pay_tittle_pc
Pocket

 

iPhoneユーザーには待ちに待った人も多いであろう「Apple Pay(アップルペイ)」

 

 

ついに日本国内でも10月25日から利用開始され、コンビニの店頭などでもApple Pay(アップルペイ)のロゴが表示されている店舗も増えてきました。

 

 

既存のiDやQUIC PAY・そしてSuicaと言った電子マネーの機能をiPhoneでタッチするだけで利用できるのがApple Pay(アップルペイ)の機能です。

 

 

今までandroidスマホのようなおサイフケータイ機能が利用できなかったiPhoneユーザーとしては、待望のサービスであると言ってもいいのではないでしょうか。

 

 

Apple Pay(アップルペイ)はiD利用者必見のサービス

pay_tittle_pc

 

 

Apple Payを利用するには、iDやQUIC PAYと言った後払い式電子マネーを搭載したクレジットカードをApple payに登録して利用することになります。

 

 

クレジットカードを財布から出さなくても、iD・QUIC PAYの支払いに対応した店舗でiPhoneをタッチするだけでスムーズに支払いをすることが出来ます。

 

 

特に、利用できるシーンの多いiD利用者にとっては、Apple payは必見のサービスであると言えるでしょう。Apple PayにiD機能搭載のクレジットカードを登録しておけば、Apple Payの利用時には通常のiD利用時と同じようにポイントも還元されます。

 

 

Apple Payはワンストップの便利なモバイル決済サービスであるだけではなく、高還元のポイント還元も狙える決済サービスなのです。

Apple Pay(アップルペイ)でiDが利用できる機種は??

og

 

 

iPhone7から利用が可能になったApple Pay。

 

 

iDマークのあるリアル店舗でApple Payでの決済が可能なのは、

 

  • iPhone7
  • iPhone7 Plus

 

そして、iPhone5以降の機種とペアリングしたApple Watch Series2が対象となっています。

iPhone6以前の機種をお使いの方でも、諦めるのは早い

iPhone7以降の機種から、リアル店舗でのiD取扱店でのApple Payの利用が可能です。

 

 

では、iPhone6以前の機種をお使いの方はApple Pay利用開始の恩恵を受けることが出来ないのでしょうか?

 

 

しかし諦めるのはまだ早いかも知れません!

 

MASTERカードブランドのカードでiDの機能が搭載されていれば、リアル店舗では利用できないものの、iPhone6でもオンラインショッピングでApple Payを利用することが出来るのです。

 

  • iPhone6
  • iPhone6Plus
  • iPhone6s
  • iPhone6s Plus
  • iPhone SE

 

をお使いの方でも、iD搭載のMASTERカードを登録すれば、アプリやウェブを通してオンラインショッピングでApple Payを利用することが可能です。

今更だけどiDはどこで利用できるの?

id1

 

 

Apple PayはiDを搭載したクレジットカードを登録すれば、iDの使える店舗で利用することが可能になります。

 

 

それでは、そもそもiDを使える店舗と言うのはどう言った店舗になってくるのでしょうか。

 

セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンをはじめとしたコンビニエンスストア
イトーヨーカドーやイオン、マックスバリューをはじめとしたスーパーマーケット
飲食店やブックオフ、紀伊國屋書店などのその他のお店

 

また、カラオケ店やタクシーなど、記載しきれないほどのさまざまな店舗でiDを利用することが可能です。

 

 

iDが使用可能な店舗は、店頭にiD・そしてApple Payのロゴが表記されているほか、iDを運営するドコモのホームページからも確認することが可能です。

必見!クレジットカードは使えないけどiDが使えるお店

id2

 

 

iD利用のメリットのひとつとして、クレジットカードが利用できない店舗でもiDは利用できるお店がある、と言うことがあげられます。

 

 

クレジットカード利用不可の場合でも、iDが利用できればApple Payを利用して小銭を出さずにワンストップで買い物をすることが出来ます。

 

 

例えば、自動販売機でもiDが利用可能な機種が増えていますし、コインパーキングやコインランドリーなどもクレジットカードは使えなくてもiDが使える機種が増えています。

 

 

また、最も大きなメリットと言えるのがマクドナルドでのiD利用が出来る点です。

 

 

マクドナルドでも、クレジットカードを利用することはできませんが、iDを利用することができ、食事の際にiD利用分のポイントを還元することが出来るのですね。

 

 

そうしたメリットの多いiDを搭載したクレジットカードを登録することが出来るのが、Apple payの大きなメリットとも言えるかも知れませんね。

iDが搭載されたおすすめのクレジットカード

Apple Pay(アップルペイ)にはiD搭載のクレジットカードを登録すべき、と言う理由はお分かり頂けたかと思います。

 

 

しかし、どのクレジットカードにiDが搭載されているのか、またどのiD搭載のクレジットカードがお得なのかわからないと言う方もいるでしょう。

 

 

ここでは、おすすめのiD搭載のクレジットカードをご紹介していきましょう。

25歳以内なら三井住友VISAデビュープラスカード

41vvbibri6l

 

年会費 還元率 申込資格 ポイント付与条件

初年度年会費無料

2年目以降は税別1250円(ただし年間1回でもご利用があれば翌年度の年会費も無料)

1.0% 高校生を除く18歳~25歳 月額累計端数切捨て

 

三井住友VISAデビュープラスカードの付帯サービスの詳細はこちら
 

おすすめポイント

25歳以下の若者に申し込み者を限定した三井住友VISAデビュープラスカード。年間に1度でもカードの利用があれば年会費が無料になる、実質年会費無料のカードとして利用することが出来ます。

 

 

