logo
Pocket

 

楽天から、新たな決済用のアプリが登場しました。その名も「楽天ペイ」です。

 

 

楽天ペイは、スマホで会計を行えるアプリですが、おサイフケータイやApplePayとは違った発想で、決済できるサービスとなっています。ここでは、楽天ペイの詳細についてご説明します。

 

 

楽天ペイとは?

rakutenpay1

 

 

楽天ペイは、あらかじめ楽天会員の情報として登録しておいたクレジットカードで支払いを行うサービスです。特徴としては、スマホのアプリを使用して支払いを行いますので、わざわざポケットやカバンから財布を出す必要がなく、スマホだけで支払いを完了することができます。

 

 

楽天ペイは、ApplePayのように非接触型決済ではなく、アプリを使用しての決済となりますので、iPhone7シリーズ以外のiPhoneを使用している方でも利用することができます。

楽天ペイの使い方、楽天カード以外も使える?

楽天ペイの使い方は、QRコードを活用した「QRペイ」と、「セルフペイ」の2種類があります。ここでは、それぞれの利用方法についてご説明します。また、対応するクレジットカードについても、ご紹介します。

楽天ペイで利用できるクレジットカード

楽天ペイで利用できるクレジットカードは、全ての楽天カードの他は、

 

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club
  • Discover

 

の6種類となっています。

 

 

ただし、JCB、American Express、Diners Club、Discoverの4種類については、審査に通過した加盟店でのみ取り扱いが可能となっています。そのため、対応するすべての店舗で利用したい場合は、楽天カードかVISA、MasterCardのみということになります。

 

 

なお、VISAとMasterCardについては、デビットカードの利用も可能です。ただし、J-Debitは利用することができません。

 

 

また、ICチップを搭載したカードに関しては、VISAかMasterCard、JCBであれば決済可能ですが、American Express、Diners Club、Discoverについては、利用することができません。その3種類のカードについては、磁気カード決済のみとなります。

楽天ペイを利用するための事前準備

楽天ペイを利用するためには、初めに事前準備が必要です。

 

 

まず、楽天ペイのアプリをダウンロードします。次にダウンロードしたアプリを起動し、楽天IDとパスワードを入力し、ログインします。まだ、楽天IDを取得していない場合は、初めに楽天IDの登録が必要です。その場合、「ログイン」ボタンの下に「楽天会員に登録(無料)」というボタンがありますので、ここをタップして、楽天会員に登録し、楽天IDを取得してください。

 

 

楽天ペイのアプリにログインすると、「ようこそ」画面が表示されます。内容を確認し、最後の画面の「利用をはじめる」をタップします。すると、利用規約が表示されます。少し長いですが、利用規約をよく読み、納得できるのであれば「同意する」をタップします。

 

 

次にクレジットカードの選択画面が表示されます。表示されるクレジットカードは、楽天会員情報に登録されているものとなりますので、その中から選択します。一覧に利用したいクレジットカードがない場合は「+ 新しいカードを登録」をタップし、利用したいクレジットカードを追加登録します。選択が完了したら、「このカードを選択」をタップします。

 

 

最後に、選択したクレジットカードのセキュリティコードの入力を求められます。クレジットカード裏面に記載されている3桁のセキュリティコードを入力することで、事前準備は完了となります。

QRペイの使い方

rakutenpay2

 

 

QRペイで決済するには、店舗の準備したスマホもしくはタブレットに表示されたQRコードを楽天ペイのアプリで読み込みます。正しく読み込むと、画面上に支払金額が表示されます。「スライドして支払い」という部分をスライドすることで、決済が完了します。なお、金額が表示されている画面で「ポイントを利用する」をタップすることで、ポイントを利用することも可能です。

 

 

QRペイは、全てユーザのスマホで操作を行うため、店員さんから画面を確認することができません。必ず決済完了後に、決済完了画面を店員さんに見せてから退店するようにしてください。

セルフペイの使い方

rakutenpay3

 

 

セルフペイでは、QRペイと違い、店舗名や金額を手入力する必要があります。セルフペイのタブを選択すると、お支払いする店舗の選択画面が表示されますので、まず、ここで正しい店舗を選択します。

 

 

次にお支払金額を手入力します。金額の入力ミスにご注意ください。金額まで入力すると、QRペイと同様に、店舗名と支払金額の確認画面が表示されますので、ポイントを利用するのであれば「ポイントを利用する」をタップし、お支払いをするのであれば「スライドして支払い」をスライドします。

 

 

最後に、お支払い完了画面が表示されますので、その画面を店員さんに確認してもらいます。QRペイと違い、セルフペイではお店の選択や金額入力をすべて手入力で行いますので、ミスがつきものです。必ず画面を確認してもらってください。

セルフペイで入力ミスをした場合の対処方法

セルフペイで入力した金額や店舗が誤っていたことに気付かず、決済してしまった場合は、そのキャンセル処理が必要となります。

 

 

キャンセル処理は、加盟店のアプリか加盟店管理画面で実施する必要がありますので、必ず、誤って支払ったお店に相談してください。

楽天ペイはどこで利用できるの?

