visamasjcb
Pocket

 

今回は「初めてクレジットカードを持とうとしている」、「そろそろ2枚目のクレジットカードを検討中」──といった、クレジットカード初心者の方々向けに、クレジットカードの「国際ブランド」について、お話していきたいと思います。

 

 

ご存知の方も多いとは思いますが、「国際ブランド」とは、クレジットカードのロゴとして印刷されている「JCB」や「VISA」、「MaterCard」といったカードブランドのことです。ですが、クレジットカードを使わない限りはなかなか馴染みのないこれらの言葉、──初めてクレジットカードを作るときや新しく二枚目のカードを持つときなど、カードの国際ブランドをどれにするかを迷われたご経験は、多くの方がされていのではないでしょうか?

 

 

また、中にはクレジットカードを申し込む際に適当に国際ブランドを選んで、後で自分が良く使うショップやWEBサービスでそのブランドが対応していないことに気付いて後悔した…という方も少なからずいらっしゃることでしょう。

 

 

同じクレジットカードでも、JCBとVISA、MasterCardの中から好きなものを選べるというものもあったりと、慣れない人にとっては国際ブランドで何を選択すればよいかを考えるのは結構大変だったりするものです。私の身近な人でも、最近社会人になって新しくクレジットカードを発行した際に、良く利用するWEBサービスで自身の選んだ国際ブランドが対応しておらず、「せっかくクレジットを持ったのに、使えないなんて」と嘆いていました。

 

 

「国際ブランドって何があってどう違うのか、あまり解っていない…」という方や、「国際ブランドについて、なんとなくは認識しているけど、じつは良く解っていない」には、今回の記事はきっとお役に立てると思います。是非ご参考ください!

 

 

そもそも、国際ブランドって何?

987eca87017b5f2fa265f89558d4724a_s

 

初めに、そもそも「国際ブランド」とは何か、についてお話しましょう。

 

 

国際ブランドとは、商品購入時に利用できる決済機構のことです。──「決済機構って何?」という疑問を持たれた方もいらっしゃるかと思いますので簡単に説明しておきますと、「決済機構」とは、商品購入時などに「決済の使用可否を判断する機構」です。クレジットカードはお店でカードを通すことで買い物ができるようになっていますが、そのときカードが使えるかどうかの確認やいくらまで買い物ができるかと言った事を瞬時に計算し、決済できるかどうかを判断する──それが国際ブランドの持つ役割なのです。

 

 

国際ブランドは、クレジットカード利用時に、カード発行会社に対して決済の可否を通知するなどの役割を担っています。そして、「国際」という名が付くだけあって、国際ブランドは決済確認サービスを国際的に展開し、世界中で利用できるためのシステムを提供しています。

 

 

国際ブランドの種類としては、日本では「JCB」、「VISA」、「MasterCard」、「American Express(Amex)」、「Diners Club」の5つが代表的で、国内のほとんどのクレジットカード会社はそれらの決済機構を利用しています。

 

 

では、それぞれの国際ブランドについてどのような特徴があって、活用範囲があるのかを簡単に説明しておきましょう。

代表的な国際ブランド その1 【VISA】

2000px-Former_Visa_(company)_logo.svg

 

日本で最も知名度が高く、高いブランドイメージが築きあげられている国際ブランドといえば、「VISA(ビザ)」でしょう。

 

 

VISAは「Value Issuer Service Area」の頭文字を取ったもので、1958年にバンク・オブ・アメリカにより創業されたのが始まりです。VISAは世界レベルで加盟店が非常に多く、現在世界シェアNo.1の国際ブランドです。よって、海外によく行かれる方には、「必ず持っていきたい国際ブランド」でしょう。

 

 

また、日本国内でも、クレジットカード決済できるところでVISAを使えないところは探す方が難しいくらいですので、国内での生活シーンが殆ど、という方でも、「1枚だけクレジットカードを持つとすれば」と言う場合もやはりVISAがお勧めです。

代表的な国際ブランド その2 【MasterCard】

2000px-MasterCard_Logo.svg

 

