ogp_logo
Pocket

 

キャッシュレス時代が急速に進む昨今では、電子マネーを日常的に利用している方は非常に多いのではないでしょうか。電子マネーにも様々な種類があり、どの電子マネーを選ぶのがお得なのか分からないと言う方もいるかも知れませんね。

 

 

ご紹介するのは、電子マネーの登場初期から発行されており、電子マネーの普及にも一役買った「楽天Edy」です。

 

 

楽天Edyは電子マネーの使用で人気の共通ポイント「楽天スーパーポイント」を貯めることが出来るほか、クレジットカードとの併用でダブル・トリプルでのポイントの獲得が可能なカードです。

 

 

ここでは、楽天Edyの特徴と楽天Edyのチャージにおすすめのクレジットカードについて詳しくご紹介していきましょう。

 

 

楽天Edyとは?

ogp_logo

 

楽天Edyは必要な分だけお金をチャージして、様々な店舗でワンタッチ利用することが出来る「電子マネー」の先駆けとも言えるサービスです。

 

楽天Edyには、

 

・ICカードタイプ

・お財布ケータイで利用できるアプリタイプ

 

の2種類があります。

 

 

また、各種のショップでの利用で特典を受けることが可能な、提携Edyカードも数多く発行されているのが特徴のひとつです。

 

代表的なものを例に挙げると、

 

コンビニチェーン「ポプラ」での利用で、楽天スーパーポイントをダブルで受け取ることが出来る「ポプラEdy楽天ポイントカード」
楽天スーパーポイントの代わりにANAマイルを貯めることが出来る「ANAマイレージクラブEdyカード」

 

など、楽天スーパーポイントの付与以外にも特典が用意されている楽天Edyカードも多く展開されています。

楽天Edyカードの年会費

楽天Edyはクレジットカードとは違い、チャージして利用する「プリペイド型」の電子マネーとなっていますので、年会費などは必要ありません。

 

 

アプリ型の楽天Edyであれば、新規発行の手数料も無料で利用開始することが可能です。

 

 

また、初回のみカードの購入代金がかかるケースもありますが、100円でカードを買うことが出来ますし、その購入代金もポイントで還元されるケースが多くなっています。

 

 

楽天Edyを使用するのにかかるお金は利用するチャージ代金分のみで、ランニングでコストがかかってくることは無いのですね。

楽天Edyのメリット

楽天Edyは利用するのにコストのかからない電子マネーです。

 

 

ですので、保有しておいて損になることは無く、メリットしか無いと言っても過言ではないでしょう。楽天Edyを持つ一番のメリットであり、目的とも言えるのが店頭での支払いがキャッシュレスでスムーズに済む点です。

 

 

後ろに人が並んでしまったレジで細かい小銭を探すことに気が引けて、お札で支払ってしまいますます小銭が増えてしまったと言う経験をされた方もいるのではないでしょうか。

 

 

支払いで小銭を増やすことなくお財布をスリムに保つことが出来るのが、楽天Edyを持つことの一番のメリットであると言えるでしょう。

楽天Edyのポイント還元

また、楽天Edyは使用することで人気の共通ポイント「楽天スーパーポイント」を貯めることが出来ることもメリットのひとつです。

 

 

楽天Edyは、様々な店舗で現金の代わりにワンタッチで支払いをすることが出来ます。楽天Edyをお買い物で利用すると、200円の利用ごとに1ポイントの楽天スーパーポイントが付与されます。

 

 

楽天スーパーポイントは、楽天のオンラインサービスや楽天ポイント加盟店で1ポイント1円として利用することができる他、楽天Edyのチャージにも利用することが出来ます。

 

 

楽天Edyの使用ではポイント還元率0.5%でポイントを獲得することが出来るのですね。

さらにお得なポイントプラス加盟店

edy2

 

楽天Edyの使用で得られるポイント還元率は0.5%と、クレジットカードの還元率と同等に考えると至って平均的な還元率となります。

 

 

楽天Edyにはポイントが2倍になる、お得な「ポイントプラス加盟店」が月かわりで設定されます。ポイントプラス加盟店で楽天Edyを利用すれば、200円ごとに楽天スーパーポイントが2ポイント・1%の還元率でポイントを獲得することが出来るのです。

 

 

当月のポイントプラス加盟店は、楽天Edyのサイトで確認することが出来ますので、見逃さずにお得にポイントを貯めましょう!

