13
Pocket

 

エポスプラチナカードは、マルイの流通系クレジットカードであるエポスカードの中で最高ランクのステータスカードとなっています。プラチナカードだけあって、年会費はかかるものの、その年会費を上回るのに十分なサービスが付帯しています。

 

 

今回はそんなコスパ抜群のエポスプラチナカード完全ガイドと題して、高還元率の詳細や手厚い付帯サービスを紹介していきたいと思います。

 

 

エポスプラチナカード詳細・特徴

13

 

エポスプラチナカードは、利用者が直接申し込むことはできず、申し込むにはインビテーションを受ける必要があります。インビテーションの条件は明確にされておらず、ゴールドカードを利用している方のうち、エポスカードの基準で選ばれた人に案内が届くようになっています。

エポスプラチナカードの年会費

年会費無料のエポスカードとは異なり、年会費として、毎年20,000円(税込)が必要となります。税込で20,000円という年会費の設定は珍しいですね。

 

 

また、インビテーションを受けていたとしても、20,000円(税込)の年会費が減額されることはありません。しかし、プラチナカードで年会費が20,000円(税込)は、全てのプラチナカードの中でも最安値の年会費ではないでしょうか。

 

 

家族カード・ETCカード

エポスプラチナカードに家族カードは用意されていません。ご家族の方にクレジットカードが必要な場合は、その本人名義で新たにクレジットカードを申し込む必要があります。

 

 

また、エポスプラチナカードでは、ETCカードは年会費無料で作成することができます。

ポイント制度

エポスプラチナカードの還元率は0.5%(マルイでの利用時は1.0%)と低い部類に入ります。ただし、年間の利用額に応じてボーナスポイントがもらえます。

 

 

ボーナスポイントで還元率アップ

エポスプラチナカードでは、年間利用額に応じて以下の通りボーナスポイントが付与されます。

 

年間ご利用金額 ボーナスポイント(+還元率)
100万円以上 20,000ポイント(+還元率2.0%)
200万円以上 30,000ポイント(+還元率1.5%)
300万円以上 40,000ポイント(+還元率1.33%)
500万円以上 50,000ポイント(+還元率1.0%)
700万円以上 60,000ポイント(+還元率0.85%)
900万円以上 70,000ポイント(+還元率0.77%)
1,100万円以上 80,000ポイント(+還元率0.72%)
1,300万円以上 90,000ポイント(+還元率0.69%)
1,500万円以上 100,000ポイント(+還元率0.66%)

 

そのため、比較的高額なお買い物をする方は、通常のポイント分に加えてボーナスポイントが付与されるため、実質的な還元率は最高3.0%(丸井利用のみの場合)まで高くなります。

 

 

注意しなければならないのは、100万円以上の場合はボーナスポイント還元率が2.0%なのに対して、1,500万円以上の場合は、約0.7%まで落ちるということです。ポイントのみを重視するのであれば、100万円で押さえておくのが、もっとも高還元となります。

 

 

誕生月はポイント2倍!

エポスプラチナカードでは、誕生日月はポイントが2倍になります。そのため、マルイで利用の場合は還元率2.0%、その他の店舗で利用した場合は還元率が1.0%となります。このボーナスポイントは、誕生月の翌月中旬ごろに加算されます。

 

 

ポイントの有効期限は?

通常のエポスカードのポイントは有効期限が2年間です。

 

 

しかし、エポスプラチナカードで貯めたポイントの有効期限は無期限となっています。そのため、ポイントを大量にためてまとめて使うといったような利用方法も可能です。

 

通常のエポスカード ゴールドカード プラチナカード
有効期限2年間 有効期限なし 有効期限なし

 

 

ポイントの使い道は?

エポスカードを利用して貯まるポイントのエポスポイントは、最低1ポイント~利用することが可能です。それでは、実際に貯めたポイントは何と交換するのが良いのでしょうか。現金同様に利用できる商品の一部を紹介します。

 

ポイント交換商品 ポイント
エポスVisaプリペイドカード(1円) 1 ~
マルイ商品券1,000円 1,000
iTunesギフトコード1,000円 1,000
iTunesギフトコード3,000円 3,000
VJAギフトカード1,000円 1,000
クオカード1,000円 1,000

 

エポスVisaプリペイドカードは国内外のVISA加盟店で利用できます。1ポイントから移行することが出来るので、貯めたポイントを少しも残さず利用することができるのでお得ですね。さらに、エポスポイントはマイルや特定のお店の電子マネーにもチャージが可能です。

 

スターバックスカード 500ポイント⇒500円分チャージ
ANAマイル1,000ポイント⇒600マイル
JALマイル1,000ポイント⇒500マイル

 

マイルに交換した場合のレートは他の商品と比べ下がりますが、特典航空券に交換する際にマイルが足りなかった時、補填感覚で利用する分には十分な還元率ですね。

選べるポイントアップショップ登録で還元率1.5%に?

