rakuten
Pocket

 

10月25日からついに本格的に始動したApple Pay(アップルペイ)。

 

 

開始当初、アクセスの集中によりApple Pay(アップルペイ)でのSuicaチャージが出来なくなってしまうなど、その注目の高さを知ることが出来ます。

 

 

そんなApple Payに「楽天カード」の対応が公式リリースされたことで、Apple Pay(アップルペイ)はさらなる注目を集めています。

 

楽天カードの公式サイトはこちら

 

 

10月25日からApple Pay(アップルペイ)開始

you-can-understand-the-apple-pay-in-one-minute

 

 

今までスマホの端末による「おサイフケータイ」のような機能には対応しておらず、スマホでの店舗での決済をすることが出来なかったiPhone。

 

 

そんなiPhoneユーザーにとっては、待望と言っても良い「Apple Pay」が10月25日から運用を開始しました。

 

Apple Payは、

 

  • iD
  • QUIC PAY
  • Suica

 

と言った、後払い式電子マネーなどの機能が搭載されたクレジットカードを登録することで、iPhoneでのモバイル決済を可能にしたサービスです。

 

 

Apple PayはiDやQUICPay対応の店舗でのお買い物に利用できるほか、SuicaをApple Payに登録しておけば、駅の改札でもiPhoneをかざすだけでスムーズに決済が可能です。

 

 

Apple Payの登場により、財布の中からクレジットカードを出さずに、極論財布がなくてもiPhoneさえあればお買い物が出来るのです。

Apple Pay(アップルペイ)のメリット

iPhone7の発売に伴い日本版iPhone向けにサービスがリリースされたApple Payは、メリットも非常に期待できるサービスです。

 

 

ワンストップでiPhoneをかざすだけで決済が出来る利便性だけではなく、iD・QUICPay搭載カードの登録によりポイントの還元も期待できます。

 

 

Apple Payの利用では、登録したiD・QUIC PAYカードを利用するのと同じポイント還元を受けることが可能なのです。iDやQUICPayの利用で高還元のポイント還元を期待することが出来るカードも多く、Apple Payでも同様のポイント還元を受けることが出来るのは大きなメリットと言えるでしょう。

 

 

ですので、Apple Payを利用するにあたっては、登録するクレジットカード選びが重要な選択肢であると言えるでしょう。

 

 

また、Apple Payのメリットは下記のページにて詳しく解説しています。

ap_image
2016年10月25日よりApple Pay(アップルペイ)が利用開始となりました。 最近はニュースでもよく取り上げられて

10月25日、楽天カード公式リリースされた

rakuten

 

Apple Payの利用には、iDもしくはQUICPay・またはSuicaの機能を搭載したクレジットカードの登録が必要です。

 

 

ですので、それらの電子マネー機能が付帯していない「楽天カード」はApple Payに未対応というのが、事前の情報でした。

 

 

楽天のサービスで多くのメリットを受けることが出来る楽天カードは人気の高いカードでもあり、注目のApple Payに未対応ということで残念に感じた方も多いのではないでしょうか。

 

 

その楽天カードが「Apple Pay未対応」という前情報を覆し、10月25日にApple Payへの対応を公式にリリースしたのです。

 

楽天カード株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:穂坂 雅之、以下 「楽天カード」)は、発行するクレジットカード「楽天カード」が、本日から国内でサービス開始となるApple Payに対応したことをお知らせします(注)。

 

Apple Pay対応ニュースが発表されたのは楽天カードの公式のニュースリリースで、楽天カードでもApple Payの全機能に対応するという内容。

 

 

Apple Payのアプリを利用した店頭でのお買い物や、SuicaでのJRの乗車やチャージだけではなく、オンラインでのApple Payの利用にも楽天カードは対応します。

 

 

当然、Apple Payでの利用にも楽天カードのアイデンティティとも言えるポイントの高還元のメリットは期待できます。

 

 

特に楽天カードの既存のユーザーにとっては、幸運なニュースと言えたのではないでしょうか。

Apple Pay(アップルペイ)に対応する楽天カード

10月25日に発表されたニュースリリースでは、Apple Payの登録に対応する楽天カードのカードラインナップも記載されています。

Apple Payに対応するのは、

 

  • 楽天カード
  • 楽天PINKカード
  • 楽天ゴールドカード
  • 楽天プレミアムカード
  • 楽天ANAマイレージクラブカード
  • 楽天銀行カード
  • 楽天カードアカデミー
  • 楽天ビジネスカード
  • 楽天ブラックカード
  • ヴィッセル神戸オフィシャルサポーターズカード
  • 楽天イーグルスカード

 

と言った、楽天カードのプロパーカードラインナップのすべてのカードが対象となります。どのカードでも、Apple Payの機能を利用することが出来るのは嬉しいですよね。

国際ブランド選びは注意が必要 MasterかJCBを選択 VISAは未対応

8228299209_58f25e208c

 

 

楽天カードをApple Payで利用する場合には、選択している国際ブランドの種類に注意が必要です。

 

 

そもそもiDやQUICPayと言った機能を持っていない楽天カードですが、Apple Payに登録すると「QUICPayカード」として登録されます。

 

 

ですので、店頭でのApple Pay利用の場合にはQUICPayで支払うと申告してApple Payを利用する形になります。

 

 

楽天カードの国際ブランドをMaster・もしくはJCBを選択している場合はアプリでのApple Payの利用はもちろん、Suicaの利用やオンラインでのApple Payの利用も可能です。

Apple Pay(アップルペイ)で楽天VISAは機能が制限されてしまう

しかし、国際ブランドをVISAに選択している場合には注意が必要です。

 

 

