fa2fb5570d6c8e01cf8ebb3f6c09771b_s
Pocket

 

自分自身の価値をアップさせてくれる「クレジットカードのステータス」

 

 

やはり誰しも、「一度はゴールドカードを持ってみたい」と言う意識はあるのではないでしょうか。

 

 

特にゴールドカードの中でも「アメリカン・エキスプレス」のブランドのカードは特別な意味を持っているカードなのです。

 

 

高ステータスカードの象徴・アメックスのゴールドカードとは?

81b5e3a07231bb60031259572f4d9f7b_m

 

 

アメリカン・エキスプレス「通称:アメックス」のゴールドカードと言えば、クレジットカードに興味の無い方でも知っているほど認知度の高いカード。

 

 

女性目線からすれば、男性がアメックスのゴールドカードを持っている、と言うだけで好印象を持つこともあるのではないでしょうか。

 

 

それほど、高ステータスのカードの代名詞とも言える「アメックスゴールドカード」

 

 

バブル期に日本に初めて上陸したゴールドカードとして、アメックスゴールドカードは現在の「ゴールドカード」と言う言葉の基にもなりました。

 

 

イメージだけの高ステータスカードと言うわけではなく、アメックスゴールドには上質で特別な付帯サービスが数多く用意されています。

 

 

特に「トラベル&エンターテイメント」系のクレジットカード最強とも言われているアメックスカードには、旅行やレジャーに特化したサービスが豊富に用意されているのです。

アメックスのゴールドカードにはプロパーカードと提携カードがある

ひとくちに「アメックスゴールドカード」と言っても、アメックスのゴールドカードには「プロパーカード」と「提携カード」と言う2種類のカードが存在します。

 

 

プロパーカードとは、カードブランドである「アメリカン・エキスプレス」が直接発行するクレジットカードのこと。

 

 

クレジットカード各社はプロパーカードを発行しており、それぞれのカードブランドのカードラインナップの基本となるカードとなります。

 

 

それに対し提携カードと言うのは、カードブランドが他社のクレジットカード会社や企業などと提携して発行するカードのことを指します。

プロパーカードと提携カードの違い

では、プロパーカードと提携カードには、具体的にどのような違いがあるのでしょうか。

 

 

クレジットカード各社によって多少の違いはありますが、基本的にプロパーカードの方が提携カードよりもステータス性は高くなっています。

 

 

アメックスカードの場合でも、プロパーカードのアメックスゴールドカードより、提携カードの方が年会費も安く、お手軽なカード構成になっている傾向にあります。

 

 

提携カードは、年会費などのコストを低く保てることも魅力ですが、何よりのメリットは提携する企業のサービスに対する優待を受けることが出来る点です。

 

 

例えば、航空会社などとの提携カードであった場合には、マイルの付与条件や空港でのサービスなどで大きなメリットを受けることが出来るのですね。

 

 

プロパーカードを選ぶか提携カードを選ぶかの選択肢も、自分の目的に合わせて選ぶことで、よりメリットを受けることが出来るのではないでしょうか。

 

プロパーカードと提携カードの違いを、ブランド購入する場所・方法で例えると、プロパーカードを選ぶ方は「直営店・路面店で買う人」。提携カードを選ぶ方は「ネットショップ・ディスカウントショップで買う人」となるのではないでしょうか。

 

 

値段は高いけど、「直営店で買うと気分が良い・袋箱がしっかりついてくる」など安心・信頼・ステータス感を求める方はプロパーカードを選ぶ方が多いです。

 

 

一方、どうせ同じ商品を買うなら「少しでも安い方がいい・ポイントがたくさん貯まる」など値段重視・損得勘定が強い方が提携カードを選ぶ傾向にあります。

アメックスは高収入でないと持つことが出来ない?

