254606-1456108920040
Pocket

 

スターアライアンスに加盟している、ユナイテッド航空のマイレージプログラムのマイレージプラス。

 

 

マイレージプラスはマイル有効期限が実質無期限、貯めたマイルで利用する特典航空券は親族以外(友達・彼女・知り合い)にも自由に利用することができます。また、スターアライアンス提携のANAの便も利用することが可能です。

 

 

今回はそんなメリットいっぱいのマイレージプログラムの説明、マイレージプラスがより効率よく貯めることができるクレジットカード、マイレージプラスセゾンプラチナカードのメリット・デメリット・審査基準や申込から到着までをまとめました。

 

 

1.マイレージプラスとは

キャプチャ

 

マイレージプラスとはスターアライアンス所属のユナイテッド航空が発行しているマイレージプログラムです。日本の航空会社でスターアライアンス所属にしているANAを利用してもマイルが貯まります。

 

2015年3月以降、フライトマイルの加算対象は飛行距離ではなく、航空券の価格に基づいて特典マイルが獲得できるようになりました。

マイルについて

マイレージプラスのマイルの有効期限は最終獲得月から18ヶ月間となっていますが、マイレージプラスのマイルが貯まる提携カードの利用やマイレージプラスモールなどの利用でマイルを加算し続ければ実質無期限となります。

 

 

特典航空券を利用する場合、最大11ヶ月前の日程より予約することが可能です。また、燃油サーチャージの費用もなく、空港利用税など必要経費はANA/JALに次いで安いのも特徴です。さらに、特典航空券は親族だけでなく、友達や彼女など誰でもにも利用することができます。

 

 

マイルを交換する際、スターアライアンス特典、セーバー特典は少なめのマイルで利用することができますが、利用できる席が少なく制限があります。実際に利用できる席数などは明確になっていません。また、スタンダード特典はスターアライアンス特典やセーバー特典に比べ必要マイル数は多いですが、予約が取りやすい特典となっています。

 

 

0711-lang-multi

 

 

国内で特典航空券を利用する場合、スターアライアンス特典のANAを片道5000マイル、往復10000マイルで利用することができます。このマイル数はANAの特典航空券で利用した場合に必要な12000~15000マイルと比べると、かなりお得なマイル数で利用することができます。

 

 

main_ua

 

各特典別、必要マイル数一覧表
スターアライアンス特典 航空会社 エコノミークラス片道 ビジネスクラス片道
日本国内 ANA 5000~ -
日本⇔グアム スターアライアンス 12500 30000
日本⇔ハワイ スターアライアンス 25000 50000

 

セーバー特典 航空会社 エコノミークラス片道 ビジネスクラス片道
日本⇔北アジア ユナイテッド航空 15000 25000
日本⇔グアム ユナイテッド航空 12500 25000
日本⇔ハワイ ユナイテッド航空 25000 40000

 

スタンダード特典 航空会社 エコノミークラス片道 ビジネスクラス片道
日本⇔北アジア ユナイテッド航空 30000 50000
日本⇔グアム ユナイテッド航空 25000 50000
日本⇔ハワイ ユナイテッド航空 60000 100000

マイレージプラスのデメリット

マイレージプラスはマイルを貯めやすい事や有効期限が実質無期限、特典航空券のマイル交換数が低い特典などメリットもたくさんあるのですが、デメリットもあります。

 ホームページがわかりづらい

ホームページなどの表記は日本語ですが、ユナイテッド航空はアメリカの会社のためなのか、特典航空券を予約する場合、すべて英語表記となっているため、慣れていない方はANAやJALと比較するとかなりわかりづらくなっています。

 

 

気休めかもしれませんが、ブラウザをGoogleクロームで開き、自動翻訳機能などを利用しながら進めていければ少しは楽になるかもしれません。

特典航空券の予約手数料

ホームページで予約が面倒な方、英語表記が難しくでうまくできない方が、何もしらない内にマイレージプラスの発券予約センターにて予約してしまうと、思わぬ手数料がかかってしまいます。

