55423-the-point-m-624x394
Pocket

 

クレジットカード選びの判断基準として、ポイントの還元率と言うのは重要な選択の材料になります。

 

 

カードの利用によって付与されるポイントは、各種のギフト券に交換したりマイルに交換したりなど、様々な使い道があるものです。

 

 

同じ金額をカードで利用するのであれば、やはり還元率の高いカードの方がお得なのは言うまでも無いことですよね。

 

 

還元率2.0%を超える、おすすめクレカ!

ここでは、実際に還元率2.0%を超えるクレジットカードの中から、自信を持っておすすめすることが出来る5枚を紹介します。自分に一番合ったカードがどれなのか、ライフスタイルに合わせて選んでみてくださいね!

入会後6ヶ月間還元率2.0%!オリコカード・ザ・ポイント

オリコカードが発行するプロパーカード「オリコカード・ザ・ポイント」は、年会費無料でありながらポイント高還元のカードとして人気を集めているカード。コストをかけずに高還元カードを手に入れたい、と言う方には非常におすすめのできるカードとなっています。

 

55423-the-point-m

 

オリコカード・ザ・ポイントの公式サイトはこちら

 

年会費

オリコカード・ザ・ポイントの年会費は永年無料・家族カードも3枚まで無料で追加することが可能です。

 

 

ETC年会費も無料で利用することが出来るので、カード保有にあたってのコストをかけずに済むと言うのは嬉しいところですよね。

 

ポイント還元率

オリコカード・ザ・ポイントは通常のお買い物の利用100円ごとに1ポイントの「オリコポイント」が付与されます。オリコポイントは1ポイント約1円の価値で各種の金券に交換することが出来ますので、通常還元率は1%となります。

 

 

ポイントの付与タイミングは月額の累計となっており、切り捨てられる端数が最大でも99円で済むのも嬉しいポイントです。

 

 

また、オリコカードの会員のみが利用できるインターネットショッピングモール「オリコモール」では、オリコカード・ザ・ポイントの利用で通常ポイントに加え0.5%のポイント付与を受けることが可能です。

 

オリコカード・ザ・ポイントは、

 

・Suica

・SMART ICOCA

 

などの電子マネーに対するチャージでも100円で1ポイント・1%のポイント還元を受けることが可能です。

 

 

貯まったオリコポイントは、各種の金券やギフトカードに利用することが出来ます。500ポイントで500円のAmazonギフト券などに交換することが可能ですので、貯まったポイントをお得に利用することが出来るのですね。

 

オリコカード・ザ・ポイントのメリット

オリコカード・ザ・ポイントの一番のメリットとなるのが、入会後半年のポイント還元率の優遇です。オリコカード・ザ・ポイントでは新規入会の特典として、入会後の半年はポイントの獲得率が2倍になるポイント優遇を受けることが可能です。

 

 

入会後の半年は、100円の利用で2ポイント・2%の高還元カードとして利用することが出来ますので、非常に大きなメリットとなりますよね。

 

 

入会キャンペーン

オリコカード・ザ・ポイントでは、入会キャンペーンとして最大18000円相当のオリコポイントをもらえるキャンペーンを開催しています。

 

入会特典として1000ポイント
ウェルカムキャンペーンエントリーで6000ポイント
半年間のカード利用で最大10000ポイント
リボ払いの登録で1000ポイント

 

と、年会費無料のカードでありながら大盤振る舞いのキャンペーンが用意されているのですね。

 

また、上記の特典内容は下記のバナーから申込みで適用されます。

 

入会後6ヶ月間は還元率2.5%! P-one wiz

ポケットカードの発行するリボ払い専用カードとしてラインナップされているのが「P-one wiz」です。

 

リボ払い専用カードとなると、リボ払い手数料がもったいないと感じてしまう方もいるかも知れませんが、P-one wizは「自由支払い型」のリボ払いカードとなっています。

 

カスタマーセンターに「全額支払い」でと設定しておけば、金利手数料をかけずに利用することができ、リボ払い専用カードの高還元のメリットのみを利用することが出来るのです。

