15
Pocket

 

※2017年1月10日情報更新

アメックス・ホルダーなら誰もが意識する、「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」(通称アメックスプラチナ)。

 

 

アメックスグリーンやアメックスゴールドと違って、こちらのアメックスプラチナカードはインビテーション(アメリカン・エキスプレスからの招待)がないと入会することが出来ません。

 

 

そんな、「1ランク上のアメックス」──アメックスプラチナには、どんな特典、メリットがあるのでしょうか。今回は、アメックスプラチナの特徴から、メリット、他のアメックスとの違い、取得方法について、詳しく説明していきたいと思います!

 

 

アメックスプラチナとは

60462fdd5bd751f6840fb1248a49db7b

 

アメリカン・エキスプレス・プラチナカード(以下アメックスプラチナ)は、アメックスのプロパーカード(ゴールド)利用者が一定の基準を満たした際に、インビテーション(招待)が来て、初めて入会出来るカードです。

 

 

アメックスのプラチナランクのカードというだけあって、他のアメックスカードの基本的な機能や優待、特典も兼ねそろえ、更にはアメックスプラチナならではの特典も盛りだくさんな、超充実のクレジットカードです!

 

 

「具体的に、どんなカードなの?」という方向けに、まずはアメックスプラチナの基本情報から紹介していきましょう。

アメックスプラチナの基本情報(申込資格、年会費、ポイント還元率 等)

 

アメックスプラチナ(アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード)

申込資格

アメックスゴールドに入会されており、かつ発行会社よりインビテーション(招待)を受けた方

年会費

140,400円(税込み)

家族年会費

4人まで年会費無料

ポイント還元

《ポイント還元率》0.3%~1.0%

 

《ポイントプログラム名》アメックスメンバーシップリワード

100円で1ポイント

 

《ポイント有効期限》最大3年で、一度でも交換すると無期限となります!

アメックスゴールドはメンバーシップリワードプラス(年会費3000円+税)に加入するとポイント有効期限が無期限になって換算レートがアップしますが、アメックスプラチナは特典に含まれて無料!

 

《主なポイント還元先》

全国百貨店共通商品券:3000P⇔1500円(還元率0.5%)

Tポイント:3000P⇔1500円分(還元率0.5%)

楽天ポイント:3000P⇔1500円分(還元率0.5%)

Amazonギフト券:3000P⇔1500円(還元率0.5%)

…等

マイル

《提携マイレージ》

ANA、デルタ航空、チャイナエアライン、エミレーツ航空、タイ国際航空、キャセイパシフィック航空、シンガポール航空、ブリティッシュ・エアウェイズなど15エアライン

 

《交換レート》

●メンバーシップリワード(15エアライン共通):1000ポイント=1000マイル(1000ポイント単位) マイル還元率1%

※ ANAは移行手数料が必要になります

移行手数料:年間5000円+税

移行上限:年間80000ポイント=80000マイル

 

 

上記アメックスプラチナの基本情報を見てみると、ポイントやマイルの活用範囲の幅広さが伺えます。ポイント還元では、Tポイント、楽天ポイント、Amazonと、共通ポイントや大型ショッピングモールで活用できるのが嬉しいですね。マイルも提携しているマイレージが15エアラインと、こちらも流石のカバー率です。

 

 

ですが、やはり一番気になるのが、年会費の「140,400円(税込み)」。年会費の1日辺りの金額は約385円、なかなかの高価格帯です。家族カードは4人分まで無料なのはかなりありがたいですが、上記のポイント還元やマイルサービスのメリットだけでは、なかなか手が出せる金額ではないでしょう。

 

 

そこで、続いては「アメックスプラチナを持つメリットはこれだ!」と言える、アメックスプラチナの最強メリットについて説明していきたいと思います。

アメックスプラチナの最強メリットは?

