JAL-ANA-LGBT
Pocket

 

今回は、航空会社の「マイル」について、お話していきたいと思います。

 

 

「最近飛行機を使うことが多くなってきたな…」という方、マイルはしっかり貯めていますでしょうか?中には「マイルって良く解らない…」という方もいらっしゃるかもしれませんね。もしくは、「もっと効率よくマイルを貯めていきたい!」という方も多くいらっしゃることでしょう。

 

 

マイルを貯めていくことの一番のメリットは、貯めたマイルで「無料で飛行機に乗れる」ということです。搭乗距離にもよりますが、年間で数回国際線(海外へのフライト)を利用されている方は、年に1回は国際線(国内でのフライト)を無料で搭乗できるくらいのマイルは貯まるでしょう。航空会社を利用する毎に自然とマイルは貯まっていき、そのマイルで無料でフライトを利用できる──飛行機を使っての出張や旅行が多いという方には、マイルを利用しない手はありません。

 

 

そしてマイルを効果的に貯めていくには、マイルの基本とマイルが貯まる仕組みを、きちんと理解しておく必要があります。

 

 

今更聞けないマイルの基本と、JALマイル・ANAマイルについて

20160711215716

 

「マイルとは何か」──簡単に言うと、航空各社が顧客の囲い込みのために行っているサービスで、飛行機に乗るたびにマイルが貯まり、一定のマイルが貯まったら特典と交換できるサービスです。

 

 

航空会社からしてみれば、たくさん飛行機に乗ってくれるお客さんはとても大切な収入源でもあります。そして、複数の航空会社から自分たちの航空会社を利用し続けてもらうために、貯めたマイルで無料の航空券をプレゼントしたり、エコノミークラスからビジネスクラスやファーストクラスにアップグレードしたりといった特典を提供している、ということですね。

 

 

マイルサービスは世界各国の航空会社で実施されていますが、日本国内で有名かつ人気なマイルとしては、日本航空が提供しているJALマイルと、全日空提供が提供しているANAマイルの2種類が挙げられます。

 

 

前述のとおり、マイルは各航空会社の「顧客囲い込み」という意図がありますので、複数の航空会社のマイルを同時進行で貯め続けるのは「貯まりにくさ」の観点からあまりお奨めできません。となると、JALマイル、ANAマイルのどちらを利用するのが良いか、という選択の問題が出てくるでしょう。

 

 

普段から利用している航空会社がある、という場合はそれに合わせて選択されるのが良いですが、特に航空会社にこだわりなくフライトを利用していた、という方は、まずはJALマイル、ANAマイルそれぞれの特徴を把握しておきましょう。

JALマイルの概要・特徴

jal-mileage-bank-91010

 

JALマイルは、正式名称JAL Mileage Bank(JALマイレージバンク)といい、日本航空が提供しているマイルサービスです。

 

 

JALは、国内の地方空港への路線が多いということが一番の特徴です。主要観光地だけではなく、宮古島や石垣島といった沖縄の離島など、日本全国を隅々まで旅したい…!──という方にはお勧めの航空会社と言えるでしょう。

 

 

また、JALは世界第3位の規模を有する「ワンワールド」という航空連合に加入しており、その為国際線のネットワークもかなり強化されており、海外のフライト利用の際にも利便性の高い航空会社です。

 

 

JALマイルは、以下によって貯めていくことができます。

 

#1 飛行機の利用でJALマイルを貯める

JALの提供している航空便に乗ると、飛行距離に応じてマイルが貯まります(フライトマイル)。貯まるマイルは、航空券の種類や搭乗クラスによって異なります。

 

#2 クレジットカードのポイント移行でJALマイルを貯める

JALマイルは、提携パートナーのクレジット発行・運用会社のカード(通称「JALカード」)に貯まったポイントなどをJALのマイルに移行することができます。JALカードの場合、とにかくポイントを貯めたらすぐマイルとして使えるのが特徴です。ANAカードの場合、貯めたポイントをマイルに変換するという手間がかかるのですが、JALカードの場合はその手間がかかりません。