最も大きなメリットとしては、通常還元率が他の三井住友カードのカードラインナップの倍の1%還元であること。それだけではなく、入会から3か月間は5倍・2.5%の還元を受けることが出来るお得なカード構成となっています。

 

 

また、25歳を超えた最初のカード更新時に「三井住友プライムゴールドカード」にランクアップできると言うメリットもあります。

 

 

入会キャンペーン

三井住友VISAデビュープラスカードでは新規入会、リボ払いの登録、iDの利用などで最大6000円がキャッシュバックされるキャンペーンが用意されています。

 

 

また、入会後3か月間はポイント獲得が5倍になる特典もありますので、お得にカードを利用することが可能です。

 

26

26歳以上なら三井住友VISAクラシックカード

srv2-trafficgate

 

年会費 還元率 申込資格 ポイント付与条件

初年度年会費無料

2年目以降は税別1250円(リボ払いの登録、WEB明細書の発行で最大半額になる割引あり)

0.5% 高校生を除く18歳~ 月額累計端数切捨て

 

三井住友VISAクラシックカードの付帯サービスの詳細はこちら
 

 

おすすめポイント

18歳以上であれば、年齢制限なしで申し込みをすることが出来る三井住友VISAクラシックカード。三井住友VISAデビュープラスカードに申し込むことのできない、25歳以上の方はこちらのカードもおすすめです。

 

 

通常還元率は0.5%と低めですが、リボ払いに登録することでポイント還元率が倍の1%で利用することが出来ます。

 

 

また、旅行傷害保険やショッピング保険も付帯しており、コストパフォーマンスに優れたバランスの良いカード構成となっているのも特徴です。

 

 

入会キャンペーン

三井住友VISAクラシックカードでは、新規入会やリボ払いの登録などで最大8000円分のキャッシュバックを受けることが出来るキャンペーンが用意されています。

 

8e

金利がメガバンクの100倍以上 イオンカードセレクト

waon-shop-6

 

年会費 還元率 申込資格 ポイント付与条件

永年無料

0.5% 高校生を除く18歳~ 利用ごと端数切捨て

 

イオンカードセレクトの付帯サービスの詳細はこちら

 

おすすめポイント

イオン銀行が発行するイオンカードセレクトの最も大きなメリットと言えるのが、イオン銀行の普通預金の金利の優遇です。

 

 

イオン銀行は、イオンカードセレクトと併用することで普通金利が0.12%とメガバンクの100倍もの高金利で利用することが出来ます。

 

 

また、全国のイオンやダイエー・マックスバリューでのカード利用では通常の倍のポイント還元を受けることが可能です。生活に密着したスーパーマーケットでのポイントの優遇は嬉しいポイントですよね。

 

 

入会キャンペーン

イオンカードセレクトでは新規の申し込みとカードの利用で、最大5000ポイントのプレゼントをもらえるキャンペーンが用意されています。

 

 

年会費永年無料のカードですので、キャンペーンのポイント目当てで申し込みをしても損の無いカードです。

 

docomoユーザーなら通信料で選ぼう! dカード/dカード GOLD

pict_dcard_card

 

  年会費 還元率 申込資格 ポイント付与条件
dカード 初年度無料 1.0%~ 18歳以上で「dアカウント」をお持ちの方

利用ごと端数切捨て

dカード GOLD 10,000円+税 1.0%~10.0% 20歳以上で「dアカウント」をお持ちの方 利用ごと端数切捨て

 

dカードの付帯サービスの詳細はこちら

 

dカード GOLDの付帯サービスの詳細はこちら

 

 

おすすめポイント

docomoのスマホや携帯をお使いの方にはおすすめをしたいのがdカード/dカード GOLDです。

 

 

通常のお買い物で1%のポイント還元を受けることが出来るほか、dカード GOLDに関しては、docomoのスマホや携帯料金・ドコモ光に対してはポイントの優遇が最大10%あります。

 

 

貯まったdポイントは携帯料金の支払いに利用することが出来るほか、iDのキャッシュバックにも利用が可能です。

 

 

iDを発行するdocomoのカードと言うことで、iDとの相性も良いカード構成になっています。

 

 

また、dカード/dカード GOLDならiDの支払いで、マクドナルドの商品購入金額から3%OFFローソンに関しては最大5%還元でかなりお得になります。

 

入会キャンペーン

dカード/dカード GOLDの入会では、最大12000円分のiDキャッシュバックを受けることが出来るキャンペーンが用意されています。

 

 

キャンペーンで受け取ることが出来るプレゼントも、iDのキャッシュバックですのでApple Payとも相性の良いカードと言えるのではないでしょうか。

 

Apple Pay(アップルペイ)お得に使うためには、お得なiDカードを知れ!

登場したばかりで、まだわからないことも多いApple Pay。

 

 

しかし、基本的にはiDやQUICPayを利用するのと変わりはありません。

 

 

Apple Payをお得に利用する為には、iDをお得に使えるカードを選んでおけば間違いはありません。

 

 

クレジットカードが利用できないシーンでも、iDが利用できる店舗もあり、ポイントを取りこぼさず効率良くポイントを貯めることが出来ます。

 

 

新時代のモバイル決済サービスApple Pay(アップルペイ)を、お得に使い倒してしまいましょう!

 

 

また、アップルペイのメリットやその他おすすめクレジットカードは下記にて紹介しています。

ap_image
2016年10月25日よりApple Pay(アップルペイ)が利用開始となりました。 最近はニュースでもよく取り上げられて

 

QUICPay利用者におすすめ、QUICPay搭載のクレジットカードは下記にて紹介しています。

applepay_main
iPhoneユーザーが待ちに待ったおサイフケータイ機能として、iPhone7から搭載された機能が「Apple Pay(アップルペイ)」。

Pocket