アメックスプラチナの最強メリットとして挙げられるのは、「高級ホテルの上級会員特典」、「旅行保険の補償内容」、「超優秀なプラチナコンシェルジュ」の3点です。一つずつ、詳細を見ていきましょう。

高級ホテルの上級会員特典はじめ、最安値予約、無料優待などを受けられる

main_ph01

 

 

アメックスプラチナに入会すると、様々なホテルの上級会員のVIP資格が付帯されます(「ホテル・メンバーシップ」)。

 

 

ちなみに、ホテルの上級会員の資格というのは、通常は年間でかなりの宿泊数を稼がないとなれることができなかったり、高い年間登録料が必要であったりします。いわゆる、「上級メンバーシップ(会員)」といわれているものですね。そんな上級メンバーシップを、アメックス・プラチナを持っているだけで、名だたる世界の有名ホテルで受けられるようになるのです。

 

 

具体的に「どのホテルでの会員特典が得られるか」「具体的に、どんなサービスがあるのか」について紹介しましょう。

 

 

アメックスプラチナの「ホテル・メンバーシップ」対象ホテルブランド(一例)

  • スターウッド・ホテル&リゾート(SPG)
  • カールソン レジドール ホテルズ
  • ヒルトン・ワールドワイド
  • シャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツ
  • マリオット リワード
  • リッツ・カールトンリワード

 

 

アメックスプラチナの「ホテル・メンバーシップ」で優待されるサービス(一例)

  • 最安値での利用料金提示
  • 無料の客室アップグレード
  • 無料の客室内高速インターネットアクセス
  • 午後4時までのレイトチェックアウト保証
  • ウェルカムドリンク
  • アーリーチェックイン
  • レイトチェックアウト

 

※ 優待サービスは、各ホテルブランドによって異なります。詳細は、各ホテルブランドのWebサイト等の「会員特典」の内容をご確認ください。

 

アメックスプラチナの、高級ホテルでの特典サービスは「ホテル・メンバーシップ」だけではありません。

 

 

上記で紹介されたホテル以外でも、その他高級ホテルを最安値料金と特典付きで予約をしてくれるサービス「ファイン・ホテル&リゾート」や、毎年のカード更新時にホテルに2名で泊まれる無料宿泊券が貰える、「フリースティギフト」も、人気の特典サービスとなっています。

 

 

高級ホテルを最安値料金と特典付きで予約をしてくれるサービス「ファイン・ホテル&リゾート」

10658529_447796262026442_5142797876440349658_o-1024x682

 

 

「ファイン・ホテル&リゾート」は、部屋のアップグレードやアーリーチェックイン、レイトチェックアウト、朝食サービスなどの優待が受けられるサービスです。

 

 

対象のホテルは、帝国ホテルやリッツカールトン東京、グランドハイアット東京、コンラッド東京などなど──こちらも名だたる有名高級ホテルが名を連ねています!最安値で予約できるだけでなく、更に特典が付いてくるというのは、 ホテル好きにはたまらない付帯サービスと言えるでしょうね。

 

 

毎年更新時に2名で泊まれる無料宿泊券、「フリーステイギフト」

hotel_main_2014060717334120140607173359_lg_pc

 

 

アメックスプラチナ入会者でも特に人気の特典がこちらです。「フリーステイギフト」はその名の通り、毎年のカード更新時にホテルに2名で泊まれる無料宿泊券が貰えるのです!これは嬉しい優待ですね!

 

 

対象となるホテルはヒルトン、プリンスホテル、ロイヤルパークホテル、ハイアット・リージェンシーなどの一部のホテルです。

 

 

「たまには、夫婦で小旅行なんて、…どう?」なんて言いながら、奥さんに素敵なホテルのパンフレットをさりげなく渡せたら、とっても素敵ですよね!そんなときは、相手の方に「クレジットカードの優待だから」なんて野暮なことは言わずに、それでいて大したこともないようにジェントルマン風に手渡すと、より効果的かもしれません(笑)。

 

 

レストランや高級料亭での優待特典が受けられる、「ファインダイニング」

mainimggjr3

 

 

「ファインダイニング」とは、国内の格式高いレストランや高級料亭を予約すると、優待特典が受けられるサービスです。

 

 

こちらのサービスは、ウェルカムドリンクはじめ、窓際席の確保、花束のプレゼント、VIP個室の確保などの優待が受けられます。大切な人とのディナーや、ビジネスでの重要な会食シーンに、是非とも使いたいサービスですね。

 

 

