのスポンサーとなっている三井住友VISAカードでは、チケットの先行販売や優先販売が数多く行われており、チケットを入手しやすくなっています。

ETCカードが無料で発行可能!

三井住友VISAカードは、ETCカードを発行手数料が無料で発行することができます。年会費は500円(税抜き)必要ですが、1回でも利用すれば、翌年は無料になるため、実質年会費も無料といえるでしょう。

【三井住友VISAカードのデメリット】

三井住友VISAカードのデメリットは、やはり還元率の低さでしょう。還元率が最も高いエブリプラスであっても、リボ払いで1.5%ですのでお得ではありません。

 

三井住友VISAデビュープラスカードを申し込める年齢であれば、常時ポイント2倍ですので、還元率は1%ですが、これでも他のクレジットカードと比較して還元率が高いとは言えません。

 

 

また、審査が厳しく、発行まで最短で1週間程度かかる点もデメリットといえるでしょう。銀行系クレジットカードですので仕方がない部分ですが、流通系クレジットカードであれば、即日発行が可能なカードもありますので、やはりデメリットといえると思います。

【三井住友VISAゴールドカードと比較】

img_card_01

 

三井住友VISAカードには、ゴールドカードである三井住友VISAゴールドカードも用意されています。三井住友VISAカードと三井住友VISAゴールドカードの違いについて確認しておきましょう。

ゴールドカードは年会費が高額!

付帯しているサービスが違いますので、年会費が大きく異なります。三井住友VISAゴールドカードの年会費は、初年度無料で2年目から10,000円(税抜き)となります(20代専用の三井住友VISAプライムゴールドカードの場合、2年目から5,000円(税抜き))。

旅行傷害保険、ショッピング補償が充実!

旅行傷害保険が最高5,000万円に増額されますので、最も補償が手厚かった三井住友VISAエグゼクティブカードよりも補償額が高いカードとなっています。

 

また、ショッピング補償についても、最高300万円に増額されていますので、こちらも安心して利用できるようになっています。

空港ラウンジも利用可能

三井住友VISAゴールドカードでは、国内主要空港でラウンジを利用することが可能です。例えば、成田空港のラウンジでは、ビールかウィスキーが1杯無料でもらうことができます。

【まとめ・こんな方におすすめ】

こんな方におすすめ

宝塚歌劇のチケットを優先的に入手したい方
ユニバーサルスタジオジャパンを頻繁に利用される方
上記2点から、関西在住もしくは、よく旅行される方
一定のステータスとしてカードを取得したい方

三井住友VISAカードは銀行系クレジットカードですので、審査がやや厳しいですが、その分会員サポートや優待特典が多数用意されています。

 

 

中でも、各種チケットの優先取得、特に年に数回開催される宝塚歌劇の冠協賛では、入手しづらい宝塚歌劇のチケットを優先的に入手できるため、宝塚歌劇のチケットを入手したい方にはぜひ取得していただきたいカードとなっています。

 

 

Pocket!function(d,i){if(!d.getElementById(i)){var j=d.createElement(“script”);j.id=i;j.src=”https://widgets.getpocket.com/v1/j/btn.js?v=1″;var w=d.getElementById(i);d.body.appendChild(j);}}(document,”pocket-btn-js”);


Pocket

三井住友VISAデビュープラス

Pocket

 

 

大学生や新社会人におすすめのクレジットカード!

 

入会後3ヶ月間はポイント5倍、還元率2.5%!

 

入会キャンペーン

最大7000円分プレゼント!

 

26

三井住友VISAデビュープラスとは

三井住友VISAデビュープラスは、銀行系クレジット会社大手の三井住友カードのプロパーカードとなる、若年層向けのクレジットカードです。

 

 

三井住友VISAデビュープラスを申し込み出来るのは、18歳~25歳までの方が限定となっており「デビュープラス」の名の通り、クレジットカードデビューの最初の一枚にももってこいのカードとなっています。

 

 

若い方でも持ちやすい、年会費実質無料と言うコストパフォーマンスに加え、インターネット世代には嬉しいネットショッピングでのメリットも多く、まさに若者向けのカード構成となっています。

 

 

18歳を過ぎ、クレジットカードの最初の一枚を探している方にはオススメのしやすいカードと言えるかも知れません。

三井住友VISAデビュープラスの特徴

41vvbIbRI6L

 

三井住友VISAデビュープラスの年会費は、初年度無料で2年目移行も年に1回以上の利用があれば無料となる、実質年会費無料で利用することが出来ます。

 

※年に1度もカードを利用されなかった場合は、1250円の年会費が必要となります。

 

 

ETCカードに関しても、初年度年会費無料で2年目移行は500円と設定されていますが、こちらも年間1度でも利用があれば無料になる、実質年会費無料です。

三井住友VISAデビュープラスの還元率

三井住友VISAデビュープラスは、三井住友カードが発行するプロパーカードです。ですので、利用に対して付与されるポイントも、三井住友カードの「ワールドプレゼント」になります。

 

 