下記の表をご覧ください。

 

キャプチャ

 

マイレージプラスでは、フライトメンバーの上級会員資格がプレミアプラチナ、プレミア1K以外の会員が電話予約にて航空券を予約した場合、航空券1枚につき25$の手数料が必要になります。例えば、4人分予約する場合、航空券が4枚必要となるのでこのときの手数料は100$で日本円にすると約12000円手数料がかかってしまいます。

 

 

01_px240

 

マイレージプラスとよく比較されるデルタ航空のスカイマイルが貯まりやすいデルタスカイマイルアメックスゴールドカード(年会費26000円+税)では入会するだけで、ゴールドメダリオンの会員資格が自動的に付与されます。

 

 

スカイマイルでも通常会員の場合、航空券を電話予約する場合、1枚につき25$の手数料が必要ですが、ゴールドメダリオンの会員資格になることで、電話予約の手数料が無料となります。

 

 

デルタスカイマイルアメックスゴールドの詳細はこちら

緊急発券手数料

マイレージプラスの緊急発券手数料とは、出発日が21日以内の近い特典航空券発券にかかる手数料のことを言います。費用は会員資格ごとによって異なりますが、通常会員の場合は国内の予約の場合でも航空券1枚あたり75$必要になるので、急な出張やマイルを利用することを前提とした思い付きの旅行などには利用しずらいのがデメリットです。

 

会員レベル 手数料
1K、グローバルサービス、プレミアプラチナ 無料
プレミアゴールド 25 アメリカドル
プレミアシルバー 50 アメリカドル
一般会員 75 アメリカドル

2.マイレージプラスセゾンプラチナカードの特徴

254606-1456108920040

 

年会費:36000円+税 家族カード:9000円 ETCカード:無料
還元率:1000円(税込)▶15マイル=1.5%
更新特典:5000マイル
マイル有効期限:最終獲得月から18ヶ月※毎月カードの利用でマイルが加算されれば実質無期限となります。
マイル獲得上限:無制限
入会キャンペーン特典:入会で10000マイル 入会後3ヶ月間の還元率1.5%アップ 最大5000マイルまでプレゼント!

 

マイレージプラスセゾンプラチナカードの入会キャンペーン詳細はこちら

付帯サービス

マイレージプラスセゾンプラチナカードは旅行保険やショッピング保険、Visaプラチナ会員限定サービスなど付帯サービスが抜群です。

旅行保険

o0720040512108605268

 

国内(利用付帯)・海外(自動付帯)旅行保険、最大1億円まで補償。

傷害や疾病治療費の額、家族の保険内容は本会員が300万円で家族が200万円まで補償されます。

ショッピング保険

「ショッピング安心保険」はカードで購入された日から90日間に、日本国内・海外で発生した火災・破裂・爆発・破損・盗難などの偶然な事故にが対象で、1事故につき最大500万円まで補償されます。

※1回の事故につき5000円の自己負担金が必要となります。

 

Visaプラチカードサービス

main_img

 

JTB の海外パッケージツアーや海外航空券がご優待価格にて利用できる「Visaプラチナトラベル」、近畿日本グループの国内で飛行機を利用したパッケージツ アーやホテルや旅館などの宿泊プランなどを優待価格で利用できる「Visaプラチナクラブ」、国内外の一流有名レストランを割引優待やさまざまな特典を利 用できる「Visaプラチナダイニング」、国内外の名門ゴルフ場の予約が取れる「Visaプラチナゴルフ」などVisaプラチナ会員しか利用できないサー ビスを満喫できます。

 

海外アシスタントデスク

旅行前の現地の情報や、旅行プランの予約の代行、またホテルやレストランの予約の代行、旅行先でのトラブルの相談を全て日本語で対応します。

 

セゾン空港ラウンジサービス

羽田・成田・中部国際・関西国際・伊丹・福岡などの国内主要空港とハワイホノルル国際の航空ラウンジが無料で利用できます。

 

国内ホテル宿泊ご優待

8dc358760f80b4caeb250deb04837a73

 

