日銀マイナス金利
Pocket

 

2016年1月、日本銀行はマイナス金利政策の導入を決定しました。当時は毎日のようにテレビやネットのニュースで取り上げられたので、ご存じでない方は殆どいらっしゃらないでしょう。

 

 

ですが、「マイナス金利について、詳しく説明できる」という方は、実は結構少ないのではないでしょうか。もしくは、「銀行から直接融資を受ける企業や実業家以外は、あんまり関係ない」と思われている方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

 

実はこのマイナス金利、私たちのような一般の消費者にも密接に関わってくる制度なのです。では、どのように関わってくるのか、またその際に私たちはどう対処して行けば良いのかについて、詳しく説明していきましょう。

 

 

マイナス金利ってそもそも何?

日銀マイナス金利

 

マイナス金利は、日本の景気を良くするための、ひとつの「景気刺激策」です。──といってもなかなかイメージはつきにくいと思いますので、以下5つのポイントに分けて説明してみましょう。

マイナス金利は、すべての預金の金利がただちにマイナスになるわけではない

そもそも大前提として、マイナス金利は「私たちの預金を含めた、すべての預金の金利をマイナスにする」ものではありません。マイナス金利が発表された当初は、「自分たちの預金まで減ってしまうのではないか」といった憶測まで飛び交っていましたが、それは大きな間違いです。

 

マイナス金利が適用されるのは、「日本銀行」に預けられている預金になります。そして、日本銀行に預金されているのは、他の一般の銀行の資産がメインです。

 一般の銀行が「日本銀行」に預けているお金に対する金利がマイナスになる

一般の銀行は、これまで多くのお金を日本銀行に預けていました。なぜ預けていたのかというと、預けるだけで金利が付き、預金が増えていくからです。そしてこの日本銀行への預金に対して「マイナス金利」が施行されたのです。

 

つまり、一般の銀行はそのまま日本銀行に沢山のお金を預けていると、マイナスの金利の影響で預金が減っていってしまいます。そうなると、一般の銀行がどう行動するようになるかというと──

マイナス金利政策によって、今後一般の銀行は日本銀行に預けず、他のところで融資を増やすようになる

85459ed90e3676bc8d1d76211cfc5873_s

 

マイナス金利施行後は、一般の銀行は自身の資金を日本銀行にプールしようとはせず、利子を期待できる他のところ──つまり、企業などに融資しようと考えるようになるでしょう。この部分も、マイナス金利政策の狙いの一環です。

 

 

ですが、すでに銀行にはお金が余っているので、銀行が融資したいという企業があれば、もうとっくに融資していることでしょう。今までは、銀行がお金を貸したいと思うような優良企業がなかったので日本銀行に預けていたのです。ですので、いくら銀行にお金があるからといっても、企業向けの融資がどんどん増えるようなことにはならないでしょう。

 

 

では銀行は企業以外のどんなところに融資をし始めるのかというと、不動産担保ローンのように担保が取れる融資であったり、海外の不動産や金融サービスといった、より高利率が期待できるところに投資されるようになると言われています。つまり、銀行のお金が、より広く世の中に出回っていくことになる──ということですね。

世の中に出回るお金が増え、円安になることが期待される

2fddf4b238656b1becf5d5fc80b0e962_s

 

日本の一般の銀行の融資が活性化し、世の中に出回るお金が増えるとどうなるかというと、「円安」が起きやすくなります。前述のとおり、日本より金利が高い国で預金をする方が得になるので、円を売って他の国の通貨を買う、という取引も増加してきます。

 

 

また、マイナス金利施行後は、国内の銀行においても金利はとても低い状態が続くことが予想されますので、企業や消費者の間でも、同様の動きをする人が多く出てくることでしょう。そうして、マイナス金利が「自国の通貨売り=外貨買い」を促進させ、通貨安をもたらし、結果、円安になっていくのです。

円安になれば日本の輸出産業が潤い、日本の景気も良化が期待される

33f24531b7717492b8d21ca6246a36fd_s

 

円安になるとどうなるかというと、輸出企業にとっては強い追い風となって、利益向上に繋がります。日本は輸出企業が多く、輸出企業の業績向上が景気向上の鍵となることが多いため、円安は日本の景気を支える重要なポイントにもなるのです。

 

 

もちろん円安がデメリットとなる業種や企業も多数ありますが、いわゆる日経平均株価の対象とされるような大企業では輸出企業が多く、そのため円安になると日本全体の株価も上昇し、資産価値も上がってきます。資産価値が高くなると、資産を持つ層や含み益を持つ企業の消費・投資が活発化し、恩恵が日本全体に回るようになります。

 

 

ここまでをまとめると、以下のようになります。

 

