rakuten_ana_card
Pocket

 

過去に楽天カードとマイルについて調べた経験はありませんでしょうか?楽天カードとANAマイルは相性が良くて素晴らしい関係です!!

 

 

今回はそんな相性の良い、楽天カード+ANAマイレージクラブが合体したカードの楽天ANAマイレージクラブカードの特徴・審査を始め、メリット・デメリット・ANAカードと比較について解説していきたいと思います。

 

楽天ANAマイレージクラブカードの公式サイトはこちら

 

 

楽天ANAマイレージクラブカードの特徴

rakuten_ana_card

 

楽天ANAマイレージクラブカードは、ANAマイレージクラブカードと楽天カードと楽天ポイントカードと楽天Edyの機能が1つになった四位一体のクレジットカードです。

 

 

1番の特徴は、ポイントの還元方法で、ライフスタイルによってANAマイルを貯めるか、楽天スーパーポイントを貯めるか選択することができます。

楽天ANAマイレージクラブカードの年会費

楽天ANAマイレージクラブカードは、初年度の年会費は無料で、2年目以降、540円(税込み)となります。しかし、年1回でもカードを利用すると、年会費は無料となる「条件付き年会費無料カード」となっています。

還元率

楽天ana

 

楽天ANAマイレージクラブカードは、ANAマイルを貯めるコースと楽天スーパーポイントを貯めるコースのいずれかを選択できます。

 

 

ANAマイルを貯めるコースですと、200円で1マイル、楽天スーパーポイントを貯めるコースですと、100円で1ポイント貯めることができますので、還元率は0.5%~1%となっています。

 

 

また、ANAマイルと楽天スーパーポイントは相互交換することもできます。その場合、ANAマイルから楽天スーパーポイントへの交換は、ANAマイル 10,000ポイントで楽天スーパーポイント 10,000ポイントとなり、楽天スーパーポイントからANAマイルへの交換は、楽天スーパーポイント 2ポイントでANAマイルが1マイルとなります。交換レートはよくありませんので、貯めたいポイントのコースを事前にしっかり設定しておく必要がありますが変更は可能です。

 

 

楽天ANAマイレージクラブカードでは、JCB、VISA、MasterCardのブランドが用意されており、JCBの場合は、nanacoへのチャージで、MasterCardでは、au携帯を持っている方に限定されますが、auウォレットへのチャージでポイントを貯めることができます。

 

 

auウォレットはでお買い物をすると、200円ごとに1ポイント、WALLETポイントがたまりますので、チャージのポイントとお買い物のポイントの2重取りが可能となっています。

 

 

さらに、楽天Edy機能も搭載されていますので、楽天Edyで支払うことで、200円ごとに1ポイント、楽天スーパーポイントを貯めることもできます。ただし、楽天Edyへチャージにはポイントは付与されません。

ETCカード

楽天ANAマイレージクラブカード、ETC利用時にもポイントが付与されます。

 

 

しかし、ETCカードの年会費として540円(税込み)が別途必要となります。そのため、ポイント目的で楽天ETCカードを申込メリットは低いといえるでしょう。ただし、楽天point Club会員ランクが「ダイヤモンド会員」・「プラチナ会員」の場合は、次年度の年会費が免除となります。

楽天ANAマイレージクラブカードの付帯サービス

楽天ANAマイレージクラブカードでは、旅行時もショッピングも安心できる付帯保険が用意されているほか、ANAカードの一部の機能が付帯されています。

傷害保険

楽天ANAマイレージクラブカードで旅行代金を支払うことで、最高2,000万円の海外旅行傷害保険が適用されます。中でも、最も利用頻度が高い傷害、疾病治療費用についても、最大で200万円付帯しています。(利用付帯)

 

 

海外で入院した場合、3日~1週間程度の入院でも400万円前後の費用が必要となるケースもあります。そのため、さらに保険金額を上積みしたい場合は、旅行代金を支払っていなくても、持っているだけで海外旅行傷害保険が自動付帯されるJCB EITエポスカードをサブカードとして準備しておくと安心です。

 

jcb-eit
JCB EITカードとは JCB EITカードとは、その名の通りJCBの発行するクレジットカードの一つで

16790267_P1.eps
エポスカードは電子マネーEdyへのチャージでANA・JALマイルを貯める事が出来るのでEdyチャージ専用として持つのも手ですが、その他も普通にレベルの高いカ

スキップサービス

skip01_3

 

楽天ANAマイレージクラブカードでは、ANAの国内線利用時に空港で搭乗手続きを必要としないスキップサービスを利用することができます。搭乗手続きを必要としないため、手荷物を預ける場合を除いて、直接保安検査場に進めますので、空港での時間を有効活用することができます。