対象となるレストランや料亭は、ジョエル・ロブション、オーベルジュ・ド・リルトーキョー、小笠原伯爵邸、銀座久兵衛、トゥールダルジャン、赤坂璃宮、吉祥、金田中などがあります。

 

 

一見お断りのお店の予約を取る事ができる、「プラチナアクセス」

%e5%86%85%e8%a6%b3_1422022979

 

 

高級レストランや料亭の中には、「一見さんお断り」の制度で、会員や知り合いからの紹介がないと入れないところがあるというのはご存知のところでしょう。

 

 

アメックスプラチナの「プラチナアクセス」は、そんな一般人は入れない高級レストラン・料亭に対して、 「この料亭の予約を取りたいな」となったときに、アメリカン・エキスプレスが会員に代わって予約をしてくれるサービスです。

 

 

高級レストランの指定コースメニューが1名分無料になるサービス「ダイニングアクセス」

「ダイニングアクセス」は、全国約60店舗の、高級レストランの指定コースメニューが1名分無料になるサービスです。

 

 

対象となる店舗は、コースの一人当たりのベース価格が1万~2万円の、一流店ばかり!つまり、1回の利用で1万~2万円お得になるサービスということですね。

アメックスプラチナの旅行保険は、補償内容がとにかく凄い

 続いてご紹介する「アメックスプラチナの最強メリット」は、旅行保険についてです。アメックスプラチナの旅行保険は、とにかく補償が充実していることで有名です。

 

≪海外旅行保険≫

補償内容

死亡・後遺障害

最高1億円

※5,000万円は利用付帯

傷害・疾病治療費用

1,000万円

賠償責任

5,000万円

救援者支援

1,000万円

携行品損害

年間100万円

※自己負担3000円

 

≪国内旅行保険≫

補償内容

死亡・後遺障害

最高1億円

入院費用

日額 5,000円

手術費用

最高20万円

通院費用

日額2,000円

 

特筆すべきは、「海外の傷害・疾病治療費用」の1,000万円でしょう。こちらは、海外旅行などで使う可能性が最も高い項目の保険なのです。ちなみに、1ランク下のアメックス・ゴールドではこちらの額は1/3以下の300万円に設定されています。

 

 

海外の医療費が高額なのは皆さんご存知の事と思います、例えば盲腸の手術で数百万円なんて事はザラにあります。ニューヨークで手術をして7日間入院したら250万円くらいです!盲腸の手術でこの金額というのは、ちょっと恐ろしいですよね。

 

 

アメリカをはじめ、海外で病気になって入院した際には3~400万円かかるのはよくあることなのです(アメリカの破産理由の一番が医療費です)。──アメックスプラチナの、「1,000万円の補償」がどれほど大切かつ安心かというのがご理解いただけたのではないでしょうか。これだけあれば、旅行中の急病などのアクシデントにも、落ち着いて対応できそうですね。

 

また、アメックスプラチナでは、航空機遅延保険も付帯されています。航空機遅延保険とは、航空便の遅延などでホテルに泊まらなければならなくなった場合のホテル代や食事代などを補償してくれる保険です!

 

 

さらに、乗継便遅延費用(ホテル代、食事代)も付帯され、遅延航空便の到着時刻から4時間以内に代替便を利用できなかった場合でも補償されます。

アメックスプラチナの「プラチナコンシェルジュ」は超優秀な秘書

_MG_8885

 

 

アメックス プラチナの最強メリットを語るときには、コンシェルジュサービスは欠かせません。「プラチナ・コンシェルジェ・デスク」では、24時間365日、アメックスプラチナ会員からの要望を電話で受ける体制が用意されています。

 

 

相談受付(コンシェルジュ)の範囲は、旅行、食事はもちろんのこと、エンターテインメント、ショッピングなど、あらゆるシーンでの予定、特別な体験の計画を提案してくれます。

 

 

しかも、アメックスのコールセンターの従業員は、ほとんどがアメリカン・エキスプレスの正社員であり、そのためサポートの品質もとても高いとされています。特に、旅行・エンターテイメントに関するコンシェルジュは卓越しています。

 

 

