%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a336
Pocket

 

2016年9月7日(米国時間)にとうとうリリースされたiPhone 7、iPhone 7 Plus。日本でもSoftbank、au、そしてdocomoの主要3キャリアの発売が決定・開始され、多くの話題を集めています。前バージョンのiPhone 6、iPhone 6cの発売から約2年経過しているということもあり、これからのスマートフォン買い替えでは多くの人がiPhone7の購入を検討することでしょう。

 

 

反面、そんなiPhone新シリーズリリースでの賑わいの中「そうは言っても、新機種って結構値段も高いし…」「ケータイ補償の保険とかでも結構お金かかるし…」と思って、二の足を踏んでいるという方も多いのではないでしょうか。

 

 

そこで今回は、いつもと少し変わった切り口で、「ケータイ補償」と「スマートフォン購入時の特典サービス」でのお薦めのクレジットカードということで、国内ケータイトップシェアを誇るdocomoの発行・運用する「dカードGOLD」についてご紹介していきたいと思います。

 

 

実はこのdカードGOLDですが、iPhone7発売タイミングに合わせて超お得なキャンペーンが実施されており、保障面・ポイント特典面でも他のクレジットカードを圧倒するサービスが用意されているのです。これからiPhone7の購入を検討されている方、特にdocomoユーザーの方は是非チェックしてください!

 

 

iPhone7の概要・端末代金一覧について

はじめに、 「iPhone7になって一体何が変わったの?」という方向けに、iPhone7の気になる概要と端末代金についてざっと説明しましょう。

iPhone7からの新機能・変更点は

iphone-7-rumor-cnet-696x523

 

 

iPhone7の新機能・変更点その1 【バッテリー容量が大幅UP】

iPhoneのみならず、多くのスマホユーザーの悩みとしてまず挙げられるのが、バッテリー容量。「スマホのバッテリーがすぐ無くなってしまう」「バッテリーが1日持たない…」といった話もよく聞こえてきます。

 

 

ですが、今回のiphone7、iphone7 Plusはバッテリー容量が大幅にUPしているのです!どれくらいUPしているかをわかりやすく説明すると、前バージョンのiphone6s比較でiphone7は約2時間も電池の持ちが良くなっています。「いざというときに充電切れで、急いで充電コーナーを探していた」といった経験を多く持つ方にとっては、かなり嬉しい変更点ではないでしょうか。

 

 

iPhone7の新機能・変更点その2 【ストレージ容量】

バッテリーの次に気になってくるのが、ストレージ容量。音楽データや動画データを入れていると、すぐに容量ギリギリになってしまう…といった方も多かったことでしょう。前シリーズのiphone6では16GB、64GBの2種類のストレージ容量が用意されていましたが、iphone7では32GB、128GB、256GBの3種類になっています。16GBがなくなり、その他の容量が大幅にUPしているということですね。

 

 

スマホで動画を楽しむユーザーは近年大幅に加速してきており、その傾向はこれからも続くことでしょう。これからのスマホ利用で、ストレージ容量に気にせず楽しみたい──という方々のニーズにマッチした、嬉しい改良点です。

 

 

iPhone7の新機能・変更点その3 【強靭な防水機能】

7-4

 

アンドロイド系のスマホではすでにいくつかの機種が対応している「防水機能」ですが、iPhone7でも対応されることになりました。「ようやくか…」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、iPhone7の掲げている防水力が桁外れな強靭さで、なんと「水深50mまで大丈夫」とのこと。

 

 

iPhone7の新機能・変更点その4【イヤホンジャックの廃止】

iyahon

 

結構話題にもなりましたが、iPhone7になりイヤホンジャックが廃止されることになりました。そのかわり、音声出力はワイヤレス、またはアップルの独自規格の「ライトニング」端子で行う仕様になります。Apple社はこれからの音楽視聴シーンはワイヤレス(コードレス)がデファクト・スタンダードになっていくことを示唆しているように感じています。

 

 

iPhone7の新機能・変更点その5【新色のカラーバリエーション】

iphone7

 