マイナス金利は、日本銀行が他の一般の銀行からの預金の利子をマイナスにする施策
マイナス金利によって、一般の銀行は企業(や個人)に融資するようになる
ただし、優良企業の数は限りがあるので、融資先は更に海外へと流れるようになり、円安を引き起こす
円安になると、輸出企業が潤いだし、結果日本の平均株価、景気の向上に繋がっていく

以上、世の中の大局的な視点から見た、マイナス金利の働きかけについて説明しました。次からは、このマイナス金利の働きが、私達個人にどのような影響を及ぼしていくかについて、説明していきましょう。

マイナス金利導入のメリット・デメリット

個人レベルで見た際に、マイナス金利が及ぼす影響はメリット・デメリット両方があります。

マイナス金利導入によるメリット

d6a01f879ee1fb6498a91e578c241965_s

 

マイナス金利導入によって私たちが受けるメリットとして、まず挙げられるのは住宅ローンや自動車ローンが組みやすくなることでしょう。前述のとおり、各銀行はお金をできるだけ企業や個人に融資したいという思惑になりますので、住宅ローンや自動車ローンの金利はほぼ確実に下がっていくでしょう。今まで大口の融資をしてもらえなかったという人も審査が緩和されて借りられるようになるかもしれません。

 

 

また、結果的に住宅や車が売れるようになるので、不動産や自動車に関係する業界は好影響を受けます。不動産業界、自動車業界にお勤めの方には、業績が上がり給与や賞与への好影響が出ることも期待できるでしょう。

 

 

お勤めの業界という観点で言うと、その他旅行代理店や観光業界にお勤めの方にも良い環境が続くことが期待できるでしょう。マイナス金利によって円安が進むと、海外からの旅行客が増えるからです。

マイナス金利導入によるデメリット

続いてはマイナス金利によるデメリットも見てみましょう。まず挙げられるのは、皆さんの資産の多くに割いている「預金」関連です。日本銀行にてマイナス金利が施行されてから、各銀行は金利の引き下げを続々と決定しています。今後預金の利子によって利益を得ようとしても、もはや雀の涙程度となるでしょう。

 

 

とは言うものの、そもそも銀行預金金利なんて1億円を一年間預けても2~15万円前後しかもらえない程度だったので、預金による金利の目減りが「大きな痛手になる」という人はあまりいらっしゃらないかもしれませんね。

 

 

ですが、業界で見ると銀行や保険会社はマイナス金利によって少なからずの悪影響を受けますので(銀行は言わずもがな、というところですが、国債に資産の多くを投入している保険会社も同様に低金利・円安のあおりを受けることになるであろう為)、銀行や保険会社に勤める人にとっては昇給や賞与へのマイナスの影響も出てくるかもしれません。

参考:各銀行の過去と現在の金利変化

参考までに、マイナス金利施行後の各銀行の金利変化についてまとめてみましょう。

(2016年2月時点)

 

りそな銀行(2~5年物定期預金) 以前の金利:0.030%~0.050% これからの金利:0.025%
横浜銀行(0~1年物定期預金) 以前の金利:0.025% これからの金利:0.020%
八十二銀行(0~1年物定期預金) 以前の金利:0.025% これからの金利:0.020%
ソニー銀行(普通預金) 以前の金利:0.020% これからの金利:0.001%

 

そのほか、動きのあった銀行を例にしますと、静岡銀行は2月末までの予定だった定期預金のキャンペーンの受け付けを取りやめ、三菱東京UFJ銀行は「大企業などの普通預金に口座手数料を導入することを検討する」と発表しています。

 

 

このように、実に多くの銀行において、預金の金利引き下げ、キャンペーンの停止や口座手数料の上増しを行っているのです。これまでは資産の多くを銀行に預ける人が多かったですが、マイナス金利施行後は銀行にお金を預ける人は減って、新しいお金の動きが出始めることでしょう。

マイナス金利施行後においても、普通預金利息が高い銀行は?

さて、マイナス金利施行後に一斉に金利引き下げを行った各銀行の中で、 変わらず普通預金の金利をキープすることを宣言している銀行もあります。それは、イオングループのイオン銀行です。

 

 

イオン銀行の普通預金金利は年0.02%ですが、イオンカードセレクト(クレジットカード)をお持ちの方には、金利を年0.1%上乗せしているのです。つまり、年0.12%ということですね。前述の各銀行の金利と比べてみると最大で120倍もの差があり、かなりの金利の高さになっていることが分かると思います。

 

 

「マイナス金利で預金が超低金利になったと言えども、手元に現金を置いておくのは不安だし…、できたら、その中でもなるべく金利の高い銀行に預けておきたい」という方には、まさにうってつけの銀行と言えるのでしょう。イオン銀行の年利0.12%を適える為には、イオンカードセレクトの入会が必要となりますので、新しいクレジットカードの利用と合わせて検討されるとよいかもしれません。

