34ee1ece55241e592617255b21b2dfdf_s
Pocket

 

今回は、知り合いに伝えたくなる「2016年おすすめのクレジットカード」のご紹介をしていきたいと思います。

 

 

もはや還元率1%以上は当たり前になり、それ以外にも様々な提携先とのタイアップによるプラスαの付帯サービスや保障制度が付くなど、クレジットカードの特典やサービスはどんどん充実してきています。また、クレジットカードの入会キャンペーンを紹介するテレビCMやWeb広告も、以前と比べて大分多くなってきました。

 

 

ですがその反面、そういった溢れかえる情報と各カード会社の様々なクレジットカードのラインナップの中で、「本当に自分に合ったクレジットカード」を選ぶこともまた難しくなってきていることも事実です。

 

 

そこで今回は 「2016年の今この時において、特におすすめしたいクレジットカード」 という視点で、5つのクレジットカードをピックアップしてみました。新しいクレジットカードの入会や切り替えをご検討されていた方は、是非ご参考ください!

 

クレジットカードのおすすめキャンペーン情報が一覧で確認したい方はこちら

 

目 次

ポイント還元率の高さでおすすめのクレジットカード 【DCカードJizile(ジザイル)】

 「特におすすめしたいクレジットカード」で、初めにご紹介しますのは、三菱UFJニコスの発行する、DCカードJizileです。

 

ジザイルカードのスペック・メリット・デメリットなど詳細情報はこちら

 DCカードJizileの概要

cardface_002

 

 DCカード Jizile(ジザイル ※以下ジザイルカードと記します)は年会費無料で、かつ年会費無料のクレジットカードの中ではNO.1の還元率(通常1.5%)を誇ります。貯めたポイントはJAL/ANAマイルに還元率0.75%で交換可能ということもあり、「ポイントを賢く貯めて使いたい」という方には、とてもおススメのクレジットカードです。

 

DCカード Jizile(ジザイル)

 

年会費:初年度   無料 2年目以降    無料

 

ジザイルカードの公式サイトを見てみる

DCカードJizileの高還元率の仕組み

ジザイルカードはご利用金額1000円につき3ポイント貯まります。1ポイントあたりの価値が5円相当なので、還元率は1.5%となり、年会費無料のクレジットカードの中ではもっとも還元率です。

 

 

ジザイルカードで貯めたポイントは、「nanacoポイント」「楽天スーパーポイント」「Tポイント」、「ビックポイント(ビックカメラ)」といった、普段の生活でも利用しやすい、電子マネーや共通ポイントや金券などに交換することができます。還元率も1ポイント5円相当となっているので、高還元率で現金同様の商品と交換できるのが魅力です。

 

ジザイルカードで貯めたポイントを還元率1.5%で移行できる先リスト
nanacoポイント 楽天スーパーポイント リクルートポイント(Pontaに交換可)
Tポイント Suicaポイント ドコモポイント(dポイント)
au WALLETポイント 三菱UFJニコスVisaプリカe-さいふ ノジマ
ビックポイント(ビックカメラ) ヨドバシカメラ ベルメゾン・ポイント

 

ポイントの有効期限は毎年4月~翌年3月お引落分のポイントが200ポイント(利用額7万円相当)に到達すると、翌年に自動繰り越しとなり最長3年度有効になります。よって、1年間で約7万円利用すればポイントの有効期限が延びるので、ほぼ半永久的にポイントを持ち続けることができます。ご利用が200ポイント(利用額7万円)以下の方はポイントを失効させる前に電子マネーやJALマイルなどに交換するのを忘れないよう、ご注意ください。

 

※ 新規ご入会初年度の獲得ポイントは、ポイント数にかかわらず、最長3年度有効となります。

※ 退会の場合は、有効期限にかかわらず退会時点で失効します。

DCカードJizileは「リボ払い専用カード」

ジザイルカードは、ご利用の金額や件数に関わらず毎月ほぼ一定額をお支払いいただく、「リボ払い」専用カードとなっています。毎月の支払い額のコースは5,000円、10,000円、20,000円、30,000円、40,000円、50,000円の中から支払い額の設定が可能です。入会時は毎月の支払い額は5,000円に設定されていますが、DC Webサービスや電話で変更手続きができます。

 

 

ちなみに、月のカード利用金額が設定した金額以上になると、超えた分の金額に対して「リボ払い手数料」(実質年利15%)が発生しますので注意が必要です。

 

 

ただし、設定した金額以内の利用ならリボ払い手数料は一切かかりませんので、毎月それなりにクレジットカードを利用する方は入会時の支払いコースの金額(5,000円)を50,000円に変更することを忘れないようにしておくと良いでしょう。

 

 

※ジザイルカードはリボ払い専用と記載してきましたが、カード到着後、カスタマーセンターに「一括払い希望」と伝えるだけで、通常のクレジットカードとして利用することができます。よって、電話1本入れるだけで年会費無料で還元率1.5%でポイントを貯めることができる最強のクレジットカードになるのです!

