credit-card-1591492_960_720
Pocket

 

「今月はちょっと出費がかさむから、キャッシングを利用した方が良いかも…」といった状況に見舞われた経験のある方は、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。その際に、皆さんはクレジットカードのキャッシングをご利用しますでしょうか。それとも、銀行カードローンや消費者金融カードローンのキャッシングをご利用しますでしょうか。

 

 

「どちらも殆ど一緒でしょ?」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、実はクレジットカードのキャッシングとカードローンのキャッシングにはいくつか大きな違い・特徴があります。それらの違いを意識せずにキャッシングを利用した場合、知らずのうちに数万~数十万の損をしていた…といったことになるかもしれません。

 

 

そこで今回は、「クレジットカードとカードローンのキャッシングの違いとは?」というテーマで、それぞれの借り入れ方法や金利、返済方法について説明していきたいと思います!

 

 

クレジットカードでキャッシングする前に、絶対押さえておきたい基本知識

クレジットカードの「ショッピング枠」と「キャッシング枠」について

はじめに、クレジットカードでキャッシングする際の基本的な条件、予備知識についておさらいしておきましょう。

 

 

クレジットカードには通常、借り入れの限度額が設定されていますよね。その限度額は、「ショッピング枠」「キャッシング枠」とふたつの枠が存在します。

 

 

ショッピング枠とはその名の通り、クレジットカードを使って買い物や支払いをするとき──つまりクレジットカードでのショッピングをする際の限度額です。1回払いなら手数料は無料ですが、分割払いとリボ払いの場合は手数料が発生します。

 

 

これに対して、キャッシング枠は商品購入に関わらずクレジットカードを使って直接お金を借りるときに適用される限度額です。各クレジットカード会社が提携している金融機関のATMやクレジットカード会社のHP上のネットキャッシングから借り入れをすることが出来ます。

 

 

冒頭に挙げた「今月はお金が足りないのでクレジットカードを使ってやりくりしたい」という場合においては、ショッピング枠を使って購入予定の商品を分割払いやリボ払いにする方法と、キャッシング枠を使って直接お金を借りる方法と、2つの方法があるということですね。

 

 

どちらが適切かについては、当然ながらその時の状況によって変わってきます。また、それぞれ金利のかかり方も変わってきますので、詳しくは以降の内容も参照の上、判断していくと良いでしょう。

 「キャッシング枠」は「ショッピング枠」の中に含まれている

ここで1つ注意しておきたいのは、「キャッシング枠はショッピング枠の中に含まれている」ということです。

 

 

例えば、ショッピング枠50万円、キャッシング枠20万円のクレジットカードがあったとします。そのクレジットカードで、ショッピング枠40万まで使用した場合、キャッシング枠の残りは10万になってしまう、ということですね。

 

 

キャッシング枠については通常クレジットカードの初回発行時に設定できます。ですが、大分前に発行したクレジットカードで「自分の今使っているクレジットカードのキャッシング枠がどれくらいかわからない…」という場合は、利用明細書を確認してみましょう。キャッシング枠についての記載と金額が記載されています。そのほか、「キャッシング枠を変更したい」という場合はクレジットカード発行会社に電話をかけ、オペレータの方に「キャッシング枠**円にしてください」と伝えれば、先方にて設定してくれます。

 

 

ですが、ショッピング枠・キャッシング枠をそもそも形成しているクレジットカードの借り入れ限度額は、クレジットカード発行会社の審査によって利用者の信用度合(現収入や安定性、他の借り入れ・ローン状況等)から決定されます。あくまで借り入れ限度額内での設定になることを理解しておきましょう。

「キャッシング枠」、「ショッピング枠」それぞれ借り入れした場合の利子(金利)は?

続いて意識しておきたいのが、それぞれの枠で(ショッピング払いの場合は一括払いせずに)借り入れした場合の金利についてです。お金を借りるときは当然利子が付きますので、その利子がどのケースでどのくらいになるのか、というのは前もって把握しておくことは必須です。

 

 国内発行のクレジットカードのショッピング分割払い時の金利年率と、キャッシング枠利用時の金利年率の比較

 

ショッピング分割払い時の
実質年率

キャッシング枠利用時の
実質年率

JCBカード

2.5% ~ 16.4%

15.0% ~ 18.0%

三井住友VISAカード

2.0% ~ 16.1%

14.4% ~ 18.0%

オリコカード ザ ポイント

2.0% ~ 16.4%

15.0% ~ 18.0%

イオンカード

1.6% ~ 19.8%

7.8% ~ 18.0%

 

上記表を見てみますと、以下の二つのことが確認できます。

 

