nanacoチャージで1番ポイントが貯まるクレジットカードは?おすすめクレカ厳選4枚!nanacoマル秘テクニックも公開!

Pocket

 

 

※2017年6月12日更新

クレジットカードや電子マネーなど利用して、効率よくポイントを貯める節約志向の強い方必見です!

 

ご存知の方も多いと思いますが、nanacoやEdyのような電子マネーにクレジットカードを利用してチャージすることをクレジットチャージと言います。

 

クレジットチャージした場合、チャージした金額に対してクレジットカードのポイントが貯まります。

※電子マネーによりポイントが貯まらないカードもありますのでご注意ください。

 

そこで今回は、セブンイレブンやイトーヨーカドーなどで使える電子マネーnanacoにクレジットチャージした場合に、1番ポイントが貯まるおすすめクレジットカードを紹介します!

 

さらに、nanacoを使ったマル秘テクニックも注目です!

 

 

nanacoへのクレジットチャージでポイントが貯まるクレジットカード

nanacoにクレジットチャージできるおすすめのクレジットカードを紹介します。

※nanacoにクレジットチャージする場合、事前登録が必要となりますのでご注意ください。

リクルートカードプラス

20140401080040

 

リクルートカードプラスは年会費2000円+税ですが、国内のクレジットカードの中で最高の還元率2.0%です。

 

ポイントはリクルートポイントですが、Pontaと統合したためPontaポイントと等価交換が可能です。

 

リクルートカードプラスは1回ごとの利用料金の端数が切られることなく1ヵ月の利用合計金額の2.0%ポイント還元される良心的なクレジットカードです。

 

JCBにはポストペイ型の電子マネーのQUICPay(クイックペイ)があります。

 

nanacoカードにはQUICPay搭載のカードがありますので、リクルートカードプラスとnanacoを紐づけた場合、通常利用で2%+nanaco利用で0.5%、合計2.5%の還元率となります。

 

電子マネーのnanacoとモバイルsuicaへのチャージした金額に対しても2.0%満額ポイントがつくのは大きなポイントです。

 

ただ、2016年9月16日よりnanacoとモバイルsuicaへのチャージに対してポイントの付与がなくなるという条件改悪の発表がありました。この他に年会費や還元率などの条件変更はありません。

 

尚、現在リクルートカードプラスは新規申込の受付を行っておりませんが、年会費無料のリクルートカードなら電子マネーにチャージした分、ポイント還元率1.2%で付与されます。

 

リクルートカードでポイントが貯まる電子マネー

 

リクルートカードはJCBとVISAから選ぶことができ、JCBの場合はnanacoとモバイルsuicaへのチャージがポイント付与の対象となり、VISAの場合はnanaco、モバイルsuica、楽天Edy、SMART ICOCAへのチャージがポイント付与の対象となります。

 

nanacoチャージで還元率3.8%にする裏ワザ

簡単に説明すると、リクルートカードプラスでnanacoに1万円チャージします、この時点で2%のリクルートポイントが付与されます。

 

10000円のQUOカードには180円分のおまけがついており、合計10180円分利用することができます。よって、この時点で10000円のQUOカードを買うだけで還元率は1.8%となります。

 

そのチャージしたnanacoでQUOカード10000円分を購入すると合計還元率3.8%となります。

 

QUICPayとnanacoを紐づけした場合の2.5%より還元率が高くなるのでよくコンビニなどを利用する方はこちらの方がお得となります。

※2016年9月16日以降nanacoチャージへのポイント付与がなくなりますのでご注意ください。

 

 

また還元率1.2%のリクルートカードで同じことをした場合、QUICPay(nanaco)利用時の還元率1.7%に対して、10000円のQUOカードをnanacoで購入すると還元率3.0%となります。

 

現時点では、nanacoにクレジットチャージした際、1番お得にポイントが貯まるのは還元率1.2%のリクルートカードです。

 

月に1万円以上セブンイレブンのコンビニを利用する方、是非参考にしてください!

※コンビニよっては10000円のQUOカードの取扱のない場合がございます。

 

リクルートカード

楽天カード(JCB)

rakuten_card_jcb_240

 

楽天カードは年会費永年無料で通常利用時の還元率は1%で楽天市場を利用するとさらに3%ポイントが増え合計4%のポイント還元率となります。

 

また楽天プレミアムカード(ゴールドカード)の場合は4%増えるので還元率は5%となります。

 

キャプチャ

 

楽天カードのJCBブランド限定ですが、nanacoにクレジットチャージした場合、100円利用につき還元率1%で楽天スーパーポイントを貯めることが出来ます。

 

貯めた楽天スーパーポイントは楽天Edyにチャージが可能なので、楽天Edyを利用してる方におすすめできるクレジットカードです。

 

尚、楽天カードは新規入会&利用でもれなく7000ポイントプレゼントキャンペーンをやっています。

 

このポイントは時期によっては最大8000ポイントまでUPしますが、7000ポイント以上なら後悔しません!

 

楽天市場を利用する予定のある方はタイミングを見計らって入会するのもおすすめです。

 

新規入会のポイント数をチェック!

