nkj56_mankenmottekuchiwokakusu_tp_v
Pocket

 

皆さんは、クレジットカードを使っての「ボーナス払い」をご利用したことはありますでしょうか?

 


多くのクレジットカードに付いている、この「ボーナス一括払い」機能ですが、活用出来ることを知らなかったり、そもそもボーナス一括払いがどんな仕組みなのか知らなかったりする人は、結構多いようです。

 

 

ボーナス一括払いは、現在手元にまとまったお金がなくとも「ボーナス時期に支払うから」ということで、すぐに商品を入手できる仕組みです。

 

 

それってリボ払いと仕組みはほぼ同じじゃない?」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、実はボーナス払いはリボ払いよりも断然お得になるポイントがいくつか存在するのです

 

 

今回はそんな、ボーナス一括払いの仕組み、活用術についてお話していきたいと思います。「本当にリボ払いよりボーナス払いの方がお得になるの?」と思われた方、もしくは普段からリボ払いをよくご利用される方には、きっとお役立ちできる情報となるでしょう。是非ご覧ください!

 

 

ボーナス払いってどういう仕組み? リボ払いとの違いは?

borr

 

はじめに、「ボーナス一括払いって一体どんな仕組みなの?」という方のために、ボーナス払いの仕組みからお話していきたいと思います。

ボーナス一括払いの基本の仕組みは

ボーナス一括払いとは、一言で説明すると「ボーナス時期に一括で後払い(支払いを先延ばし)して、買い物ができる方法のこと」です。

 

 

通常、一括払いで買い物をするとその翌月に支払日がやってきますが、「今は手元にお金が無いけど、ボーナスが出るからそれをあてにして今買ってしまおう」というのが出来るということですね。

 

 

さて、ボーナス一括払いにして支払日を後払いにして商品を手に入れられるとなると、「リボ払いみたいに手数料を取られるんじゃないの?」という不安を持たれた方もいらっしゃるかもしれませんが、実はボーナス一括払いで金利手数料が取られることはまずありません

 

 

つまり、ボーナス払いは一括払い同様に手数料ゼロで商品をすぐに受け取ることが出来て、更に支払日をボーナスが入った後にすることが出来るのです。

通常の一括払い、リボ払い、ボーナス一括払い それぞれの比較

実際に、商品を購入するときに、一括払い、リボ払い、ボーナス一括払いにてそれぞれ支払い時期、金額にてどのような違いがあるかを比較してみましょう

 

 

一括払い、リボ払い、ボーナス一括払いそれぞれの支払日、手数料、ポイント、ショッピング保険の比較
比較項目 一括払い

リボ払い

ボーナス一括払い
支払日 主に翌月(カードにより異なる)に全額支払い 翌月から毎月元金を支払い
※返済期間によって、支払い金額は変動します。
ボーナスシーズンに全額支払い
金利手数料 原則、無し あり
年利13%~18%
原則、無し
ポイント 通常通り 通常通り 通常通り
ショッピング保険 通常通り 通常通り 通常通り

 

6万円の商品を一括払い、リボ払い、ボーナス一括払いそれぞれで支払う場合の毎月の支払額の比較

 

条件
  • 2月20日に6万円の商品を購入したとする
  • リボ払いは、1万円/月の定額で元金均等方式での返済とする
  • 一括払いは、翌月の3/10の支払いとする
  • ボーナス払いは、8/10の支払いとする

 

 

月の支払い 一括払い リボ払い ボーナス一括払い
3/10 60,000円 10,749円 0円
4/10 0円 10,625円 0円
5/10 0円 10,499円 0円
6/10 0円 10,374円 0円
7/10 0円 10,249円 0円
8/10 0円 10,124円 60,000円
合計 60,000円 62,620円 60,000円

 

 

いかがでしょうか。リボ払いは月ごとの負担を軽減できるものの、合計の支払金額は62,620円と、2,620円もの利子が発生してしまいます。それに比べてボーナス一括払いは8月に一気に支払う必要はあるものの、手数料は一切掛からず、かつボーナス時期以外の月は負担もなしに、商品を購入することが出来るのです

ボーナス払いをするときのスケジュール(実施する時期と、支払い時期)は

ボーナス払いをする場合、商品購入時期と支払い時期を明確に整理しておく必要があります。

 

 

なぜなら、ボーナスをもらえる時期は通常7月や12月あたりですので、このタイミングに合わせて支払うように設定する必要があるからですね。クレジットカード会社も夏季ボーナス、冬季ボーナスに合わせて、ボーナス払いを対応する期間を設定しています。

 

 

ボーナス払いの期間は、クレジットカード会社によって若干異なりますので、詳細は各会社の公式HP等で確認されることをお勧めします。ここでは、国内のクレジット発行会社として代表的なJCB、三井住友VISA、三菱UFJニコスを例として説明していきたいと思います。

 