pointup_img_002

 

 

エポスゴールドカードと同じ特典になりますが、エポスプラチナカードでも「選べるポイントアップショップ」を登録することができます。「選べるポイントアップショップ」を登録しておくと、登録した店舗での利用時にポイントが最大3倍の還元率1.5%までアップさせることができます。

 

 

epos1

 

 

登録できる店舗は、イオンやイトーヨーカドーといったスーパー、セブンイレブン、ファミリーマートといったコンビニ、マツモトキヨシやツルハドラッグといったドラッグストアの他、大阪ガスや東京電力といった公共料金を選ぶことができます。

※ポイントUP対象ショップはこちら

 

これらのショップの中から、3店舗選ぶことで、ポイント還元率がアップしますので、最もエポスプラチナカードで支払うケースの多い3つを登録しておきましょう。

 

 

「選べるポイントアップショップ」は、登録後3か月間は変更できません。そのため、今月はここ、来月はここ、というように簡単に切り替えられませんので、選択の際は注意してください。

 

 

また、選べるポイントアップショップの人気ランキングは下記のようになっていますので参考にしてください。

 

1位 東京電力
2位 ユニクロ
3位 東京ガス
4位  JR東日本
5位 イオン

エポスプラチナカードのお得な付帯サービス

エポスプラチナカードは、プラチナカードとして様々なサービスが付帯しています。これらサービスをすべて有効活用した場合、年会費の2万円を十分上回るだけのメリットを得ることができます。

Visa プラチナ・コンシェルジュ

_MG_8885

 

Visaプラチナ・コンシェルジュは、24時間対応のコンシュルジュサービスとなっています。VISAプラチナ・コンシェルジュでは、旅行の計画やホテルの予約、レンタカーの予約など、様々な手続きを行ってもらうことができます。日本国外であっても、通話料無料で、かつ日本語で対応してもらえるため、海外旅行時にも安心して利用することが可能です。

 

 

Visaプラチナ・コンシェルジュの利用経験者によると、通常の方法では満室で取れなかったホテルも、コンシェルジュに依頼することで予約ができたケースもあるようですので、非常に頼りになるサービスと言えます。

空港ラウンジとプライオリティ・パス(プレステージ会員)が無料

pic_cont03

 

 

エポスプラチナカードでは、日本国内の空港のラウンジが利用できるだけでなく、プライオリティパスの最高ランクプレステージ会員資格が無料で付帯しています。プライオリティ・パスとは、世界400都市に900か所以上設置されたラウンジサービスとなります。

 

 

img_3677-300x197

 

 

プライオリティ・パスで利用できるラウンジでは、軽食やドリンク(アルコール類を含む)のサービス、Wi-Fi、充電設備など、仕事や趣味で使えるサービスが多数取り揃えられており、これらのサービスが無料で利用することができます。

 

 

通常、プライオリティ・パスのプレステージ会員は、年会費が399ドルと非常に高額なため、このサービスが付帯しているだけでも、十分に年会費を上回るメリットがあるということになります。

 

IMG_3677
プライオリティ・パスという言葉を聞いたことはありますか。 ビジネスにしろ、レジャーにしろ、飛行機での移動

エポスプラチナカード・グルメ・クーポン

__www-pakutaso-com_shared_img_thumb_itou85_ryouri20150221172012

 

エポスプラチナカード・グルメクーポンを利用することで、全国約100店舗のレストランを2人以上で利用した場合、エポスプラチナカードを持っている人のコース料金が無料になります。

 

 

代表的な店舗は、

 

イタリア料理店である「IL PINOLO銀座」(スペシャルコース¥11,000)
懐石料理・割烹の「恵比寿 京しずく」(旬の食材を使った特別コース¥23,600)
鉄板焼きの「今彩」(今彩コース\8,000)
鉄板焼きの「ホテルラスティ大阪阿倍野 凛庭」(凛庭コース\21,6000)

 

で、利用することができます。

 

epos2

旅行傷害保険が充実、家族付帯も!

4d66ce4efd01fb91c68c986fc0dbdf87_s

 

 

エポスプラチナカードでは、旅行傷害保険もかなり充実しています。

 

充実の海外旅行傷害保険(自動付帯)

エポスプラチナカードでは、海外旅行傷害保険は本人はもちろんのこと同行する家族まで自動付帯されています。

 

その補償内容は、

 

傷害死亡・後遺傷害の場合は最大1億円(家族は最高2,000万円)

傷病治療費用、疾病治療費用はともに1件当たりの限度額が300万円(家族は200万円)

個人賠償責任は本人家族ともに1億円、携行品損害は免責金額3,000円で最高100万円(本人・家族共に)

救援者費用等も最高200万円(本人・家族共に)

 

と、充実した保険が付帯しています。

 

国内旅行傷害保険も充実、ただし利用付帯!

