ana-4
Pocket

 

クレジットカードを利用する方で、貯めたポイントをマイルに交換する方は多いのではないでしょうか?

 

マイルは普段から飛行機に乗らなくても、普段のショッピングでクレジットカードを利用するだけでもたくさんのマイルを貯めることができます。

ここ最近では、ANAやJALがコンビニやガソリンスタンドなど生活の中でよく利用する施設と提携してよりマイルが貯めやすくなりました。

 

しかし、マイルを貯めようと思ってもクレジットカードには年会費がかかったり、マイル移行手数料など必要だったりします。また、クレジットカードの種類も多くカードの特徴の違いなどかわかりくいです。

 

今回は、飛行機に普段乗らない方でも、ショッピングの利用でもマイルが貯めやすいANAカードを注目し、少ないコストで一番効率的にマイルが貯まるカードをご紹介します。

 

 

ANAカードとは!?

ana-4

 

ANAがクレジットカード各社と提携して発行しているカード。もちろん!ANAマイルを貯めるのに最も有利なカードです!

 

各クレジットカードのポイントをANAマイルに高い交換率で交換出来て、クレジットカードポイントとは別にANAマイル提携店などの利用でポイントとは別にボーナスマイルが貰えたりと、日常生活の消費などを効率よくANAマイルに変える事が出来るカードです。

ANA一般カードのラインナップ

anacard1

 

ANAVISA・Masterカード

ANAVISA・Masterカードはフライトでのボーナスマイルや、入会&毎年継続時ボーナス、急な出張にもすぐ対応できるANAカード会員専用運賃「ビジネスきっぷ」、ANAのチケットレスサービス「SKiP」など、オトクで便利なANAカードのサービスと三井住友カードの多彩なサービスがセットになったカードです。

 

01_px250

 

ANAVISASuicaカード

ANAVISASuicaカードは三井住友VISAカードに、ANAグループ便でのフライトボーナスマイルや、入会&毎年継続時ボーナス、急な出張にもすぐ対応できるANAカード会員専用運賃「ビジネスきっぷ」、ANAのチケットレスサービス「SKiP」など、オトクで便利なANAカードのサービスと、JR東日本で便利なオートチャージサービス対応モバイルSuica機能がついたカードです。

 

 

008ANAJCB1

 

ANAJCBカード

ANA JCBカードは、ANAカードのなかで、もっとも多彩なカードタイプがそろった定番の人気カードシリーズです。貯めたOki Dokiポイントをマイルに交換する時にかかる費用は5000円+税と他ANAカードが6000円+税と比べるとお得です。

 

ana-to-me-card-pasmo-jcb-300x183

 

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)はANAカードにPASMO機能が初めて搭載されたカードです。  ANAおよび提携航空会社の国内線・国際線搭乗でANAフライトマイルが、東京メトロでのPASMOによる乗車でメトロポイントや、JCB 加盟店でのショッピングのご利用でJCB カードのOki Doki ポイントが貯まる便利な多機能カードです。

 

51o1+5OA3JL._SL500_AA300_

 

ANAアメリカンエキスプレスカード

ANAアメリカンエキスプレスカードはANAカードとアメリカン・エキスプレス®のサービスがプラスされた人気のクレジットカードです。ANAマイラーにうれしいANAグループ利用でのポイント優遇制度(ANAアメリカン・エキスプレス・カードの独自特典)にくわえ、マイルが爆発的に貯まる入会&利用キャンペーンを継続実施しているのでマイルがよりたくさん貯めれます。

 

300x250_cla

ANAマイルをおすすめする訳

20091005-1

 

JALと比べると陸からでもマイルが貯めやすい!

 

飛行機に沢山乗ればマイルが貯まるのは当たり前の話しです!!もしそれでしかマイルを貯める事が出来ないとしたら、ほとんどの人にはマイルを貯める事など不可能という事になります!出張族の人とか特殊な人にしか無理だという事になりますよね!

 

では、一般的な人でもマイルを貯めるにはどうすればいいかと言いますと、陸マイルです!

陸マイルとは、飛行機に乗ってもらえるフライトマイル以外で、飛行機に乗らずに、日常生活の支払いをクレジットカード決済した時などに貰えるマイルの事です!日常的に飛行機に乗る事が無い人にとっては、この陸マイルをいかに貯めるかが鍵になります!