夏季ボーナスを対象に、ボーナス払いをするときのスケジュール
  JCB 三井住友VISA 三菱UFJニコス
MUFGカード
DCカード
三菱UFJニコス
NICOSカード

夏季
ボーナス払い
対応期間

12月16日
~6月15日
12月16日
~6月15日
12月16日
~6月15日
12月16日
~6月15日
支払日 8月10日 8月10日 8月10日 6月27日、7月27日、8月27日のいずれか

 

冬季ボーナスを対象に、ボーナス払いをするときのスケジュール
  JCB 三井住友VISA 三菱UFJニコス
MUFGカード
DCカード
三菱UFJニコス
NICOSカード
冬季
ボーナス払い
対応期間
7月16日
~11月15日
7月16日
~11月15日
7月16日
~11月15日
7月16日
~11月15日
支払日 1月10日 1月10日 1月10日 12月27日、1月27日のいずれか

 

JCB、三井住友VISA、三菱UFJニコスともに、ボーナス支払い対応期間、支払日も大きな差はありませんでした(NICOSカードのみ、支払日ルールに違いが見られています)。上記表からは、夏季ボーナスの場合は支払日の大体8か月前、冬季ボーナスの場合は支払日の6ヶ月前から、ボーナス払いが有効になる、ということが確認できます。

ボーナス払いのメリット、デメリットは?

ボーナス払いのメリット

pak141221350i9a5032_tp_v

 

 

ボーナス払いのメリットは大きく「手数料不要」「手元の資金確保」そして「後からのリボ払い変更」の3点

ボーナス払いの最大のメリットと言えば、やはり金利手数料不要で、後払いで商品を購入できる」ということでしょう。前述のとおり、リボ払いでは手数料が発生します。「どうしても欲しいものがあって、お金が入るまで待っていたら間に合わない」という場合は、リボ払いやキャッシングを検討する前に、ボーナス払いを検討した方が、手数料無料なだけお得だということですね。

 

 

また、ボーナス払いはリボ払いと違い、ボーナス月以外の支払いがありませんので、日常生活における返済への圧迫もありません。臨時収入のあるボーナス月だけ支払うことを意識しておけば、他の月はいつも通りに消費活動が出来ます。人によっては、その分自由になるお金で効率的な資産運用も検討できることでしょう。

ボーナス払いのデメリット

ook75_butaretakotonainoni20141221144036_tp_v

 

 

更には、ボーナス一括払いを「あとからリボ払いに変更する」ということも可能です。例えば、「ボーナス一括払いを選択したけれども、ボーナス時期にすべてを払うのは無理だった…
という場合には、その分をあとからリボ払いに切り替えることが出来るのです。

 

 

ボーナス払いのデメリット・注意点は、「計画的な利用が求められること」「すべての店舗が対応しているわけではない」「海外では利用できない」の3点

ボーナス払いで一番注意しなくてはいけないことは、「計画的に利用する」ということです。
例えば、クレジットカードはボーナス払い用に利用可能枠を用意しているわけではないので、ボーナス払いで大きな買い物をした場合、その分利用可能残高を圧迫し、普段の生活でクレジットカードが充分に使えなくなる、ということも起こりえます。

 


また、そもそもボーナスは会社の収益状況に合わせて変動するもの。「期待していたボーナスが、今回全くでなかった…」となっても、しっかり支払いをしないといけません

 


ボーナス払いを実施するときは、いざということもしっかり念頭に入れて、計画的に行うようにしましょう。

また、商品を販売しているすべての店舗がボーナス払いに対応しているわけではありません。商品購入前に、その店舗にてボーナス払い対応かは必ず事前に確認するようにしましょう。

 

 

それから、ボーナス払いは日本のみの特別な支払方法です。海外で買い物をする場合はボーナス払いを選ぶことはできませんので、こちらもご注意ください。

ボーナス払いを対象としている、お薦めのクレジットカードは

現在、国内クレジットカードの多くは、ボーナス払いを対象としています。ですので、すでにクレジットカードをお持ちの方はまずはそちらのカードでボーナス払いを検討されると良いでしょう。

 


これから新しくクレジットカードを申し込もうとされている方、ボーナス払い用に2枚目以降のクレジットカードの所持を検討されている方は、前段でも紹介しましたJCB三井住友VISA三菱UFJニコスの国内クレジットカード主要三社から、それぞれお薦めのクレジットカードを1枚ずつ、紹介しますので、併せてご参考ください。

ボーナス一括払いと合わせて、ポイント高還元や各種特典をご希望の方は、【JCB一般カード】    

まずご紹介するのは、国内唯一の国際ブランド運用会社、株式会社ジェーシービーが発行する「JCB一般カード」。

 

images

 

JCB一般カード
年会費 初年度 2年目以降
無料  1,350円

 

⇒ JCB一般カードの詳細・公式サイトはこちら

 