例えば、「夫婦での結婚記念に、ウユニ塩湖のツアーに行きたい」という相談をした際に、コンシェルジェ・デスクの方で希望する内容を伺ったのち、「ウユニ塩湖の美しすぎる日没と星空を観戦するオプションツアー」を提案してくれたりと、日程や予算の目安、組み入れたいエンタメ・スポーツ・オプションツアーなどを言えば、的確なプランを提示してくれるのです。

 

 

もちろん、実際に頼むか否かは提案の後に決められます。

 

 

「そのプランで行こう」となると、コンシェルジェ・デスクの方で宿泊するホテル、航空券・鉄道、現地でのオプションツアーなどあらゆる項目について予約・手配してくれます。一度利用したら、次回以降これなしではいられないくらいの手厚いサポートです!

アメックスプラチナの詳細情報

さて、ではここでいったんアメックスプラチナの詳細情報をまとめてみましょう。年会費やポイント還元、マイル還元など、一度紹介した内容も含まれますが、振り返って再度、アメックスプラチナがどんなクレジットカードなのかをご確認いただければと思います。

 

項目

アメックスプラチナ(アメリカン・エキスプレス・プラチナカード)

年会費(家族会員)

140,400円(税込み)
家族会員:4人まで年会費無料

ポイント還元率

0.3%~1.0%

マイル還元率

1.0%~2.0%

空港ラウンジ無料使用

国内28空港39ヵ所 海外2空港3ヵ所

プライオリティパス

プレステージ会員が無料(家族会員も対応)

グルメ系特典

・プラチナ・アクセス
・ファン・ダイニング

トラベル系特典

・ホテル・メンバーシップ
・ファイン・ホテル・アンド・リゾート
・フリーステイ・ギフト
・国内リゾートアクセス
・デルタ スカイクラブ
・コンフォート・カフェ

エンタメ系特典

・プレミア・ゴルフ・アクセス
・スポーツクラブ・アクセス
・プライベート・クルーズ
・ラグジュアリー・フライト
・Cotton Club等のエンタメ施設優待価格サービス

ショッピング保険

年間最高補償額 500万円

1事故当り自己負担額 1万円

補償期間 90日間

キャンセル保険

年15万円

その他保険

・ホームウェアプロテクション・ワランティープラス
・リターン・プロテクション

コンシェルジェ

プラチナ・コンシェルジェ・デスク

医療関連サービス

メディカル・コンサルテーション

空港系サービス

・空港パーキング

・国際線手荷物無料宅配

・エアポート送迎サービス

・無料ポーターサービス

・空港クロークサービス

 

≪海外旅行保険≫

死亡・後遺障害

最高1億円

※5,000万円は利用付帯

傷害・疾病治療費用

1,000万円

賠償責任

5,000万円

救援者支援

1,000万円

携行品損害

年間100万円

※自己負担3000円

 

≪国内旅行保険≫

死亡・後遺障害

最高1億円

入院費用

日額 5,000円

手術費用

最高20万円

通院費用

日額2,000円

 

こうしてみると、アメックスプラチナの付帯サービスや保険補償がいかに充実されているかが解りますね。ポイントやマイルの活用範囲、グルメからトラベル、エンターテイメント系まで特典・補償共に万全のラインナップです。国内・国外双方に特典がしっかり用意されているのも嬉しいところです。

 

 

ここまでご覧になられて、アメックスプラチナに興味を新たに持ち始めた──という方もいらっしゃったのではないでしょうか。続いては、そんなアメックスプラチナに入会するための、「インビテーション」(招待)について、お話していきたいと思います。

プラチナカードのインビテーションを受けるには?最短1年で取得可能!?

charge_gold_jp_di_480x304

 

アメックスプラチナを入手するためには、アメックスゴールドに入会して、インビテーションを受けられるまで利用履歴を積み重ねることが大切です。

 

 

気になるインビテーションのハードルですが、少し前と比べて現在はそれほど高くないと言われています。

 

 

インビテーションが送られる際の、アメックスゴールド保有期間の目安は最短で1年──。年間の利用実績は、100万円以上が原則です。ただし、現在は年間利用額が100万円未満でもインビテーションが届くこともあります。

 

 

ですので、「クレジットカードで大きな買い物はあまりしない…」という方でも、公共料金など含め、生活支払いをアメックスのクレジット払いに集中して行けば、充分インビテーションも狙えます!