 

#3 WAONの利用でJALマイルを貯める

JALマイルは、電子マネー・WAON利用で200円ごとに1マイルを貯めていくことができます。

 

#4 マイルパートナーの利用でJALマイルを貯める

JALマイルは、JALが提携するレストラン、ホテル、カラオケなどを利用した際、カードを提示すると、100円につき2マイルを貯めることができます。

 

#5 eマイルパートナーの利用でJALマイルを貯める

JALマイルは、ユニクロ、ベルメゾンネット、イオンショップなど提携先企業でのインターネットや携帯電話からのショッピング、無料の会員登録や資料請求を行うことにより貯めることができます。提携先は400店舗以上もあります。

 

色々挙げましたが、なんといっても一番貯まりやすいのは#1の「飛行機の利用」です。普段からJALでのフライトを利用されている、という方は、JALマイル一択で検討されて問題ないでしょう。

 

 

また、WAONを利用されている方にもお勧めのマイルプログラムです。また、#2における「クレジットカードのポイント移行」では、ポイントを貯めたらすぐマイルとして使える点も、JALマイルのメリットの一つと言えるでしょう(ANAマイルの場合は、貯まったポイントをいったんマイルに移行するというアクションが必要になります)。

 

 

注意点としては、JALマイルの有効期限は3年となっています(ANAマイルも同様です)ので、せっかく貯めたマイルが失効とならないように、貯めたマイルの有効期限は常に意識しておくことをお勧めします。

ANAマイルの概要・特徴

logo_ana

 

続いてのANAマイルは、正式名称ANA Mileage Club(ANAマイレージクラブ)といい、全日空が提供しているマイルサービスです。過去、一度も墜落事故を起こしていないということもあり、安全性の高さでは国内一の航空会社と言えるでしょう。

 

 

また、ANAは「スターアライアンス」という、世界最大規模の航空連合に加入しており、世界中の航路のネットワークで言うと、間違いなく国内No1です。様々な国を飛び回ることが多いという方は、ANAはとってもお勧めな航空会社です。

 

 

ANAマイルは、以下によって貯めていくことができます。

 

#1 飛行機の利用でANAマイルを貯める

ANAの提供している航空便に乗ると、飛行距離に応じてマイルが貯まります(フライトマイル)。貯まるマイルは、航空券の種類や搭乗クラスによって異なります。

 

#2 クレジットカードのポイント移行でANAマイルを貯める

ANAマイルは、提携パートナーのクレジット発行・運用会社のカード(通称「ANAカード」)に貯まったポイントなどをANAのマイルに移行することができます。ANAカードの特徴としてまず挙げられるのが、JALカードと違って、ポイントをマイルとして受け取るのではなく、それぞれのカードで貯めたポイントをマイルに移行する仕組みになっています。

 

◇ANAカードのポイント-マイル移行の仕組み

・一般会員の場合:以下のA~Bのどちらからを選択

 A)1ポイントが5マイルになるコース(ポイント移行手数料無料)

 B)1ポイントが10マイルになるコース(移行手数料6000円(税別)

 

・ゴールド会員の場合

1ポイントが10マイルになるコース(ポイント移行手数料無料)

 

#3 Edyの利用でANAマイルを貯める

ANAマイルは、電子マネー・Edy利用で200円ごとに1マイルを貯めていくことができます。ANAのマイルプラス対象店で利用すると更に2倍のマイルが貯まります。

 

#4 マイルプラス加盟店での利用の際にANAマイルを貯める

マツモトキヨシ、セブンイレブン、高島屋、大丸、ニッポンレンタカー、などANAのマイルプラス加盟店でANAカードを利用すると、ANAが提携するレストラン、バーなどを利用した際、ANAポイントカードを提示すると、通常の2~3倍の効率でマイルを貯めることができます。

 

その他、楽天やYahoo!ショッピングも対象可能なANAマイレージモールを経由し、ショッピングや会員登録をすることによってもお得にマイルが貯まっていきます。

 