 

038012

 

P-one wizの公式サイトはこちら

 

年会費

P-one wizは年会費永年無料・家族カードも年会費無料で利用することが出来ます。

 

ETCカードの追加に関しては新規発行手数料税別1000円のみ必要ですが、利用に関しては年会費無料で利用することが可能です。

 

ポイント還元率

P-one wizの利用で付与されるポイントは、1000円につき1ポイントの「ポケットポイント」です。

 

 

ポケットポイントは1ポイント約5円の価値で利用することが出来ますので、通常還元率は0.5%となっています。0.5%の還元率だと、まったく高還元ではないと感じた方もいるかと思いますが、実はP-one wizはショッピングの代金が自動的に1%オフになると言う特典もあります。

 

 

ポイント還元率と優待割引を合わせると、通常還元率1.5%と言う高還元のカードなのですね。

 

 

また、P-one wizのポイント付与は1%OFFされた月額の累計金額からの付与となります。

 

 

P-one wizはVISA・MASTER・JCBの中から好きな国際ブランドを選ぶことが出来ますが、JCBを選択した時のみnanacoチャージでの特典があります。JCBブランドのP-one wizでnanacoチャージをすると、チャージ金額1%オフでnanacoにチャージすることが出来るのです。

 

 

さらに、チャージした金額に対して0.5%分のポイントも付与されるので、nanacoチャージ時の還元率は1.5%で入会後6ヶ月の間なら2.5%でnanacoチャージができる最強カードです。

公式では、nanacoチャージ分はポイント付与対象外となっているのですが、2016年10月時点ではまだ1%OFFされます。ただ、いつ終了になるかわかりませんので、心配な方は還元率1.2%のリクルートカード(VISAでもOK)でチャージしましょう。

 

 

また、ポケットポイントの使い道として、P-one wizのみTポイントへの交換が可能です。ポケットポイント100ポイントをTポイント500ポイントに交換することが出来ますので、便利なTポイントへの交換もお得なポイントの使い方であると言えるでしょう。

 

 

入会キャンペーン・P-one wizのメリット

P-one wizには、入会でポイントがプレゼントされるキャンペーンなどは用意されていません。

 

 

その代わり、入会後の半年間はポイント還元率が3倍になる入会特典が用意されているのです。入会後の半年間は、1000円の利用で通常ポイント1ポイント+ボーナスポイント2ポイントが付与されます。

 

 

さらにP-one wizには利用するだけで自動的に利用金額が1%オフになる割引還元がありますので、入会後半年は2.5%という高還元でカードを利用することが出来るのですね。

 

 

入会キャンペーンが用意されていなくても、それを補って余りある入会特典が用意されているのです。

 

誕生日月の還元率5.0%!ライフカード

ライフカードが発行するプロパーカードとして、最もベーシックなカード構成となっているのが「ライフカード」です。非常にバランスのとれたライフカードは、サブカードとして保有している方も多いカードのひとつです。

 

mxigtcukdyamv5b7vuaphc

 

ライフカードの公式サイトはこちら

 

年会費

ライフカードは本会員・家族会員ともに年会費永年無料で利用することが出来ます。

 

 

ETC年会費ももちろん無料で利用することが出来ますので、コストがかからないカードなのは嬉しいですよね。

 

 

ポイント還元率

ライフカードの利用では、1000円の利用ごとに「ライフサンクスポイント」が1ポイント付与されます。ライフサンクスポイントは1ポイント約5円として各種のギフトカードに交換することが出来ますので、通常還元率は0.5%となります。ポイント付与タイミングは月額の累計金額からの付与となっています。

 

ライフカードで電子マネーをチャージした際は、

 

・楽天Edy

・nanaco

・Suica

・SMART ICOCA

 

のチャージに関しては、1000円につき0.5ポイントの付与となります。

 

 

ライフサンクスポイントを利用する場合には、できるだけまとめてギフト券に交換するのがポイントのお得な使い道となります。

 