楽天Edyではポイントを多重取りできる??

楽天Edyの利用で付与されるポイントは200円ごとに楽天スーパーポイント1ポイントの還元率0.5%。そもそも支払いの利便性が一番のメリットとなるのが楽天Edyですので、ポイントの還元率まで求めるのは贅沢と言えるかも知れません。

 

 

しかし、楽天Edyは上手に活用すればポイント還元率の面でも非常にお得な支払い方法となるのです。

 

 

お得な使い方をしっかりと知って利用すれば、ポイントの多重取りも簡単にできる優秀なカードなのです。

楽天Edy+楽天ポイントカード提示でポイントの2重取り

edy3

 

楽天Edyの利用でポイントの多重取りをする上で、一番基本となる方法が支払い時のポイントカードの提示です。楽天ポイントカードは、楽天ポイントクラブ加盟店のステッカー表示のある店舗で利用することが出来ます。

 

 

ポイントカードに付与されるポイントは100円ごとに1ポイントの還元率1%楽天Edyで付与されるポイントと合わせると、1.5%のポイント還元を受けることが可能なのです。

 

 

さらに、楽天ポイントクラブ加盟店では、楽天Edyの利用ポイントが2倍になる「ポイントプラス加盟店」もあります。ポイントプラス加盟店で楽天Edyを利用し、ポイントカードを提示すれば2%の還元率でポイントを得ることも出来るのですね。

 

 

楽天ポイントカードには楽天Edyと一体のものや、カード型の独立したもの、スマホアプリで利用できるものと種類があります。まだ、楽天ポイントカードを作ってない方は、すぐにポイントカードを作っておくべきでしょうね。

クレジットカードチャージ+楽天Edy+楽天ポイントカード提示でポイントの3重取り

楽天Edyと楽天ポイントカードの利用でのポイント2重取りにプラスして、ポイント獲得のために利用できるのがクレジットカード。

 

 

クレジットカードで楽天Edyをチャージすれば、チャージした金額に応じてクレジットカードのポイントが付与されます。楽天Edyのチャージに対してのポイント還元率はカードによって異なりますが、現金でチャージするよりもお得なのは言うまでもありません。

 

 

クレジットカードでのチャージ、楽天Edyの使用、そして楽天ポイントカードの提示で3重にポイントをゲットすることが出来るのです。

ローソンでのPontaポイント&楽天スーパーポイント3重取り

近隣でよく利用するコンビニがローソンである、と言う方におすすめしたい楽天Edyの利用方法がPontaカードとの併用です。

 

 

楽天ポイントクラブ加盟店は限定されており、ローソンでは残念ながら楽天ポイントカードのポイント付与の対象にはなりません。

 

 

しかし、ローソンでのお買い物の際に楽天Edyで支払いをして、Pontaカードを提示すれば、Pontaポイントと楽天スーパーポイントの両方のポイントを獲得することが出来るのです。

 

 

あとは、同じように楽天Edyのチャージをクレジットカードで行えば、ポイントの3重取りが可能なのですね。

クレジットチャージが楽天Edyのキモ!

楽天Edyには様々な方法でチャージをすることが出来ます。

 

店頭で現金でのチャージ
コンビニの端末でのチャージ
クレジットカードでのチャージ
クレジットカードでのオートチャージ
楽天スーパーポイントでのチャージ

 

など、様々な方法でチャージをすることが出来ますが、おさえておきたいのはクレジットカードによるチャージです。

 

 

楽天Edyはクレジットカードでチャージをすることで、クレジットカードのポイントと楽天Edyのポイントのダブルでポイントを獲得することが出来るのです。

楽天Edyチャージでポイントが貯まるおすすめのクレジットカードは2択!

