trump-1573999_960_720
Pocket

 

クレジットカードを利用する方であれば、やはりいつかは持ちたいカードが「プラチナカード」です。

 

 

安心できる旅行保険や豊富な付帯サービスなど、ゴールドカードでも及ばないほどの特別なサービスがやはり魅力ですよね。

 

 

持つ方のステータスを証明してくれるものにも成り得るプラチナカードをそろそろ考えてみませんか?

 

 

プラチナカードとは?

silver-1585005_960_720

 

 

クレジットカードのランクの中でも、一部のブラックカードを除いて最上位に位置するカードがプラチナカードです。

 

 

最上位カードであるアイデンティティから、プラチナカードは各クレジットカード会社のカードラインナップの中でも特別なサービスを提供しています。

 

 

旅行の際の万が一に備えてくれる旅行保険も充実しており、家族カードを持たない家族の同行にも補償を備えることが出来る家族特約も、ほぼ全てのプラチナカードに付帯しています。

 

 

また、カードホルダーにとって最も大きなメリットとなっているのが豊富な付帯サービスです。

 

 

世界中の空港ラウンジを使い放題のプライオリティパスや、レストランで1名無料になるサービスを提供しているプラチナカードも多く、ユーザーにとっての大きなメリットとなっているのです。

プラチナカードのサービスのキモ、コンシェルジュサービスとは

mg_8885-1024x465

 

 

豊富なプラチナカードのサービスの中でも、特別なサービスと言えるのが「コンシェルジュサービス」です。

 

 

プラチナカードの多くにはプラチナカード専用の「プラチナデスク」が用意されており、365日24時間対応でユーザーの要望に応えてくれます。

 

 

コンシェルジュサービスでは、航空機や新幹線の手配はもちろんのこと、ホテルやレストランの予約も電話一本で対応してもらえます。

 

 

それだけではなく、海外の限定品の買い付けやギフトの手配など、事細かな要望に応えてくれるのが大きなメリットとなります。

 

 

プラチナカードを保有することで優秀な個人秘書を手に入れることが出来る、それがプラチナカードを持つ大きな意味になるのかも知れませんね。

プラチナカードを保有する為には?

プラチナカードは選ばれた人しか持つことが出来ないカード、と言うのが多くの方が抱いているイメージではないでしょうか?

 

 

と、言うのも多くの場合プラチナカードは、クレジットカード会社からの招待「インビテーション」を受けなければ持つことが出来ないカードだからなのです。

 

 

年収が充分であっても、そのクレジットカード会社でのクレジットヒストリーを積まなくては作ることが出来ないのがプラチナカード。

 

 

それでは、プラチナカードを作ろうと思っても、すぐに作らなくてはならないのか?と言うと決してそのようなことはありません。

 

 

近年では、クレジットカード各社でインビテーション無しでも作ることが出来るプラチナカードが多く展開されています。

 

 

ここからは、インビテーション無しでも申し込み可能なプラチナカードをご紹介していきましょう。

申し込み可能なプラチナカード【通常カード編】

インビテーション無しでも申し込みが可能なプラチナカードは、現在多くのクレジットカード会社によって発行されています。

 

 

この項では、すぐに申し込み可能なプラチナカードの中から、ベーシックな機能を持つ「通常カード」をご紹介していきましょう。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカンエキスプレスカード

visual_011

syousai

koushiki

 

年会費(本会員・家族会員) 本会員20,000円+税・家族会員3,000円+税
国際ブランド アメリカン・エキスプレス
申込資格 18歳以上の社員
還元率 0.5%~1.125%(JALマイル)
旅行保険(最高死亡補償額) 最高1億円
プライオリティパス あり (プレステージ会員)
コンシェルジュ 24時間 365日 対応

 

セゾンカードの発行する最上位カードとなるのがセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカンエキスプレスカード。

 

 

ビジネスカードではありますが、個人の方でも申し込みすることが可能なプラチナカードとなっています。

 

 

このカードの大きな特徴は、18歳以上で会社員として勤めている方・電話連絡可能な方なら申込可能なところ。全てのプラチナカードカードの中でもっとも申込資格の基準が低くなっています。会社によっては、ゴールドカードの申込みすら20歳以上が多い中、18歳から申込可能という点から考えると審査が通りやすいということがわかりますね。

 

 

また、年会費は通常税別20,000円に設定されていますが、年間200万円以上のカード利用で次年度の年会費が半額の税別10,000円となり、プラチナの付帯サービスはそのまま、ゴールドカード並の年会費になります。

 

 

さらに、通常年会費4,000円が必要なセゾンマイルクラブが無料となり、JALマイルが最大1.125%の還元率で貯めることができます。移行手数料も無料で年間15万マイルまで移行可能です。JAL陸マイラーで、クレジットカードの年間利用額が多い方にもおすすめできます。

 

