orico_ex_biz_m_card
Pocket

 

個人事業主として事業を自ら起業して頑張っているビジネスマンの方は、やはり経理管理も自分自身で行っている方が多いでしょう。そうした個人事業主の方のサポートをしてくれるのが、クレジットカード各社の発行する法人カードです。

 

 

法人カードは会社経費を一括して支払うことが出来る利便性はもちろんのこと、経費をポイントで還元することができるなど、メリットも多くあるもの。とは言え、数多くある法人カードの中から、自社に一番適したカードがどれか選びきれずにいる事業主の方も多いのではないでしょうか。

 

 

ここでは、よりお得に経営を進めることができる、法人カードの選び方をご紹介していきましょう。

 

 

法人カードを申込む前のチェックポイント!

第一に法人カードを申し込む前には、年間の経営コストの中でクレジットカードで支払うことが出来る経費を知ることが重要です。

 

 

法人カードを利用する目的のひとつには、会社の経費をスリムにすることがあります。ですので、目先のメリットだけにとらわれて、年会費が高額な法人カードを契約しても、実際に法人カードで支払う経費が少ないのであれば意味がありません。

 

 

法人カードで支払うことが可能な、

 

高速代やガソリン代
出張費
商品仕入れ

 

などの経費を計算することができれば、その費用と法人カードのポイント還元率を計算します。

 

 

 

年会費をポイント還元でペイ出来ることができるカードを選ぶことができれば理想的ですが、そうでない場合には付帯のサービスで検討してみるのも一つの方法になります。

法人カードのポイントの効率的な貯め方、おすすめの使い方は?

法人カードの利用を始めた場合、より効率的にポイントを貯めるためには、極力すべての支払いを法人カードで支払うことがコツとなります。

 

 

例えば、差し入れなどで利用する機会のあるコンビニなどでの買い物や自動販売機での小さな買い物でも、クイック・ペイなどのカード付属の電子マネーで支払う。ルート営業や打ち合わせなど車を利用した場合に利用する、コインパーキングなどでの利用でも、カード払いが可能なパーキングを選択するなど、少額でも年間にすればバカにならない金額になります。

 

 

また、会社経費の中で比較的高額になってくるのが、通信費や光熱費などのランニングコストとなる公共料金です。携帯電話・固定電話の料金や、光熱費、水道代などの公共料金については、引き落としをカードを設定するだけで、利用金額分に応じてポイントを貯めることができます。

 

 

従業員をお使いの場合であれば、社員が利用した経費を領収書で現金精算しているケースも多いのではないでしょうか?そうした場合でも、社員カードを持たせ、カードで決済させるようにすれば、ポイント還元を受けることができるのはもちろん経費管理も一元化できます。

 

 

社用車の給油やETCの利用なども、ETCのスルーカードなどを利用すればポイントを無駄にすることはありませんね。

 

 

そうして貯めたポイントは、年間にすると相当なポイントとして付与されます。

 

 

 

還元率が1%の法人カードでも、年間の会社経費が500万円ほどあれば5万円のポイント還元を受けることが可能になります。ただ経費を支払うだけではなく、少しでも多くポイントとして還元を受けることで会社経費の削減にも繋がるのです。

ポイントのおすすめの使い方

そうして貯めたポイントの一番のおすすめの使い道と言ったらどのような使い方になってくるのでしょうか。

 

 

やはり一番のお得な利用方法としては、航空マイルへの交換がおすすめになってきます。航空各社のマイルは特典航空券へ交換することが可能で、1マイルあたりの価値が高くなるのが特徴です。

 

 

会社経営で貯めたポイントをマイルに交換して、特典航空券で家族サービスをするも良し、従業員の福利厚生へプレゼントするのも素敵な使い道なのではないでしょうか。

 

 

また、楽天スーパーポイントやTポイントなどの使い勝手の良い共通ポイントへの交換もおすすめです。共通ポイントは普段のお買い物やコンビニなどでも便利に利用することができますので、経費削減の一環にもなります。

 

 

さらに、経費削減の観点から言うと、ポイントをキャッシュバックとして利用することもおすすめの利用方法です。ポイントの有効期限が迫ってきた場合なども、ポイントが失効してしまう前にキャッシュバックするようにすれば、無駄がないですね。

ポイント還元率の高い法人カードはコレ!