ワールドプレゼントは、楽天スーパーポイントやTポイント・そしてマイルと言った各種のポイントに交換することが出来る便利なポイントプログラムで、1ポイントあたりの交換レートは約5円相当となっています。

 

 

この、ワールドプレゼントの付与率が三井住友VISAデビュープラスの大きなメリットのひとつともなっています。

 

 

他の三井住友カードのワールドプレゼントの還元率は0.5%のものが通常となっていますが、三井住友VISAデビュープラスの還元率は常時、2倍のワールドプレゼントが付与されます。

 

 

1000円の利用ごとにワールドプレゼントが2ポイント付与されますので、通常還元率1%となります。

 

 

また、ポイント付与のタイミングは自分の設定した支払日によって変わり、10日払いの場合は前月の25日前後・26日払いの場合は当月の10日前後に1ヶ月分の利用金額に応じたワールドプレゼントが付与されます。

 

 

ポイント付与のタイミングが月に1度なので、1000円未満の切り捨てられる端数も最小限で済むのは嬉しいメリットと言えるでしょう。

年間利用額に応じてポイントUP

三井住友VISAデビュープラスカードは、年間のショッピング利用金額に応じて、翌年度のポイント付与率がアップします。

 

 

前年度の年間利用額 ステージ ボーナスポイント ボーナス還元率 還元率合計
50万円以上 V1 50万円利用で+50P
以降10万円毎に10P
0.05% 1.05%
100万円以上 V2 50万円利用で+75P
以降10万円毎に+15P
0.075% 1.075%
300万円以上 V3 50万円利用で+150P
以降10万円毎に+30P
0.15% 1.15%

三井住友VISAデビュープラスの付帯サービス

年会費実質無料の三井住友VISAデビュープラスには旅行障害保険などの付帯保険はありませんが、カードのターゲット層となる若者には嬉しい保険が用意されています。

お買い物に安心の付帯保険

三井住友VISAデビュープラスには、お買い物の際に安心のショッピング保険が付帯しています。カードを利用して購入した商品が、万一破損や盗難などの損害を受けた際に、損害額を補償してもらえる保険となっています。

 

 

対象となるのは、三井住友VISAデビュープラスを利用して購入後90日までの商品事故で、年間最高100万円までの損害を補償してもらえます。

 

※免責金額として、1事故あたり3000円の自己負担が必要となります。

通学時に嬉しい、自転車保険

jitensyatop

 

三井住友VISAデビュープラスの申し込み対象となる18歳~25歳までの方ですと、自転車を利用して通勤・通学をされている方も多いのでは無いでしょうか?

 

 

三井住友VISAデビュープラスの自転車保険はライフ&スポーツ賠償付きとなっていますので、自転車を運転中はもちろんのこと、スポーツ中や日常生活において、他人や他人の持ち物に損害を与えた場合にも補償の対象となります。

 

 

補償は最高100万円までとなっていますので、高額になりやすい自転車事故の損害賠償の際にも安心の備えとなりますね。

三井住友VISAデビュープラスの審査基準・限度額

三井住友VISAデビュープラスの申し込み資格は高校生を除く18歳~25歳までの方となっており、それ以下の方でも以上の方でも申し込みの出来ない、若年者の為のカードとなっています。

 

 

クレジットカードデビューの為のカードと言うことで、審査基準はそれほど厳しくは無く、申込み資格を満たしていればほぼ問題なく審査に通ることは可能でしょう。

 

 

ただ、申し込み対象が若年者なだけに、他社クレジットやカードローンを複数利用している方は審査の通過が難しくなってしまうかも知れません。

 

 

25歳までの若いうちと言うのは、クレジットヒストリーも浅いもの。その若いうちから複数の会社から借り入れがあると、危険と判断されてしまい、審査落ちと言うこともあり得ます。

 

 

三井住友VISAデビュープラスの審査では「CIC」「JICC」と言った個人信用情報機関に自分の情報を照会されます。

 

 

他社で借り入れ・クレジットカードの利用をした場合には個人信用情報機関に記録されますので、複数借り入れがある場合には、ある程度クリーンにしてから申し込みをした方が無難でしょうね。

 

 

申し込みから審査は専用のウェブサイトによって行います。審査に通過した場合は最短3営業日でカードが発行され、約1週間程度で自宅にカードが郵送され、使える状態になります。

 

 

旅行の予定などがある場合には、カードを使いたいタイミングを逆算して申し込みをすると間違いがないでしょう。

 

 

 ※三井住友VISAデビュープラスの利用限度額は10万円~80万円の間で、カードの利用実績などによって増枠が可能です。

【三井住友VISAデビュープラスのメリット】

三井住友VISAデビュープラスには、実質年会費無料とは思えない豊富なメリットがあります。

入会後3ヶ月間はポイント5倍!

