新規法人・スタートアップ企業に人気のUC法人カード、そのメリットは?

Pocket

 

 

新しく会社を立ち上げる際と言うのは様々な準備が必要になってくるものです。

その準備の中でも特に大切な準備となるのが、キャッシュフローに直接影響してくる「法人カード」の準備です。

 

 

ここでは、新規法人やスタートアップ企業の法人カードとしておすすめの「UC法人カード」をご紹介していきましょう。

 

 

新規法人・スタートアップ企業でも審査が通る?

 

boy-1300226_960_720

 

UC法人カードが、新しく会社を立ち上げた社長さんにおすすめ出来るカードであることには理由があります。

 

 

中には、法人カードを申し込んでみたものの、法人カードの審査に落ちてしまったと言う経験をお持ちの社長さんもいるかも知れません。

 

法人カードの審査項目の中には、

 

・法人設立後1年以上の企業であること

・黒字決算であること

 

など、申し込み条件を限定しているカード会社もあり、新規立ち上げの法人では審査に通過するのが難しくなってしまうケースも少なくありません。

 

 

しかし、UC法人カードは上記のような申込み条件が無く、スタートアップ企業の方などでも問題なく審査に通過している法人カードなのです。

それがUC法人カードを新規法人・スタートアップ企業の方におすすめできる理由となっています。

UC法人カードはどんな企業で利用されているの?

実際に決済カードとしてUC法人カードを利用している企業は、どのような企業になってくるのでしょうか?

ここでは、UC法人会員の業種別のデータを見ながら分析してみましょう。

 

科学工業 3%~7%
広告・調査・情報サービス 3%~7%
一般機械器具製造業 3%~7%
卸売業 10%~13%

 

上記の表を見ても分かるように、幅広い業種の法人で利用されていることが分かりますね。

 

 

特に、仕入れが多い業種の法人や経費削減思考の強い法人が、「キャッシュフロー改善」のためにUC法人カードを利用しているようです。

卸売業が業務を見直すためのポイントとして、経費削減は至急の命題である

中小規模の卸売業では業種による偏りはあるものの、多くの場合売上の伸び悩みが課題になっている企業が多くなっているのではないでしょうか。

 

 

卸売業の場合、商品による差別化を図りにくいと言う業種由来の悩みもあり、売価を下げざるを得なくなってしまい、結果として利益率が低下してしまうと言う悪循環が起こってしまいます。

 

 

その中で、会社の経常利益を少しでも向上させるためには、経費の削減は必要な施策のひとつです。

 

単純に、

 

経常利益=(売上)‐(経費)

 

と言った図式で表せるわけですから、経費を50万円下げることが出来たら、売り上げを50万円向上させたことと同義になりますよね

 

 

UC法人カードには、ポイント還元による経費の使用によって還元されるポイントプログラムや、各種の割引優待サービスが用意されています。

 

 

特に「VISAビジネスオファー」+「Mastercardビジネスアシスト」では、自社のビジネスニーズに合わせた様々な形での優待を受けることが出来ます。

卸売業のキャッシュフローに嬉しい支払いサイクル

UC法人カードには、カードの利用から支払いまでに最長55日の猶予期間が用意されています。

 

 

卸売業の場合、メーカーからの商品の仕入れから顧客への販売までにタイムラグが生じてしまうことも少なくありません。

 

 

ユーザーから売り上げの金額をもらっていないのに、メーカーに支払いをしなくてはならないと言うのは卸売業のキャッシュフローの中で非常に良くあるパターンとも言えます。

 


UC法人カードが卸売業の企業に支持されている理由のひとつともなっているのが、その長い支払いサイクルにあるとも言えるのでしょう。

UC法人カードが選ばれる理由とは、メリットを教えて!

新規法人・スタートアップ企業の社長さんにUC法人カードが選ばれている理由はどのようなものになってくるのでしょうか。

 

 

ここではUC法人カードが選ばれる「UC法人カードを導入するメリット」をご紹介していきましょう。

社用車を多く持つ企業にも安心のETC年会費無料

 

autos-214033_960_720

 

UC法人カードの法人カードとしての大きなメリットとして、ETC年会費が無料である点があります。

 

 

ETCカードの発行に余計な経費が掛からないだけではなく、ETCカードの発行は99枚まで追加で発行可能です。

 

 

社用車を多く抱える企業の社長さんにとっては、ETCカードの維持に余計な費用が掛からないのは大きなメリットになりますよね。

 

 

それだけではなく、社員の使ったETCの利用料金に対してもポイントが還元されますので、会社経費の削減にも一役買ってくれるのです。

年会費が安い法人カードなのに、限度額が最高300万円まで

UC法人カードは年会費税別1250円で維持することが出来る、低コストの法人カードです。

 

 

低コストの法人カードだと、サービス内容もそれなりなのではないか?と心配になってしまうかも知れません。

 

 

しかし、UC法人カードは限度額も300万円までとパワフルに設定されている優秀な法人カード。

 

 

限度額300万円であれば、個人事業主やスタートアップ企業の経費をすべて賄えるほどのボリュームがあります。

 

 

UC法人カードは、年会費1000円台の法人カードとしては、抜群のポテンシャルを誇るカードでもあるのです。

VISAビジネスオファーで雑費を抑えることが出来る

UC法人カードには、カードブランドとして「VISA」「Mastercard」の2種類から選択することが出来ます。

 

 

カードブランドにVISAを選択すると「VISAビジネスオファー」の特典を受けることが可能です。

VISAビジネスオファーでは、レンタカーやセキュリティ・収納スペースのレンタルなど、事細かなビジネスに必要なサービスの優待を受けることが出来ます。

 

 

それだけではなく「VISAビジネスグルメオファー」では、全国の厳選されたレストランでの食事を優待価格で利用することが可能です。

ビジネスからプライベートまでを、特別な優待価格で利用することが出来るのがVISAビジネスオファーのメリットとなるのですね。

UC法人ゴールドカードのメリット・付帯サービスは?一般カードとの違い・差は?

