Pocket

 

近年では中国人観光客の「爆買い」のニュースが目立ち、訪日中国人観光客の増加をうかがわせています。

 

 

お隣の国「中国」は、日本人にとってもやはり一番身近な観光地であり、中国を訪れる機会のある方も多いのではないでしょうか?

 

 

観光だけではなく、広大な国土を持つ中国に工場や支社を持つ日本企業も多く、出張や出向で中国に行くと言う方もいるでしょう。

 

 

中国では、使えるクレジットカードが限られる

45976_143996218248197

 

 

中国に出かける際に心配になってくるのが、いつも利用しているクレジットカードが使えるかどうかと言う点です。

 

 

中国の多くの店では、VISA・MASTER・JCBと言った日本国内で主流のカードブランドを利用することが出来ません。

 

 

中国でのお買い物に便利に利用することが出来るクレジットカードが「銀聯カード」なのです。

銀聯カードとは

104551405

 

 

銀聯カードとは、中国でオンライン決済サービスを運営する「中国銀聯」が発行するクレジットカードです。

 

 

銀聯カードは中国国内では一人に一枚持っていると言っても過言ではない、主要な決済方法のひとつ。

 

 

中国国内での銀聯カードはキャッシュカードと一体になった「デビットカード」であることがほとんどで、口座に入金しているお金だけ利用することが出来ます。

 

 

中国で銀聯カードが大きく普及したのには、中国特有の背景が理由のひとつとなっています。

 

 

中国の人口は世界でも一位の13億人、その膨大な人数の人の中には極端とも言える貧富の差が存在します。

 

 

そうした中国の社会的な背景の中で、クレジットカードを作ろうと思っても作れない層の人は多く、デビットカードスタイルの銀聯カードが普及したのですね。

 

 

現在では中国国内の銀行で銀行口座を作ると、必ず銀聯カードのデビットカードが付帯しています。

中国国内では銀聯カードを使用できる店舗は300万店舗を超えており、まさに主要な決済方法となっているのです。

中国で銀聯カードを利用するメリットは?

日本人の我々が中国を訪れた際に銀聯カードを利用することには、大きなメリットがあります。

 

 

まず一番大きなメリットと言えるのが、使用できる店舗が限られないと言う点です。

中国国内の300万店を超えるお店で利用することが出来る銀聯カードは、日本人観光客が行くようなお店であればほぼ利用出来ると考えて良いでしょう。

 

 

VISA・MASTER・JCBが利用できない店舗でも、中国では銀聯カードのみが利用できる店舗が多く、中国でもキャッシュレスでお買い物を出来るメリットがあります。

中国ではやはり日本と比較しても治安の悪い地域が多く、現金を持ち歩かなくても良いと言うのはセキュリティの面でも安心できますよね。

 

 

また、中国での最高額紙幣は100元となっており、日本円にすると2000円程度。

高額な現金を持ち歩くのは財布の中がかさばってしまいますが、銀聯カードを利用すれば財布の中もスマートにまとめることが出来るのですね。

銀聯カードを利用する時注意点

銀聯カードは通常のクレジットカードと違う点も少なくはなく、利用の際には注意点があります。

暗証番号の入力が必須

pak56_okaikeicureka20140208_tp_v

 

 

銀聯カードはセキュリティが厳重となっており、暗唱番号も日本の一般的なクレジットカードの4桁と違い、6桁で設定されます。

 

 

カードの利用の際には、ほぼ全店舗で暗証番号の入力とサインの双方が必要となっています。

日本国内でのクレジットカード利用のように、少額決済であればサインレス、と言う店舗は少なくなっていますので注意が必要ですね。

 

 

暗証番号をメモする、と言うのもセキュリティの面では心配ですので、暗証番号は忘れないように気をつけましょう。

日本のATMでは使えないケースも

atm-feature

 

 

中国で銀行の口座を開設すると付帯する銀聯カード。

 

 

デビットカードとして利用することはもちろんのこと、中国をはじめとした世界各国の銀行ATMで現金を引き出すことが出来ます。

例えば、中国で出向して働いている日本人の方が帰国の際、日本円が必要になった場合でも銀聯カードを利用することが可能です。

 

 

しかし、銀聯カードと提携している日本のATMでも、銀聯カードの取引が出来ないケースがありますので注意が必要です。

 

 

中国国内で2015年以降に発行されたICチップ付きの銀聯カードで、磁気ストライプが付いてないものは日本国内では利用することが出来ません。

そうしたカードをお使いで、日本国内で現金が必要な場合は中国で引き出して両替をしてから帰国をする必要があるのですね。

年間の引き出し額が制限されている

銀聯カードには、マネーロンダリングなどの犯罪を防止するために年間の引き出し金額が制限されています。

 

 

銀聯カードを利用して引き出すことが出来る現金は、年間10万元・日本円にして200万円弱までに制限されています。

制限を回避するためには、銀聯カードのデビットカード機能でお買い物をするようにし、現金を極力引き出さないようにするなどの工夫が必要となります。

日本でも銀聯カードは取得できる?