MasterCard(マスターカード)は、VISAと並び利用者が非常に多い国際ブランドです。

 

 

VISAと同様に、幅広い加盟店で決済でき、世界中で幅広く利用できます。もちろん、日本国内でも問題無く使えます。 ドイツの「EuroCard(ユーロカード)」との合併によりスタートして、当初は「ヨーロッパ圏で強い国際ブランド」といった評判ではありましたが、現在ではVISAの使用範囲とほとんど変わらないようです。

 

 

具体的な加盟店数に関しては、現時点ではVISAの方が若干多いようにも感じられますが、それでもVISAと大きくは変わりない、非常に安定して利用できるレベルと考えても良いと思います。

代表的な国際ブランド その3 【JCB】

rogo86

 

JCBは、日本初の国際ブランドです。日本発ということだけあり、国内において、クレジットカード払いができるお店でJCB が使えないという事はまずないでしょう(例外として、ネット決済などではVISA/MasterCardのみというサービスもいくつかあるようです)。国内では絶対的な対応力を誇るJCBですが、海外では加盟店はそれほど多くありません。

 

 

韓国、台湾、シンガポールなどアジア諸国ではVISAやMasterCardと同様に使え、日本人がよく訪れるハワイやグアムなども利用可能ですが、それ以外の地域では加盟店は少なくなってくると考えておいた方が良いでしょう。

 

 

JCBのメリットとしては、海外から日本語のサポートが受けられる、その他サービスやサポートが充実しているといったこともあり、日本人にとって利用価値はかなり高いと言えます。

代表的な国際ブランド その4 【AMERICAN EXPRESS】

2000px-American_Express_logo.svg

 

AMEX(アメックス)の呼び名で親しまれるAMERICAN EXPRESSは富裕層向けの定番ブランドとして、高い年会費や厳しい審査で知られていましたが、今ではいくつかグレードも用意され、一般の方々でも入手しやすい国際ブランドとなっています。ブランド力が高い一方、国内における加盟店数は他の国際ブランドと比較すると少な目です。

 

 

AMERICAN EXPRESSはホテルやレストランなどの優待や空港ラウンジの利用など、ステータスに見合ったサービスを提供してくれることでも有名です。その他手荷物無料宅配サービスや緊急時の素早いトラブル対応もあり、頻繁に海外旅行・出張に行く人にとっては、充分な恩恵を受けられることでしょう。

代表的な国際ブランド その5 【Diners Club】

latest

 

DinersClub(ダイナースクラブ)は、アメックスと並ぶ2大富裕層向けの国際ブランドです。

 

 

特徴はほぼアメックスと同様で、Diners Clubも高いブランド力、ステータス性を保持していますが、全体的にAmexと比較すると、「年会費はDiners Clubのほうがお得」、「加盟店はAmexのほうがやや多い」といったことが挙げられます。

国際ブランドを選ぶときの注意点

a26f2fcc67a64714e66054541e53eaab_s

 

ここまで、VISA、Masters Card、JCB、American Express、Diners Clubと5つの国際ブランドを紹介しました。皆さんがクレジットカードをお持ちになるときはおそらくこの5つの国際ブランドのうちどれかを選んでいただくことになるかと思います。

 

続いては、これらの国際ブランドを選ぶときの「注意点」についてみていきましょう。

良く利用するショップ・店舗がどの国際ブランドに加盟しているかチェック

entry-34

 

重々ご承知のところでしょうが、すべてのお店やWebショップがクレジットカードを利用できるわけではありませんし、「クレジットカードが利用できる」からと言って全部のカードが使えるとは限りません。

 

 

それぞれの店舗・ショップがどの国際ブランドに加盟しているかによって、使える国際ブランド、クレジットカードの範囲も変わってくるのです。非常に利用客の多い店舗の場合は、「5つの国際ブランドすべて対応しています」というところもありますし、「JCBは使えますがVISAは使えません」というお店もあることでしょう(もちろんその逆もありえます)。