楽天Edyのチャージに使用すべきカードで、自信を持っておすすめできるカードは2択となります。楽天Edyのチャージに対してポイントが付与されるカードは多くありますが、よりメリットがある2枚のクレジットカードをご紹介していきましょう。

 

 

楽天Edyチャージにおすすめのカードは、

 

リクルートカード(VISAのみ)
楽天カード

 

の2択となっています。

 

それでは、2枚のカードの特徴をご紹介していきましょう。

リクルートカード(VISAのみ)

recruit_standard

 

大手情報サービスのリクルートと、三菱UFJニコスが提携して発行するリクルートカード。カードの国際ブランドにはJCBかVISAを選択することが出来ますが、楽天Edyのチャージに対してポイント還元を受けることが出来るのはVISAのみとなっています。

 

 

リクルートカードは、年会費永年無料で利用することが出来る、コストパフォーマンスに優れたカード。

 

 

カードの利用では、リクルートの各種のネットサービスで利用できるほか、共通ポイントのPontaポイントにも交換可能な「リクルートポイント」が付与されます。

 

 

リクルートカードの大きなメリットとなるのが、通常還元率が1.2%と言う高還元率カードであること。リクルートカードで楽天Edyをチャージした際にも、チャージ金額100円に対して1.2%のポイント還元を受けることが可能です。

 

 

リクルートポイントでの1.2%、チャージした楽天Edyの使用分で0.5%と、合計1.7%ものポイントをダブルでポイントを貯めることが出来るのですね!

 

b

楽天カード

 

楽天Edyと同じく、インターネットサービス大手・楽天グループの楽天カードが発行するプロパーカードが楽天カードです。カードを発行する楽天カードが楽天グループであることで、当然のことではありますが楽天Edyとは相性の良いクレジットカードであると言えます。

 

 

楽天カードは年会費無料で利用することができ、カード本体に楽天Edyの機能を付属させることも可能です。クレジットカードと楽天Edy・さらには楽天ポイントカードの機能を一枚にまとめることが出来ますので、財布の中がカードでかさばることはありません。

 

 

楽天カードで貯めることが出来るのは、楽天Edyと同じ楽天スーパーポイントです。通常の加盟店使用では100円ごとに1ポイントの楽天スーパーポイントが付与され、還元率1%でカードを利用することが出来ます。

 

 

楽天カードで楽天Edyをチャージした場合の、チャージ金額に対するポイント還元率は0.5%。楽天カードでのチャージと、楽天Edyの使用分を合わせて還元率1%分の楽天スーパーポイントが付与されるのです。

 

目的に応じて、楽天Edyのチャージに使うクレジットカードは選ぶべき

ここまでご説明してきたように、楽天Edyは単にキャッシュレスで利用できる電子マネーと言うだけではなく、ポイント獲得にも優れたカードであることがお分かり頂けたかと思います。

 

 

上手に利用すれば、ポイントの2重取りも3重取りも可能な楽天Edyは、ペアとなるクレジットカード選びも重要な選択肢になってくるでしょう。

 

 

単純に、ポイントの還元率の面で見るとリクルートカードに軍配が上がるでしょう。リクルートカードでの楽天Edyチャージに対するポイント付与は1.2%と、非常に高い還元率となっています。

 

 

但し、付与されるリクルートポイントは楽天スーパーポイントに交換することはできず、リクルートのサービスでの利用かPontaポイントへの交換となります。日常的に利用するコンビニがローソンで、Pontaカードと楽天Edyを併用している人には、リクルートカードがおすすめとなるでしょう。

 

 

逆に、楽天スーパーポイントを貯めたい、と言う方は楽天カードがおすすめです。楽天カードから楽天Edyへのチャージ付与は0.5%と、還元率こそ少ないですが、楽天Edyの利用と同じ楽天スーパーポイントが貯まるのは便利です。

 

 

楽天カードはクレジットでのお買い物でも楽天スーパーポイントを還元率1%で貯めることが出来ますので、楽天スーパーポイントに照準を絞れば最も効率の良いカードとなります。

 

 

このように、楽天Edyのチャージに利用するクレジットカードは、自分の欲しいポイントに合わせて選んでみるのが失敗の無い選び方と言えるでしょう。

 

 

今回紹介した楽天Edyチャージするのにおすすめのクレジットカードは、入会特典で5000~8000ポイントがもらえるキャンペーンが開催中です。

 

リクルートカードのキャンペーン詳細はこちら

 

楽天カードのキャンペーン詳細はこちら

 

 

また、楽天Edy以外の電子マネーのnanacoへチャージ時のおすすめのクレジットカードは下記にて詳しく解説しています。

DSCF15291
クレジットカードや電子マネーなど利用して、効率よくポイントを貯める節約志向の強い方必見です! ご存知の方

 

Pocket