b54be904879a9edf94d71439bef6eec4_s
Pocket

 

毎日の生活の中で必ずお金を使うと思います。

 

どうせお金を使うなら少しでも効率よくポイントを貯めたりキャッシュバックされたい!そんな考えのお持ちの方は少なくないと思います。

 

今回は、節約家の方が参考にしたい、もちろん年会費無料のクレジットカードの効果的な組み合わせ方をご紹介します。

 

 

クレジットカードを使い分ける

まず初めに、皆さんはクレジットカードを場所やお店ごとに使い分けていますか?

 

ご存知だと思いますが、クレジットカードは種類によってメリット・デメリットが異なってくるので、うまく使い分けることによって1ヵ月の利用金額の1%~10%以上分のポイントが貯めれたりキャッシュバックを受けられたりします。

 

では、実際どのような場合に使い分ければよいかまとめてみました。

 

スーパー・ドラッグストア
コンビニ
ネット通販
飲食店
デパート
保険(生命・自動車・学資)
携帯・ネット回線

 

このように7つの項目にわけてクレジットカードを持つのが一番ベストですが、さすがに枚数が多すぎるのでこの7項目の中から絞り込みました。

メインカードを決めよう!

6c1b4cda275b476265733e20157a70ec_s

 

上記ではカードを利用するシーンを7つの項目に分けましたが、例え年会費無料のクレジットカードでも7枚持つのは管理が大変になると思います。

 

コンビニやネット通販やデパートなど、各店舗やサイト独自のクレジットカードは比較的ポイントが貯まりやすいカードなので、保険代のように固定でかかる支払いや機会が多いスーパーや飲食店などの支払いはできるだけ還元率の高いメインカードを1枚決めると管理も楽になります。

おすすめのメインカード

できるだけ高還元で貯めたポイントが使いやすい年会費無料のおすすめのメインカードを紹介します。

保険や飲食代など、提携カードのように固定の特典が受けられない場合の支払い時に利用するのがおすすめです。

 

リクルートカード

キャプチャ1

 

◆年会費無料で還元率1.2%で人気のおすすめクレジットカード
還元率 年会費
(税抜き)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カードフェイス
1.2~4.2% 永年無料

VISA

JCB

モバイルSuica
ICOCA
nanaco
Edy

recruitcard

【リクルートカードのおすすめポイント】

リクルートカードはは年会費無料で還元率1.20%のクレジットカード。リクルートのサービスで利用すれば還元率は最大4.2%になります!ポイントはリクルートポイントがPontaポイントになったが、ホットペッパーやじゃらんなどリクルートが運営するサービスで利用でき、またPonta提携店舗でも利用でき無駄なく有効的にポイントが利用できます。また電子マネーのチャージ時にもポイントが付与されるため、楽天Edyならチャージ+利用の還元率は1.7%になります。利用付帯ながら海外・国内旅行傷害保険も最大2000万円ついていて、ショッピング保険も最大200万円まで補償してくれます。メインカードにするならリクルートカードをおすすめします。

【現在の入会キャンペーン情報】

今なら最大6000円分のポイントプレゼント!
468-60-3

リクルートカードはよくレックスカードライトと比較されることが多いカードです。レックスカードライトも同じく年会費無料で還元率1.25%、貯めたポイントは同じ還元率でカード利用金額からキャッシュバックされるのでシンプルに値引きにメリットを感じる方にはおすすめです。ただ、レックカードライトは基本の還元率はリクルートカードより高いですが、価格コム安心支払いサービス利用時に還元率が1.5%以外でポイント還元率が上がることがないので、リクルートカードと比較するとメリットは少ないです。

ケースバイケースで利用しよう!おすすめのサブカード

ファミリーマートやローソンやサークルKなどのコンビニ、Yahoo!ショッピングや楽天や価格コムなどのネット通販、高島屋や伊勢丹やパルコなどのデパート、ケータイ代やネット回線などさまざまなシーンで利用した場合にお得なクレジットカードを紹介します。また共通ポイントのTポイントや楽天ポイントやPontaポイントやdポイント、日々の生活でもかなり使える共通ポイントが貯まりやすいカードも一緒にご紹介。

