空港ラウンジが無料で使えるクレジットカード特集!同伴者1名まで無料?

Pocket

 

目的地まで最速で連れて行ってくれる飛行機の旅。

 

 

しかし、いざ飛行機に乗ってからは早いものの、意外と搭乗までの待ち時間が長かったりするものです。

 

 

搭乗までの待ち時間も、混みあった待合ロビーでは時間が経つのがさらに長く感じてしまうもの。

 

 

羽田や成田と言った首都圏の主要空港では、待合ロビーで座ることもできずに立ったまま「早く飛行機来ないかな」と待ったことがある経験がある方も多いのではないでしょうか?

 

 

そんな、搭乗までの待ち時間を有意義に過ごすことができる空間が「空港ラウンジ」です。

 

 

空港ラウンジは、飛行機の利用者すべてが利用できるスペースではないので、ゆったりと落ち着いて時間を過ごすことができます。

 

  • ソフトドリンクサービス
  • 無線LAN
  • テレビ

 

他にも、ラウンジによってはアルコールのサービスや、マッサージチェア・シャワールームまで完備しているラウンジもあるのです。

 

 

基本的には空港ラウンジは有料制となっており、ラウンジにもよりますが1000円~3000円程度の利用料金が必要となります。

 

 

そうした空港ラウンジを「無料」で使える、非常にお得なクレジットカードをご紹介していきましょう。

 

 

空港ラウンジが無料で利用できる、おすすめクレジットカード

アメリカン・エキスプレス・カード

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

申込資格

20歳以上で定職のある方

年会費

税別12000円

家族カード

税別6000円

旅行保険

最高5000万円

プライオリティパス

スタンダード会員

 

国内主要空港、海外の一部の空港ラウンジの無料利用
プライオリティパスのスタンダード会員が付帯!
ステータスの高いアメックスのプロパーカード

 

空港サービスの充実度には定評のある「アメリカン・エキスプレス・カード」

 

 

アメリカン・エキスプレス・カードでは、国内39か所の空港ラウンジに加え、ハワイ・ホノルル国際空港、韓国仁川国際空港の空港ラウンジを無料で利用することができます。

 

 

空港ラウンジの無料サービスの対象になるのは、カード会員だけではなく同伴者も1名まで無料になりますので、お連れ様と一緒に有意義な待ち時間を過ごすことができるのですね。

 

 

また、年会費12000円のクレジットカードでありながら年会費99$のプライオリティパスのスタンダード会員が付帯しますので、非常にコストパフォーマンスに優れたカードでもあります。

 

 

スタンダード会員では、通常利用することが出来ない空港VIPラウンジを1回27$(日本円約3000円)で利用することができます。

 

JAL アメリカン・エキスプレス・カード

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

申込資格

18歳以上で安定収入のある方

年会費

税別6000円

家族カード

税別2500円

旅行保険

最高3000万円

プライオリティパス

無し

 

年会費6000円で空港ラウンジサービスが付帯!
カードの利用ではJALマイルを貯めることができる
空港店舗や免税店でのお買い物で割引

 

飛行機を良く利用される方であれば、やはり航空会社の発行するクレジットカードはメリットがあるもの。

 

 

その中でも「JAL アメリカン・エキスプレス・カード」は、年会費税別6000円と低コストでありながら国内28空港・海外1空港の空港ラウンジを無料で利用できるコストパフォーマンスの高いカードです。

 

 

空港ラウンジをカード会員と同伴者1名が無料で利用することができます。

 

 

空港ラウンジを通常利用すると平均1000円程度の料金が必要ですので、同伴者と2人で3回空港ラウンジを利用するだけで年会費のもとがとれちゃうのです。

 

JCBゴールドカード

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

申込資格

20歳以上で安定収入のある方

年会費

税別10000円

家族カード

1枚まで無料

旅行保険

最高1億円

プライオリティパス

無し

 

最高1億円の旅行保険
家族カードでも本カードと同じサービスをうけることができる
ワンランク上の「JCBゴールドザプレミア」へのクレジットヒストリーを積める

 

国内の主要空港に加え、ハワイ・ホノルル国際空港の空港ラウンジを無料で利用することができる「JCBゴールドカード」

 

 

JCBゴールドカードの大きなメリットとなるのが「家族カードでも本カード会員と同じサービスをうけることができる」点です。

 

 

つまり、家族カードでも本カードと同じように空港ラウンジの無料サービスを利用することができるのですね。

 

 