ANAマイル

ANA便、スターアライアンス各社(ANAグループ便)のフライトに搭乗することでANAマイルを貯めることができます。

 

 

そのため、クレジットカードと別にANAマイレージカードを持つ必要がありませんので、面倒なカードの管理が楽になります。

 

 

そのほか、提携ホテル・レンタカーなどANA提携パートナーを利用してもマイルが貯まります。

楽天カードならではの充実したあんしん制度

楽天ana3

 

カード利用時のお知らせメールや、商品未到着などのトラブル時の請求の取り消し、ネットの不正利用を保護してくれるなど、さまざまな状況で起こりうるトラブルを守ってくれるサービスが自動付帯されています。

楽天ANAマイレージクラブカードの申込資格・審査基準

楽天ANAマイレージクラブカードのカードの審査は、楽天カードを同等程度で比較的通りやすいといわれています。申込資格等は次の通りとなります。

申込資格

楽天ANAマイレージクラブカードの申込資格は、「満18歳以上、本人または配偶者に安定した収入のある方、または高校生を除く18歳以上で学生の方。」となっています。

 

 

つまり、フリーターの方や、専業主婦で本人に収入がなくても、配偶者に収入があれば申し込むことは可能となっています。

審査ポイント

a7d946acd84e8c3db4d08c4ff3240ed2_s

 

他のクレジットカードの審査と同様に、楽天カード側では審査基準を公開していません。そのため、ある程度の推測ではありますが、クレジットカードの審査の際、信用情報は「JICC(日本信用情報機構)」、「CIC(指定信用情報機関)」で共有されていますので、楽天ANAマイレージクラブカードにおいても、同様の信用情報機関での確認が行われているとみて間違いはないでしょう。しかし、年収100万円でもカードの審査に通ったという事例も確認されていますので、あまり厳しい審査ではないようです。

 

 

「本人または配偶者に安定した収入のある方」を申込条件とされていますので、専業主婦の方であっても申し込むことは可能です。このことから、収入面よりも過去の事故歴等が重要視されているのではないかと考えられます。

 

 

楽天ANAマイレージクラブカードに早速申込む!

発行スピード

楽天ANAマイレージクラブカードは、申し込んだ日から3日~7日程度でカードが手元に届くことが多いようです。そのため、申込から発行までのスピードは比較的速いといえるでしょう。

楽天ANAマイレージクラブカードのメリット

楽天ANAマイレージクラブカードの最大の特徴は、楽天カードとANAマイレージカードが1枚になっていることにあります。そのため、年1回利用することで、実質無料でANAマイルを貯めることができるカードとなっています。

楽天スーパーポイントとANAマイル、どちらを貯めるか選択可能

楽天ana2

 

楽天ANAマイレージクラブカードでは、楽天スーパーポイントを貯めるかANAマイルを貯めるか選択することができます。この選択は、いつでも変更できるため、頻繁に旅行に行くときはANAマイルに、頻繁に楽天市場でお買い物をするときは楽天スーパーポイントに変更するといった使い方ができます。

 

 

さらに、ANAマイレージクラブ会員限定のANAマイレージモールを経由し、楽天市場でお買い物をした場合、「ANAマイルが200円で1マイル+楽天スーパーポイントが100円で1ポイント」貯めることもできます。

 

ポイントコースで悩んでる方へ

楽天ANAマイレージクラブカードでは、上記で説明しているようにポイントコースが自由に選べるのですが、基本的にANAマイルを貯めたいと思っている方は「楽天スーパーポイントコース」を選択しましょう。

 

 

なぜ、楽天スーパーポイントコースを選んだ方がいいのかというと、ANAマイルの有効期限が変わります。

 

楽天スーパーポイントコースでは、

 

楽天市場利用でANAマイルにマイル還元率1.0%で交換できる

(カード利用時1.0%+楽天市場利用1.0%)

 

ANAマイルに好きなタイミングで移行できるのでマイル有効期限を延ばせる

 

ような事ができるので、ANAマイルの有効期限を最大限まで延ばすことができます。

 

 

一方、ANAマイルコースを選択した場合、ANAマイルが直接付与されるので、付与された翌月から36ヶ月間が有効期限となってしまいます。

 

 

よって、ANAマイルの有効期限切れリスクを考えれば、楽天スーパーポイントコースを選択した方が、有効期限を気にする事が少なくなるのでおすすめです。

 

 

また、ANAマイルに交換可能な楽天スーパーポイント数の上限は20,000ポイント/月になります。1ヵ月10,000マイルまで交換できるので、ヘビーユーザーの方でも安心して使えますね!