中国では、銀行の口座を開設すると自動的に付帯してくる銀聯カード。

 

 

中国本土ではもちろんのこと、世界中でも1000万店舗を超える店舗で利用できる、グローバルなカードのひとつとも言えます。

日本人が中国に出かける際に銀聯カードを作るためには、中国で銀行の口座を開設しなくてはならないのか?と言うと決してそのようなことはありません。

 

 

日本国内でもクレジットカード会社などで、銀聯カードを発行することが可能です。

クレジットカードの申し込みの際に、銀聯カードを追加カードとして申し込むことが出来ますので、日本国内にいながら銀聯カードを発行することが可能なのです。

 

 

日本のクレジットカード会社が発行する銀聯カードは、中国で主体のデビットカードではなく、クレジットカードとなっています。

銀行口座に入金しておかなくても中国でのお買い物に利用することが出来ますので、中国旅行にお出かけの際には作っておけば便利ですよね。

日本で発行できる銀聯カードをご紹介

中国でのキャッシュレスでのお買い物を可能にする銀聯カード。

中国旅行の際には用意しておきたいカードのひとつでもありますが、実際に日本で発行することが出来る銀聯カードにはどのようなものがあるのでしょうか。

 

 

日本国内で発行することが出来る銀聯カードには、それぞれの発行会社によって中国での利用のメリットがあります。

ここでは、日本国内で発行することが出来る銀聯カードの特徴やメリットをご紹介していきましょう。

三井住友銀聯カード

img_card_01

 

 

  • 年会費:無料
  • 発行手数料:無料
  • 支払い方法:月末締め翌26日払い・もしくは15日締め翌10日払い

 

 

三井住友銀行系列の三井住友カードが発行する銀聯カードが「三井住友銀聯カード」です。

三井住友カードが発行するクレジットカードを保有していると、三井住友銀聯カードを追加カードとして発行することが出来ます。

 

 

三井住友銀聯カードを中国国内で利用すると、三井住友カードのワールドプレゼントが付与されます。

1000円の利用ごとに1ポイントのポイント付与を受けることができ、0.5%の還元率で中国でのお買い物をすることが出来るのは大きなメリットになりますよね。

 

 

また、中国で三井住友銀聯カードを利用すると、ホテルやフィットネスクラブの割引優待を受けることが出来る特典があります。

お得な特典を受けながら、ポイント還元も受けることが出来ると言うのは嬉しいポイントとなりますよね。

 

ANA銀聯カード

cobs_il_201307_anaana-1_1

 

 

  • 年会費:無料
  • 発行手数料:無料
  • 支払い方法:15日締め翌10日払い

 

三井住友カードと提携するANAカードを保有していると、追加カードとして発行できるANA銀聯カード。

やはりANAカードの追加カードと言うことで、ANAマイルに関する優待を受けることが出来るのが大きなメリットとなります。

 

 

ANA銀聯カードの利用では1000円で1ポイント=0.5%のワールドプレゼントの付与を受けることが出来ます。

ANA銀聯カードで貯めたワールドプレゼントは1ポイント=ANAマイル5マイルのレートで移行することが出来ますので、マイル還元率0.5%で利用することが出来ますね。

 

 

中国旅行で貯めたANAマイルで特典航空券をゲットして、また中国に遊びに行くと言うのもANA銀聯カードの素敵な使い方になるかも知れませんね。

 

MUFG銀聯カードゴールド

index_02

 

 

  • 年会費:無料
  • 発行手数料:(本会員)税別1000円(家族)税別300円
  • 支払い方法:お持ちのMUFGカードと併せて請求

 

三菱UFJニコスのゴールドカード以上のカードを保有していると申し込みをすることが出来る三菱UFJニコス銀聯カードゴールド。

銀聯カードのゴールドカードとしての位置づけのカードとなりますので、カードの券面デザインもゴールドの高級感のあるデザインとなっています。

 

 

三菱UFJニコス銀聯カードゴールドの最も大きなメリットとなるのが、中国でのカードを利用したお買い物の際にJALマイルを貯めることが出来る点です。

三菱UFJニコス銀聯カードゴールドの利用では、1000円の利用ごとにJALマイルを4マイル獲得することが出来ます。

 

 

中国でのお買い物でお得にマイルをゲットすることが出来るのは、大きなメリットになりますよね。

 

まとめ

人口13億人を抱える中国は、今や世界でも最大の経済大国に成長しつつあります。

 

 

ビジネスの面でも、観光の面でも日本と密接な繋がりのある中国を訪れる機会のある方は多いのではないでしょうか。

中国旅行の際には使い勝手のいい銀聯カードを作っておきたいもの。

 

 

中国国内の多くのお店で利用することが出来る銀聯カードは、通常のクレジットカードの利用と同じようにポイント還元の特典も受けることが可能です。

中国に訪れる際には、自分に合った銀聯カードを探してみるのも良いのではないでしょうか。

 

Pocket