077361
Pocket

 

海外旅行に出かける際、ほとんどの人がクレジットカードを持参で旅行されることと思います。日本国内では、コンビニや銀行ATMでいつでも、どこでも現金を下ろすことができますが、海外ではそういうわけにはいきません。そのため、クレジットカードを利用できることで飲食代や買い物の支払いがスムーズとなります。

 

 

また、海外旅行をする際に持っていくクレジットカードは、どれでもいいのかというと、そうではありません。海外旅行にトラブルはつきものです、「クレジットカードが利用できなかった」「海外利用手数料が高かった」「急な病気で現地で入院、治療費が驚愕だった」など色んなケースが起こりえます。今回は、そんな海外旅行に行った時に、安心して使えるおすすめのクレジットカードをご紹介します。

 

 

国際ブランドはMaster・VISA・JCBの三択でOK

visamasjcb

 

 

日本国内においては、様々なクレジットカードが存在しますが、国際ブランドを有していないクレジットカードの場合、海外では利用できません。そのため、国際ブランドを有するクレジットカードを選択する必要があります。

 

 

ほとんどのクレジットカードでは、MasterCard、VISA、JCBのいずれかの国際ブランドが用意されていますので、いずれかを選択することで、海外でも利用できるクレジットカードとなります。

VISA

VISAは、世界で最も加盟店が多い国際ブランドとなっています。クレジットカードが利用できる店舗であれば、ほぼすべての店舗で利用できるといっても過言ではないでしょう。

 

VISAの為替手数料は1.63%となっています。

MasterCard

MasterCardは、世界第2位のシェアがあります。MasterCard発祥のアメリカだけでなく、過去にヨーロッパ地域での提携を強化していたため、アメリカ・ヨーロッパでは特にシェアの高いクレジットカードとなっています。

 

MasterCardの為替手数料は1.63%となっています。

JCB

日本発祥のクレジットカードですので、日本をはじめ、アジア圏においてシェアの高いクレジットカードとなっています。

 

JCBの為替手数料は1.60%となっています。

為替レート

クレジットカードを海外で利用しても、日本円で請求書が届きます。この仕組みは、海外で購入した商品の決済情報がクレジットカード会社に届いたら、その日の為替レートで海外の通貨から日本円に変換します。

 

 

この為替レートはクレジットカード会社によって異なり、VISAであれば「Visaインターナショナル」、MasterCardであれば「MasterCardインターナショナル」、JCBであればJCB所定の各レートによって海外の通貨から日本円への変換が行われます。次に、返還後の日本円に為替手数料を加え、請求金額を算出します。

 

 

つまり、為替手数料が低いだけでなく、為替レートが有利であることも、得をする条件となっています。

 

 

為替レートについては、各webサイトで公表されていますが、最もレートが良いのはMasterCardと言われています。

国際ブランドを分けて二種類のクレジットカードを用意しよう!

511840

 

 

それでは、実際に海外旅行に出かける際に持っていくクレジットカードは、1枚でいいのでしょうか。実のところ、クレジットカードを1枚しか持たずに、海外旅行に出かけるのは、不安があります。なぜなら、その持っていく予定のクレジットカードの海外ブランドが、すべての店舗で利用できるとは限らないという点です。

 

 

一番シェアの高いVISAであっても、ほとんどないとはいえ、利用できない店舗は存在します。それが飲食店だったとすれば、クレジットカードを利用するつもりで飲食した後に支払えないということになり、せっかくの海外旅行が台無しになる可能性もあります。

 

 

また、1枚しか持参していなければ、万一、盗難にあったり、紛失したりした場合、その後の海外旅行で何も行動ができなくなってしまいます。複数枚持っていれば、1枚盗難にあったり紛失したりしても、そのクレジットカードを利用停止するだけで、他のクレジットカードで旅行を楽しむことができます。

 

 

そうならないためにも、できるなら、国際ブランドを分けて、複数枚のクレジットカードを持参したほうが安心です。

海外での医療費は高い、傷害・疾病治療保険を最重視

万が一、海外で事故にあったり病気にかかったりした場合、どうしても病院にかからなければならないケースがあります。日本であれば、健康保険を使用して数千円ですむ医療費も、海外では非常に高額となります。

 

 

海外でどのくらい高額がというと、例えばニューヨークでは、一般の初診料が150~300ドルかかると言われています。初診料だけで済んでも日本の10倍程度ですが、入院となると、2日入院で2万ドルかかると言われています。

 

 

そのため、クレジットカードに海外旅行傷害保険が付帯されているなら、まずは、傷害・疾病治療の金額を最重要視し、補償金額が最低でも500万円以上入っているかどうか確認しておくことが必要です。

 

もし、仮に補償額が500万に満たない場合でも、クレジットカードを複数枚持つことで傷害・疾病治療保険額を上乗せすることが可能です、下記にも記載していますが年会費無料でも補償内容が充実しているカードもありますので是非チェックしてみてください!