法人カードを選択する大きなチェックポイントとして、カードを使用した際のポイントの還元率があることはお分かりいただけたかと思います。ここでは、特におすすめすることができる、ポイント還元率の高い法人カードをご紹介していきましょう。

オリコエグゼクティブゴールドフォービズ

orico_ex_biz_m_card

 

オリコカードの発行する、法人ゴールドカードの位置づけとなるのがオリコエグゼクティブゴールドフォービズです。

 

オリコエグゼクティブゴールドフォービズの公式サイトはこちら

 

年会費:初年度年会費無料・2年目以降2000円
ETCカード:無料
限度額:10万円~300万円

 

オリコエグゼクティブゴールドフォービズの還元率

オリコエグゼクティブゴールドフォービズの利用で付与されるポイントは、オリコカードの「暮らスマイル」で1000円の利用で1スマイルが付与されます。

 

 

ポイントの付与は月額の累計での付与となり、1スマイルはおよそ5円の価値となりますので通常還元率は0.5%となります。

 

 

オリコエグゼクティブゴールドフォービズの特典として、通常還元率が20%アップするメリットがあります。ですので、オリコエグゼクティブゴールドフォービズでは常時還元率が0.6%で利用することができるのです。

 

オリコエグゼクティブゴールドフォービズの審査基準

オリコエグゼクティブゴールドフォービズの申し込み基準は、18歳以上の個人事業主が対象になっています。

 

 

審査基準はそれほど厳しいと言うわけではありませんが、申し込みの際には個人信用情報機関に登録された情報が基準になります。オリコエグゼクティブゴールドフォービズの申し込みに関しては「JICC」「CIC]と言った個人信用情報機関に照会があり、他社の未払い・遅延が頻発している場合は不利になります。

 

 

因みに、すでに個人事業主として事業実績のある方はもちろん、独立して間もない個人事業主の方でも、審査がスムーズに通ったという話も多いので、過去に金融事故さえなければ審査落ちの心配はないでしょう。

 

 

また、審査に通過すると、約10日ほどでカードが郵送されます。

 

クラステージスマイルでポイント還元率最大1.2%!

オリコカードのポイントプログラムである「暮らスマイル」には、クラステージスマイルというポイント優待プログラムが用意されています。

 

クラステージスマイルとは、誕生日の翌月~次年度の誕生月までの請求分の合計金額によってポイントの還元率が変わる優待プログラムです。

 

1年間の利用金額が50万円以上の場合:翌年のポイント加算倍率1.5%
1年間の利用金額が100万円以上の場合:翌年のポイント加算倍率1.7%
1年間の利用金額が200万円以上の場合:翌年のポイント加算倍率2%

 

となり、最大1.2%のポイント還元率を受けることが可能なのです。

 

ポイントのお得な交換先

暮らスマイルは1スマイル5ポイントのレートで「オリコポイント」に交換することが可能です。オリコポイントは、航空マイルや楽天スーパーポイントなどの共通ポイントへも交換することができる便利なポイントサービスです。

 

 

オリコポイントをJALマイル・ANAマイルと言った航空マイルに交換した場合の交換レートは、

 

暮らスマイル200スマイル=オリコポイント1000ポイント=ANAマイル600マイル
暮らスマイル200スマイル=オリコポイント1000ポイント=JALマイル600マイル(通常500マイルが100マイル増量キャンペーン)

 

となっております。マイル還元率は0.6%以上と他カードよりも高くなっているので現在特定の航空会社のマイルを貯められている方におすすめです。

 