#1 キャッシング枠利用は、ショッピング分割払いよりも利子が高い

#2 ショッピング分割払いの利子(実質年利)のパーセンテージは最小値と最高値の差が大きい

 

まず#1については、「クレジットカードのキャッシングとは、こういうものだ」という認識をされておくと良いかもしれません。各クレジットカード会社にとって、利用者のキャッシング枠の活用は「(企業側の)利益創出ポイント」という位置づけなのです。「お金を貸すので、その分の対価(利子)は払ってくださいね」というスタンスだということですね。

 

 

続いて、キャッシング枠活用と比べて利子が低いとされるショッピング分割払いのケースですが、#2で見られるように利率の幅が大きいのが気になるところでしょう。これは、分割払い時に設定する「支払い回数」によって決まります。分割回数が少ない場合利子は減りますが、多めの分割払いにすると利子はどんどん増えていきます。

 

 

具体的な例として、上記表でも取り上げた、「イオンカード」と「オリコ ザ ポイントカード」のショッピング分割払い時の、分割回数ごとの実質年率の比較を見てみましょう。

 

 

イオンカードのショッピング分割払い時の実質年率

分割回数

3

15

36

実質年率

1.65%

8.25%

19.80%

 

オリコ ザ ポイントカードのショッピング分割払い時の実質年率

分割回数

3

6

18回以上

実質年率

12.20%

13.90%

15.00%

 

両カードともに、分割回数を増やすごとに実質年率が上がっていくのが確認できると思います。特にイオンカードの回数ごとの上昇率はとても大きいですね。

 

 

このように、ショッピング分割払いは分割回数によってかかる利子が大きく変わってきますので、その点をしっかり意識した上で、ご利用されることをお勧めします。基本スタンスとしては、「ショッピング分割払いは可能な範囲で、最小回数に設定する」としておくことが大切です。

参考: クレジットカードでショッピング分割払いやキャッシングを利用することが見込まれる場合の、お薦めのカードは

クレジットカードをショッピング分割払い、キャッシング利用前提で活用したい、という場合は、年会費無料でかつ年利も他のカードと比較して低めの、イオンカード及びオリコ ザ ポイントカードがお薦めです。

 

waon-shop-6

koushiki

 

イオンカードは、キャッシング時の金利が低いだけでなく年会費が永年無料であること、更には毎月20・30日はイオングループでのお買い物代金が5%OFFになる「お客様感謝デー」サービスはお得です。

 

また、イオンカードの中でも特におすすめなのは「イオンカード セレクト」、イオン銀行の預金金利はメガバンク(0.001%)の120倍の0.12%。分割金利が安いだけでなく、預金金利も高い、人気のクレジットカードです。

 

 

55423-the-point-m

koushiki

 

オリコザカードポイントもまた、年会費が永年無料で、かつ「ポイント高還元」としてポイントが貯まりやすいことで人気のクレジットカードです。

 

入会後、6ヶ月間の還元率2.0%は最強クラスです。そのほか、入会キャンペーンの充実さ、電子マネー対応、Amazonショップでの利用可能──といった活用範囲も広げやすい、マルチなメリットを兼ね揃えています。

 

 

どちらのクレジットカードもキャッシングや分割払いと併せて上記特典も活用していくことによって、よりメリット感を創出していけることでしょう。

カードローンでキャッシングをする場合に、絶対押さえておきたい基本知識

さて、続いてはクレジットカードではなく、カードローン会社からキャッシングする場合について説明していきたいと思います。

カードローンでのキャッシングには、「ショッピング(分割)払い」はない。

当然ながら、カードローンでのキャッシングはクレジットカード利用である「ショッピング払い」はありません。

 

お店でショッピングしていて、「どうしても欲しいものがあって、でも手元にはお金がない」という際には、一旦お店を出て専用のATMまたはインターネットでまず現金を借りる為の手続きをする必要があります。──こうやって考えると、クレジットカードのショッピング払いの利便性も改めて実感できるのではないでしょうか。

カードローンでのキャッシングは、「銀行系」か「消費者金融系」かで利子やサービス特典が大きく異なる

カードローン会社は、「銀行系カードローン」と「消費者金融系カードローン」と大きく2つの分類があり、それぞれのキャッシングサービスにかかる金利も傾向が分かれています。

 

各カードローン会社の形態と金利の関係

キャッシングサービス

会社形態

金利

三井住友銀行

銀行

14.5%

三菱東京UFJ銀行

銀行

14.6%

みずほ銀行

銀行

14.0%

アコム

消費者金融

18.0%

モビット

消費者金融

18.0%

アイフル

消費者金融

18.0%

 

