GTRSO148
Pocket

 

飛行機は、新幹線とは違ってマイレージプログラムが設けられています。マイレージプログラムを有効に活用することで、飛行機代を大きく節約できますが、そんなマイルも賢く貯めると、普通に貯めるよりもお得に貯めることができます。

 

 

その方法は、まず初めに、利用する航空会社を可能な限り1つに減らすこと。せっかく高い飛行機に乗っても、様々な航空会社を利用すると、マイルが分散されてしまいます。次に、マイレージプログラムの詳細を知っておくこと。知っているのと知らないのとでは、マイルのたまり方に雲泥の差が生じます。そこで今回は、JALのマイルを賢く貯める方法について解説します。

 

 

JALグループの飛行機に乗ってマイルを貯めよう

1680_1050

 

JALのマイルを貯める場合は、最初にJALマイレージバンク(入会金、年会費無料)に登録しておく必要があります。JALマイレージバンクに登録しておくと、その後のフライトでマイルを貯めることができます。

国内線の場合、購入するチケットによって貯まるマイルが違います!

国内線の場合、普通料金やJALビジネスきっぷなど、運賃にほとんど割引が付かないチケットであれば、マイルは100%積算されますが、先得割引や株主割引等、運賃の割引が比較的高いチケットの場合、マイルが75%しか積算されません。さらに、国内パッケージツアーで利用する場合でツアーパンフレットに「マイルがたまります」マークが書かれたツアーの場合は、50%のマイルが積算されることになります。

 

 

さらに、利用する席がファーストクラスであれば、積算されるマイルに50%を加算、クラスJであれば、10%が加算されます。

 

 

では、羽田→那覇の積算マイルを比較してみましょう。

 

まず、最もマイルの積算率が高い普通料金、ファーストクラスの場合、獲得マイルは1,476マイル(通常区間マイル984マイル×(運賃積算率100%+ファーストクラス利用50%))となります。

 

 

次に、ツアーを除き、マイルの積算率が低い先得料金、普通席の場合、獲得マイルは738マイル(通常区間マイル984マイル×運賃積算率75%)となり、最も高いマイル積算率である前例と比べて、半分しかたまらないということが分かります。

国際線の場合、購入するクラスによって貯まるマイルが違います!

bf4705b8b31bd8a363ba6ee063ac232d_s

 

国内線では、チケットの割引等によって積算率が変わりましたが、国際線の場合、それに加えて購入するクラスによっても積算率が変わります。

 

 

ファーストクラスの場合は、積算率が150%となり、最も積算率が高くなっています。

 

 

ビジネスクラスの場合、普通料金であれば125%ですが、ビジネスクラスでも、海外パッケージツアーに適用される運賃であれば70%まで下がります。

 

 

プレミアムエコノミークラス、エコノミークラスの普通運賃の場合、積算率は100%ですが、エコノミークラスの海外パッケージツアーに適用される個人包括旅行運賃などの場合、積算率は70%~50%まで下がります。さらに、週末ステイ割引などを利用すると、積算率は30%まで低下します。

 

 

東京→ホノルル間で比較すると、ファーストクラスの場合は5,747マイル(通常区間マイル3,831マイル×運賃積算率150%となりますが、最も低いエコノミークラスの週末ステイ割引利用であった場合は、1,149マイル(通常区間マイル3,831マイル×運賃積算率30%)と1/5まで下がることが分かります。

サービスステータスでマイルが加算される!

o0600016213074059726

 

冒頭、軽く説明した「利用する航空会社を可能な限り1つに減らすこと。」について、目的の一つはすでに紹介した通り、せっかく貯まるマイルを分散させないことですが、もう一つ目的があります。それは、サービスステータスを獲得するためです。

 

 

JALでは、搭乗距離や搭乗回数によって、「JMBクリスタル」「JMBサファイア」「JMBダイヤモンド」という3つのステータスが用意されています。それぞれのステータスを獲得するためには、FLY ONポイントというマイルとは別のポイントを貯める必要があります。しかし、FLY ONポイントもマイルと密接に関係しており、国内線であれば区間マイルの2倍、国際線であれば区間マイルの1倍がFLY ONポイントとなります。

 

【参考】:FLY ONポイントの詳細はこちら

 

サービスステータスで最も容易に獲得できるのは「JMBクリスタル」で、1月から12月の1年間で30,000FLY ONポイントを貯める、もしくは30回以上搭乗し、10,000FLY ONポイントを貯めることで獲得できます。「JMBクリスタル」を獲得できれば、獲得した日から約1週間後から翌々年3月まで、JALグループのマイル積算率が55%アップします。

 

 

次に取得が容易なサービスステータスは「JMBサファイア」で、1月から12月の1年間で50,000FLY ONポイントを貯める、もしくは50回以上搭乗し、15,000FLY ONポイントを貯めることで獲得できます。「JMBサファイア」を獲得できれば、獲得した日から約1週間後から翌々年3月まで、JALグループのマイル積算率が105%アップします。

 

 

そして、最も獲得が難しいサービスステータスが「JMBダイヤモンド」で、1月から12月の1年間で100,000FLY ONポイントを貯める、もしくは120回以上搭乗し、35,000FLY ONポイントを貯めることで獲得できます。「JMBダイヤモンド」を獲得できれば、獲得した日から約1週間後から翌々年3月まで、JALグループのマイル積算率が130%アップします。

 

 