Yahoo!ショッピングやファミマで使えるTポイントが貯まるクレジットカード

ネット通販のYahoo!ショッピングやコンビニのファミリーマートで貯めたり使ったりできるTポイントがかなり効率よくたまる年会費無料のクレジットカードをご紹介します。

 

Yahoo!JAPANカード

title_1126

 

◆年会費無料でTポイントが高還元で貯まる人気のおすすめクレジットカード
還元率 年会費
(税抜き)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カードフェイス
1.0~3.0% 永年無料

VISA

JCB

Master

モバイルSuica
ICOCA
nanaco(JCBのみ)
16897198_P3.eps

【ワイジェイカードのおすすめポイント】

Yahoo!JAPANカードは年会費無料のクレジットカード。一番の効果的な使い方としてはヤフーショッピングとロハコで商品を購入時にカードの利用で還元率は常時3%のポイントが貯まります。また、現在ではYahoo!ショッピングで「全員まいにち! ポイント5倍」(2016年2月末まで)のキャンペーンをしており、さらにYahoo!プレミアム会員(月額410円)の方はプレミアム特典で4倍+ワイジェイカード利用特典で2倍でポイントが最大11倍となるので、ヤフーショッピングを利用される方はかなりたくさんのTポイントを貯めることができますね。ファミリーマート利用でもTポイントが1%貯まります。ソフトバンクケータイをご利用の方はTポイントを連携するだけでポイントが3倍になります。またTポイントはYahoo!ショッピングやファミリーマートで利用しても商品代金分のポイントが付与されるのでポイントの無駄が少しもないのはうれしいポイントです。

【現在の入会キャンペーン情報】

最短2分で進呈、本日から使える5000ポイント

1回利用につき100ポイント進呈最大2000ポイント

※入会から2ヶ月以内にTカード登録+カード利用で翌月末にポイント付与

 

 

Yahoo!JAPANカードはよく楽天カードと比較されることが多いカードです。楽天カードは楽天市場やサークルKなどで利用した場合にポイントが貯まりやすいのでこちらをメインに利用されている方には入会特典で5000ポイント~8000ポイントなどもらえるのでおすすめできます。ただ、Yahoo!ショッピングでは毎日ポイント5倍などしていて商品の値段を楽天市場と比較してもポイント分Yahoo!ショッピングを利用した方がポイントが多く貯まります。

デパート利用者必見!高島屋やパルコで高還元率のクレジットカード

服やオシャレが好きな方は高島屋などのデパートやファッションビルのパルコに1年の内、数回はショッピングで利用されると思います。その際、メインカードで決済してもいいのですが、高島屋やパルコが出しているクレジットカードを利用した方がよりお得になります。

 

 

タカシマヤセゾンカード

takashimaya-season

高島屋セゾンカードは入会金・年会費無料で国際ブランドがアメリカンエキスプレスのクレジットカードです。

 

 

タカシマヤ・高島屋オンラインストアで利用すると100円で2P貯まり還元率は2%となります、食料品や特価品でも還元率は1%ありポイントは貯めやすいです。また高島屋セゾンカードは年間の利用金額が20万以上でポイントが1%~3%のボーナスポイントがつきます。因みに年間で50万以上の利用で還元率は最大で5%となるので高島屋をよく利用される方にはすぐにでも作った方がいいクレジットカードです。また貯めたポイントは2000P=2000円より利用できます。

 

 

高島屋セゾンカードには入会キャンペーンがあり入会後3ヶ月以内に50000円以上の利用で高島屋で使えるギフトカード3000円分がもらえるので、入園式や入学式などすでに買い物の予定がある方はすぐに特典がゲットできますね!