DCカードJizileはマイル還元もお得!JALマイル/ANAマイルを0.75%で貯められる

また、ジザイルカードで貯めたポイントはマイルにも交換できることもメリットの一つです。JALマイルやANAマイルを0.75%の還元率で貯められます。500ポイントで、JALマイル・デルタ航空スカイマイルでしたら1,250マイルに交換できます。移行手数料も無料です。

 

 

年会費無料のクレジットカードで0.75%のマイル還元率はかなり高還元率と言えるでしょう。通常JALカード、ANAカードの通常の還元率は0.5%、ともに初年度年会費無料ですが2年目以降の年会費は(JALカード2160円/ANAカード2160円)必要となるので、比較するとジザイルカードのマイル還元率がどれだけ高いかということもわかると思います。

DCカードJizileのメリットまとめ

年会費無料
高ポイント還元
高マイル還元
au WALLETへのチャージにも使える
海外旅行傷害保険が自動付帯(最高1,000万円)
最高100万円のショッピング保障

というメリットを持つクレジットカードです。

 

 

その他にも、POINT名人.comを経由してAmazon、楽天市場、Yahoo!などでジザイルカードで買い物をすると、基本ポイントに加えてPOINT名人.comの加算ポイントが付いて更にお得のような特典、サービスが付いています。

 

 

リボ払い専用カードということも、「一括払い希望」と伝えるだけで通常のクレジットカードとして利用できます。その特性をうまく使いこなすことによっては、非常に多岐にわたって利便性を高められる、お手頃のクレジットカードと言えるでしょう。

 

 

また、入会+利用で7000円分のギフトカードがもらえるお得なキャンペーンもおすすめです!

 

2. とにかくマイルが貯めやすく使いやすいクレジットカード 【MileagePlsセゾンカード】

続いてご紹介しますのは、クレディセゾンがユナイテッド航空と提携して発行している、MileagePlsセゾンカードです。

 

MileagePlsセゾンカードのスペック・メリット・デメリットなど詳細情報はこちら

MileagePlsセゾンカードの概要

o0800052213037103452

 

 MileagePlsセゾンカード

 

年会費:初年度   1,500円+税 2年目以降    1,500円+税

マイルアップメンバーズ年会費:5,000円+税

 

MileagePlsセゾンカード 公式サイトを見てみる

MileagePlusセゾンカードは、クレディセゾンとユナイテッド航空が提携したクレジットカードで、ユナイテッド航空(UA)のマイレージプラスのマイルが貯まるカードです。

 

 

一般カードでありながら、マイルアップメンバーズに加入した場合のマイル付与率は1.5%で、充実した海外旅行傷害保険も自動付帯していて、他のマイル付与が付くカードと比較して年会費もとても安い方なので、かなりコストパフォーマンスが高いクレジットカードと言えるでしょう。

 

 

その他、クレディセゾンが発行するカードということで、セゾンカードで用意されている以下サービスも使えます。

 

全国の西友・リヴィンで毎月5日・20日は5%オフ
イープラス(チケットの先行予約など)
ワールドホテルホットラインの優待(ホテル予約サービス)
海外用モバイルWifiレンタルサービスの優待
アメリカン・エキスプレス・セレクト(アメックスのみ)
アメリカン・エキスプレス・トラベル・サービス・オフィス(アメックスのみ)

MileagePlsセゾンカードのマイル付与の仕組み

MileagePlusセゾンカードは、カードを使ったタイミングで直接マイルが貯まるので、ポイント移行の手続きを一切することないというところが大きな魅力です。

 

 

マイル付与率については、MileagePlusセゾンカードは付与率が0.5%となっています。一見やや低い付与率ではありますが、追加年会費5,000円+税を払うことにより、マイルが1%追加される「マイルアップメンバーズ」が利用できます。つまり、当初の0.5%から1%が追加されるので、合計で1.5%のマイル付与率になるということです。ですので、マイルを多く貯めたい人は、マイルアップメンバーズに入った方が断然お得です。