 

□イオンカードセレクト 概要

waon-shop-6

 

発行会社:株式会社イオン銀行

年会費:初年度 ¥0 二年目以降 ¥0

ポイント還元率(目安):0.500%

 

イオンカードセレクトの公式サイトはこちら

 

イオンカードセレクトは、年会費も無料で、更にはWAONポイントも貯まりやすいため、日常からイオン系列のお店でショッピングされている方、WAONカードをお使いの方にはとてもメリットの多いクレジットカードです。これからの預金を賢く行っていくことも兼ねて、持っておいて損はないカードです。

 

また、WEB限定ですが入会キャンペーンで最大5000円相当分のポイントプレゼントできます!

 

クレジットカードの利用は利息の500~1000倍以上もおトク

81e6fc163cde28632e4288644424adb6_s

 

さて、イオンカードセレクトの話も出ましたので、マイナス金利施行下における、その他クレジットカードの利用についてもお話していきたいと思います。 マイナス金利の状態においては、クレジットカード利用のメリットは相対的に大きくなると言えるでしょう。なぜなら、現在のメガバンクの普通預金金利 0.001% であるのに対して、クレジットカードの還元率は0.5%~1.0%です。単純比較はしにくいものの、預金金利と還元率を比較するとクレジットカードの還元率は預金金利の500倍~1000倍の差が出てきます。

 

 

もちろん、クレジットカード利用でいくらポイントがもらえると言っても、だからと言ってクレジットカードでの購入を増やしたら逆に出費が嵩んで手元の現金は目減りしていってしまいます。ですが、避けれない出費をクレジットカード払いにすることで、還元ポイントとして、実際の預金の利子の数百倍の価値になるポイント量を貯めていくことができると考えれば、そのメリットの大きさも認識されやすくなるのではないでしょうか。

 

 

──例えば電気料金やガス料金などの、毎月支払いが生じる光熱費。そのほか携帯料金などの通信費も含めて、これらをクレジットカード払いすれば、金利低迷など気にならないくらい、ポイントが貯まっていくことでしょう。

 

 

特にキャッシュバック型クレジットカード(貯めたポイントが現金として振り込まれる、または利用額がポイントで相殺される特典を持つクレジットカード)を利用すれば、ポイントはそのまま出費の削減につながります。

お薦めのキャッシュバック型クレジットカード

P-one Wiz

038012

 

キャッシュバック型で1番おすすめなクレジットカードはP-one Wizです。P-one Wizはもちろん年会費無料で維持費など必要ありません。また、最大のメリットはどこで利用しても利用金額から自動的に1%OFF+0.5%分のポイントが付与される点です。キャッシュバックとポイント付与分を合計した場合の還元率が1.5%となる年会費無料のクレカは他にはありません。貯めたポイントもT-ポイントなど共通ポイントに交換できる点も使い勝手の良さがうかがえます。

 

また、入会後6ヶ月間は自動的に1%OFF+1.5%分のポイントが付与と還元率が最大2.5%となりかなりおすすめです!

 

 

キャッシュバック型クレジットカードは、貯まったポイントを直接キャッシュバックできるというメリットがあるほか、商品交換ポイント数を気にしなくなるので、ポイントを貯めるためのムダ遣いが減ったり、さらには毎月支払わなければならない固定費をカード払いしようという意識が高まることによって、カード利用料金の「節約」をすることにも繋がります。「ポイントを貯めるのが煩わしい」と感じている方にも、お薦めのクレジットカードです。

まとめ マイナス金利時代でも、賢くやり繰りすれば今まで以上に節約ができる!

ここまでお読みになられて、いかがでしたでしょうか。

 

 

マイナス金利で預金の金利は下がりましたが、そのおかげで私たちは預金以外の資金繰りについてもしっかり考える機会を持てました。前段でも説明しました通り、これからのマイナス金利政策の世の中においては、お金は預けて増やすのではなく、クレジットカード支払いの還元ポイントを活用した方が圧倒的におトクになります。更にはキャッシュバック型クレジットカードを利用すればより節約の観点からも効率的に行えます。それ以外にも、百貨店の「友の会」など積み立てサービスを利用すれば、預金より高利回りを狙うこともできるでしょう。

 

 

何かしら世の中に変化が起きたときは、得てして新しい手段や手法も生まれやすくなるものです。この記事をお読みになられた皆さまも、マイナス金利の変化に身をゆだねるだけでなく、より効果的・効率的なマネー術を考えて、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

イオンカードセレクトと同時申込!金利が0.12%、預金派の方におすすめ!

 

入会後6ヶ月間の還元率2.5%!年会費無料のP-one wiz!

 

Pocket