Pocket

 

今より1ランク上のステータスのクレジットカード選びをするときに、必ずと言って良いほど登場するのが「アメックスゴールド」。ですが、最近は他のプラチナクラスのクレジットカードの人気も高まってきています。

 

 

特に最近人気なのが、三菱UFJニコスの発行する、「MUFGカード・プラチナ・アメックス」。プラチナクラスのクレジットカードでありながら、インビテーションなしで申し込み可能、付帯サービスも充実しており、年会費もプラチナクラスとしてはかなりリーズナブルな価格帯となっています。すでに意識されていた方も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

──ということで、今回は「これから更に1ランク上のクレジットカードを検討している」という方向けに、特にお薦めしたいクレジットカードの、「アメックスゴールド」と「MUFGプラチナアメックス」の、二つのカードの特徴、メリット、お薦めポイントについて、詳しく紹介していきたいと思います。

 

 

アメックスゴールドとMUFGプラチナアメックス、それぞれの特徴を紹介

「アメックスゴールドは、どういったカード?」特徴、利用者や周囲の評価

「アメックスゴールド」(正式名称:アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード)は、アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッドが発行する、世界一の知名度を誇るハイステータス・クレジットカードです。

 

charge_gold_jp_di_480x304

 

syousai

koushiki

 

 

アメックスゴールド(アメリカン エキスプレスカード ゴールド)

申込資格

原則として25歳以上、他のクレジットカードやローン等の支払いがある場合、延滞のない方。

年会費

初年度無料(キャンペーン中)  二年目以降:31,320円(税込)

家族カード年会費

1人目:0円 2人目:12,960円 (税込)

ポイント還元率

0.333%~0.40%

マイル還元率

0.5%~1.0%(年/4,000円:メンバーシップ・リワード・プラス加入時)

 

 

一昔前は、「ハイ・ソサイエティ」の代名詞としてなかなか手の届かないクレジットカードでしたが、現在は審査も優しくなってか、一般の人も手の届きやすくなったアメックスゴールド。カードの持つステータス性、付帯サービスの充実さは健全です。

 

 

特に海外でクレジットカードを利用する際の、アメックスゴールドがホテルや店先で与える信頼感は、旅先でのスムーズなやり取りを行う助けにもなるでしょう。旅行保険や、異国の地でのいざというときのホットラインとしても活用できる「アメリカン・エキスプレス・トラベル・サービス・オフィス」があることも人気のポイントです。

 

 

現在キャンペーン中として初年度の年会費が無料となっているのも、現在ご検討中の方からすると嬉しいところでしょう。

 

アメックスゴールド 利用者の声

実際にアメックスゴールドを利用されている方方から、どのような評価や感想があるかも見てみましょう。

 

「アメックスといえば、やっぱりネームバリューのでかさ、じゃないですかね?カードデザインもかっこいいし。持ってると周りから一目置かれますしね。旅行保険やショッピング保険もっしかりしてるのも良いですが、やっぱり『安心料』という点も大きいと思うんですよね。あと、自分の満足感(笑) そういうのも、大事だと思うんですよね。『アメックスを持ち続けられるように、これからも頑張ろう』って思えますし」(30代男性)

 

 

「先日、アメックスゴールドの付帯サービスにある『ゴールド・ダイニング by 招待日和』を試してみましたが、とても良かったですよ。リッチなレストランで、2名利用で1名分のコースが無料になるのがとてもメリット感を感じられますね。同伴の方もとても喜んでくれました」(40代男性)

 

 

「飛行機を使った移動の機会が多いのですが、とても重宝させてもらっています。航空ラウンジが使用できるプライオリティ・パスや、手荷物の宅配サービスとかは、一度味わうともう無しでは考えられなくなりますね。トラベル・サービス・オフィスも一度利用させてもらいましたが、電話口の担当の方が非常に丁寧に対応してくれました」
(40代 女性)

 

上記以外の方でも、アメックスゴールドの「ステータス性」や、付帯サービスの充実性(特に海外旅行・出張時のサポート)についての高評価コメントが多く見られました。

 

 

1人目の方のような、「アメックスを持っているだけでも満足感がある」というコメントも多かったです。さすがは知名度No1クレジットカード、といったところでしょうか。

 

 

では、続いては対する「MUFJプラチナアメックス」の特徴と利用者の声についても見てみましょう。

「MUFJプラチナアメックスは、どういったカード?」特徴、利用者や周囲の評価

「日本発の世界一のグループ企業」ともうたわれた三菱グループのひとつ、三菱UFJニコスの発行する「MUFJプラチナアメックス」について、そのカードの特徴を見ていきたいと思います。