三井住友VISAデビュープラスには、入会特典でのお得なキャンペーンが充実しています。

 

 

三井住友1

 

 

入会キャンペーンとして、最大7000円相当のポイントをプレゼント。それだけではなく、通常2倍のポイントが入会後3ヶ月間は5倍となり還元率2.5%分のポイントが付与される入会特典がついています。

 

 

カードを発行して半年間は1000円の利用ごとにワールドプレゼントが2.5ポイント付与されますので、ザクザクポイントを貯めることが出来ますね。

 

三井住友2

26歳まで持っているだけでゴールドカードが手に入る

primegoldcard

 

25歳までの方しかつくることが出来ない三井住友VISAデビュープラス。

 

 

26歳を超えたら、今持っている三井住友VISAデビュープラスはどうなるの?と思ってしまった方もいるかも知れません。実はそれこそが三井住友VISAデビュープラスの最も大きなメリットであると言っても過言ではないのです。

 

 

三井住友VISAデビュープラスは、26歳を超えた最初の更新時に「三井住友プライムゴールドカード」への切り替えが可能です。年会費1500円と言う低コストでありながらゴールドクラスの付帯サービスを持つプライムゴールドに自動的に切り替えができるのは大きなメリットと言えるでしょう。

 

 

それだけではなく、プライムゴールドを保有して30歳を超えると「三井住友VISAゴールド」への切り替えも可能

 

 

つまり、三井住友VISAデビュープラスをもっておけば、将来ゴールドカードホルダーになれることを約束されるのです。

nanacoへのチャージでもポイント付与

money_nanaco

 

他社クレジットカードでは、電子マネーへのチャージではクレジットカードのポイントが付与されないものも多くなっています。

 

 

三井住友VISAデビュープラスではnanacoカードへのチャージでもポイント付与の対象となります。また、nanacoカードは税金の支払いにも使える電子マネーとして有名なカードでもあります。

 

 

nanacoへのチャージを三井住友VISAデビュープラスで行うことで、ポイント還元分お得に税金を支払うことが出来るのですね。

三井住友VISAデビュープラスのデメリット

ポイント還元率が通常の倍、さらにカードを持ち続けているだけでゴールドクラスのカードへランクアップと、メリット盛りだくさんの三井住友VISAデビュープラス。

 

 

一番のデメリットをあげるとすると、25歳までの人しか作ることが出来ないという年齢制限がデメリットと言えるでしょうか。

 

 

これだけのメリットを持っているカードですと、26歳以上の方でも作りたくなってしまいますよね。逆に言うと、25歳未満で申し込み資格のある方であれば、作っておくべきカードであることは言うまでもありません。

三井住友VISAデビュープラスのお得な使い方

ワールドプレゼントの還元率がいつでも通常の倍と、ポイント還元率に優遇がある三井住友VISAデビュープラスですが、もっとポイント還元率で得をするお得な使い方があります。

マイ・ペイすリボで還元率1.5%に!

三井住友カードには、自分のペースでリボ払いの金額を設定することが出来る「マイ・ペイすリボ」と言うサービスがあります。

 

 

三井住友VISAデビュープラスでも当然マイ・ペイすリボの設定は可能で、このリボ払いの設定がワールドプレゼントの還元率をアップさせるお得な使い方となるのです。

 

 

通常還元率1%のワールドプレゼントの付与ですが、マイ・ペイすリボを設定する事で1000円あたりワールドプレゼント3ポイントの付与、還元率は1.5%にアップするのです。

 

 

リボ払いに抵抗の無い方は、迷わず設定された方が良い使い方だと言えるのでは無いでしょうか。

 

 

このマイ・ペイすリボで還元率をアップさせるお得な使い方には、ふたつのちょっとしたコツがあります。

 

 

入会後半年は登録しなくても大丈夫

 

三井住友VISAデビュープラスは、入会後3ヶ月間は付与されるポイントが5倍になる入会特典があります。

 

 

1000円ごとに5ポイント付与で、2.5%の還元率と言うお得な入会キャンペーンですが、マイ・ペイすリボの特典との併用はできず、リボ払いを設定してもしなくても1000円ごとの付与ポイントは5ポイントと変わりはありません。

 

 

リボ払いの方が便利と言う方は登録しておいても構わないでしょうが、手数料が気になってしまう方は半年経ってからマイ・ペイすリボに登録をした方が、より賢い使い方であると言えるでしょう。

 

 

リボ払いの金額を設定して手数料を最小限に

 

還元率がアップしてもリボ払い手数料が気になる、と言う方は手数料を最小限に抑える使い方があります。マイ・ペイすリボではリボ払いの対象となる金額を設定することが出来ます。

 

 

例えば、毎月3万円強カードを利用されている方はリボ払いの金額を3万円以上に設定すれば、3万円を超えた部分だけがリボ払いの対象となるので手数料を最小限に抑えることが出来るのです。

 

具体的には、

 

・リボ払いの設定金額3万円の場合

・当月31000円利用

・30000円は一括で支払い、1000円のみがリボ払いとなる

 

こうした使い方をする事で、手数料を最小限に抑えながらワールドプレゼントの還元率をアップさせることが出来るのです。

まとめ・こんな方におすすめ

一言で言うと、三井住友VISAデビュープラスは25歳未満の方なら作っておくべきカードであると思います。

 

初めてクレジットカードを探してる方
大学生・新社会の方
将来ゴールドカードが欲しい方
nanacoを使っている方
ネットショッピングを頻繁に利用する方

 