セゾンプラチナアメックスは、年会費も10,000円まで下がる非常にコスパの高いプラチナカードです。海外旅行保険最高1億・プライオリティパス(プレステージ会員)・コンシェルジュも付帯され、海外旅行や出張によく行く個人の方や法人の方どちらにもおすすめできます。

 

また、現在、新規入会+利用で10,000円相当のポイントがプレゼントされるお得なキャンペーンが開催中です。プラチナカードを検討中で、審査が不安な方にもおすすめの1枚です。

 

MUFGカード・プラチナ・アメリカンエキスプレスカード

cardface_01

syousai

koushiki

 

年会費(本会員・家族会員) 本会員20,000円+税・家族会員無料
国際ブランド アメリカン・エキスプレス
申込資格 20歳以上で安定収入のある方
還元率 0.5%~0.85%
旅行保険(最高死亡補償額) 最高1億円
プライオリティパス あり (プレステージ会員)
コンシェルジュ 24時間 365日 対応

 

三菱UFJニコスの発行するプロパープラチナカードがMUFGカード・プラチナ・アメリカンエキスプレスカード。銀行系のプラチナカードと言うことで、ステータス性も十分であり、付帯サービスも非常に充実した内容となっています。

 

 

年会費は、20,000円+税とプラチナカードの中でも最安値水準で、家族会員も1名まで無料です。さらに、本会員のプライオリティパス(プレステージ会員)は無料で入会できますが、家族会員も1枚まで無料で入会できる点は他カードには無いメリットです。

 

 

また、通常のポイント還元率は0.5%となっていますが、入会初年度はポイントが1.5倍の0.75%。カードの利用金額を年間100万円以上利用すると翌年の還元率0.85%まで上げることができます。

 

 

付帯するプラチナグルメセレクションは、厳選されたレストランや料亭で2名以上のコース料理での食事で1名分が無料になる嬉しいサービスとなっています。

 

MUFGプラチナアメックスはブラックカードと勘違いさせるような高級感のある券面デザインも人気です。こちらも、旅行保険最高1億円・プラチナコンシェルジュ・海外利用でポイント2倍など、海外旅行や出張に行く方にも安心して利用できるプラチナカードです。

 

 

また、現在、最大10,000円分の三菱UFJニコスギフトカードがプレゼントされる入会キャンペーンをやっています。コスパも高く、オシャレな券面デザインのMUFGプラチナアメックスでご自身のステータスもUPしましょう!

 

Orico Card THE PLATINUM(オリコカード ザ プラチナ)

20161003-img_01

syousai

koushiki

 

年会費(本会員・家族会員) 本会員20000円(税込)・家族会員3枚まで無料
国際ブランド MASTER
申込資格 20歳以上で安定収入のある方
還元率 1%~
旅行保険(最高死亡補償額) 最高1億円
LoungeKey(ラウンジ・キー) あり
コンシェルジュ 24時間 365日 対応

 

オリコカードの発行する最上位カードとなっているのがOrico Card THE PLATINUMです。年会費は税込みで20,000円なので、2万円以下の低価格のプラチナカードです。

 

 

オリコカードのアイデンティティとなるのが、業界最高水準とも言える高還元のポイント還元率。通常1%の還元率に加え、海外での利用やリボ払いの利用・iDやQUICPayの利用でプラス0.5%、誕生日月はプラス1%など高還元でのカードの利用が可能です。誕生日月に利用すれば合算で還元率2.5%まで上がるので非常にお得です!

 

 

厳選のレストランでの2名以上のコース料理の利用で1名分が無料になるグルメのサービス。そしてOrico Club Off Vipでは国内外のレジャー施設を最大80%引きで利用できる他、VIP専用のサービスを受けることが出来ます。

 

オリコカード ザ プラチナは、同行する家族まで補償される家族特約付きの手厚い旅行保険も大きなウリの1つです。プライオリティパスの代わりのラウンジキーで空港ラウンジも無料で利用できます。

 

また、iD・QUICPayの利用で還元率0.5%UPされることから、Apple Payと非常に相性がいいクレジットカードとして非常に人気です。オリコカード ザ プラチナは、通常利用でも還元率も良く、保険や付帯サービスも充実しており、プラチナカードのステータス性と実用性どちらも兼ねそろえた超優秀なカードです。

 

SBIプラチナカード

platinum_hdg_figure

syousai

koushiki

 

年会費(本会員・家族会員) 本会員20000円+税・家族会員無料
国際ブランド MASTER
申込資格 20歳以上で学生を除く安定収入のある方
還元率 0.5%~1%
旅行保険(最高死亡補償額) 最高1億円
プライオリティパス なし
コンシェルジュ 24時間 365日 対応

 

SBIカードが発行するプロパープラチナカードがSBIプラチナカードです。

 

 

大きな特徴となっているのが、カード券面のデザイン。カードの素材には本物のプラチナが使用されており、見た目にも特別感を演出してくれるカードとなっています。

 

 