 

前シリーズのiPhone6Sでは女性向けの「ローズゴールド」カラーが出て話題になりましたが、それら全カラーのうち今回のiPhone7ではグレイが廃止され、ツヤ有りの「ジェットブラック」とツヤ無しの「ブラック」の2種類のブラックが追加されました。どちらも高級感ある上品な仕上がりとなっています。

 

 

Apple Payの対応

apple-pay-will-available-in-2016-rumor

 

 

今回のiPhone7より「Felica」に対応したことにより、ついにiPhoneでもクレジットカードを登録するだけで、おサイフケータイのような使い方が出来るようになりました。代表的な使い方としてはSuicaチャージが可能なので、地下鉄やバスなどでケータイをかざすだけで利用できます。

 

 

現時点でApple Payは、電子マネーのiDとQUICPayが利用できる店舗のみ利用することが可能です。また、Apple Payについては下記にて詳しく解説しています。

ap_image
2016年10月25日よりApple Pay(アップルペイ)が利用開始となりました。 最近はニュースでもよく取り上げられて

 

 

その他

その他、iPhone6Sからの強化ポイントであった、「メインカメラ画素数」の向上、「4K動画撮影」ももちろん引き継がれています。どんどん機能が充実化されてきているiPhoneシリーズの新バージョン──これだけ見ても、スマホ新規購入の際は、「iPhone7にした方が良い」という気持ちが強まってくるのではないでしょうか。

iPhne7の端末代金はどれくらい?

新機能・変更点が大きく加わったiPhone7の、気になる料金はどれくらいかというと、前シリーズ(発売開始時)から大きな変化ない価格帯で購入することが可能なようです。以下、iPhone7それぞれの価格帯をキャリア別、容量別にまとめてみました。

 

iPhone7の価格(目安)
容量 32GB 128GB 256GB
docomo(一括) ¥82,296 ¥93,960 ¥105,624
au(一括) ¥79,200 ¥90,720 ¥102,600
SoftBank(一括) ¥88,080 ¥99,840 ¥111,840

 

上記価格から、実際は月割引(通常24回)が発生し、実質の価格はキャリアによって変わってきますが、端末自体の料金は前シリーズとさほど大きな変化なく、といったところですね。

 

 

ですが、それでも「新発売時のスマホはやっぱり高いな…」と思われた方もいらっしゃることでしょう。

 

そこで、続いては、──特にdocomoユーザーの方、これからdocomo端末への切り替えをご検討中の方向けに、「dカードGOLD」のクレジットカードを活用することによって、iPhone7購入時のコストを大幅にダウンさせていけるプランをご紹介していきたいと思います。

docomoユーザーはメリットだらけ!「dカード GOLD」の特典・付帯サービス!

「docomoのiPhone7を購入しようと思っているけれど、なるべくコスト低めにしていきたい」とお考えの方は、この機に「dカードゴールド」のクレジットカードを作っておくことを強くお薦めします。なぜなら、「dカードゴールド」に入会することによって以下の特典を得られるからです。

 

pict_dgold_card

 

◆docomoユーザーに超絶メリット! dカード GOLD
還元率 年会費
(税抜き)
申込資格 電子マネー
1.0%~10.0% 10,000円 満20歳以上で、安定した継続収入があること

カード型iD、おサイフケータイ(iD)

 

特典その1:dポイント最大12,000ポイント分獲得
特典その2:iPhone 7購入時のポイントが、通常の2倍で獲得
特典その3:docomo通信料を1000円単位で10%還元

 

…特典その1~その3の合計で、最大24,800円相当のポイントに!!

