電子マネーがお得なクレジットカード決定版!クレカチャージでポイントUP!

Pocket

 

 

現金が無くてもお店の端末にタッチするだけでお買い物が出来る「電子マネー」

ワンタッチでスムーズに会計を済ませることが出来る電子マネーを利用されている方も多いでしょう。

 

 

しかし、皆さんは本当に今の電子マネーを使いこなしていると言えるでしょうか?

電子マネーを、ただ使っているだけなのであれば、非常にもったいないこと。

 

 

ここでは、電子マネーをさらに使いこなして得をする方法を徹底解説していきましょう!

 

 

便利な電子マネーを利用するにはクレジットカードとの併用が必須

 

 

チャージしておけばお店で電子マネーをタッチするだけのワンタッチで会計をすることが出来る電子マネー。

 

 

中には、複数の電子マネーを併用している方も多いのではないでしょうか?

 

代表的な電子マネーをあげると、

 

  • 楽天Edy
  • nanaco
  • WAON 
  • Suica
  • ICOCA
  •  

など、様々な種類の電子マネーがラインナップされています。

 

それぞれの電子マネーは、店舗によってポイント還元や割引などのメリットが用意されています。

 

 

電子マネーでメリットを受けることが出来るのはコンビニや公共交通機関など、生活に密着したサービスが多く、電子マネーを使いこなすことで生活をお得にすることが出来るのですね。

 

 

しかし、電子マネーを単体で利用しているだけでは、電子マネーを使いこなしているとは言えません。

 

 

電子マネーのチャージには現金でのチャージの他、クレジットカードを利用してチャージをすることが出来ます。つまり、電子マネーとクレジットカードを上手に併用することが電子マネーを上手に使いこなすコツであると言えるのです。

もう残高不足で恥ずかしい思いをしない、オートチャージを活用しよう

 

 

今まで、交通系電子マネーの「Suica」などをお使いの方で、改札をいつものようにタッチして通ろうとしたら残高不足で止められてしまった、と言う経験をお持ちの方も少なくないでしょう。後ろに人が並んでいる通勤・通学ラッシュの時などは非常に恥ずかしい思いをすることになります。

 

 

そうした時に役に立つ機能が、クレジットカードによるオートチャージです。オートチャージはその名の通り、電子マネーの残高が一定以下になったら自動的にチャージをしてくれる機能のことです。

 

 

残高不足で決済が出来ずに慌てて端末でチャージをしに行くと言う手間を無くし、よりスムーズに電子マネーを利用することを可能にするのがオートチャージなのです。

電子マネー用のクレジットカードを選ぶポイント

それでは、よりお得になる電子マネー用のクレジットカードを選択するポイントとしてはどのようなものが挙げられるでしょうか?

 

利用している電子マネーチャージでポイント付与があるクレジットカードを選ぶ
クレジットカードそのものの利用でのメリットを考える
クレジットカードのコストを考える

 

第一に、自分が利用している電子マネーに対してポイント付与を受けることができるカードを選択することは、前提の条件となります。

 

 

電子マネーチャージでポイント付与があるか無いかは、クレジットカードによって変わります。また、ポイントの還元率なども変わってきますので、電子マネー用のクレジットカード選びの最も大きな判断基準となるでしょう。

 

 

また、電子マネー用のカードと言えど、せっかくクレジットカードを作るのであればカードそのもののメリットも重視したいところです。

 

 

例えば、付帯保険で傷害治療・疾病治療が自動付帯になっているカードを選択すれば、他のクレジットカードの保険上乗せ用のカードとしても利用することが出来ます。電子マネー用のクレジットカードを選ぶのと同時に、優秀なサブカードを選択することで、よりメリットを受けることが出来るのです。

 

 

電子マネー用のクレジットカードを選択する際に重視しなくてはならないもうひとつの点が、クレジットカードの保有コストです。いくらチャージで還元率が高いカードでも、年会費のコストが高くなってしまうとマイナスになってしまう場合もあるのです。

 

 

還元率・カードの機能・コストパフォーマンスの3つの点に気を付けて電子マネー用のクレジットカードを選択すれば、失敗をすることは無いでしょう。

電子マネーを利用するなら、ポイント2重3重は当たり前!

