128581
Pocket

 

車に乗っている方は必ずといっていいほど「ガソリン代」に興味があると思います。ちょっと遠いけど、向こうのガソリンスタンドだと2円安いから…という理由で、ガソリンスタンドを選んでいる方も多いのではないでしょうか。

 

 

そんな皆様に、今回はガソリン代をお得にする自動車系クレジットカードについてお伝えしたいと思います。

 

 

自動車系クレジットカードの特徴は?

411078

 

自動車系クレジットカードとは、車のドライバーを主なターゲットとしたクレジットカードの総称です。自動車系クレジットカードの特徴としては、やはり車に関してお得になるサービスが充実していることがあげられます。例えば、ガソリン代が安くなる、ロードサービスが充実している、高速料金のキャッシュバックを受けられるといった特典が用意されています。

 

 

自動車系クレジットカードには、自動車メーカーのクレジットカードや、石油系クレジットカード(ENEOSカードSや出光カード等)といったように、様々な業種がクレジットカードを発行しています。

ガソリンが安くなるクレジットカードって?

ガソリン代を少しでも安くしたいと思っている方おすすめなのが、自動車系クレジットカードです。自動車系クレジットカードといっても、自動車メーカーのクレジットカード(マツダエムズプラスカードやTOYOTA TS VIEW CARD等)や石油系クレジットカード(ENEOSカードSや出光カード等)といったように様々な種類がありますが、今回は自動車系クレジットカードの中でも、ガソリン代がお得になる石油系クレジットカードをご紹介します。

 

 

石油系クレジットカードは、ガソリン系クレジットカードともよばれており、石油系企業(ENEOSや出光石油等)が発行しているクレジットカードで、ガソリン代の割引を受けることができます。

 

 

よく、ガソリンスタンドの店頭で、もっともガソリン代が安い欄に書かれているカードがこれにあたります。

還元率以外でみる自動車クレカ3つのメリット

石油系クレジットカードには、還元率以外にも考慮するべきポイントが3点あります。1点目はロードサービスが付帯しているということ、2点目はガソリンスタンドの店舗数が十分にあるかということ、3点目は提携ポイントが付帯しているかということです。これらのポイントのしっかり確認することで、石油系クレジットカードは、還元率以上のメリットが含まれることになります。

ロードサービス

385301

 

石油系クレジットカードの種類によって、付帯するロードサービスに違いがあります。例えば、「ENEOSカード」の場合、無料で24時間対応のロードサービスが付帯します。その内容は、路上修理(30分以内)が無料であったり、レッカー車による移動が10kmまで無料であったりと、付帯しているサービスとしては十分なサービスではないでしょうか。

 

 

また、「出光カード」の場合は、年間750円(税抜き)の有料ロードサービスとなります。サービスの内容は「ENEOSカード」と同様に、路上修理(30分以内)、レッカー車による移動が10kmまでとなっています。

 

 

この2枚を見ただけでも、付帯するロードサービスに違いがあることがよくわかると思います。充実したロードサービスが付帯しているカードを選べば、JAFを解約できるというメリットも生じることができます。

店舗数

eneos

 

石油系クレジットカードの目的は、ガソリンを安く入れることであることは、すでにご承知の通りです。そのため、ガソリンを安く入れるための石油系クレジットカードを、自分があまり利用しない石油会社のカードで作ってしまうのは、非常にもったいないといえるでしょう。

 

 

では、自分が頻繁に使っているからと、店舗数の少ない石油系クレジットカードを作ってしまうと、いざ、外出先でガソリンをいれようと思っても、他の石油会社のガソリンスタンドしかないということになりかねません。

 

 

そのため、比較的店舗数が多く、よく利用する石油会社のクレジットカードが安心といえます。店舗数の多い石油会社ですと、普段使いでも旅行先でも時間を無駄にすることなく割引を受けることができるため、非常にお得です。

提携ポイント

kyotsupoint

 

石油系クレジットカードを選ぶ際には、提携しているポイントプログラムも見逃せません。ガソリンを安く入れ、なおかつ、貯まったポイントを有効活用できれば、ガソリンの表示価格以上の割引を受けていることになります。例えば、「ENEOSカードS」の場合は、貯めたポイントをTポイントに交換することができます。今やTポイントは様々な店舗で利用できますので、非常に使い勝手のいいポイントとなっています。

 

 

また、「出光カード」の場合は、楽天スーパーポイントに交換できますので、楽天市場で頻繁にお買い物をされる方は、こちらも使い勝手のいいポイントとなるでしょう。

ガソリンが安くなるおすすめクレジットカード

ENEOSカード

20100618_01_02_0794529

 

ENEOSカードSの年会費は、1,250円となっていますが、初年度は無料で2年目以降も、1度でもカードを利用すれば年会費は無料となります。また、ETCカード、QUICPayを無料で付帯することができます(一体型カードとしての発行も可)。

 

 

ENEOSカードSは、ガソリン代が1リットル当たり2円引き(灯油は1リットル当たり1円引き)となります。また、ENEOSカードSは、Tポイントと提携していますので、貯めたポイントをTポイントに交換することで、ガソリン代の値引き額以上の割引を受けることができます。

