bb97dd57e857a03d375494570a9bbe59_s
Pocket

 

クレジットカードには、付帯保険として、海外旅行時の傷害保険が付帯されていることがよくあります。この海外旅行傷害保険は、クレジットカードによって最高額が数千万円から1億円を超えるものまであり、海外旅行時の保険として重宝します。

 

 

今回は、この海外旅行保険がついているクレジットカードの中でも、特におすすめのクレジットカードをご紹介します。

 

 

旅行保険の主な補償内容(項目)とは

クレジットカードの旅行保険で補償される項目は、大きく分けて、「死亡・後遺障害」、「傷害治療」、「疾病治療」、「救援者費用」、「賠償責任」、「携行品損害」となります。

死亡・後遺障害

旅行期間中に、事故やケガが原因で死亡した、もしくは後遺障害が生じたときに支払われる補償です。死亡・後遺障害は、海外旅行保険の項目の中でも、補償額が最も高額となっています。

 

後で紹介するエポスカードを例にとると、最高で500万円(死亡時に支払われる金額で、後遺障害の場合は、その度合いによって減少)となっています。

傷害治療

傷害治療は旅行期間中に、事故やケガが発生し、医師の治療を受けた場合に支払われる保険です。日本国内であれば健康保険が利用できるため、比較的安価な医療費も、海外では保険が適用されませんので非常に高額となります。そのため、傷害治療に関しても、高額な金額が設定されています。エポスカードでは、1事故の限度額が200万円となっています。

疾病治療

旅行期間中に発病し、医師の治療を受けた場合に支払われる保険です。こちらも傷害治療と同じく、海外での医療費は高額となりますので、保険も高額な金額が設定されています。エポスカードでは、1疾病の限度額が270万円となっています。

救援者費用

旅行期間中の事故により生死が確認できない場合や、緊急な捜索、救助活動が必要となった場合に、その費用に対して支払われる保険です。エポスカードでは、1旅行当たりの限度額は100万円となっています。

賠償責任

旅行期間中に他人をケガさせた、もしくは他人のモノを壊し、法律上の損害賠償請求をされた場合に支払われる保険です。

 

海外で予期せぬトラブルに巻き込まれ、被害者から損害賠償請求をされた場合、現地の法で損害賠償額が決められますので、高額な賠償責任を負わされた場合に備えて保険をつけておく必要があります。エポスカードでは、1事故当たりの限度額は2,000万円となっています。

携行品損害

旅行期間中に自分のモノが、盗難・破損・火災等の偶然な事故で損害を受けたときに支払われる保険です。あくまで、自分のモノに対する保険ですので、これまで紹介した各保険よりも低額となります。エポスカードでは、1旅行当たりの限度額は20万円となっています。

利用付帯と自動付帯の違いは?

クレジットカードで旅行保険が付帯している場合、利用付帯と自動付帯という2種類の付帯方法があります。

 

 

利用付帯とは、保険を適用させるためには旅行代金をクレジットカードで支払う必要がある保険となっており、旅行代金をクレジットカードで支払っていない場合、どれだけ高額な保険が付帯されていたとしても、その保険を利用することはできません。

 

よって、個人で旅行する際に、利用付帯のクレジットカードで支払うことによるメリットは高いのですが、会社の出張等で、クレジットカードで支払う必要のない旅行では、せっかくの保険を活かすことができません。

 

 

次に自動付帯ですが、こちらは、持っているだけで保険が適用されます。つまり、旅行代金をクレジットカードで支払っていなくても、そのクレジットカードを所有しているだけで、旅行保険を受けることができるという保険になっています。

 

そのため、会社の出張等、クレジットカードで支払う必要のない旅行でも、保険を最大限に活用することができます。しかし、自動付帯の旅行保険は、一般的に利用付帯の保険よりも保険内容が薄い傾向にあります。

 

 

よって、旅行保険の補償額は全てのクレジットカードで利用付帯の方が手厚い補償内容となっているので、旅券など購入する場合は、利用付帯のクレジットカードで支払うことをおすすめします!

意外に知らない豆知識。旅行保険は補償額が合算できる?