 

 

また、現在ゴールドカードを1年以上利用している人は、思い切ってアメックスに電話してプラチナカード希望の旨を伝えれば(突撃)、案外OKが出るかもしれませんね。

 

利用歴0日でアメックスプラチナを保有する方法

アメックスプラチナは通常、申込がなくインビテーションが届いてようやく手に出来ると言われています。ただ、例外かつ特殊ですが、アメックスゴールドの保有歴が0日でもアメックプラチナを取得できる方法が2つあります。

 

アメリカン・エキスプレスカードの会社の営業からの申込

 

アメックスプラチナカードホルダーからの紹介

 

1つ目は法人限定になりますが、アメリカン・エキスプレスカードで働く従業員が会社の社長や役員宛てに電話営業をしてくるパターンです。

 

アポイントを取ると営業マンがアメックスプラチナの申込書を持ってきて、これに必要事項を記入すると申込完了となります。審査期間は約1週間、無事審査が通るとアメックスプラチナを保有することができます!

 

営業マン曰く、決して審査が緩くなるわけではないと言っていましたので、アメックスゴールドでクレヒスを積まなくていい分、時間が短縮できるのはメリットですね!因みに、私はこの方法でアメックスプラチナを取得しました!

 

 

2つ目はアメックスプラチナホルダーが、プロパーカードを保有していない方へ紹介するパターンです。

 

法人問わず、個人の方への紹介でもOKです!こちらも紹介後、申込書に必要事項を記入し、アメックスの独自の審査が通ればアメックスゴールド保有歴0日で、アメックスプラチナを取得できます!

 

因みに、プラチナカードのインビテーションが送られてくる基準の中に、アメックスゴールド保有歴1年という決まりがあります。

 

 

例え、1年間で1000万以上利用したとしてもインビも届かないですし突撃からの切替も不可能なので注意してください!カスタマーセンターに電話で確認したので間違いありません。

アメックスゴールドとのサービスの差や違い

「アメックスプラチナのインビテーションを受けるために、まずはアメックスゴールド」 といったところですが、そのアメックスゴールドについても基本情報や特徴に付いても触れておきましょう。

 

charge_gold_jp_di_480x304

 

syousai

koushiki

 

 

アメックスゴールド(アメリカン エキスプレスカード ゴールド)

申込資格

原則として25歳以上、他のクレジットカードやローン等の支払いがある場合、延滞のない方。

年会費

初年度:無料(キャンペーン中)

二年目以降:31,320円 (税込)

家族カード

1人目:0円  2人目:12,960円 (税込)

ポイント還元率

0.333%~0.40%

マイル還元率

0.5%~1.0%

※メンバーシップ・リワード・プラス入会時 年/4,320円(税込)

付帯サービス

・国内空港ラウンジ無料、プライオリティパス(スタンダード会員)

・「アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン」はじめ、豊富なトラベル系サービス

・「ゴールド・ダイニング by 招待日和」、「グローバル・ダイニング・プログラム」などのグルメ系サービス

・コットンクラブ、新国立劇場などの会員限定特典

・充実の旅行保険(海外旅行 最高額1億円 傷害・疾病治療費は最大300万円)

 

アメックスゴールドも他のクレジットカードと比べると抜群の付帯サービスです。特に、年会費31,320円が初年度無料というのも大きなポイントでしょう。

アメックスゴールドと比較した際の、アメックスプラチナだけのサービス

img_1514963_63692279_2

 

  • 「プラチナ・コンシェルジェ・デスク」

…24時間365日、アメックスプラチナ会員からの要望を電話で受ける体制

 

  • 「プラチナアクセス」

…一見お断りのお店の予約をアメリカンエキスプレスが代行して対応してくれるサービス

 

  • 「ホテル・メンバーシップ」 有名ホテルの上級会員資格

…様々なホテルの上級会員のVIP資格が付いてくる特典

 

  • 「ファインダイニング」

…国内の格式高いレストランや高級料亭を予約すると、優待特典が受けられるサービス

 