 

cardface_01

 

syousai

koushiki

 

 

MUFJプラチナアメックス(MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード)

申込資格

原則として20歳以上、本人または配偶者に安定した収入のある方(学生を除く)

年会費

初年度:21,600円  二年目以降:21,600円 (税込)

家族カード年会費

1人目:0円   2人目:3,240円 (税込)

ポイント還元率

0.5%~1.0%

マイル還元率

0.8%

 

上記特徴を見たときに、まず目につくのが「プラチナカード」でありながら、年会費はゴールドカードクラスのお手軽感の価格になっているところです。更には、アメックスゴールド同様家族カード1人目が無料で、2人目も3,240円と驚きの低コストです。ポイント還元率やマイル還元率も、かなりの高還元となっています。

 

 

ここまで低価格帯で還元率も良いと、逆に「ステータス性は低くなるのでは?」と不安に思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、MUFJプラチナアメックスのステータス性は特に国内では無敵の強さ、海外でも充分通用します。さすがの三菱ブランド、といったところでしょう。更には、カードデザインの上品さも手伝って、十二分な存在感を与えられています。

 

MUFJプラチナアメックス 利用者の声

続いては、MUFJプラチナアメックスを利用されている方の評価や感想についても見てみましょう。

 

とにかくカードがオシャレ!財布を開けるたびに黒光りするこのカードにぱっと目が引かれて、その度にいいなーって思いますね。プラチナカードということもあって、ステータスも感じるし、その割に還元率が高く、ポイントも貯まりやすいのが良いですね」(20代男性)

 

 

「デザインがシックで落ち着いているところが、とても気に入っています。あと、家族カードも利用しているんですが、1人分は年間費無料で発行してくれるので、平均すれば実質1名10.500円になりますよね。そう考えると、かなりお得ではないでしょうか。海外・国内旅行保険も自動付帯なので安心だし、あとコンシェルジュサービスも利用してみたところ、きちんとした対応でしたよ」

(40代男性)

 

 

「このカードの一番の魅力は、プラチナカードの中でも格安の年会費を誇る点でしょう。通常のプラチナカードでは、安いものでも30,000円台で、高いところでは100,000円台のものもありますよね。それとくらべて、MUFJプラチナアメックスの年会費は20,000円(税抜)。これだけでも、充分ありがたいカードです。もう一つの魅力はプライオリティパスが無料で作れるということですかね。家族カードも無料になるので、海外旅行大好きの夫婦で家族会員付きで入会すれば、もはや最高のカードです。プラチナグルメセレクションで2名以上でディナーで使うと1名無料というのもとてもお得です」(40代 男性)

 

MUFJプラチナアメックスもまた、ステータス性やカードのデザイン、プライオリティ・パスをはじめとする海外旅行でのサポートが大きな評価ポイントのようです。更には、年会費のリーズナブルさも高ポイントになっていますね。

 

 

こうしてみると、アメックスゴールドも、MUFJプラチナゴールドも、ステータス面、機能面ともに利用者の方々からかなり高い評価を得ていることが伺えます。更には、両者カードとも評価されている点も大分似ているようです。

 

 

となると、新しくカードを作る際に、これらアメックスゴールドとMUFJプラチナゴールドのどちからにしようとなったときに、なかなか甲乙つけがたくなってしまうのでは──と不安に思われた方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

 

そこで続いては、両者カードを比較しながら、それぞれのカードのメリットや特徴を更に浮き彫りにしていきたいと思います。

アメックスゴールドとMUFGプラチナアメックス、迷ったらどっちがお薦め?

さて、ここまでアメックスゴールドとMUFGプラチナアメックス、それぞれの特徴と利用者の声を紹介しましたが、実際にどのような違いがあるかを比較しながら見ていきたいと思います。

 「アメックスゴールド」と「MUFGプラチナアメックス」で、1番のサービスの差・違いは?

前述のとおり、アメックスゴールドとMUFGプラチナアメックスとでは、ステータス性や付帯特典の手厚さでいうとなかなか甲乙つけがたい状況です。かつ、どちらも国際ブランドはアメックス。共通する付帯サービスも多くあります。

 

 

ですが、「コストパフォーマンス(年会費と還元率)」、「旅行・エンタメ関連の特典」、「付帯保険」についてはいくつかの違い、特徴がみられます。どんな違いや特徴があるのかを、詳しく見ていきましょう。

 

 「アメックスゴールド」と「MUFGプラチナアメックス」の年会費、ポイント還元率の違い

 

項目

アメックスゴールド

MUFGプラチナアメックス

年会費

初年度無料(キャンペーン中) 

二年目以降 31,320円 (税込)