 

ライバルのJALカードはボーナスマイルの付与などが飛行機に搭乗する事が条件になっていますので、飛行機に乗る事が全くない方にとってはちょっとしたハードルになります!

一方ANAカードなら飛行機に乗る事が無くてもボーナスマイルの付与などに影響はありません。

 

≪ANA一般カードの公式サイトはこちら≫

同じアライアンス所属の提携航空会社もANAマイルで利用できる!

staralliancemembers

 

ANAは加盟航空会社が一番多いスターアライアンス!

 

アライアンスとは航空会社のチームみたいな者で、世界中の航空会社がアライアンスに所属して他社と提携関係を結んでいます!ANAの所属するアライアンスはスターアライアンスというチームで、同じ所属航空会社にはアメリカのユナイテッド航空(マイレージプラス)があり、お互いのマイルでお互いの特典航空券を利用できます。

 

例えば、ANAマイルを貯めていて特典航空券でANA便を利用しようとしたが、行きたい国へANA便が無い場合に、ユナイテッド便なら有るという場合には、ユナイテッド便をANAマイルで利用できると言った感じになります!

ANAとユナイテッドで、ほぼどこにでも行ける!と言っても過言ではありません!!スターアライアンスは加盟の航空会社が一番多いので、それだけ提携航空会社も多いという事であり、世界中で行けない所は無いかと思います!

実質的なマイル有効期限がJALカードより長い!

ana

 

ANA・JALのマイルの有効期限は獲得月より36ヶ月間です。

 

ではなぜANAの方が実質のマイル有効期限が長くなるのか?という事ですが、JALカードの場合はクレジットカード利用でポイントが貯まるのではなく、直接JALマイルが貯まって行きます

一方、ANAカードの場合はクレジットカード利用で各カード会社のポイントが貯まって、そのポイントをマイルに移行するという手順でマイルを貯める形になっています。

 

という事はJALカードの場合は貯め始めた時点からマイルの有効期限のカウントダウンがスタートする事になります!獲得した日から36ヶ月経ったマイルから失効して行きますので、あまり期限に余裕がありません。

 

ANAカードの場合まずはポイントとして貯まりますので、カード発行会社によりますが、カードポイント有効期限はだいたい1~2年とかあります。

ポイントを期限ギリギリまで保持しておいてから、マイルに移行すれば、そこからまたマイル有効期限の36ヶ月の猶予が出来ます!ポイントを獲得してマイルに移行してマイルの有効期限が切れるまで5年間は有効を保つ事が出来る事になります!

※アメックスやダイナースのANAカードであればポイント有効期限が無いので、目標マイル数相当のポイントが貯まるまで期限を気にすることも無く、目標マイル数相当のポイントが貯まったらその時にマイルに移行してしまえば良いので、事実上でマイルの有効期限が無いという事になります!

 

ただ、直接貯まって行くJALカードに比べて、ポイントから移行する必要のあるANAカードの場合は、移行手数料を取られますのでそこはANAカードのデメリットとなります!有効期限内に使い切れなくて失効させるくらいなら移行手数料を払ってその分、有効期限を延ばしてじっくりマイルを貯めることが出来るので、そこまで大きなデメリットには感じませんけどね。。。

 

≪ANA一般カードの公式サイトはこちら≫

ANAマイルにポイント交換出来るパートナーが多い

 img_sp_mile_ana_store

 

ANAマイルは楽天などのクレジットカード約30社のポイントプログラムやGポイントなどなどANAマイルに交換出来るパートナーが非常に多い事が魅力です!パートナーが多いので、他にも参加しているポイントプログラムのポイントをANAマイルに移行出来る可能性も高くなります!

ANAマイルは特典航空券以外の使い道も多い

ANAスカイコイン、楽天Edyや各種ポイントへの移行も出来ます!

例えばマイルを失効しそうになった時などに、他社のポイントに移行出来れば損失を最小に抑える事が出来たりします!その時に移行出来るポイントプログラムの種類が多ければ多いほど選択肢も増えるので助かります!!

特典航空券の必要マイル数が一番少ない!