 

※ マイルアップメンバーズには、年間30,000マイル(年間利用額300万に相当)の上限があるので注意してください。

 

また、コスモ石油でカードを利用すると、通常よりさらに0.5%マイルが多くもらえます。つまり、マイルアップメンバーズ利用時だと、マイル付与率は2%になります。

貯めたマイルがANAの特典航空券より低いマイル数で利用できる

マイレージプラスでは、2015年の6月より、飛行距離が800マイル以下の国内線の区間は片道につき5,000マイル、飛行距離が801マイル以上の区間については片道につき8,000マイルで特典航空券を利用できるようになりました。

 

 

例えば東京から出発の場合では、800マイルを超える区間は沖縄(那覇・石垣・宮古)のみとなり、ほとんどの区間は5,000マイルで特典航空券の利用が可能となります。この制度がどれだけお得かというのを、ANAの特典航空券のレートと比較してみてみましょう。

 

ANAで貯めたマイルを特典航空券に交換する場合のレート

 

ローシーズン 片道5000マイル 往復10000マイル
レギュラーシーズン 片道6000マイル 往復12000マイル
ハイシーズン 片道7500マイル 往復15000マイル

 

提携先のユナイテッド航空は通年で片道5,000マイルとなるため、沖縄路線を除くほとんどの国内線特典航空券は、マイレージプラスのマイルを使ってANAの特典航空券で予約を取るほうが断然お得になるのです。

充実の海外旅行傷害保険

MileagePlasセゾンカードは、海外旅行傷害保険もかなり充実しています。海外旅行傷害保険は、自動付帯で最高3,000万円で、しかも障害・疾病治療は300万も付きます。この金額は、一般カードではほぼ最強クラスの内容です。

 

 

ただし、国内旅行傷害保険、ショッピング保険はありません。

MileagePlusセゾンカードのメリットまとめ

MileagePlusセゾンカードのメリットをまとめてみましょう。

 

マイルが直接貯まる
セゾンカードの特典も受けられる
貯めたマイルがANAの特典航空券より低いマイルで利用できる
海外旅行傷害保険の充実度は最強クラス

セゾンカードのメリットも享受しつつ、マイルの貯めやすさではトップクラスのMileagePlusセゾンカードは、国内・海外での飛行機を使った出張や旅行の多い方にはうってつけのクレジットカードと言えるでしょう。

 

 

また、下記バナーより申込むと、VISAブランド限定で最大5000マイルプレゼントキャンペーンが適用されるので、気になる方はチェックしてみてください!

 

年会費無料でショッピングに強いクレジットカード 【楽天カード】

次のご紹介は、楽天カード株式会社の発行する、楽天カードです。楽天カードマンのCMでおなじみの知名度No.1のクレジットカードです。楽天市場をよく使う方にとっては「必須のカード」と言えるでしょう。

 

楽天カードのスペック・メリット・デメリットなど詳細情報はこちら

楽天カードの概要

rakuten_card_jcb_240

 

楽天カード

 

年会費:初年度   無料 2年目以降    無料

 

楽天カードの現在の入会特典をチェック!

楽天カードの特徴は、なんといっても「楽天スーパーポイント」のポイント還元率にあります。日本最大のショッピングモール楽天市場をはじめとする、楽天関係のサービスで使えば還元率は2%、一般の加盟店でも1%の還元率です。さらに楽天は定期的にポイント○倍セールなどをやっていますので、かなりの高還元率が期待できるクレジットカードです。

 

また、楽天が提携している店で楽天カードを利用した場合も、得られるポイントが最大3倍になります。よく使う店舗が入っているようでしたら、楽天カードを利用することを考えてみてはいかがでしょうか。

 

楽天が提携している店舗(一例)

ガソリンスタンドの「ENEOS」 紳士服のコナカ SUIT SELECT
メガネストアー ピジョンメガネ エースコンタクト
シティコンタクト エステティックTBC Men'sTBC
てもみん アリさんマークの引越社 アート引越センター
サカイ引越センター 大江戸温泉物語 漫画喫茶「自遊空間」

 

ポイントの付与のされ方は、1回ごとの決済に対してポイントが付与されるわけではなく、ご利用合計金額に対してポイントが付与されるので、1999円利用した場合のように1回ごとに999円が切り捨てられないのは良心的な仕組みと言えます。

 

 

また、「楽天市場」では娯楽から生活まで様々なものを買うことができるので、普段から生活に必要なものの買い物を楽天で済ますことが多いという人にとっても、かなりポイントが貯まっていくことでしょう。

とにかくキャンペーンが豊富で、ポイントが貯まりやすい!