コンラッド東京、ザ・ペニシュラ東京、ザ・リッツ・カールトン東京、帝国ホテル東京、ホテルオークラ東京ベイなどお得な宿泊プランを年間通してご案内しています。

 

ハーツレンタカー

世界145ヵ国、10300ヵ所の拠点をもつハーツレンタカーが、レンタル料金から5~20%OFF+プラチナ会員特典として1クラス無料アップグレードが適用されます。

 

西友・リヴィン優待

毎月5日・20日は西友やリヴィンでの買い物金額が引き落とし時より5%OFFされます。西友・LIVINの建物に入っている全ての店舗内で適用されます。

 

コスモ石油優待

コスモ石油などの特別提携加盟店で利用すると1000円の利用につき20マイル(還元率2%)付与されます。

※ご利用金額が1,000円未満の場合は切り捨てとなります。     ※一部除外店舗がございます。

 

MileagePlusモール

2016-04-06

 

 

MileagePlus モールは、フライト以外でも、ショッピング、グルメ、電話&通信、ドライブ、トラベル・サービス、ホビー&ライフ、ニュース&マガジンなど、毎日の生活の さまざまな機会に、マイレージプラス・マイルをご獲得いただける、マイレージプラス会員専用のオンラインショッピングサービスです。 MileagePlusセゾンプラチナカードでのお支払いで、さらにマイルが貯まります。

 

 

カードのご利用が無い方で、マイルの有効期限直前に利用することでマイルの有効期限を伸ばすことができます。

 

≪MileagePlusモールはこちらで確認できます≫

申込資格・審査について

マイレージプラスセゾンプラチナカードの申込資格は20歳以上で学生は不可、安定した収入があり、社会的信用を有する方となります。

 

 

プラチナカードはインビテーション制が多い中、VISAブランドでも申込が可能なプラチナカードです。

申込資格が20歳以上ということもあり、勤続年数が1年~2年で年収が250万円前後のサラリーマンの方でも審査が通りやすいプラチナカードとなっております。

 

 

また、提携がセゾンカードなので、すでにセゾン系のクレジットカードを利用している方も審査が通りやすくなります。

 

 

利用限度額は規定の審査により異なりますが、デフォルトでも最低100万円~500万円までと設定されます。

 

3.マイレージプラスセゾンプラチナカードのメリット

マイレージプラスセゾンプラチナカードの1番のメリットはマイル還元率が1.5%で移行マイル数に制限がないところです。

他のカードでもマイル還元率の高いカードはありますが、1年間で移行できるマイル数が最大80000マイルや100000マイルなど制限を設けてるクレジットカードも多いです。

 

 

よって、高年収の方や、仕事などの経費の支払いなどで、クレジットカードを年間で500万~1000万以上利用される方にとってはマイレージプラスセゾンプラチナカードは1年間無駄なく高還元率でマイルを貯めることができるのです。

 

 

他にも、最大1億円まで補償される旅行保険や、VISAプラチナカードサービスなど利用できたり、マイルを貯めるだけでなく普段の生活にもメリットがたくさん感じられるクレジットカードです。

マイレージプラスセゾンプラチナカードよよく比較されるカード

デルタスカイマイルアメックスゴールドカード

01_px240

 

年会費26000円+税のデルタスカイマイルアメックスゴールドにはマイルの有効期限や移行マイル数に制限はありません。

 

マイルも貯めやすく、100万円利用ごとに5000ポイントがボーナスされます。(年間300万円の利用まで)よって、マイル還元率は最大1.5%となりますが、利用金額が300万円を超えるとボーナスがつかないので1%になります。年間利用額が300万円超えるくらいの利用者にはおすすめです。

 

 

≪デルタスカイマイルアメックスゴールドカードの公式サイトはこちら≫

 

ANAアメックスゴールドカード

51sY2b-p8eL._SL500_AA300_

 