などは、特にメリットを感じることが出来るカードと言って良いのではないでしょうか。

 

 

保有しておくだけで三井住友VISAゴールドへのランクアップが約束される三井住友VISAデビュープラス。

 

 

nanacoへのチャージでもポイントが付与されますので、普段使いのカードとしても非常に便利に利用することが出来るでしょう。また、三井住友VISAデビュープラスはインターネットショッピングでの利用でボーナスポイントが最大5倍以上つくこともあります。

 

 

若い方はネットショッピングでお買い物をする機会も多くなるかと思いますので、一枚持っておいてもいいのではないでしょうか。

 

 

三井住友VISAデビュープラスを使う上での良くあるQ&Aはコチラから見れます⇓

 

26

 

 

Pocket!function(d,i){if(!d.getElementById(i)){var j=d.createElement("script");j.id=i;j.src="https://widgets.getpocket.com/v1/j/btn.js?v=1";var w=d.getElementById(i);d.body.appendChild(j);}}(document,"pocket-btn-js");
 



wholesale mlb jerseys cheap jerseys free shipping

Pocket

三井住友VISAプライムゴールドカード

Pocket

 

20代におすすめ!初年度年会費無料
最高5,000万円の旅行保険
ドクターコール24で家族も安心

 

入会キャンペーン

最大8,000円分プレゼント!

 

621194

三井住友VISAプライムゴールドカードとは

三井住友VISAプライムゴールドカードは、三井住友VISAカードの1つで、20代専用のゴールドカードとなっています。

 

 

20代専用となっている分、年会費は抑えられており、WEB明細書とマイ・ペイすリボコースを選択することで、1,500円(税抜き)まで下げることができます。

三井住友VISAプライムゴールドカードの特徴

prime-gold-eyecatch-304x192

 

 

三井住友VISAプライムゴールドカードの特徴は、年会費が安く抑えられているにも関わらず、利用できるサービスは三井住友VISAゴールドカードとほとんど変わりがないという点が特徴となっています。

 

 

国際ブランドは、VISA・Masterから選ぶことができます。券面デザインは三井住友ゴールドカードと遜色ないデザインとなっています。

三井住友VISAプライムゴールドカードの年会費

三井住友VISAプライムゴールドカードの年会費は、初年度が無料で2年目から5,000円(税抜き)となっています。

 

 

この時点で、ほかのゴールドカードよりも安く設定されていますが、WEB明細書コースを選択すると4,000円(税抜き)に、マイ・ペイすリボコースを選択すると2,500円(税抜き)に、WEB明細書+マイ・ペイすリボコースを選択すると1,500円(税抜き)まで下げることができます。

 

 

しかし、マイ・ペイすリボコースを選択すると、必ず支払いがリボ払いになります。

 

 

リボ払いの手数料を考えると、年会費が高いままでいいと考える方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

ここで、裏技です。マイ・ペイすリボコースを選択しておき、「毎月の返済額を限度額に設定」しておけば、毎月、一括払いで全額支払うことができるので、余計な手数料がかかることはありません。

 

 

よって、「毎月の返済額を限度額に設定」するだけで、2年目以降も継続的に年会費1,500円(税抜き)で利用することができます。

家族カードとETCカード

三井住友VISAプライムゴールドカードでは、家族カードとETCカードを作成することができます。家族カードの年会費は、1人目は無料で2人目から1,000円(税抜き)となっています。

 

 

ETCカードの年会費は、初年度が無料で2年目から500円(税抜き)となっています。ETCカードの年会費は、1度でもETCを利用すれば無料となりますので、実質無料で持つことができます。

三井住友VISAプライムゴールドカードのポイント還元率

三井住友VISAプライムゴールドカードのポイントは、1,000円で1ポイント(5円相当)が付与されますので、ポイント還元率は0.5%となっています。また、マイ・ペイすリボコースを選択し、「リボ払い手数料」が発生した月に関しては、その月に利用したすべての利用代金のポイントが2倍となります。

 

 

この仕組みは、「リボ払い手数料」が1円でも発生しなければなりませんので、年会費の項目で紹介した裏技は使用することができません。少額でもリボ払いで支払う必要があります。なお、ポイントは、月額利用金額額に対して付与され切り捨て金額は最高でも999円、ポイントの有効期限は2年間となっています。

 

 

三井住友VISAプライムゴールドカードは、年間のショッピング利用金額に応じて、翌年度のポイント付与率がアップします。

 

  ステージ ボーナスポイント ボーナス還元率 還元率合計
50万円以上 V1 50万円利用で+100P
以降10万円毎に20P
0.10% 0.60%
100万円以上 V2 50万円利用で+150P
以降10万円毎に+30P
0.15% 0.65%
300万円以上 V3 50万円利用で+300P
以降10万円毎に+60P
0.30% 0.80%

 

300万円以上利用するとボーナス還元率を含め0.80%まで還元率を上げることができますね。

ポイントは何と交換するのがお得?