エポスプラチナカードでは、国内旅行傷害保険も充実しています。しかし、国内旅行は利用付帯となっており、エポスプラチナカードで旅行代金を支払わなくては、保険が付帯されないことに注意が必要となります。

 

 

補償内容は、死亡・後遺傷害の場合は最高1億円(家族は最高2,000万円)、入院日額5,000円、手術保険料として、種類に応じて入院日額の10~40倍、通院日額3,000円となっています。

 

bb97dd57e857a03d375494570a9bbe59_s
クレジットカードには、付帯保険として、海外旅行時の傷害保険が付帯されていることがよくあります。この海外旅行傷害保険は、クレジットカードによって最高額が数千万

Visaプラチナカード会員優待

エポスプラチナカードでは、さらにVisaプラチナカード会員優待を受けることができます。Visaプラチナカード会員優待には、「Visaプラチナダイニング」と「Visaゴールドライフサポート~ベネフィット・ステーション モラエル~」などがあります。

 

Visaプラチナダイニングでお得な一皿を!

Visaプラチナダイイングでは、コンシェルジュへの予約が多いレストランを中心に、シェフの一皿やお土産、割引優待等を受けることができます。また、海外では、日本人旅行者になじみの深い都市において、現地サービス評価の高い、有名レストランで割引優待や食前酒、デザートのサービスを受けることができるお得なプログラムとなっています。

有料のVisaゴールドライフサポート ~ベネフィット・ステーション モラエル~

epos3

 

Visaゴールドライフサポート ~ベネフィット・ステーション モラエル~(以下、Visaゴールドライフサポート)は、月額1,026円(税込み)の有料サービスとなっています。

 

 

Visaゴールドライフサポートに加入すると、12,000円相当以上の特典商品をもらえたり、毎年の更新で1,500円相当のポイントが受け取れるなど、有料に見合った特典となっています。

どうやって取得するの?インビテーションの基準は?

5678_eposgold

 

エポスプラチナカードは、インビテーションが無ければ申し込むことができないことについては、すでに説明しましたが、では、どうすればインビテーションを受け取ることができるのか、という疑問が生じます。

 

 

エポスカードによると、インビテーションの基準は明確ではなく、はっきりと記載されているのは、ゴールドカード利用者のなかから、エポスカード内の基準に基づいて判定しているということです。そのため、エポスプラチナカードが欲しい方は、エポスゴールドを先に入手しておく必要があります。

 

 

また、具体的な基準はわかりませんが、既にインビテーションが届いた方たちの口コミを見ると、エポスゴールドを年間100万以上利用した方達にインビテーションが届くとのことですので、是非参考にしてみてはいかがでしょうか?

まとめ

エポスカードの高ランクカードであるエポスプラチナカードでは、年会費が20,000円分発生するものの、一般のエポスカードと比べると、利用できる特典が非常に多く、うまく活用することで20,000円以上の付加価値を生み出せるクレジットカードとなっています。

 

 

また、様々なポイントアッププログラムを活用することで、もとは低い還元率にも関わらず、大きな還元率にすることも可能ですので、エポスプラチナカードに切り替えられる際には、ポイントアップする条件をすべて考慮したうえで利用場所、利用金額を定める必要があります。そんなエポスプラチナカードをお勧めしたいのはこのような方です。

 

丸井のヘビーユーザーの方
高級レストランをよく利用される方
ポイント有効期限を気にしたくない方
頻繁に海外に出向かれる方
海外でも安心して旅行したい方
年間100万以上クレカを利用する方

 

エポスプラチナカードのインビテーションの対象者はエポスゴールドカード保有者のみとなっています。そのエポスゴールドカードは、通常申込みの場合、年会費5,000円必要となりますが、エポスカード利用者でインビテーションが届けば年会費無料となります。因みに、ゴールドカードまでのインビテーションの目安は年間50万以上利用とのこと。

 

 

この記事を見てエポスプラチナカードの利用金額に応じて獲得できるボーナスポイント、魅力的な還元率、プライオリティパス無料、コンシェルジュサービスなど、付帯サービスなどが素直にいいと思われた方は、まずはエポスゴールドカードを目指し、年会費無料で今なら入会キャンペーンで5000~8000ポイントがもらえるエポスカードから始めてみてはいかがでしょうか。

 

エポスカードの詳細・公式サイトはこちら

 

 

 

エポスカードの特徴・メリット・デメリットまとめはこちらで詳しく解説しています。

 

16790267_P1.eps
エポスカードは電子マネーEdyへのチャージでANA・JALマイルを貯める事が出来るのでEdyチャージ専用として持つのも手ですが、その他も普通にレベルの高いカ

Pocket