 

 

また旅行傷害保険などは一切ついていないので高島屋専用のサブカードとして利用することをおすすめします。

 

 

▼タカシマヤセゾンカードの詳細はこちら▼

 

 

パルコカード

キャプチャ

 

パルコカードは入会後1年間はパルコ内でずーっと5%OFF!入会金・年会費無料(アメックスのみ3000円)のクレジットカードです。洋服はもちろん、書籍、イベント、お食事、ART等 いつでも5%OFFなのでパルコで利用すれば還元率が5%となりかなり高還元率です。パルコカードは値引きだけでなくそこからさらに1000円の利用で1ポイントの有効期限の無い永久不滅ポイントが貯まりますので還元率は約5.4%になります!入会資格も18歳以上で電話連絡が可能な方と審査基準も低く、最短即日発行できるポイントもうれしいですね!年会費無料なのでデメリットもありません、パルコ専用のサブカードとして絶対におすすめです!

 

 

▼パルコカードの詳細はこちら▼

期間限定、6ヶ月間はメインカード!究極のサブカード

3.4月は新生活シーズン、転勤など引っ越しするとたくさんお金を使うと思います。家具・家電・身の回り品を全部揃えるなら100万円近くかかったりする方もいるでしょう。

 

 

そんな大きな買い物をするときは当然クレジットカードを利用して少しでも多くポイント還元したいですよね!

期間限定ではありますが、年会費無料で還元率2%になるクレジットカードをご紹介します。

 

 

オリコカード・ザ・ポイント

キャプチャ3

 

◆年会費無料でキャッシュバック率が高い人気のおすすめクレジットカード
還元率 年会費
(税抜き)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カードフェイス
1.0~17.5% 永年無料

VISA

Master

モバイルSuica
ICOCA
 
thepoint_V

【オリコカード・ザ・ポイントのおすすめポイント】

オリコカード・ザ・ポイントは年会費無料で通常は100円利用で1Pの還元率1%だが、入会後6ヶ月間は還元率2.0%になりこの還元率は年会費無料でナンバーワンのクレジットカード。貯めたポイントはLINEギフトコードやTポイントに交換できるので、ポイントを無駄なく利用することができます。またANAマイル・JALマイルのいずれも、参加登録費や移行手数料は無料です。還元率は0.5,0.6%になりますが、マイル移行にコストは一切かかりません。オリコカードザポイントの最大の特徴はオリコモールを介して利用した時のポイント還元率で最大でポイントが15倍となり、入会6ヶ月以内の還元率2%とオリコモール利用特典の0.5%を足すと最大で17.5%の還元率となります!またオリコモール内にはamazon、Yahoo!ショッピング、楽天市場、ベルメゾン、じゃらんなどがあり経由して利用するだけでポイントが増えるので利用しない手はありませんね。オリコカード・ザ・ポイント入会6ヶ月間は還元率が2%なので、この半年間はメインカードとしてもOKです!

【現在の入会キャンペーン情報】

今なら最大18000円分のポイントプレゼント!

※番外編 ドコモ携帯&ドコモ光ユーザー限定、還元率10%のクレジットカード

年会費は10000円かかってしまいますが、ドコモの携帯代金+ドコモ光を利用して合計金額が10000円以上なら確実にメリットが出るクレジットカードがあります。

 

dカードGOLD

キャプチャ4

 

◆所有するだけで還元率10%、人気のおすすめクレジットカード
還元率 年会費
(税抜き)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カードフェイス
1.0~10.0% 10000円