三井住友VISAプライムゴールドカードのポイントは、楽天スーパーポイントやau WALLETと交換することで還元率0.5%となりますが、Amazonギフト券や図書カードと交換すると、還元率が低くなってしまいます(Amazonギフト券の場合は0.33%、図書カードの場合は0.3%)。

 

 

ポイント還元率が0.5%受けられるポイントは、

 

・楽天スーパーポイント

・au WALLET

・iDバリュー

・WAON、ビックポイント

・ヨドバシカメラゴールドポイント

・ベルメゾン・ポイント

・Joshinポイント

・ルートインホテルズ宿泊優待券

・Gポイント

・VJAギフトカード

 

となっています。

三井住友VISAプライムゴールドカードの申込資格 ・限度額

三井住友VISAプライムゴールドカードの申し込み資格は「満20歳以上30歳未満で、ご本人に安定継続収入のある方」となっています。つまり、専業主婦や学生の方は申し込むことが難しいクレジットカードとなっています。

 

 

三井住友VISAプライムゴールドカードの限度額は、50万円~200万円となっており、返済方法は1回払い、2回払い、ボーナス一括払い、リボルビング払い、分割払いから選択することができます。

 

 

三井住友VISAプライムゴールドカードの審査は、最短で3営業日となっており、審査完了からカードが届くまで1週間~2週間程度かかります。

三井住友VISAプライムゴールドカードの付帯サービス

三井住友VISAプライムゴールドカードは、三井住友VISAゴールドカードと同等のサービスが付帯されています。

旅行傷害保険

sin220160717172521_tp_v

 

 

三井住友VISAプライムゴールドカードの旅行傷害保険は、自動付帯部分と利用付帯部分に分かれています。

 

 

海外旅行傷害保険の自動付帯の部分は、死亡・後遺障害の場合は最大1,000万円、最もよく使うことになる傷害治療費用、疾病治療費用はともに最大300万円と高額となっています。利用付帯になると、死亡・後遺障害の場合に最大4,000万円追加され、合計で最大5,000万円となります。

 

 

さらに、家族特約として、家族についても死亡・後遺障害の場合は最大1,000万円、傷害治療費用、疾病治療費用はともに最大200万円が付帯します。

 

 

国内旅行の場合、自動付帯の部分は、死亡・後遺障害の場合は最大1,000万円、入院費用の補償として1日5,000円、手術費用は最大20万円、通院費用は1日2,000円の補償が付帯します。利用付帯になると、死亡・後遺障害の場合に最大4,000万円追加され、こちらも、合計で最大5,000万円となります。

ショッピング保険

三井住友VISAプライムゴールドカードのショッピング保険も、三井住友VISAゴールドカードと同等に、3,000円の自己負担で年間300万円までの補償を受けることができます。

三井住友VISAプライムゴールドカードのメリット

三井住友VISAプライムゴールドカードには、ゴールドカードならではの、様々なメリットが用意されています。

空港ラウンジサービス

3337-lang-multi

 

 

三井住友VISAプライムゴールドカードでは、国内の28ヵ所の主要の空港のラウンジを無料で利用することができます。そのため、飛行機で移動する際に生じる空港での待ち時間を有意義に過ごすことができます。

 

国内主要空港ラウンジの場所・詳細はこちら

安心のドクターコール24

三井住友VISAプライムゴールドカードに付帯されているドクターコール24では、無料で24時間36日、医師や看護師に電話で相談を行うことができます。

 

 

もちろん、本人の地体調不良だけでなく、小さなお子様の具合が悪くなった時にでも利用することができますので、小さなお子様のいるご家庭では、特にご利用いただきたいサービスとなっています。

iDをアップル・ペイに登録可能

img_main_applepay

 

 

iPhone7から、日本の電子マネーの決済用インターフェースであるFelicaに対応しました。そのため、iPhone7を使用することで、これまでandroid端末でしか行えなかったオサイフケータイの機能が、iPhone7でも利用できるようになりました。この機能はApple Pay(アップルペイ)と呼ばれています。

 

 

三井住友VISAプライムゴールドカードをApple Payに登録することで、iDとして割り当てられ、全国のiD加盟店やインターネット通販などで利用することが可能となります。

30歳で三井住友VISAゴールドカードに更新

三井住友VISAプライムゴールドカードを所持したまま30歳になると、三井住友VISAゴールドカードに、自動的にランクアップされます。

 

 

三井住友VISAゴールドカードでは、利用枠が70万円~200万円、ポイントの有効期限が3年となります。

30歳になったら?!ゴールドカード更新プレゼント

三井住友VISAプライムゴールドカードでは、30歳を迎えると三井住友VISAゴールドカードに更新されます、更新後日、2つのお得なプレゼントがもらえます。

 

「プレミアムグルメクーポン」プレゼント

9d53e87865f969e9771327ffddd463b7_s

 

 

VISAが提携する全国80店舗以上の一流レストランの限定コースを2名分利用すると1名分が無料になるクーポンがもらえます。

 

 

コース料金はお店によって異なりますが、約10,000円~20,000円相当のコース料理が味わえます。2年目以降は、例え年会費が10,000円だとしても軽くペイできます。

 

 