 

 

前述の通り、VISAやMasterCard(国内でしたらJCBも)に加盟している店舗やショップは多いですが、それでも良くご利用される店舗、Webサービスではどの国際ブランドを対応しているかは事前にチェックしておいた方が良いでしょう。

 

 

あとは、二枚目以降のクレジットカードを持つという場合は、一つの国際ブランドに集中してもつのではなく、「JCB」+「MasterCard」や、「VISA」+「American Express」という風に国際ブランドをバラバラに分散させておいた方が、その分加盟店に当てはまりやすくなるでしょう。

「海外でよく利用する」という方は、手数料も考慮して

4d66ce4efd01fb91c68c986fc0dbdf87_s

 

国内では無料のクレジットカード使用料ですが、日本で発行したクレジットカードを海外で利用すると、「事務処理コスト」という手数料がかかります。その手数料は、1.60~2.00%と国際ブランドによって異なります。

 

 

さらに、外貨でショッピングした場合は、利用代金はクレジットカード会社が日本円に換算して請求してくれますが、その換算レートもクレジットカード会社によって異なります。

 

 

つまり、海外で商品をクレジットカードで購入した場合は、

 

トータルのクレジットカード支払額=商品の金額+換算レート分金額+事務処理コスト

 

という風にお金がかかってくるということですね。

 

 

つまり、海外では少しでもこれらの総支払額が安いクレジットカードを利用したほうがお得ということになります。実際に事務処理コストなどの支払額が少ないカードとしては、Master Card や JCBとなります。

「国際ブランド」を選ぶときは「使いやすさ」も考慮して

国内での使いやすさは?

参考:全世界での国際ブランド会員数割合

 

・Visa:45.0%

・MasterCard:34.9%

・American Express:4.7% 

・DinersClub:0.3% 

・JCB:3.3% 

・中国銀聯:11.8% 

 

参考:株式会社クレディセゾン 2011年3月期決算説明会資料:「グローバル・マーケットにおけるブランド別シェア」

国際ブランドの世界シェアは、VISAやMasterCardが圧倒的ですが、日本国内で最もシェアが高いのはJCBになります。

 

 

JCBの世界シェアは5位、それもVISAの45.7%やMasterCardの34.9%に比べるとかなり低い3.3%ですが、日本国内ではNo.1ということなんですね。

 

 

また、JCBは日本発のブランドということもあり、日本国内でのサービスが充実していることでも人気が高いです。例えばJCB一般カードでは、Amazonで購入した場合のポイントが通常の3倍(1.5%の還元率)、スターバックスで5倍ものポイント付くなどな、どさまざまなポイント優遇があります。海外への旅行・出張が殆どなく、国内でのショッピングが殆ど──という方は国際ブランドはJCBにしておくのが一番良いかもしれません。

 

 

ですが、インターネット上のオンラインサービスによっては、JCB対象外としているサービスもあります。これは、そのサービスが決済システムに海外のシステムなどを使用していて、その為VISAやMasterCardしか対応していなかった──といった理由が多いようです。ですので、国際ブランドを選ぶ前にはぜひとも普段ご利用のショップやサービスの加盟ブランドをチェックしておくことをお薦めします。

海外での使いやすさは?

参考:全世界での国際ブランド取扱高割合

 

・Visa:45.7%

・MasterCard:30.5%

・American Express:13.9% 

・DinersClub:0.5% 

・JCB:1.7% 

・中国銀聯:7.7% 

 

参考:株式会社クレディセゾン 2011年3月期決算説明会資料:「グローバル・マーケットにおけるブランド別シェア」

上記参考資料で見ても解ります通り、世界全体でみると、会員数だけでなく取扱高もVISA、MasterCardが圧倒的なシェアを占めています。それだけ、この2つの国際ブランドの利用シーンが多いということですね。

 

 

先に紹介しましたように、VISAとMasterCardのシェアは相当なものです。出張や両口頭で、海外を頻繁に訪れる・または長期滞在の予定があるという方は、VISAとMasterCardのどちらか一方は必携と言えるでしょう。