旅行保険が利用付帯されるクレジットカードと自動付帯されるクレジットカードがあることをご紹介しましたが、クレジットカードを複数枚もつことで、両方のメリットを活かすどころか、補償金額を上乗せさせることができます。

 

死亡・後遺傷害保険は、いずれか高い方が限度額となりますので、利用付帯か自動付帯、いずれか一方しか利用できませんが、最も頻繁に利用することとなる傷害治療や疾病治療の保険額が、持っているカード会社が異なれば、合算することができます。

そのため、出張等は自動付帯のクレジットカードを活用し、個人の旅行では利用付帯のクレジットカードを活用しているという方であれば、個人旅行の場合にケガをしたとした場合は、自動付帯分の傷害治療保険+利用付帯分の傷害治療保険を受け取ることができるのです。

 

 

クレジットカードの海外旅行保険は、一般の海外旅行保険に比べて手薄であると、よく言われていますが、この制度を活用することにより一般の海外旅行保険と比べて、そん色のない傷害治療保険や疾病治療保険とすることが可能になります。

 

 

また、カード会社さえ同じでなければ、自動付帯+自動付帯のクレジットカードでも死亡・後遺傷害以外の補償金額は合算されますので覚えておくと良いですね。

海外旅行に行く前にチェックしておくべきクレジットカードの保険内容

では、実際に海外旅行に行くことになった場合には、まず、自分がお持ちのクレジットカードの何を確認すべきかをご紹介します。航空券などを購入する前にチェックしてくださいね!

旅行傷害保険の有無を確認

ほとんどのクレジットカードには海外旅行傷害保険は付帯されていますが、中には海外旅行傷害保険が付帯されていないカードも存在します。

 

 

特に、年会費永年無料のクレジットカードでは、旅行傷害保険自体が付帯されていないケースが多々ありますので、まずは、おもちのクレジットカードに旅行傷害保険が付帯されていることを確認しましょう。

海外旅行傷害保険の条件を確認

次に、クレジットカードに海外旅行傷害保険が付帯されていた場合は、その条件を確認します。つまり、付帯されているのが、利用付帯か自動付帯かを確認してください。これによって、保険が受けられるかどうかが変わります。

 

 

また、利用付帯の場合、旅費の一部を支払わないと保険が適用されない可能性が高くなるので注意が必要です。

「傷害治療費用」「救援費用」の補償額を確認

最後に、最も高額な死亡・後遺傷害保険の補償額に目が行きがちですが、実際に利用する確率が1番高いのは傷害治療、疾病治療、救援費用となるので、各保険の補償額は必ず確認するようにしましょう。

 

 

また、行く国にもよりますが、海外で処置を受けた治療費を実費で支払った場合かなり高額になります。入院した場合の治療費が300万円掛かったという話も聞いたことがあります。最低でも1000万前後の補償額は確保しておいた方がいいですね。

海外旅行保険が自動付帯!年会費無料のクレジットカード

ここからは、海外旅行傷害保険が自動付帯されていて、かつ、年会費が無料のクレジットカードをご紹介します。少なくとも、この中の1枚を所有しておくだけで、安心して海外旅行を楽しむことができます。

エポスカード

16790267_P1.eps

 

エポスカードは、年会費無料で海外旅行保険が自動付帯されているクレジットカードの中で、最も補償額が高く1番おすすめできるカードとなっています。ポイントは、200円ごとに1ポイントと、還元率0.5%ですが、マルイでのお買い物では、年4回、10%OFFになる「マルコとマルオの7日間」を利用することができます。

 

 

また、エポスカードの海外旅行保険の補償内容は、下記のようになります。

 

死亡・後遺傷害保険:最高500万円
傷害治療保険:最高200万円
疾病治療保険:最高270万円
賠償責任:最高2,000万円
救援者費用保険:最高100万円
携行品損害保険:最高20万円

※免責3,000円

エポスカードの詳細・公式サイトはこちら

 

JCB EIT(リボ専用)

jcb-eit

 

JCB EITは、年会費無料のJCBブランドのクレジットカードです。こちらも海外旅行保険が自動付帯されています。還元率は1.0%でJCBの中でも最もポイント還元率が高くなっています。

 

 

このカードは、リボ払い専用のクレジットカードとなっていますのが、「一括払い希望」とカスタマーセンターに連絡することで通常のクレジットカード同様に利用できます。

 

 

また、JCB EITの海外旅行保険の補償内容は、下記のようになります。

 

死亡・後遺傷害保険:最高500万円
傷害治療保険:最高100万円
疾病治療保険:最高100万円
賠償責任:最高2,000万円
救援者費用保険:最高200万円
携行品損害保険:最高10万円

※免責3,000円

JCB EITの詳細・公式サイトはこちら

 

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

002

 

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは、これまでの2枚とは違い、通常年会費が3,000円必要となります。しかし、入会キャンペーン適用で、26歳になるまでは、年会費無料となっていますので、26歳未満の方には、最もおすすめできるカードです。もちろん海外旅行保険は自動付帯となっています。

 

 

また、通常利用時の還元率は0.5%ですが、海外で利用した際のポイント還元率は1.0%で2倍になります。

 

 

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは、その名のとおり、アメリカン・エキスプレスカードとなっていますので、保険以外にもアメリカン・エキスプレス・コネクトやアメリカン・エキスプレス・セレクトを利用することができます。