「継続サンクスポイント」プレゼント

カードを更新する度に、カード利用額500,000円分にあたる、ワールドプレゼントのポイントを500ポイント(2500円分)プレゼント。

 

 

このポイント分で年会費4分の1相当の金額がカバーできるので嬉しいですね。

三井住友VISAプライムゴールドカードのデメリット

三井住友VISAプライムゴールドカードにもデメリットが存在します。

ポイント還元率が低い

三井住友VISAプライムゴールドカード は、ポイント還元率が0.5%と、他のクレジットカードに比べると低く設定されています。リボ払いを併用しても、ようやく1.0%の還元率ですので、ポイント還元率については、かなり低いと言えます。

電子マネーのチャージではポイントは付与されない

三井住友VISAプライムゴールドカードでは、Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA、nanaco、WAONにチャージすることができますが、いずれの電子マネーにおいてもポイントは付与されません。

三井住友VISAプライムゴールドカードはこんな方におすすめ

20代でゴールドカードを持ちたい方
ゴールドカードならではの付帯サービスをできるだけ安く利用したい方
海外旅行に行く際、自動付帯で保険をつけたい方

三井住友VISAプライムゴールドカードは、20代の若年者に限定されますが、通常の三井住友VISAゴールドカードとほぼ同等の機能を有しながらも、年会費が半額以下でもてる、非常に便利なゴールドカードとなっています。

 

 

20代の方が、三井住友VISAカードのゴールドカードを選択する場合はもちろん、他のゴールドカードと比較しても、メリットの高いゴールドカードとなっていますので、年齢の条件を満たしているのであれば、付帯保険やゴールドカードの付帯サービスを受けるために持っておくことをおすすめします。

 

 

また、三井住友VISAプライムゴールドカードでは、新規入会キャンペーンとして、最大8,000円分がプレゼントされます。

 

①新規入会&利用でもれなく1,000円のキャッシュバック

②バーチャルカード同時入会&利用で、さらに1,000円キャッシュバック

③家族カードの同時入会&利用で、さらに1,000円キャッシュバック

④マイ・ペイすリボ同時設定&利用で、さらに1,000円キャッシュバック

⑤三井住友カードiDの同時入会&「iD」利用で、さらに2,000円キャッシュバック

⑥三井住友カード iDの入会&キャンペーンエントリー後、利用することで、最大2,000円分「iDバリュー」をプレゼント

 

以上、6つのキャンペーンをすべて利用することで、最大8,000円のキャッシュバックを受けることができます。

 

②、③以外は比較的に簡単にクリアできる内容となっており、「マイ・ペイすリボ同時設定」しなくても最低でも6,000円分は獲得できるおすすめのキャンペーンです。

 

621194

 

Pocket

三井住友VISAゴールドカード

Pocket

 

初年度年会費無料!使い方次第で2年目以降の年会費が4320円に!?

 

USJ・宝塚ファンの方にもメリット満載の付帯サービス!

 

今なら最大8000円分プレゼント!

 

三井住友VISAゴールドカードとは

三井住友ゴールド

 

三井住友VISAゴールドカードは、三井住友カードが発行するプロパーゴールドカードです。非常にランニングコストに優れたカードでありながら、ゴールドクラスの充実したサービスを受けることが出来るカードとして注目を集めている一枚です。

 

 

また、銀行系のプロパークレジットカード、そしてゴールドクラスのカードと言うことで、ステイタス性にも優れたクレジットカードであると言えるでしょう。ポイントの還元率にも優れ、メインのクレジットカードとしても充分に持っておけるカード構成となっています。

 

 

コストパフォーマンスと充実したサービスが人気の三井住友VISAゴールドカードの魅力をご紹介していきましょう。

三井住友VISAゴールドカードの特徴

srv2.trafficgate-1

 

選ばれた大人のためのステイタスカードとも言える三井住友VISAゴールドカード。券面デザインもシンプルながらに高級感も感じさせてくれます。カードの発行は三井住友カードが行っており、カードの国際ブランドは当然のことながらVISAとなりますが、MasterCardもあります。

三井住友VISAゴールドカードの年会費

三井住友VISAゴールドカードの特徴として、利用の仕方によって年会費を安く抑えることが出来る点があります。

 

 

初年度の年会費は無料・2年目以降は年間10000円と、それだけでもゴールドクラスのカードとしては安い年会費が魅力的です。さらに三井住友VISAゴールドカードでは、無料のサービスを利用するだけで年会費を安く抑えることが可能です。

 

例えば、WEB明細書を年に6回以上利用すると10%引きの年会費9000円。三井住友VISAゴールドカードのリボ払いサービス「マイ・ペイすリボ」を利用すると50%引きの年会費5000円。WEB明細書とマイ・ペイすリボの双方を利用すると60%引きの年会費4000円でカードを維持することが可能なのです。

 

 

他にも年間利用額300万円以上+Web明細書の方も年会費を4000円まで下げることが出来ます!

 

年間4000円でゴールドクラスのカードを維持することが出来ると言うのは、大きなメリットであると言えるでしょう。

 

 

三井住友VISAゴールドカードの家族カード・ETCカードは?