0711-lang-multi

 

これは特典航空券を使う時期によりますが、選ぶ時期によってはJALよりも少ないマイル数で特典航空券をゲットする事が出来ます!

例えばANAは、ハワイへエコノミークラスでの特典航空券に必要なマイル数は最小マイル数で行ける時期であれば35000マイルです。

JALは時期に関係なく40000マイルですので、時期によってJALよりも5000マイル少なく済む事になります!!

 

≪ANA一般カードの公式サイトはこちら≫

ANAマイレージクラブの詳細

main

 

貯めたポイントをマイルと交換する場合、交換コースが3種類あり、1ポイント3マイルコース(ボーナスポイントなどに適用)と、1ポイント5マイルコースと、1ポイント10マイルコースがあり、5マイルコースは移行手数料(年会費)が無料ですが交換率は悪いです!

 

10マイルコースは移行手数料6000円+税(年会費)が発生しますが、10マイルコースは交換率も良いです。10マイルコースはマイルに移行するポイントが多ければ多いほど、移行手数料分6000円+税(年会費)を相殺出来て、一定のポイント数を超えれば、それ以上のメリットが受けられます。

 

ワイドゴールドカードなどの上級カードだと、年会費も高額になるので10マイルコースが無料で適用されます!!無料と言うか、移行手数料分が年会費に織り込み済みになっているという事です!

 

移行手数料無料の5マイルコースを選択していたらマイルは全然貯まりません!!というか貯まりますが、もったいないです!

 

移行手数料を払ってでも10マイルコースを選択しましょう!

 

「移行手数料を半額に出来て、ANAマイル有効期限を5年間にする方法が有ります!!」

移行手数料は年間6000円税金がかかりますが、これを半額にする事が出来ます!

移行コースが2種類あり、自動移行コースと都度移行コース(手動)があります。自動コースはカードのポイントが自動でマイルに移行されていきます!都度移行コースは移行したいと思ったタイミングで手動で移行する形となります。

 

自動移行コースは毎年年会費がかかりますが、都度移行コースは移行した年だけに年会費がかかります!

 

ここで注意点ですが、自動移行コースを選択してしまうと移行する手間は省けますが、獲得したポイントがどんどんマイルに移行されて行ってしまいますので、上記で話した、JALカードより長くマイルを運用出来るという話が通用しなくなってしまいます。ポイントが自動で移行されて行ってしまうという事はJALカードのシステムと全く一緒になってしまいますし、それに移行手数料も毎年発生してしまいます。

 

ですので、移行コースは都度移行方式を選択する必要があります!

 

カードポイントの有効期限が2年だったとしたら最初の1年はひたすらポイントを貯めて、2年目の最終月まで貯めたポイントをマイルに移行すれば、そこからまた、マイルで3年の有効期限を獲得出来ますし、何より移行手数料が2年目の分だけしか発生しませんので、2年で1年分の移行手数料、つまり実質半額で済ませる事が出来るという事になります!

 

それと、ANAカードの継続などで貰えるボーナスポイントなどは、1ポイント3マイルのレートで手動移行しか出来ませんので、どの道手動移行する事は必要となってきますので、全部まとめて手動移行すれば手間も省けます!

よって、10マイルコースの都度移行方式を選択するのが一番効率的となります!

 

クレジットカードの年間利用額が少ない方は移行手数料を払うのはもったいない!!逆を言うと、そこそこの年間利用額があるなら移行手数料を払って10マイルコースを選択した方が良いです!

 

結論は年間利用額が約20万円弱が移行手数料を払った方が良いかどうかの損益分岐点となります。

※(カードポイントが1000円で1ポイント付与で話を進めます。)

※(カードポイント付与率は年間利用額によってアップしたりしますので通常のポイント付与率でお話しして行きます)

↓↓

年間利用額20万円以上あれば移行手数料を支払って1ポイント10マイルコースを選択した方が、移行手数料分をペイした後のマイルを倍の1ポイント10マイルで貯めていく事が出来ます!