  • 「ファインホテル&リゾート」

…部屋のアップグレードやアーリーチェックイン、レイトチェックアウト、朝食サービスなどの優待が受けられるサービス

 

  • プライオリティパスの会員資格「プレステージ会員」

…アメックスゴールドは年に2回まで無料のスタンダード会員に対して、アメックスプラチナは回数制限無しのプレステージ会員

 

  • 海外旅行保険の「傷害・疾病治療費用」

…アメックスゴールドは最高額300万円なのに対して、アメックスプラチナは最高額1000万円

 

  • 「メディカル・コンサルテーション」

…自分や家族が病院などの医療機関にかかっている時に、セカンドオピニオンを聞いたり、優秀な専門医を
  紹介してくれるサービス

 

アメックスプラチナとアメックスゴールドの年会費の差額は101,000円。上記のアメックスプラチナ特有の特典が、この差額を埋めている──という訳ですね。

 

 

アメックスゴールドもとても人気のクレジットカードです。ここから更にサービスを上乗せしていくメリットがあるかどうかは、ご利用になる皆さんの価値観次第、といったところでしょうか。

 

 

続いては、「アメックスプラチナは、どんな人が持つと大きなメリットを享受できるか」についてみていきましょう。

アメックスプラチナを持って、大きなメリットを得られるタイプの方

アメックスは、「トラベル&エンターテイメントカード」の代表格カードです。その名の通り、トラベルやエンタメで大きな価値発揮をしてくれるカードですが、その中でもアメックスプラチナは、最高峰のプラチナカードと言えるでしょう。逆に、現時点で「トラベルやエンタメ系にはそれほど興味がない…」という方には、すこし持て余し感も感じてしまうかもしれませんね。

 

 

ですが、よく言われる格言に、「状況や立場が人を創り上げる」というものがありますが、アメックスプラチナを持つことによって、これまでと違うライフスタイルや新しい価値観に出遭えることもあるかもしれません。そんな好奇心をお持ちの方にも、アメックスプラチナはお勧めしたいクレジットカードです。

 

 

また、普段から海外旅行に沢山行ったりと、ある程度自由な時間と遊べる資金が豊富にあるような方はアメックスプラチナを持つことによって、利用シーンは大きく広がっていくことでしょう。特に以下のような方は、是非アメックスプラチナを検討されてはいかがでしょうか。

 

旅行やグルメ、エンターテイメントでの体験に関心・興味の強い方
旅行などに行ける時間が豊富にある方
高額の年会費を無理なく払える方
ポイント還元率などよりもサービスや優待を重視される方
さらなる高みのアメックスセンチュリオンを目指したい方

アメックスプラチナに興味が沸いた方、まずはアメックスゴールドから

さて、ここまでの「アメックスプラチナカード完全ガイド」の記事をお読みになられて、いかがでしたでしょうか。

 

 

ここまで説明しました通り、トラベル、グルメ、エンターテイメントどれもこれでもかというほどの充実したサービスです。

 

 

すでにアメックスゴールドをお持ちの方で、アメックスゴールドの付帯特典を有効活用されている方は、プラスされる年会費が負担にならなそうでしたら、一度はアメックスプラチナのインビテーションを目指してみてはいかがでしょうか。きっと、また新たな世界が広がるのではないかとお持ちます。

 

 

また、まだアメックスゴールドを保持していない方で、「アメックスプラチナの優待サービスに興味ある…」という方は、まずはアメックスゴールドの入会から検討されると良いでしょう。そこで、「かなり活用できる!」となれば、次のステップでアメックスプラチナを検討して…といった形で、段階を踏んでいくと、より安心かつ納得感を持って、進められるのではないかと思います。

 

 

ここまでお読みいただきありがとうございます。──この記事が、皆さまのクレジットカード選びと、より良いライフワーク選びに、少しでも参考になられることを、心より願っています。

 

≪アメックスゴールドの入会キャンペーン詳細はこちら≫

 

d4ab75cdd2638f0aba996bcef8d4a982

 

また、アメックスのグリーン・ゴールドでどちらのカードからクレヒスを積もうか迷った方は「アメックスゴールドとグリーンカードの選び方。メリットと付帯サービスの差を比較!」の記事を参考にしてください。

 

Pocket