 

 

また、セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードの海外旅行保険の補償内容は、下記のようになります。

 

死亡・後遺傷害保険:最高3000万円
傷害治療保険:最高300万円
疾病治療保険:最高300万円
賠償責任:最高3,000万円
救援者費用保険:最高200万円
携行品損害保険:最高30万円

※免責3,000円

セゾンブルーアメックスの詳細・公式サイトはこちら

 

ドコモユーザーなら実質年会費無料に!?手厚い旅行保険!

pict_dgold_card

 

DoCoMoケータイ・ドコモ光ユーザーに限定されますが、dカード GOLDも旅行保険は手厚くおススメめです。

 

 

dカード GOLDは、通常年会費が10,000円(税抜き)かかりますが、DoCoMoの利用料金が10%ポイント還元されますので、DoCoMo(ケータイ・ドコモ光)の利用額月々9000円以上の方の場合、差し引きすれば、実質無料で持てるクレジットカードとなっています。

 

 

dカード GOLDは、ゴールドカードとなっていますので、海外旅行保険の内容も他のゴールドカードと同様、高額となっています。

 

死亡・後遺傷害保険:最高1億円
傷害治療保険:最高300万円
疾病治療保険:最高300万円
賠償責任:最高5,000万円
救援者費用保険:最高500万円
携行品損害保険:最高50万円

※免責3,000円

dカード GOLDの詳細・公式サイトはこちら

 

今回紹介したクレジットカードの海外旅行保険、補償額比較一覧表

ここでは、今回紹介した上記の4枚のクレジットカードの年会費・還元率・国際ブランド・海外旅行保険の補償額などが一目でわかるように表にしてまとめました。

 

  エポスカード JCB EIT セゾンブルーアメックス dカード GOLD
年会費 無料 無料 26歳まで年会費無料 10,000円+税
還元率 0.5%~ 1.0%~ 0.5%~ 1%~10%
国際ブランド VISA JCB AMEX VISA
死亡・後遺傷害 最高500万 最高2000万 最高3000万 最高1億
傷害治療 最高200万 最高100万 最高300万 最高300万
疾病治療 最高270万 最高100万 最高300万 最高300万
賠償責任 最高2000万 最高2000万 最高3000万 最高5000万
救援者費用 最高100万 最高100万 最高200万 最高500万
携行品 最高20万 最高10万 最高30万 最高50万
HP 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト

※携行品損害保険は免責3,000円

※dカード GOLDの死亡・後遺傷害の1億円は利用付帯時の補償額

 

 

表を見てもわかるように、還元率を考えなければ、年会費無料で、国際ブランドがVISAのエポスカードが全体的に補償額が高いということがわかりますね。また、26歳以下の方ならゴールドカード並の補償額のセゾンブルーアメックスを100%おすすめします。

 

 

すでに、dカード GOLDをお持ちの方でも、エポスカードやJCB EITで傷害・疾病部分の保険金額を補填するという意味でも持っておくといいでしょう。

まとめ

それでは今回の記事を簡単にまとめていきましょう。

 

海外旅行保険で1番重要視するのは傷害・疾病治療保険
死亡・後遺傷害保険は1番高い補償額のみ適用
傷害・疾病治療保険は複数のクレカ保有で合算できる
利用付帯の方が補償内容が手厚い
年会費無料ならエポスカードが1番おすすめ

海外旅行保険が自動付帯されているクレジットカードで、もっともおすすめできるのはエポスカードです。手持ちカードの保険内容が心配な方や、保険内容を後少し増やしたいという方は、まずはエポスカードを申込みましょう。

 

 

また、26歳未満の方で、すでに海外旅行の予定がある方は、エポスカードよりも補償額が大きく、アメックスの他のサービスが受けられるセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードがおすすめです。

 

 

最後に、海外旅行保険が自動付帯されているクレジットカードで安心を手に入れて、海外旅行を満喫してください!

 

 

今回紹介したクレジットカードの還元率などスペック情報は下記のページよりご確認いただけます。

16790267_P1.eps
エポスカードは電子マネーEdyへのチャージでANA・JALマイルを貯める事が出来るのでEdyチャージ専用として持つのも手ですが、その他も普通にレベルの高いカ

jcb-eit
JCB EITカードとは JCB EITカードとは、その名の通りJCBの発行するクレジットカードの一つで

002
学生さんに大人気のクレジットカード、26歳になるまで年会費無料!手厚い海外旅行保険が自動付帯なので卒業旅行で海外に行っても安心!

pict_dgold_card
Apple Pay登録可能! ドコモのケータイ料金+ドコモ光契約者のポイント還元率10%! ローソン・マクドナルドで最大還元

Pocket