vip-1027858_960_720
Pocket

 

スカイプライオリティ(SkyPriority)というサービスはご存知でしょうか。

 

スカイチームが最重要居客に向けた優先サービスとして位置付けているスカイプライオリティは、空港での手続きが優先される様々なサービスを受けることができます。

 

今回は、空港でVIP待遇が受けられるスカイプライオリティの魅力について説明します。

 

 

スカイプライオリティ(SkyPriority)とは

スカイプライオリティは、エールフランスやデルタ航空が加盟している「スカイチーム」のサービスで、チェックインや手荷物検査など、どうしても移動距離が長くなってしまう空港での手続きについて、移動時間を短縮することを目的として作られたサービスです。

 

 

もともとはデルタ航空で行われていたサービスですが、デルタ航空での成功を受けて、スカイチーム全体で2012年よりサービスが開始されました。現在では、世界各国1,000か所以上の空港において、スカイプライオリティのサービスを受けることができます。

スカイプライオリティの驚愕のメリット・サービスを徹底解説

airport-1659008_960_720

 

 

スカイプライオリティは、空港でのあらゆる手続きが、他の一般の方よりも優先されるサービスとなっています。

 

優先チェックイン

飛行機のチェックインの際、スカイプライオリティ専用のチェックインカウンターでチェックインすることができます。国内でも長くなってしまうことがあるチェックインですが、海外では、さらに長蛇の列になることも珍しくありません。

 

 

また、国際線の場合は特に言葉の問題により、他の方の時間がかかってしまう場合もありますので、想像以上に時間がかかってしまうチェックインですが、優先チェックインが行えることにより、時間を有効に活用することができます。

 

 

優先受託手荷物カウンター

手荷物を預ける際にも、スカイプライオリティ専用の受託手荷物カウンターを使用することができます。手荷物を預ける場合、必ず手荷物をX線で検査するため、手続きに時間がかかりますので、一般の受託手荷物カウンターは非常に込み合います。

 

 

また、他の人の荷物から持ち込み不可な物品が発見された場合など、余計な時間がかかってしまうケースも多々ありますが、スカイプライオリティ専用の受託手荷物カウンターであれば、さほど列に並ぶ必要がありませんので、こちらも時間をムダにすることがありません。

 

 

優先保安検査レーン

パスポート審査や保安検査を、スカイプライオリティ専用のレーンで優先的に行うことができます。このサービスは、一部の空港でのみ受けることができます。

 

 

パスポート審査や保安検査は、一人一人のチェックに比較的時間を要するため、待ち時間が長くなることが多いのですが、これも専用レーンを使用できるため、時間を大幅に短縮することができます。

 

 

優先搭乗

飛行機への搭乗時においても、スカイプライオリティ専用の優先レーンを使用できます。そのため、搭乗待ちの列に並ばずに、搭乗開始から出発までの好きな時に飛行機に搭乗することができます。もちろん、搭乗可能になり次第、最初に搭乗することも可能です。

 

 

飛行機への搭乗を早く行うことによって、機内でゆっくりくつろぐことができますし、すでに搭乗が開始され、長蛇の列ができているときに搭乗口についたとしても、並ばずに搭乗できるため、ゆっくり空港を探索することもできます。

 

 

優先乗り継ぎデスク

乗り継ぎの際には、スカイチームのチケットオフィスや乗り継ぎデスクを利用することで、スムーズな乗り継ぎが可能となります。

 

 

受託手荷物の優先的な取り扱い

飛行機到着後の受託手荷物の引き渡しは、通常であれば、いつ出てくるかわからないレーンに張り付いて、長時間待つ必要がありますが、スカイプライオリティでは、優先的にバゲージクレームから受け取ることができます。

 

 

そのため、現地に到着してからの時間も無駄にすることなく、一足先に空港を出ることが可能となっています。

 

 

優先パスポート審査

優先保安検査レーンと違い、優先パスポート検査は、スカイプライオリティに対応している空港であれば、全ての空港で受けることができます。パスポート検査を優先レーンで行うことができますので、パスポート検査の長蛇の列に並ぶ必要がありません。

 

 

受託手荷物の優先的な取り扱いのサービスと併用することで、さらに素早く空港を後にすることが可能です。

 

 

優先チケットオフィス

チケットオフィスでも、スカイプライオリティ専用の優先レーンを使用することができます。そのため、チケットの購入等を行う際にも、長い待ち時間を気にする必要がなくなります。

 

 

その他のサービス

スカイプライオリティでは、他にも出口や前方に近い座席を優先的に選べるサービスや、ヘルプセンターでの優先レーンといったサービスを受けることができます。

スカイプライオリティのサービスを受けるために必要な条件は?

スカイプライオリティのサービスを受けるためには、スカイチームエリートプラス会員になるか、ファーストクラス、もしくはビジネスクラスに搭乗する必要があります。

 

 

スカイチームのエリートプラス会員とは、スカイチームが「エリートプラス会員」という会員を提供しているのではなく、スカイチームに加盟している航空会社の上級会員の総称として使われています。

 

 

例えば、デルタ航空では、スカイマイルのステータスとして、

 

  • シルバーメダリオン
  • ゴールドメダリオン
  • プラチナメダリオン
  • ダイヤモンドメダリオン

 

と4つの上級会員が用意されています。

 

この中でスカイチームのエリートプラス会員に該当するのは

 

  • ゴールドメダリオン
  • プラチナメダリオン
  • ダイヤモンドメダリオン

 

の以上3つとなります。

 

シルバーメダリオンは、スカイチームでの会員種別は「エリート会員」となるため、スカイプライオリティを受けることはできません。

 

 

また通常、デルタ航空の上級会員資格の「ゴールドメダリオン」は、年間約60万円程度の航空券を購入して初めて取得できます。よって、ゴールドメダリオン会員になった際に、自動的にスカイチームの「エリートプラス会員」にもなれるということです。

メダリオンプログラムとスカイプライオリティ、特典やサービスの違いは?