VISA

Master

無し
 
pict_dgold_card

【dカードGOLDのおすすめポイント】

dカードGOLDは年会費が10000円かかるが、ドコモ携帯・ドコモ光ユーザーの方はカードを所有するだけで利用金額に対して還元率10%となるドコモユーザーに絶大なメリットをもたらす高還元率のクレジットカードです。携帯・ドコモ光の利用料金をdカードGOLDで支払ってもポイントはつかないので、リクルートカードで支払えばさらに1.2%のポイントが貯まります!またドコモ携帯・ドコモ光の1ヵ月の利用金額が10000円以上の方なら年会費分のポイントが1年で自動的に貯まるので実質年会費無料となり、さらにUSJの入場券などが当たるdポイントのゴールドステージに上がることができます。貯めたdポイントは携帯代に充当したり、ローソンやマクドナルドの加盟店などで利用できます。また手数料が250Pかかりますが5000Pからpontaポイントに移行することができるので、dポイントは幅広く使えます。dカードGOLDはローソンやマクドナルドで利用すると3%~5%のポイントが付いたり値引きされます。保険も充実しており、最大10万円までのケータイ補償サービス、ショッピング保険は最大300万円、海外旅行傷害保険は最高1億円が自動付帯されます。さらに海外・国内航空便遅延費用の補償も付帯されていて旅行の際には空港ラウンジも無料で利用できます。dカードGOLDはドコモユーザーならほぼ実質年会費無料でかなり色んなサービスが充実しているのでドコモユーザーの方で月額10000円以上なら今すぐ申込んでほしいクレジットカードです!

【現在の入会キャンペーン情報】

今なら最大12000円分のプレゼント!

▶入会特典2000ポイント

▶入会後3ヶ月間で50000円利用で8000円分iDキャッシュバック

▶こえたらリボ、キャッシングリボ設定で2000ポイント

クレジットカードを使い分けてどれくらいお得になる?

今まで紹介したクレジットカードを1ヵ月利用した場合にどれくらい使った金額に対してどれだけ還元されるか試算してみました。

 

例.3人家族(40代の夫婦 子供18歳の場合)

①携帯・ネット回線▶携帯3台18000円+ネット回線5000円=23000円 

リクルートカード(1.2%)→276円

※ドコモ携帯・ドコモ光ならdカードGOLDの場合(10%)+2300円されます

②食費▶60000円

リクルートカード(1.2%)→720円

 

③保険料▶50000円

リクルートカード(1.2%)→600円

 

④コンビニ(ファミリーマート)▶10000円

Yahoo!JAPANカード(1.5%)→150円

 

⑤高島屋▶50000円

高島屋セゾンカード(2%)→1000円

 

⑥パルコ▶50000円

パルコカード(5%)→2500円

 

⑦Yahoo!ショッピング▶50000円

Yahoo!JAPANカード(9%)→4500円

 

1ヵ月の利用合計金額343000円をクレジットカードを使い分けて支払いだけで合計9746円還元することになりました、1年続ければ約11万円お得になりますね!

還元率は平均で2.8%となりましたが、メインカードをオリコカード・ザ・ポイントにしたりショッピングをパルコやYahoo!ショッピングだけにすればもっと高還元できると思います!

まとめ

今まで5枚のクレジットカードを紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

 

 

メインカードを決め、特典の高いネット通販や店舗などは各サブカードを多用すれば1ヵ月で10000円以上節約することも可能です。

 

 

何枚もクレジットカードを持つのは管理も含めて面倒かもしれませんが、基本は年会費無料のクレジットカードなので費用的なデメリットはほぼありません。引き落とし口座さえ同じなら手間よりメリットが上回るので複数枚を使い分けて節約しちゃいましょう!

 

 

最後に、ドコモ携帯・ドコモ光ユーザーの方は年会費は1万かかりますが、カード所有するだけで還元率10%!入会特典も厚く月額1万円以上利用なら実質年会費無料のdカードGOLDは絶対におすすめです!

 

 

年会費無料のクレジットカードまとめ

メインカードは還元率1.2%のリクルートカード
まとまった買い物予定なら入会6ヶ月の還元率2.0%のオリコカード・ザ・ポイント
ネット通販ならYahoo!ショッピングで還元率9.0%のYahoo!JAPANカード
パルコ内ならどこで使っても5%OFFのパルコカード

 

Pocket