 

ライフサンクスポイントは、一度により多くのポイントを交換した方が1ポイントあたりの価値が上がりますので、1ポイントあたりの価値を5円以上でギフトカードに交換することも可能です。

 

 

ポイントの有効期限もたっぷり5年間ありますので、じっくりポイントを貯めてから交換する方がお得な使い方であると言えるでしょう。

 

 

ライフカードのメリット

還元率2.0%以上のカードを紹介しているのに、ライフカードは0.5%じゃないかと思った人もいるかもしれませんね。

 

 

ライフカードには、誕生月にポイントが5倍になるメリットが用意されています。通常還元率が0.5%のカードが、誕生月には還元率2.5%の超高還元率カードに生まれ変わるのです。

 

 

年会費永年無料で、ランニングコストのかからないカードですので、誕生月にだけ利用するサブカードとして利用する方も多いのです。

 

 

入会キャンペーン

ライフカードでは入会キャンペーンとして、入会後3か月の利用実績に応じて最大7000円分のポイントがもらえるキャンペーンを開催しています。

 

入会でもれなく200ポイント
入会初月の利用10回以上で最大400ポイント
入会後3か月の利用金額10万円以上で最大800ポイント

 

合計1400ポイント、7000円相当のライフポイントを受け取ることが出来るお得なキャンペーンなのですね。

※現在このキャンペーンは開催されていません。

 

航空券購入で還元率5.0%!アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード

アメリカン・エキスプレスが発行するマイル獲得専用カードとなるのが「アメリカン・エキスプレスR・スカイ・トラベラー・プレミア・カード」です。ポイントではなく、直接マイルを貯めることが出来るカードとして、マイラーにも人気のカードとなっています。

 

imgres

 

スカイトラベラープレミアカードの公式サイトはこちら

 

年会費

スカイトラベラープレミアカードの年会費は税別35000円、家族カードの年会費は税別17500円が必要です。ETC年会費に関しては無料で使用することが可能です。

 

 

ポイント還元率

スカイトラベラープレミアカードでは、カードの利用に対して直接マイルを貯めることが可能です。通常の加盟店での利用では、100円につき1マイルの付与となりマイル還元率は1%となります。

 

 

またスカイトラベラープレミアカードでは、航空券での利用でポイントが5倍になる特典があります。

 

 

通常スカイトラベラーカード(年会費:税別10,000円)の還元率3.0%と比較した場合、年間475000円以上航空券を購入する方は、100円につき5マイルが付与される、還元率5.0%のスカイトラベラープレミアの方を選んだ方がお得になります。

 

 

スカイトラベラープレミアカードは、5%という高還元だけではなく、旅行保険などの付帯サービスも充実しています。

 

海外旅行によく出かける方には、充分メインのカードとして利用出来るカードとなるのではないでしょうか。

 

 

スカイトラベラープレミアカードのメリット

スカイトラベラープレミアカードの利用でポイントが5倍になるのは、航空機の利用だけではありません。

 

 

日本旅行アップルワールドの商品を利用すれば、航空券だけではなくJR・新幹線のチケットの利用でも獲得マイルが5倍になるメリットがあるのです。飛行機よりも新幹線などでの出張が多いというビジネスマンには嬉しい特典となりますよね。

 

入会キャンペーン

スカイトラベラープレミアカードでは、入会とフライトの利用で最大15000マイルをもらえるキャンペーンが用意されています。

 

入会で3000マイル
入会後3か月で40万円以上の利用で7000マイル
カード契約後最初のフライトで5000マイル

 

と、入会キャンペーンのボーナスマイルだけで、航空各社の特典航空券をゲットするのも充分に可能な、お得なキャンペーンになっています。

 

sky_premier_300_250

ドコモケータイ、ドコモ光ユーザーの還元率10.0%! dカード GOLD

dカード GOLDはドコモケータイ、ドコモ光ユーザー限定で大きなメリットを受けることが出来るカードです。ドコモの様々なサービスでの優待を受けることが出来る、ドコモユーザー必携のカードであるとも言える一枚なのです。