 

共通ポイントへの交換レートは、

 

暮らスマイル200スマイル=オリコポイント1000ポイント=楽天スーパーポイント1000ポイント
暮らスマイル200スマイル=オリコポイント1000ポイント=Tポイント1000ポイント

 

そして、iTunesギフトコードにもオリコポイント1ポイントあたり1円のレートで交換することが可能です。共通ポイントは使えるお店も多いので、非常におすすめです。

 

お得な入会キャンペーン

houjin2

 

 

オリコエグゼクティブゴールドフォービズでは、ウェルカムキャンペーンとして最大6000ポイントを受け取ることができるキャンペーンを開催しています。

 

カードご入会後、

 

オリコポイントゲートウェイに登録で1000オリコポイント
3回以上の利用で2000オリコポイント
携帯電話料金、電気料金の支払い方法をオリコエグゼクティブゴールドフォービズに設定で、それぞれ1500オリコポイント

 

を受け取ることが出来ます。

 

初年度年会費無料のオリコエグゼクティブゴールドフォービズですので、入会キャンペーンだけでも非常にお得ですよね。

 

下記のバナーより入会キャンペーンの詳細が確認できますます。

法人限定、限度額最高1000万のオリコビジネスカードGold

719d2b825dcf61201e392d0151cec5f1

 

同じくオリコカードが発行する、法人専用で初年度年会費無料でコスパが高いオリコビジネスカードGold。申込資格は18歳以上の法人の代表者が対象となっています。

 

利用可能枠300万円以内まで決算書の提出の必要がないので、起業したての法人の方にもおすすめのクレジットカードです。

 

オリコビジネスカードGoldの詳細・公式サイトはこちら

 

年会費:初年度無料・2年目以降2000円
ETCカード:無料
追加・ETCカード:各20枚まで
限度額:10万~最高1000万

 

オリコビジネスカードGoldにポイントシステムがありませんが、その分付帯サービスがかなり充実しています。

 

全国の出張も快適!?日本主要空港ラウンジが無料

オリコビジネスカードGoldは、日本主要+ホノルル(ハワイ)・仁川(韓国)の空港ラウンジが無料で利用することが可能です。

 

ラウンジ内は、飲み物やお菓子など無料で利用できます、飛行機を使った出張の際の待ち時間を快適に過ごすことができます。

 

海外旅行保険が自動付帯で手厚い!

オリコビジネスカードGoldは初年度無料、2年目でも2,000円+税の年会費にも関わらず、充実した内容の海外旅行傷害保険が自動付帯となっています。

 

死亡・後遺障害 最高2,000万円
傷害・疾病治療 最高200万円
救援者費用 最高200万円
賠償責任 最高5,000万円
携行品損害 最高100万円(免責1事故3千円)

 

海外で一番利用する確率の高い傷害・疾病治療が最大200万円は魅力的。さらに、死亡・後遺傷害以外の項目は他のクレジットカードと合算できるので、より一層補償金額を充実させることができます。

 

最高100万円のショッピング保険

オリコビジネスカードGoldで90日以内に購入した商品が、破損、盗難、火災など偶然の事項により損害を被った場合、年間最高100万円まで補償(免責1万円)してくれるショッピングガード。

 

パソコンなどの電子機器や仕入れなど高額商品でも補償されるのは嬉しいですね。

 

MasterCardビジネスアシストで経費を削減!