年会費31000円+税のANAアメックスゴールドカードポイント有効期限が無期限なのと移行マイル数に上限が無いのが最大のメリットです。通常利用でのマイル還元率は1%なので、1.5%のマイレージプラスセゾンプラチナカードと比較すると少なく感じるかもしれませんが、ANA提携店のコンビニやガソリンスタンドなど日々の生活で利用することで還元率2%になる店舗もあるので、その分ANAマイルを貯めやすくなっています。

 

 

旅行保険や付帯サービスではアメックスゴールドカードと同等のサービスが利用できたり、入会キャンペーン特典でもらえるマイル数も最大43000マイルと多いのも大きなメリットです。

 

 

≪ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの公式サイトはこちら≫

 

 

また、ANA VISA プラチナ プレミアムカードなら同じ1.5%のマイル還元率で貯まり、ポイント有効期限4年+マイル有効期限3年の合計7年分のマイルを貯めることができます、ただ、年会費が80000円+税と審査がかなり厳しく簡単に入会できないので比較できませんね。。。

4.マイレージプラスセゾンプラチナカードのデメリット

マイレージプラスセゾンプラチナカードのデメリットは、還元率は1.5%と通常利用でマイルを貯めやすくなっていますが、36000円+税の高額な年会費となるでしょう。年間利用額が少ない方には36000円の年会費をペイするにはかなりハードルが高いと思います。

 

o0800052213037103452

 

正直、年間カード利用が200万円未満の方には通常のマイレージプラスセゾンカードをおすすめします。年会費は1500円+マイルアップメンバーズ年会費5000円+税を支払えば、マイル還元率は同じ1.5%になります。

 

≪MileagePlusセゾンカードの公式サイトはこちら≫

5.申し込みから到着まで

今回、入会特典や継続特典もあるのと、マイル還元率が1.5%で貯まるということで、会社の仕入れ用のカードとして、マイレージプラスセゾンプラチナカードを申込みました。

 

 

申込んだ日にちは2016年3月30日午前11:30ころ、同日、17:00ころにセゾンカードから確認の電話連絡が入ると、その会話の中でカードを発行させていただきますと回答いただきました!恐らく、すでにセゾン系のカードを多数保有しているため、簡単に審査が通ったと思います。

 

 

また、カード発行日が最短3日と記載していた通り、週末をはさんで4月5日にカードが自宅に届きました。

 

クレジットカードが入っていた封筒

IMG_3866

 

限度額1000万円??

早速カードを見ようと封筒を空けて券面のついた紙を見てみると、限度額の欄に「1000万円」という文字が記載されていました!

 

IMG_3865

 

この数字は電話連絡した際にも確認しましたが、私は以前から経費用で使用していた限度額1000万円のセゾンプラチナビジネスアメックスを保有しています。セゾン系のクレジットカードはクレヒスを積むと限度額は結構簡単に上げてくれます。

 

 

ただ、この1000万円という限度額は各カードごとに定められてはいますが、今回のマイレージプラスセゾンプラチナカードとセゾンプラチナビジネスアメックスを足して限度額の合計が2000万円になるという訳ではありません。

 

 

では、どういうことかというと、セゾン系のクレジットカード複数枚全て合わせた限度額の合計が1000万円という設定になっているということです。

もし、セゾン系のクレジットカードを多数所有している方、私も最初は勘違いしていましたが、カスタマーセンターに確認しましたので気を付けて利用してください!

6.まとめ

マイレージプラスは有効期限が実質無期限
マイレージプラスは国内の特典航空券がANAよりお得
プラチナカードはマイルが無制限に貯められる
年間利用額が200万円未満ならマイレージプラスカードでOK
最短3営業日でカードは届く♪

 

今回はマイレージプラスの説明からマイレージプラスセゾンプラチナカードの特徴など説明しましたがいかがでしたでしょうか?

 

 

マイレージプラスはプラチナカード以外のカードでもマイルを効率よく、無駄なく高還元率でマイルを貯めることができますので、マイラーの方や陸マイラー方、どちらにもおすすめします。

 

 

どこの航空会社でマイルを貯めようか迷っている方や、マイルを貯めるクレジットカードを探している方の参考になれば嬉しいです♪

 

 

Pocket