 

pict_dgold_card

 

dカード GOLDの公式サイトはこちら

 

年会費

dカード GOLDの年会費は税別10000円、家族カードは1枚目まで無料で2枚目以降は税別1000円の年会費が必要となります。ETCカードに関しては無料で追加することが可能です。

 

 

ポイント還元率

dカード GOLDを通常加盟店で利用すると、100円の利用ごとに1ポイントの「dポイント」が付与されます。dポイントは1ポイント1円として、ドコモの携帯料金やローソンなどでのお買い物に利用できますので、通常還元率は1%となります。ポイント付与のタイミングは1回利用ごとの端数切捨てとなっていますので、カード利用の際には注意が必要です。

 

 

dカード GOLDの通常還元率は1%ですが、ドコモの利用者限定で10%以上の還元率を受けることが出来るモンスターカードとなります。

 

 

10%還元の対象となるのは、ドコモの携帯電話料金とドコモ光のご利用代金

 

毎月ランニングでかかってくる通信料金に対しての高還元は嬉しいですよね。通話料・データ通信費の合計が9000円以上利用の方なら年会費をペイすることが可能です。

 

 

dカード GOLDを電子マネーへのチャージに利用した際のポイント付与はありません。

 

 

dカード GOLDのメリット

dカード GOLDのメリットとなるのが、iPhone7から搭載された「Apple Pay(アップルペイ)」のチャージに対応している点です。アップルペイはiPhone7で初めて搭載される、日本国内で利用可能なお財布ケータイ機能、iDが利用できる店舗で使うことができます。今までお財布ケータイを利用できなかったiPhoneユーザーにとっては嬉しいメリットとなりますよね。

 

 

また、携帯の紛失・盗難、故障全損時に最大10万円まで補償される「dカード ケータイ補償」は嬉しい特典ですね。

 

 

さらに、旅行保険に関しても国内・海外ともに充実しています。国内航空便遅延費用特約まで付帯されているのも大きなメリットです。

 

dカード GOLDの付帯サービスの詳細はこちら

 

 

入会キャンペーン

dカード GOLDでは入会キャンペーンとして、最大12000円相当のプレゼントを受けることが出来るキャンペーンが用意されています。dカード GOLDには、標準で後払い型電子マネーのiDが付属していますが、入会キャンペーンで付与されるのもiDのキャッシュバックです。

 

入会でもれなく、

 

dポイント1000ポイント
iDキャッシュバック1000円分

 

を受けとることができ、

 

入会後2か月で50000円以上カードを利用すると、

 

8000円のiDキャッシュバック

 

を受けることが出来ます。

 

さらに、「こえたらリボ」「キャッシングリボご利用枠」の設定で各1000円分、計2000円分のiDキャッシュバックがもらえ、上記の条件を全て達成すると合計12,000円相当が獲得できます!

 

 

ポイント還元率だけでなく、付与されたポイントの使い道で考える

imaric20160805210023_tp_v

 

上記では5枚の2.0%を超える還元率クレジットカードを紹介してきました。

 

 

しかし、単純に還元率の高いカードに固執してクレジットカードを選ぶのも、賢い選択の方法とは言えません。大切なのは、自分が求めている商品やサービスを手に入れるのに近道のカードを選ぶことでもあるのです。

 

 

例えば、単純にポイント還元率が5%を超える高還元のカードでも、ポイントの使い道がその会社のサービスだけであれば、お得なポイントとは言えません。

 

 

高還元のクレジットカードを選ぶ基準としては、その貯まったポイントでどんなお得なサービスを受けることが出来るか、と言うこともしっかりと調べておくべきなのです。

クレジットカードのポイントの使い道

一般的なクレジットカードのポイントの使い道としては、

 

・各種のギフト券への交換

・JALマイル/ANAマイルへの移行

・共通ポイントへの交換

・ネットショップでの利用

・リアル店舗で支払い代金として利用

・クレジット料金からのキャッシュバック

 

