family-932245_640
Pocket

 

海外旅行に出かける機会の多い方は、クレジットカードの「旅行傷害保険」の補償内容で比較してカードを選んでおられる方も多いのではないでしょうか。

 

 

しかし仕事での出張の場合を除き、家族がいる方が海外旅行をされる場合は多くの場合が家族旅行と言う形になるでしょう。

 

 

そうした場合に注意をしておいた方がいいのが、クレジットカードに付帯している旅行保険の補償の範囲です。

 

 

クレジットカードの旅行保険の対象は、カードを持っている本会員に限定されていることも多く、カードの契約者本人にしか補償が無い場合もあります。

 

 

家族旅行に出かける際には、旅行に一緒に行く家族に対しても補償のある「家族特約」の付いているカードを選択する必要があるのですね。

 

 

旅行保険における家族特約とは?

クレジットカードの付帯保険に適用される特約として「家族特約」と言うものがあります。

 

 

家族特約とはカードを契約した本人だけではなく、カード契約者の家族に対しても旅行保険を補償してくれる特約のことです。

 

 

家族旅行の際などに、自分だけではなく同行した家族に対しても旅行保険が適用されることで、より安心して家族旅行を楽しむことが出来るのですね。

 

 

家族特約は、クレジットカードの付帯保険に付属するサービス。残念なことに、一般のカードには家族特約が付属しているカードは少なく、家族特約の付いた補償を受けるにはゴールドカード以上のカードがおすすめとなってきます。

家族特約の補償の対象となるのは?

家族特約は「契約者の家族」に対しても旅行保険を適用して補償してくれる特約です。

 

クレジットカード各社によって家族特約の対象となる範囲は変わりますが、

 

  • 配偶者
  • 生計を共にする子供
  • 生計を共にする両親
  • 生計を共にする親族

 

などが家族特約の対象となる範囲となってきます。

 

 

家族特約の範囲としては、生計を共にする(扶養している)と言うポイントが前提となってくるのですね。

家族特約で注意が必要な点

家族特約の範囲としては、生計を共にする家族が対象になってきます。

 

 

同居していて、自分が扶養をしている家族であれば、ほとんどの場合は家族特約の対象となってくると言うことになります。

 

 

しかし、ここで注意が必要なのは、家族特約の範囲はあくまでもクレジットカード会社との契約によって異なると言う点です。

 

 

クレジットカードによっては、

 

  • 配偶者
  • 両親
  • 18歳以上の子供

 

などが家族特約の対象になっていないケースもありますので、カード申し込みの前には家族特約の対象となる範囲についても確認をしておくべきであると言えるでしょう。

 

 

また、家族特約の場合には本カードの補償内容よりも、補償される金額が少なくなってしまう場合があることにも注意が必要です。

 

 

家族特約での傷害・疾病保険の補償金額を良く調べておかないと、海外での高額な医療費の請求が来た時に家族特約では充分な補償が受けられずに困ってしまうこともあります。

家族カードと家族特約

それではなぜ上記のように配偶者など、より近しい家族と言える親族が家族特約の対象とならないケースがあるのでしょうか?

 

 

それは、家族カードの存在によるものであると言えるかも知れません。

 

 

配偶者や両親など、18歳を超えた親族には本カードに従ずる「家族カード」を発行することが出来ます。

 

 

クレジットカード会社の方針として、家族カードの発行を推奨している場合は、配偶者などの家族カードを発行できる親族は家族特約の対象とならないケースがあります。

 

 

家族特約の対象となる範囲を申し込みの前や海外旅行の前に確認をしておかないと、補償がついているつもりで補償が受けられないと言うトラブルになってしまいます。

 

 

特に配偶者や子供など、海外旅行に一緒に行く家族が補償の対象になっているかは、必ずチェックしておきましょう。

 

 

家族特約の範囲になっていない家族に対して補償を付帯させるためには、家族カードを作る必要があります。

 

 

逆に、家族特約の対象になっている場合に関しては、家族カードがなくても旅行傷害保険の補償の対象になるのですね。

自動付帯と利用付帯

家族特約で旅行保険の補償を受ける際には、そのカードの旅行保険が「自動付帯」「利用付帯」のどちらなのかにも注意する必要があります。

 

 

カードの付帯保険が自動付帯であった場合には問題ありませんが、注意が必要なのは「利用付帯」であった場合です。

 

 

利用付帯の場合、旅行の際に使用した公共交通機関の料金やパッケージツアーの代金などを、家族特約の対象となるカードで支払わないと補償を受けることが出来ません。

 

 

また、利用付帯の対象となる支払いについても注意が必要です。

 

 

利用付帯で対象となるのは、カードで実際に支払った人数分であることを知っておかなくてはなりません。

 

 

カードで契約者本人と配偶者の分の航空機のチケット料金を支払えば、当然カード契約者と配偶者分の家族特約は適用されます。

 

 