 

 

さらに、ロードサービスは無料で24時間、路上修理(30分以内)、レッカー車による移動が10kmまで対応可能なサービスが付帯します。

 

 

ENEOSカードの詳細・公式サイトはこちら

出光カード・まいどプラス

img_idemitsu_maido_plus_amex

 

出光カード・まいどプラスの年会費は、永年無料となっています。また、国際ブランドとして、AMERICAN EXPRESS、JCB、Visa、MasterCardの4種類の中から選択することができます。さらに、無料でETCカードを付帯することができます。

 

 

出光カード・まいどプラスは、ガソリン代が1リットル当たり2円引き(灯油は1リットル当たり1円引き)となります。また、年会費500円(税抜き)の「ねびきプラスサービス」に申し込むことで、1リットル当たり最大8円までの値引きが可能です。

 

 

出光カード・まいどプラスは、ANAやJALのマイル、楽天スーパーポイントと提携していますので、貯めたポイントも比較的使いやすくなっています。

 

 

ロードサービスは、年会費750円(税抜き)で路上修理(30分以内)、レッカー車による移動が10kmまで対応可能なサービスが付帯させることができます。

シェルPonta

200242997

 

シェルPontaの年会費は、1,250円となっていますが、初年度は無料で2年目以降も、1度でもカードを利用すれば年会費は無料となります。さらに、年会費無料のETCカードを付帯することができますが、新規発行手数料として1,000円(税抜き)が発生します。

 

 

シェルPontaは、ガソリン代は直接値引きがされません。しかし、ガソリン代が1リットル当たり通常1ポイントが、2ポイントになりますので、実質1リットル当たり1円引きといえるでしょう。シェルPontaは、ガソリン代の値引きよりもポイントの貯めやすさに重点を置いたカードとなっています。

 

 

シェルPontaは、その名のとおり、Pontaポイントがそのまま貯まります。そのため、ポイントを交換する必要がありません。PontaポイントもTポイント同様、使える店舗が多いため、貯めたポイントは非常に使いやすくなっています。

 

 

注意点としては、シェルPontaには、ロードサービスが付帯していないというところでしょう。

 

 

シェルPontaカードの詳細・公式サイトはこちら

コスモ・ザ・カード・オーパス

card-079

 

コスモ・ザ・カード・オーパスの年会費は、永年無料となっています。さらに、無料でETCカードを付帯することができます。また、電子マネー「WAON」も付帯しています。

 

 

コスモ・ザ・カード・オーパスは、請求時のガソリン代値引きはありません。会員価格でガソリンが入れられるサービスとなっています(他のカードの場合、店頭で会員特別価格が表示されていた場合、その価格から請求時にさらに値引き)。そのため、ガソリンスタンドによって、会員価格がことなり、一概にお得とは言えませんが、きっちり下調べを行えば、5円引きのガソリンスタンドも存在しますので、お得な場合もあります。

 

 

コスモ・ザ・カード・オーパスは、コスモ石油とイオンクレジットが共同開発したカードであるため、イオンカードのポイントである「ときめきポイント」が貯まります。「ときめきポイント」はイオンの商品券やWAONに交換できるため、使い勝手は悪くありません。  

 

 

こちらも、ロードサービスが付帯していないというところに注意しなければなりません。

 

 

コスモ・ザ・カード・オーパスの詳細・公式サイトはこちら

まとめ

ガソリン代を安くし、ロードサービスや提携ポイントで得をする自動車系(石油系)クレジットカードを複数ご紹介しました。いずれのカードも、一長一短あり、普段利用しているガソリンスタンドが特に決まっていない方には、なかなか選択が難しいのではないかと思います。

 

 

例えば、ロードサービスの充実している「ENEOSカードS」に惹かれるが、普段Pontaを使っているので、Pontaのたまりやすいシェルpontaも魅力的だ、と思われる方もいらっしゃるかと思います。

 

 

そこで、「還元率以外でみる自動車クレカ3つのメリット」を思い出してみましょう。まず1つめがロードサービスの有無でした。これは、間違いなく「ENEOSカードS」がもっとも有利です。出光カード・まいどプラスもロードサービスは付帯できますが、年会費750円(税抜き)が必要ですので、ロードサービスが無料の「ENEOSカードS」に軍配が上がるでしょう。

 

 

次に店舗数です。ENEOSは約11,000店、出光は約5,000店、昭和シェルも約5,000店、コスモ石油は約4,500店と、これもENEOSが最も有利です。

 

 

最後に提携ポイントです。ENEOSカードSはTポイント、出光カード・まいどプラスは楽天スーパーポイント、ANA・JALのマイル、シェルPontaはPonta、コスモ・ザ・カード・オーパスはWAONと、こちらは利用される方にニーズによって優劣が決まるため、一概にどれが優れているとは言えません。貯めやすさから見た場合は、シェルPontaが最も有利となるでしょう。

 

 

以上のことから、ENEOSが普段利用できる距離にあるのであれば、「ENEOSカードS」が最もおすすめできるカードとなっています。

 

 

Pocket