「JCB一般カード」では、年会費は初年度無料、二年目以降も1,350円とかなりリーズナブルな価格となっており、年間の利用額合計が50万円を超える場合は、翌年以降の年会費も無料となります。

 


JCB一般カードは通常でもポイント還元率の高いクレジットカードなのですが、ポイント優待店でカード利用した際は更にポイント還元率が大幅UPします

 

 

例えば、「セブンイレブン・イトーヨーカドー」で利用した場合は3倍、「スターバックスコーヒー」ではなんと5倍も貯まります!貯まったポイントの使い道も豊富で、ポイントサイトの「Oki Doki ランド」の幅広い商品やJCBオリジナル ディズニー商品やなどに交換可能です。

 

 


「ボーナス一括払いで大きく貯まったポイントを有効に活用したい」といった方には、とてもお薦めのクレジットカードです!

 

ステータス、旅行保険の充実性などオールマイティなカードをお求めの方は【三井住友VISA】

続いてのご紹介は、三井住友カード株式会社の発行する、「三井住友VISAカード」(三井住友VISAクラシックカード)です。

 

 

 

srv2-trafficgate

 

三井住友VISAクラシックカード
年会費 初年度 2年目以降
無料  1,350円

 

⇒ 三井住友VISAクラシックカードの詳細・公式サイトはこちら

 

 

クレジットカードをお持ちでない方でも、CM等で「三井住友VISAカード」の名前を一度は聴いたことがあるのではないでしょうか。

 

 

国内で発行されるカードとしてはとても知名度が高く、国際ブランドはVISAとMasterCardからどちらかを選ぶことができます。三井住友のステータス力もあり、かつショッピング保険、国内旅行保険、海外旅行保険などの付帯サービスもバランスよく付いている三井住友VISAカードは、まさに一枚持っておきたい安定のクレジットカードです。

 

 

また、チャージ不要の電子マネー「iD」一体型ということもあり、普段の買い物も簡単・スピーディーにこの一枚で完結きるのも魅力の一つです。

 

 

ボーナス一括払いのような大きな買い物から、日常の買い物や海外旅行、出張時にもスマートに活用できるカードをお求めの方には、まさにうってつけのクレジットカードです。

 

8e

ボーナス払いと合わせて、そろそろゴールドカードも視野に入れたいという方は【MUFGカードゴールド】

最後にご紹介しますのは、三菱UFJグループの発行する「MUFJ カードゴールド」。

 

 

「2,000円からゴールドカードが持てる時代へ!」というキャッチフレーズで登場したMUFGカード ゴールドは、それまでのゴールドカードの「高い年会費」といったイメージを一新させた、初年度年会費無料、2年目以降も格安年会費1,905円の、最高のコストパフォーマンスを目指したゴールドカードです。

 

 

mufj

 

MUFGカードゴールド
年会費 初年度 2年目以降
無料  1,905円

 

⇒ MUFGカードゴールドの詳細・公式サイトはこちら

 

 

社会人になって数年もしてくると、周囲への信頼感を持たせられるような高級感、ステイタス感のあるゴールドカードがほしくなってくる──という方もきっと多いのではないでしょうか。

 

 

「MUFGカードゴールド」は、世界最大の金融グループである三菱UFJグループのネームバリューを持つだけあって、国内発行のクレジットカードの中では有数の信頼感を持つクレジットカードです。

 

 

また、ゴールドカードとしても、他のゴールドカードよりもずっと維持コストを抑えてゴールドとしての特典を享受できるところも、MUFGカードゴールドの魅力です。

 

 

気になるMUFGカードゴールドの特典ですが、海外旅行、国内旅行、ショッピングなどの各保険のいずれも年会費2,000円以下のクレジットカードでは最高レベルの補償内容となっており、更にはカード盗難・紛失・偽造・インターネット等で不正に使用された場合、被害をすみやかに補償し、カードライフの安全を守る紛失盗難保障も付いています。ステータス面だけでなく安全面も万全の、まさに「大人の品格」を持ったクレジットカードです。

 

まとめ クレジットカードでのボーナス払いは、こんな時にお薦め

さて、ここまでクレジットカードのボーナス払いについての特徴、メリット・デメリット、更にはボーナス払いお薦めのクレジットカードを紹介してみましたが、いかがでしたでしょうか。

 

普段からリボ払いを利用しているという方の中で、「もしかして、これまでのリボ払いを辞めてボーナス一括払いにしたほうが断然お得かもしれない…」と思い直した方も多いのではないでしょうか。

 

 

「良い買い物は縁とタイミング」とよく言われますが、ボーナス払いを活用すればその「タイミング」についてはかなり自由に調整できることでしょう。もし、あなたが働いている会社でボーナスが支給されていて、かつその金額もある程度保証されているとしたら、ボーナス払いは使わない手はありません。
勿論その際は、きちんと計画的に利用するよう、お心がけくださいね。

 

 

Pocket