 

楽天カードの新規入会ポイントを2倍にする知恵

【夫婦限定】

仮に、新規入会キャンペーンが5000ポイントの時に、旦那さんが楽天カードを申込む場合、必要であれば家族カードも同時に申込むと思います。

 

しかし、家族カードを入会したところで5000ポイント以上もらえることはありません。

 

楽天カード世帯主に安定した収入があれば専業主婦でも申し込めるクレジットカードです。

 

旦那さんが既に楽天カードを保有していれば、奥さん名義で申込んでもほぼ審査に通ります

 

よって、最初に家族カードを申込むのではなく、奥さんと旦那さん別々に申込むことによって新規入会キャンペーンのポイントを2倍分(10000ポイント)もらうことが出来るのです。

 

楽天カードは年会費永年無料なので、キャッシング枠を0円にしておけば保有していてもデメリットは特にありません。

 

楽天市場で欲しいものがある方は是非試してみてください!

 

Yahoo!JAPANカード

 

Yahoo!JAPANカードは年会費無料で通常の利用で1%のTポイントを貯めることができます。

 

Tポイントは全国のTSUTAYAやファミリーマートやガスト、Yahoo!ショッピングやENEOSなどで使って貯めれてメリット満載の共通ポイントです。

 

Yahoo!JAPANカードはVISA,Master,JCBの三種類の国際ブランドから選ぶことができますが、その中でもJCBブランドだけnanacoチャージした場合、100円利用につき還元率1%でTポイントが貯まります。

 

そんなTポイントは、Yahoo!ショッピングファミリーマート全額Tポイント払いした場合でも、利用金額分に対してTポイントが現金・クレジットカード払い同様に貯まります。

 

Yahoo!ショッピング最強説

通販サイトを利用する時、Yahoo!ショッピングをはじめ楽天やamazonや価格コムで金額など比較したことはありませんか?

 

ここ最近、通販で買い物することが多かったので、どこで買うのが1番安くなるかポイント付与率なども考えながら調べてみました。

 

 

Yahoo!ショッピングは、6月現在、ソフトバンクのスマホユーザーならポイント10倍、5のつく日はポイント5倍、YAhoo!プレミアム会員加入(月額498円)でポイント4倍やYahoo!JAPANカードの利用でポイント3倍など、とにかくTポイントがかなり貯めやすい通販サイトになりました。

 

「どうせ買うなら少しも損したくない!」という性格なので、色んな商品を楽天市場で楽天カードを利用してポイント4倍付与された場合の価格や、amazonの価格とも比較しましたが、商品代金からポイント分を引いた金額で比べてみた結果、Yahoo!ショッピングが一番安く買い物できることがわかりました!

 

特に、ソフトバンクのスマホユーザーの方、Yahoo!プレミアム加入している方、Yahoo!JAPANカードをお持ちの方、是非1度、Yahoo!ショッピングと他サイトの価格を比べてみてください!

 

また、Yahoo!JAPANカードは楽天カード同様、時期によって異なりますが、入会&利用でTポイントが5000ポイント~最大11,111ポイントもらえるキャンペーンをやっています。

 

現在、最大10,000ポイントもらえるキャンペーンが開催中です!10,000ポイントもらえるチャンスは1年の中で2回程度しかありません、この機会を逃したら恐らく11月11日まで(前回11,111ポイント時)まで無いと思ってください!

 

因みに、審査も早く申込後最短1分で審査が完了します、審査完了後にはすぐに使えるTポイントが5,000円分が貰えますよ♪

 

国際ブランドは、JCBを選択すればnanacoチャージでもTポイントが貯まります。

 

Yahoo!ショッピングでお買い物予定のある方は是非チェックしてみてください!

 

セブンカード・プラス

 

セブンカード・プラスは、初年度年会費無料で2年目以降は500円+税かかりますが、年間5万円以上の利用で次年度年会費無料になります。

 

国際ブランドはJCBとVISAの2種類から選択できます。JCBならApple Payに登録できSuicaチャージも可能です!

 

セブン-イレブンでは、利用200円(税込)の利用ごとに3nanacoポイント付与されるので還元率1.5%とかなり高くなります。ポイントは1ヵ月の累計金額ごとに付与されるのでポイントの取りこぼしが最少で済むので安心して使うことができます。

 

 

また、nanacoチャージした場合は、200円ごとに1nanacoポイント貯まり還元率は0.5%です。

 

チャージしたnanacoをセブン-イレブンやイトヨーカドーでnanaco払いした場合、100円(税抜)ごとに1nanacoポイント貯まるので、チャージ+nanaco払い時の合計還元率は1.5%まで上がります。

 

セブン-イレブンではnanaco払いよりクレジット払いの方がお得!?