ANAカードも、基本は#1の「飛行機の利用」で貯めていくのが理想ですが、#2~#4で挙げられるように、ANAカードを利用してのマイル獲得もとても貯まりやすく、その為、「陸マイラー」と言って、飛行機を利用せずともANAマイルを貯めていける人が多く居るくらいです。また、普段からEdyを利用されている方にもお勧めのマイルプログラムです。

 

 

注意点としては、ANAマイルもJALマイル同様に有効期限は3年となっているというところと、ANAカードでのマイル利用の場合は、マイルの有効期限のほか、ポイントの有効期限も別にありますので、マイル・ポイントそれぞれの有効期限に気を配っておく必要があります。

JALマイルとANAマイル、どちらが貯めやすい?

さて、JALマイルとANAマイルのそれぞれの特徴を述べましたが、実際にマイルが貯まりやすいのはどちらでしょうか。

 

 

マイルを貯めていく際の主な方法となる「飛行機を利用して貯める」、「クレジットカードを利用して貯める」、「電子マネーを利用して貯める」、「その他提携サービスを利用して貯める」の4つの観点から見てみましょう。

飛行機を利用してマイルを貯める

jal-ana-599x300

 

 

JALマイルとANAマイルとでは、同じ区間内においてはそれぞれ貯まるマイル数はほぼ一緒です。国内線・国際線それぞれ例を以って見てみましょう。

 

JALマイルの場合(東京発着の場合)
■ 国内線
大阪 普通運賃の場合 280マイル 割引運賃の場合 210マイル ツアーの場合 140マイル
札幌 普通運賃の場合 510マイル 割引運賃の場合 383マイル ツアーの場合 255マイル
■ 国際線
バンコク 普通運賃の場合 2,869マイル 割引運賃の場合 2,008マイル ツアーの場合 1,435マイル
パリ 普通運賃の場合 6,194マイル 割引運賃の場合 4,335マイル ツアーの場合 3,097マイル
■JALカード利用時の特典
フライトでボーナスマイル (普通カードは区間マイル+10%、CLUB-Aは区間マイル+25%)
毎年初回搭乗時にボーナス (普通カードは1,000マイル、CLUB-Aは5,000マイル)

 

ANAマイルの場合(東京発着の場合)
■ 国内線
大阪 普通運賃の場合 280マイル 割引運賃の場合 210マイル ツアーの場合   140マイル
札幌 普通運賃の場合 510マイル 割引運賃の場合 382マイル ツアーの場合    255マイル
■ 国際線
バンコク 普通運賃の場合 2,869マイル 割引運賃の場合 2,008マイル ツアーの場合   1,435マイル
パリ 普通運賃の場合 6,194マイル 割引運賃の場合 4,335マイル ツアーの場合   3,097マイル
■ ANAカード利用時の特典
フライトでボーナスマイル (一般カードは区間マイル+10%、ワイドは区間マイル+25%)
入会時や毎年継続でボーナス (一般カードは1,000マイル、ワイドは5,000マイル)

 

上記の表から、飛行機を利用してのマイル蓄積の場合は、JALマイル、ANAマイル共に同じように貯まっていく、ということが 確認できます。それぞれ提携するクレジットカード(JALカード、ANAカード)利用時にボーナスが付きますが、その内容とボリュームもほぼ同程度です。

 

 

ですが、ANAカードは「毎年継続でのボーナスマイル」と言ってカードを保有しているだけで継続ボーナスマイルがもらえる(ANA JCB ZEROを除く)のに対して、JALカードの場合は、「毎年初回搭乗時にボーナス」ということで、年に一回でもお金を払って搭乗しないとボーナスは得られません。飛行機をあまり利用しない方にとっては、JALのボーナス条件はやや不利と言えるでしょう。

クレジットカードを使ってマイルを貯める

cf_r_visa1

 

 

JALマイルもANAマイルも、それぞれの航空会社が提携するクレジット会社とで発行される、マイル専用のクレジットカードがあり、共に「JALカード」、「ANAカード」と呼ばれています。どちらのカードも、クレジットカード利用時にマイル・ポイントを貯めていくことができます。