楽天では、期間限定の「新規入会キャンペーン」を随時実施しています。現在は、最大5,000円相当のポイントが還元されるキャンペーンが実施されていますが、その他にも多くのポイントキャンペーンが時折開催されています。

 

楽天のポイントキャンペーン例
「入会特典ポイント」 新規入会キャンペーンの1つ、「入会特典ポイント」はキャンペーンエントリーが不要の特典ポイントで、カード発行後に会員限定のウェブサービスである「楽天e-NAVI」からの申請で2,000ポイントが獲得できます。
しかも、通常ポイントとして獲得できるため、実質ポイントの有効期限がありません。
「入会特典キャンペーンポイント」 新規入会キャンペーンの2つめ、「入会特典キャンペーンポイント」は、楽天カード入会時にキャンペーンへのエントリーを行うことによって獲得できる特典ポイントです。
「楽天市場カード利用特典ポイント」 新規入会してから指定された期間内に楽天カードを利用された際に得られるはポイントです。

※それぞれにポイント付与ルールがあります。

 

その他ポイントキャンペーンのお知らせは、楽天カード会員専用オンラインサービス「楽天e-NAVI」にて告知されます。

ポイントをANAマイルへ移行可能

基本的にポイントは楽天関係のサービスでしか使うことはできません。具体的には楽天市場・楽天トラベル・楽天ブックスなどです。とはいうものの、それらサービス内でも非常に幅広い商品・サービスが売られていますから、ポイントの使い先が見つからなくて困るということはないかもしれませんね。

 

 

ですが、実はその他にも楽天ポイントの使い道があるのです。それは、「ANAマイルへ移行する」ということです。

 

 

楽天スーパーポイントとANAマイルは、基本、2楽天スーパーポイント = 1マイルで交換することができます。2楽天スーパーポイントは、楽天内での買い物であれば100円相当ですので、100円で1マイルもらえる計算になります。

楽天カードのメリットまとめ

これまで記載した、楽天カードのメリットをまとめてみましょう。

 

年会費永年無料
楽天市場をはじめとする、楽天提携サービスでポイントを使え、更にまた高還元で貯められる
キャンペーンが豊富で、ポイントが貯まりやすい
ポイントをANAマイルへ移行可能
海外旅行傷害保険 最大2,000万円まで保証付き
「ネット不正あんしん機能」、「カード盗難保険」といった、セキュリティや保険サービス

楽天カードは、普段から楽天市場などの楽天系サービスを利用されている方にはとても便利で、「なくてはならない」クレジットカードでしょう。未入会の方は、入会キャンペーンが充実されている今このうちに、一枚作っておくのも良いかもしれません。

 

 

また、すでにお持ちの方でも、家族カードを作らずに奥さん名義で申込むことで、入会ポイントを獲得できますので、是非現金同様の楽天ポイントをゲットしてくださいね!

 

ゴールドカード狙いならコスパ・付帯サービスが充実の【MUFGカードゴールド】

次にご紹介するのは、三菱UFJニコス株式会社の発行するMUFJカードゴールドです。「次のカードはゴールドカードで検討したい」「付帯サービスが充実した、コスパの高いゴールドカードを探している」といった方には、うってつけのクレジットカードです。

 

MUFJカードゴールドのスペック・メリット・デメリットなど詳細情報はこちら

MUFGカードゴールドの概要

mufj

 

 MUFGカードゴールド

 

 年会費:初年度   無料 2年目以降  1,905円

 

MUFGカードゴールドの公式サイトはこちら

「2,000円からゴールドカードが持てる時代へ!」というキャッチフレーズで登場したMUFGカード ゴールドは、それまでのゴールドカードの「高い年会費」といったイメージを一新させた、初年度年会費無料2年目以降も格安年会費1,905円の、最高のコストパフォーマンスを目指したゴールドカードです。

 

 

ゴールドカードを持つからには、周囲への信頼感を持たせられるような高級感、ステイタス感も欲しいところですが、このMUFGカードゴールドは、世界最大の金融グループである三菱UFJグループの中核をなすMUFGカードブランドのネームバリューとゴールドカードらしいカードフェイスを備えており、その点も心配ありません。他のゴールドカードよりもずっと維持コストを抑えてこれらの特典を享受できるところが、MUFGカードゴールドの最大の魅力といえます。