電子マネーチャージにクレジットカードを利用するべきである、最も大きな理由となるのが「ポイントの多重取り」が可能になる点です。

 

 

通常、現金でチャージして電子マネーを利用すると、利用した店舗に応じて電子マネーのポイントを還元してもらえます。それだけでも充分お得なことではあるのですが、クレジットカードを利用するとさらにお得になるのです。

 

 

電子マネーのチャージにクレジットカードを利用すると、チャージによるクレジットカードのポイントの付与を受けることが出来ます。

 

 

また、クレジットカードや電子マネーには「ポイントカード機能」が付帯していることも多くなっています。ですので、ポイント加盟店での利用ではポイントカード分のポイントの付与を受けることが出来ます。

 

 

ですので電子マネー用のクレジットカードを使いこなすと、

 

  • 電子マネーの利用ポイント
  • クレジットカードでのチャージポイント
  • ポイントカードでのポイント

 

ポイント3重取りをすることが可能になるのです。

 

 

今まで、電子マネーの利用ポイントだけで満足していたのがちょっと勿体ないな、と思った方もいるのではないでしょうか?

電子マネーでお得なクレジットカード決定版

電子マネーを上手に使いこなすためにはクレジットカードとの併用が重要なことがお分かり頂けたかと思います。

 

 

しかし、数多くあるクレジットカードの中から、どのクレジットカードを選べば電子マネーをお得に利用することが出来るのかわからない!と言う方もいるでしょう。

 

 

ここでは、サイト厳選の電子マネーをさらにお得に使えるクレジットカードをご紹介していきましょう。

nanaco・楽天Edyチャージも還元率1.2%!リクルートカード

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

年会費

無料

ポイント還元率

1.2%

電子マネーチャージ

楽天Edy・nanaco・Suica

旅行保険

最高2000万円

 

 

業界最高水準の1.2%のポイント還元率
年会費無料でありながら最高2000万円の旅行保険、年間200万円のショッピング保険が付帯
Pontaポイントと等価交換できる!

 

 

業界最高水準1.2%のポイント還元率を誇る「リクルートカード」は、年会費無料の高還元カードの代名詞ともなっています。

 

 

電子マネーチャージでのポイント付与も、楽天Edy・nanaco・Suicaと幅広く対応しており、それら全てのチャージで1.2%のポイント還元を受けることが可能です。

 

 

貯まったリクルートポイントは、主婦に人気の「じゃらんnet」「ホットペッパー」などリクルートのサービスでも利用することが出来ますが、Pontaポイントにも手数料無料で等価交換できるので、JALマイラーにもおすすめです。

 

 

また、電子マネーのチャージだけではなく、年会費無料のカードでありながら最高2000万円の旅行保険や年間200万円までのショッピング保険が付帯していることも魅力となっています。

 

 

尚、リクルートカードは6,000~8,000ポイント獲得できるお得な入会キャンペーンが随時行われています。電子マネーチャージ用のクレジットカードをお探しの方におすすめの1枚です。

 

年会費実質無料!ビックカメラSuicaカード

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

年会費

初年度無料  次年度 477円+税 前年1年間で1回以上の利用で無料

ポイント還元率

0.5%~11.5%

電子マネーチャージ

Suica

旅行保険

最高500万円

 

 

Suicaチャージで1.5%還元!
ビックカメラでSuica払いで還元率11.5%!
海外旅行保険が自動付帯

 

「ビックカメラSuicaカード」は家電量販店大手のビックカメラが発行するクレジットカード です。

 

 

ビックカメラSuicaカードではSuicaへのチャージ・オートチャージでポイント還元が通常の3倍・1.5%で利用することが出来るSuica専用カードとも言えます。また、Suica定期券や券売機での切符の購入もポイント3倍の対象となります。

 

 

毎日の通勤・通学の際に、キオスクなどのSuica加盟店でSuicaを利用すると、Suicaの利用分のポイントも貯めることが出来ますので、ポイントの2重取りをすることも可能なのですね。