「dカードGOLD」入会の特典その1 【dポイント最大12,000ポイント分獲得】

d%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89gold1

 

Dカードは普段からも入会キャンペーン等多く開催しているのですが、丁度iPhone7旋風が巻き起こっているこの9月時期において「dポイント最大12000ポイント分獲得」(2016年9月30日迄)の大型キャンペーンが実施されているのです。Dポイントは、1ポイント1円分の価値で扱われますので、実質1万2千円分のメリットがある、ということですね。

※ キャンペーン内容は期間によって異なります。詳細は以下公式サイトをご確認ください。

 

dカード GOLDの現在のキャンペーン詳細はこちら

 

 

ここで注意しておきたいのは、「最大12000ポイント」というのはdカードゴールドの加入特典です。同じ系列のクレジットカードでもdカードの場合だと7000ポイントになりますのでご注意ください。

 

その他も基本的にdocomoのスマホを使っているならばdカードGOLDのほうが特典が相当に強くなってきますので、現在docomoスマホでの特典・付帯サービスを意識してクレジットカード入会を検討されているという方は、少し年会費が高くなったとしてもdカードGOLDにされることをお薦めします!

「dカードGOLD」入会の特典その2 【iPhone 7購入時のポイントが、通常の2倍で獲得】

d%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89gold2

 

dカードGOLD入会の特典サービスの目玉の2つ目は、現在「ドコモオンラインショップ」で行われているキャンペーンと連動したもので、iPhone7をdカードを使って一括購入すると「ポイントが2倍になる」ということです。

 

 

d%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89gold3

 

通常dカードGOLDのポイント還元率は1%ですが、その倍の2%ということですね。iPhone7の金額は平均10万円弱ですので、通常よりも約1,000円分ほど多くポイントが貯まることになります。

 

「dカードGOLD」入会の特典その3 【docomo通信料を1000円単位で10%還元】

d%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89gold4

 

 

dカードGOLD入会の特典サービスの目玉の3つ目──それは、「docomoの毎月の通信費がポイントに還元される」という内容なのですが、その際の還元率が驚愕の「10%」なのです!(dカードの場合は1%。dカードGOLDの場合のみ)

 

 

還元の判定単位は1000円単位とやや大きめであるものの、例えば毎月約9000円の通信費で利用していた場合、月単位で900円のポイントが還元されていき、1年間を通して10,800円分相当のポイントが貯まっていくことになるのです。10%ポイント還元の対象となる通信費は、ドコモ携帯の通話料・データ通信費・SPモード・ユニバーサルサービス料、ドコモ光利用料となります。

 

 

ただし、利用料金の支払いの際はdカードGOLDを利用してのポイント二重取得は出来ない仕組みになっています。ですので、「更にポイントを効率よく貯めていきたい」という方は、毎月の通信費を他の還元率の高いクレジットカードで支払えば、更にポイント還元率は高まっていくでしょう。

 

 

──ここまでの特典1~3で享受できるポイントの最大を足していくと、なんと、初年度だけで24,800円相当のポイントにもなります。これだけのポイントが獲得できることを考えただけでも、dカードGOLDと組み合わせてiPhone7の購入が「一番お得なプラン」であることがご理解いただけるのではないでしょうか。

 

 

ですが、dカードGOLDを利用して享受できる、iPhone7利用のメリットはこれだけではありません。続いては、docomoユーザーからの非常に評判の高い「ケータイ補償サービス」についてもご紹介していきましょう。

docomoユーザーは要チェック!「dカード」の充実したケータイ補償

docomoユーザーの方でしたら、「ケータイ補償サービス」について一度は耳にしたことがあるでしょう。

 

 

これは、iPhone7に限らず、docomoケータイにおいて紛失または盗難、それに水没などによる修理不能な故障等が発生した時に、最大10万円分の購入費用をdカードゴールド側が補てんしてくれるというサービスです。購入から3年以内のdocomoスマホが対応で、いざという時に相当役立つ特典です。

※ ちなみに、dカードでは補償額が1万円まで下がり、補償期間も購入から1年のみとなっているので、ケータイ補償サービスの面でもdカードGOLDを選んだほうが良いということになります。

「dカードケータイ補償サービス」の概要

(以下公式サイトより)

dカードケータイ補償サービスとは、dカードでご利用中の携帯電話端末が、ご購入から1年以内(dカード GOLD会員は3年以内)に偶然の事故により紛失・盗難または修理不能(水濡れ・全損など)となってしまい、新たに同一機種・同一カラーの携帯電話端末をドコモショップでdカードにてご購入いただいた場合に、ご購入費用の一部をサポートするサービスです。

