amex-business-gold
Pocket

 

今回のテーマは、「法人向けクレジットカード」。

 

 

会社経営者の方や個人事業主の方向けに、法人向けクレジットカードを使用する時のメリットや審査についてお話していきたいと思います。

 

 

また、どの法人カードがいいのかわからない方に、おすすめの法人カードも比較しながらご紹介します。

 

 

法人向けクレジットカードとは

mv_img

 

はじめに、「そもそも法人向けクレジットカードとは何か」について説明しておきましょう。──法人クレジットカードとは、会社や個人事業主といった「企業(法人)」に対して発行される、クレジットカードのことです(「法人カード」とも呼ばれます)。

 

 

 「個人で使うクレジットカードと何が違うの?」という質問に対しては、「カード利用時のお金の引き落とし先が直接会社の口座になる」、という点がまず挙げられるでしょう。つまり、会社のお金で直接買い物ができるようになる、ということですね。

 

 

となると、法人向けクレジットカードの名義自体も会社になるのか、と思われがちですが、名義自体は個人になります(正確には、「その法人に所属する個人」)。その仕組みはクレジットカードの表記にも顕れています。個人のクレジットカードの場合、表面の名義のところには皆さんのお名前が入りますが、法人向けクレジットカードの場合名義は2行で表示され、1行目(上段)には「会社名・屋号」が入り、2行目(下段(には「使用者(個人名)」が刻印されるのです。

 

 

さて、法人向けクレジットカードで「会社のお金で直接買い物ができる」ことによる一番のメリットは何でしょうか?

 

 

──それは、経費の決済を法人向けクレジットカードで行うことによって、現金精算、立替金の精算などがなくなり、経理事務が一気に楽になるというところです。経費を個人のお金やクレジットカードで決済されている人は、毎月経費精算にどれだけ時間を費やしているかを考えると、このメリットの大きさはご理解いただけるのではないでしょうか。もちろん、法人カードを使用するメリットはほかにもたくさんあります。そちらについては、後程また詳しく説明していきましょう。

個人事業にも大丈夫?法人カードの審査基準は?

a7d946acd84e8c3db4d08c4ff3240ed2_m

 

最近では、法人格を持たない個人事業主でも作成できる法人カードも多くなってきています。特に個人事業主においては、ビジネスのお金の出入りとプライベートのお金の出入りをきちんと分けることが経理処理での最重要ポイントですので、法人カードを作って使用するメリットは大きいといえるでしょう。

 

 

 「そうは言っても、法人カードって結構審査基準が厳しいんじゃないの?」そんなお声も挙がってきそうですが、実際は設立してすぐの会社や個人事業主の方もすぐに法人カードを取得されているケースも多いようです。そこで、続いては「法人カード申込時に気を付けたい3つのポイント」について、ご紹介いたします。

ポイントその1)「会社設立後すぐでもクレジットカードは作れる」

一昔前では、「会社設立後3年が経過し、なおかつ黒字の会社ではないとカードは発行できない」と言われており、今でもいくつかのクレジットカードの情報サイトではそのように書かれているようです。ですが、これは間違いで、会社を作ってすぐにでもクレジットカードは発行できます(私の周囲でも、実際にクレジットカードを発行できた人が複数人存在します)。

 

 

ということは、逆に「設立後3年、かつ黒字になってから」といった情報を信じてカードを使わないままでいるはもったいないですよね。これから経営をしていく上で、もし法人カードが必要と感じているならば、年会費や特典など比較して、すぐにでも申込み、法人カードを発行することをお勧めします。

 

 

クレジットカード会社の審査基準は基本的に非開示(当然ですが)なので、具体的にどのような基準で審査をしているのかはわかりません。もしかしたら、クレジット会社によっては「設立後3年以上、黒字の会社」を一つの指標としているところもあるのかもしれません。ですが、私が法人カードを発行した会社の担当者に聞いた所、「そういう基準は設けていないので、すぐに申し込んでもらっても構いませんよ」とのことでした。

 

 

「法人カードが必要だ」という状況で、今は手元にない──そういった状況の方は、まずは費用のかかる年会費を比較してから申し込みをしてみましょう。後半にて、お勧めの法人向けクレジットカードもご紹介させていただいておりますので、合わせてご参考ください。

ポイントその2) 「外資系カード会社は審査に通りやすい?」

噂ベースの情報ですが、一般的に、国内のカード会社と比較して、外資系のカード会社(アメックスやダイナースなど)の方が審査基準が低く、審査に通りやすいと言われています。また、国内のカード会社よりも外資系の法人カードの方が、利用限度額が大きくなる場合が多いようです。

