待望のアメックスがApple Pay対応スタート!お得なキャンペーンも開催中!

Pocket

 

2016年10月の日本上陸以後、圧倒的な注目を集めている「Apple Pay」

今回、2017年3月1日から、待ちに待った「アメックス」でもApple Payの登録が可能になりました!

 

 

昨年10月のApple Payの開始以前から、Apple Payの対応を表明していたアメックス。

 

 

しかし、いざApple Payのサービスがスタートしてみると、登録可能クレジットカードからアメックスの文字は消えてしまっていました。

 

 

Apple Payを楽しみにしていたアメックスホルダーの方はガッカリされた方も多いのではないでしょうか。

 

 

Apple Payの登場から約半年近く経ち、ついにApple Payの登録が可能になったアメックスのクレジットカード。

 

 

ここでは、アメックスをApple Payに登録することで得られるメリットと、Apple Payの登録方法、そしてお得なキャンペーン情報まで徹底的に調査してみました!

 

 

Apple Payに登録できるアメックスの券種は?

 

 

2017年3月から待望のApple Pay対応になった「アメックス」、アメックスをApple Payに登録するとQUIC Payに割り当てられ全国のQUIC Pay加盟店で利用可能です。

 

 

国際ブランドであるアメックスには「アメリカン・エキスプレス」が発行するプロパーカードと、各企業と提携した提携カードがあります。

 

 

数多くある「アメックスブランド」のクレジットカードの中で、Apple Payに登録することができるカードはどれなのでしょう。

 

 

結論から先にいうと、アメックスブランドであれば、ほぼ全てのクレジットカードをApple Payに登録できると考えてOKです。

 

 

まず、プロパーカードですが、

 

 

といったカードは当然ながら全てApple Payに登録することができます。

 

また、

 

  • アメックス・ビジネス・カード
  • アメックス・ビジネス・ゴールドカード
  • アメックス・ビジネス・プラチナカード
  • アメックス・スカイトラベラー・カード
  • アメックス・スカイトラベラー・プレミアカード

 

という法人カードや、マイル付与に特化した「スカイトラベラーカード」も登録可能となっています。

 

 

プロパーカードだけではなく、提携カードのアメックスブランドのカードもApple Payの登録が可能です。

 

  • ANAアメックス
  • デルタアメックス
  • SPGアメックス
  • ペルソナアメックス

 

アメックスブランドのカードであれば、ほぼ全ての券種がApple Payに対応したと言うことになりますね。

 

 

今までアメックスが未対応なことでApple Payの登録を諦めてしまっていた方や、泣く泣くサブカードを利用していた方にとっては非常に嬉しいニュースとなりましたね。

 

アメックスがApple Pay対応にしたことで得られるメリットは?

それでは、アメックスのカードがApple Payに対応したことで得ることができるメリットはどのような部分になってくるのでしょうか?

 

 

結局、支払いをする際に使用するのはiPhone7やApple Watchですから、登録するクレジットカードは関係ないのでは?と思ってしまう方もいるかも知れません。

 

 

分析をしていくと、Apple Payに登録するカードは「アメックスで無くてはならない」理由が見えてくるのです。

高付加価値のアメックスの付帯サービスが利用できる

アメックスブランドのクレジットカード、とりわけグリーン・ゴールドカードをはじめとしたプロパーカードは、いわずと知れた高ステータスカードです。

 

 

海外、特にクレジットカード大国であるアメリカでは、クレジットカードは「身分証明」のようなものだといわれています。

 

 

それがよくわかる事柄として、アメリカで高級ホテルに宿泊する際にクレジットカード意外で支払いをすると、高額な「デポジット」が必要となるのです。

 

 

クレジットカードを持っている顧客というと、クレジットカードが「支払い能力がある」と証明した、と判断されるからなのですね。

 

 

ですので、比較的審査のハードルも年会費も高いアメックスのカードを使用している、ということは、そのユーザーのステータスも高いということになります。

 

 

当然、ステータス性だけではなく、アメックスをApple Payに登録することによる「実益」もあります。

 

 

アメックスのクレジットカードには、旅行保険やショッピング保険が充実しており「アメックスのカードでお買い物をすること」で得られるメリットも少なくありません。

 

 

Apple Payにカードを登録すると、決済の際には登録したクレジットカードで支払いをする形になります。

 

 

例えば、Apple Payで購入した商品が万一の破損や盗難にあってしまっても、高額のショッピング保険が付帯しているアメックスなら安心ですよね。

Apple Payの利用でマイルがお得に貯められる?

アメックスがApple Pay対応になったことでの最も大きなメリットとなるのが、Apple Payの利用でもアメックスのクレジットカードのポイントを貯めることができる点です。

 

 

プロパーカードのアメックスの場合、カードの利用では「メンバーシップ・リワード」のポイントを貯めることができます。

 

 

メンバーシップ・リワードのポイントは、1ポイント=0.3円としてキャッシュバックに利用することもできますが、アメックスユーザーの多くの方は航空会社の「マイルに交換」されているのではないでしょうか?