 

 

特に海外においては、「ゴールドカードは信頼のステイタス」として評価されることが多いということもあり、「海外での取引や買い物が多い」「ゴールドカードを所持したいけど、維持コストが不安…」という方には、是非おすすめの一枚です。

旅行保険、ショッピング保険、空港ラウンジサービスなどの、充実の付帯サービス

付帯保険サービスは、海外旅行保険、国内旅行保険、ショッピング保険のいずれも、年会費2,000円以下のクレジットカードでは最高レベルの補償内容となっています(海外旅行保険、国内旅行保険 最高2,000万円、ショッピング保険 最高100万円)。また、入通院費用・手術費用保険をカバーする国内旅行保険ならびに国内乗継便遅延費用補償が付くのは、年会費3,000円以上のゴールドカードでも希少なサービスと言えます。

 

 

そのほか、カード盗難・紛失・偽造・インターネット等で不正に使用された場合、被害をすみやかに補償し、カードライフの安全を守る紛失盗難保障も付いています。

 

 

さらには、MUFGカードゴールド会員は、国際線利用時に国内の主要6国際空港およびハワイ・ホノルル空港のラウンジが無料で利用できます。国内線利用時は空港ラウンジサービス利用対象外ですが、国際線利用時だけでも空港ラウンジを利用することができるのは、年会費2,000円クラスの格安ゴールドカードとしてはかなり異例の充実サービスと言えます。

発行スピードがとても速い

MUFGカード ゴールドは、「発行までの期間がとても短いゴールドカード」としても人気を博しています。

 

 

例えば月曜日の朝8時頃までに申込をすれば、最短、翌日の火曜日には自宅に郵送されてくる…なんてケースもあるくらいです(※お住いの地域や申請者の収入や職業といった状況で発行スピードは変わります)。

 

 

急な依頼で、来週からいきなり海外出張に行くことになってしまった…という場合でも、申込から3~5日程度で自宅に届くMUFGカード ゴールドなら十分間に合うことでしょう。「急いで海外旅行傷害保障の付いたクレジットドカードを発行したい」という方は是非、申込してみてください。

MUFGカードゴールドのメリットまとめ

MUFGカードゴールドのメリットをまとめてみましょう。

 

年会費1,905円というゴールドカードとしては破格の金額で保持できる
MUFGカードブランドとして、ステイタス・信頼感がある
海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険、空港ラウンジサービスなどの付帯サービスが充実
発行スピードがとても速い

MUFJカードゴールドは、「そろそろゴールドカードを一枚持っておきたい…」という方や、「急に海外で使えるクレジットカードが必要になった」という方には、とてもおすすめのクレジットカードです。

 

また、今なら入会+利用で最大12000円分のギフト券プレゼントキャンペーンもやっていますので、是非チェックしてみてください!

 

ブラックカードが目指しやすいおすすめのクレジットカード 【ダイナースクラブカード】

最後にご紹介するのは、三井住友トラストクラブの発行する、ダイナースクラブカード。アメックスと並ぶ高いステイタス、24時間年中無休のデスク、国内外350空港550ヵ所以上の空港ラウンジサービス、高級レストラン1名無料、最高1億円の海外・国内旅行保険、充実したT&Eサービスが魅力的なカードです。

 

ダイナースクラブカードのスペック・メリット・デメリットなど詳細情報はこちら

ダイナースクラブカードの概要

4cc7c8d06aecb2d7e15519875a59036a

 

ダイナースクラブカード

 

年会費:初年度   22,000円  2年目以降    22,000円

 

ダイナースクラブカードの公式サイトはこちら

ダイナースクラブカードは、その高いステイタスと年会費だけあって、付帯サービスのクォリティもとても高く、更に幅広くあります。ですが、このクレジットカードのメインの特徴は、「クレジットカードの最上級ランクと言われるブラックカードが存在すること(ダイナース・プレミアムカード)」、そして、「利用限度額に一律の制限がない」という2つがまず挙げられるでしょう。

 

 

1つ目のブラックカードの存在については、アメックスのブラックカードである「センチュリオンカード」も有名ですが、年会費 367,500円とかなり高額の同カードに対して、ダイナース・プレミアムカードの年会費は130,000円と、相対的にかなり良コストパフォーマンスとなっています。もちろんどちらも「インビテーション」といって、クレジットカード会社からのアップグレード招待がないと所持することはできませんが、ブラックカード狙いの方は是非視野に入れておくと良いでしょう。

 

 

2つ目に挙げた特徴の「利用限度額に制限を持たない」ことについては、VISAゴールドカードの利用限度額は、70万円~200万円であることを踏まえると、大きなポイントであることが分かるのではないでしょうか。たとえば、50万円のテレビを購入し、100万円の絵画を購入し、1,000万円の車を購入しても、問題ないのです。(※厳密には通常のダイナースクラブカードでは、個別に利用限度額の設定があり、完全に無制限と言う訳ではありません)

高いクオリティの付帯サービス 特に「食」は大満足出来るサービスが満載!

