new_image_skyteam-hong-kong-exclusive-lounge
Pocket

 

デルタ航空のメダリオンプログラムは、デルタ航空を頻繁に利用される方がお得になる特典が用意されたプログラムです。

 

 

ここでは、メダリオンプログラムの中で、比較的取得しやすく、また、様々なサービスを受けることができるゴールドメダリオン会員資格について、ご説明します。(デルタ航空のスカイマイルの解説はこちら)

 

 

デルタ航空の会員資格のすべて

デルタ航空のメダリオンプログラムには、シルバーメダリオン会員、ゴールドメダリオン会員、プラチナメダリオン会員、ダイヤモンドメダリオン会員の4つのレベルがあります。

 

各メダリオン会員の代表的な特典・サービス
メダリオン会員特典詳細 シルバー ゴールド プラチナ ダイヤモンド
ファーストクラスへのアップグレード 出発の24時間前 出発の72時間前 出発の5日前 出発の5日前
コンフォートプラスへのアップグレード 出発の24時間前 出発の72時間前 発券直後 発券直後
優先キャンセル待ち
マイル加算 1ドルにつき7マイル 1ドルにつき8マイル 1ドルにつき9マイル 1ドルにつき11マイル
手荷物手数料免除
搭乗日当日の時間変更手数料免除  
優先チェックイン
優先搭乗 スカイプライオリティ スカイプライオリティ スカイプライオリティ
お手荷物の優先受け取り  
スカイチーム・ステータス エリート エリートプラス エリートプラス エリートプラス
スカイチーム ラウンジ利用  

 

 

シルバーメダリオン会員

シルバーメダリオン会員になるためには、デルタ航空および提携する航空会社のフライトで、1年間でメダリオン会員資格取得必要マイルである25,000マイルを貯めるか、メダリオン会員資格取得必要区間である30区間のフライトを利用する必要があります。 

 

 

シルバーメダリオン会員では、優先チェックイン、優先搭乗、優先予約キャンセル待ち、空港での優先的な空席待ち(当日予約)、エコノミークラス座席指定という特典を受けることができます。また、マイルも+50%追加されるとともに、メダリオンボーナスマイルとして、+25%加算されます。

 

 

ゴールドメダリオン会員

ゴールドメダリオン会員の詳細については、次項目の「ゴールドメダリオンの付帯サービスを徹底解説」で解説します。

 

 

プラチナメダリオン会員

プラチナメダリオン会員になるためには、デルタ航空および提携する航空会社のフライトで、1年間でメダリオン会員資格取得必要マイルである75,000マイルを貯めるか、メダリオン会員資格取得必要区間である100区間のフライトを利用する必要があります。

 

 

プラチナメダリオン会員では、シルバーメダリオン会員の特典に加えて、予約の確保補償や優先手荷物取り扱いといったサービスも受けることができます。また、スカイチームのラウンジも利用することができます。さらに、また、マイルも+50%追加されるとともに、メダリオンボーナスマイルとして、+100%加算されます。

 

ダイヤモンドメダリオン会員

ダイヤモンドメダリオン会員になるためには、デルタ航空および提携する航空会社のフライトで、1年間でメダリオン会員資格取得必要マイルである125,000マイルを貯めるか、メダリオン会員資格取得必要区間である140区間のフライトを利用する必要があります。

 

 

ダイヤモンドメダリオン会員では、プラチナメダリオン会員の特典とほぼ同様ですが、無制限メダリオン無償アップグレードが5日間、優先的に行える点と、メダリオンボーナスマイルが、+125%加算されるという点が異なっています。

ゴールドメダリオンの付帯サービスを徹底解説

airport-1822133_960_720

 

 

ゴールドメダリオン会員になるためには、デルタ航空および提携する航空会社のフライトで、1年間で、メダリオン会員資格取得必要マイルである50,000マイルを貯めるか、メダリオン会員資格取得必要区間である60区間のフライトを利用する必要があります。

 

 

一般会員が獲得できるフライトマイルは、$1あたり5マイルとなっていますので、50,000マイルを貯めようと思うと、$10,000必要となります。日本円にして、およそ1,200,000円程度となります。

 

 

一般会員から取得するためには非常に多くのお金とフライト時間のかかるゴールドメダリオン会員ですが、その特典について説明します。

空港で受けられるサービス

ゴールドメダリオン会員では、空港での待ち時間を削減するためのサービスが充実しています。まず、空港についてはじめにしなければならないチェックインですが、優先チェックインカウンターを利用することができますので、長蛇の列に並ぶ必要がありません。

 

 

次に、手荷物の預け入れですが、これについても優先カウンターが用意されています。保安検査場も、優先アクセスすることができますので、手荷物検査で待たされることもありません。さらに、着陸後、手荷物が優先的に出てきますので、手荷物を待つ時間も省略することができます。

手数料免除

ゴールドメダリオン会員では、手荷物手数料、搭乗日当日の時間変更手数料、搭乗日当日の空席待ち手数料、直接発見手数料がすべて免除となります。そのため、比較的自由に行動することが可能となります。

エリートプラス会員もスカイプライオリティも同時取得可能?