 

 

会社経営ですと、設備資金や仕入れなど扱う金額など、個人の生活で動く金額は比較できないくらい大きくなってきますので、クレジットカードの利用限度額が大きいということは、メリットの一つにもなります。

 

 

 「法人カードの審査基準が不安だ」という方は、アメックスやダイナースといった外資系のクレジットカードでの作成も比較検討しておくと良いかもしれません。

ポイントその3) 「申し込み内容は、きちんと、正確に、密度濃く」

最後にご紹介するポイントは、「申し込み内容は、きちんと、正確に、密度濃く」ということです。

 

クレジットカード会社の側からみると、空欄ばかりの申し込み情報は、とても不安に思うものです。ましてや設立後間もなかったり、これまで一度も取引したことがない会社が相手でしたら、尚更ですよね。

 

 

そのような不要な不安を感じさせないためにも、申し込みフォームをキチンと書く(入力する)ことは、審査通過の重要なポイントになるのです。例えば、以下の点を意識するだけでも、印象は大きく変わってくるでしょう。

 

 任意記入の部分もしっかりと書く
 マンションなどの号数までキチンと書く
 電話番号には固定電話を記入する

ちなみに、JCB法人カードの場合は、「固定電話の記載が必須」と言えるぐらい、審査ポイントとして重要視されているそうです。会社設立したてで、国内の法人向けクレジットカードを発行予定の方は、固定電話を用意されてから申し込まれたほうが良いかもしれませんね。

法人向けクレジットカードを使うメリットは?

0b47880855ce7834db11c862622d5377_s

 

さて、ここまでお読みになられて「なんだか、法人カードを作るのって面倒だな」と思われた方は、逆に法人カードを持つことによるメリットもご認識しておくことをお勧めします。──きっと、面倒だと思う気持ちは払しょくされることでしょう。

 

 

ここからは、「法人向けクレジットカードを使うメリット」について、代表的な5つのメリットをご紹介いたします。

メリットその1)経費の支払いを区別することが出来る

まずは前段でもご紹介しましたが、法人向けクレジットカードの一番のメリットは、「経費の支払いをビジネスとプライベートで明確に区別することが出来る」という点でしょう。ビジネスマンに経費精算はつきもの。そして、経営者、役員クラスの方は尚更です。法人カードを持っていないがために、毎月の経費精算で苦労されているという方も多いのではないでしょうか。

 

 

現在ビジネスとプライベートとで経費の支払いが混同されがちだという方は、なるべくお早めに法人カードを作成されることをお勧めいたします。きっと、状況は劇的に改善されることでしょう。

メリットその2)カード決済すれば利用履歴がデータ化される

こちらも一つ目のメリットに通ずるところでもありますが、ビジネス使用の経費は「見える化」を意識することがとても重要です。経費を法人カードで精算すれば利用履歴としてデータ化されますので、だれが見ても一目瞭然です。顧問税理士などから明細の提示を求められても一瞬で対応完了させることができます。

メリットその3)サブカードやETCカードを社員も利用可能に

法人カードも個人のクレジットカード同様、付帯特典が付いていますので、その特典を活用することによって経費節減にも繋がります。例えば、自動車での地方出張の場合は、ETCカードを使うことによって割引もありますし、ポイントも溜まります。業務で必要となる備品購入の際も法人カードと提携しているショッピングサイトを経由することによって値引きやポイント還元のサービスも受けられるでしょう。

 

 

法人カードを社員も使えるようにしておけば、利用頻度もそれだけ増え、割引やポイント蓄積も大きくなります。普段から出張や備品購入の多い会社でしたら、このメリットを活用しない手はありません。

メリットその4)接待時に見せることで信用度があがる

接待の会食の機会が多いという方は、「相手がどんなクレジットカードを使っているか、気にしている人は実は結構多い」ということを意識されると良いかもしれません。特に、設立間もない会社であった場合、会計時に出したカードが個人のものではなく法人カードだった場合、「ちゃんとしていそうだな」という印象を持つビジネスマンは少なくないでしょう。

 

 

個人のクレジットカードでもそうですが、法人カードもこのように付き合い上で重要になるということですね。

メリットその5)貯まったポイントを利用できる!

ddecc9e26c7f25d8ea91775aafb98a42_s

 

個人経営者や企業の代表の方の大きなメリットと言えば、これかもしれませんね。個人使用と違って、ビジネス使用のクレジットカードは、使用額も大きくなりがちです。額が大きくなれば、当然ながらポイントも貯まります。そして貯まったポイントは、決裁権者のほうでまた、活用することができるということですね。

 

 

ただし、個人経営者ならいざ知らず、数人規模でも社員のいる組織では、社員は代表の行動を結構見ているものです。代表の方は、おおっぴろげに貯まったポイントを独占使用することなく、社員に還元するなど、懐の太さを見せておくほうが良いかもしれません。

法人向けのおすすめのクレジットカード5枚を比較!