初年度:21,600円

二年目以降:21,600円(税込)

家族会員

1人目:0円   

2人目:12,960円 (税込)

1人目:0円

2人目:3,240円 (税込)

ポイント還元率

0.333%~0.40%

0.5%~1.0%

ポイントモール

「POINT名人.com」

上記モールを経由して買物をした場合、基本ポイント+POINT名人.comの加算ポイント2~25倍

マイル還元率

0.5%~1.0%

0.8%

提携マイレージ

ANAマイレージ、クリスフライヤー、クラブ・ミッレミリア、ダイナスティ・フライヤープログラム、フライング クラブ、スカイマイル、ロイヤルオーキッド+、アジア・マイル、エグゼクティブ・クラブ、SAS EuroBonus

JALマイレージ、クリスフライヤー、スカイマイル、スカイパス

 

年会費やポイント、マイルの還元率を比較してみると、明らかな両カードの違いが見えてきます。

 

 

まず、年会費や家族会員で見ると、アメックスゴールドは初年度無料のキャンペーンをやっているものの、それ以外でいうとMUFGプラチナアメックスのほうがかなり低コストです。何年もカードを持ち続けた場合、その差はかなり大きくなるでしょう。

 

 

ポイント還元率やポイントモールの有無で見ても、このあたりはMUFGプラチナアメックス有利…といったところでしょうか。

 

 

さらに、MUFGプラチナアメックスは最大10,000円分のギフトカードがもらえる入会特典もあるのも大きな比較ポイントになるのではないでしょうか?

 

 

カード維持に伴うコストパフォーマンスを重要視される方は、MUFGプラチナアメックスのほうがお得、ということですね。

 

 

半面、マイレージの提携数ではアメックスゴールドが抜群の充実度です。海外への旅行・出張が多く、航空会社も複数使われる方はアメックスゴールドのほうがマイルを貯めやすくなるでしょう。

 

 

続いては、旅行・空港関連の特典の違いについても見てみましょう。

 

「アメックスゴールド」と「MUFGプラチナアメックス」の旅行・エンタメ関連の特典の違い

 

違い

項目

アメックスゴールド

MUFGプラチナアメックス

 

国内空港ラウンジ

28空港39ヶ所

同伴者1名無料

日本国内の空港ラウンジと、ハワイのホノルル国際空港のラウンジが利用可能

 

プライオリティ・パス

(海外空港ラウンジ使用 世界中の700か所以上の空港ラウンジを使うことができる)

スタンダード会員

(年2回まで無料)

プレステージ会員

(利用無制限)

※家族会員も無料で申込可能

 

手荷物無料宅配

往復1回 無料

往復1回 無料

エアポート送迎サービス

あり

なし

空港パーキング

あり

なし

ツアー特典

アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン(会員専用旅行予約サイト)

一休.com(会員限定の特典付プラン)

日本旅行『特選の宿』(5%オフ)

Expedia(海外ホテル予約8%オフ、ツアー代金優待)

アップルワールド.com(5%オフ)

H.I.S.(国内旅行予約で会員限定特典)

アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン(会員専用旅行予約サイト)

グルメサービス

ゴールド・ダイニング by 招待日和(所定のコースメニュー2名以上の予約で1名無料)

グローバル・ダイニング・プログラム(利用代金20%オフ、前菜サービス、ボトルワインサービス等)

ゴールド・ワインクラブ(入手困難な希少価値の高い銘柄の紹介、予算に応じたワイン選びの相談)

プラチナ・グルメセレクション

(国内の対象レストランの所定コースメニューを2名以上で利用した場合に、1名分が無料)

スーペリア・エキスペリエンス(ホテル、エアライン、ダイニングやスパなどで優待特典)

エンターテイメントサービス

コットンクラブ(会員限定特典)

新国立劇場(限定特典)

チケット・アクセス(厳選したエンターテイメントを一般発売に先駆けて案内)

メンバーシップ・プレビュー(会員限定で公開前の映画試写会を開催)

ヘルスケア系サービス

24時間健康・介護相談サービス

 

旅行・エンタメ系の付帯サービスで見ると、MUFGプラチナアメックスでも満遍なくサービス提供はしているものの、空港サービス、ツアー・グルメ・エンタメ系ではアメックスゴールドの付帯サービスのボリュームが大きく凌駕しているのが見て取れます。さすがは世界のアメックス──といったところでしょうか。

 

 

付帯サービスはそれほど多くは利用しない、もしくはヘルスケア系サービスの利用が見込まれる、という方はMUFGプラチナアメックス、様々な付帯サービスを利用する機会をたくさん持ちたい、という方はアメックスゴールドを利用されると良いでしょうね。