 

 

また、ビックカメラで買い物する際、チャージしたSuicaで支払いするだけで、現金払いと同率のビックポイントが10%獲得できます!よって、Suicaチャージで還元率1.5%と合わせると最大11.5%のポイント還元率となるお得なクレジットカードです。

 

楽天カード

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

年会費

無料

ポイント還元率

1%~4%

電子マネーチャージ

楽天Edy・nanaco・Suica・SMARTICOCA

旅行保険

最高2000万円

 

楽天スーパーポイントで楽天Edyにチャージ可能!
楽天のサービスの利用でポイント2倍
楽天ポイントクラブ加盟店でポイント3重取り

 

年会費無料のクレジットカードの中でも、特に人気のあるカードが「楽天カード」です。

 

 

楽天カードで楽天Edyへのクレジットチャージで還元率0.5%、楽天Edy利用で0.5%、合計1.0%のポイント還元率になります。国際ブランドでJCBを選択すれば、nanacoチャージが可能となりチャージ時は1.0%分の楽天スーパーポイントが貯まります。

 

 

また、貯まった楽天スーパーポイントは楽天Edyのチャージに利用することも出来ますので、お得に楽天Edyを利用することが出来るのです。

 

 

楽天カードには「楽天ポイントカード」も付帯しており、楽天ポイントクラブ加盟店で、ポイントカード提示+楽天Edy払いすればポイントの3重取りも可能になっています。

 

Yahoo!JAPANカード

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

年会費

無料

ポイント還元率

1%

電子マネーチャージ

nanaco・ SMART ICOCA・モバイルSuica

旅行保険

無し

 

 

SMART ICOCA・モバイルSuica・nanacoチャージで1.0%分のTポイントが貯まる
Yahoo!JAPANのサービスでポイント3倍
年間100万円までのショッピング補償

 

「Yahoo!JAPANカード」は SMART ICOCA・モバイルSuica にチャージした際と、JCBブランド限定でnanacoにチャージした際にポイント還元率1.0%で「Tポイント」を貯めることが出来ます。

 

 

貯めたTポイントは全国のTポイント加盟店で利用できるので、Tポイントをメインで利用してる方はチャージでポイントが貯められるので嬉しいですね。

 

 

通常利用時の際でも、Yahoo!ショッピングやLOHACOの利用でポイント3倍になる特典もありますので、効率的にポイントを貯めることが出来るのですね。

 

 

Yahoo!JAPANカードは、入会+利用で7,000~最大9,000円分のTポイントがもらえるキャンペーンが随時開催しています。審査は最短1~2分、審査に通れば今すぐ使えるTポイント3000円分が先にもらえちゃいます♪

 

 

イオンカードセレクト

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

年会費

無料

ポイント還元率

0.5%

電子マネーチャージ

WAON・Suica・SMARTICOCA

旅行保険

無し

 

WAONチャージで唯一ポイント還元を受けることが出来るカード
ときめきWポイントデーでポイント2倍
イオン銀行を給与振り込み口座に設定するだけで、毎月10ポイントプレゼント

 

意外と知られていない事実ではあるのですが、実は数ある電子マネーの利用残高で最も使われている電子マネーが「WAON」です。

 

 

それもそのはずで、一回の利用が1000円未満であることがほとんどである他の電子マネーに比べ、イオンでの主婦のお買い物は一回当たり数千円の利用単価となるからなのです。

 

 

そうしたスーパーで利用できるWAONへのチャージで唯一ポイントの還元を受けることが出来るのがイオンカードセレクトなのです。

 

電子マネー用のクレジットカードを選んでますますお得に!

スマートな決済とポイント還元でお得な電子マネーの利用。中には数枚の電子マネーを併用してお得に買い物を楽しんでいる方も多いでしょう。

 

 

電子マネーを今よりさらにお得に利用するには、電子マネー用のクレジットカード選びが重要です。

 

ポイント還元率
年会費
お得になるシーン

 

を気を付けて電子マネー用のカードを選べば、ますます電子マネーを使いこなすことが出来るのですね。

 

Pocket