 

補償の対象者 dカード(dカードまたはdカード GOLD)をご契約中の本人会員様・家族会員様
対象の携帯電話 dカードをご利用の携帯電話端末
補償の金額 dカード会員      最大10,000円   
dカード GOLD会員  最大100,000円
補償期間 対象の携帯電話端末をご購入後、1年まで(dカード GOLD会員は3年まで)

 

iPhoneの補償サービスというと「Apple Care+」を利用されている方が多いと思いますが、上記をご覧になられて「ここまでしっかり保証してくれるのなら、他の補償サービスに入らなくても良いんじゃない?」と思われた方もいらっしゃることでしょう。

 

 

そこで、続いては「dカードケータイ補償サービス」と「Apple Care+」と比較して、どちらが充実したサービスかも見ていきたいと思います。

「dカード GOLDのケータイ補償サービス」と「Apple care+のケータイ補償サービス」の比較

  Apple docomo dカード GOLD
サービス名 AppleCare+ for iPhone ケータイ補償サービス for iPhone & iPad dカードケータイ補償
対象機種 iPhone 7 /7 Plus iPhone 6s / 6s Plus
料金 Apple Store:14,800円
ドコモ払い:617円/月
750円/月 ¥0
2年総額 Apple Store:14,800円
ドコモ払い:14,808円
18,000円 ¥0
加入条件 ドコモ月額払いでの加入は購入と同時の場合のみ可能。Apple Storeでは購入日から30日間以内。 購入日を含め14日以内  
サービス利用料金 3,400円 or 11,800円 11,000円 ¥0
保証期間 2年 期間なし 対象の携帯電話端末をご購入後、1年まで(dカード GOLD会員は3年まで
利用回数 2年間に2回まで 1年間に2回まで 1年間に1回まで
水濡れ・水没 △(アップルの判断により一部対象)
画面割れ ×
全損・破損 〇(全損のみ)
紛失・盗難 ×
バッテリー交換
※バッテリーの性能が正式な製品仕様の80パーセント以下しか発揮できなくなった場合は無償交換
× ×
自然故障
購入から1年を超えた自然故障
※1年以内の自然故障の場合はメーカー保証
△(アップルの判断により一部対象)
電話サポート

 

 上記「Apple care+」と「docomoケータイ補償」を比較してみたとき、ほぼ大体の特典に関しては同等のサービスになっていることが確認できるでしょう。大きな違いとしては、以下の3点が挙げられます。

 

docomoケータイ補償は、「紛失・盗難」も対応している
利用可能回数は、Appple Care+は2年間に2回までなのに対して、docomoケータイ補償は1年間に2回まで
(Apple care+の2倍)
バッテリー交換については、Apple Care+のみ対応

紛失・盗難対策と利用可能回数については、Apple care+よりもdocomoケータイ補償の方が充実していますね。更には、dカードGOLDの場合は保証期間も3年となり、AppleCare+の保証期間2年より1年多いところも魅力的です。

 

 

バッテリー交換の補償に関してのみAppleCare+のほうがやや分がありますが、それ以外で言うとdocomoケータイ補償のサービスを受けた方が全体的なメリットは勝るでしょう。

 

 

ケータイ補償サービス for iPhone(docomo) & iPadと、Apple care+の金額を比較

ケータイ補償サービス for iPhone & iPad(docomo)は2年間で18,000円。対するApple care+は2年契約でトータル14,800円。金額だけで比較するとApple care+の方が2年で3,200円安くなります。ただ、万が一の故障した際に利用できる回数は、Apple care+の1年に1回までに対して、ドコモケータイ補償サービスは1年に2回まで、補償回数が多い方が安心という方はケータイ補償サービス for iPhone & iPad(docomo)をおすすめします。

 

 

また、dカードGOLDの会員になれば、全損や盗難・紛失時に、付帯サービスとして無償でdカードケータイ補償のサービスを受けることが出来ます(3年間)

 

 

更には、dカード GOLDの家族カードは1枚まで年会費無料になっており、dカードケータイ補償も本会員と同等のサービスが受けられますので、ご家族の方とでdカード GOLDをご利用されるという場合は更にお得になる、ということですね。

 

 

万が一の紛失時でも!iPhone7の全機種代金ほぼ0円に!