 

JALカードを使ってマイルを貯める場合

カード利用によるマイル還元率

100円=1マイル ※条件:ショッピングマイル・プレミアム(3240円/年)入会

 

ショッピングボーナス

JAL特約店で、100円につき2マイルを貯めることができる。

対象ショップ例:イオン・ディノスオンラインショップ・エネオス・ファミマ・ロイヤルホスト・紀伊国屋・トヨタレンタカーなど

 

インターネットショッピング

JMBモール(Amazonのサービスを利用可能)にて、200円につき1~3マイル貯めることができる。

 

電子マネー利用時のボーナス

WAON利用時、チャージした際と利用した際の二重取りでのマイル獲得が可能

 

ANAカードを使ってマイルを貯める場合

カード利用によるマイル還元率

100円=1マイル ※条件:マイル移行プログラムへの参加(参加費はカードによる)

 

ショッピングボーナス

ANAカードマイルプラスにて、100円につき1.5~2マイルを貯めることができる。

対象ショップ例:マツモトキヨシ、セブンイレブン、高島屋、大丸、ニッポンレンタカー、など

 

インターネットショッピング

ANAマイレージモール(楽天やYahoo!ショッピングのサービスを利用可能)にて、200円につき1~4マイル貯める ことができる。

 

電子マネー利用時のボーナス

Edy利用時、チャージした際と利用した際の二重取りでのマイル獲得が可能

 

各カードのサービス形態としては、JALカード、ANAカード共にほぼ同様…といったところですが、ショッピングでの提携店の数で言うと、ANAのほうがやや多いようです。

 

また、電子マネーやオンラインショッピングでの活用という点では、普段利用されている電子マネーやECサイトに合わせて、JAL/ANAの選定をしていくと良いでしょう。

その他提携レストラン、提携ホテルを利用して貯める

続いては、提携するレストラン・ホテルを利用してマイルを貯める場合についてみていきましょう。

 

提携するレストラン、ホテルを利用してJALマイルを貯める場合

■ 提携するレストランを利用した際のマイル獲得数

200円につき1~2マイル

参考:「JAL レストランマイル

 

■ 提携するホテルを利用した際の1回あたりマイル獲得数

200~500マイル

参考:「JAL ホテルマイルのルールと積算方法

 

提携するレストラン、ホテルを利用してANAマイルを貯める場合

■ 提携するレストランを利用した際のマイル獲得数

200円につき1~2マイル

参考:ANA 提携レストランのご利用で貯まる「グルメマイル

 

■ 提携するホテルを利用した際の1回あたりマイル獲得数

200~500マイル

参考:「ANA 提携ホテル

提携ホテル、提携レストランのレパートリーは、JAL、ANA共に全国数多く存在しています。若干ANAのほうが数の面で有利…というところはありそうですが、このあたりはどちらを選んでも遜色はないでしょう。普段よく使うホテルやレストランがある場合は、それらがどちらと提携しているかで選定されても良いかもしれません。

JALマイルとANAマイル、どちらが使いやすい?

be21a144ba7c51128deab0e3e276bd8d_s

 

貯まったマイルについては、航空券と交換する、ビジネスクラスやファーストクラスと言った座席のアップグレードをする、電子マネーに交換する、などといった使い道があります。その中でも一番多くの人が利用される、「航空券との交換」について、JALマイルとANAマイルの差を比較してみましょう。

マイルを特典航空券と交換する場合

貯まったマイルを特典交換券と交換する場合、JAL、ANAそれぞれ以下のマイル数が必要となります。

 

■ 日本国内

  ・短距離(~600マイル)の場合

   >JAL 12,000マイル (閑散期は10,000マイル)

   >ANA 12,000マイル (閑散期は10,000マイル、繁忙期は15,000マイル)

  ・中距離(601~1600マイル)の場合

   >JAL 15,000マイル (閑散期は12,000マイル)