以上2点あります。

 

つまり、楽天スーパーポイントコースで貯めた楽天ポイントをANAマイルに有効期限をできるだけ延ばせる

 

nanacoへのチャージでポイント還元

c2_img_4

 

楽天ANAマイレージクラブカードのJCBブランドに限りますが、nanacoへのチャージでポイントが還元されます。nanacoは、電子マネーで唯一、税金・公共料金の支払いが可能となっていますので、実質、税金・公共料金の支払いでポイントが還元されることとなります。

auウォレットへのチャージでポイント還元

img_card_prepaid

 

楽天ANAマイレージクラブカードのMasterCardブランドに限りますが、auウォレットへのチャージでポイントが還元されます。auウォレットでお買い物をすると、200円ごとに1ポイント、WALLETポイントがたまりますので、チャージのポイントとお買い物のポイントの2重取りが可能となっています。

楽天スーパーポイント

rakutenpoint

 

楽天市場でよくお買い物をされる方は、楽天市場でのポイントが常時4倍となります(楽天市場利用ポイント1%+楽天カード利用特典ポイント2%が別途付与)。

 

 

そのため、楽天市場を頻繁に利用される方はポイントをためやすくなっています。

※ANAマイルを選択している場合、カード利用ポイントが200円ごとに1マイル、楽天市場利用ポイントは楽天スーパーポイントとして利用料金の1%、楽天カード利用特典ポイントは、楽天スーパーポイントとして利用料金の2%が付与されます。

楽天ANAマイレージクラブカードのデメリット

楽天ANAマイレージクラブカードは、楽天カードとANAマイレージクラブカードが一体となったカードですが、ある程度のデメリットもあります。

年会費

年1回以上利用すれば年会費は無料になりますが、楽天カードは年会費が永年無料となっています。そのため楽天カードの機能しか必要ないという方は、あえて楽天ANAマイレージクラブカードを申し込む必要がありません。

マイルの交換時期

楽天ANAマイレージクラブカードでANAマイルコースを選択した場合、カード利用月の翌月15日頃までに、ANAマイレージクラブのマイル口座にマイルが入る仕組みとなっています。そのため、カードを利用してからマイルがたまるまで、最大45日程度のタイムラグが生じます。

ANA VISA Suicaカードと比較どっちがマイルを貯めやすい?

01_px250

 

航空系カードであるANA VISA Suicaカードと楽天ANAマイレージクラブカードでは、どちらがマイルを貯めやすいのでしょうか。

フライトマイル

ANA VISA Suicaカードは、「ANAカード」となっていますので、「提携クレジットカード」である楽天ANAマイレージクラブカードと違い、フライトマイルにボーナスマイルが付与されます。また、特約店でのお買い物でもボーナスマイルが付与されます。

電子マネーへのチャージ

ANA VISA Suicaカードは、Suicaへのチャージでもマイルがたまりますが、楽天ANAマイレージクラブカードでは、nanacoやauウォレットへのチャージでマイルがたまることを考えると同等といえるでしょう。

ポイント還元率

ANA VISA Suicaカードは提携店でお買い物した場合は100円で1マイルがたまります。そのため、店によっては、ANA VISA Suicaカードがお得となります。

 

 

しかし、通常の店舗でお買い物をした場合、無料の5マイルコースですと、1,000円で5マイルですので、実質、楽天ANAマイレージクラブカードと変わりはありません。

年会費

ANA VISA Suicaカードは、年会費が初年度無料で2年目以降2,160円(税込み)かかります。条件を整えれば、年会費を810円(税込み)まで下げれますが、楽天ANAマイレージクラブカードは実質無料ですので、飛行機の利用が多くなければ、楽天ANAマイレージクラブカードの方が有利と言えます。

 

 

ANA VISA Suicaカードは提携店も多いので、お住まいの近くのコンビニがセブンイレブンだったり、ドラッグストアのマツモトキヨシなどカード利用頻度が高いお店が多い場合はANA VISA Suicaカードの方が、マイルを貯めやすい場合もあります。

 

ANA VISA Suicaの公式サイトはこちら

 

まとめ・こんな方におすすめ

飛行機を利用される方
楽天市場をよく利用される方
電子マネー「nanaco」をよく利用される方(JCBブランド)
auウォレットをよく利用される方(MasterCardブランド)

 

実質年会費無料の楽天ANAマイレージクラブカードは、基本的な機能が「楽天カード」と「ANAマイレージクラブカード」となっていますので、楽天市場でのお買い物が多く、飛行機もある程度利用する方におすすめできるカードとなっています。

 

 

また楽天ANAマイレージクラブカードでは新規入会+利用で2016年11月14日現在で最大8000相当ポイントプレゼントのキャンペーンを開催しています。

 

 

上記に1つでも当てはまった方は是非チェックしてみてはいかがでしょうか?


≪楽天ANAマイレージクラブカード≫

 


≪楽天カード≫

 

Pocket