また、通常の利用付与ポイントの他に年間の利用金額に応じたボーナスポイントが設定されているのも大きなメリット。最大で1.5%のキャッシュバックを受けることも出来るお得なカードとなっているのです。

 

SBIプラチナカードの家族特約付きは6親等以内の血族または3親等以内の姻族までが家族扱いとなり、他カードにはない手厚い旅行保険となります。

 

 

また、最大の特徴となるのは、住信SBIネット銀行にドル預金さえあればアメリカ圏内で支払いする際、手数料無料でドル決済が利用できます。海外でクレジットカード決済する時、必ず手数料は発生します。海外利用時に無駄な手数料をカットできるのは大きなメリットですね。

申し込み可能なプラチナカード【マイル編】

海外旅行時の手厚い保険や、ラウンジサービスなどのメリットが豊富なプラチナカード。

 

 

やはり、プラチナカードを保有する層のユーザーであれば海外旅行に出かける機会も多いのではないでしょうか?

 

 

海外旅行に出かける人にとってうれしいのはマイルを貯めることが出来るカードですよね。ここでは、厳選のマイラープラチナカードをご紹介していきましょう。

ANA VISAプラチナ プレミアムカード

c03_card_01

syousai

koushiki

 

年会費(本会員・家族会員) 本会員80000円+税・家族会員4000円+税
国際ブランド VISA
申込資格 30歳以上で安定収入のある方
還元率 0.5%~1.5%
旅行保険(最高死亡補償額) 最高1億円
プライオリティパス あり
コンシェルジュ 24時間 365日 対応

 

ANAと三井住友カードの提携で発行されるANA VISAプラチナ プレミアムカード。

 

 

カードの利用で付与されるワールドプレゼントは1ポイント=ANAマイル15マイルに手数料無料で移行することが可能です。つまり、マイル付与率1.5%と言う脅威のマイル還元率で利用することが出来るカード。

 

 

また三井住友カードのプラチナカードと言うことで、人気の宝塚歌劇のプラチナ席の優先予約などのエンターテイメントでのメリットも豊富です。

MileagePlusセゾンプラチナカード

mileageplus_visa_platinum_wp

syousai

koushiki

 

年会費(本会員・家族会員) 本会員36000円+税・家族会員9000円+税
国際ブランド VISA
申込資格 学生を除く20歳以上の方
還元率 マイル付与率1.5%
旅行保険(最高死亡補償額) 最高1億円
プライオリティパス なし
コンシェルジュ 24時間 365日 対応

 

世界最大規模の航空連合「スターアライアンス」と提携するMileagePlusセゾンプラチナカード。カードの利用では、ポイントを経由することなく直接ユナイテッド航空のマイルが付与されるのも嬉しいポイントです。

 

 

また、通常還元率も1.5%と脅威の高還元となっていますが、加盟店での利用ではさらに1000円ごとに5マイルが加算、マイルを貯めやすいプラチナカードとなっています。

JAL・JCBカードプラチナ

jal_platinum_jcb

syousai

koushiki

 

年会費(本会員・家族会員) 本会員31000円+税・家族会員15500円+税
国際ブランド JCB
申込資格 20歳以上で安定収入のある方
還元率 マイル付与率1.0%
旅行保険(最高死亡補償額) 最高1億円
プライオリティパス あり
コンシェルジュ 24時間 365日 対応

 

JALとJCBが提携して発行するJAL・JCBカードプラチナは、JALカードの中でも最上位カードとなるプラチナカードです。カードの利用では、直接マイルを貯めることが可能でマイル還元率は1%と高還元になっています。

 

 

グルメベネフィットでは、厳選のレストランでの2名以上のコース料理の食事で1名分が無料になるお得なメリットがあります。

JAL アメリカン・エキスプレス ・カード プラチナ

1097

koushiki

 

年会費(本会員・家族会員) 本会員31000円+税・家族会員15500円+税
国際ブランド アメリカン・エキスプレス
申込資格 20歳以上で安定収入のある方
還元率 マイル付与率1.0%
旅行保険(最高死亡補償額) 最高1億円
プライオリティパス あり
コンシェルジュ 24時間 365日 対応

 

JALとアメックスの提携により発行されるのが、JAL アメリカン・エキスプレス ・カード プラチナです。JALカードであることから、カードの利用では直接マイルを1%の高還元で貯めることが出来るのが大きなメリットとなります。

 

 

アメックスブランドのプラチナカードを低価格のコストで保有することが出来るのも、大きなメリットとなりますよね。

プラチナカードの特別な特典をいますぐ

最高1億円単位の旅行保険、そして空港ラウンジの無料利用のプライオリティパスなど特別な特典が豊富に用意されているプラチナカード。

 

 

こうしてみてみると、意外と低価格で持つことが出来るプラチナカードも豊富なことがお分かりいただけたのではないでしょうか?

 

 

通常カードでは得られることのない、カードを利用することによる特別感。

 

 

それを味わうことが出来るのもプラチナカードの大きなメリットと言えるのかもしれませんね。

 

 

Pocket