   >ANA 15,000マイル (閑散期は12,000マイル、繁忙期は18,000マイル)

 ・長距離(1601~2000マイル)の場合

   >JAL 20,000マイル

   >ANA 18,000マイル (閑散期は14,000マイル、繁忙期は21,000マイル)

 ・超長距離(2001~4000マイル)の場合

   >JAL 20,000マイル

   >ANA 20,000マイル (閑散期は17,000マイル、繁忙期は23,000マイル)

 

 ■ 日本─海外

  ・日本-韓国の場合

   >JAL 15,000マイル (閑散期は12,000マイル)

   >ANA 15,000マイル (閑散期は12,000マイル、繁忙期は18,000マイル)

  ・日本-グアムの場合

   >JAL 20,000マイル (閑散期は15,000マイル)

   >ANA 22,000マイル

 ・日本-タイの場合

   >JAL 35,000マイル (閑散期は30,000マイル)

   >ANA 35,000マイル (閑散期は30,000マイル、繁忙期は40,000マイル)

 ・日本-ハワイの場合

   >JAL 40,000マイル (閑散期は30,000マイル)

   >ANA 40,000マイル (閑散期は35,000マイル、繁忙期は45,000マイル)

 

JALとANAでの必要マイル数比較をしたときに、以下の違いが確認できるでしょう。

 

・必要マイル数はJALのほうが割安(その分お得)

・ANAでは繁忙期に必要マイル数が高くなる

・日本国内では、長距離、超長距離範囲に関してはANAのほうが割安(ただし繁忙期は除く)

 

「貯めたマイルの航空券への使いやすさ」という点では、JALマイルの方がやや優勢と言えそうです。

JALやANAのマイルを貯めるためのおすすめのクレジットカード

さて、ここまででJALマイル、ANAマイルそれぞれ貯めやすさ、使いやすさの観点から紹介してきましたが、如何でしたでしょうか。ここからは、実際にマイルを貯めるときに絶対に持っておきたいお勧めのカード「JALカード」、「ANAカード」をご紹介します。

JALマイルが貯めやすいおすすめクレジットカード「JALカード」

初めにご紹介しますのは、「航空券交換への使い勝手の良いJALマイルを効果的に貯めていきたい」という方向けの、「JALカード」です。

 

cf_r_visa1

 

年会費:    初年度   無料 2年目以降    2,160円

マイル還元率:    0.500%~2.000% (JALマイル)

 

JALカードの公式サイトはこちら

 

JALカードは、通常200円利用につき1マイル(特約店利用の場合は200円につき2マイル)たまるところ、年会費:3,240円の「JALカードショッピングマイル・プレミアム」に入会すると、100円につき1マイル(特約店利用の場合は100円につき2マイル)のマイルがたまります。更に、ポイント付与条件は切り捨てではなく四捨五入となるのも嬉しいところです。

 

 

更には、すでに説明済みの内容でもありますが、

 

・ 入会後初めて搭乗時に1,000マイルのボーナス

・ 毎年初回搭乗ボーナスの1,000マイル

・ 搭乗のたび区間マイルの10%プラス

・ WOWONをチャージするだけでもマイルがたまる

 

といった特典が付いているところも人気のポイントです。 その他、ご利用されている方からは、JAL会員専用の予約ダイヤルが使えるのも「特別感があって良い」といった評価が多いようです。

 

ANAマイルが貯めやすいおすすめクレジットカード「ANA Visa Suicaカード」

続いては、ANAマイルを貯めていくうえでお得なカード、 「ANA Visa Suicaカード」です。その名のとおり、「クレジット機能(VISA)」・「ANAマイレージサービス」・「Suica機能」の3つの機能が1枚になったカードです。

 

01_px250

 

年会費:    初年度  2,160円 2年目以降    2,160円

マイル還元率:    0.500%~1.500% (ANAマイル)

 

ANA Visa Suicaカードの公式サイトはこちら

 

飛行機から、電車、ショッピングまで、これ1枚で全部OK!──といったところが人気の一番の理由でしょう。10,000マイルを10,000円分のSuicaに直接交換することも可能です。