メダリオンプログラムはスカイチーム・ステータスとも連動しています。シルバーメダリオン会員のスカイチーム・ステータスは「エリート」ですが、ゴールドメダリオン会員以上は、スカイチーム・ステータスは「エリートプラス」となります。

 

 

スカイチーム・エリート会員は、スカイチームのフライト搭乗の際に、

 

  • 運賃に応じた予約時の優先空席待ち
  • 座席の優先指定
  • 優先チェックインカウンター
  • 優先搭乗
  • 手荷物制限の追加

 

という特典を受けることができます。

 

 

さらに、スカイチーム・エリートプラス会員は、スカイチーム・エリート会員の特典に加えて、長距離便満席時の正規運賃で、

 

  • エコノミークラスの座席確保
  • 空港ラウンジの利用(同伴者1名)
  • 優先的な荷物の取り扱い
  • 手荷物制限の追加

 

という特典を受けることができます。

 

 

また、ファーストクラス搭乗時やビジネスクラス搭乗時に受けられる「スカイプライオリティ」についても、スカイチーム・エリートプラス会員であれば、常に受けることができます。つまり、ゴールドメダリオン会員があれば、スカイチーム・エリートプラス会員となるため、ゴールドメダリオン会員をもっているだけで、スカイチーム・エリートプラス会員の特典と、スカイプライオリティのサービスを受けることができるのです。

 

 

なお、スカイチーム・エリートプラス会員になるために、スカイチームに加盟している航空会社のマイレージプログラムで、上級会員にならなければなりません。そのため、デルタ航空であれば、ゴールドメダリオン会員にならなければならず、一般会員がスカイチーム・エリートプラス会員になるためには、約1,200,000円必要となっています。

 

vip-1027858_960_720
スカイプライオリティ(SkyPriority)というサービスはご存知でしょうか。 スカイチームが最重要居客に向けた優先サー

全ての会員資格が同時に取得できるデルタアメックスゴールド

何度も説明しているとおり、一般会員の方が、フライトのみでゴールドメダリオン会員になろうとした場合、1年間で1,200,000円が必要となります。ビジネスでデルタ航空を頻繁に利用している方であれば、フライトのみで貯めれないマイル数ではありませんが、そこまで頻繁に利用されない方や、旅行等でしか利用しない方では、どうしても取得するのが難しい会員資格となっています。

 

 

しかし、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(以下デルタアメックスゴールド)には、ゴールドメダリオン会員が付帯しています。

 

 

つまり、デルタアメックスゴールドを持っているだけで、ゴールドメダリオン会員になるための必要マイル数が足りなくても、必要搭乗回数を満たしていなくても、ゴールドメダリオン会員になることができます。

 

01_px240

koushiki

 

デルタアメックスゴールドの年会費

デルタアメックスゴールドの年会費は、26,000円(税抜)となっています。他のゴールドカードよりも割高にはなっていますが、ゴールドメダリオン会員になるために約1,200,000円使用しなければならないことを考えると、十分に元が取れるクレジットカードとなっています。

 

 

付帯保険

デルタ航空のゴールドメダリオン会員になりたいという方は、デルタ航空を頻繁に利用される方だと思います。つまり、頻繁に海外に渡航される方が多いのではないでしょうか。その際に、クレジットカードに期待する項目の1つとして、海外旅行傷害保険があります。

 

 

デルタアメックスゴールドでは、自動付帯と利用付帯が用意されています。

 

 

自動付帯で受けられる保険は、傷害死亡・後遺障害保険金が最高5,000万円、最も頻繁に利用することとなる傷害治療費用保険金と疾病治療費用保険金は、いずれも最高200万円となっています。

 

また、利用付帯で受けられる保険は、傷害死亡・後遺障害保険金が最高1億万円、最も頻繁に利用することとなる傷害治療費用保険金と疾病治療費用保険金は、いずれも最高300万円となっています。

 

賠償責任保険金と携行品損害保険金は自動付帯であっても利用付帯であっても同額で、賠償責任保険金が最高4,000万円、携行品損害保険金が免責3,000円で最高50万円までとなっています。

 

 

ゴールドメダリオン会員/スカイチーム・エリートプラス会員/スカイプライオリティ

デルタアメックスゴールドには、ゴールドメダリオン会員が付帯しています。

 

 

つまり、デルタアメックスゴールドを持っているだけで、ゴールドメダリオン会員になることができるのです。ゴールドメダリオン会員になるということは、自動的にスカイチーム・エリートプラス会員にもなりますので、スカイプライオリティのサービスを受けることも可能となっています。

 

 

さらに、デルタアメックスゴールドを持っているだけで、デルタ航空だけでなく、スカイチーム利用時にも様々な特典を受けることができるようになります。

 

01_px240
デルタ航空のサービスを優先的に利用できるゴールド上級会員資格とスカイチームエリートプラスに、アメックスプラチナカード並の手厚いサービスが付いた旅行者

まとめ

デルタ航空のゴールドメダリオン会員の特典は、空港を利用する際に、非常に多くの時間短縮が可能となっています。また、スカイチームのVIPラウンジも利用できますので、飛行機の待ち時間を有意義に過ごすことも可能です。

 

 

このような、非常に魅力的な会員資格ですが、取得するためには、1年間で50,000マイル以上獲得するか、60区画のフライトに搭乗しなければなりません。そのため、ビジネスで利用している方以外がゴールドメダリオン会員になることは非常に難しいといます。

 

 

しかし、デルタアメックスゴールドを持つことによって、マイル数等は関係なく、ゴールドメダリオン会員になることができます。

 

 

そのため、デルタ航空を頻繁に利用される方やスカイチームのフライトを頻繁に利用する方であれば、デルタアメックスゴールドの年会費以上の恩恵を受けることができるでしょう。

 

 

300x250_g

 

Pocket