 

uc_hojincard-1

 

UC法人カードには、上位カードとしての位置づけで「UC法人ゴールドカード」が用意されています。

UC法人カードとUC法人ゴールドカードを比較してみましょう。

 

  UC法人カード UC法人ゴールドカード
年会費 税別1250円 税別10000円
付帯保険 無し 最高5000万円
ポイント還元率 0.5% 0.5%
限度額 300万円 500万円

 

当然のことながら、付帯保険や限度額と言った基本的な項目はUC法人ゴールドカードの方が有利となっていますね。

UC法人ゴールドカードの付帯サービス

UC法人カードには付帯しておらず、UC法人ゴールドカードにのみ設定されている付帯サービスも数多く用意されています。

 

 

「UCゴールドラウンジ」では国内の主要空港やハワイ・ホノルルの空港ラウンジを無料で利用することが可能。

また「ゴールドライン東京」では海外の様々な情報や格安の航空券・ホテルの予約などを日本語対応のスタッフが対応してくれます。

 

 

旅行保険も最大5000万円まで付帯するUC法人ゴールドカードは、海外出張などの多い企業の社長さんにおすすめのカードと言えるかも知れませんね。

UC法人カード/一般・ゴールドの基本情報

ここではUC法人カード/一般カードと、UC法人ゴールドカードのスペックを詳細で分析してみましょう。

UC法人カード

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

 

一般カードの申し込み条件

法人および個人事業主の方が申込むことが可能です。

 

新規法人でも審査通過の口コミは多数あるので、経営期間はさほど気にする必要ないかも知れませんね。

 

年会費 初年度 税別1250円
2年目以降 税別1250円
追加カード 税別1250円
ETCカード 無料

ポイント還元率

「永久不滅ポイント」

還元率 0.5%
ポイント付与 1000円=1ポイント
付与条件 月額累計
ポイントの有効期限 無期限

限度額

300万円

旅行保険

無し
ショッピング保険 無し
一般カードの付帯サービス 空港ラウンジサービス 無し
ビジネスサービス
オフィス用品優待
会計ソフト優待
宿泊・ホテル優待
レストラン優待
福利厚生
トラベルサポート 無し

UC法人ゴールドカード

uc_hojingoldcard

 

koushiki

UC法人ゴールドカードの申し込み条件

法人および個人事業主 の方が申込むことが可能です。

 

新規法人でも審査通過の口コミは多数あり。

 

年会費 初年度 税別10000円
2年目以降 税別10000円
追加カード 税別2000円
ETCカード 無料

ポイント還元率

「永久不滅ポイント」

還元率 0.5%
ポイント付与 1000円=1ポイント
付与条件 月額累計
ポイントの有効期限 無期限

限度額

500万円

旅行保険(海外旅行保険)

付帯条件 自動付帯
死亡・後遺傷害 最高5000万円
傷害治療 最高300万円
疾病治療 最高300万円
賠償責任 最高5000万円
救援者費用 最高400万円
旅行保険(国内旅行保険 付帯条件 利用付帯
死亡・後遺傷害 最高5000万円
入院日額 5000円
通院日額 2000円
ショッピング保険 付帯条件 カード利用でのお買い物から90日間
海外でのお買い物 最高300万円
国内でのお買い物 最高300万円
一般カードの付帯サービス 空港ラウンジサービス 国内主要航空・ハワイ・ホノルル、韓国・仁川
ビジネスサービス

VISAビジネスオファー

Mastercardビジネスアシスト

オフィス用品優待
会計ソフト優待
宿泊・ホテル優待
レストラン優待
福利厚生
トラベルサポート ゴールドライン東京

 

 

UC法人カードのお得な入会キャンペーン

mv-banner

 

UC法人カードは期間限定で、最大15000円分のUCギフトカードがもらえるお得なキャンペーンが用意されています。

 

カードの発行でもれなく5000円分のUCギフトカード。

 

さらに、追加カード1枚で5000円分のUCギフトカードは最大2名分まで対象となり2枚追加するだけで合計10,000円分のギフトカードがプレゼントされます。

 

よって、カードを合計3枚発行するだけで、最大15000円分のギフトカードを手に入れることが可能です。

 

 

法人カードの場合、追加カードを使用する機会は多いかと思いますので、キャンペーン条件達成はそれほど難しくないでしょう。

 

法人カードでは、多くの場合キャンペーンが用意されていないことが多く、入会キャンペーンで得をすることが出来るのは嬉しいメリットになりますよね。

 

UC法人カードはこんな方におすすめ(まとめ)

忌憚のない言い方をすれば、秀でた特徴の無いUC法人カード。

 

 

しかし、それは逆に言えばバランス感覚に優れたカードであると言うことも出来ます。

 

 

年会費のコストも安く、ETCカードの発行は99枚まで可能と法人カードには嬉しいリーズナブルな維持費も嬉しいところ。

また、最大300万円までと言うパワフルな限度額もやはり魅力となります。

 

新規法人、スタートアップ企業の社長さん

年会費の安い法人カードをお探しの法人

一度法人カードの審査に落ちてしまった法人さん

 

などは、UC法人カードをおすすめできるユーザーであると言うことが出来るでしょう。

 

 

Pocket