 

さらに、付帯されていたとしても、利用付帯なのか自動付帯なのか、その保険金額については、最も注意しておかなければならない項目となっています。

 

http://cre-hikaku.com/column/654

プライオリティパスがあればVIPラウンジが利用できる

img_3677

 

次に、海外に行く際、必ず生じる空港の待ち時間を快適にする方法をご紹介します。空港で生じる待ち時間を快適に過ごすには、空港にある「ラウンジ」を利用するという方が多いのではないでしょうか?

 

 

ほとんどのゴールドカードでは、クレジットカード会社が運営するラウンジに入ることができますので、ゴールドカードを1枚持っておくことで、空港での待ち時間を快適に過ごすことができます。ただし、ゴールドカードのラウンジは、日本国内に限る場合が多く、海外旅行ではなかなか利用できるサービスがありません。

 

 

そこで、海外でも快適なラウンジで過ごしたい方には、プライオリティパスがおすすめです。プライオリティパスでは、世界400都市に900か所以上設置されたラウンジサービスを利用することができます。

 

 

src_11067827

 

 

ラウンジでは、軽食やドリンク(アルコール類を含む)のサービス、Wi-Fi、充電設備など、仕事や趣味で使えるサービスが多数取り揃えられており、これらのサービスが無料で利用できる施設となっていますので、空港での待ち時間を快適に過ごすことができます。

 

IMG_3677
プライオリティ・パスという言葉を聞いたことはありますか。 ビジネスにしろ、レジャーにしろ、飛行機での移動

海外旅行に行っても安心!おすすめのクレジットカード

ここからは、海外旅行に行く際のおすすめのクレジットカードをご紹介いたします。海外旅行に向かわれる際に重要なポイントは、付帯保険の充実さと、その他のサービスの有無となっています。特に、付帯保険については、よく利用条件を確認しておかなければ、事故等が発生しても保険が受け取れないという可能性もある重要なポイントです。

 

 

一般的に、海外旅行傷害保険が利用付帯であれば補償金額も高額に、自動付帯であった場合は、補償金額は低いが、クレジットカードを持っているだけで効果を得られる保険となっています。その点についても、しっかり確認し、クレジットカードをご選択ください。

MileagePlusセゾンカード(Master)

card_master

 

 

MileagePlusセゾンカードは、数あるセゾンカードの中の1つで、年会費は1,500円(税抜き)となっています。通常であれば、1,000円につき5マイルですので還元率は0.5%とあまり高くはありませんが、年会費を追加で5,000円(税抜き)支払うことで、マイルアップメンバーズとなり、1,000円につき10マイルが加算されますので、合計で還元率を1.5%まで増やすことができます。

 

 

付帯保険は死亡・後遺傷害で最高3,000万円、傷害・疾病治療で最高300万円の補償となっており、一般カードの中では、かなり高額な保険が自動付帯しています。 

 

 

海外ブランドは、VISA、MasterCard、アメリカン・エキスプレスから選択できますが、為替レート、為替手数料の最もお得なMasterCardを選択することをおすすめします。

 

 

MileagePlusセゾンカードは、お買い物等によるカードの利用代金に対して、ユナイテッド航空のマイルが加算され、付帯保険も手厚くなっておりますので、海外旅行に行かれる方には、最もおすすめのクレジットカードとなっております。

 

MileagePlusセゾンカードの詳細・公式サイトはこちら

 

dカード GOLD(Master)

pict_dgold_card

 

 

dカード GOLDは、年会費が10,000円(税抜き)のゴールドカードです。DoCoMoケータイ・ドコモ光ユーザーであれば、DoCoMoの利用料金が10%ポイント還元されますので、DoCoMoの利用料金と差し引きすることで、年会費実質無料(DoCoMoの利用料金が月9,000円以上の場合)で持てることも可能なクレジットカードとなっています。dカード GOLDの還元率は1.0%となっております。

 

 

付帯保険はゴールドカードですので、一般カードよりも高額となっており、死亡・後遺傷害で最高1億円、傷害・疾病治療で最高300万円の補償となっています。さらに、ケータイが故障時に利用できる補償額が最大10万円となっているため、ケータイ購入時に保険に入る必要もなくなります。

 

 

海外ブランドは、VISA、MasterCardから選択できます。おすすめは、先ほど同様、為替レート、為替手数料の最もお得なMasterCardとなっています。

 

 

DoCoMoユーザに限定されてしまいますが、毎月のDoCoMoの利用料金が9,000円以上であれば、実質無料でゴールドカードを持てることとなり、非常に手厚い付帯保険を受けることができます。また、付帯保険は自動付帯となっているため、クレジットカードを持っているだけで保険を受けられるのも魅力となっています。

 

dカード GOLDの詳細・公式サイトはこちら

 

楽天プレミアムカード (JCB・VISA・Master)

preview

 

 

楽天プレミアムカードは、年会費が10,000円(税抜き)のゴールドカードです。楽天プレミアムカードの通常利用時の還元率は1.0%となっておりますが、楽天市場を利用した際の還元率は5.0%まで上がります!