ダイナースクラブカードを持つことによって受けることが出来る優待やサービスは沢山ありますが、特に「食」に関するサービスは目を見張るものがあります。どんな優待サービスがあるかをざっと見てみましょう。

 

人気レストランを24時間オンライン予約
コース料理を優待価格での提供や、キャッシュバックも用意
コース料理が1名~2名まで無料になるグループプラン
厳選されたレストランで会員限定のおもてなし
予約の難しい高級料亭を代行予約
銀座のバーやクラブでの優待サービスを用意

例えば、ダイナースクラブカード会員は、通常利用金額5万円以上を利用条件としている「一休.com」の厳選されたホテルや旅館、レストランの予約サービスを、無条件で利用することができます。そのほか、半年間に1回、1名分のコース料金が無料になるプランや、一流シェフおもてなしプランなど、個人レベルではお金を出しても受けることの出来ないサービスも用意されています。

 

 

ダイナースクラブカードを持つことによって、通常では体験できないようなリッチ(で、同伴者によってはロマンチック)な時間を持つことができるという訳ですね。

食以外のサービスも充実!海外旅行が、もっと楽しくなる

ダイナースクラブカードには、食以外のその他の付帯サービスも充実しています。海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険はともに最高1億円、ショッピング保険も最大500万とあるので、いざというときも安心の保障体制と言えるでしょう。

 

 

また、保障だけではなく、旅行などのエンターテインメントに関する付帯サービスも充実しています。例えば、以下のようなサービスがあります。

 

会員限定の特別宿泊プラン

会員特別優待価格で、宿泊料が10%オフ

国内・海外の主要空港ラウンジを、無料で利用出来る

自宅と空港のタクシー代が、片道分無料

空港までのJRまたは私鉄特急列車の、2区間分が無料

海外旅行手配時に、空港前泊の1泊(2名まで)無料

帰国時、スーツケース1個の宅配料金が無料

出発宅配・到着宅配・往復宅配を、割引料金で利用可能

海外レンタカーの利用料金を、割引価格で利用可能

海外トラベルデスクで、レストランの予約や緊急時をサポート

エマージェンシーアシスタンスが事故や病気をサポート

ダイナースクラブカードのメリットまとめ

非常にステイタスの高いダイナースクラブカードとなると、沢山のメリットが出てきますが、代表的なものをまとめてみましょう。

 

非常に高いステイタスと信頼性
ブラックカード(ダイナースプレミアムカード)のコストパフォーマンスが秀逸
利用限度額に制限なし
食や旅行に関する付帯サービスが非常に充実しており、リッチでエレガントな体験をしっかりサポート

メリットが大きい分、年会費の高さなどの敷居もありますが、「自分だったら、充分活用できそうだ!」と思われた方は是非利用を検討されると良いでしょう。ダイナースクラブカードをお持ちの方のほとんどは、とても高い満足度で継続利用されていますので。

 

また、ダイナースクラブカードではご入会後、3ヵ月以内にショッピングでカードを25万円以上ご利用でもれなく20,000ポイント(200万円利用相当)プレゼントの入会キャンペーンも行われています。

 

まとめ

ここまで、以下のクレジットカードの紹介をさせていただきましたが、如何でしたでしょうか。

 

DCカード Jizile

年会費無料、ポイント還元率が高い

 

MileagePlsセゾンカード

とにかくマイルが貯めやすく、年会費もお得

 

楽天カード

年会費永年無料、楽天ショップでポイントも貯まりやすい

 

MUFJカードゴールド

ゴールドカードとしては、脅威の年会費の安さ。付帯サービスも充実

 

ダイナースクラブカード

ブラックカード狙いの方におすすめのカード。付帯サービスの充実度はトップクラス

 

クレジットカードは一度持つと、一枚一枚が長い付き合いになるものです。是非ご自身のライフスタイルに合った、素敵な一枚を選んでいただくことを、心より応援しております。

 

Pocket