家族カードは1枚まで無料で発行することができますので、夫婦で利用すれば1枚当たり5000円の年会費でカードを利用することができるということになるのです。

ダイナースクラブカード

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

申込資格

27歳以上の方

年会費

税別22000円

家族カード

税別22000円

旅行保険

最高1億円

プライオリティパス

無し

 

プライオリティパスと並ぶ空港ラウンジサービス「ダイナースクラブラウンジ」の付帯
文句なしの高ステータスカード
空港パーキング無料サービスなどの空港サービスの充実

 

アメックスと並び、高ステータスカードの代名詞ともいえる「ダイナースクラブカード」

 

 

ダイナースクラブカードには、世界600か所の空港ラウンジを無料で利用することができる「ダイナースクラブラウンジ」が付帯しています。

 

 

ダイナースクラブラウンジで利用できる空港ラウンジにはVIPラウンジも含まれており、セキュリティゲート内のラウンジも利用することができます。

 

 

国内空港では「KALラウンジ」などのVIPラウンジをダイナースクラブラウンジで利用することが可能です。

 

デルタ・スカイマイル・アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

申込資格

25歳以上で安定した収入のある方

年会費

税別26000円

家族カード

税別12000円

旅行保険

最高1億円

プライオリティパス

無し

 

デルタ航空の上級会員資格「ゴールドメダリオン」付帯
「スカイチーム」ラウンジの無料利用
デルタスカイマイルでANAの特典航空券も交換できる!

 

カードに入会するだけで、デルタ航空の上級会員資格「ゴールドメダリオン」が付帯する「デルタ・スカイマイル・アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード」

 

 

ゴールドメダリオン特典では、デルタ航空利用時のシートのグレードアップや優先チェックインなどのサービスをうけることができます。

 

 

それだけではなく、デルタ・スカイマイル・アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードでは、世界最大級の航空アライアンス「スカイチーム」のVIPラウンジを無料で利用できる特典もあります。

 

 

空港ラウンジを利用することができるのは、本カード会員だけではなく同伴者も1名まで無料で利用することができます。

 

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

申込資格

学生を除く18歳以上の方

年会費

税別10000円

家族カード

税別1000円

旅行保険

最高5000万円

プライオリティパス

優遇価格

 

国内主要空港とホノルル国際空港のラウンジ無料利用
プライオリティパスを優遇価格で取得可能
セゾン手荷物無料宅配サービスなどの空港サービスが充実

 

カードの付帯サービスとして、国内の主要空港とハワイ・ホノルル国際空港の空港ラウンジを無料で利用することができる「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」

 

 

ゴールドカードのサービスとしては充分なラウンジサービスといえますが、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードでは「プライオリティパス」を優遇価格で取得することができます。

 

 

世界中の空港VIPラウンジを使い放題になるプライオリティパスのプレステージ会員は通常年会費399$(日本円約40000円強)

 

 

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードでは、そのプレステージ会員を税別10000円の優遇価格で取得することができるのです。

 

 

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードの年会費は税別10000円ですので、プライオリティパスとあわせても20000円で取得できます。

 

 

普通にプライオリティパスを取得する半額でプレステージ会員の資格を得ることができるのです。

 

楽天ゴールドカード

 

申込資格

20歳以上で安定した収入のある方

年会費

税別2000円

家族カード

税別500円

旅行保険

最高2000万円

プライオリティパス

無し

 

年会費2000円で空港ラウンジ無料利用
楽天市場の利用でポイント5倍
海外旅行保険最高2000万円

 

年会費税別2000円と圧倒的な低コストのカードでありながら、空港ラウンジの無料利用や海外旅行保険が付帯するコストパフォーマンスの高い「楽天ゴールドカード」

 

 

楽天ゴールドカードでは、国内の主要空港の空港ラウンジとハワイ・ホノルル国際空港、韓国・仁川国際空港を無料で利用することができます。

 

 

年会費2000円台で空港ラウンジの無料利用が付帯するカードは非常に貴重な存在であるといえるでしょう。

 

ラウンジはどこの空港で利用できるの?

クレジットカードの付帯サービスとして無料で利用することができる空港ラウンジの幅はひろくなっています。

 

 

しかし、一部の地方空港などには空港ラウンジそのものが無い空港もあります。

 

 

ここでは、クレジットカードで利用することが出来る代表的な空港ラウンジをまとめておきますので、旅行の際の参考にしていただければと思います。

国内

・新千歳空港

・函館空港

・青森空港

・秋田空港

・仙台空港

・羽田空港

・成田国際空港

・新潟空港

・富山空港

・中部国際空港

・小松空港

・大阪国際空港(伊丹空港)

・関西国際空港

・神戸空港

・岡山空港

・広島空港

・米子空港

・山口宇部空港

・高松空港

・松山空港

・徳島空港

・北九州空港

・福岡空港

・長崎空港

・大分空港

・熊本空港

・鹿児島空港

・那覇空港

海外

・ハワイ・ホノルル国際空港

・韓国・仁川空港

カードラウンジとVIPラウンジの違いとは?