楽天カードでVISAブランドを選択している場合、SuicaでのチャージやオンラインでのApple Payの利用など、Apple Payの全ての機能を利用することが出来ません。

 

 

現在お持ちの楽天カードのブランドがVISAの場合で、Apple Payを利用したい場合にはカードのブランドを切り替えた方が有利でしょう。

 

 

また、これから楽天カードを新規で作る予定の方の場合には、MasterかJCBのどちらかのブランドを選択するべきです。JCBならnanaco利用者もクレジットチャージで楽天スーパーポイントも1%付与されお得です。

 

 

特に楽天カードのアイデンティティと言えば、オンラインで楽天のサービスを利用した場合でのポイント優遇。

 

 

せっかくApple Payを利用することが出来ても、オンラインで使えないとメリットが半減してしまうのです。

楽天カードのスペックまとめと、入会キャンペーン情報

インターネット大手の楽天のグループ会社、楽天カードが発行する最もベーシックなプロパーカードが楽天カード。

 

 

Apple Payへの対応が正式にリリースされたことで、ますます注目を集めているクレジットカードのひとつです。

 

 

今、最もホットなカードであるとも言える楽天カードのスペックをまとめてみましょう。

楽天カードの基本スペック

img_autocharge21

 

年会費 永年無料
還元率 還元率1%、楽天市場利用時(4%)
申込資格 高校生を除く18歳以上で、安定した収入のある方
限度額 100万円
ポイント付与条件 100円(税込)=1ポイント、月額累計端数切捨て
電子マネーチャージの付与 nanaco(JCB)・Suica・SMART ICOCA=1%還元、楽天Edy=0.5%還元

付帯保険

海外旅行保険(利用付帯)
死亡・後遺障害 最高2000万円
傷害・疾病保険 最高200万円
賠償責任保険 最高2000万円
救援者費用 最高200万円
携行品損害保険 最高20万円

 

ショッピング保険 年間50万円

 

楽天カードの付帯サービスの詳細は下記にて詳しく解説しています。

8228299209_58f25e208c
10/25 Apple Pay対応開始!(Master/JCBブランド限定) 年会費無料のクレジットカードの中で人気・使い勝手No.

楽天カードのメリット

楽天カードは、インターネット大手の楽天グループ・楽天カードの発行するプロパーカード。

 

 

当然ですが、楽天のサービスの利用で最もおおきなメリットを受けることが出来るのが、一番のメリットとなっています。

 

 

楽天カードは楽天市場の利用で還元率4倍、楽天ブックス・そして楽天トラベルと言った楽天の提供するサービスの利用で、通常の2倍のポイントを獲得することが出来るのが大きなメリットです。

 

 

それだけではなく、ポイントアップのキャンペーンもほぼ常時開催されていますので、楽天のサービスの利用ではいつでも2倍以上のポイントを獲得することが可能です。

 

 

また、キャンペーンなどで獲得した期間限定ポイントは、楽天ポイント加盟店のコンビニ(サークルKサンクス)やドラッグストアなどリアル店舗で利用できるので、有効期限を気にしなくても普通にポイントを使えます!

 

 

楽天ポイント加盟店では、楽天Edyと楽天ポイントカードの利用で、ダブルでポイントを獲得することも可能なのです。

 

 

Apple Payに登録が可能になったことで、ますますメリットが増えたともいえますよね。

楽天カードのキャンペーン

楽天カードでは「楽天カードマン」のCMでもご存じのとおり、非常にキャンペーンに力を入れています。

 

 

現在、新規で楽天カードに申し込みをすると、新規入会とカードの利用で5000円相当・5000ポイントの楽天スーパーポイントを獲得することが出来るキャンペーンが開催されています。最大8000ポイントもらえる期間も1年で2.3回あります。

 

5000ポイントの内訳としては、

 

新規入会で2000ポイント
カードの初回利用で3000ポイント

 

合計5000ポイントをゲットすることが出来るお得なキャンペーンとなっています。

 

 

また、新規入会特典の2000ポイントはカードの到着から5営業日以内には受け取ることが出来る、スピーディさも嬉しい点です。初回利用においても、1円以上の利用でOKなので、コンビニで使えば楽勝ですよね!

 

 

入会金無料・年会費永年無料の楽天カードですので、大判振る舞いのキャンペーンを目当てにカードを申し込みしても損はないでしょう。

 

楽天カードの現在のキャンペーンポイント数をチェック!

10月25日にApple Pay(アップルペイ)対応が正式リリースされた楽天カード、作るなら今!

Apple Pay未対応の事前情報から一転して、正式対応がリリースされた楽天カード。

 

 

今最も注目されているカードと言っても過言ではないでしょう。

 

特に、

 

楽天のサービスをよく利用される方
コストのかからないカードを作りたい方
キャンペーンで得をしたい方

 

などは、Apple Pay用のカードとして楽天カードを申し込みをしても損はないでしょう。

 

 

楽天のサービスでは、通常の3倍以上のポイント還元を期待できる楽天カード。

 

 

Apple PayでもMaster・JCBブランドを選択すれば、オンラインでの決済も可能で、ポイントの還元も期待できます。

 

 

また、年会費永年無料でありながら、充分なキャンペーンが用意されているのも大きな魅力となっています。

 

 

Apple Pay用のカードをまだ決めていない方は、楽天カードを選択するのも賢い選択と言えるかもしれませんね!

 

楽天カードの申込・公式サイトはこちら

 

 

iD利用者でApple Payに登録できるお得なクレジットカードをお探しの方は下記のページにて詳しく解説しています。

pay_tittle_pc
iPhoneユーザーには待ちに待った人も多いであろう「Apple Pay(アップルペイ)」 ついに日本国

 

Pocket