 

 「アメックスゴールド」と「MUFGプラチナアメックス」の付帯保険の違い

 

違い

保険の種類

アメックスゴールド

MUFGプラチナアメックス

死亡・障害保険(海外旅行)

1億円

1億円

傷害・疾病治療費(海外旅行)

300万円

200万円

救援者費用(海外旅行)

400万円

200万円

賠償費用(海外旅行)

4,000万円

3,000万円

携行品損害(海外旅行)

50万円

100万円

航空便遅延費用補償(海外旅行)

20,000円

60,000円

 

死亡・障害保険(国内旅行)

5,000万円

5,000万円

※家族特約1,000万円

入院保険金(国内旅行)

5,000円(日額)

通院保険金(国内旅行)

2,000円(日額)

手術保険金(国内旅行)

20万円

渡航便遅延保険

60,000円

ショッピング保険

500万円

300万円

 

付帯保険の違いは、主に海外対象での保険が一様にアメックスゴールドの方が厚くなっていることが伺えます。逆に、国内旅行に対してはMUFGプラチナアメックスのほうが金額に手厚さが感じられます。

 

 

海外旅行メインの方はアメックスゴールド、国内旅行メインの方はMUFGプラチナアメックスが、それぞれ旅行保険のタイプとして向いていると言えるでしょう。

 

 

──さて、ここまでアメックスゴールドとMUFGプラチナアメックスの比較を見てきましたが、いかがでしょうか。コストパフォーマンス、旅行・エンタメ系特典、付帯サービスを見ていく中で、両者カードのそれぞれの強みも見えてきたのではないでしょうか。

 

 

続いては、それぞれのカードに合っているのはどんなタイプ・人なのかをまとめてみましょう。

 「海外に行くの機会が多い」「充実のエンタメ系付帯特典を楽しみたい」という方は「アメックスゴールド」がお薦め

アメックスゴールドのメリットをまとめると、ざっと以下が挙げられます。

 

  • 抜群の知名度とステータス性
  • マイレージを提携している航空会社が多く、空港系のサービスも充実
  • 旅行、グルメ、エンタメ系の付帯特典のレパートリーが多く存在
  • 海外での旅行保険の手厚さ

 

上記のようなメリットとニーズがマッチする人としては、以下のような方が当てはまるのではないでしょうか。

 

クレジットカードのステータス性に重点を置きたい
優雅で思い出に残るような旅行やグルメの体験をたくさんしたい
海外への旅行、出張の機会が多い

 

「カードのコストパフォーマンス重視」「旅行や出張は国内が中心」という方は「MUFGプラチナアメックス」がお薦め

MUFGプラチナアメックスの方のメリットは、以下が挙げられるでしょう。

 

  • ステータス性も高く、ブラックカードさながらのカードデザイン
  • プラチナカードとしては、かなり低価格な年会費、家族会員もお得
  • 旅行からグルメ、エンタメ、ライフサポートと幅広く安定した付帯サービス
  • 国内での旅行保険の手厚さ

 

以下のようなタイプの方の場合は、アメックスゴールドよりもMUFGプラチナアメックスのほうが、その特典を多く受けることが出来るでしょう。

 

クレジットカードの年会費は抑えめに、かつポイントは賢く貯めていきたい
カードのステータス性、デザイン性にもこだわりを持ちたい
海外よりも、国内での旅行や出張が多い

 

imagesender

あなたにぴったりのカードはどちらでしたか?

ここまで、「アメックスゴールド」と「MUFGプラチナアメックス」のそれぞれのクレジットカードの特徴やメリットを比較しながら説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

 

どちらもクレジットカードも、現在多くの方から注目されている、超人気のカードです。途中で紹介しました「利用者の声」からも、その様子はうかがえるのではないでしょうか。

 

 

となると、「どちらのカードが良いか」という見方ではなくて、「あなたに合うのはどちらのカードか」という見方で、カード選びをしたほうが、より納得感の持てる選択が出来るのではないでしょうか。それはデザイン面かもしれませんし、ポイントやマイルのたまりやすさや、旅行時の付帯サービスの手厚さかもしれません。

 

 

これまでの記事内容を振り返って、そして、クレジットカードを所有したときを想像してみて、「よりワクワクした気分になるのはどちらか」──そんな決め方で検討してみるのも、良いかもしれませんね。

 

 

今回の記事が、皆様のクレジットカード選びのお役に立てることを、心より願っています。

 

 

 

 

また、アメックスゴールドがもっと知りたい!という方は、前回紹介した「アメックスゴールドとアメックスグリーンの特徴やメリット」を比較した記事も参考にしてくださいね。

 

Pocket