50dfce19e72d4dae934e62199761190f_m

 

 

バブル期には「お金持ちが持つカード」の代名詞でもあったアメックスゴールドカード。

 

 

そうなるとやはり心配になってくるのが、アメックスゴールドカードは高収入でないと持つことが出来ないのか?と言う点です。

 

 

ゴールドカードが登場したばかりの時は、実際にゴールドカードを作ることが出来るのは年収1000万円近い一部の方だけでした。

 

 

しかし、現在ではゴールドカード以上の上位カードとして招待制の「プラチナカード」や「ブラックカード」が登場しています。このことから、ゴールドカードの審査基準は自然と緩くなり、現在ではゴールドカードは年収400万円台の方でも充分に作れるカードとなっているのです。

 

 

特に、提携カードであれば、年収400万円未満でも審査通過の可能性は高くなってきます。

 

 

審査の基準が優しくなっているとは言っても、まだまだアメックスのゴールドカードのステータス性は文句無しのものです。

 

 

年収400万円未満でも持つことが出来るアメックスのゴールドカードの本当の価値を調べてみましょう。

やはり一番のメリットは、アメックスのゴールドにしかない充実のサービス

現在ではゴールドカードと名の付くカードであっても、数千円のコストで保有することが出来る「格安ゴールドカード」も多くラインナップされています。

 

 

単純に必要なコストだけを考えると、アメックスブランドのゴールドカードと格安ゴールドカードには10倍近い値段の差があります。

 

 

しかし、クレジットカードを選択する際に考えなければならないのは、そのゴールドカードが「本当に価値があるゴールドカード」なのか?と言う点です。

 

 

格安ゴールドカードや若者向けのヤングゴールドカードの中には、ゴールドカードとは名ばかりでサービスの内容が物足りないものも少なくありません。

 

 

アメックスのゴールドカードのメリットとなるのは「アメックス」のカードブランドでなければ実現できない充実したサービス内容です。

 

 

間違いの無い、価値あるゴールドカードを選択するならば、アメックスのゴールドカードを選択しておけば間違いが無いと言って差し支えないでしょう。

年収400万円未満でも持てる、本当に価値があるアメックスのゴールドカード3選

現在では、ゴールドカードの中でも比較的作りやすいカードと言われている「アメックスゴールドカード」

 

 

年収400万円未満でも審査に通過したと言う実例は多数報告されており、審査に通過することも非常に現実的であると言えるでしょう。

 

 

ここでは、アメックスブランドのプロパーゴールドカードと提携ゴールドカードの中から、特にサービス内容がおすすめできる3枚をご紹介していきましょう。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

charge_gold_jp_di_480x304

 

syousai

koushiki

年会費

29,000円(税別)

家族会員年会費

1枚無料

申込資格

日本国内にお住みの25歳以上

還元率

1%・毎回の利用ごとの付与

旅行保険

最高1億円

 

アメリカン・エキスプレスのプロパーゴールドカードとなるのが「アメックスゴールド」です。

 

 

やはり、アメックスのプロパーカードと言うことで、そのステータス・信頼感は文句なしの一枚となっています。

 

 

女子モテカードナンバーワンとも言われるアメックスゴールドは、やはり一度は持ってみたい憧れのカードとなっているのですね。

 

 

ステータス性やデザインの素晴らしさはもちろんのことながら、やはりアメックスゴールドのアイデンティティとも言えるのがその充実したサービス内容です。

 

 

最大1億円まで補償の海外旅行保険をはじめとし、空港ラウンジ無料サービスや手荷物無料宅配サービスなどの空港サービスが非常に充実しています。

 

 

世界中の空港VIPラウンジを利用できる「プライオリティパス(スタンダード会員)」も付帯しており、利用料1回27$のVIPラウンジを年間2回まで無料で利用することが出来ます。

 

 

そして、アメックスゴールドのアイデンティティとも言えるのが、会員専用のゴールドデスクです。

 

 

国内外の旅行の手配やホテル・レストランの予約はもちろんのこと、ギフトの手配など事細かな要望に応えてもらうことが出来ます。

 

 

いうなれば、優秀な個人秘書を年間3万円弱で雇うことが出来るのが、アメックスゴールドの最も大きなメリットとなるのですね。

 

300x250_%e8%83%8c%e6%99%af%e6%9c%89-1

 

 

アメックスゴールドに興味があるけど29,000円の年会費がちょっと…という方は、「アメックスゴールドとグリーンで迷った時の選び方。メリット・サービスの差は?」を参考にしてアメックスグリーンとサービスと保有コストのバランスを比較してみて下さいね!