【10マイルコースを選択した場合の移行手数料をペイ出来る年間利用額は?】

年間利用額が20万円の場合

↓↓

年間20万円の利用で1P=10マイルだと、2000Pで2000マイル

1マイル1.5円と考えても3000円の価値です(実際に1マイルは1.5円程度の価値はあると言われています。)

移行手数料の半額は3000円+税ですので年間20万円の利用で、ほぼ移行手数料をぺイしたことになります。20万円以上からの利用分については5マイルコースの倍の1P=10マイルのレートで貯めて行く事が出来ます。

【年間利用額40万円の場合で移行手数料分を差し引いた時の5マイルコースと10マイルコースのマイル数の差は?】

5マイルコース

20万円で移行手数料をペイした後に貯まるマイル数は1000マイル

 

10マイルコース

20万円で移行手数料をペイした後に貯まるマイル数は2000マイル

 

その差は1000マイルとなります!!

 

年間利用額が10万円増えるたびにプラス500マイルの差が産まれていきます!

かなり大きい差となってきます!

 

年間利用額20万円は月に1万7千円弱の金額です!それほどハードルが高い金額では無いと思いますし、そもそもこのくらいの金額しかカードの利用が無いのであればマイルを貯める事をお勧めしません!

 

ここでもう一つ、移行手数料以外にもカードの年会費も発生して来ます!ANA一般カードの年会費はだいたい2000円程度(アメックスとダイナースは高いです)となっていますので、その分もペイする事を考えると移行手数料の3000円がペイ出来る年間利用額20万円に、カード年会費2000円程度がペイ出来る年間利用額の15万円くらいをプラスした35万円が本当の損益分岐点と言えそうです!!

ANAマイレージクラブまとめ

1P=10マイルの移行手数料は年間6000円+税かかりますが、都度移行方式を選択して1年に1回まとめて移行すればカードポイント有効期限が2年だった場合は半分の1年分の移行手数料を支払うだけで済ませる事が出来るので、移行手数料は半額にする事が出来ると考える事が出来る。

 

半額の3000円+税の移行手数料はカード年間利用額が20万円でペイ出来ます。

 

年間利用額が20万円に満たない方は1P=10マイルコースを選択しても移行手数料分ていどの価値のマイルしか貯まらず意味が無いので移行手数料が無料の1P=5マイルコースを選択すれば良い!!

 

年間利用額が35万円あれば移行手数料半額分の3000円+税と、ANA一般カード年会費の2000円程度を合算した約5000円のカード維持コストをペイ出来ますので、本当の意味でカードコストをペイ出来ます!

 

ただ、カード年会費等はカードによって色々安く出来る方法が有りますし、初年度無料だったりしますのであまり気にしなくても良いかもしれません!

ANA一般カードのボーナスマイル・特典

今回紹介する全てのANAカードに共通しているボーナスマイルと特典をご紹介します。

 

入会時&毎年カード継続ボーナスマイルで1000マイル

 

ANA便搭乗ボーナスマイル

区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率10%

 

ANAカードマイルプラス提携店で100円or200円でカードポイントとは別に1マイル付与

 

ANAグループでの優待特典

ANAホテル、空港免税店、機内販売などの利用で5%~10%オフ

ANAマイルの貯まる一般カード

ANA一般カードの年会費や付帯サービスの説明、各カードのメリット・デメリットをまとめました。

◆ANAJCBカード

008ANAJCB1

 

◦年会費:本人2000円+税 家族1000円+税

◦初年度年会費無料

◦ポイント還元率:0.5%

◦基本ポイント付与率:1000円で1ポイント

◦マイル還元率:0.5%~1.5%

◦旅行保険

➡海外旅行保険は自動付帯

死亡・後遺障害が最高1000万円

救援者支援が年間限度額100万円

その他の補償項目はありません。

➡国内旅行保険はありません。

➡国内航空便保険は条件付きで自動付帯(日本国内線で乗客としてケガをした場合)

 

《メリット》

◦1ポイント10マイルコースの移行手数料が5000円+税で少し安い

◦日本国内で利便性が高いJCBブランド

 

《デメリット》

◦JCBは日本人に馴染のある国以外の海外で使いにくいとの声も多い

◆ANA To Me CARD PASMO JCBカード(ソラチカカード)

ana-to-me-card-pasmo-jcb-300x183

 

◦年会費:2000円+税 家族1000円+税

◦初年度年会費無料

◦ポイント還元率:0.5%

◦基本ポイント付与率:1000円で1ポイント

◦マイル還元率:0.5%~1.5%

◦旅行保険

➡海外旅行保険は自動付帯

死亡・後遺障害が最高1000万円

救援者支援が年間限度額100万円

その他の補償項目はありません。

➡国内旅行保険はありません。

➡国内航空便保険は条件付きで自動付帯(日本国内線で乗客としてケガをした場合)

 

《メリット》

東京メトロの定期券を購入するとメトロポイントとJCBのオキドキポイントがダブルで貯まります!