上記でもポイント還元率について説明していますが、セブン-イレブンの会計時にセブンカード・プラスで支払った場合、200円(税込)ごとに3ポイント(1.5%)が1ヵ月利用した合計金額に対して付与されます。

 

一方、セブンカード・プラスでnanacoチャージした場合、200円ごとに1ポイント(0.5%)、nanaco払いでは1回利用毎に108円(税込)つき1ポイント(約1.0%)貯まります。

 

還元率はどちらも1.5%で一見大きな違いはないように見えますが、実はかなり大きな差があるんです。

 

1ヵ月の累計金額に対してポイントが貯まる」

「nanaco払いは1回利用ごとにポイント付与、しかも108円と消費税つき」

 

端数の切り捨てがあるnanaco払いに対して、累計金額に対してポイントが貯まるセブンカード・プラスでのクレジット払い、この時点でも差があるのですが、最も大きな違いは、

 

「セブンカード・プラスでクレジット払いして貯めたnanacoポイントはまだ使われていないため、nanacoチャージしてnanaco払いすれば、さらに、108円毎に1nanacoポイントが付与される」

 

という点です!

 

このことからnanacoチャージ+nanaco払いで1.5%の還元率と比較すると、実質、還元率の差は約1.0%あるということになります!

 

よってセブン-イレブンのヘビーユーザーの方は、nanaco払いよりセブンカード・プラスクレジット払いした方が圧倒的にお得ということになります!

 

nanacoとは

キャプチャ

 

キリンのロゴマークでお馴染みのnanacoは全国のセブンイレブンやイトヨーカドーなどセブン&アイグループや加盟店でご利用でポイントが貯まる!使える!ポイントがおトクに貯まる キャンペーンやメリットがいっぱいの電子マネーです。

 

現在では、利用できる店舗も多くなり大手家電量販店では、ビックカメラ・コジマ・ソフマップ。お支払いだけできるお店ではロフト・ココカラファイン・エッソ・モービル・ゼネラル・東京駅一番街・ミスタードーナツ・ヤマト運輸などかなり幅広く利用することができます。

 

nanacoを利用した場合に貯まるnanacoポイントは100円(税抜)で1ポイント貯まります。

 

セブン&アイグループで利用した場合はその場でポイントが付与されますが、ロフトやラウンドワン、ココカラファインなどの加盟店で利用した場合は後日ポイントが付与されます。

 

当年4月から翌年3月までに加算されたポイントの有効期限は翌々年3月末まで、期間が過ぎると失効してしまいます。交換手数料は無料なので失効する前に電子マネーに交換するのをおススメします。

 

 

7

nanacoは税金・社会保険料、公共料金の支払いが可能

固定資産税・自動車税・住民税などの税金、国民年金・国民健康保険、電気・水道・ガスなどの公共料金の振込用紙をセブンイレブンに持って行きnanacoで支払うことが可能です。

 

通常、税金などは現金で支払うイメージが強いと思いますが、nanacoで支払うことが可能なのでクレジットカードでチャージした分のポイントがお得になるのでnanaco払いにすることを強くおすすめします!

 

nanacoへのクレジットチャージには利用制限があります、nanaco番号毎に 1ヵ月間では回数で15回 合計金額で20万円迄、また1日では回数で3回迄のご利用が可能です。

 

1回で、クレジットチャージできる金額は、5,000円以上、1,000円単位で29,000円迄となります。

 

nanacoカード、またはnanacoモバイルにチャージできる上限額は、50,000円ですが、これとは別にセンター預かり分として50,000円チャージできるので、nanacoカード1枚につき最大100,000円までチャージ可能となります。

 

nanacoカードに登録できるクレジットカードは1枚だけです、他にチャージできるクレジットカードをお持ちならnanacoカードを複数枚持つことで20万円以上の税金もnanacoで支払えちゃいます。


余談

1枚のコンビニ払込用紙で支払える金額は最大25万円までとなっております。

 

高額所得者で市県民税の金額が25万円を超える場合は、税務署や市役所などに連絡して「コンビニで支払いたいので、25万円以下に分割納付できるようにしてほしい。」と相談をすれば、高確率で対応してくれます。

 

コンビニ払込用紙の金額が25万円以下になれば、あとはnanacoカードを3枚もって支払うだけで、チャージした分のクレジットカードのポイントを貯めることが出来ます!

 

少し、面倒な部分もありますが、是非チャレンジしてみてください!

まとめ

セブン-イレブンはセブンカード・プラス払い!
nanacoチャージするならリクルートカードor楽天カードorYahoo!japanカード
条件次第でYahoo!ショッピングが1番安く買える!
払える税金は全てnanacoで支払おう!
10万を超えたらnanacoカード2枚で支払い!

nanacoチャージでポイントが貯まるクレジットカードを紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

 

他にもJMBローソンPontaカードVisa、ライフカード、ファミマTカードなどnanacoチャージでポイントが貯まるカードもありますが、還元率が0.25%~0.5%と1%以下なので省略させていただきました。

 

今後の、nanacoでの支払い方法やクレジットカードのポイントUPなど参考になればと思います!

 

 

また、電子マネーの楽天Edyをクレジットチャージする時におすすめのクレジットカードは「楽天Edyチャージがおすすめのクレジットカードは?ポイントが1番貯まる方法を伝授!」にて詳しく解説しています。

 

Pocket