しかし、契約者の両親が別途現金などで支払いをして同行した旅行については、家族特約は適用されません。

 

 

あくまでも、家族特約を適用するためには同行する全員分の料金を、対象となるカードで支払う必要があるのですね。

自分が同行しない海外旅行でもOK

家族特約の付いたクレジットカードのメリットとして、カード契約者本人が参加しない旅行でも補償を受けることが出来る点があります。

 

例えば契約者が旦那さんになる場合、

 

  • 奥さんと子供たちで行く旅行
  • 子供たちだけで行く旅行
  • 同居の祖父母の行く家族旅行

 

なども、家族特約として旅行保険の補償の対象となるのです。

 

 

カード契約者本人が参加していない旅行でも、家族の行く海外旅行が補償の対象になると言うのは大きなメリットになりますよね。

家族特約のメリット

家族特約のメリットとなるのは、クレジットカードを持てない家族の場合でもクレジットカードの旅行保険の補償を受けることが出来る点です。

 

例えば、

 

過去に金融事故を起こしてしまい、クレジットカードを作ることが出来ない家族
18歳未満の子供

 

など、理由があってクレジットカードを作ることが出来ない家族にも、家族特約で補償を受けさせることが出来ます。

 

 

家族カードを作ることが出来ない場合でも、家族特約が付いていれば補償の対象となりますので、安心して旅行に行くことが出来ますよね。

家族特約の付いたゴールドカード4選

家族特約は大きなメリットのあるもの、と言うことはお分かり頂けたかと思います。

 

 

しかし、実際にどのクレジットカードに家族特約が付いているのか、分からないと言う方もいるのではないでしょうか?

 

 

ここでは、家族特約が付いたゴールドカードを4枚ご紹介しましょう。

1枚で家族も安心 セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス

003

 

 

この中でも1番おすすめできるのが、セゾンカードが発行するゴールドカードであるセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス。

 

 

初年度年会費無料、2年目以降税別10000円と言う低コストのカードでありながら、ポイント還元の面や付帯サービスにも充実していることが特徴のひとつです。また、セゾンマイルクラブに加入すれば、最大1.125%でJALマイルを貯めることができます。

 

 

また、アメックスブランドのカードであることで、コストコでもカード利用をすることが出来るのもひとつのメリットであると言えるでしょう。

 

 

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスの海外旅行保険

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスの海外旅行保険は、カード契約者・家族双方に自動付帯で補償が適用されます。家族カードに加入する必要はありません。

 

また、家族特約の対象範囲も生計を共にする同居の親族、別居の未婚の子供となっております。

 

  本会員 家族会員
死亡・後遺傷害 最高5000万円 最高1000万円
傷害治療 最高300万円 最高200万円
疾病治療 最高300万円 最高300万円
賠償責任 最高3000万円 最高3000万円
携行品損害 最高30万円 最高30万円
救援者費用 最高200万円 最高200万円
航空機寄託手荷物遅延費用 最高200万円 最高200万円
航空機遅延費用 最高3万円 最高3万円

 

 

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスの家族特約は家族カード必要なし、本会員のカード1枚だけで配偶者や両親も自動付帯で補償が適用されるので安心、数あるゴールドカードの中でも家族特約付き海外旅行保険の内容は断トツおすすめNo.1です!

 

 

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスのスペック、メリット・デメリットに関する情報は下記にて詳しく解説しています。

003
シーンに関係なくどこで使ってもJALマイルが一番貯まるカードなのでJALマイラーはメインカードに!!

利用付帯でもおすすめ!SBIゴールドカード

gold_hdg_figure

 

SBIゴールドカードは、ネット銀行住信SBIネット銀行などを運営するSBIホールディングスの発行するゴールドカードです。

 

 

最も大きなメリットは、その保有コストの安さです。

 

年会費は税込み2700円となっており、それだけでも充分な安さですが年間100万円以上カードの利用があれば年会費無料で利用できるメリットもあります。

 

 

SBIゴールドカードの海外旅行保険

SBIゴールドカードの海外旅行保険は、旅行代金をSBIゴールドカードで支払った際に補償が適用される利用付帯のカードとなっています。

 

 

利用付帯ということで、旅費などの料金をカードで支払う必要ありますが、カード1枚で本会員と生計を共にしている6親等以内の血族または3親等以内の姻族が家族特約の対象となります。

 

※同居のご家族であっても、お勤めをされている方などの場合は家族特約の対象とならない場合がございます。

 

  本会員 家族会員
死亡・後遺傷害 最高5000万円 最高1000万円
傷害治療 最高500万円 最高250万円
疾病治療 最高500万円 最高250万円
賠償責任 最高1000万円 最高500万円
携行品損害 最高50万円 最高25万円
救援者費用 最高300万円 最高150万円

 

SBIゴールドカードは、海外旅行保険が利用付帯となっていますが、補償内容がかなり充実していてとても人気の高いクレジットカードです。

 

 