 

 

付帯保険は死亡・後遺傷害で最高5,000万円(自動付帯4,000万円+利用付帯1,000万円)、傷害・疾病治療で最高300万円の補償となっています。

 

 

海外ブランドは、VISA、MasterCard、JCBから選択できます。

 

 

楽天プレミアムカードの一番お特徴は、プライオリティパスが無料で付帯されていることにあります。楽天プレミアムカードに付帯されているプライオリティパスのプレステージランクは、普通に入ると年会費は399ドルと非常に高額なサービスとなっています。

 

 

プライオリティパスが付帯されていることにより、先述した通り、空港での待ち時間を快適に過ごすことが可能です。

 

楽天プレミアムカードの詳細・公式サイトはこちら

 

2枚目に持つなら?クレジットカード

ここまでは、海外旅行で利用するメインの1枚について、おすすめをご紹介しました。ここからは、先述した通り、海外旅行に行く際に予備として持っていくクレジットカードのおすすめをご紹介します。

 

 

海外旅行傷害保険のうち、傷害・疾病治療保険は、利用できるクレジットカードすべて合算された金額が利用可能な金額となりますので、サブカードといえども、海外旅行傷害保険の有無が重要となります。

エポスカード(VISA)

16790267_P1.eps

 

 

エポスカードは、年会費が永年無料のクレジットカードとなっています。一番の特徴は、付帯保険が自動付帯となっていることで、死亡・後遺傷害で最高500万円、傷害・疾病治療で最高200万円が補償されています。

 

 

2枚目のクレジットカードでは、利用することよりも無料で持てて、かつ、海外旅行傷害保険が十分に付帯されているクレジットカードがおすすめです。エポスカードは、年会費無料、海外旅行傷害保険も自動付帯されているといったように、2枚目のクレジットカードとしておすすめできる条件を満たしているクレジットカードとなっています。

 

エポスカードの詳細・公式サイトはこちら

 

オリコ・カード・ザ・ポイント(JCB・VISA・Master)

55423-the-point-m

 

 

オリコ・カード・ザ・ポイントも年会費が永年無料のクレジットカードとなっています。

 

 

オリコ・カード・ザ・ポイントの特徴は、国際ブランドがVISA、MasterCard、JCBの中から自由に選択できるクレジットカードとなっていますので、1枚目のクレジットカードの国際ブランドに合わせて、国際ブランドの選択が可能です。

 

 

また、入会から6か月間は還元率が2.0%となっていますので、その期間内であれば、お買い物専用のカードとしてご利用されても利益は見込めます。

 

 

しかし、このクレジットカードには海外旅行傷害保険が付帯されていません。このカードを2枚目とする方は注意が必要です。

 

オリコ・カード・ザ・ポイントの詳細・公式サイトはこちら

 

まとめ

現金のみで海外旅行に行かれる方は非常に少なく、ほとんどの人がクレジットカードを持参されているかと思います。しかし、「普段利用しているクレジットカードだから…」という理由だけで海外旅行に持っていくクレジットカードを選んでいるとしたら、非常に損をしているとともに、何らかのアクシデントが生じた際に、対応ができないという可能性もあります。

 

 

海外旅行に持っていくクレジットカードを選択する際には、必ず「なんの国際ブランドであるか」、「付帯保険として海外旅行傷害保険があるか」「あるとすれば、その補償金額と補償条件」を前もって確認しておくことが重要です。そのうえで、海外旅行をさらに快適にできるプライオリティパスが付帯されている等のサービスがあれば、言うことはありません。

 

 

これから海外旅行を予定されている方、出張で頻繁に海外に向かわれる方、現在利用しているクレジットカードの情報を再度確認し、今回ご紹介させていただいたクレジットカードと比較して、どちらがお得か、どちらが安心かをご確認ください。その結果に応じては、海外旅行用にクレジットカードを取得することも視野に入れておいてくださいね。

 

 

当サイト一押しの海外旅行に行った時に役立つクレジットカードはこちら

 

ドコモユーザーの方に絶対おすすめの1枚

 

Pocket