三井住友VISAゴールドカードは家族カードを1枚目まで年会費無料で追加することが出来ます。また、2枚目以降の家族カードも年会費1000円で追加することが出来ますので、コストを抑えることが出来ますね。

 

 

ETCカードに関しては、初年度の年会費無料・2年目以降は500円となっています。ただし、2年目以降も年間1回でもETCカードの利用があれば年会費無料で利用することが出来ますので、実質ETC年会費は無料であると考えて良いでしょう。

三井住友VISAゴールドカードの還元率

三井住友VISAゴールドカードの利用で付与されるポイントは、使い勝手の良い様々なポイントへ交換することが出来る「ワールドプレゼント」です。

 

 

point_explanation

 

 

通常加盟店での三井住友VISAゴールドカードの利用、1000円ごとにワールドプレゼント1ポイントが付与されます。ワールドプレゼントは楽天スーパーポイントに交換の場合、1ポイントあたり5円相当の楽天スーパーポイントに移行することが出来ますので、通常還元率は0.5%となります。

 

 

wp_img

 

 

また、三井住友VISAゴールドカードは各種電子マネーへのチャージにも利用できますが、チャージ金額に対してポイントは付与されません。三井住友VISAゴールドカードで電子マネーを利用する際は、チャージ不要で使用することができる「iD」の使用をオススメします。

三井住友VISAゴールドカードの付帯サービス

三井住友VISAゴールドカードはゴールドクラスのカードにふさわしく付帯保険・付帯サービスも充実しています。クレジットカードに期待したい旅行傷害保険だけではなく、三井住友VISAゴールドカードだけの付帯サービスもありますので、大きなメリットとなるでしょう。

旅行傷害保険

三井住友VISAゴールドカードでは、国内・海外ともに自動付帯で最高1000万円・利用付帯で最高5000万円までを補償してもらえます。また、カード本会員のみではなく、会員の家族にも家族特約として最高1000万円までの補償が付帯するのが嬉しいポイントとなります。

ショッピング保険

三井住友VISAゴールドカードにはショッピング保険が付帯しており、国内外問わずカードを利用して購入した商品の万一の損害を補償してもらえます。年間300万円までの商品事故が対象となっており、商品の破損や盗難の際の損害額が補償されます。

ドクターコール24

三井住友VISAゴールドカードには、年中無休・24時間で医師や看護師・保健師に電話相談をすることができる「ドクターコール24」が付帯しています。夜間の急な子供の発熱や、健康に関する不安をいつでも専門家に相談することが出来ると言うのは嬉しい付帯サービスですよね。

三井住友VISAゴールドカードの審査基準・限度額

三井住友VISAゴールドカードは、銀行系のゴールドクラスのプロパーカードとなっており、そのアイデンティティから比較的審査基準は厳しくなっています。申し込み基準は30歳以上で安定した収入のある方となっており、20代の方や主婦の方では申し込みをすることが出来ません。

 

 

審査は三井住友カードによる審査になっており、申し込みは専用のウェブサイトの入力フォームによって行われます。ゴールドクラスのカードであることから比較的審査基準は厳しめですが、安定した収入があって他社クレジットなどの利用状況がクリーンであればほぼ問題なく審査には通過することが出来るでしょう。

 

 

例えば、31歳中小企業のサラリーマン、勤続年数3年以上、年収300万円以上のステータスの方なら十分審査に通る可能性は高いでしょう。

 

 

専用ウェブサイトから審査の申し込みをすると、当日~翌日には登録したメールアドレス宛に審査結果が通知されます。審査に通過すると、3営業日程度でカードの発行手続きが行われ、申し込みから約1週間で自宅にカードが郵送で届きます。

 

 

また、初回の限度額は50万~200万と個別により設定金額が異なっています。ただ、3ヶ月から半年間くらいコンスタントに利用し続ければ、実績に応じて限度額を上げることも可能です。

三井住友VISAゴールドカードのメリット

三井住友VISAゴールドカードには、クレジットカードにあったら嬉しい付帯保険・付帯サービスだけではなく、独自のメリットが数多く存在します。中でも、特にエンターテイメントに特化したメリットが用意されているのが特徴のひとつです。

充実したセキュリティ面

三井住友VISAゴールドカードの大きなメリットのひとつとして、優れたセキュリティサービスがあります。

 

 

三井住友VISAゴールドカードのカード券面の裏面には、任意でカード契約者の顔写真を掲載することが出来ます。カード券面に顔写真があることで、万一の紛失や盗難などの為に第3者にカードが渡ってしまった場合でも、不正使用がされにくいと言うメリットがあります。

 

 

顔写真の掲載に関しては任意となりますので、抵抗を感じる方は掲載の必要がないのも嬉しいポイントですよね。

 

 

また、それでもカードが不正に使用されてしまった場合にも安心の「VpassID安心サービス」が付帯するのも嬉しいメリットです。特にカードの不正利用が起きやすいインターネットショッピングでの不正利用の損害を補償してくれる付帯サービスで、不正使用による損害を補償してもらえます。

エンターテイメントも充実!