サービスステータスによるマイルアップがどの程度大きいかというと、サービスステータスを持たない人が、羽田→那覇間をマイルの積算率が最も高い普通料金、ファーストクラスに搭乗した場合、獲得マイルは1,476マイルとなりますが、最も獲得が容易な「JMBクリスタル」会員が同区間を普通料金、普通席で搭乗した場合、獲得マイルは1,525マイル(通常区間マイル984マイル×(運賃積算率100%+ボーナスマイル55%))となり、サービスステータスを持っている方が、ファーストクラスに乗るより獲得マイルが多くなることが分かります。

サービスステータスをもっていなくても獲得マイルを増やす方法

非常にマイルの積算率が高いサービスステータスですが、獲得するために搭乗しなければならない回数が非常に多く(羽田→那覇間であれば、普通料金で年間7往復以上して初めて「JMBクリスタル」が獲得可能)、気軽に取得できるものではありません。

 

 

そこで、誰でも簡単にフライトマイルを増やす方法をご紹介します。その方法とは、JALカードに入会するという方法になります。JALカードとは、JALが発行するクレジットカードで、普通カード、CLUB-Aカード、CLUB-Aゴールドカード、プラチナカードが用意されています。

 

普通カード

cf_r_visa1

 

普通カードは、年会費が入会後1年間無料で2年目から2,160円(アメリカン・エキスプレスカードを選択した場合は6,480円)で、フライトごとに獲得マイルが10%アップするカードです。また、毎年、初回搭乗時に1,000マイルがボーナスマイルとして加算されます。

 

cf_r_visa
ポイント付与条件が四捨五入、50円でも1マイル付与! ETC利用分でもショッピング同等のマイルが貯まる

 

CLUB-Aカード

cf_a_visa

 

CLUB-Aカードは、年会費が10,800円でフライトごとの獲得マイルが25%アップするカードです。また、毎年、初回搭乗時に2,000マイルがボーナスマイルとして加算されます。年会費は普通カードよりも高いですが、海外旅行に年1回程度行かれる方でしたら、ボーナスマイルや空港免税店での割引率が高い(普通カードは5%、CLUB-Aカードは10%)など、普通カードよりも有利なカードとなっています。

 

CLUB-Aゴールドカード

cf_g_master

 

CLUB-Aゴールドカードは、年会費が17,280円(アメリカン・エキスプレスカードを選択した場合は20,520円)で、CLUB-Aカードにゴールドサービスを追加したカードとなっています。一番の特徴は、ショッピングマイルが普通カード、CLUB-Aカードの200円で1マイル(還元率0.5%)から100円1マイル(還元率1%)に増加されることにあります。また、カード会社系ラウンジサービスも利用することができますので、頻繁に飛行機を利用される方にお勧めのカードとなっています。

 

プラチナカード

 

プラチナカードは、年会費が33,480円で、海外の空港ラウンジサービスであるプライオリティ・パスを付与できるカードとなっています。マイルの積算率はCLUB-Aカードと同様ですが、海外旅行保険が最高1億円に増額されているなど、JALカードの最高峰のカードとなっており、頻繁に海外に渡航される方にお勧めのカードとなっています。

 

 

【参考】:JALカードの公式サイト・現在のキャンペーン情報はこちら

JALカードは家族カードを賢く使おう!

4e75516fc4cb003c172cc9b3b055274a_s

 

家族カードを申し込む理由の一つに、家族が買ったショッピングの分もポイントを合算できることがあげられると思います。もちろん、JALカードの家族カードも家族のショッピングで貯めたマイルを合算する機能があります。しかし、JALカードの家族カードのメリットはそれだけではありません。

 

 

ショッピング分のマイルだけではなく、家族でマイルそのものが合算できるのです。つまり、家族で沖縄旅行に行ったとして、本人がJALカード、配偶者がJALカード(家族カード)を持っていた場合、片道で一人1,082マイル(区間マイル984マイル+JALカード普通会員10%分の98マイル)貯まりますので、往復で2,164マイル貯まります。これを二人分ですので、1回の旅行で4,328マイル貯まることになります。

 

 

これが、CLUB-Aカードですと、片道で一人1,230マイル(区間マイル984マイル+JALカードCLUB-A会員25%分の246マイル)貯まりますので、往復で2,460マイル貯まります。これを二人分ですので、1回の旅行で4,920マイル貯まることになります。

 

 

つまり、3回の沖縄旅行と少しのショッピングで、すぐに特典航空券に引き換えることができ、4回目の沖縄旅行は1人飛行機代が往復分無料となるのです。

まとめ

今回は、JALに絞って説明しましたが、ANAでも同様のサービスステータスシステムとクレジットカードによるマイルアップ等の施策があります。出張等で頻繁に飛行機を利用する方は、会社の旅費を使ってサービスステータスを獲得できる可能性もありますので、その場合は、ぜひ航空会社を1つに絞るようにしてみてください。

 

 

出張等はあまりなく、年に数回、家族で飛行機を使った旅行をされるという方は、少しでもマイルを貯めるためにJALカードとご一緒に旅行される方の家族カードを持っていただき、家族プログラムにご登録いただきたいと思います。

 

せっかくご家族でご旅行されるのであれば、貯まったマイルをバラバラにしておくのではなく、一つにまとめることによって有効にマイルを活用することができます。

 

 

今回ご紹介した方法で、少しでも多くのマイルを貯めて、快適な空の旅をご堪能ください!

 

 

Pocket