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

01_px240

 

syousai

koushiki

年会費

26,000円(税別)

家族会員年会費

12,000円(税別)

申込資格

日本国内にお住みの25歳以上

還元率

1%~1.5%・毎回の利用ごとの付与

旅行保険

最高1億円

 

 

世界最大級の航空アライアンス「スカイチーム」加盟航空会社「デルタ航空」とアメリカン・エキスプレスの提携ゴールドカードが「デルタアメックスゴールド」です。

 

 

カード会員の最大の特典となるのが、一般会員が1年で1,200,000円利用しないと取得できないデルタ航空の上級会員資格である「ゴールドメダリオン資格」が無料で付帯されることです。

 

 

それだけではなく、家族特約最大1000万円の補償を含む、最高1億円の旅行保険をはじめとしたゴールドカードとしての基本サービスも充実しています。

 

 

家族カードの年会費も税別12000円と比較的高額となっていますので、家族カードを持っていなくても補償を受けることが出来る家族特約は嬉しいメリットとなりますよね。

 

 

最も大きなメリットとなるゴールドメダリオン資格の特典を一部ご紹介しましょう。

 

 

ゴールドメダリオン資格の特典としては、フライト時の優先チェックインや優先搭乗はもちろんのこと、特別な待遇を受けることが可能です。

 

 

満席時でも、24時間前までの予約で予約が補償されるなど、デルタ航空を利用される方にとっては年会費以上の価値のあるカードであると言うことが出来るでしょう。

 

300x250_g

 

 

デルタアメックスゴールドは、100万円利用毎に5,000マイルがボーナスで付与されるため、最大マイル還元率は1.5%まであがります。マイルを効率よく貯めたい方に是非おすすめの1枚です。

 

 

また、デルタ航空のスカイマイルやゴールドメダリオンについて詳しく知りたい方は、「デルタ航空のスカイマイルを選ぶワケ!最強のマイレージプログラム!」の記事をチェックしてくださいね!

スターウッド プリファードゲスト アメリカンエキスプレスカード

show

 

syousai

koushiki

年会費

31,000円(税別)

家族会員年会費

15,500円(税別)

申込資格

定職のある20歳以上の方

還元率

1%・毎回の利用ごとの付与

旅行保険

最高1億円

 

 

世界最大級の大型ホテルチェーン「スターウッド ホテル&リゾートワールドワイド Inc.」とアメックスの提携ゴールドカードが「SPGアメックス」です。

 

 

最大の特典と言えるのがスターウッドホテルチェーンの上級会員資格である「ゴールド会員資格」が自動で付帯することです。

 

 

SPGのゴールド会員資格では、部屋のグレードアップやウェルカムドリンクはもちろんのこと、「マリオットグループ」「リッツカールトン」のゴールド会員資格も同時に取得できます。

 

 

さらに、毎年の更新ごとに世界中の高級ホテルで利用できる無料宿泊特典がプレゼントされます。

 

 

無料宿泊が可能なホテルはミシュランで2つ星以上を認定されたホテルも多く、無料宿泊特典だけでもカードに入会するメリットがあると言っても過言ではないでしょう。

 

 

また、SPGアメックスのひとつのメリットとも言えるのが、マイルが最大1.25%の還元率で貯められる点です。20,000ポイントをマイルに交換する度に5,000マイル相当のポイントがボーナスとして加算されます。

 

 

SPGアメックスは、高級ホテルのゴールド会員資格も手に入り、マイルも貯めやすい、まさに本当に価値のあるゴールドカード、夢があって良いですよね。

 

SPG 300x250

 

 

1年間で国内・海外旅行によく行かれる方におすすめのSPGアメックス、ゴールド会員資格について詳しく知りたい方は「SPGゴールドプリファードゲストとは?会員資格3つのステータスマッチが可能」を是非チェックしてください!

年会費以上の価値を見出せるカードが本当に価値のあるゴールドカード

今や、ゴールドカードは選ばれた一部の人が持つものではなく、誰もが選択することが出来るカードラインナップのひとつとなっています。

 

 

だからこそ、ゴールドカードを選ぶ際には本当に価値があるゴールドカードを選ぶ必要があるとも言えます。

 

 

ステータス性・そしてサービス内容も申し分のない「アメックスブランド」のゴールドカードは、今では数少ない本物のゴールドカードであると言えます。

 

 

特に今回ご紹介した3枚のカードは、航空サービスやホテルサービスに特化したクレジットカード。

 

 

現在では年収400万円未満でも充分にアメックスのゴールドカードを持つことが可能です。

 

 

一歩上を行く上質なゴールドカードを、あなたも手にしてみませんか??

 

 

 

 

Pocket