 

 

また、海外のホテルに宿泊する際は、必ずといってよいほどクレジットカードの提示が求められます。つまり、海外のホテル従業員からすると、皆さんの持っているクレジットカードは身分証明書と同等なのです。

 

 

入会申し込みの際に相応の審査を必要とするクレジットカードならでは特徴と言えるでしょう。そこでステータス性の高い、American ExpressやDiners Clubを持っていると、それだけでも大きく信用度アップに繋げられることが多いでしょう。スムーズなチェックイン、優先的な対応を求めるのであれば、セカンドカードとして、American ExpressやDiners Clubを持っていくのもお薦めです。

「旅行や演劇を楽しみたい」という方は

736dfa01efa72369636a63bcf5d385be_s

 

クレジットカードはカードでの決算ができるほか、多くの付帯サービスが付いているのはご存知のところだと思いますが、そのなかでも旅行やエンターテインメント向けサービスに強いクレジットカードは「T&Eカード」と呼ばれています。

 

 

ちなみに、「T&Eカード」のT&Eとは「トラベル&エンターテインメント」の略で、それらのカードを提供する会社は海外旅行の優待や、会員限定イベントへの招待などに力を入れています。

 

 

日本で言うと、American ExpressやDinersClubが、T&Eカードの代表格で、ホテルやレストラン、スポーツ、その他エンターテイメント施設への付帯サービスがとても充実しています。普段から旅行や演劇・レストランでのお食事などを楽しむことが多い、という方はAmerican ExpressやDinersClubに使いやすさとメリットを強く感じられることでしょう。

国際ブランドの代表的なクレジットカード

さて、ここまで「国際ブランドを選ぶときの注意点」、「国際ブランドの使いやすさ」という点から、VISA、Masters Card、JCB、American Express、Diners Club 各国際ブランドの特徴を紹介してきました。

 

 

続いては、各国際ブランドの、日本における代表的なクレジットカードについて紹介していきましょう。

【JCB一般カード】

images

 

初めにご紹介するのは、国内唯一の国際ブランド運用会社、株式会社ジェーシービーが発行する「JCB一般カード」です。

 

 

「JCB一般カード」では、年会費は初年度無料、二年目以降も1,350円とかなりリーズナブルな価格となっており、年間の利用額合計が50万円を超える場合は、翌年以降の年会費も無料となります。

 

 

このクレジットカードの大きな特徴は、ポイント優待店でカード利用した際に、ポイント還元率が大幅UPすることです。セブンイレブン・イトーヨーカドーで利用した場合は3倍、スターバックスコーヒーではなんと5倍も貯まります!ポイントはポイントサイトの「Oki Doki ランド」の幅広い商品やJCBオリジナル ディズニー商品やなどに交換可能です。

 

 

また、ディズニーのスポンサーということもあり、ミッキーデザインのカードも選択することができます、さらに、貯めたポイントをディズニーランドやシーのパークチケットに高還元で交換できるので、ディズニー好きにもおすすめの1枚です。

 

 

先に説明した通り、国内でしたらほとんどの店舗・ショップでJCBは利用可能です。「国内で高い頻度で買い物をしている」、「ポイントを賢く貯めていきたい」という方にはとてもお薦めのクレジットカードです!

 

JCBカードの詳細・公式サイトはこちら

 

【三井住友VISAカード / MASTERカード】

srv2.trafficgate

 

続いてのご紹介は、三井住友カード株式会社の発行する、「三井住友VISAカード」(三井住友VISAクラシックカード)です。こちらも初年度年会費無料となっています。

 

クレジットカードをお持ちでない方でも、CM等で「三井住友VISAカード」の名前を一度は聴いたことがあるのではないでしょうか。国内で発行されるカードとしてはとても知名度が高く、国際ブランドはVISAとMasterCardからどちらかを選ぶことができます。

 

 