起業したて・日々のコスト削減に取り組んでいる会社にとって1番のメリット、MasterCardビジネスアシスト。

 

MasterCardビジネスアシストは、

 

海外輸送で有名なDHLの輸出時の運賃を10%OFF
24時間365日電話を通して通訳できるサービス、365通訳の料金が約33%OFF
出張などの宿泊コスト削減ができるじゃらんコーポレートサービスの限定ポイント1%を追加付与

 

など経営にプラスになるサービスがたくさん利用できます。

 

現在の入会キャンペーン

現在、期間限定でインターネットからの申込みで、通常2,000円+税の年会費が初年度無料になる入会キャンペーンが開催中です。

 

オリコビジネスカードGoldは、ポイントシステムこそありませんが、限度額がプラチナカード並みまで上げることができる法人ゴールドカードです。空港ラウンジ無料・海外旅行保険が自動付帯など付帯サービスは文句なしです。

 

初めての法人カードを検討中の方限度額重視でカードをお探しの方はかなりおすすの1枚です。

 

起業したての法人の方におすすめのUC法人カード

10128b87614417fe960c9d424f1b5866

 

 

UCカードが発行する法人プロパーカードとなるのが「UC法人カード」です。大きな特徴のひとつとして、起業1年目の法人の方でも審査が通る可能性が高いカードです。

 

 

また、追加の年会費無料で最大99枚までのETCカードを発行することが可能で、車両の保有台数の多い会社にはメリットのあるカードであると言えるでしょう。

 

 

UC法人カードの公式サイトはこちら

 

年会費:1250円
ETC:年会費無料で99枚まで発行可能
限度額:20万円~300万円

 

UC法人カードの還元率

UC法人カードの使用で付与されるポイントは、有効期限が無期限の「永久不滅ポイント」です。1000円の利用ごとに1ポイントを付与され、永久不滅ポイントは約5円の価値となりますので、通常還元率は0.5%となっています。

 

 

また、UC法人カードのポイントの付与は月額での累計使用金額に対しての付与となります。

 

UC法人カードの付帯サービス

「UC-JALオンラインサービス」:ウェブ上で365日24時間、いつでもJAL航空券を手配することができます。

「海外アシスタンスデスク」:海外旅行の際に日本語スタッフによるサポートを受けることができるサービスです。

 

 

UC法人カードの審査基準

UC法人カードの申込資格は個人事業主、法人の代表者となっております。上記でも記載しているように、UC法人カードは起業1年目の方でも審査に通る可能性が高いカードです。

 

 

恐らく、審査基準の対象が申し込んだ社長自身の個人信用情報を重視されているからだと思います。よって、起業間もない会社でも社長さえ過去に金融事故などしていなければ審査に通るでしょう。

 

 

過去に、法人カードの審査に落ちた方でも、UC法人カードなら審査項目が他社と違う可能性もあるので、1度申込んでみてはいかがでしょうか?

 


UC法人カードの申込みはこちら

 

 

また、UC法人カードでは新規入会キャンペーンとして、UCギフトカード最大15000円分プレゼントしてもらえるキャンペーンも開催しています。年会費1250円のUC法人カードですので、年会費以上のキャンペーン特典を受けることができるのはうれしいですね。

 

下記のバナーよりキャンペーン詳細を確認することが出来ます。

まとめ

法人カードの選び方のポイント、そして特におすすめの出来る法人カードを2枚ご紹介してきました。法人カードを選定する際には、ポイントの還元率と使い道・そして年会費のコストを吟味する必要があります。

 

法人カードのコストを抑えたい方
従業員のいない個人事業主の方
ポイントでお得をしたい方

 

と言った方は、オリコエグゼクティブゴールドフォービズを申し込んで間違いないでしょう。

 

 

 

最大1.2%ともなるポイント還元率は、法人カードとしては最高水準と言ってもいい高還元のカードとなっています。

 

 

また、貯めたポイントもマイルや共通ポイントに交換することができますので、ポイントの使い道に困るということもないでしょう。オリコエグゼクティブゴールドフォービズを作ることができるのは、個人事業主の特権であるとも言えます。

 

 

今までただ使用していた会社の経費を、高還元のカードでお得にポイントでためちゃいましょう!

 

 

還元率最大1.2%オリコエグゼクティブゴールドフォービズの申込みはこちら

 

Pocket