660atX9f
Pocket

 

みなさま、スマホの料金が節約できると聞いて、パッとMVNOという言葉が思い浮かびますでしょうか?MVNOとは、「Mobile Virtual Network Operator」の略で、日本語に訳すと「仮想移動体通信事業者」となります。

 

 

多くの方が利用されているDoCoMoやau、Softbankといった、いわゆるキャリアと呼ばれる携帯会社は、MNO(Mobile Network Operator)といい、日本語では「移動体通信事業者」となります。

 

 

日本語にした時の違いは、この「仮想」という言葉になりますが、これは、MVNO事業者が、自前の設備は保有せずに、DoCoMoやau、Softbankといったキャリアの通信網をレンタルしてサービスを提供しているところから、「仮想」という名称がついています。

 

 

MVNO事業者には、「楽天モバイル」や「UQ mobile」といった、キャリアと比べて、比較的安価なサービスを提供している事業者が多く含まれます。MVNOの解説はこの辺にして、実際にスマホ料金の節約方法を見ていきましょう。

 

 

最近は、MVNO事業者も非常に数が多くなり、料金以外の面で、様々な差別化で競争を行っています。今回おすすめするのは、「楽天モバイル」になります。楽天モバイルを利用することでどれだけ節約できるか、見ていきましょう。

 

 

楽天モバイルとは

rakutenmobile

 

今回ご紹介するMVNO事業者は楽天モバイルになります。詳しいことは後で説明しますが、楽天モバイルを選択することで、非常に大きな節約効果が得られます。

 

 

楽天モバイルは、楽天市場を経営する楽天グループが提供する格安SIMで、安さ重視のプランから、月10GBも利用できる大容量を魅力にしたプランまで豊富に取り揃えられています。また、キャリアに負けないようなオプションも組み込まれていますので、自分のスタイルによって、料金プランを自由に選択することができます。

楽天モバイルの特徴

楽天モバイル

 

 

楽天モバイルの料金体系は、様々なニーズにマッチした料金体系を選択できるよう、多くの種類が用意されています。ここでは、料金プランについて一つ一つ確認していきましょう。

 

 

楽天モバイル1

ベーシックプラン

常に通信速度が200kbpsの低速しか利用できないプランです。

 

 

インターネットやアプリしか利用しないデータ通信専用のSIM(データSIM(SMSなし))の場合は、月額525円と最も安い料金プランとなっています。また、データSIMにSMSでのテキストメッセージサービスを付けたデータ通信専用のSIM(データSIM(SMSあり))の場合でも、月額645円と非常に安価です。

 

 

データ通信に加え、電話も可能な通話SIMでは、料金が1,250円とやや上がりますが、それでも基本料金が1,250円だけという非常に安価なプランとなっています。

3.1GBプラン

月間3.1GBまでの通信量の場合は、下りが最大225Mbps、上りが最大50Mbpsと高速通信が可能なプランです。

 

 

このプランの場合は、データSIM(SMSなし)の場合、900円、データSIM(SMSあり)の場合が1,020円、通話SIMが1,600円とこちらも非常に安価な料金設定となっています。

5GBプラン

月間5GBまでの通信量の場合は、下りが最大225Mbps、上りが最大50Mbpsと高速通信が可能なプランです。楽天モバイルが最もおすすめしているプランとなります。

 

 

このプランの場合は、データSIM(SMSなし)の場合、1,450円、データSIM(SMSあり)の場合が1,570円、通話SIMが2,150円と、キャリアと比べると非常に安価な料金設定となっていることがわかります。

 

 

DoCoMoやau、Softbankといったキャリアのスマホを持っている方で、料金プランにあまり興味を持たれていない方は、月間5GBで契約していることが多いと思います。ご自身の料金と比較したら、この時点で節約ができるということに気付くかと思います。

10GBプラン

月間10GBまでという大容量の通信を可能としたプランです。10GBまでの通信量の場合は、下りが最大225Mbps、上りが最大50Mbpsと高速通信が可能となっています。

 

 

このプランの場合は、データSIM(SMSなし)の場合、2,260円、データSIM(SMSあり)の場合が2,380円、通話SIMが2,960円と、楽天モバイルの中では最も基本料金が高いプランとなっています。

 

楽天モバイルの料金プラン詳細はこちら

料金比較!DoCoMoと楽天モバイル5GBプランの場合

DoCoMoと契約する場合、基本的には「かけ放題」プランしか選択することができません。全額無料となるプランと、5分以内の場合のみ無料となるプランがありますが、ここでは、料金の安い5分以内無料のプランと比較したいと思います。

 

DoCoMoの場合

基本プラン(かけ放題プラン)1,700円+データMパック(5GB)5,000円

合計6,700円

 

楽天モバイルの場合

基本プラン(5GB 通話SIM)2,150円+かけ放題オプション850円

合計3,000円

 

結果

楽天モバイルのかけ放題オプションは、5分以内の通話を無料にするオプションで、DoCoMoと条件を一緒にするために加えたオプションとなります。この結果を見ても、すぐわかる通り、DoCoMoと楽天モバイルでは、2倍以上の料金の差があることが分かります。

 

 

つまり、楽天モバイルを選択することで、毎月3,700円程度の節約ができるということになります。 毎月3,700円となると、年間で44,400円となり非常に大きな節約になりますね。

 

楽天モバイルが選ばれる理由とは?

main-img01

 

では、ここで、なぜ今回楽天モバイルをご紹介させていただいたかを説明させていただきます。ここまでの料金体系は、MVNO事業者の格安SIMでは、ほとんど差はありません。では、なぜ楽天モバイルがいいのか…その理由をご紹介します!