人気の理由は、旅先で1番利用する可能性の高い、傷害・疾病治療は最高500万円/250万円とセゾンゴールドアメックスを上回る金額。さらに、家族特約対象者の範囲が6親等以内の血族または3親等以内の姻族と広い点が人気の理由となっています。

 

三井住友VISAゴールド

srv2-trafficgate-1

 

 

三井住友カードが発行するプロパーゴールドカードの三井住友VISAゴールド。

 

 

初年度年会費無料・2年目以降も税別10000円の年会費、さらに2年目以降も利用条件で最大4000円まで年会費を抑えることが可能です。

 

 

三井住友グループのゴールドカードと言うことで、USJや宝塚歌劇などのエンターテイメントでもメリットを受けることが出来るカードでもあります。

 

 

三井住友VISAゴールドの海外旅行保険

三井住友VISAゴールドの海外旅行保険は基本的には自動付帯ですが、死亡・後遺傷害のみ自動付帯・利用付帯で補償金額に違いがあります。

 

  本会員 家族会員
死亡・後遺傷害 最高5000万円(利用)最高1000万円(自動) 1000万円
傷害治療 最高300万円 最高200万円
疾病治療 最高300万円 最高200万円
賠償責任 最高5000万円 最高2000万円
携行品損害 最高50万円 最高50万円
救援者費用 最高500万円 最高200万円

 

三井住友VISAゴールドで、家族特約を付帯させるには、家族カード(初年度年会費無料、2年目以降1,000円+税)に加入する必要があります。また、家族特約の範囲は満19歳未満で、生計を共にする同居の家族か別居の未婚の子供までとなります。

 

 

 

選ばれる理由は、海外旅行保険の補償の手厚さはもちろんのこと、利用する可能性の高い盗難時などで適用される携行品損害の補償額が最高50万円と他カードよりも高い点です。さらに、年会費も最高4,000円までさげられ、家族カードも2年目以降1,000円とカード維持費が安い点も選ばれる理由となっています。

 

 

三井住友VISAゴールドでは、現在、最大8,000円分プレゼントされるキャンペーンも開催しています。

 

コスパ重視なら年会費無料のUCSカード

card_ucs

 

 

大手スーパーマーケットなどを展開するユニーグループの発行するクレジットカードがUCSカード。

 

 

年会費無料のカードでありながら、アピタなどのスーパーでの利用で大きなメリットを受けることが出来るのが特徴のカードとなっています。

 

 

UCSカードの海外旅行保険

UCSカードには海外旅行保険は付帯していませんが、年間1000円の「旅とくプラス」を付けると家族付帯され子供も配偶者も補償対象になります。

 

  本会員 家族会員
死亡・後遺傷害 最高1000万円 最高1000万円
傷害治療 最高100万円 最高100万円
疾病治療 最高100万円 最高100万円
賠償責任 最高2000万円 最高2000万円
携行品損害 最高20万円 最高20万円
救援者費用 最高100万円 最高100万円

 

UCSカードの旅とくプラスは決して補償金額が高くはありませんが、自動付帯で補償が適用されるのが大きなメリットです。

 

 

傷害治療や疾病治療などの補償金額は、複数枚のカードの補償を上乗せして補償を受けることが可能。

 

 

保有コストの安いUCSカードは、他のカードの補償上乗せ用のサブカードとしても優秀なのですね。

 

 

プロパー

旅行会社の有料保険と比較!JTBの旅行保険よりもはるかにお得

海外旅行の際の保険には、クレジットカード付帯の保険とは別に旅行会社の提供する有料保険があります。

 

 

旅行ごとに旅行保険を掛ける形の保険で年間を通してコストがかかることは無く、必要な時のみ使えると言うメリットがあります。

 

 

しかし、やはりクレジットカードの家族特約と比較すると割高になってしまいます。

 

JTBの旅行保険の一例を見てみると、

 

韓国への1週間の旅行の場合

 

旅行参加人数一人当たり2100円

死亡・後遺傷害最高1000万円

治療費用:最高1000万円

 

となっており、1回の旅行で低コストのゴールドカードの年会費を払えてしまうほどのコストがかかってしまうのですね。

旅行好きの方なら、ゴールドカードは家族特約で選ぶべき

旅行会社の有料保険と比較しても、非常にお得なクレジットカードの旅行保険。

 

 

海外でのケガや病気の治療の際には日本では考えられないほどの費用が掛かってしまうため、旅行の際には付帯保険は必須です。

 

 

特に、家族特約のあるカードであれば、カードを持たない家族に対しても補償を受けることが出来ますので、家族旅行も安心です。

 

 

ゴールドカードは、家族特約の内容によって選択するのが、賢い利用方法であると言えるかも知れませんね。

 

 

また、カードを複数枚保有したり、家族カードを発行したりするのが面倒な方は、カード1枚で家族を守れる補償内容が付帯された、初年度年会費無料のセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスカードを自信をもっておすすめします!

 

 

 

Pocket