如何でしょうか?だんだんと法人カードのお役立ち度が気になってきたのではないでしょうか。

 

 

ここからは、実際にお勧めできる法人向けクレジットカードを5枚を比較しながらご紹介していきたいと思います。どれも前述したメリットを十分に持った人気のカードですので、是非ご参考になさってください。個人事業主の方対応の法人カードも多数あります!

お勧め法人カード1)アメックス・ビジネス・ゴールド・カード

amex-business-gold

 

まず初めにご紹介します法人カードは、アメックスの発行する「アメックス・ビジネス・ゴールド・カード」です。

 

アメックスと言えど、他の法人カードと比較して審査はそれ程厳しくなく、信頼性、ブランド力の観点からもお勧めのカードです。

 

 

このカードの特徴としてまず挙げられるのは、出張やトラベルへの特典に強いことでしょう。国内外の空港ラウンジがご本人+同伴者1名まで無料で利用な「エアポート送迎サービス」、旅行代金をカードで支払った場合は最高1億円付く海外旅行傷害保険(国内旅行傷害保険は最高5,000万円が自動付帯)などが付帯されています。

 

 

また、このカードには「四半期管理リポート」機能が用意されており、カード使用履歴と財務との連動をスムーズに行えることもメリットの一つと言えるでしょう。もちろん、エンタメ・ショッピングでのサービス特典やポイント還元もかなり充実していますので、持ち主の業種・分野を問わず、とっても大活躍できる法人カードです。

 

アメリカン・エキスプレス®・ビジネス・ゴールド・カード

年会費:初年度(本人) 初年度無料 2年目以降    26000円+税

 

こんな方におすすめ!

 

アメックスがお好きな方
毎月多額の経費を使う方
創業したばかりの社長

 

sbs_fyf_300x250

 

アメックスビジネスゴールドカードの公式サイトはこちら

お勧め法人カード2)エグゼクティブゴールドフォービズ

%e3%82%aa%e3%83%aa%e3%82%b3%e3%80%80%e5%88%b8%e9%9d%a2

 

続いてのご紹介は、オリコカード(株式会社オリエントコーポレーション)の発行する「エグゼクティブ ゴールド フォービズ」という法人カードです。

 

 

こちらは年会費初年度がなんと無料!さらに2年目以降もたったの2,000円と運用コストもかなりリーズナブルとなっています。更には、個人事業主の方も申し込み可能となっているということもあり、敷居の高さを感じさせないサービス体制に多くの方から人気のようです。

 

 

また、カード利用するごとにオリコカードポイントの「スマイル」が貯められるという点と、現在は入会時のポイントキャンペーンも大々的に行っておりますので、ポイント蓄積という点でもお勧めです。個人事業主の方が最初に作る法人カードとしては、うってつけかもしれません。

 

エグゼクティブ ゴールド フォービズ

年会費:初年度(本人)    無料 2年目以降    2,000円

 

こんな方におすすめ!

 

創業したばかりの社長
高還元率を重視する方
年会費に負担掛けたくない方

 

 

エグゼクティブ ゴールド フォービズの公式サイトはこちら

お勧め法人カード3)セゾンプラチナビジネスアメックス

visual_01

 

次にご紹介しますのは、セゾングループの発行する、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード

 

こちらはセゾンカードの特典サービス「セゾン永久不滅ポイント」も付いて、更には会計ソフト、レンタルオフィス、レンタルサーバーなどの高額決済(※提携先企業のサービスに限ります)も対応していたりと、非常にポイントを貯めやすいところが大きな魅力です。  

 

 

さらに、JALマイルが最大1.125%の還元率が貯めることができるので、国内特典航空券分くらいのマイルなら、あっという間に貯まります!

