line
Pocket

 

新しいモバイル決済サービスとして注目を集めている「LINE Pay」 友達同士の割り勘やお金のやり取りを口座振り込みよりも便利に、また現金のやり取りでの生々しさもなく手軽にできることから注目を集めているサービスのひとつです。

 

LINE Payの用途としては、LINE Payを利用している友達同士でのお金の送金などが主で、一部の方にしかメリットがないと考えられていました。

 

 

しかし「LINE Payカード」の登場により、LINE Payは新たな高還元の決済サービスとして進化をしました。ここでは、キャッシュレス時代の支払い方法の中心になるかも知れないモバイル決済サービス「LINE Pay」について踏み込んでご紹介していきましょう。

 

 

そもそもLINE Payって何ができるサービスなの?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-04-17-14-04

 

今や、携帯電話のメールよりもメッセージ送信の中心的な役割を担っているトークアプリ「LINE」。

 

LINEはメッセージのやり取りや通話と言った機能以外にも、LINEタクシーやゲームなどの様々なサービスをリリースしています。

 

数あるLINEのサービスの中でも特に注目されているのが、友達と簡単にお金の送金ができるLINE Pay」です。

 

 

とは言え、LINE Payで何が出来るかを良く知らないと言う方もいるかも知れませんので、LINE Payの機能をまとめてみましょう。

 

LINE Payの機能

LINE Payにチャージする
LINE Payを使用している友達に送金する
LINE Payを使用している友達に支払いの依頼や割り勘の要請をする
LINE Payで決済をする
LINE Payにチャージしてあるお金を出金する

 

こうしたLINE Payの各種の機能の中でも、友達同士でのお金のやり取りに便利に利用できる機能を利用している方も多いのではないでしょうか?

 

LINE Payを利用している友達同士では、銀行の口座番号を教えることなくLINE Payにチャージしてあるお金を送金することが可能です。

 

LINE Payでの送金は手数料無料で行うことが可能で、出金の際にのみ税込216円の手数料が必要となります。

 

銀行振り込みですと利用している銀行が異なっている場合には振り込み手数料が必要になってきますが、送金時の手数料が無料なLINE Payは気軽に利用することが可能です。

 

 

また、友人同士で「銀行に振り込んでおいて」と言うと何となく生々しく感じてしまいますが「LINE Payで送って」と言う感じなら、いやらしく無いですよね。

 

そうした、少し気まずい友人に対する支払いの依頼や割り勘の要請などが出来るのもLINE Payの便利な点のひとつでもあります。

 

友達同士でのお金のやり取りで気を遣わずにすることが出来るのが、LINE Payの大きなメリットのひとつと言えるかも知れませんね。

 

 

LINE Payは友達とのお金のやり取りにしか使えないの?

6c6934daed93ec0bacc9824791db8749_s

 

ここまで御覧になった方の中には、LINE Payに対してメリットを感じることができなかった方もいるかも知れません。

 

LINE Payがセールスポイントにしているのは、友人同士でのお金のやり取りの利便性です。

 

そうした機能を使わない方にとっては、LINE Payのサービスそのものが不要なものと感じてしまうかも知れませんね。

 

しかし、実はLINE Payが現在注目を集めているのは高還元率の決済方法」としての機能なのです。

 

LINE Payにチャージしたお金は、ECサイトでの買い物やLINEの様々な機能での支払いに利用することが可能です。

 

それだけではなく「LINE Payカード」を利用すれば、ネットだけではなくリアルの店舗でもLINE Payを利用することが可能になってくるのです。

 

 

リアル店舗でも使えるLINE Payカードの特徴って?

LINE Payにチャージしたお金をリアル店舗で利用することを可能にしたのがLINE Payカードです。

 

LINE PayカードはJCBと提携をしており、JCBのカードが利用可能な店舗のほとんどでLINE Payカードを利用することができます。

 

JCBのブランドが付属していますがクレジットカードではなく、EdyやSuicaに近い「プリペイドカード型」のカードとなっています。

 

お買い物の際に利用することができるのはLINE Payにチャージされている残高内の金額で、チャージ金額が無くなったらLINE Payにチャージして利用することが可能です。

 

LINE Payのチャージには、

 

・銀行振り込み

・Pay-easy

・コンビニ払い

 

を利用することが出来ます。

 

コンビニ払いで、ファミリーマートを利用すればクレジットカードを利用して間接的にチャージをすることも可能です。

 

実は驚異の高還元・LINE Payの還元率

LINE Payカードは実は非常に優れた高還元カードとなっており、他のクレジットカードと比較しても驚異の還元率を誇っています。

 

LINE PayカードをJCBの加盟店で利用すると、利用金額の2%分のLINEポイントが付与されます。

 

LINEポイントは1ポイントあたり約1円相当の価値となっていますので、通常還元率が2%という高還元のカードと言うことができるのですね。

 

貯まったLINEポイントは、LINE Payの残高としてチャージしたり、LINEスタンプなどの購入に使用したりと便利に利用することが可能です。

 

こうした高還元でのポイント還元が、いまLINE Payが注目されている大きな理由になっているのですね。

 

 

貯まったLINEポイント・最もお得に使うには?