スマホだけで決済ができる便利な楽天ペイですが、利用できるのは楽天ペイの利用加盟店のみとなっています。

 

 

その加盟店が少なければ、楽天ペイの魅力は半減しますが、現時点(2016年11月)においても、様々な店舗が加盟店となっています。しかし、電子マネーに比べるとまだまだ利用できる店舗には開きがあります。

 

 

特に、楽天スーパーポイントを貯めることができる店舗と、楽天ペイが使える店舗がイコールではないということに注意しなければなりません。

 

 

楽天ペイを利用できる店舗は、比較的小規模な店舗が多いというのが特徴です。そのため、個人商店や個人経営のお店で利用できる可能性が高くなります。

楽天ペイのメリットは?Apple payとの違いを比較

楽天ペイのメリットは、現金やクレジットカード、電子マネーのカードを持ち歩かなくても良いという点です。現代においては、必需品となったスマホだけで決済できるため、余計な荷物を持ち歩く必要がありません。状況によっては、サイフ自体を持ち歩かなくても良いという事にもなります。

 

 

また、楽天ペイは、スマホを利用しますが、スマホのハード的な制約を受けません。ApplePayでは、Felicaを使用しますので、iPhone7シリーズでしか利用することはできませんが、楽天ペイは、アプリがインストールできるのであれば、iPhoneであってもandroidであっても、ハードを問わずに利用することができるのがメリットとなります。

 

 

さらに、最も重要なメリットが、楽天ペイを利用した場合にポイントを二重取りできるという点です。

 

 

通常、楽天カードを利用して決裁した場合は、100円につき1ポイン分の楽天スーパーポイントが貯まります。これに加えて、楽天ペイを利用した場合は、200円につき1ポイントの楽天スーパーポイントが貯まります。つまり、支払うカードを楽天カードとしていた場合に、200円につき3ポイント分の楽天スーパーポイントが貯まる(還元率1.5%)ということになります。

 

 

なお、楽天カード以外のクレジットカードを登録していた場合は、このポイント還元を受けることができません。そのため、クレジットカードの還元率に加え、楽天ペイによる0.5%のポイント還元を受けられるということにはなりませんので注意が必要です。

 

ap_image
2016年10月25日よりApple Pay(アップルペイ)が利用開始となりました。 最近はニュースでもよく取り上げられて

rakuten
10月25日からついに本格的に始動したApple Pay(アップルペイ)。 開始当初、アクセスの集中によ

楽天ペイ アプリリリースキャンペーン

rakutenpay5

 

 

現在、楽天ペイはアプリリリース記念として、支払金額の最大10%分のポイントをプレゼントするというキャンペーンを行っています。

 

 

キャンペーン期間は2016年10月27日(木)~2017年1月6日(金)AM9:59までとなっています。このキャンペーンはエントリーが必要です。キャンペーンを受ける場合は、公式サイトでキャンペーンのエントリーを行ってください。

 

 

このキャンペーンの注意点は、10%のポイントプレゼントを受けるためには、支払いカードを楽天カードに設定したうえで、ポイントを利用せずにお買い物をしなければなりません。楽天カード以外のカードを設定している場合やポイントを利用した場合は、還元されるポイントは5%となります。また、このキャンペーンで受け取れるポイントは、最大5,000ポイントまでとなっています。

 

 

ボーナスポイントは、2016年11月30日までに利用した分については、2017年1月31日頃までに、2017年1月6日までに利用した分については、2017年3月31日頃までに一括で付与される予定となっています。

楽天ペイに登録するならやっぱり楽天カード

8228299209_58f25e208c

 

 

楽天ペイを利用するのであれば、設定するクレジットカードは楽天カードが最適となります。

 

 

理由は、すでに解説した通り、支払いカードとして楽天カードを設定していることで、

 

200円ごとに1ポイント分の楽天スーパーポイントが貯まるキャンペーン
楽天カード利用分のポイントと合わせて、ポイントの二重取りが可能
楽天ペイ アプリリリースキャンペーンで、お支払金額に対し10%のボーナスポイント

 

を受けられるという点になります。

 

 

楽天ペイを利用して楽天スーパーポイントを賢くためるには、支払いカードとして楽天カードを設定しておくことをお勧めします。

 

 

Pocket