 

更に、月額合計に対して1000円利用につき1ポイント毎ポイントが付与されます(切り捨ては最大999円)。ポイント有効期限が2年となっておりますので、ポイント有効期限ギリギリでマイルに移せば、マイル有効期限は最大5年にもなります。

 

 

また、入会と年毎の継続時にそれぞれ1,000マイル貯まり、搭乗ごとに区間基本マイレージの+10%がボーナスで付くところも大きなメリットの一つです。また、Edyチャージ時に200円につき1マイル、Edyでの支払い時に同様に200円につき1マイルとダブルで貯まりますので、非常にマイルの貯まりやすいカードです。

 

マイルを貯めていけるお勧めのクレジットカード 「MileagePlus(マイレージプラス)セゾンカード」

最後にご紹介しますのは、ユナイテッド航空のマイレージが貯まる「MileagePlus(マイレージプラス)セゾンカード」。こちらはユナイテッド航空のマイルが無期限で交換ができるほか、提携会社であるANAの国内便との交換が可能です。

 

ユナイテッド航空のマイレージでANAの国内便を利用する場合は、ANAマイレージよりも割安で交換ができる為、ANAの国内便を多用される方はこのカードでマイルを貯めるのが効果的です。

 

4285801-UAマイレージ一般AMEX_表

 

 

年会費:    初年度  1,620円 2年目以降  1,620円

マイル還元率:    0.500%~2.000%

(ユナイテッド航空マイル ※ANA国内便の利用も可能)

 

MileagePlusセゾンカードの公式サイトはこちら

 

MileagePlus(マイレージプラス)セゾンカードは、毎日の買い物でのカード利用1,000円ごとに、5マイルのユナイテッド航空のマイルが貯まります。更にはコスモ石油での給油では1,000円につき20マイルも貯まります。更には、追加年会費5,400円(税込)で加入できる「マイルアップメンバーズ」になると、カード利用1,000円ごとに10マイル加算の合計15マイルを付与。貯まったマイルは、フライトへの利用はもちろん、提携ホテル特典やレンタカーなどのレジャー特典など、さまざまな方法で利用できます。

 

 

また、他のセゾンカード同様、毎月5日と20日は、西友・リヴィンでカードを利用すると食料品から衣料品まで5%OFFになるなどの、セゾンカード会員限定のサービスも利用可能です。

 

まとめ ANAマイルとJALマイル、どちらを貯めていくか迷った時は

ここまでお読みいただきありがとうございます。飛行機を年に何回も使う方は、マイレージサービスを使わない手はないくらいお得ということはご理解いただけたのではないかと思います。

 

また、 JALマイルもANAマイルどちらも、クレジットカードである「JALカード」、「ANAカード」を利用することによって更にお得にマイルを貯めていくことができます。

 

 

この記事をお読みになられて、新しくマイルを導入されようとしている方は、ALマイルとANAマイルの、どちらをお選びになりますでしょうか。「どちらもメリットがあって、なかなか決められない…」という方は併せて以下もご参考ください。

 

 

「JALマイル」はこんな方におすすめ

普段からJALを利用されている方
国内便で様々な航路を利用することが多い方
WAONカードを良く利用している方
マイルは主にフライトで貯めていける かつ、なるべく効率的にマイルを使いたいという方

 

「ANAマイル」はこんな方におすすめ

普段からANAを利用されているという方
国内線、国際線共に様々な航路を利用することが多いという方
Edyカードを良く利用しているという方
提携店などを利用して、フライト以外でもマイルを貯めていける見込みがあるという方

 

マイルを利用される方は年々増え続けています。利用者が増えているということは、それだけそのサービスが便利だから、ということです。マイルの利用を検討されていた方は是非、これを機に実行に移されてはいかがでしょうか。

 

 

JALカードの公式サイトはこちら

 

ANA Visa Suicaカードの公式サイトはこちら

 

MileagePlusセゾンカードの公式サイトはこちら

 

Pocket