三井住友のステータス力もあり、かつショッピング保険、国内旅行保険、海外旅行保険などの付帯サービスもバランスよく付いている三井住友VISAカードは、まさに一枚持っておきたい安定のクレジットカードと言えるでしょう。

 

 

また、カード裏面にご利用される方の顔写真が入っているので、安全性も断然高まります。カード紛失・盗難時の不正使用も未然に防止できるでしょう。また、チャージ不要の電子マネー「iD」一体型ということもあり、簡単・スピーディーに買物ができるのも魅力の一つです。

 

 

さらに、宝塚歌劇団の冠協賛している事もあり、三井住友VISAカード会員が優先的にチケットを取れる公演が年に数回開催しています。宝塚のチケットが非常に入手しやすくなりますので、宝塚ファンの方にもおすすめできる1枚です。

 

三井住友VISAカードの詳細・公式サイトはこちら

 

【アメリカン・エキスプレスカード(グリーン)】

chg_green_jp_di_480x304

 

続いては、“ステータス”カードとして是非一枚持っておきたい、「アメリカン・エキスプレスカード(グリーン)」。非常に充実したトラベル関連サービスはもちろんのこと、海外・国内ともに手厚い旅行保険、同伴者1名まで無料の空港ラウンジ、無期限のポイントで効率的にマイルに交換できるなど、多くの魅力を備えたカードです。

 

 

通称「アメックス・グリーン」の名で親しまれるこのカードは、印象的なローマン兵士のカードデザインも人気のポイントとなっており、「このカードデザインが欲しかったらアメックス・グリーンにした」という方も多くいます。

 

 

また、現在キャンペーン中で年会費(初年度)無料ということもあるので、海外への旅行・出張が多く、そろそろステータスの高いクレジットカードを持ちたいと思っていた──という方にはかなりお薦めの一枚と言えるでしょう。

 

アメックス・グリーンの詳細・公式サイトはこちら

 

300x250_rcpgreen_fyf

【ダイナースクラブカード】

4cc7c8d06aecb2d7e15519875a59036a

 

最後にご紹介するのは、三井住友トラストクラブが発行する、「ダイナースクラブカード」です。最高1億円の旅行傷害保険・国内外600ヶ所以上の空港ラウンジ無料付帯の、アメックスと並ぶステータスカードです。

 

 

やや年会費も高く、VISAと比べると加盟店も少なくなってきますが、国内・海外空港ラウンジ無料利用、レストラン・ホテルその他エンターテイメント施設利用での特典サービスの充実性は、他のクレジットカードサービスの群を抜いています。

 

 

また、「さらに高いステータスカードを目指したい」とプレミアムカード(通称ブラックカード)の入手を目指している方にも、ダイナースクラブカードを保持・利用し続けることによって、「ダイナースクラブプレミアムカード」保有へのインビテーション(招待)へチャンスがあります。

 

 

現在ではこのルートが一番簡単にブラックカードを入手できる道になりますので、「いつかはブラックカードを持ちたい!」という方は、まずはダイナースクラブカード保有からはじめてみると良いでしょう。

 

ダイナースクラブカードの詳細・公式サイトはこちら

 

まとめ

ここまで、各国際ブランドの特徴、選ぶときの注意点、使いやすさなどをお話してきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

国際ブランド選びに迷ったらVisa or Master
海外利用が多い方もVisa or Master
国内利用がメインならJCB
旅行・レストラン・ホテル利用が多いならアメックスorダイナース

 

国際ブランドといっても、加盟店やステータス、国内・海外の違いなど、特徴が大きく異なってくることはご理解いただけたと思います。そして、「どの国際ブランドのクレジットカードが良いか」というのは、それこそ利用する方のライフスタイルによって大きく変わってくることでしょう。

 

 

今回の記事で、皆さんご自身にとって「一番使い勝手の良い国際ブランドはこれだ!」というものが見つけられることを、心より願っています!

 

 

最後までどの国際ブランドを選べば良いかわからない方、国内・海外どちらでも利用する機会がある方は、迷わず三井住友VISAカードを選択しましょう!

 

 

Pocket