使える端末が魅力的!

MVNO事業者からは、SIMだけを購入するという選択もできます。例えば、今DoCoMoのiPhone6sを使っているとした場合、その端末が利用できるのであれば、SIMだけを購入すればいいので端末代金を別途支払う必要がありません。また、端末は中古で購入して、SIMだけ買って使う…といった利用方法もあります。そのため、MVNO事業者のSIMで利用できる端末が多ければ多いほど、自由度が増すのです。

 

 

楽天モバイルのSIMは非常に多くの端末に対応しています。iPhone6sについては、DoCoMoとSIMフリー版に対応していることが確認できています。つまり、楽天モバイルであれば端末を比較的自由に選択することができるのです。

5分間かけ放題のオプションプラン

月額料金が安価なMVNO事業者のプランでは、通話料金が月額料金に含まれていないことがほとんどです。そのため、キャリアに比べると、どうしても通話料が高額になりがちですが、楽天モバイルの場合は、月額850円のオプションを追加することで、5分間かけ放題にすることが可能です。

楽天カードと併用するとさらにお得に!

楽天モバイルは、それだけで利用しても他のMVNO事業者にはないサービスが充実しており、非常に節約になります。楽天カードと併用することで、さらに節約することが可能です。その節約方法とは、楽天スーパーポイントになります!

楽天モバイル利用で還元率最大6%に!?

楽天モバイル3

 

楽天カードでは、スーパーポイントアッププログラムとして、最大7倍ものポイントが貯まるサービスが常時開催されています。

 

 

通常、楽天スーパーポイントは100円で1ポイント貯まりますが、スーパーポイントアッププログラムでは、楽天カードを利用することで+3倍、楽天アプリから月1回以上買い物をすれば+1倍、楽天モバイルを利用していれば+1倍、楽天プレミアムカードを利用すれば+1倍の合計7倍まで増やすことができます。

 

 

img-sub-04

 

 

楽天プレミアムカードについては、クレジットカードの切り替えが伴いますので、持っている方の特典として考えれば、通常+6倍まで還元率を増やすことができます。もともと、100円で1ポイントの還元(還元率1%)ですので、100円で6ポイント(還元率6%)と、非常に高い還元率を受けることが可能です。このポイントで、楽天モバイルの月々のお支払いや端末購入に利用することもできます。しかも、期間限定ポイントも対象という点はかなり大きなメリットとなります!

 

メリットいっぱいの楽天モバイルを申込む!

楽天カードは総合的に使い勝手のいいクレジットカード

8228299209_58f25e208c

 

楽天カードは、年会費は永年無料で発行手数料等も発生しません。楽天市場で買い物をすると、スーパーポイントアッププログラムによって最低でも還元率4%と非常に高還元率を受けられるクレジットカードです。また、ポイントは100円利用で1ポイント貯まり還元率1%となります、ポイント付与条件も月額合計金額に対して付与されるため、切り捨て金額も最小で済むので節約志向の方にもおすすめできます。

 

 

さらに、楽天カードは、国際ブランドでJCBを選択すれば、電子マネーのnanacoへチャージでもポイントが1%分付与されます。「楽天edy」のチャージ+利用でもポイントを貯めることができます(還元率0.5%+0.5%)。

 

 

楽天カードは、年会費無料のカードですが、海外旅行傷害保険も付帯(利用付帯)されています。料金を楽天カードで支払う必要がありますが、最大で2,000万円の海外旅行傷害保険が適用されるため、海外旅行にも安心していくことができるカードとなっています。

 

 

さらに、楽天カードは入会キャンペーンが頻繁に行われていることでも有名です。「新規入会&利用で、もれなく5,000円~最大8,000円相当ポイントプレゼント」というキャンペーンが行われており、入会して利用するだけで現金同様のポイントが付与されるという非常に魅力的なサービスとなっています。

 

※現在の入会特典ポイント数はこちら ⇓

 

 

年会費が永年無料で様々な特典を受けられるカードとなっていますので、利用は頻繁に行わないにしても、楽天市場で買い物をする頻度がある程度高いのであれば、必ず持っておきたいカードとなっています。

 

8228299209_58f25e208c
10/25 Apple Pay対応開始!(Master/JCBブランド限定) 年会費無料のクレジットカードの中で人気・使い勝手No.

まとめ

いかがでしたでしょうか。現在、キャリアをご利用になられている方からすると、MVNO事業者を利用することで、大きくスマホの月額料金を節約できることが分かっていただけたかと思います。年間で40,000円以上の節約となりますので、こだわり等がなければ、楽天モバイルに移行されることをおすすめいたします。

 

 

また、楽天モバイルを利用する場合は、楽天カードを利用することで楽天スーパーポイントを非常に効率的に貯めることが可能となっています。楽天スーパーポイントは、楽天市場でのお買い物や楽天モバイルの支払いの他、楽天Edyへの交換も可能となっており、非常に使い勝手の良いポイントプログラムとなっています。このポイントが最大6倍にもなるスーパーポイントアッププログラムを有効に活用することでも、料金の節約につなげることができます。

 

 

せっかく楽天モバイルを利用するのであれば、楽天カードもうまく利用して、キャリアとの差額+楽天スーパーポイント分の節約を行っていきましょう!

 

 

楽天モバイルの公式サイトはこちら

 

楽天カードのキャンペーンポイント数をチェック!

 

Pocket