三井住友VISAゴールドカードはさまざまなエンターテイメント施設とも提携を結んでおり、カードの利用で優待特典を受けることが出来ます。

 

 

人気のユニバーサルスタジオ・ジャパンと協賛している三井住友VISAゴールドカードは、ユニバーサルスタジオ・ジャパンのオフィシャルカードとなっています。

 

 

c8ac6ded0aadac2ea0da32d774418103

 

 

三井住友VISAゴールドカードでは、ユニバーサルスタジオ・ジャパンの「1デイ・スタジオ・パス」を優待割引で購入できると言う特典があります。三井住友VISAゴールドカードでは、1デイ・スタジオ・パスを10%引きで購入することが出来ますので、大きなメリットとなりますよね。

 

 

また、会員向けのチケット購入サービスが充実している三井住友VISAゴールドカードでは、チケットを取りにくい公演などのチケットを入手しやすいと言う特典もあります。

 

 

page00162110

 

 

特にチケットが取りにくいことで有名な「宝塚歌劇」との提携が密なことも三井住友VISAゴールドカードの大きなメリットのひとつです。宝塚歌劇では三井住友カード会員限定の貸切公演を月に1~3回開催されており、チケットを入手しやすくなっています。

一流旅館・ホテル宿泊予約プランがお得に?

三井住友ゴールド1

 

 

三井住友VISAゴールドカードでは、ゴールドカード会員様限定で、会員制宿泊予約サービス「Relux(リラックス)」が提供している価格(最低価格を保証している価格)から、さらに3,000円を割引いたします。

 

 

普段では中々泊まる機会がない旅館やホテルの値段が少しでも安くなるのは嬉しいですね。

三井住友VISAゴールドカードのデメリット

ゴールドクラスのカードに相応しく、多くのメリットを持つ三井住友VISAゴールド。しかし、実はゴールドクラスのカードにあって当たり前のサービスにデメリットが隠されているのです。

ゴールドデスクが24時間対応ではない

三井住友VISAゴールドカードには、カードに関する問い合わせや各種申し込みをする為の「ゴールドデスク」が用意されています。しかし、このゴールドデスクが24時間対応でないのが、ゴールドクラスのカードとしては少々寂しいポイントとなりますよね。

海外の空港ラウンジが無料利用できない

三井住友VISAゴールドには、国内の主要空港のラウンジを無料で利用できるサービスが付帯しています。しかし、海外の空港ラウンジは無料サービスの対象となっていません。

 

 

ゴールドクラスのカードの多くが、海外の主要空港でのラウンジサービスも付帯しているのと比較すると、デメリットとなると考えても良いのではないでしょうか。

三井住友VISAゴールドカードのお得な使い方

三井住友VISAゴールドカードのポイントの通常還元率は0.5%と、クレジットカードとしては非常に一般的な還元率となっています。

 

 

お得な使い方としてワールドプレゼントはマイ・ペイすリボに登録することで、還元率を2倍にすることが出来ます。マイ・ペイすリボの利用でリボ払い手数料が1円でも発生すると、その月の利用金額がポイント2倍となり還元率も1%になります。

 

 

リボ払い手数料が発生してしまうと、ポイント還元率がアップしてもデメリットが多くなってしまうのでは?と感じてしまうかも知れません。

 

 

マイ・ペイすリボは自分の任意の金額にリボ払いの金額を設定できるサービス。このことから、マイ・ペイすリボを登録した後に支払い金額を「全額払い」に設定することでリボ払い手数料を毎月0円にできるのです。よって、「全額払い」に設定させすれば通常通り1回払いのクレジットカード同様に利用することができます。このように、「全額払い」設定をするだけで還元率を2倍にすることができるのです。

 

 

またマイ・ペイすリボに登録して「全額払い」に設定して1回以上利用するだけで翌年度の年会費も半額となるので、マイ・ペイすリボの登録はお得だらけなのです!

まとめ・こんな方におすすめ

大人のステイタスカードとしても持っておきたい、三井住友VISAゴールドカード。

 

30代、中間管理職以上の方
ゴールドカードを見直し・お探しの方
USJ・宝塚が好きな方
セキュリティ面が充実したカードをお探しの方

 

などが、特に三井住友VISAゴールドカードをオススメが出来る方となります。充実したゴールドクラスのサービスを最小限のコストで受けることが可能な三井住友VISAゴールドカードは、メインのカードとしても充分なステイタスを持っています。

 

 

また、多くのエンターテイメント企業と提携している三井住友VISAゴールドカードは、宝塚歌劇団のチケットの優先購入などのメリットも充実。さらに、マイ・ペイすリボに登録で、年会費も半額以下で利用でき、還元率も倍になることから、カード利用額が年間300万円以下に方は登録することを強くおススメします!

 

 

三井住友VISAゴールドカードはコスパもサービスも充実した信頼度抜群の銀行系ゴールドカードです。

 

▼初年度年会費無料、最大9000円分プレゼントキャンペーンの詳細はこちら▼

 

関連記事

http://cre-hikaku.com/column/5219

 

Pocket