上記表から見て取れるように、銀行系カードローンの方が、金利は3~4%ほど低めになっています。定期的かつ長期的に借り入れをするという場合は、銀行系カードローンにした方がお得になる、ということですね。

 

 

ですが、消費者金融系カードローンの場合は、銀行系カードローンにはない特典サービスが付いていることが多いです。どのような特典があるのかというと、以下のような項目を多くの消費者金融のキャッシングサービスで用意しています。

 

#1 最短即日融資が可能で、お急ぎの入用でも対応可

#2 期間限定の無利息サービス付き

#3 パート・アルバイト・学生でも安定収入が確認できれば申し込みOK

 

#1に関しては、現在の消費者金融会社の多くが対応可能としているところです。#2の「期間限定の無利息サービス」については、アコムやプロミス、アイフルやレイクでは最大30日間無利息でのキャッシングを可能としています。短期間で返済の予定が建てられる場合は、こちらを活用されるのが一番お得ということですね。

カードローンでのキャッシングとクレジットカードのキャッシングの違い

ここまでの内容をまとめると、クレジットカードでのキャッシングと比較しての、カードローンのキャッシングには以下の特徴があることが確認できます。

 

  • カードローンのキャッシングの場合、ショッピング分割払いのような、店頭や窓口から直接のやりとりはできない
  • 銀行系カードローンは、クレジットカードのキャッシングと比較して金利(年利)が平均4~5%ほど低い
  • 消費者金融系カードローンは、クレジットカードのキャッシングとほぼ同等の金利(年利)だが、「期間限定の無利息サービス」など、独自の特典がある

 

クレジットカードのキャッシング(ショッピング分割払いも含む)、銀行系カードローンのキャッシング、消費者金融系カードローンのキャッシングと三者で比較した場合、それぞれどのキャッシング方法にもメリットがあるということが伺えます。

キャッシングの際の注意点 「キャッシング先は、なるべく1か所で。複数からのキャッシングは多重債務の入り口!」

クレジットカード、銀行系・消費者金融カードローンそれぞれメリットがあるからと言って、「全部のサービスを利用して、都度うまく使い分けていこう」とは考えない方が良いかもしれません。なぜなら、人は本質的に多方向に意識を向けるのは苦手な生き物だからです。借入先が複数あると、それに対する意識も分散して、「気付いた時には借り入れ額・利子が膨大に膨れ上がっていた」といったことにもなりかねません。

 

 

基本、「一括払いできるときは無駄なキャッシングは行わない」、そしてキャッシングの必要性がでたときは「分散しないよう、なるべく一箇所でキャッシングを行う」を意識しておくことをお勧めします。また、「どのキャッシングを利用するのが一番お得か」については、まさに利用される方の状況やキャッシングの活用用途、返済計画次第です。

 

 

──と話が進んだところで、今回の記事テーマのまとめ、「クレジットカードとカードローン、キャッシングするならどっち?」に進みたいと思います。

クレジットカードとカードローン、キャッシングするならどっち?

ここまでで、クレジットカード、カードローンそれぞれのキャッシングの仕組みや金利などの特徴を説明しました。最後に、「手持ちのお金が無いとき、キャッシングをするならどのサービスで利用するのが良いか」についてお話したいと思います。

 

 

まず、クレジットカードでのキャッシング(ショッピング分割払いも含む)。こちらを利用されるのが適している場合としては、

 

購入内容が明確になっており、ショッピングの分割払いで対応可能
クレジットカードのポイント特典が有効に活用できるあてがある

といったケースが当てはまるでしょう。また、ショッピングの分割払いの場合は、返済回数で大きく利子が変わってくることを念頭に入れて利用されることをお勧めします。

 

 

続いては、カードローンでのキャッシングについては、以下条件を意識されると良いでしょう。

 

半年以上の一定期間、かつ一定額のキャッシングの必要性がある → 銀行系カードローンのキャッシングを活用
少額の借り入れで済む、かつ短期での返済を予定している → 消費者金融系カードローンのキャッシングを活用

また、前にもお伝えしていますが、「(手元に金があるときに)不要なキャッシングをしないこと」、「キャッシング先はなるべく1か所に、複数個所に広げないこと」といった前提を意識した上で、キャッシングをされることをお勧めします。

 

 

現代においてこれだけ多くのキャッシングのサービスがあるということは、裏を返すとそれだけ恩恵を授かっている人が沢山いるということでしょう。事実キャッシングを有効活用されている方々からは、「生活の幅を広げられた」、「日々の利便性、充実度合を向上させることができた」という声も多く挙がってきています。

 

 

──皆さまがキャッシングを活用される際に、より適切な選択をしていけるよう、今回の記事が皆様のお役に立てることを、心より願っています。

 

Pocket