上記でiPhone7の機種代金の説明していますが、価格帯の幅はdocomo(一括)¥82,296(32G)~¥105,624(256G)となっています。

 

 

dカード GOLDのケータイ補償サービスは、ドコモショップなどでdカード GOLDにて購入(一括・分割どちらもOK)した端末に対して、全損・盗難・紛失時に最高10万円(1年に1回)まで補償される内容となっています。もし、容量が1番大きい256G(¥105,624)をご利用していた場合でも自己負担が約5000円程度、128G(¥93,960)なら機種代金がケータイ補償額内で全てカバーされるので自己負担金が0円ということになります。よって、万が一の事故が起きた場合でも安心できますね!

 

 

dカードケータイ補償の内容に関する注意点

上記の表にも記載していますが、dカードケータイ補償はdカード GOLD(dカード)でケータイを購入した場合のみ、最大10万円(dカードは最大1万円)まで全損・盗難・紛失のみ補償となりますが、故障や修理した場合は補償が適用されません。よって、水没やガラス割れなど修理まで考えた場合、Apple care+またはケータイ補償サービス for iPhone & iPad(docomo)に加入することをおすすめします。

※修理時に自己負担金が発生します。上記表参照

 

Apple care+を選ぶ方のポイント

・バッテリー交換する可能性がある方

・故障や修理時に店頭に行ける方

 

ケータイ補償サービス for iPhone & iPad(docomo)を選ぶ方のポイント

・1年に2回以上に補償が必要な方

・全損、盗難、紛失の補償も必要な方

・故障や修理を郵送で済ませたい方

dカードGOLDはその他付帯サービスも充実

dカードGOLDはiPhone7購入だけにメリット特価したクレジットカードではなく、その他付帯サービスも充実しています。

空港ラウンジ無料・USJドコモラウンジ

dカードGOLD会員限定で、全国28の国内空港ラウンジが無料で利用できます。

 

 

さらに、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン®においては、dポイントクラブ会員様限定でアトラクションの優先乗車などが受けられるプレミアムなラウンジをご利用になれます。

旅行保険

旅行保険の内容は相当手厚保く、カード会員様はもちろん、生計を同一にされる家族も対象となります。海外旅行保険については自動付帯で、最大1億円まで補償されます。また、国内旅行保険においては利用付帯となりますが、最大5000万円まで補償されます。

 

 

クレジット決済時のポイント還元率も通常で1%、更には加盟店やdカードGOLD特約店での買い物の場合は更にポイント付与率が追加されます(最大5%になることも)。ゴールドカードながら、他の同ランクのクレジットカードと比べて年会費もリーズナブルで、投資効果の高いところもdカードGOLDの嬉しいところです。

まとめ 今後iPhone7他docomoケータイを利用する方は、dカード GOLDが絶対お得

ここまで、iPhone7購入時にdカードGOLDのキャンペーン特典を活用すればがとってもお得になること、更にはdカードGOLDはケータイ補償はじめ、充実した付帯サービスがあることをお伝えしてきました。

 

 

「これからiPhone7はじめdocomoケータイを利用する方にとって、dカードGOLDはメリットが沢山で、もはやカードを持たない理由はない」とまで言えるのではないでしょうか。iPhone7購入をご検討中の方は特に、是非ご検討をお薦めします。

 

dカード GOLDの詳細・公式サイトはこちら

 

 

また、今回紹介したdカード GOLDの特徴やメリット・デメリットまとめはこちらで詳しく解説しています。

pict_dgold_card
Apple Pay登録可能! ドコモのケータイ料金+ドコモ光契約者のポイント還元率10%! ローソン・マクドナルドで最大還元

Pocket