といった使い方をすることが出来ます。

 

 

特に、特典航空券への交換が出来るマイルへの移行がお得なカードが人気を集めています。

 

 

マイルだけでは無く、自分のライフスタイルの中で最も得をすることが出来るポイントが貯められるカードを選ぶのが、カード選びのポイントとなるのです。

ポイント還元率とマイル還元率を分析する

ook82_gurafuwoyubisasu20131223_tp_v

 

クレジットカードのポイント還元率を考える時は、直接のポイント付与率・そしてそのポイントを自分が目的とするサービスや商品に交換した際の交換率を総合的に考えるべきです。

 

 

ポイント還元率が2%のカードと1.5%のカードを比べると、2%のカードの方がお得なように感じますよね。

 

 

しかし、貯まったポイントの使い道がマイルだった場合、交換レートを考えなくてはいけません。

 

 

2%の還元率のカードのマイル交換レート:2ポイントで1マイル=マイル還元率1%

 

1.5%の還元率のカードのマイル交換レート:1ポイントで1マイル=マイル還元率1.5%

 

 

と、最終的な目的がマイルの獲得だった場合は、1.5%の還元率のカードの方が、よりお得なカードであると言えるのです。

 

 

クレジットカードをポイント還元率で選ぶ場合には、最終的に自分がどのようなポイントの使い方をするかも考えておく必要があるのですね。

ポイントの付与タイミングにも注意

1381cdd3d8ee353b0371001e5c2e87eb_s

 

 

ポイントの還元率でカードを選ぶのであれば、ポイントの付与タイミングにも注意が必要です。

 

ポイントの付与タイミングには大きく分けて、

 

1回の使用時の付与
月間の累計額からの付与

 

のふたつに分けられます。

 

この際に違いになってくるのが、ポイント付与の際に切り捨てられてしまう端数の金額です。

実際にどの程度の違いが出るのか

例えば、100円に1ポイントの付与で月間累計のポイント付与のカードで50050円程度利用した場合には、ポイントは500ポイント付与され、切り捨てれる端数は50円です。月額累計の場合、最高でも切り捨て金額が99円となるので、1回利用毎で切り捨てされるカードと違い金額を気にせずに利用できる点は大きなメリットです。

 

 

対して毎回の利用額に対する付与のカードで平均して毎日1回1660円程度使用したとすると、付与されるポイントは480ポイント切り捨てられる端数は1800円にもなってしまいます。節約志向の強い方は、利用する度に金額を気にしなくてはいけません。

 

 

このように、ポイント付与のタイミングだけでもポイントの獲得率に大きく違いが出てしまうのは覚えておくべきでしょうね。

まとめ・一番賢い使い方は様々なカードを使い分けること

高還元カードの5種類の券種を比較しただけでも、様々な特典の違いがあることをお分かりいただけたかと思います。どのカードをとっても独自の魅力があり、どれか一枚のカードに絞ることが出来ない、と言う方もいるでしょう。

 

 

しかし、それこそが一番賢いカードの使い方であるとも言えます。

 

 

どれか一枚のカードを集中して使うと言うのではなく、カードの特典を受けることが出来る期間を理解して使い分けるのが一番ポイントをお得に貯める方法なのです。

 

 

例えば、入会後半年還元率アップのカードを申し込んで、半年後にまた別の半年間還元率アップのカードを申し込めば、1年間お得な還元率で利用することが出来ます。

 

 

また、年会費無料のカードなどは、入会キャンペーンのポイントのみゲットする、と言うのでも構わないでしょう。

 

 

複数のカードを上手に使い分ける、それがポイントを上手に獲得していく近道になるのです。

 

 

年会費無料で入会後6ヶ月、還元率2.0% オリコザカードポイント

 

年会費無料で入会後6ヶ月、還元率2.5% P-one wiz

 

 

また、当サイトで高還元率クレジットカード以外の「90枚以上のおすすめのクレジットカード」はこちらで紹介しています。

 

Pocket