 

 

通常、2ポイント=1マイルの移行レートで交換できるアメックスのポイントですが、年会費別途3000円の「メンバーシップ・リワード・プラス」に登録することで交換レートが有利になります。

 

 

メンバーシップ・リワード・プラスに登録すると、1ポイント=1マイルと移行レートがアップするだけではなく、通常3年間のポイントの有効期限が無期限で利用可能になるのです。

 

 

つまり、Apple Payにアメックスを登録することで、Apple Payの利用でお得にマイルを貯めることが可能になるのです。

 

まだApple Pay(アップルペイ)のことを知らない方は「Apple Payのメリットは?アップルペイで利用できるクレジットカードまとめ」の記事を是非チェックしてくださいね。

アメックスでSuicaチャージは可能?

Apple Payには「モバイルSuica」の機能が付帯しており、Apple Payを利用してのSuicaのチャージや利用が可能です。

 

 

Apple Payに対応しているクレジットカードの中では、一部のカードでSuicaの機能が使えないものもありますが、アメックスではSuicaの機能を利用することができます。

 

 

ただし、アメックスでは、Suicaのチャージしてもポイントは付与されませんので注意が必要です。

 

 

また、オートチャージの設定などもできませんので、Suicaの利用には「ビックカメラSuicaカード」などSuicaでのポイント還元に有利なカードを利用したほうが良いかも知れませんね。

ウェブやアプリの利用は可能?

また、Apple Payは実店舗での利用以外に、ウェブでのネットショッピングやアプリでの決済にも対応しています。

Apple Pay対応のクレジットカードの中には、

 

  • 実店舗のみでの利用が可能
  • 実店舗、ウェブ、アプリ、Suicaすべての利用が可能

 

と、一部のカードでは実店舗での決済のみに利用が制限されているものもあります。

 

 

アメックスでは、ウェブやアプリでの決済もしっかりと対応していますので、Apple Payの機能の全てを利用することができるのですね。

アメックス×Apple Payキャンペーン

2017年3月から、待望のApple Pay対応となったアメックスでもお得な利用キャンペーンが開催されています。

 

キャンペーン期間

 

アメックスのキャンペーンは2017年3月1日~4月30日までとなっています。

 

キャンペーン詳細

 

アメックスでは先着20000名様までに、アメックスの登録されたApple Payの利用で5000円がキャッシュバックされるキャンペーンを開催しています。

 

 

事前に登録のうえ、キャンペーン期間内にApple Payを50000円以上利用すると、QUICPay5000円分がキャッシュバックされます。

アメックスのカードをApple Payに登録する方法

実際にアメックスのカードをApple Payに登録する手順は、どのような流れになっているのでしょうか?

 

Apple Payの利用には、

 

  • iPhone 7
  • Apple Watch Series 2

 

のいずれかのデバイスが必要です。

 

登録の手順は簡単で、

 

1:ホーム画面から「Wallet」を起動

2:「カードを追加」をタッチ

3:Apple Payに追加するカードの選択で「クレジット/プリペイドカード」を選択

4:自動でカメラ機能が起動するので、枠内にカード番号が写るようにカードを認識させる

5:カード名義人を入力

6:カードの有効期限とセキュリティコードを入力

 

以上の手順で、Apple Payがアメックスと通信を始めますので入力に間違いなどが無ければ登録は完了となります。

実際にやってみましたが、2分もかからずに簡単に登録をすることができました。

 

 

一点のみ注意点としては、アメックスのカードのセキュリティコードはカード券面の表面に記載されている点です。

 

 

クレジットカードの多くが、セキュリティコードがカードの裏面に記載されていますので、迷わないようにしましょう。

「アメックス」作るならグリーンorゴールド?

アメックスのカードで基本のラインナップとなるのが通常カード「グリーンカード」と「ゴールドカード」です。

 

 

Apple Payに対応した機会に、新しくアメックスを作るのであればどちらのカードを作った方が有利なのでしょうか?

 

 

ここでは、グリーン・ゴールドの基本的なスペックを比較してみましょう。

 

 

 

アメックスグリーン

アメックスゴールド

年会費

税別12000円

税別29000円

家族会員

税別6000円

無料

申込資格

20歳以上定職のある方

25歳以上定職のある方

還元率

1%

1%

旅行保険

最高5000万円

最高1億円

空港ラウンジサービス

有り

プライオリティパス

専用デスク

無し

有り

 

 

アメックスゴールドには、世界中の空港の空港VIPラウンジを年間2回まで無料で利用することができる「プライオリティパス・スタンダード会員」が付帯します。

 

 

また、ゴールド会員専用デスクでは、待ち時間も少なく上質な対応をうけることが可能です。

 

 

特筆すべき点は、ゴールドでは家族会員の年会費が無料な点です。

 

 

グリーンとゴールドを比べると17000円の年会費の差がありますが、家族カードを1枚追加するとその差は11000円となります。

 

 

1万円の差で上質なゴールドカードのサービスをうけることができるのであれば、夫婦で利用する場合などはゴールドカードの方が有利といえるかも知れませんね。

 

 

アメックスのグリーンとゴールドの違いをもっと知りたい方は「アメックスゴールドとグリーンカードの選び方。メリットと付帯サービスの差を比較!」の記事をチェックしてくださいね!

Pocket