メダリオンプログラムは、デルタ航空のマイレージ会員の事を指し、スカイプライオリティは、スカイチームが提供するサービスです。メダリオン会員がスカイプライオリティのサービスを受ける場合は、ゴールドメダリオン以上の会員となる必要があります。

 

 

なお、シルバーメダリオン会員であっても、デルタ航空のフライトであれば、優先チェックインや優先搭乗を受けることができます。しかし、セキュリティラインへの優先アクセスや受託手荷物の優先的な取り扱いサービスを受けるには、ゴールドメダリオン以上の会員資格が必要となります。

 

 

つまり、メダリオンプログラムの会員であっても、ゴールドメダリオン会員以上の会員資格があれば、スカイプライオリティのサービスを併せて受けることができますので、空港でのサービスにはほとんど違いはありません。

 

 

しかし、スカイプライオリティのサービスは、あくまで空港での時間を短縮することを目的としたサービスですので、その他のサービス(フライトマイルの加算や手荷物手数料の無料化等)については、メダリオンプログラムで受けることとなります。

 

 

尚、デルタ航空のスカイマイルやゴールドメダリオン会員資格については下記のページにて詳しく解説しています。

do_del100809_01
日本でマイレージプログラムといえば、全日空(ANA)や日本航空(JAL)のマイレージプログラムが有名です。入会金や年会費が無料で、飛行機を利用するだけでマイ

スカイプライオリティが自動付帯?エリートプラス会員も同時に?

今まで、スカイプライオリティについて説明してきましたが、空港内でVIP待遇を受けれるサービス内容や魅力などはご理解いただけましたでしょうか?

 

 

実は、クレジットカード1枚保有するだけで、スカイプライオリティとゴールド会員資格が同時に得られる、信じられないカードがあるのでご紹介します。スカイチームユーザー必見です。

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

01_px240

syousai

koushiki

 

 

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(以下デルタアメックスゴールド)は、デルタ航空が発行するクレジットカードで、国際ブランドは名前の通り、アメリカン・エキスプレスカードとなっています。

 

 

デルタアメックスゴールドの年会費

デルタアメックスゴールドの年会費は、26,000円(税抜き)となっています。家族カードは年会費12,000円(税抜き)で作成することができます。

 

 

なお、ETCカードは初年度無料で2年目以降は540円となっていますが、年に1回以上の利用で無料となるので、実質無料で利用できます。

 

 

デルタアメックスゴールドの還元率

デルタアメックスゴールドは、カード利用代金100円に対し、1マイル還元されますので、還元率は1.0%となっています。この点については、他のゴールドカードと大差はありません。

 

 

しかし、デルタアメックスゴールドでは100万円利用毎にボーナスマイルとして+5000マイル付与されます。(年3回目まで)よって、マイル還元率は最大1.5%となり他カードよりも多くのマイルを貯めることができます。

 

 

付帯保険

デルタアメックスゴールドでは、海外旅行傷害保険として、自動付帯として最高5,000万円(各治療費用保険金は最高200万円)、利用付帯として最高1億円(各治療費用保険金は最高300万円)の保険が付帯しています。

 

 

ゴールドメダリオン会員資格

デルタアメックスゴールドには、デルタ航空のメダリオンプログラムの中の「ゴールドメダリオン」の資格が自動で付帯しています。そのため、デルタ航空のフライトを頻繁に利用する場合、通常のメダリオンプログラム会員よりも有利にマイルをためることができます。

 

 

また、ゴールドメダリオン会員は、スカイチームの会員資格においては「エリートプラス」の会員資格となりますので、自動的にスカイプライオリティの会員資格も有することとなります。

 

 

つまり、デルタアメックスゴールドを持っているだけで、ゴールドメダリオンの会員資格とともに、スカイプライオリティのサービスを受ける特典も有しているということになります。

 

300x250_g

デルタアメックスゴールドはこんな方におすすめ

スカイチームのフライトを頻繁に利用される方
せっかくの海外旅行で、空港で無駄な時間を過ごしたくない方
飛行機が着陸したら少しでも早く空港を後にしたい方
長蛇の列に並ぶのが苦手な方

 

デルタアメックスゴールドは、アメリカン・エキスプレスカードのゴールドカードとなっていますので、年会費が他のクレジットカードよりも高額に設定されています。

 

 

しかし、海外によく渡航されるかたで、スカイチームのフライトを利用される方、特にデルタ航空のフライトを頻繁に利用される方には、ゴールドメダリオン会員の特典とスカイプライオリティのサービスを受けることができますので、この点だけでも十分に年会費以上の価値を有するクレジットカードとなっています。

 

 

スカイプライオリティは、フライト前後で必要となる場所において、無駄な時間を短縮できる素晴らしいサービスです。海外旅行や海外出張でも、出来るだけストレスフリーで入出国したいものです。

 

 

デルタアメックスゴールドを1枚持つだけで、ゴールドメダリオン会員資格が自動的に与えられることにより、エリートプラス会員・スカイプライオリティも同時に手に入ります。マイラーでも陸マイラーでもデルタアメックスゴールドはメリット満載です!スカイプライオリティを利用して快適な旅行にしましょう!

 

Pocket