◦1ポイント10マイルコースの移行手数料が5000円+税で少し安い

◦PASMO機能が付帯されており、東京メトロの定期券としても使える!

メトロポイントでもANAマイルを貯める事が出来る!

※エクストリームカードとGポイントとソラチカカードの組み合わせでANAマイルが最も効率良く貯める事が出来る方法があります!

 

《デメリット》

◦JCBは日本人に馴染のある国以外の海外で使いにくいとの声も多い

◆ANAVISAカード(Masterカード)

anacard1

 

◦年会費:本人2000円+税 家族1000円+税

◦初年度年会費無料

◦ポイント還元率:0.5%

◦基本ポイント付与率:1000円で1ポイント

◦マイル還元率:0.5%から1.5%

◦旅行保険

➡海外旅行保険は自動付帯

死亡・後遺障害が最高1000万円

救援者支援が年間限度額100万円

その他の補償項目はありません。

➡国内旅行保険はありません。

➡国内航空便保険は条件付きで自動付帯(日本国内線で乗客としてケガをした場合)

 

《メリット》

マイペイすリボ、Web明細書の登録で年会費を半額以下に出来る。

 

《デメリット》

◦10マイルコースの移行手数料が6000円+税と高い

◆ANA VISA Suicaカード

01_px250

 

◦年会費2000円+税 家族は無し

◦初年度年会費無料

◦ポイント還元率:0.5%

◦基本ポイント付与率:1000円で1ポイント

◦マイル還元率:0.5%から1.5%

◦旅行保険

➡海外旅行保険は自動付帯

死亡・後遺障害が最高1000万円

救援者支援が年間限度額100万円

その他の補償項目はありません。

➡国内旅行保険はありません。

➡国内航空便保険は条件付きで自動付帯(日本国内線で乗客としてケガをした場合)

 

《メリット》

Suicaチャージでポイントが付く

マイペイすリボ、Web明細書の登録で年会費をほぼ無料に出来る。

 

《デメリット》

◦10マイルコースの移行手数料が6000円+税と高い

◦家族カードが作れないので家族会員マイルを合算できない!

 

≪ANA一般カードの公式サイトはこちら≫

 

総評

この4カードが一般カードと呼ばれるカードです!ほとんど差はありません!

 

しいて言えばJCBの方がVISA・Masterに比べるとマイル移行手数料が1000円安いという事くらい。。ソラチカカードやSuicaカードは独自のサービスがあったりしますが、、、それでも言うほどの差を感じません。

 

もう一つアメックスブランドの一般カードが有りますが、年会費が7000円+税と高い事と、1ポイント10マイルコースの移行手数料が6000円+税がかかり、他の一般カードと同じ条件でのカード維持コストが13000円+税と、他の一般カードと比べるとダントツで高くなりますので今回は紹介はしていません!

 

アメックスの年会費が高い理由としては主に「 カードポイントの期限が無い事 」と「 旅行保険の補償が手厚い事 」「 アメックスブランドのステータス 」などが挙げられます!どちらも重要なメリットであると言えますので、このあたりの条件に心が惹かれるならアメックスを選択する事もありだと思います!

 

もっと高い年会費を出してゴールドカードにすれば、当然ですがもっと良い条件を得る事が出来ます!!

 

個人的にはソラチカカードがおススメで、移行手数料も5000円+税で安いですし、メトロポイントなど、ANAマイルを貯める事が出来るルートが一番多い気がします!エクストリームカードとGポイントとの組み合わせでの裏ワザ的なANAマイル獲得方法もあります。ソラチカカードが一番使い勝手が良いのではないかと思います!

 

ANA一般カードはインターネットからの申込限定で年会費初年度無料の特典や入会+利用でマイルがもらえる入会キャンペーンをしているので、一度チェックしてみてくださいね!

 

Pocket