898edacfb8a7c8f5c091854e06c4ba23_s

 

LINE Payカードの利用で貯めたLINEポイントは、様々なサービスでの利用や共通ポイントへの交換に利用することができます。

 

  利用単位

還元ポイント

LINE Pay残高へのチャージ 1000pt

1000円分の

チャージ

Pontaポイント 1000pt

900Ponta pt

nanacoポイント 300pt 270nanaco pt
Amazonギフト券 550pt

Amazonギフト券

500円分

 

上記の交換レートで、LINE Payへのチャージや共通ポイントへの交換をすることが出来ます。

 

表をご覧頂けばわかるように、共通ポイントへの交換に関しては等価での交換ではなく約9割の交換レートになっていることがわかるかと思います。

 

ですので、貯まったLINEポイントを最もお得に利用するにはLINE Pay残高へのチャージをおすすめします。

 

LINE Pay残高にチャージした残高は、LINE Payカードを利用してJCBの加盟店で使用することが可能です。

 

LINE PayにチャージしたLINEポイントを使用の際にはさらに2%の還元を受けることが可能ですので、実際には2%以上のポイント還元を受けることが出来るのですね。

 

 

LINE Payカードのメリット

460a2d2303d3b6f660398a34dba1a181_s

 

LINE Payカードのメリットとして、高還元でLINEポイントを貯めることが出来るのは大きなメリットと言えるでしょう。

 

その他にも、LINE Payカードは「審査」や「年齢制限」無しでJCBブランドの決済カードを持つことが出来ることもメリットのひとつです。

 

プリペイドカード型のモバイル決済ツールとなるLINE Payカードは、クレジットカードとは異なり審査や年齢制限はありません。

 

ですので、クレジットカードを持つことが出来ない学生や、ブラックリストに入ってしまって審査に通過できない方でもLINE Payカードを持つことは可能です。

 

LINE PayカードにはJCBブランドが付随しており、JCBのクレジットカードと同じ感覚で利用することが出来ます。

 

本来、クレジットカードを持つことが出来ない人にとっては、大きなメリットと言っても良いのではないでしょうか。

 

 

LINE Payのデメリット

LINE Payカードのデメリットとなるのは、JCBカードが使えるシーンで全て利用することが出来る訳ではない、と言う点です。

 

例えば、

 

・一部のガソリンスタンド

・高速道路

・携帯電話や公共料金などの引き落としカードとして

 

など、利用することが出来ないケースもあります。

 

LINE Payカードはあくまでもチャージした残高のみ利用することが出来る、電子マネー感覚のカード

 

継続した引き落としや、継続して料金が発生するものの支払いには利用することが出来ないことが多くなっているのですね。

 

 

LINE Payのお得な使い方

t-l

 

LINE Payカードをお得に利用するには、LINE Payのチャージをコンビニ払いでクレジットカードを使って支払い、ダブルでポイントを得ることです。

 

LINE Payへのチャージには、ファミリーマートでのコンビニ払いに限りクレジットカードでの支払いが可能です。

 

その際に使用するカードによっては、チャージの際にクレジットカードのポイントが付与されます。

 

つまり、チャージとLINE Payカードの利用で、ダブルでポイントの還元を受けることが可能なのです。

 

LINE Payにチャージするならこのカード!

では、LINE Payのチャージにはどのクレジットカードを利用するのが一番お得なのでしょうか?

 

card_famima_t

 

その答えとしては「ファミマTカード」を利用すべきです。LINE Payのチャージをコンビニでクレジット払いが出来るのはファミリーマートです。

 

ですので、当然ではありますが、もっともメリットを受けることが出来るカードはファミマが発行するファミマTカードと言うことになるのですね。

 

ファミマTカードでLINE Payのチャージ代金を支払うと、0.5%の還元率でTポイントを貯めることが可能です。また、火曜日・土曜日にファミマTカードを利用すると、還元率が倍の1%に優待されます。

 

よって、火曜日・水曜日にLINE PayのチャージでファミマTカードを利用して行えば、Tポイント1%利用時のLINEポイント2%合計で3%のポイント還元を受けることが可能なのです。

 

また、現在ファミマTカードは入会後の翌月末日までに10,000円(税込)以上の利用でもれなく2000T-ポイントがもらえるお得なキャンペーンが開催中です。

 

ファミマTカードのキャンペーン詳細はこちら

さらに!お得に使う方法

20100810_02

 

Suicaユーザー限定になりますが、上記でご紹介した方法にプラスSuicaを利用することで、ポイントの3重取りをする方法があります。

 

ファミマTカードからLINE Payに入金する。ここまでは同じですが、さらにLINE PayからSuicaをチャージすることができ、そうすることで、ポイントの3重取りが可能になります。

 

EDYやiDは決済ができないお店でも、SuicaはOKな所が多いので、さらにお得なお買い物をしてみてはいかがですか?

 

 

まとめ・こんな人におすすめ

どことなくわかりにくいLINE Payの仕組み。

 

今回は徹底的に利用方法やお得な使い方を説明してきましたので、LINE Payについてご理解いただけたかと思います。

 

 

LINEのサービスを良く利用する
高還元のカードが欲しい
ファミマTカードを持っている

 

 

と言った方は発行・年会費ともに無料で、審査などの手間もないLINE Payカードを今すぐ作っておくべきです。

 

LINE Payカードは通常2%の還元率と言う高還元のカードで、ファミマTカードと併用すれば3%の還元を受けることも可能なカードです。

 

また、LINE Payカードの利用で付与されたLINEポイントはLINEの様々なサービスやLINE Payへのチャージに利用することも出来ます。


これから、ますますキャッシュレスの流れは加速していくことが予想されます。

 

モバイル決済サービスの先駆けとなるLINE Payを早めに導入しておくのも良いかも知れせんね。

 

Pocket