 

 

更には、支払猶予も最長64日とゆとりをもったキャッシュフロー、社員用の追加カードで使用経費処理も一本化できるなど、まさにビジネスマンのかゆいところに手が届く法人カードと言えるでしょう。

 

 

年間200万以上利用すれば、翌年度の年会費が半額の10000円+税となるので、格安の年会費でプラチナカードが持てる点も大きなメリットになります。

 

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード

  年会費:初年度(本人)    20,000円+税  2年目以降    20,000円

※年間200万円以上のショッピング利用で次年度年会費10,000円に

 

こんな方におすすめ!

 

プラチナカードに興味のある方
年間200万円以上利用する方
JALマイルを高還元率で貯めたい方

 

%e3%82%bb%e3%82%be%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%a9%e3%83%81%e3%83%8a%e3%80%80300x250

 

セゾンプラチナビジネスアメックスの公式サイトはこちら

お勧め法人カード4)ダイナースクラブ ビジネスカード

mainvisual_card

 

続いては、ダイナースクラブの発行する「ダイナースクラブ ビジネスカード」。

 

 

こちらも通常のダイナースのクレジットカード同様に海外旅行保険、国内旅行傷害保険、エンタメ・ショッピング特典が付いているほか、カード利用状況と連動可能な会計ソフトの提供やビジネス上の悩みを受け付けるアドバイザーサービスといった、法人カードならではのサポートも充実しています。

 

 

個人事業主の方も対応されていますので、法人カードと合わせて様々なビジネスユースを活用されたい、という方にもおすすめです。

 

ダイナースクラブ  ビジネスカード

年会費:初年度(本人)    27,000円+税  2年目以降    27,000円

 

こんな方におすすめ!

 

ステータス重視の方
海外出張がある方
27歳以上の方

 

 

ダイナースクラブ  ビジネスカードの公式サイトはこちら

お勧め法人カード5)JCBプラチナ法人カード

1600024400 プラチナ法人 FCUG&B

 

最後にご紹介しますのが、JCBの発行する「JCBプラチナ法人カード」。

 

この法人カードもビジネスシーンの様々な要所に対応した万能型のカードです。

 

 

海外・国内のホテル予約やゴルフ場の予約など、各種サービスの案内が24時間いつでも利用可能な「プラチナ・コンシェルジュデスク」、カード利用明細の照会から、ポイントサービス・キャンペーン一覧、各種手続きがインターネット上ですべて済ませることができる「MyJCB」、更には国内・海外旅行傷害保険が最高1億円が自動付帯されるなど、会計から接待・出張まで幅広く活用できます。

 

 

出張で空港を利用されることが多いという方には、世界約700ヶ所の空港ラウンジを無料で利用できる「プライオリティ・パス」がとってもお勧めです!

 

JCBプラチナ法人カード

年会費:初年度(本人)    30000円+税  2年目以降    30000円+税

 

こんな方におすすめ!

 

ブラックカードに憧れる方
接待が多い方
ゴルフ・海外出張によく行かれる方

 

pla_CP_300_250

 

JCB法人プラチナカードの公式サイトはこちら

 

 

また、JCB法人プラチナカードの年会費の高さが気になる方は、通常のJCB法人カードをおすすめします。

 

1260002400 ホワイト法人 UG用 デザイン案

 

JCB法人カード年会費は1312円とプラチナカードとは比較にならないくらい安く、ETCカードは何枚でも無料で発行できます。

 

通常還元率は0.5%と高くないですが、会社の経費など使い方によっては最大キャッシュバック還元率3%まで受けることが可能です。

 

また、入会+追加カード発行+利用で最大7000円分のポイントプレゼントキャンペーンが開催中でお得に入会できます!

 

CP_300_250

まとめ

今回、会社経営者の方、個人事業主の方向けに法人向けクレジットカードについてご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。法人カードは、個人のクレジットカード同様様々な付帯サービスを利用できるほか、法人としてならではの活用メリットも多数あります。

 

 

日々の業務でお忙しくされている経営者の方や個人事業主の方では、法人カードをまだ作っておらず、忙しさゆえに発行を後回しにされている、という方も多いのではないでしょうか。ですが、法人カードを使っているのといないのとでは享受できるメリット・サービスも大きく差が出てくることでしょう。

 

 

是非この機会に、より有意義な法人カードの活用ができるよう取り組まれることを、お祈りしています!

 

 

因みに上記5枚を比較した結果、当サイトおすすめ法人カードは下記2枚となります。

 

年間200万利用で年会費10000円!プラチナカード最安値!

セゾンプラチナビジネスアメックスの公式サイトはこちら

 

年会費2000円、高還元率でスペック激高!

エグゼクティブ ゴールド フォービズの公式サイトはこちら

 

Pocket