 

 

空港ラウンジには、

 

  • クレジットカード会社がカード会員のために提供する「カードラウンジ」
  • 空港や航空会社がファーストクラス利用者などのために提供する「VIPラウンジ」

 

の2種類のラウンジがあります。

 

カードラウンジは複数のクレジットカード会社が共同で提供していることが多く、空港ロビー内に設置されています。

 

 

対象のクレジットカードの提示で利用できるカードラウンジは、行きの搭乗前だけではなく、帰りの際もラウンジの営業時間内であれば利用することもできます。

 

 

長時間のフライトなど疲れた時など、空港から出る前に落ち着いてラウンジで準備をできるのは嬉しいですよね。

 

 

カードラウンジに対して、空港や航空会社の提供するVIPラウンジは、より利便性の高い搭乗口の近くに設置されています。

 

 

VIPラウンジを利用することができるのは、ファーストクラスやビジネスクラスの利用者や、航空会社の上級会員などとなっています。

 

 

提供されるアメニティも、やはりカードラウンジよりも上質なものになっており、特別なラウンジであるといえるでしょう。

プライオリティパスで利用できるVIPラウンジとは?

 

 

「どうせ利用するなら、より特別なVIPラウンジを利用したい!」といった方におすすめなのが「プライオリティパス」です。

 

 

プライオリティパスとは、航空会社や購入したチケットのクラスに関係なく、世界900か所以上の空港VIPラウンジを利用できる特権のことです。

 

 

搭乗口近くに設けられたVIPラウンジを利用することができますので、搭乗までの待ち時間をより有意義に過ごすことができるのですね。

 

 

プライオリティパスには、空港ラウンジの無料利用回数に違いがあるランクが設けられています。

 

 

その中でも「プレステージ会員」は、年間何度でもVIPラウンジを「無料」で利用することができるスペシャリティな会員システムなのです。

 

 

通常、プライオリティパスのプレステージ会員になるには年間399$の年会費が必要です。

 

 

しかし、一部のゴールドカード以上のクレジットカードには「プレステージ会員」が無料で付帯しているカードもあります。

 

 

クレジットカードの特典で空港VIPラウンジを使い放題になるのは、非常にお得なメリットとなりますよね。

 

プライオリティ・パスが無料付帯!おすすめクレジットカード3選!」ではプライオリティパスの特徴から会員ステージの解説まで詳しく解説しています。

 

また、プライオリティパスが無料付帯されたコスパの高いクレジットカードも紹介しています。

もうごった返しの空港ロビーでイライラしない?クレジットカードはラウンジサービスで選ぼう

多岐にわたるクレジットカードの付帯サービスの中でも、特に価値あるサービスといえるのが「空港ラウンジサービス」です。

 

 

クレジットカードで利用できる空港ラウンジサービスは「カードラウンジ」ですが、ダイナースクラブカードのように中には一部の「VIPラウンジ」を利用することができるカードもあります。

 

 

VIPラウンジでは、アルコールの飲み放題サービスなどを提供しているラウンジもあり、搭乗までの待ち時間を有意義に過ごすことができるのですね。

 

 

私もよく飛行機を利用しますが、やはり空港ロビーでのごった返しの中で飛行機の到着を待つ、というのは疲れるもの。

 

 

行きならまだいいものの「疲れた帰りには空港ラウンジを利用したいなー」と思ってしまいます。

 

 

クレジットカード選びのひとつのポイントとして、空港ラウンジは大きな判断材料となるのです。

 

当サイト一押し

 

空港ラウンジが無料で利用できるクレジットカード選びで悩んだ時、おすすめなのがデルタアメックスゴールドカード。

 

国内主要空港が利用できることはもちろん、スカイチームのVIPラウンジも利用できる点は、他カードよりメリットを大きく上回ります。

 

さらに、通常利用でもマイル還元率が最高1.5%で貯められる点、更新特典でマイルが付与される点など、マイルを貯めやすいカードとなっています。

 

入会特典で獲得できるマイル数も多いので、より早く特典航空券に交換できますね!

 

 

Pocket